基本情報

写真a

具 芳明(グ ヨシアキ)

GU Yoshiaki


職名

教授

ホームページ

https://tmd-cid.jp/

研究分野・キーワード

感染症、感染症疫学、感染症健康危機管理、AMR対策

分野紹介URL

https://tmd-cid.jp/

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1997年03月  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東北大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    2023年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 全人的医療開発学講座 統合臨床感染症学分野 教授
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 内科系診療領域 感染症内科 科長
  • 2022年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 感染制御部 感染制御部 部長
  • 2023年11月
    -
    2024年05月
    東京医科歯科大学 統合診療機構 TMDU感染症センター 臨床医学部門 教授
  • 2024年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 全人的医療開発学講座 統合臨床感染症学分野 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    1999年03月
    長野県厚生連佐久総合病院 臨床研修医
  • 1999年04月
    -
    2005年03月
    長野県厚生連佐久総合病院 内科・総合診療科 医師
  • 2005年04月
    -
    2009年03月
    静岡県立静岡がんセンター 感染症科 レジデント、副医長
  • 2010年10月
    -
    2010年11月
    WHO Western Pacific Regional Office Rumor Surveillance Officer
  • 2011年04月
    -
    2014年03月
    東北大学大学院医学系研究科 感染症診療地域連携講座 助手
  • 2014年04月
    -
    2017年03月
    東北大学大学院医学系研究科 感染制御・検査診断学分野 教育担当主任
  • 2014年04月
    -
    2015年03月
    東北大学病院 総合感染症科 助手
  • 2015年04月
    -
    2017年03月
    東北大学病院 総合感染症科 講師
  • 2016年06月
    -
    2017年03月
    東北大学病院 総合感染症科 外来医長
  • 2017年04月
    -
    2021年03月
    国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター 情報・教育支援室長
  • 2017年04月
    -
    現在
    東北大学 大学院医学系研究科 非常勤講師
  • 2020年02月
    -
    現在
    厚生労働省新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する厚生労働省対策推進本部 事務局 参与(クラスター対策班)
  • 2020年05月
    -
    現在
    長崎大学 大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科 客員教授
  • 2021年04月
    -
    現在
    国立国際医療研究センター 客員研究員
  • 2023年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 TMDU感染症センター センター長

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本内科学会

  • 日本感染症学会

  • 日本感染症学会

  • 日本環境感染学会

  • 日本環境感染学会

  • 日本化学療法学会

  • 日本化学療法学会

  • 欧州臨床微生物感染症学会(European Society of Clinical Microbiology and Infectious Diseases )

  • 日本臨床微生物学会

  • 日本臨床微生物学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    -
    2017年03月
    宮城県結核医療地域ネットワーク会議 世話人
  • 2015年02月
    -
    現在
    ESCMID抗菌薬適正使用研究グループ(ESCMID Study Group for Antimicrobial Stewardship) 委員
  • 2015年04月
    -
    2017年03月
    仙台市感染症診査協議会 委員
  • 2015年10月
    -
    2017年03月
    独立行政法人国際協力機構 国際緊急援助隊感染症対策チーム 作業部会 部会員
  • 2016年01月
    -
    現在
    日本感染症学会 評議員
  • 2016年02月
    -
    現在
    日本環境感染学会 評議員
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    宮城県感染症診査協議会 委員
  • 2016年11月
    -
    2023年03月
    薬剤耐性(AMR)対策推進国民啓発会議 構成員
  • 2016年11月
    -
    現在
    薬剤耐性(AMR)対策推進国民啓発会議 構成員
  • 2016年12月
    -
    2018年12月
    厚生科学審議会 専門委員
  • 2017年04月
    -
    現在
    感染対策連携共通プラットフォーム(J-SIPHE)専門家委員会 専門家委員
  • 2017年08月
    -
    現在
    日本化学療法学会・日本感染症学会 外来抗菌薬適正使用調査委員会 委員
  • 2019年12月
    -
    現在
    Global PPS Japan研究会 委員
  • 2020年01月
    -
    現在
    AMRインサイト(AMR Insights) 委員
  • 2020年02月
    -
    2020年03月
    特定非営利活動法人 日本歯周病学会 「歯周病患者における抗菌薬適正使用のガイドライン」外部評価委員
  • 2020年03月
    -
    現在
    日経アジア・アフリカ感染症会議 アジア・アフリカ医療イノベーションコンソーシアム(AMIC)AMR部会 ワーキンググループ委員
  • 2020年06月
    -
    2020年07月
    東京都第2波対策検討ワーキング 専門家委員
  • 2020年10月
    -
    現在
    東京都iCDC感染対策支援チーム 委員
  • 2020年12月
    -
    2021年03月
    薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン(2016-2020)の履行状況及び達成度の取りまとめ並びに我が国の薬剤耐性政策に関する調査、分析及び議論のための資料作成のための検討会議 委員
  • 2020年12月
    -
    現在
    東京都iCDC専門家ボード(感染制御チーム) 委員
  • 2021年06月
    -
    現在
    国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター 中小病院向けCDIガイダンス作成チーム 委員長
  • 2021年07月
    -
    2022年03月
    東京都福祉保健局 都保健所の感染症対応業務に係る調査・分析等に関する専門相談員
  • 2021年07月
    -
    現在
    国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター 感染症教育コンソーシアム コアメンバー
  • 2022年09月
    -
    2023年05月
    2023年G7グローバルヘルス・タスクフォース 日本ワーキング・グループ
  • 2022年11月
    -
    現在
    東京都福祉保健局 感染症対応を踏まえた都保健所のあり方検討会
  • 2023年03月
    -
    現在
    抗微生物薬の市場インセンティブに関する検討会 参考人
  • 2023年04月
    -
    2025年03月
    茨城県薬剤耐性対策推進会議 アドバイザー
  • 2023年04月
    -
    現在
    茨城県薬剤耐性対策推進会議 アドバイザー
  • 2023年04月
    -
    現在
    茨城県感染症対策連携協議会 委員
  • 2023年04月
    -
    現在
    厚生科学審議会 専門委員
  • 2023年07月
    -
    2025年06月
    文京区 新型インフルエンザ等感染症医療体制検討会議委員
  • 2023年10月
    -
    現在
    日本環境感染学会 編集委員会 委員
  • 2023年10月
    -
    現在
    7学会合同感染症治療・創薬促進検討委員会 委員
  • 2023年11月
    -
    2025年07月
    日本環境感染学会 創薬促進検討委員会委員
  • 2024年03月
     
