1. Pissacha Daroonpan, 加島義久, 濱垣美和子, 西井直人, 津島文彦, 原田浩之, 池田 通, 東みゆき. マルチプレックス免疫組織染色による舌扁平上皮癌の免疫プロファイリング解析. 第66回口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.12

  2. 土谷麻衣子、栢森 高、坂本 啓、池田 通. 口腔扁平上皮癌由来エクソソームによる新規の破骨細胞誘導経路とカンナビジオールによる阻害効果. 第110回日本病理学会総会 2021.04.23

  3. Nguyen Phan The Huy, Kei Sakamoto, Tohru Ikeda. Deep-learning application for supporting oral pathologists in dysplasia grading of tongue lesions. 第110回日本病理学会総会 2021.04.22

  4. グエン・ファン・テーフィ , 坂本 啓, 池田 通. 舌疾患での異形成を分類する際に、口腔病理学者を補助するためのディープラーニングの利用(Deep-learning application for supporting oral pathologists in dysplasia grading of tongue lesions). 日本病理学会会誌 2021.03.01

  1. ゲエン・ファン・テー・フィ , 坂本 啓, 池田 通. 舌の前癌病変を示唆する組織学的特徴を同定するためのディープラーニングの応用(Deep-learning application for identifying histological features suggestive of precancer in tongue). 日本病理学会会誌 2020.03.01

  1. 池田 通. 人工骨移植に対する生体反応と骨代謝. 第23回日本顎顔面インプラント学会 2019.12.01 つくば市

  2. Tohru Ikeda. Histopathologica Diagnosis of Odontogenic Tumors. KPPIKG2019 2019.10.11 Jakarta

  3. Tohru Ikeda. Functional bone substitutes for repairment of large bone defect and mechanism of bone destruction by oral squamous cell carcinoma. KPPIKG2019 2019.10.10 Jakarta

  1. Shibata E, Morita K, Kayamori K, Maruiwa M, Michi Y, Sato Y, Takeuchi K, Ikeda T, Harada H, Yoda T. A case of mammary analogue secretory carcinoma in salivary duct of parotid gland.. 13th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery (ACOMS) 2018.11.08

  1. Ohata Y, Tsuchiya M, Hirai H, Yamaguchi S, Akashi T, Sakamoto K, Yamaguchi A, Ikeda T, Kayamori K. Leukemia inhibitory factor produced by fibroblasts within tumor stroma participates in invasion of oral squamous cell carcinoma. Research and Clinical Excellence Day, University of California San Francisco 2017.10.12 California San Francisco

  2. 大畑八重、栢森高、 平井秀明、 土谷麻衣子、山口聡、原田浩之、坂本啓、池田通. 口腔扁平上皮癌における癌関連線維芽細胞の生物学的重要性 . 第28回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会 2017.08.24 川越

  3. Uo M, Wada T, Komiya R, Harada H, Sakamoto K, Ikeda T, Yamaguchi A. Trace metallic element accumulation in the sequestrum of medication-related osteonecrosis of the jaw (MRONJ). 14th International Symposium on Applied Bioinorganic hemistry – ISABC14 June 7-10th 2017 2017.06.07 Toulouse, France

  1. Ioku K, Kamitakahara M, Kawagoe D, Ikeda T.. Calcium phosphate ceramics for regenerative medicine prepared through hydrothermal processing. 26th Annual Meeting of MRS-J 2016.12.19 Yokohama, Japan

  2. Ahmed GJ, Tatsukawa E, Morishita K, Shibata Y, Suehiro F, Kamitakahara M, Yokoi T, Koji T, Umeda M, Nishimura M, Ikeda T.. Regulation and biological significance of formation of osteoclast and foreign body giant cells in an extraskeletal implantation model. 第23回日本歯科医学会 2016.10.21

  3. Kamitakahara M, Shirato T, Yokoi T, Matsubara H, Shibata Y, Ikeda T.. Effect of silicate incorporation in alpha-tricalcium phosphate on behaviors of osteoblast-like cells. Bioceramics 28 2016.10.18 Charlotte, North Carolina, USA

