基本情報

写真a

山野 晃史(ヤマノ コウジ)

YAMANO KOJI


職名

准教授

研究分野・キーワード

細胞生物学、生化学、分子生物学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
     
     
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 機能分子病態学分野 准教授
  • 2022年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 病態制御科学研究部門 機能分子病態学分野 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2014年09月
    -
    2017年03月
    公益財団法人東京都医学総合研究所 主任研究員
  • 2017年04月
    -
    2022年03月
    公益財団法人東京都医学総合研究所 主席研究員
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本生化学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    現在
    日本生化学会「生化学」 企画協力委員
  • 2023年04月
    -
    現在
    難研 パブリックアフェア委員会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • オルガネラ構成タンパク質の寿命制御,2023年04月 - 2028年03月

  • オートファジーアダプターをハブとした損傷ミトコンドリア分解機構,2022年04月 - 2026年03月

  • ケモテクノロジーを利用したタンパク質分解制御,2018年06月 - 2023年03月

  • Parkinの活性化と膜移行の再構成系および素反応の解析,2018年04月 - 2021年03月

  • RBR型E3ユビキチンリガーゼの活性化メカニズムの解析,2016年04月 - 2018年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • オートファジーアダプターをハブとした損傷ミトコンドリア分解機構

    文部科学省/日本学術振興会

  • オートファジーアダプターをハブとした損傷ミトコンドリア分解機構

    文部科学省/日本学術振興会

  • タンパク質寿命が制御するシン・バイオロジー

    文部科学省/日本学術振興会

  • オルガネラ構成タンパク質の寿命制御

    文部科学省/日本学術振興会

  • ケモテクノロジーを利用したタンパク質分解制御

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yamano K, Kinefuchi H, Kojima W. Mitochondrial lipid dynamics regulated by MITOL-mediated ubiquitination. Journal of biochemistry. 2024.03; 175 (3): 217-219. ( PubMed, DOI )

  2. Cui M, Yamano K, Yamamoto K, Yamamoto-Imoto H, Minami S, Yamamoto T, Matsui S, Kaminishi T, Shima T, Ogura M, Tsuchiya M, Nishino K, Layden BT, Kato H, Ogawa H, Oki S, Okada Y, Isaka Y, Kosako H, Matsuda N, Yoshimori T, Nakamura S. HKDC1, a target of TFEB, is essential to maintain both mitochondrial and lysosomal homeostasis, preventing cellular senescence. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2024.01; 121 (2): e2306454120. ( PubMed, DOI )

  3. Yamano K, Sawada M, Kikuchi R, Nagataki K, Kojima W, Endo R, Kinefuchi H, Sugihara A, Fujino T, Watanabe A, Tanaka K, Hayashi G, Murakami H, Matsuda N. Optineurin provides a mitophagy contact site for TBK1 activation. The EMBO journal. 2024.01; 43 (5): 754-779. ( PubMed, DOI )

  4. Yamano K, Kinefuchi H, Kojima W. Mitochondrial quality control via organelle and protein degradation. Journal of biochemistry. 2023.12; ( PubMed, DOI )

  5. Kurusu R, Fujimoto Y, Morishita H, Noshiro D, Takada S, Yamano K, Tanaka H, Arai R, Kageyama S, Funakoshi T, Komatsu-Hirota S, Taka H, Kazuno S, Miura Y, Koike M, Wakai T, Waguri S, Noda NN, Komatsu M. Integrated proteomics identifies p62-dependent selective autophagy of the supramolecular vault complex. Developmental cell. 2023.07; 58 (13): 1189-1205.e11. ( PubMed, DOI )

  6. Hayashida R, Kikuchi R, Imai K, Kojima W, Yamada T, Iijima M, Sesaki H, Tanaka K, Matsuda N, Yamano K. Elucidation of ubiquitin-conjugating enzymes that interact with RBR-type ubiquitin ligases using a liquid-liquid phase separation-based method. The Journal of biological chemistry. 2023.02; 299 (2): 102822. ( PubMed, DOI )

  7. Yamano K, Sawada M, Kikuchi R, Nagataki K, Kojima W, Sugihara A, Fujino T, Tanaka K, Hayashi G, Murakami H, Matsuda N. . Optineurin provides a mitophagy contact site for TBK1 activation bioRxiv. 2023.02;

  8. Queliconi BB, Kojima W, Kimura M, Imai K, Udagawa C, Motono C, Hirokawa T, Tashiro S, Caaveiro JMM, Tsumoto K, Yamano K, Tanaka K, Matsuda N. Unfolding is the driving force for mitochondrial import and degradation of the Parkinson's disease-related protein DJ-1. Journal of cell science. 2021.11; 134 (22): ( PubMed, DOI )