     
    文京区感染症連絡会議 医員
  • 2024年03月
    -
    現在
    文京区感染症連絡会議 委員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

  • 感染症内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 行動経済学の政策応用ー医療、防災、防犯、労働、教育ー,2020年08月 - 2025年03月

  • 一般住民・医師の抗菌薬の適正使用に影響する要因の検討:知識・態度・行動に着眼して,2017年04月 - 2020年03月

  • 一般住民・医師の抗菌薬の適正使用に影響する要因の検討:知識・態度・行動に着眼して,2017年04月 - 2020年03月

  • 一般住民・医師の抗菌薬の適正使用に影響する要因の検討:知識・態度・行動に着眼して,2017年04月 - 2020年03月

  • 一般住民・医師の抗菌薬の適正使用に影響する要因の検討:知識・態度・行動に着眼して,2017年04月 - 2020年03月

  • 一般住民・医師の抗菌薬の適正使用に影響する要因の検討:知識・態度・行動に着眼して,2017年04月 - 2020年03月

  • 一般住民・医師の抗菌薬の適正使用に影響する要因の検討:知識・態度・行動に着眼して,2017年04月 - 2020年03月

  • 医療従事者のAMR対策の認識と行動変容に関する研究,2015年04月 - 現在

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 国内外の薬剤耐性菌による集団発生対策及び適正使用等の対策・評価に資する研究

    厚生労働省 : 2024年04月 - 2025年03月

  • 2023年G7保健関連会合における我が国の効果的なプレゼンスの確立および喫緊の課題に対応するための国際保健政策への貢献に資する研究

    厚生労働省 : 2022年07月 - 2023年03月

  • 静注抗菌薬に対する効果的/持続的な抗菌薬適正使用プログラムの手法/運用の探索研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 医療施設環境の微生物叢・薬剤耐性の高精度動態解析による新規医療環境整備基盤の創出

    文部科学省/日本学術振興会

  • 行動経済学の政策応用ー医療、防災、防犯、労働、教育ー

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Osaka H, Tagashira Y, Takeuchi H, Tanaka Y, Tanimoto K, Gu Y. Nosocomial outbreak of SARS-CoV-2 in a hospital ward during the Omicron variant-dominant wave with a review of the relevant literature. Japanese journal of infectious diseases. 2024.05; ( PubMed, DOI )

  2. Ota Y, Yasunaga K, Mahazu S, Prah I, Nagai S, Hayashi T, Suzuki M, Yoshida M, Hoshino Y, Akeda Y, Suzuki T, Gu Y, Saito R. Comparative evaluation of analytical pipelines for illumina short- and nanopore long-read 16S rRNA gene amplicon sequencing with mock microbial communities. Journal of microbiological methods. 2024.04; 221 106929. ( PubMed, DOI )

  3. Zhuo C, Zheng B, Wattanakamolkul K, Nakayama Y, Cloutier M, Gauthier-Loiselle M, Feng J, Wu D, Neary MP, Geurtsen J, El Khoury AC, Gu Y. Impact of Invasive Escherichia Coli Disease on Clinical Outcomes and Medical Resource Utilization Among Asian Patients in the United States. Infectious diseases and therapy. 2024.01; 13 (2): 313-328. ( PubMed, DOI )

  4. Sato L, Tagashira Y, Shigeno N, Gu Y. Contact tracing in the hospital setting during the omicron wave of the coronavirus disease 2019 pandemic: persons and periods of concern for nosocomial infection prevention and control. Antimicrobial stewardship & healthcare epidemiology : ASHE. 2024; 4 (1): e84. ( PubMed, DOI )

  5. Ide Satoshi, Ishikane Masahiro, Aoyagi Kensuke, Ono Akane, Asai Yusuke, Tsuzuki Shinya, Kusama Yoshiki, Gu Yoshiaki, Kodama Eiichi, Ohmagari Norio. Investigation of oral macrolide prescriptions in Japan using a retrospective claims database, 2013-2018 PLOS ONE. 2023.06; 18 (6): e0287297. ( PubMed, DOI )

  6. Abe Keishi, Abe Sarah Krull, Fujita Takanori, Gu Yoshiaki, Hashizume Masahiro, Ikeda Chieko, Inaba Masaki, Jindai Kazuaki, Kondo Naoki, Kunii Osamu, Matsuo Makiko, Nakatani Hiroki, Nishino Yoshitaka, Nomura Shuhei, Sakamoto Haruka, Shiroyama Hideaki, Suzuki Tomoko, Takemi Ayako, Takuma Kayo. Promote global solidarity to advance health-system resilience: proposals for the G7 meetings in Japan LANCET. 2023.04; 401 (10385): 1319-1321. ( PubMed, DOI )

  7. Nomoto Hidetoshi, Ishikane Masahiro, Gu Yoshiaki, Yamamuro Ryosuke, Osawa Ryosuke, Hosokawa Naoto, Sahara Toshinori, Nakamura-Uchiyama Fukumi, Fukushima Kazuaki, Sekiya Noritaka, Imamura Akifumi, Fujikura Yuji, Kawana Akihiko, Nagata Kaoru, Tamura Kaku, Kutsuna Satoshi, Ohmagari Norio. Nationwide Descriptive Epidemiological Study of Patients with COVID-19 Evacuated from Wuhan, China to Japan from January to February, 2020 Japanese Journal of Infectious Diseases. 2023.01; 76 (1): 20-26. ( 医中誌 )