  4. Wanlada Sawangarun, 坂本啓. Oral and esophageal tumorigenesis in conditional Notch1 knockout mouse model. 第27回日本臨床口腔病理学会総会 2016.08.12

  5. Thi Chi kim Nguyen、岡村武志、森田圭一、山口聰、原田浩之、出雲俊之、栢森高、山口朗、坂本啓. LAMC2 is a predictive marker for malignant progression of leukoplakia. 2016.08.12

  6. Thi Chi Kim Nguyen, 岡村武志、森田圭一、山口聰、原田浩之、出雲俊之、栢森高、山口朗、坂本啓. LAMC2 is a predictive marker for malignant progression of leukoplakia. 第27回日本臨床口腔病理学会 2016.08.12 広島

  7. 大畑八重、行森茜、栢森高、原田浩之、出雲俊之、坂本啓. 左上顎腫瘍の1例 Tumor of the left maxilla: case report. 第27回日本臨床口腔病理学会総会 2016.08.11

  8. 大畑八重、行森茜、栢森高、原田浩之、出雲俊之、坂本啓. 左上顎腫瘍の1例 Tumor of the left maxilla: case report. 第27回日本臨床口腔病理学会 2016.08.11 広島

  9. 栢森高. 病理形態学を基盤とした口腔扁平上皮癌による顎骨浸潤メカニズムの解析. 第70回日本口腔科学会 2016.04.16 福岡

  10. Sakamoto K. Molecular markers useful in diagnosis of oral premalignancies.. KPPIKG 2016.02.25

  1. Morita K, Oikawa Y, Kayamori K, Sakamoto K, Ishikawa S, Inazawa J, Harada H. Targeted resequencing of cancer-related genes in oral cancer. The 34th Sapporo International Cancer Symposium 2015.06.26 Sapporo, Japan

  2. Sakamoto K. Diagnostic pathology of oral cancer and premalignant lesions.. The 19th scientific congress and dental exhibition 2015.05.14 HoChiMinh city, Vietnam

  1. Yasuyuki Shimada, Kei Sakamoto, Kou Kayamori, Akira Yamaguchi. Clonal analysis of keratocystic odontogenic tumor. 17th International Congress on Oral Pathology and Medicine 2014.05.25 Istanbul, Turkey

  2. Yasuyuki Shimada, Kei Sakamoto, Kou Kayamori, Akira Yamaguchi. Clonal analysis of keratocystic odontogenic tumor. 17th International Congresson Oral Pathology and Medicine, 2014.05 Istanbul

  3. Kei Sakamoto. Pathology of odontogenic tumor. Workshop ‘Update on Jaw Disease’ 2014.03.29 Ho Chi Minh City

  1. Kurabayashi A, Imaizumi A, Kayamori K, Kurabayashi T. Dynamic contrast-enhanced MRI of vascular malformations of the head and neck. The 8th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology 2010.11.14 Seoul, Korea

  1. 布川裕規,栢森 高,平井秀明,及川悠,原田浩之,池田 通. 臼後部に発生した好酸性胞体の目立つclear cell carcinomaの一例. 2021.08.12

  2. 布川裕規、栢森高、平井秀明、及川悠、原田浩之、池田通. 臼後部に発生した好酸性胞体の目立つclear cell carcinomaの一例. 第32回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会 2021.08.12 神奈川歯科大学横須賀キャンパス(オンライン開催)

  3. 高田嘉宝, 黒嶋雄志, 島本裕彰, 大迫利光, 栢森 高, 池田 通, 原田浩之. 頬リンパ節転移をきたした下顎歯肉扁平上皮癌の一例. 第52回日本口腔外科学会近畿支部学術集会 2021.07.03

  4. 鈴木 雅生, 奥田 貴俊, 池田 通, 石島 旨章. ラット大腿骨巨大骨欠損モデルにおけるMasquelet法の新知見. 骨折 2021.07.01

  5. 栗林亜実、川島桜子、坂本潤一郎、栢森 高、富里 博、倉林 亨. 口腔症状を主訴とするメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患のMR画像について. 日本歯科放射学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 Web

  6. 土谷麻衣子、栢森高、和田あかね、大畑八重、坂本啓、池田通. 口腔扁平上皮癌由来エクソソームによる新規の破骨細胞誘導経路とカンナビジオールによる阻害効果. 第110回日本病理学会総会 2021.04.23 東京

