1. Taguchi M, Sakamoto J, Watanabe H, Kurabayashi T.. Application of texture analysis to odontogenic lesions. The 23rd International Congress of DentoMaxilloFacial Radiology 2021.04.28 Web

  2. Watanabe H, Ozaki Y, Kurabayashi T. Effective dose estimation in cone-beam computed tomography for dental use (CBCT) by Monte Carlo simulation employing a step and shoot method. The 23rd International Congress of Oral and Maxillofacial Radiology 2021.04.28 Web

  1. Watanabe H, Wamasing P, Deepho C, Sakamoto J, Kurabayashi T. Imaging of the bifid mandibular canal using MRI. 2019 Joint Conference of IADMFR/AAOMR 2019.08.24 Philadelphia, USA

  2. Nakamura S. Normal anatomy of jaw bone on CBCT imaging. The 41th Dental Scientifio Conference 2019.04.02 Ho Chi Minh City

  3. Wamasing Peerapong, Watanabe Hiroshi, Tsuchida Yumi, Ohbayashi Naoto, Suzuki Tetsuya, Kurabayashi Tohru. 根尖周囲X線撮影のために適切な水平X線ビームの角形成が可能な新規画像受容器保持具の開発(The development of new image receptor-holding instruments with appropriate horizontal X-ray beam angulation for periapical radiographs). 口腔病学会雑誌 2019.03.01

  1. Watanabe C, Wada J, Mizutani K, Watanabe H, Wakabayashi N.. Chronological changes in supporting alveolar bone by RPD placement. IADR 86th General Session & Exhibition 2018.07.24 London

  1. Watanabe H, Kuribayashi A, Sumi Y, Kurabayashi T. Developing a chart device for measuring spatial resolution of optical coherence tomography for dental use. The 21th International Congress of Dent-Maxillofacial Radiology 2017.04.27 Kaohsiung, Taiwan

  2. Ngamsom S, Nakamura S, Sakamoto J, Kotaki S, Kurabayashi T. The Intravoxel Incoherent Motion MRI of Lateral Pterygoid Muscle: A Quantitative Analysisin Patients with Temporomandibular Joint Disorders. European Congress of Radiology 2017 2017.03 Vienna, Austria

  1. Deepho C, Watanabe H, Kotaki K, Sakamoto J, Sumi Y, Kurabayashi T. Utility of CT/MRI fusion volumetric images for localizing the mandibular canal. The 11th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology 2016.11.12 Chiang Mai, Thailand

  2. Watanabe H, Ozaki Y, Miura M, Yoshimura R, Sumi Y, Kurabayashi T. Estimation of whole body radiation exposure induced by oral cancer brachytherapy using Monte Carlo simulation. The 11th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology 2016.11.12 Chiang Mai, Thailand

  3. Nakamura S, Sakamoto J, Yoshino N, Kurabayahi T. Imaging of lingual lymph node metastasis in patients with squamous cell carcinoma of the tongue . The 11th Asian Congress of Maxillofacial Radioloy 2016.11 Chiang Mai, Thailand

  4. Ngamsom S, Nakamura S, Sakamoto J, Kotaki S, Kurabayashi T. Quantitative evaluation of lateral pterygoid muscles in patients with temporomandibular joint disorders by intravoxel incoherent motion MRI . Swiss Congress of Radiology 2016 2016.05 Davos, Switzerland

  5. Nakamura S. Imaging diagnosis of malignant lymphoma. The 38th Annual Scientific Conference on Dental Research 2016.04 Ho-Chi-Minh City, Vietnam

  1. Watanabe H, Nomura Y, Sumi Y, Honda E, Kurabayashi T. An experience of using SEDENTEXCT IQ phantom and Radia software to analyze the spatial resolution of cone-beam computed tomography for dental use. The 20th International Congress of Dento-maxillo-facial Radiology 2015.08.26 Santiago, Chile

  2. Nakamura S. Perineural spread of head and neck malignancy. 37th Annual Scientific Conference on Dental Research 2015.04.13 Ho Chi Minh City, Viet Nam

  1. Watanabe H, Ozaki Y, Nomura Y, Honda E, Sumi Y, Kurabayashi T. Location dependency of the spatial resolution of cone-beam computed tomography for dental use. The 10th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology 2014.11.22 Bali, Indonesia

  2. Nakamura S, Kurabayashi T. The Prognostic Usefulness of FDG-PET/CT for Head and Neck Malignant Lymphoma Patients. The 10th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology 2014.11.20 Bali, Indonesia

  3. Nakamura S. PET/CT imaging for the head and neck tumor. 36th Annual Scientific Conference on Dental Research 2014.03.31 Ho-Chi-Minh city

  4. Nakamura S. Imaging findings of bisphosphonate-related osteonecrosis of jaw (BRONJ). Updates on jaw diseases, 36th Annual Scientific Conference on Dental Research and Continuing Education 2014.03.29 Ho-Chi-Minh City