  8. Ota Y, Prah I, Mahazu S, Gu Y, Nukui Y, Koike R, Saito R. Novel insights into genetic characteristics of bla(GES)-encoding plasmids from hospital sewage. Frontiers in microbiology. 2023; 14 1209195. ( PubMed, DOI )

  9. Sako A, Gu Y, Masui Y, Yoshimura K, Yanai H, Ohmagari N. Prescription of anti-influenza drugs in Japan, 2014-2020: A retrospective study using open data from the national claims database. PloS one. 2023; 18 (10): e0291673. ( PubMed, DOI )

  10. Nomoto Hidetoshi, Saito Hiroki, Ishikane Masahiro, Gu Yoshiaki, Ohmagari Norio, Pittet Didier, Kunishima Hiroyuki, Allegranzi Benedetta, Yoshida Masaki. First nationwide survey of infection prevention and control among healthcare facilities in Japan: impact of the national regulatory system ANTIMICROBIAL RESISTANCE AND INFECTION CONTROL. 2022.11; 11 (1): 135. ( PubMed, DOI )

  11. Kusama Yoshiki, Miyahara Mitsuoki, Ishikane Masahiro, Suzuki Kumiko, Gu Yoshiaki, Sasaki Jun, Ohmagari Norio. Physician practices in the diagnosis and treatment of infectious diseases in home care settings: A questionnaire study Global Health & Medicine. 2022.10; 4 (5): 268-272. ( 医中誌 )

  12. Nomoto H, Ishikane M, Gu Y, Yamamuro R, Osawa R, Hosokawa N, Sahara T, Nakamura-Uchiyama F, Fukushima K, Sekiya N, Imamura A, Fujikura Y, Kawana A, Nagata K, Tamura K, Kutsuna S, Ohmagari N. Nationwide descriptive epidemiological study of patients with COVID-19 evacuated from Wuhan, China, to Japan from January to February 2020. Japanese journal of infectious diseases. 2022.08; 76 (1): 20-26. ( PubMed, DOI )

  13. Hongo M, Harada Y, Shimizu T, Gu Y. Acute cytomegalovirus infection in a 61-year-old woman. CMAJ : Canadian Medical Association journal = journal de l'Association medicale canadienne. 2022.08; 194 (32): E1109-E1111-E1111. ( PubMed, DOI )

  14. Inoue Kenji, Kobayashi Seiichi, Sato Keigo, Kanno Hitoshi, Kantou Rina, Naganuma Yuka, Kawamura Naomi, Oike Yasunori, Kobayashi Michio, Yanai Masaru, Suzuki Akira, Kurai Hanako, Miyairi Isao, Kutsuna Satoshi, Gu Yoshiaki. Regional Antimicrobial Stewardship Program in a Provincial Medical Zone in Japan: a Multifaceted Approach(和訳中) Japanese Journal of Infectious Diseases. 2022.07; 75 (4): 347-354. ( 医中誌 )

  15. Saito N, Kitazawa J, Horiuchi H, Yamamoto T, Kimura M, Inoue F, Matsui M, Minakawa S, Itoga M, Tsuchiya J, Suzuki S, Hisatsune J, Gu Y, Sugai M, Kayaba H. Interhospital transmission of vancomycin-resistant Enterococcus faecium in Aomori, Japan. Antimicrobial resistance and infection control. 2022.07; 11 (1): 99. ( PubMed, DOI )

  16. 具 芳明. 新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチンの現状と今後 長野県薬誌りんどう. 2022.04; (561): 13-15.

  17. Mishima Y, Nosaka N, Oi K, Gu Y, Arai H. Tracheobronchial aspergillosis presenting with black mucus plugs and tracheal ulcers. Clinical case reports. 2022.02; 10 (2): e05456. ( PubMed, DOI )

  18. Ishibashi N, Pauwels I, Tomori Y, Gu Y, Yamaguchi T, Handa T, Yamaoka M, Ito D, Sakimoto T, Kimura T, Takizawa K, Sato R, Sakashita T, Ooyama A, Versporten A, Goossens H, Tarumoto N, Maesaki S, Tanahashi N. Point Prevalence Surveys of Antimicrobial Prescribing in a Non-Acute Care Hospital in Saitama Prefecture, Japan. The Canadian journal of infectious diseases & medical microbiology = Journal canadien des maladies infectieuses et de la microbiologie medicale. 2022; 2022 2497869. ( PubMed, DOI )

  19. Kusama Y, Miyahara M, Ishikane M, Suzuki K, Gu Y, Sasaki J, Ohmagari N. Physician practices in the diagnosis and treatment of infectious diseases in home care settings: A questionnaire study. Global health & medicine. 2022; 4 (5): 268-272. ( PubMed, DOI )

  20. Inoue K, Kobayashi S, Sato K, Kanno H, Kantou R, Naganuma Y, Kawamura N, Oike Y, Kobayashi M, Yanai M, Suzuki A, Kurai H, Miyairi I, Kutsuna S, Gu Y. Regional antimicrobial stewardship program in a provincial medical zone in Japan: A multifaceted approach. Japanese journal of infectious diseases. 2021.12; 75 (4): 347-354. ( PubMed, DOI )

  21. Tamura, M; Hiwatashi, D; Gu, Y; Nakayama, A; Nakagawa, Y; Tomishige, K. Organic compound modification of CeO<sub>2</sub> and 2-cyanopyridine hybrid catalyst in carbonate synthesis from CO<sub>2</sub> and alcohols JOURNAL OF CO2 UTILIZATION. 2021.12; 54 ( DOI )