  7. 布川裕規,坂本 啓,釘本琢磨,道 泰之,原田浩之,山本正英,北川昌伸,池田 通,山本浩平. 硬口蓋に発生したnodular lymphocyte-predominant Hodgkin lymphomaの一例. 第110回日本病理学会総会 2021.04.22

  8. 柴田恵里, 森田圭一, 栢森高, 原園陽介, 道泰之, 原田浩之. 新規融合遺伝子の同定を含めた腺様嚢胞癌の遺伝子検索. 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021.01.28

  1. 鈴木 雅生、奥田 貴俊、池田 通. ラットMasquelet法モデルにおける細胞生物学的研究. 第46回日本骨折治療学会 2020.09.19

  2. 明石 巧, 栢森 高, 綾部 真弥, 三浦 圭子, 坂本 啓, 池田 通. ホメオボックス遺伝子Engrailedは腺様嚢胞癌の診断に有用な組織学的マーカーとなる. 第109回日本病理学会総会 2020.07.01

  3. 原田 浩之, 富岡 寛文, 及川 悠, 小宮 瑠里, 野地 理夏, 時崎 詩織, 坂本 潤一郎, 倉林 亨, 栢森 高, 池田 通. 新TNM分類を検証する 舌癌および下顎歯肉癌のDOI. 第44回日本頭頚部癌学会 2020.06.05

  1. 柴田 恵里、森田 圭一、栢森 高、横川 美咲、外内 えり奈、及川 悠、安西 絵梨、原園 陽介、道 泰之、池田 通、原田 浩之、依田 哲也. 唾液腺の分泌癌(secretory carcinoma)の診断におけるMammaglobin とETV6 splitとの関連性についての検討. 日本人類遺伝学会第63回大会 2019.11 長崎

  2. 柴田恵里、森田圭一、栢森高、横川美咲、外内えり奈、及川悠、安西絵梨、原園陽介、道泰之、池田通、原田浩之、依田哲也. 唾液腺の分泌癌(secretory carcinoma)の診断におけるMammaglobin とETV6 splitとの関連性についての検討. 日本人類遺伝学会第63回大会 2019.11

  3. 道泰之、富岡寛文、平井秀明、望月裕美、黒嶋雄志、島本裕彰、渡邊裕、栢森高、依田哲也、原田浩之. 上・下顎に初発症状を呈したびまん性大細胞性B細胞リンパ腫の検討. 第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 2019.10.26 札幌

  4. 土谷麻衣子、和田あかね、大畑八重、栢森高、坂本啓、池田通. 破骨細胞分化における口腔扁平上皮癌由来エクソソームのもたらす影響. 第30回日本臨床口腔病理学会 2019.09.22 東京

  5. 土谷麻衣子、和田あかね、大畑八重、栢森高、坂本啓、池田通. 破骨細胞分化における口腔扁平上皮癌由来エクソソームのもたらす影響. 第30回日本臨床口腔病理学会 2019.09.22 東京

  6. 西井直人,島本裕彰,横川美咲,佐藤百合子,佐藤 潔, 栢森 高,池田 通,原田浩之. 上顎に転移した腎細胞癌の1例. 第43回日本頭頚部癌学会2019年6月13-14日 2019.06.13 金沢

  7. 石田 尚子、栢森 高、坂本 啓、行森 茜、釘本 琢磨、原田 之、池田 通. 粘表皮癌におけるFUCA1の発現と病理組織診断への応用. 第108回日本病理学会総会 2019.05.11 東京

  8. 石田尚子、栢森高、坂本啓、行森茜、釘本琢磨、原田浩之、池田通. 粘表皮癌におけるFUCA1の発現と病理組織診断への応用. 第108回日本病理学会総会 2019.05.11 東京

  9. 坂本 啓、池田 通. 歯原性角化嚢胞のHE染色像の機械学習. 第108回日本病理学会総会 2019.05.10 東京

  10. 池田 通. 歯原性腫瘍:遺伝子変異と病理組織像. 第108回日本病理学会総会 2019.05.09 東京

  11. 栗林亜実, 坂本潤一郎, 富里 博, 栢森 高, 原田浩之, 倉林 亨. 硬組織形成を認めた顎骨腫瘍の2例. NPO法人日本放射線学会 第228回関東地方会 2019.01.26 千葉県松戸市