  1. Nakamura S, Okochi K, Sumi Y, Kurabayashi T. Whole-body imaging using FDG-PET/CT for patients with head and neck malignancy. 9th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology 2012.09 Xian

  1. Watanabe H, Nomura Y, Takahashi A, Sumi Y, Honda E, Kurabayashi T. Variance of the spatial resolution dependent on the locations in cone-beam CT.. The 18th International Congress of Dento-Maxillo-Facial Radiology and 52nd Annual Congress of Japanese Society for Oral and Maxillofacial Radiology 2011

  1. 森田康彦, 渡邊 裕, 倉林 亨. ベクトル演算命令とOpen MP/Open ACCによるCT投影/再構成シミュレーションとお湯割りの作法 The Look of Bug in oyur..... NPO法人日本歯科放射線学会第233回関東地方会 2022.03.05 Web会議

  1. Wamasing N, Watanabe H, Sakamoto J, Tomisato H, Kurabayashi T. The differentiation of the cystic lesions in the jaws by conventional magnetic resonance imaging and diffusion-weighted imaging . 第86回口腔病学会学術大会 2021.12.03 東京

  2. 中村伸. 口腔癌患者のPET/CT診断. 第61回日本核医学会学術総会 2021.11.06 名古屋

  3. ワーマシン ナッドニチャー, 渡邊 裕, 坂本潤一郎, 倉林 亨. The differentiation of the cystic lesions in the jaws by conventional magnetic resonance imaging and diffusion-weighted imaging. NPO法人日本歯科放射線学会第2回秋季学術大会 2021.10.30 Web

  4. 中村伸. 提示症例(結節性筋膜炎)の解説. 第57回日本医学放射線学会秋季臨床大会第34回頭頸部放射線研究会 2021.09.18

  5. 賣代隆弘, 里見智恵子, 浅井孝史郎, 仲田恵里佳, 渡邊 裕, 江島堅一郎, 新井嘉則, 本田和也. マルチアングルインジケータの試用経験. NPO法人日本歯科放射線学会 第232回関東地方会・第40回北日本地方会・第28回合同地方会 2021.08.21 Web

  6. 中村伸, 渡邉 裕, 倉林 亨. 口腔癌患者における乳突蜂巣炎発症リスクの検討. NPO法人日本歯科放射線学会第232回関東地方会 2021.08.21 Web

  7. 能村嘉一, 渡邊 裕, 倉林 亨. 歯科用コーンビームCT撮影時に複数の金属間の海綿骨上に発生するストリークアーチファクトを独自に開発した画像解析ソフトウェアと極値統計学を用いて評価したファントム実験. 日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.23 東京

  8. 森田康彦, 渡邊 裕, 倉林 亨. 歯科用CTに対する関数解析とInteriorCTからの対策(3)ーフーリエ面とρフィルター再構成からの解析ー. NPO法人日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 Web

  9. 田口美晴,坂本潤一郎,渡邊 裕,倉林 亨. 歯原性病変の鑑別診断:CTテクスチャ解析の適応. 日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 Web

  10. 坂本潤一郎,田口美晴,栗林亜実,渡邊 裕,倉林 亨. 機械学習による歯原性病変のCT鑑別診断支援:アンサンブル分類器の適応とその評価. 日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 Web

  11. 渡邊 裕, 尾崎吉弘, 倉林 亨. 歯科用コーンビームCT検査時の臓器線量および実効線量について−モンテカルロシミュレーションによる検討. NPO法人日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 Web

  12. 森田康彦, 倉林 亨, 渡邊 裕. 歯科用CTに対する関数解析とInteriorCTからの対策(4)ー簡単なシミュレーションー. NPO法人日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 Web

  13. 森田康彦, 渡邊 裕, 倉林 亨. 歯科用 CT に対する関数解析と InteriorCT からの対策(2/2) -口腔内外既知情報の設計-. NPO法人日本歯科放射線学会第231回関東地方会 2021.02.06 Web

  14. 森田康彦, 渡邊 裕, 倉林 亨. 歯科用 CT に対する関数解析と InteriorCT からの対策(1/2) ”本質的 CT 再構成=微分 Hilbert 変換”と”凸解析”の紹介. NPO法人日本歯科放射線学会第231回関東地方会 2021.02.06 Web

  15. 大林尚人、中村 伸、坂本潤一郎、坂本 啓、倉林 亨. 口蓋に発生したepithelial-myoepithelial carcinomaの1例. NPO法人日本歯科放射線 第231回関東地方会 2021.01.30 ウエッブ

  1. 能村嘉一, 渡邊 裕, 倉林 亨. 医科用CTと歯科用コーンビームCTにおける金属アーチファクトの強さの比較. 第85回口腔病学会学術大会 2020.12.04 東京