  22. Koizumi R, Kusama Y, Asai Y, Yoshiaki G, Muraki Y, Ohmagari N. Effects of the cefazolin shortage on the sales, cost, and appropriate use of other antimicrobials. BMC health services research. 2021.10; 21 (1): 1118. ( PubMed, DOI )

  23. Pauwels Ines, Versporten Ann, Drapier Nico, Vlieghe Erika, Goossens Herman, Global-PPS network. Hospital antibiotic prescribing patterns in adult patients according to the WHO Access, Watch and Reserve classification (AWaRe): results from a worldwide point prevalence survey in 69 countries. J Antimicrob Chemother. 2021.05; 76 (6): 1614-1624. ( PubMed, DOI )

  24. Yamagishi T, Ohnishi M, Matsunaga N, Kakimoto K, Kamiya H, Okamoto K, Suzuki M, Gu Y, Sakaguchi M, Tajima T, Takaya S, Ohmagari N, Takeda M, Matsuyama S, Shirato K, Nao N, Hasegawa H, Kageyama T, Takayama I, Saito S, Wada K, Fujita R, Saito H, Okinaka K, Griffith M, Parry AE, Barnetson B, Leonard J, Wakita T. Corrigendum to: Environmental Sampling for Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2 During a COVID-19 Outbreak on the Diamond Princess Cruise Ship. The Journal of infectious diseases. 2021.02; 223 (3): 540. ( PubMed, DOI )

  25. Shin JH, Mizuno S, Okuno T, Itoshima H, Sasaki N, Kunisawa S, Kaku M, Yoshida M, Gu Y, Morii D, Shibayama K, Ohmagari N, Imanaka Y. Nationwide multicenter questionnaire surveys on countermeasures against antimicrobial resistance and infections in hospitals. BMC infectious diseases. 2021.02; 21 (1): 234. ( PubMed, DOI )

  26. Morioka S, Gu Y, Tsuzuki S, Fujitomo Y, Soeda H, Nakahama C, Hasegawa N, Maesaki S, Maeda M, Matsumoto T, Miyairi I, Ohmagari N. Determinants of clinic doctors' attitudes concerning antimicrobial prescription for patients with common colds or bronchitis: Additional analysis of a nationwide survey conducted by the Japanese Society of Chemotherapy and the Japanese Association for Infectious Diseases. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2021.02; 27 (2): 131-138. ( PubMed, DOI )

  27. Morioka Shinichiro, Gu Yoshiaki, Tsuzuki Shinya, Fujitomo Yumiko, Soeda Hiroshi, Nakahama Chikara, Hasegawa Naoki, Maesaki Shigefumi, Maeda Masayuki, Matsumoto Tetsuya, Miyairi Isao, Ohmagari Norio. Determinants of clinic doctors' attitudes concerning antimicrobial prescription for patients with common colds or bronchitis: Additional analysis of a nationwide survey conducted by the Japanese Society of Chemotherapy and the Japanese Association for Infectious Diseases(和訳中) Journal of Infection and Chemotherapy. 2021.02; 27 (2): 131-138. ( 医中誌 )

  28. Jindai Kazuaki, Kusama Yoshiki, Gu Yoshiaki, Honda Hitoshi, Ohmagari Norio. Narrative Review: The Process of Expanding the Manual of Antimicrobial Stewardship by the Government of Japan(和訳中) Internal Medicine. 2021.01; 60 (2): 181-190. ( 医中誌 )

  29. Jindai K, Kusama Y, Gu Y, Honda H, Ohmagari N. Narrative Review: The Process of Expanding the Manual of Antimicrobial Stewardship by the Government of Japan. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2021.01; 60 (2): 181-190. ( PubMed, DOI )

  30. 具 芳明. 抗菌薬供給の現状と課題 KANSEN JOURNAL. 2020.10; (84):

  31. Yamagishi T, Ohnishi M, Matsunaga N, Kakimoto K, Kamiya H, Okamoto K, Suzuki M, Gu Y, Sakaguchi M, Tajima T, Takaya S, Ohmagari N, Takeda M, Matsuyama S, Shirato K, Nao N, Hasegawa H, Kageyama T, Takayama I, Saito S, Wada K, Fujita R, Saito H, Okinaka K, Griffith M, Parry AE, Barnetson B, Leonard J, Wakita T. Environmental Sampling for Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2 During a COVID-19 Outbreak on the Diamond Princess Cruise Ship. The Journal of infectious diseases. 2020.09; 222 (7): 1098-1102. ( PubMed, DOI )

  32. Tomishige, K; Gu, Y; Chang, T; Tamura, M; Nakagawa, Y. Catalytic function of CeO<sub>2</sub> in non-reductive conversion of CO<sub>2</sub> with alcohols MATERIALS TODAY SUSTAINABILITY. 2020.09; 9 ( DOI )

  33. 具 芳明, 坂口みきよ, 田島太一, 藤友結実子, 竹田飛鳥, 中村晴奈, 小竹桃子, 加藤麻衣子, 草深明子, 岡田麻友, 斎藤史武, 高久かおり. 東京都内の中核病院における新型コロナウイルス感染症集団発生と院内感染対策 IASR. 2020.07; 41 (7): 113-114. ( 医中誌 )

  34. Muraki Y, Kusama Y, Tanabe M, Hayakawa K, Gu Y, Ishikane M, Yamasaki D, Yagi T, Ohmagari N. Impact of antimicrobial stewardship fee on prescribing for Japanese pediatric patients with upper respiratory infections. BMC health services research. 2020.05; 20 (1): 399. ( PubMed, DOI )

  35. Tsuzuki S, Matsunaga N, Yahara K, Gu Y, Hayakawa K, Hirabayashi A, Kajihara T, Sugai M, Shibayama K, Ohmagari N. National trend of blood-stream infection attributable deaths caused by Staphylococcus aureus and Escherichia coli in Japan. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2020.04; 26 (4): 367-371. ( PubMed, DOI )