  12. 柴田 恵里、森田 圭一、栢森 高、及川 悠、道 泰之、池田 通、原田 浩之. 腺房細胞癌と診断された症例におけるETV6-NTRK3融合遺伝子検索. 第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019.01.24 長崎

  13. 横川美咲、森田圭一、及川悠、栢森高、坂本啓、池田通、原田浩之. 口腔扁平上皮癌患者におけるEGFRおよびMET発現の検証. 第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019.01.24 長崎

  14. 山本大介、栢森高、渡部徹郎、山口聰、原田浩之、池田通、依田哲也、横山三紀. 舌扁平上皮癌の浸潤先端部におけるClaudin-1の局在変化. 第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019.01.24 長崎

  1. 儀武啓幸、栢森高、和気創、杉本健太郎、依田哲也. 未分化間葉系細胞に関する検討を行ったMilgram1期の顎関節滑膜軟骨腫症の1例. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.03 幕張

  2. 釘本琢磨、島本裕彰、平井秀明、田中香衣、富岡寛文、原田浩之、栢森高、池田通. 当科で治療した骨肉腫4例の臨床的検討. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.02 幕張

  3. 森田圭一、丹下正一朗、井本逸勢、及川悠、栢森高、柴田恵里、外内えり奈、道泰之、池田通、原田浩之、依田哲也. FFPEサンプルのRNAシークエンス解析による融合遺伝子検出の条件検討. 第63回日本人類遺伝学会 2018.10.11 横浜

  4. 土谷麻衣子、坂本 啓、栢森 高、道 泰之、依田哲也、池田 通. 診断に難渋したpromordial odontogenic tumorの1例. 第29回日本臨床口腔病理学会 2018.08.26 東京

  5. 土屋麻衣子、坂本啓、栢森高、道泰之、依田哲也、池田通. 診断に難渋したprimordial odontogenic tumorの1例. 第29回日本臨床口腔病理学会 2018.08.26 東京

  6. 石田尚子、栢森 高、坂本 啓、池田 通. 粘表皮癌の病理組織学診断におけるFUCA1の有用性. 第29回日本臨床口腔病理学会 2018.08.25 東京

  7. 和田あかね、土屋麻衣子、栢森 高、池田 通. 口腔扁平上皮癌の培養上清が破骨細胞分化に及ぼす影響. 第29回日本臨床口腔病理学会 2018.08.25

  8. 和田あかね、土谷麻衣子、栢森高、池田通. 口腔扁平上皮癌の培養上清が破骨細胞分化に及ぼす影響. 第29回日本臨床口腔病理学会 2018.08.25 東京

  9. 石田尚子、栢森高、坂本啓、池田通. 粘表皮癌の病理組織学診断におけるFUCA1の有用性. 第29回日本臨床口腔病理学会 2018.08.25 東京

  10. 大畑八重、土谷麻衣子、平井秀明、山口聰、明石巧、山口朗、池田通、栢森高. 癌微小環境における線維芽細胞由来の白血病阻止因子(LIF)は口腔癌の浸潤に関与する. 第107回日本病理学会総会 2018.06.22 北海道、札幌

  11. 大畑八重、土屋麻衣子、平井秀明、山口 聡、山口 朗、池田 通、栢森 高. 癌微小環境における線維芽細胞由来の白血病阻止因子(LIF)は口腔癌の浸潤に関与する. 第107 回日本病理学 2018.06.22 札幌

  12. 池田 通. Masquelet法に応用可能な人工骨の種類と条件. 第3回整形外傷人工骨研究会 2018.01.27 東京

  13. 下野宏晃,島本裕彰,大迫利光,平井秀明,高原楠旻,富岡寛文,栢森 高,池田 通,原田浩之. 下顎骨嚢胞から発生したと考えられる下顎骨中心性癌の1例. 第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2018.01.25 新潟

