基本情報

写真a

清水 貴美子(シミズ キミコ)

SHIMIZU KIMIKO


職名

准教授

ホームページ

https://www.tmd.ac.jp/mri/pcb/eng/members_shimizu-k_e.html

研究分野・キーワード

概日リズム、記憶、脳

分野紹介URL

https://www.tmd.ac.jp/mri/pcb/eng/members_shimizu-k_e.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 神戸学院大学  薬学部  生物薬学科  1987年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  理学研究科  生物化学専攻  博士課程  1999年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  大阪大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 病態制御科学研究部門 病態細胞生物学分野 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2000年03月
    東京大学 農学生命科学研究科 博士研究員
  • 2000年04月
    -
    2001年03月
    東京大学 理学系研究科 博士研究員
  • 2001年08月
    -
    2007年04月
    University of Washington 博士研究員
  • 2007年05月
    -
    2022年03月
    東京大学 大学院理学系研究科 助教
  • 2022年04月
    -
    2022年05月
    東京大学 医学系研究科疾患生命工学センター 特任研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本時間生物学会

  • 日本神経科学会

  • 北米神経科学会 (Society for Neuroscience)

  • 日本生化学会

  • 日本動物学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
    現在
    日本時間生物学会 評議委員
  • 2023年04月
    -
    2024年07月
    日本神経科学会 第47回日本神経科学大会プログラム委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経科学一般

  • 動物生理化学、生理学、行動学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ニューロステロイドの脳内作用ダイナミクスから迫る記憶力の日周リズム制御,2023年04月 - 現在

  • 概日リズム制御を受ける遠隔記憶形成システム,2021年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ニューロステロイドの脳内作用ダイナミクスから迫る記憶力の日周リズム制御

    文部科学省/日本学術振興会 : 2023年 - 2026年

  • 概日リズム制御を受ける遠隔記憶形成システム

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2023年

  • 概日リズム制御を受ける遠隔記憶形成システム

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2023年

  • フレキシブルな概日ロバスト振動体の分子解剖と個体制御

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kimiko Shimizu, Ken-Ichi Inoue, Takao Oishi, Masahiko Takada, Yoshitaka Fukada, Hiroo Imai. Diurnal variation in declarative memory and the involvement of SCOP in cognitive functions in nonhuman primates. Molecular Brain. 2023.03; 16 (1): 31. ( PubMed, DOI )

  2. Shunsuke Takeuchi, Kimiko Shimizu, Yoshitaka Fukada, Kazuo Emoto. The circadian clock in the piriform cortex intrinsically tunes daily changes of odor-evoked neural activity. Communications Biology. 2023.03; 6 (1): 332. ( PubMed, DOI )

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 清水貴美子. Learning and memory in mammals regulated by Circadian Clocks. 46th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 2023.08.01 宮城県仙台市

  2. 清水貴美子. 哺乳類における記憶学習能力の日周リズム. 第66回 日本神経化学大会 2023.07.06 兵庫県神戸市

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 複雑な行動を実現する活動期と休息期の脳機能とその神経基盤,2023年08月

    第46回日本神経科学大会においてシンポジウムを企画・実行