  36. Hayakawa Kayoko, Kutsuna Satoshi, Kawamata Takeo, Sugiki Yuko, Nonaka Chiharu, Tanaka Keiko, Shoji Michi, Nagai Masaki, Tezuka Shunsuke, Shinya Kazuyuki, Saito Hiroki, Harada Takahiro, Moriya Nin, Tsuboi Motoyuki, Norizuki Masataro, Sugiura Yasuo, Osanai Yasuyo, Sugiyama Masaya, Okuhama Ayako, Kanda Kohei, Wakimoto Yuji, Ujiie Mugen, Morioka Shinichiro, Yamamoto Kei, Kinoshita Noriko, Ishikane Masahiro, Saito Sho, Moriyama Yuki, Ota Masayuki, Nakamura Keiji, Nakamoto Takato, Ide Satoshi, Nomoto Hidetoshi, Akiyama Yutaro, Suzuki Tetsuya, Miyazato Yusuke, Gu Yoshiaki, Matsunaga Nobuaki, Tsuzuki Shinya, Fujitomo Yumiko, Kusama Yoshiki, Shichino Hiroyuki, Kaneshige Masao, Yamanaka Junko, Saito Miki, Hojo Masayuki, Hashimoto Masao, Izumi Shinyu, Takasaki Jin, Suzuki Manabu, Sakamoto Keita, Hiroi Yukio, Emoto Sakurako, Tokuhara Makoto, Kobayashi Toshiaki, Tomiyama Koichiro, Nakamura Fumihiko, Ohmagari Norio, Sugiyama Haruhito. 【COVID-19】中国湖北省から日本へのチャーター便帰国者におけるSARS-CoV-2感染 国立国際医療研究センターの報告(【COVID-19】SARS-CoV-2 infection among returnees on charter flights to Japan from Hubei, China: a report from National Center for Global Health and Medicine) Global Health & Medicine. 2020.04; 2 (2): 107-111. ( 医中誌 )

  37. Hayakawa K, Kutsuna S, Kawamata T, Sugiki Y, Nonaka C, Tanaka K, Shoji M, Nagai M, Tezuka S, Shinya K, Saito H, Harada T, Moriya N, Tsuboi M, Norizuki M, Sugiura Y, Osanai Y, Sugiyama M, Okuhama A, Kanda K, Wakimoto Y, Ujiie M, Morioka S, Yamamoto K, Kinoshita N, Ishikane M, Saito S, Moriyama Y, Ota M, Nakamura K, Nakamoto T, Ide S, Nomoto H, Akiyama Y, Suzuki T, Miyazato Y, Gu Y, Matsunaga N, Tsuzuki S, Fujitomo Y, Kusama Y, Shichino H, Kaneshige M, Yamanaka J, Saito M, Hojo M, Hashimoto M, Izumi S, Takasaki J, Suzuki M, Sakamoto K, Hiroi Y, Emoto S, Tokuhara M, Kobayashi T, Tomiyama K, Nakamura F, Ohmagari N, Sugiyama H. SARS-CoV-2 infection among returnees on charter flights to Japan from Hubei, China: a report from National Center for Global Health and Medicine. Global health & medicine. 2020.04; 2 (2): 107-111. ( PubMed, DOI )

  38. Gu Y. Raising awareness of antimicrobial resistance: comment on 'Reducing expectations for antibiotics in primary care: a randomised experiment to test the response to fear based messages about antimicrobial resistance'. BMC medicine. 2020.04; 18 (1): 108. ( PubMed, DOI )

  39. Tsuzuki Shinya, Matsunaga Nobuaki, Yahara Koji, Gu Yoshiaki, Hayakawa Kayoko, Hirabayashi Aki, Kajihara Toshiki, Sugai Motoyuki, Shibayama Keigo, Ohmagari Norio. 日本における黄色ブドウ球菌と大腸菌が原因で死亡する血流感染の全国動向(National trend of blood-stream infection attributable deaths caused by Staphylococcus aureus and Escherichia coli in Japan) Journal of Infection and Chemotherapy. 2020.04; 26 (4): 367-371. ( 医中誌 )

  40. Gu Y, Fujitomo Y, Soeda H, Nakahama C, Hasegawa N, Maesaki S, Maeda M, Matsumoto T, Miyairi I, Ohmagari N. A nationwide questionnaire survey of clinic doctors on antimicrobial stewardship in Japan. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2020.02; 26 (2): 149-156. ( PubMed, DOI )

  41. Kusama Y, Muraki Y, Mochizuki T, Kurai H, Gu Y, Ohmagari N. Relationship between drug formulary and frequently used cephalosporins, macrolides and quinolones in Japanese hospitals. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2020.02; 26 (2): 211-215. ( PubMed, DOI )

  42. Tsuzuki S, Fujitsuka N, Horiuchi K, Ijichi S, Gu Y, Fujitomo Y, Takahashi R, Ohmagari N. Factors associated with sufficient knowledge of antibiotics and antimicrobial resistance in the Japanese general population. Scientific reports. 2020.02; 10 (1): 3502. ( PubMed, DOI )

  43. Gu Yoshiaki, Fujitomo Yumiko, Soeda Hiroshi, Nakahama Chikara, Hasegawa Naoki, Maesaki Shigefumi, Maeda Masayuki, Matsumoto Tetsuya, Miyairi Isao, Ohmagari Norio. 日本における抗菌薬適正使用支援について診療所の医師を対象に全国規模で行った質問紙調査(A nationwide questionnaire survey of clinic doctors on antimicrobial stewardship in Japan) Journal of Infection and Chemotherapy. 2020.02; 26 (2): 149-156. ( 医中誌 )