  2. 田口 美晴,ワーマシン ピーラポン,渡邊 裕,坂本 潤一郎,倉林 亨. 平行法は日本人に適応可能か?. 日本歯科放射線学会 第1回秋季学術大会 2020.10.31 Web

  3. 三浦雅彦, 小野里祐佑, 渡邊裕, 戸田一真, 吉村亮一. α線源を用いた小線源治療における生物学的基盤. 第22回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウムin奈良 2020.02.08 奈良市

  4. 坂本潤一郎, 渡邊 裕, 田口美晴, 栗林亜実, 持田薫利, 原田浩之, 倉林 享. 咀嚼筋隙腫瘍が鑑別診断となった歯原性角化嚢胞の1例. 日本歯科放射線学会第230回関東地方会 2020.01.25 東京

  1. Wamasing P, Deepho C, Watanabe H, Hayashi Y, Sakamoto J, Kurabayashi T. Imaging the bifid mandibular canal by MRI. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.07 東京

  2. 能村嘉一, 渡邉 裕, 倉林 亨. 歯科用コーンビームCTにおける金属アーチファクトの位置依存性. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.07 東京

  3. 浅井桜子、中村伸、栗林亜実、吉野教夫、倉林亨. 口蓋に発生した腫瘍性病変の画像診断学的検討. NPO法人日本歯科放射線学会第24回臨床画像大会 2019.11.23 小倉

  4. ハラ・ミャント・シリ , 辻 美千子, 大林 尚人, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 側面頭部X線規格写真と超音波断層画像の統合による嚥下時舌運動様相の観察. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2019.11.01

  5. 富里博, 渡邊 裕, 坂本潤一郎, 渡部拓弥, 倉林 亨. 東京医科歯科大学歯学部附属病院で発生したMRIのクエンチ(磁場消失)事象について. NPO法人日本歯科放射線学会第229回関東地方会・第39回北日本地方会・第27回合同地方会 2019.07.13 東京

  6. 藤倉満美子, 中村伸, 浅井桜子, 倉林亨. 口腔癌患者の外側咽頭後リンパ節転移におけるFDG-PET/CTの有用性. NPO法人日本歯科放射線学会第229回関東地方会 2019.07.13 東京

  7. チャン・チ スアン ラン, 坂本潤一郎, 栗林亜実, 渡邊 裕, 富里 博, 倉林 亨. Quantitative evaluation of artifact reduction from metallic dental materials in short tau inversion recovery imaging: efficacy of Syngo WARP at 3 tesla.. 日本歯科放射線学会第229回関東地方会・第39回北日本地方会・第27回合同地方会 2019.07.13 東京

  8. 渡邊 裕, Wamasing P, 坂本潤一郎, 倉林 亨. MRIによる二分下顎管の描出について. NPO法人日本歯科放射線学会第60回学術大会・第16回定例総会 2019.06.16 東京

  9. Wamasing P, Watanabe H, Tuchida Y, Ohbayashi N Suzuki T, Kurabayashi T. The development of new image receptor-holding instruments with adequate horizontal X-ray beam angulation for periapical radiograph. NPO法人日本歯科放射線学会第60回学術大会・第16回定例総会 2019.06.15 東京

  1. 能村嘉一, 渡邊 裕, 倉林 亨. 歯科用コーンビームCTの管電圧と管電流が金属アーチファクトに与える影響. 第83回口腔病学会学術大会 2018.12.01 東京

  2. Wamasing P, Watanabe H, Tsuchida Y, Ohbayashi T, Suzuki T, Kurabayashi T. The development of new image receptor-holding instruments with adequate horizontal X-ray beam angulation for periapical radiograph. 第83回口腔病学会学術大会 2018.11.30 東京

  3. 浅井桜子, 中村伸, 鳥井原彰, 立石宇貴秀, 倉林亨. 下顎骨を対象とした骨SPECT像の解剖学的標準化およびZ-scoreを用いた定量的評価に関する研究 . 第58回日本核医学会学術総会 2018.11.16 宜野湾市

  4. 藤倉満美子, 中村伸, 浅井桜子, 倉林亨. 口腔癌患者における咽頭後リンパ節転移診断におけるFDG-PET/CTの有用性. 第58回日本核医学会学術総会 2018.11.16 宜野湾市

  5. 中村伸, 鳥井原彰, 坂本潤一郎, 大山潤, 立石宇貴秀, 倉林亨. 口腔扁平上皮癌におけるMRI-IVIMパラメータとFDG-PET/CTパラメータとの関連性の評価. 第58回日本核医学会学術総会 2018.11.15 宜野湾市

  6. 大林尚人,Peerapong WAMASING,能村嘉一,栗林亜美, 藤倉満美子,浅井桜子,倉林亨. 下顎第3大臼歯に発生するセメント質増殖症の頻度に関する研究. 第23回 日本歯科放射線学会 臨床画像大会 2018.10.13 東京