  14. 中里 桂一郎, 鵜澤 成一, 栢森 高, 土谷 麻衣子, 渡邊 裕, 炭野 淳, 道 泰之, 山口 聰. 舌癌の発生・進展過程における代謝調節機構の変化について. 第36回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2018.01.25 新潟

  15. 島本裕彰,大迫利光,平井秀明,望月裕美,田中香衣,富岡寛文,栢森 高,池田 通,原田浩之. 多型腺腫由来癌5例の臨床的検討. 第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2018.01.25 新潟

  16. 平井秀明,横川美咲,及川 悠,大迫利光,望月裕美,田中香衣,富岡寛文,島本裕彰,栢森 高,原田浩之. 顎口腔領域に生じた粘表皮癌34例の臨床病理学的検討. 第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2018.01.25 新潟

  1. 森田 圭一, 横川 美咲, 及川 悠, 栢森 高, 坂本 啓, 池田 通, 原田 浩之. 口腔扁平上皮癌患者における遠隔転移予測因子の検討. 日本人類遺伝学会第62回大会 2017年11月16-18日 2017.11.16

  2. 鈴木紀子、栗林亜実、坂本潤一郎、坂本 啓、渡邊 裕、倉林 亨. 口腔悪性腫瘍の下顎骨浸潤における3D-VIBEとCTとの比較. 日本歯科放射線学会 第22回臨床画像大会 2017.11.11 盛岡市

  3. 小宮瑠里,宇尾基弘,津島文彦,坂本 啓,池田 通,山口 朗,原田浩之. MRONJの腐骨中に蓄積した微量金属元素の定量および分布分析. 第62回日本口腔外科学会学術集会 2017年10月20-22日 2017.10.20 京都

  4. 丸岩真由子,森田圭一,栢森 高,田中香衣,名生邦彦,道 泰之,山口 聡,池田 通,原田浩之. 腺房細胞癌および乳腺相似分泌癌の臨床病理学的検討. 第62回日本口腔外科学会学術集会 2017年10月20-22日 2017.10.20 京都

  5. 本田 由、藤田 修一、池田 通. 腫瘍胞巣全体もしくは浸潤先端におけるE-cadherinおよびN-cadherinの発現程度を用いた口腔扁平上皮癌患者の予後予測. 第59回歯科基礎医学会学術大会 2017.09.16

  6. 土谷 麻衣子、遠山 怜、坂本 啓、鵜澤 一成、池田 通. 一部にエナメル上皮癌に類似する歯原性嚢胞由来の原発性骨内癌、NOSの一例. 第28回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会 2017.08.23

  7. 和田 あかね、栢森 高、佐藤 百合子、坂本 啓、池田 通. 歯肉頬移行部の非乾酪壊死性の類上皮細胞肉芽腫を契機に診断されたサルコイドーシスの1例. 第28回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会 2017.08.23

  8. 森田圭一、栢森高、名生邦彦、道泰之、山口聰、佐藤由紀子、竹内賢吾. 耳下腺導管部に発生した乳腺相似分泌癌の一例. 第41回日本頭頸部癌学会 2017.06.08 京都

  9. 栗林亜実、坂本潤一郎、森田圭一、栢森高、鈴木紀子、倉林亨. 頬部に発生した乳腺相似分泌癌の1例. 日本歯科放射線学会第58回学術大会 2017.06.03 鹿児島市

  10. 及川 悠, 森田 圭一, 栢森 高, 坂本 啓, 谷本 幸介, 加藤 洋人, 石川 俊平, 稲澤 譲治, 原田 浩之. 口腔扁平上皮癌における遠隔転移予測因子としてのチロシンキナーゼ受容体. 第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2017年1月26-27日 2017.01.26 福岡市

  11. 大山巌雄、道泰之、鵜澤成一、名生邦彦、炭野淳、三浦千佳、水谷美保、栢森高、山城正司、山口聰. 当科で経験した上顎歯肉扁平上皮癌91症例の臨床病理学的検討. 第35回日本口腔腫瘍学会 2017.01.26 福岡

  1. 池田 通. MRONJ・BRONJの病理組織所見. 第61回日本口腔外科学会 2016.11.27 千葉市

  2. 平井秀明、大迫利光、望月裕美、田中香衣、富岡寛文、島本裕彰、栢森高、原田浩之. 顎口腔領域に生じた腺様嚢胞癌26例の臨床病理学的検討. 第61回日本口腔外科学会 2016.11.27 千葉