  9. Yamano K, Kojima W. Molecular functions of autophagy adaptors upon ubiquitin-driven mitophagy. Biochimica et biophysica acta. General subjects. 2021.10; 1865 (10): 129972. ( PubMed, DOI )

  10. Kojima W, Yamano K, Kosako H, Imai K, Kikuchi R, Tanaka K, Matsuda N. Mammalian BCAS3 and C16orf70 associate with the phagophore assembly site in response to selective and non-selective autophagy. Autophagy. 2021.08; 17 (8): 2011-2036. ( PubMed, DOI )

  11. Onishi M, Yamano K, Sato M, Matsuda N, Okamoto K. Molecular mechanisms and physiological functions of mitophagy. The EMBO journal. 2021.02; 40 (3): e104705. ( PubMed, DOI )

  12. Yamano K, Youle RJ. Two different axes CALCOCO2-RB1CC1 and OPTN-ATG9A initiate PRKN-mediated mitophagy. Autophagy. 2020.11; 16 (11): 2105-2107. ( PubMed, DOI )

  13. Matsuda N, Yamano K. Two sides of a coin: Physiological significance and molecular mechanisms for damage-induced mitochondrial localization of PINK1 and Parkin. Neuroscience research. 2020.10; 159 16-24. ( PubMed, DOI )

  14. Koyano F, Yamano K, Kosako H, Kimura Y, Kimura M, Fujiki Y, Tanaka K, Matsuda N. Parkin-mediated ubiquitylation redistributes MITOL/March5 from mitochondria to peroxisomes. EMBO reports. 2019.12; 20 (12): e47728. ( PubMed, DOI )

  15. Koyano F, Yamano K, Kosako H, Tanaka K, Matsuda N. Parkin recruitment to impaired mitochondria for nonselective ubiquitylation is facilitated by MITOL. The Journal of biological chemistry. 2019.06; 294 (26): 10300-10314. ( PubMed, DOI )

  16. Yamano K, Lazarou M. YoungMito 2018: Report on the 1st International Mitochondria Meeting for Young Scientists. Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms. 2018.10; 23 (10): 822-827. ( PubMed, DOI )

  17. Okatsu K, Sato Y, Yamano K, Matsuda N, Negishi L, Takahashi A, Yamagata A, Goto-Ito S, Mishima M, Ito Y, Oka T, Tanaka K, Fukai S. Structural insights into ubiquitin phosphorylation by PINK1. Scientific reports. 2018.07; 8 (1): 10382. ( PubMed, DOI )

  18. Yamano K, Wang C, Sarraf SA, Münch C, Kikuchi R, Noda NN, Hizukuri Y, Kanemaki MT, Harper W, Tanaka K, Matsuda N, Youle RJ. Endosomal Rab cycles regulate Parkin-mediated mitophagy. eLife. 2018.01; 7 ( PubMed, DOI )

  19. Sato Y, Okatsu K, Saeki Y, Yamano K, Matsuda N, Kaiho A, Yamagata A, Goto-Ito S, Ishikawa M, Hashimoto Y, Tanaka K, Fukai S. Structural basis for specific cleavage of Lys6-linked polyubiquitin chains by USP30. Nature structural & molecular biology. 2017.11; 24 (11): 911-919. ( PubMed, DOI )

  20. Matsuda N, Kimura M, Queliconi BB, Kojima W, Mishima M, Takagi K, Koyano F, Yamano K, Mizushima T, Ito Y, Tanaka K. Parkinson's disease-related DJ-1 functions in thiol quality control against aldehyde attack in vitro. Scientific reports. 2017.10; 7 (1): 12816. ( PubMed, DOI )

  21. Izumikawa K, Nobe Y, Yoshikawa H, Ishikawa H, Miura Y, Nakayama H, Nonaka T, Hasegawa M, Egawa N, Inoue H, Nishikawa K, Yamano K, Simpson RJ, Taoka M, Yamauchi Y, Isobe T, Takahashi N. TDP-43 stabilises the processing intermediates of mitochondrial transcripts. Scientific reports. 2017.08; 7 (1): 7709. ( PubMed, DOI )

  22. Unexpected mitochondrial matrix localization of Parkinson's disease-related DJ-1 mutants but not wild-type DJ-1 (vol 21, pg 772, 2016) 2017.01; 22 (1): 124. ( DOI )

  23. Critical role of mitochondrial ubiquitination and the OPTN ATG9A axis in mitophagy 2020.09; 219 (9): ( PubMed, DOI )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 山野 晃史. 選択的オートファジーによるオルガネラ分解. 実験医学(羊土社), 2023.08

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Koji Yamano. Identification and functional analysis of a folding chaperone for RAB7A GTPase. 第46回日本分子生物学会年会 2023.12.06

  2. 澤田百葉、遠藤龍、杵渕宏紀、松田憲之、山野晃史. オートファジーアダプターとTBK1を繋ぐAZI2およびTBKBP1による選択的オートファジ ーの制御. 第97回日本生化学会大会 2024.11.07 パシフィコ横浜ノース