  7. 寺本 アイリ, 松本 力, 門田 千穂, 東堀 紀尚, 鈴木 聖一, 大林 尚人, 倉林 亨, 森山 啓司. 骨格性下顎前突症例における手術前後の舌体積、口腔容積変化の観察 シリコン印象法を用いた検討. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2018.10.01

  8. 大林尚人、浅井桜子、鈴木紀子、坂本潤一郎、倉林 亨、坂本 啓. 石灰化を伴ったエナメル上皮腫の1例 . NPO法人 日本歯科放射線学会 第227回関東地方会・第38回北日本地方会 第26回合同地方会 2018.07.14 東京

  9. 土田優美、鈴木哲也、渡邊裕、大木明子、塩沢真穂、高橋英和. CTデータと歯列模型スキャンデータの合成による手術支援モデルの精度の検討. 日本補綴歯科学会第127回学術大会 2018.06.16 岡山市

  10. 浅井桜子、中村伸、鳥井原彰、立石宇貴秀、倉林亨. 下顎骨を対象とした骨SPECT像の解剖学的標準化およびZ-scoreを用いた定量的評価に関する研究 . 第59回日本歯科放射線学会総会・学術大会 2018.05.27 横須賀市

  11. 渡邊 裕, Deepho C, 坂本潤一郎, 倉林 亨. 単純Volumetric interpolated breath-hold examination sequenceを用いた下歯槽神経血管束の描出能について. NPO法人日本歯科放射線学会第59回学術大会・第15回定例総会 2018.05.27 横須賀市

  12. Deepho C, 渡邊 裕, 坂本潤一郎, 倉林 亨. Utility of fusion volumetric images from computed tomography and magnetic resonance imaging for localizing the mandibular canal. NPO法人日本歯科放射線学会第59回学術大会・第15回定例総会 2018.05.27 横須賀市

  13. 中村伸. 顎顔面領域におけるPET検査の有用性. 第36回日本口腔腫瘍学会学術大会 2018.01.27 新潟市

  14. 大林尚人,渡邊 裕,倉林 亨. 当科における唾液腺導管拡張術の現状と問題点. NPO法人日本歯科放射線学会 第226回 関東地方会 2018.01.20 さいたま市

  15. 鉄村明美, 中村伸, 吉野教夫, 坂本潤一郎, 藤倉満美子, 倉林亨. MRIによる顎関節開口位の評価〜リアルタイムシネ画像と静止画像の比較. NPO法人 日本歯科放射線学会 第226回関東地方会 2018.01.20 さいたま市

  1. 寺本 アイリ, 秋山 咲子, 高橋 由記, 門田 千穂, 伊藤 洋介, 東堀 紀尚, 鈴木 聖一, 大林 尚人, 倉林 亨, 森山 啓司. シリコン印象材を用いた舌体積、口腔容積計測の試み. 東京矯正歯科学会雑誌 2017.12.01

  2. 能村嘉一,渡邊 裕,神山洋介,倉林 亨. 歯科用コーンビームCTにおけるリングアーチファクトに対する新たな定量的評価. 第82回口腔病学会学術大会 2017.11.20 東京

  3. Deepho C, Watanabe H, Sakamoto J, Kurabayashi T. Utility of fusion volumetric images from computed tomography and magnetic resonance imaging for localizing the mandibular canal. 第82回口腔病学会学術大会 2017.11.20 東京

  4. 吉村 亮一,戸田 一真,中川 惠子,小島 未央,三浦 雅彦,戒田 篤志,渡邊 裕. 厚みのある口腔癌に対する導入化学療法併用小線源治療の安全性に関する前方視的研究. 2017.11.18 大阪

  5. 坂本潤一郎,ガンソムスパック,栗林亜実,鉄村明美,吉野教夫,中村 伸,倉林 亨. 唾液腺腫瘍におけるIVIMとダイナミックMRI:パラメータの相関について. 日本歯科放射線学会第22回臨床画像大会 2017.11.11 盛岡市

  6. 鈴木紀子、栗林亜実、坂本潤一郎、坂本 啓、渡邊 裕、倉林 亨. 口腔悪性腫瘍の下顎骨浸潤における3D-VIBEとCTとの比較. 日本歯科放射線学会 第22回臨床画像大会 2017.11.11 盛岡市

  7. 寺本 アイリ, 秋山 咲子, 高橋 由記, 門田 千穂, 伊藤 洋介, 東堀 紀尚, 鈴木 聖一, 大林 尚人, 倉林 亨, 森山 啓司. シリコン印象法を用いた舌と口腔形態との相関関係に関する研究. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2017.10.01

  8. 渡邉知恵,和田淳一郎,水谷幸嗣,渡邊裕,勝木梓,若林則幸. 部分床義歯の支台歯周囲骨への経時的影響 デジタルサブトラクション法による評価. 日本補綴歯科学会第126回学術大会 2017.07.01 横浜