  44. Kusama Yoshiki, Muraki Yuichi, Mochizuki Takahiro, Kurai Hanako, Gu Yoshiaki, Ohmagari Norio. 日本の病院で認められた採用医薬品集と頻繁に使われるセファロスポリン系、マクロライド系、キノロン系薬の関連性(Relationship between drug formulary and frequently used cephalosporins, macrolides and quinolones in Japanese hospitals) Journal of Infection and Chemotherapy. 2020.02; 26 (2): 211-215. ( 医中誌 )

  45. Harada S, Aoki K, Yamamoto S, Ishii Y, Sekiya N, Kurai H, Furukawa K, Doi A, Tochitani K, Kubo K, Yamaguchi Y, Narita M, Kamiyama S, Suzuki J, Fukuchi T, Gu Y, Okinaka K, Shiiki S, Hayakawa K, Tachikawa N, Kasahara K, Nakamura T, Yokota K, Komatsu M, Takamiya M, Tateda K, Doi Y. Clinical and Molecular Characteristics of Klebsiella pneumoniae Isolates Causing Bloodstream Infections in Japan: Occurrence of Hypervirulent Infections in Health Care. Journal of clinical microbiology. 2019.11; 57 (11): ( PubMed, DOI )

  46. Hsia Yingfen, Lee Brian R., Versporten Ann, Yang Yonghong, Bielicki Julia, Jackson Charlotte, Newland Jason, Goossens Herman, Magrini Nicola, Sharland Mike, Teston L., Cheung K., Koning S., Grimwood K., Cross J., da Silva A., Benadof D., Zhang W. S., Zhao W., Liu G., Shen K. L., Yao K. H., Zheng Y. J., Deng J. K., Zhang J. S., Wang Y., Jiang X. Y., Tian D. Y., Jing C. M., Wang L. J., Cao S. C., Wu L. J., Chen X., Ding M. J., Zhang L., Lin L., Yang J. H., Cao Q., Wang W., Li J. P., Tang L. F., Liu J., Wang P., Qian J., Zhu C. M., Lu G., Deng Q. L., Mu X. P., Zhao C. A., Dong X. Y., Zhang H., Li C. Y., Li W., Saxen H., Kekomaki S., Hufnagel M., Rippberger B., Knuf M., Nikolic P., Huebner J., Kreitmeyer K., Behrends U., Rieber N., Renk H., Spyridis N., Tsolia M., Papaevangelous V, Gkentzi D., Syrogiannopoulos G., Kaffe K., Roilides E., Pitsava G., Papadimitriou E., Iosifidis E., Gandra S., Laxminarayan R., Alvarez-Uria G., Jinka D., Murki Srinivas, Kandraju H., Singh S., Vasudevan A. K., Kanithi R., Akula A., Chikkappa A., Tunga O., Subramanian S., Sharma A., Dharmapalan D., Ashkenazi-Hoffnung L., Ashkenazi S., Esposito S., Tagliabue C., Tersigni C., Galli L., D'Argenio P., Pansa P., Duse M., Horikoshi Y., Fukuoka K., Jimenez R., Ojeda K., Okokon I, Mahmood H., Gowin E., Slowinska-Jarzabek B., Majda-Stanislawska E., Sicinska J., Chan S. M., Chang A., Rozic M., Premru M., Finlayson H., Whitelaw A., Rabie H., Dramowski A., O'Connell N., Epalza C., Rojo-Conejo Pablo, Martinon Torres Federico, Justicia Antonio, Jian V, Cheng C. L., Lumbiganon P., Paopongsawan P., Puthanakit T., Anugulruengkitt S., Yarci E., Doerholt K., Vazouras K., Bamford A., Irwin A., Drysdale S. B., Collett-White F., Harkensee C., McMaster P., Green H., Rees S., Ledoare K., Chappell F., Jacqueline D., Hackett S., Vergnano S., Praveen S., Herberg J., Speirs L., Moriarty Paul, Lacej D., Hoxha I, Cornistein W., Quiros R., Hojman M., Del Castillo M., Ghazaryan L., AlSalman J., Konopnicki D., Pierard D., Holemans X., Schelstraete P., Firre E., Van Herendael B., Dedeic-Ljubovic A., Pignatari A., Sabuda D., Carvajal C., Alvaro R., Labarca J., Solano A., Ramirez C., Marekovic I, Horvatic J., Pristas I, Marshall E., Pagava K., Korinteli I, Neubert A., Enimil A., Frimpong J. A., Soltani J., Fitzgerald D., Kasahara K., Gu Y., Okinaka K., Kunishima H., Elhajji F. Darwish, Alshehri M., Raka L., Kambaralieva B., Sviestina I, Burokiene S., Usonis V, Shaqiri E., Zarb P., Markovic G., Simovic S., Nwajiobi-Princewil P., Iregbu K., Aboderin A., Oduyebo O., Olayinka A., McCorry A., McCullagh B., Gormley C., Rachina S., Carevic B., Chen H. H., Ling M. L., Terol Barrero P., Buijtels P., van Elzakker E., Thompson S., Cooper M., Rios E., Hudson M., Greer N., Gessner-Wharton M., Gawrys G.. Use of the WHO Access, Watch, and Reserve classification to define patterns of hospital antibiotic use (AWaRe): an analysis of paediatric survey data from 56 countries LANCET GLOBAL HEALTH. 2019.07; 7 (7): E861-E871.