  3. 中里圭一郎、鵜澤成一、栢森高、炭野淳、赤津千絵、大山巌雄、山口聰. 当科における骨関連病変に関する臨床的検討. 第61回日本口腔外科学会 2016.11.26 千葉

  4. 山形優子,栢森 高,富岡寛文,佐藤 潔,坂本 啓,原田浩之. 口腔扁平上皮癌進展におけるマクロファージの役割. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25-27日 2016.11.25 千葉市

  5. 平井秀明,大迫利光,望月裕美,田中香衣, 富岡寛文,島本裕彰,栢森 高,原田浩之. 顎口腔領域に生じた腺様嚢胞癌26例の臨床病理学的研究. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25日-27日 2016.11.25 千葉市

  6. 山形優子、栢森高、富岡寛文、佐藤潔、坂本啓、原田浩之. 口腔扁平上皮癌の進展におけるマクロファージの役割. 第61回日本口腔外科学会 2016.11.25 千葉

  7. 奥山紘平,柳本惣市,鳴瀬智史,川北晃子,坂本由紀,土橋宏輝,藤田修一,池田通,梅田正博. 舌扁平上皮癌切除4年後に扁平上皮癌成分を含有する未分化肉腫として局所再発した1例. 第61回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2016.11.25 千葉

  8. 森下廣太,立川絵里,末廣史雄,上高原理暢,横井太史,井奥洪二、梅田正博,池田 通. セラミック皮下移植実験系により誘導した多核巨細胞の性質の検討. 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016 2016.11.22 福岡市

  9. 及川 悠, 森田 圭一, 栢森 高, 坂本 啓, 谷本 幸介, 石川 俊平, 稲澤 譲治, 原田 浩之. ワークショップ 頭頸部癌の集学的治療 口腔がんにおけるがん関連遺伝子変異のターゲットリシーケンス.. 第54回日本癌治療学会学術集会 2016.10.20 横浜

  10. 及川 悠,森田圭一,栢森 高,坂本 啓,谷本幸介,石川俊平,稲澤譲治,原田浩之. 口腔がんにおけるがん関連遺伝子変異のターゲットリシーケンス. 第54回日本癌治療学会 2016年10月20-22日 2016.10.20 横浜市

  11. 及川 悠,森田圭一,栢森 高,坂本 啓,石川俊平,稲澤譲治,原田浩之. Clinical application of cell-free DNA in oral cancer. 第75回日本癌学会 2016年10月6-8日 2016.10.06 横浜市

  12. 及川悠、森田圭一、栢森高、坂本啓、石川俊平、稲澤譲治、原田浩之. 口腔がんにおけるcell-free DNAの臨床応用. 第75回日本癌学会 2016.10.06 横浜

  13. 栢森高. Current Issue of Diagnostic Criteria for Oral Cancer. 第27回日本臨床口腔病理学会 2016.08.12 広島

  14. 池田 通,尾崎 由,藤田修一,池田久住,梅田正博,朝比奈 泉. ステージIII及びIVの口腔扁平上皮癌患者における予後予測モデルの構築. 第27回日本臨床口腔病理学会 2016.08.12 広島市

  15. 上條陽輝、行森茜、坂本啓. 顎口腔領域のランゲルハンス細胞組織球症の病理組織学的検討. 2016.08.11

  16. 道泰之、三浦千佳、大山巌雄、鵜澤成一、水谷美保、栢森高、山城正司、山口聰. 舌扁平上皮癌局所再発症例の検討. 第40回頭頚部癌学会 2016.06.09 埼玉

  17. 行森茜、栢森高、森田圭一、坂本啓. 歯原性腫瘍におけるBRAF変異(V600E)と臨床病理学的因子との関連の検討. 第105回日本病理学会総会 2016.05.13

  18. 行森茜、栢森高、森田圭一、坂本啓. 歯原性腫瘍におけるBRAF変異(V600E)と臨床病理学的因子との関連の検討. 第105回日本病理学会 2016.05.13 仙台