  9. 石井浩子, 鉄村明美, 能村嘉一, 中村伸, 倉林亨. 小照射野歯科用コーンビームCTによる下顎管壁描出能の評価. NPO法人 日本歯科放射線学会 第58回学術大会 2017.06.04 鹿児島市

  10. 渡邊 裕, 栗林亜実, 角 保徳, 倉林 亨. 歯科用Optical coherence tomographyの空間分解能測定用テストチャートの開発. NPO法人日本歯科放射線学会第58回学術大会・第14回定例総会 2017.06.03 鹿児島市

  11. 浅井桜子, 中村伸, 坂本潤一郎, 栗林亜実, 鳥井原彰, 原田浩之, 倉林亨. 全身的に多発したMTX関連リンパ増殖性疾患の1例. 日本歯科放射線学会第58回学術大会 2017.06.03 鹿児島市

  12. 大林尚人,浅井桜子,境野利江,原田康雄,井澤真希,奥村泰彦,倉林 亨. 東京医科歯科大学歯科放射線外来および学生撮影室における歯科用Ⅹ線装置のQAの結果と日本歯科放射線学会の診断参考レベル(DRL)との比較. NPO法人日本歯科放射線学会 第58回学術大会・第14回定例総会 2017.06.02 鹿児島市

  13. 大林 尚人, 浅井 桜子, 境野 利江, 原田 康雄, 井澤 真希, 奥村 泰彦, 倉林 亨. 東京医科歯科大学歯科放射線外来および学生撮影室における歯科用X線装置のQAの結果と日本歯科放射線学会の診断参考レベル(DRL/2015)との比較. 歯科放射線 2017.05.01

  14. 中村伸. 顎顔面領域のPET/CT. 第71回日本口腔科学会学術集会 2017.04.27 松山

  15. 鉄村明美, 中村伸, 樺沢勇司, 高原楠旻, 角倉可奈子, 吉野教夫, 坂本潤一郎, 藤倉満美子, 倉林亨. 3T MRI装置を用いた3Dとリアルタイムシネ画像による顎関節の評価. 2017.01.21 横須賀市

  1. 金崎和馬, 野田幸矢, 高山俊男, 小俣透, 三浦雅彦, 渡邊裕. 口腔がん小線源遠隔刺入システムのための口腔内器官把持グリッパの開発. 第5回次世代がん治療推進専門家養成プランシンポジウム 2016.12.03 東京

  2. 能村嘉一, 渡邊 裕, 神山洋介, 倉林 亨. 歯科用コーンビームCTにおいて不可避であるリングアーチファクトに対する定量的評価. 第81回口腔病学会学術大会 2016.11.26 東京

  3. 渡邊 裕, 尾崎吉弘, 戒田篤志, 三浦雅彦, 中川惠子, 戸田一真, 吉村亮一, 角 保徳, 倉林 亨. 口腔がん小線源治療におけるモンテカルロシミュレーションによる全身被曝線量の推定. 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会 2016.11.25 京都市

  4. 鈴木紀子, 栗林亜実, 森田圭一, 原田浩之, 渡邊 裕, 倉林 亨. 下顎に生じた乳児黒色性神経外胚葉性腫瘍の1例. NPO法人日本歯科放射線学会第21回臨床画像大会 2016.10.29 東京

  5. 渡邊 裕. 歯科臨床における放射線防護ー果たして防護エプロンは必要なのか?. 東京医科歯科大学歯科東京同窓会第12回医療管理部研修会 2016.10.26

  6. 金崎和馬, 野田幸矢, 高山俊男, 小俣 透, 三浦雅彦, 渡邊 裕. 口腔がん小線源治療遠隔刺入システムのためのバルーン吸盤を用いた口腔内器官把持グリッパの開発. 平成28年度秋季フルードパワーシステム学会講演会 2016.10.19

  7. 中村伸. 歯科放射線科医が知っておきたいPET/CTの知識. NPO法人日本歯科大学第21回臨床画像大会 2016.10 東京

  8. 佐藤健児、大林尚人、他. NPO法人日本歯科放射線学会による線量測定研修会について. 第24回歯科医学会総会 2016.09.23 横浜

  9. 渡邉知恵,和田淳一郎,水谷幸嗣,渡邊裕,若林則幸. 歯周炎患者のRPD支台歯周囲骨の経時的変化 デジタルサブトラクション法による評価. 日本補綴歯科学会 2016.07.10

  10. 渡邊 裕, 尾崎吉弘, 戒田篤志, 三浦雅彦, 中川惠子, 戸田一真, 吉村亮一, 角 保徳, 倉林 亨. 口腔がん小線源治療におけるモンテカルロシミュレーションによる全身被曝線量の推定. NPO法人日本歯科放射線学会第57回学術大会・第13回定例総会 2016.06.19 大阪市