  47. Hsia Yingfen, Lee Brian R, Versporten Ann, Yang Yonghong, Bielicki Julia, Jackson Charlotte, Newland Jason, Goossens Herman, Magrini Nicola, Sharland Mike, GARPEC and Global-PPS networks. Use of the WHO Access, Watch, and Reserve classification to define patterns of hospital antibiotic use (AWaRe): an analysis of paediatric survey data from 56 countries. Lancet Glob Health. 2019.07; 7 (7): e861-e871. ( PubMed, DOI )

  48. Gu Yoshiaki. 敗血症診療の多面的展開 敗血症の現在の世界的状況(Current global situation of sepsis) 感染症学雑誌. 2019.03; 93 (臨増): 227. ( 医中誌 )

  49. Fujiya Y, Hayakawa K, Gu Y, Yamamoto K, Mawatari M, Kutsuna S, Takeshita N, Kato Y, Kanagawa S, Ohmagari N. Age-related differences in clinical characteristics of invasive group G streptococcal infection: Comparison with group A and group B streptococcal infections. PloS one. 2019; 14 (3): e0211786. ( PubMed, DOI )

  50. Tamura, M; Miura, A; Honda, M; Gu, Y; Nakagawa, Y; Tomishige, K. Direct Catalytic Synthesis of <i>N</i>-Arylcarbamates from CO<sub>2</sub>, Anilines and Alcohols CHEMCATCHEM. 2018.11; 10 (21): 4835-4839. ( DOI )

  51. Yamamoto S, Gu Y, Fujitomo Y, Kanai N, Yamahata Y, Saito H, Hashimoto T, Ohmagari N. Development and efficacy of a clinician-targeted refresher course for treating nonpneumonia respiratory tract infections. Journal of general and family medicine. 2018.07; 19 (4): 127-132. ( PubMed, DOI )

  52. Yamamoto Shungo, Gu Yoshiaki, Fujitomo Yumiko, Kanai Nobuyuki, Yamahata Yoshihiro, Saito Hiroyuki, Hashimoto Tadayuki, Ohmagari Norio. 臨床医を対象とする非肺炎性気道感染症治療の再教育コースの設立と効果(Development and efficacy of a clinician-targeted refresher course for treating nonpneumonia respiratory tract infections) Journal of General and Family Medicine. 2018.07; 19 (4): 127-132. ( 医中誌 )

  53. Versporten Ann, Zarb Peter, Caniaux Isabelle, Gros Marie-Françoise, Drapier Nico, Miller Mark, Jarlier Vincent, Nathwani Dilip, Goossens Herman, Global-PPS network. Antimicrobial consumption and resistance in adult hospital inpatients in 53 countries: results of an internet-based global point prevalence survey. Lancet Glob Health. 2018.06; 6 (6): e619-e629. ( PubMed, DOI )

  54. Kamata K, Tokuda Y, Gu Y, Ohmagari N, Yanagihara K. Public knowledge and perception about antimicrobials and antimicrobial resistance in Japan: A national questionnaire survey in 2017. PloS one. 2018; 13 (11): e0207017. ( PubMed, DOI )

  55. Baba H, Kakuta R, Tomita H, Miyazoe M, Saito M, Oe C, Ishibashi N, Sogi M, Oshima K, Aoyagi T, Gu Y, Yoshida M, Tokuda K, Endo S, Yano H, Kaku M. The first case report of septic abortion resulting from β-lactamase-negative ampicillin-resistant non-typeable <i>Haemophilus influenzae</i> infection. JMM case reports. 2017.10; 4 (10): e005123. ( PubMed, DOI )

  56. Tamura, M; Miura, A; Gu, Y; Nakagawa, Y; Tomishige, K. Selective <i>N</i>-Methylation of Aniline to <i>N</i>-Methylaniline with CO<sub>2</sub> and H<sub>2</sub> by CeO<sub>2</sub>-supported Cu Sub-nanoparticle Catalyst CHEMISTRY LETTERS. 2017.08; 46 (8): 1243-1246. ( DOI )

  57. Seo Ryota, Kudo Daisuke, Gu Yoshiaki, Yano Hisakazu, Aoyagi Tetsuji, Omura Taku, Irino Shigemi, Kaku Mitsuo, Kushimoto Shigeki. Invasive liver abscess syndrome caused by Klebsiella pneumoniae with definite K2 serotyping in Japan: a case report. Surg Case Rep. 2016.12; 2 (1): 72. ( PubMed, DOI )

  58. Akiyama Masatoshi, Hayatsu Yukihiro, Sakatsume Ko, Fujiwara Hidenori, Shimizu Takuya, Akamatsu Daijirou, Kakuta Risako, Gu Yoshiaki, Kaku Mitsuo, Kumagai Kiichiro, Kawamoto Shunsuke, Goto Hitoshi, Ohuchi Noriaki, Saiki Yoshikatsu. Graft placement with an omental flap for ruptured infective common iliac aneurysm in a patient with a continuous flow left ventricular assist device: alternative surgical approach avoiding driveline injury and pathogen identification by 16S ribosomal DNA gene analysis. J Artif Organs. 2016.12; 19 (4): 383-386. ( PubMed, DOI )

  59. Usui Yuko, Kakuta Risako, Araki Makoto, Sato Taigo, Gu Yoshiaki, Yano Hisakazu, Taniuchi Norihide. Adult-onset Invasive Haemophilus influenzae Type f Caused by Acute Lower Leg Cellulitis. Intern Med. 2016; 55 (13): 1811-1813. ( PubMed, DOI )

  60. Shibazaki Shunichi, Eguchi Shunsuke, Endo Takashi, Wakabayashi Tadamasa, Araki Makoto, Gu Yoshiaki, Imai Taku, Asano Kouji, Taniuchi Norihide. Eosinophilic Myocarditis due to Toxocariasis: Not a Rare Cause. Case Rep Cardiol. 2016; 2016 2586292. ( PubMed, DOI )

  61. Endo Shiro, Nemoto Tadanobu, Yano Hisakazu, Kakuta Risako, Kanamori Hajime, Inomata Shinya, Ishibashi Noriomi, Aoyagi Tetsuji, Hatta Masumitsu, Gu Yoshiaki, Kitagawa Miho, Kaku Mitsuo. First confirmed case of spondylodiscitis with epidural abscess caused by Parvimonas micra. J Infect Chemother. 2015.11; 21 (11): 828-830. ( PubMed, DOI )