  19. 池田 通. 薬剤関連性顎骨壊死(MRONJ)の病因と病理組織所見. 第70回日本口腔科学会 2016.04.15 福岡市

  20. 角倉可奈子,平井秀明,大迫利光,礒部 薫,富岡寛文,坂本 啓,原田浩之. 上顎に発生した歯原性幻影細胞癌の1例. 第70回日本口腔科学会学術集会 2016年4月15-17日 2016.04.15 福岡市

  21. 坂本 啓. エナメル上皮腫の病理. 第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2016.01.21

  22. 水谷美保、橋田之彦、川俣綾、斎藤健一、堀内啓、栢森高、山城正司. 当科における小唾液腺癌の臨床的検討. 第34回日本口腔腫瘍学会 2016.01.21 神奈川

  23. 生田稔、平井秀明、島本裕彰、富岡寛文、望月裕美、松川祥、及川悠、小野里祐佑、山形優子、原田浩之、栢森高. 口腔に生じた基底細胞腺癌の4例. 第34回日本口腔腫瘍学会 2016.01.21 神奈川

  1. 坂本 啓. NOTCH1の司る扁平上皮分化とその破綻による腫瘍発生機序. 第61回日本病理学会秋期特別総会 2015.11.06 東京

  2. 三浦千佳、道 泰之、大山厳雄、鵜澤成一、水谷美保、山城正司、栢森 高、原田 清. 当科における舌扁平上皮癌. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015.10.16

  3. 森田圭一、及川悠、栢森高、坂本啓、石川俊平、稲澤譲治、原田浩之. 口腔癌におけるがん関連遺伝子のターゲットリシーケンス. 第60回日本人類遺伝学会 2015.10.15 東京

  4. 森田圭一、及川悠、栢森高、坂本啓、石川俊平、稲澤譲治、原田浩之. Melanotic neuroectodermal tumor of infancyの1例. 第60回日本人類遺伝学会 2015.10.15 東京

  5. 出雲俊之、遠山怜、森泰昌、柳下寿郎、大畑八重、栢森高、坂本啓、平井秀明、原田浩之、渡邊裕. 歯原性下顎骨腫瘍の1例. 第26回日本臨床口腔病理学会 2015.07.30 北海道

  6. 中村亮介、栢森高、坂本啓、原田清、山口朗. 口腔癌の骨破壊におけるTGF-βの役割の解析. 第26回日本臨床口腔病理学会 2015.07.30 北海道

  7. 和気創、儀武啓幸、栢森高、原田清. 滑膜軟骨腫症の病期進行に伴う未分化間葉型幹細胞マーカー発現の変化に関する検討. 第28回日本顎関節学会 2015.07.04 愛知

  8. 遠山怜,栢森高,坂本啓,山口朗. 口腔癌の骨破壊におけるRANKLの役割. 第33回日本口腔腫瘍学会 2015.01.30 奈良

  9. 三浦千佳、道 泰之、加地博一、大山厳雄、鵜澤成一、細木美佐、水谷美保、山城正司、栢森 高、原田 清. 局所再発症例の検討. 第33回 日本口腔腫瘍学会 学術総会・学術大会 2015.01.29

  1. 外内えり奈,道泰之, 大山厳雄, 水谷美保, 廣田由佳, 出雲俊之, 栢森高, 原田清. 舌癌一次治療後8年で頸部にリンパ節転移をきたした1症例. 第198回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2014.12.06 日本 横浜

  2. 島田泰如,坂本啓,栢森高,丸岡豊,山口朗. 角化嚢胞性歯原性腫瘍のクローナリティー解析. 第59回日本人類遺伝学会 2014.11.20

  3. Nguyen Thi Kim Chi, Kei Sakamoto, Akira Yamaguchi. Expression of AIRE (Autoimmune Regulator) in Oral Squamous Cell Carcinoma. 第103回日本病理学会総会 2014.04 広島

  1. 新垣理宣、中村伸、道泰之、鳥井原彰、栢森高、山城正司、原田清、倉林亨. 剖検結果との比較による頭頸部癌術後FDG-PET/CT検査の有用性の評価. 第52回日本核医学会学術総会 2012.10.11 札幌

このページの先頭へ▲