  11. 小滝真也, 坂本潤一郎, 中村伸, 吉野教夫, 出雲俊之, 鳥井原彰, 倉林亨. 口腔領域に生じた転移性腫瘍の3症例. NPO法人日本歯科放射線学会第57回総会・学術大会. 平成28年6月19日, 大阪市 2016.06.19

  12. Ngamsom S, Nakamura S, Nomura Y, Tetsumura A, Kabasawa Y, Harada H, Kurabayashi T. Amputation neuroma of the mandible: a case report. NP0法人日本歯科放射線学会第57回学術大会・第13回定例総会 2016.06.19 大阪

  13. 大林尚人. 東京医科歯科大学歯学部附属病院の病院情報システムの現状と方向性、そして課題. 平成27年大学病院情報マネジメント部門会議 2016.01.28 長崎市

  14. 野田幸矢, David Mclaughlin, 高山俊男, 小俣透, 三浦雅彦, 渡邊裕. 口腔がん小線源治療のための遠隔線源刺入装置の開発. 第4回次世代がん治療推進専門家養成プランシンポジウム 2016.01.23 東京

  15. 鉄村明美, 中村 伸, 吉野教夫, 坂本潤一郎, 藤倉満美子, 小滝真也, 倉林 亨. 頭頸部結節性筋膜炎の2症例. NPO法人 日本歯科放射線学会 第222回関東地方会 2016.01.23 横浜市

  16. 坂田朋美, 松本良恵, 原口美穂子, 渡邊 裕, 難波佳子, 足達淑子, 戒田篤志, 三浦雅彦, 吉村亮一, 谷口 尚. 舌癌小線源治療患者に対して歯科衛生士による積極的な周術期口腔機能管理が施された1例. 第34回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会 2016.01.22 横浜市

  1. 能村嘉一, 渡邊裕, 神山洋介, 倉林亨. 歯科用コーンビームCTのリングアーチファクトの測定. 第80回口腔病学会記念学術大会 2015.12.25 東京.

  2. Yoshimura R, Miura M, Watanabe H, Hayashi K, Nakagawa K, Toda K, Kaida A, Kuwabara H, Shibuya H. Brachytherapy using Au-198 grains for oral or oropharyngeal carcinomas in patients with past histories of cancer treatments in those regions. 日本放射線腫瘍学会第28回学術大会 2015.11.21 前橋市.

  3. 中村伸, 吉野教夫, 倉林亨. FDG-PET/CTにて舌神経周囲進展が明らかになった下顎歯肉扁平上皮癌の2症例. NPO法人日本歯科放射線学会第20回臨床画像大会 2015.10.24 福岡

  4. 坂本潤一郎, 小滝真也, 藤倉満美子, 中村 伸, 栗林亜実, 倉林 亨. 拡散尖度画像によるcystic componentを有する歯原性病変の診断能について. 第51回日本医学放射線学会秋季臨床大会・第28回頭頸部放射線研究会 2015.10.03 盛岡市

  5. 中村 伸, 鉄村明美, 能村嘉一, 吉野教夫, 倉林 亨. 上顎骨に発生した歯原性癌腫の 4 症例. NPO 法人 日本歯科放射線学会 第 221 回関東地方会・ 第 35 回北日本地方会・第 23 回合同地方会 2015.07.18 東京

  6. 吉村亮一, 三浦雅彦, 中川惠子, 渡邊裕, 戒田篤志, 後藤達明, 桑原宏文, 長野拓也, 林啓二, 戸田一真. 口腔癌に対するTS-1を用いた導入化学療法併用低線量率小線源治療の安全性について. 日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第17回学術大会 2015.06.26 さいたま市.

  7. 小滝 真也, 坂本 潤一郎, 中村 伸, 田口 貴英, 原田 浩之, 鳥井原 彰 , 倉林 亨. 神経周囲進展が疑われた悪性リンパ腫の1例. NPO法人 日本歯科放射線学会 第56回学術大会 2015.06.07 仙台

  8. 渡邊裕, 能村嘉一, 誉田栄一, 角保徳, 倉林亨. 歯科用コーンビームCTの空間分解能におけるSEDENTEXCT IQファントムとRadiaソフトウェアの使用経験. NPO法人日本歯科放射線学会第56会学術大会・第12回定期総会 2015.06.07 仙台市.