  3. 尾勝圭, 山野晃史, 松田憲之, 深井周也. RAB7AシャペロンによるRAB7A認識の構造基盤. 第46回日本分子生物学会年会 2023.12.07 神戸ポートアイランド

  4. 遠藤龍、松田憲之、山野晃史. RABタンパク質の安定化と分解による品質管理. 第46回日本分子生物学会年会 2023.12.07 神戸ポートアイランド

  5. 松田憲之、小島和華、山野晃史. ユビキチン依存性マイトファジーの進行過程におけるTBK1活性化のメカニズム. 第15回 オートファジー研究会 2023.11.28 ナスパニューオータニ、新潟

  6. 小島和華、松田憲之、山野晃史. BCAS3-C16orf70複合体の機能解析. 第15回 オートファジー研究会  2023.11.28 NASPAニューオータニ、新潟

  7. 小谷野 史香, 山野 晃史, 小迫 英尊, 藤木 幸夫, 田中 啓二, 松田 憲之. p97/VCP-FAF2はペルオキシソームの分解を制御する. 第96回日本生化学会大会 2023.10.31 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡

  8. 松田 憲之, 小島 和華, 小谷野 史香, 山野 晃史. オルガネラ・ライフ・サイクル 翻訳後修飾とオートファジーを介したミトコンドリアとペルオキシソームの制御機構. 第96回日本生化学会大会 2023.10.31 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡

  9. 小島 和華, 山野 晃史. ミトコンドリアを軸にしたオートファジー制御因子の機能解析. 第95回日本生化学会大会 2022.11.09 名古屋国際会議場

  10. 山野 晃史. オートファジーアダプターと損傷ミトコンドリア分解. 第74回日本細胞生物学会大会 2022.06.28 タワーホール船堀

  11. 山野 晃史. PINK1-Parkin-mediated mitochondrial degradation. 東京都立大学理学研究科セミナー 2021.12.15

  12. Koji Yamano. Signal amplification during PINK1-Parkin-mediated mitochondrial degradation. 第44回日本分子生物学会年会 2021.12.02

  13. 山野 晃史. ミトコンドリア分解におけるオートファジーアダプターの機能. 第73回日本細胞生物学会大会(オンライン) 2021.06.30

  14. Koji Yamano. Critical Roles of Ubiquitin and Autophagy Adaptors in Mitochondria-Selective Degradation. 第93回日本生化学会大会(オンライン) 2020.09.15

  15. 山野 晃史. ミトコンドリア分解におけるオートファジーアダプターの機能. 72回日本細胞生物学会大会(抄録集での発表) 2020.06.05

  16. 山野 晃史. パーキンソン病の鍵を握る損傷ミトコンドリア選択的分解. 第165回NIH金曜会セミナー 2019.12.06

  17. 山野 晃史. ストレスに応答した損傷ミトコンドリアの選択的分解. 第14回日本臨床ストレス応答学会大会 2019.11.02

  18. 山野 晃史. 若手研究者がミトコンドリアサイエンスに貢献できること. MSW2019 ミトコンドリアサイエンスワークショップ 2019.05.14

  19. Mitochondrial Degradation: Dance with Ubiquitin and Autophagy. 2019.03.26

  20. 山野 晃史. 損傷ミトコンドリア選択的分解の研究. 第91回日本生化学会大会 奨励賞受賞講演 2018.09.24

  21. 山野 晃史, 松田 憲之. ユビキチンコードによる損傷ミトコンドリアの標識. 2017年度生命科学系学会合同年次大会 2017.12.09

  22. Positive Feedback Ubiquitination Cycles upon Parkin-mediated Mitophagy. 2017.07.07

  23. Endosomal Rab cycles regulate Parkin-mediated mitophagy through Atg9 assembly. 2017.05.30

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2020年度東京都医学総合研究所所内研究発表会第一部会 優秀賞,東京都医学総合研究所,2020年12月

  • 2018年度日本生化学会奨励賞,日本生化学会,2018年09月

  • The Best Poster Award at the EMBO Workshop: Mitochondrial Quality Control,2017年07月

  • 平成28年度 東京都福祉保険局長賞,東京都福祉保険局,2017年02月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • Even cells know the importance of recycling,2024年03月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「損傷ミトコンドリアがオートファジーで選択的に分解される作用機序を解明」 ―ALSの原因タンパク質がオートファジーの初期膜形成に必須―,2024年02月

    EMBO Journal

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 歯学部歯学科 薬理学実習,2023年

  • 難治疾患研究所 疾患生命科学特論,2023年

  • 難治疾患研究所 疾患生命科学特論,2022年

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 大学入学共通テスト 主任監督者,2023年01月