  9. 奥村康彦, 井澤真希, 岩井一男, 大林尚人, 後藤賢一, 佐藤健児, 杉原義人, 西川慶一, 野津雅和, 原田泰男, 丸橋一男, 三島章. 歯科口内法Ⅹ線撮影における診断参考レベルを設定するための線量調査. NPO法人日本歯科放射線学会 第56回学術大会 2015.06.06 仙台市

  10. 中村伸, 吉野教夫, 鈴木まどか, 坂本潤一郎, 倉林亨. 舌扁平上皮癌患者における舌リンパ節転移に関する検討. NPO法人日本歯科放射線学会第56回学術大会 2015.06.06 仙台

  11. ラム ダイフォン, 栗林亜実, 坂本潤一郎, 中村 伸, 原田浩之, 倉林 亨.. オトガイ部に発生したBリンパ芽球リンパ腫の1例.. NPO 法人日本歯科放射線学会第56回学術大会 2015.06.06 仙台

  1. 能村嘉一, 渡邊 裕, 神山洋介, 倉林 亨. 複数の歯科用コーンビームCT機種の特性調査. 第79回口腔病学会学術大会・総会 2014.12.06 東京

  2. 栗林亜実, 中村伸, 坂本潤一郎, 能村嘉一, 原田浩之, 倉林 亨. 下顎管の拡大を伴う悪性リンパ腫の1例. 第19回臨床画像大会 2014.10.31 岡山

  3. 坂本潤一郎, 中村 伸, 栗林亜実, 鉄村明美, 鳥井原 彰,倉林 亨. 頬粘膜に転移した乳癌の1例. 第50回日本医学放射線学会秋季臨床大会・第27回頭頸部放射線研究会 2014.09.27 神戸

  4. 鉄村明美, 中村 伸, 坂本潤一郎, 吉野教夫, 能村嘉一, 鈴木まどか, 小滝真也, ガンソム・スパック, 倉林 亨. 3T MR装置を用いた顎関節のリアルタイムシネ画像の試み. NPO法人日本歯科放射線学会第219回関東地方会・第34回北日本地方会・第22回合同地方会 2014.07.12

  5. 松田悠平, 吉増秀實, 三浦雅彦, 荒川真一, 渡邊 裕. 舌癌小線源治療患者に対するQOL調査ー2種類のアンケートによる評価ー. 第11回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2014.06.28 旭川市

  6. 能村嘉一, 渡邊 裕, 神山洋介, 倉林 亨. 歯科用コーンビームCTによる軟組織撮影について:画素値の三次元的な変動. NPO法人日本歯科放射線学会第55回総会・学術大会 2014.06.08 東京

  7. 齋藤由佳理, 小俣透, 高山俊男, 三浦雅彦, 渡邊 裕. 口腔がん小線源治療の被ばく低減のための遠隔線源装填装置ー被ばく低減量の評価実験ー. 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2014.05.28 富山

  8. 中村 伸, キタピロン コンカモン, 新垣理宣. 倉林 亨. 頭頸部悪性リンパ腫患者の予後予測-FDG-PET/CTを用いた検討-. NPO法人日本歯科放射線学会第218回関東地方会 2014.01.25 東京

  1. 鳥井原彰、中舘政志、久保田一徳、中村伸、大橋勇. 画像診断医が悪性リンパ腫の可能性を考慮したFDG-PET/CT所見と最終診断. 第53回日本核医学会学術総会 2013.11.08 福岡

  1. 鳥井原彰、角田篤信、天野与稔、町田洋一、牧野朋子、久保田一徳、中村伸、大河内清、渋谷均. 側頭骨原発軟骨芽細胞腫の2例. 第48回日本医学放射線学会秋期臨床大会 2012.09.28 長崎

  2. 中村伸、大河内清、倉林亨. 悪性リンパ腫患者におけるFDG-PET/CTの有用性. 第6回口腔顎顔面核医学フォーラム 2012.06.17 広島

  3. 新垣理宣、道泰之、中村伸、倉林亨. 播種性の遠隔転移を示した下顎扁平上皮癌のFDG-PET/CT所見と剖検結果の比較検討. 第53回日本歯科放射線学会学術大会 2012.06.02 盛岡

  4. 中村伸、大河内清、倉林亨. 頭頸部癌患者におけるFDG-PET/CT検査による全身検査の有用性. 第53回日本歯科放射線学会学術大会 2012.06.02 盛岡

  5. 大河内清, 中村伸, 倉林亨. 小児顎関節症患者のMRI所見. 第66回日本口腔科学会学術集会 2012.05.17

  1. 渡邊 裕. 早期口腔癌の小線源治療. 社団法人日本口腔外科学会総会・学術大会 2010.10.18

  2. 渡邊 裕, 誉田栄一, 鉄村明美, 倉林 亨. マルチスライスCTと歯科用コーンビームCTの空間分解能の比較. 第51回日本歯科放射線学会総会 2010

  3. 頭頸部領域悪性リンパ腫におけるFDG-PET/CT診断. 64回に本口腔科学会学術集会 2010

  4. 小児の反復性耳下腺炎の唾液腺造影およびMRI所見について. 第211回関東地方会・第30回北日本地方会・第18回合同地方会  2010.8.7 於 札幌 2010

  1. 渡邊 裕, 誉田栄一, 倉林 亨. オーバーサンプリング法を用いた歯科用CBCTのMTF評価について. 第50回日本歯科放射線学会総会•大阪府大阪市 2009

  2. 頭頸部悪性腫瘍に対するFDG-PET/CT診断の有用性. 第74回口腔病学会学術大会 2009

  3. 頭頸部癌リンパ節転移におけるFDG-PET/CT遅延像の有用性の検討. 第50回日本歯科放射線学会学術大会 2009

  4. コーンビームCT装置 FineCubeⓇを用いたパノラマ画像(FCパノラマ像)の評価. 日本歯科放射線学会第199回 関東地方会 2009

  5. モーションアーチファクトが歯科用CT画像に及ぼす影響. 日本歯科保存学会 2009

  1. 渡邊 裕, 倉林 亨, 三浦雅彦. 口腔癌小線源治療患者を対象としたマイクロアレイによる網羅的遺伝子解析. 第48回日本歯科放射線学会総会•平成19年•埼玉県さいたま市 2008

  2. 渡邊 裕, 誉田栄一, 倉林 亨. CTの画質評価に関する基礎的検討:マルチスライスCTと歯科用コーンビームCTとの比較. 第21回日本歯科医学会総会•平成20年•神奈川県横浜市 2008

  3. 頭頸部癌術後のPET/CTの診断能の検討. 第49回日本歯科放射線学会学術大会 2008

  4. 渡邊 裕, 誉田栄一, 倉林 亨. CTの画質評価に関する基礎的検討:マルチスライスCTと歯科用コーンビームCTとの比較. 日本歯科医学会総会 2008

  5. PET/CT imaging for the head and neck tumors. The 7th Asian Congress of Oral and Maxillo-Facial Radiology 2008

  1. 渡邊 裕, 倉林 亨, 三浦雅彦. 口腔癌小線源治療患者の転移事象を対象としたマイクロアレイによる網羅的遺伝子解析. 日本歯科放射線学会総会 2007.04

  2. 渡邊 裕, 倉林 亨, 三浦雅彦. 口腔癌小線源治療患者を対象としたマイクロアレイによる網羅的遺伝子解析. 日本歯科放射線学会第204回関東地方会 2007.01.20

  3. 渡邊 裕, 茂櫛 薫, 三浦雅彦, 吉村亮一, 倉林 亨, 渋谷 均, 田中 博. 舌癌遺伝子発現プロファイルによる小線源治療後の後発リンパ節転移予測. 日本放射線腫瘍学会第20回学術大会•平成19年•福岡県福岡市 2007

  4. 頭頚部癌治療後フォローアップにおけるPET-CT検査. 第27回日本画像医学会シンポジウム 2007

  5. 口腔領域悪性腫瘍の頚部転移におけるPET-CT診断. 第1回口腔顎顔面核医学フォーラム 2007

  6. PET-CTによる頚部リンパ節の診断. 第48回日本歯科放射線学会学術大会 2007

  1. 渡邊 裕, 倉林 亨, 三浦雅彦. マイクロアレイ遺伝子発現解析に基づいた舌癌小線源治療後の治癒/再発の予測. 第46回日本歯科放射線学会総会•平成17年•新潟県新潟市 2005

  1. 渡邊 裕, 倉林 亨, 三浦雅彦. 舌に扁平上皮癌と乳頭腫を併発した症例における各病変の放射線反応性の違いとマイクロアレイを用いた遺伝子発現解析. 第45回日本歯科放射線学会総会・平成16年・広島県広島市 2004

  1. 渡邊 裕, 倉林 亨, 三浦雅彦. 3Y1細胞の放射線感受性におけるMEK/ERK経路活性化の意義. 日本歯科放射線学会第195回関東地方会 2003.12.13

  2. 渡邊 裕, 倉林 亨, 三浦雅彦. 3Y1細胞の放射線感受性におけるMEK /ERK経路活性化の意義. 第46回日本放射線影響学会大会・平成15年・京都府京都市 2003

  1. 渡邊 裕, Dong Yu, 佐々木武仁, 渋谷 均, 細井義夫, 三浦雅彦. A-T細胞におけるI型インスリン様増殖因子受容体 (IGF-IR)の発現と放射線感受性との関連性. 第44回日本放射線影響学会大会・平成13年・大阪府大阪市 2001

  1. 渡邊 裕, 三浦雅彦, 佐々木武仁. I型インスリン様増殖因子受容体(IGF-IR)遺伝子ノックアウトマウス由来細胞に見られるX線誘導性caspase-8活性. 第42回日本放射線影響学会大会・平成11年・広島県広島市 1999

  1. 渡邊 裕, 三浦雅彦, 佐々木武仁. I型インスリン様増殖因子レセプター(IGF-IR)のヒト神経膠芽腫細胞の放射線感受性に及ぼす影響ー単層培養と多細胞球状体(スフェロイド)における比較. 第41回日本放射線影響学会大会・平成10年・長崎県長崎市 1998

このページの先頭へ▲