  62. Inomata Shinya, Yano Hisakazu, Tokuda Koichi, Kanamori Hajime, Endo Shiro, Ishizawa Chiyuki, Ogawa Miho, Ichimura Sadahiro, Shimojima Masahiro, Kakuta Risako, Ozawa Daiki, Aoyagi Tetsuji, Gu Yoshiaki, Hatta Masumitsu, Oshima Kengo, Nakashima Kazutoshi, Kaku Mitsuo. Microbiological and molecular epidemiological analyses of community-associated methicillin-resistant Staphylococcus aureus at a tertiary care hospital in Japan. J Infect Chemother. 2015.10; 21 (10): 729-736. ( PubMed, DOI )

  63. Kanamori Hajime, Kakuta Risako, Yano Hisakazu, Suzuki Tomoyuki, Gu Yoshiaki, Oe Chihiro, Inomata Shinya, Aoyagi Tetsuji, Hatta Masumitsu, Endo Shiro, Tokuda Koichi, Weber David J, Nakamura Yasuhiro, Saiki Yoshikatsu, Kaku Mitsuo. A case of culture-negative endocarditis due to Streptococcus tigurinus. J Infect Chemother. 2015.02; 21 (2): 138-140. ( PubMed, DOI )

  64. Kakuta Risako, Yano Hisakazu, Kanamori Hajime, Shimizu Takuya, Gu Yoshiaki, Hatta Masumitsu, Aoyagi Tetsuji, Endo Shiro, Inomata Shinya, Oe Chihiro, Tokuda Koichi, Ozawa Daiki, Goto Hitoshi, Katori Yukio, Kaku Mitsuo. Helicobacter cinaedi infection of abdominal aortic aneurysm, Japan. Emerg Infect Dis. 2014.11; 20 (11): 1942-1945. ( PubMed, DOI )

  65. Kanamori Hajime, Tokuda Koichi, Ikeda Shinobu, Endo Shiro, Ishizawa Chiyuki, Hirai Yukari, Takahashi Masami, Aoyagi Tetsuji, Hatta Masumitsu, Gu Yoshiaki, Yano Hisakazu, Weber David J, Kaku Mitsuo. Prevaccination antibody screening and immunization program for healthcare personnel against measles, mumps, rubella, and varicella in a Japanese tertiary care hospital. Tohoku J Exp Med. 2014.10; 234 (2): 111-116. ( PubMed, DOI )

  66. Tokuda Koichi, Kunishima Hiroyuki, Gu Yoshiaki, Endo Shiro, Hatta Masumitsu, Kanamori Hajime, Aoyagi Tetsuji, Ishibashi Noriomi, Inomata Shinya, Yano Hisakazu, Kitagawa Miho, Kaku Mitsuo. A survey conducted immediately after the 2011 Great East Japan Earthquake: evaluation of infectious risks associated with sanitary conditions in evacuation centers. J Infect Chemother. 2014.08; 20 (8): 498-501. ( PubMed, DOI )

  67. Endo Shiro, Yano Hisakazu, Kanamori Hajime, Inomata Shinya, Aoyagi Tetsuji, Hatta Masumitsu, Gu Yoshiaki, Tokuda Koichi, Kitagawa Miho, Kaku Mitsuo. High frequency of Acinetobacter soli among Acinetobacter isolates causing bacteremia at a tertiary hospital in Japan. J Clin Microbiol. 2014.03; 52 (3): 911-915. ( PubMed, DOI )

  68. Fujita Takahiro, Endo Masahiro, Gu Yoshiaki, Sato Tomoaki, Ohmagari Norio. Mycobacterium tuberculosis infection in cancer patients at a tertiary care cancer center in Japan. J Infect Chemother. 2014.03; 20 (3): 213-216. ( PubMed, DOI )

  69. Kanamori Hajime, Aso Noboru, Tadano Satoko, Saito Miyoko, Saito Hiroo, Uchiyama Bine, Ishibashi Noriomi, Inomata Shinya, Endo Shiro, Aoyagi Tetsuji, Hatta Masumitsu, Yamada Mitsuhiro, Gu Yoshiaki, Tokuda Koichi, Yano Hisakazu, Kunishima Hiroyuki, Hirakata Yoichi, Saijyo Takao, Kitagawa Miho, Kaku Mitsuo. Tuberculosis exposure among evacuees at a shelter after earthquake, Japan, 2011. Emerg Infect Dis. 2013.05; 19 (5): 799-801. ( PubMed, DOI )

  70. Aoyagi Tetsuji, Yamada Mitsuhiro, Kunishima Hiroyuki, Tokuda Koichi, Yano Hisakazu, Ishibashi Noriomi, Hatta Masumitsu, Endo Shiro, Arai Kazuaki, Inomata Shinya, Gu Yoshiaki, Kanamori Hajime, Kitagawa Miho, Hirakata Yoichi, Kaku Mitsuo. Characteristics of infectious diseases in hospitalized patients during the early phase after the 2011 great East Japan earthquake: pneumonia as a significant reason for hospital care. Chest. 2013.02; 143 (2): 349-356. ( PubMed, DOI )

  71. Gu Yoshiaki, Shimada Tomoe, Yasui Yoshinori, Tada Yuki, Kaku Mitsuo, Okabe Nobuhiko. National surveillance of influenza-associated encephalopathy in Japan over six years, before and during the 2009-2010 influenza pandemic. PLoS One. 2013; 8 (1): e54786. ( PubMed, DOI )

  72. Yano Hisakazu, Uemura Mina, Endo Shiro, Kanamori Hajime, Inomata Shinya, Kakuta Risako, Ichimura Sadahiro, Ogawa Miho, Shimojima Masahiro, Ishibashi Noriomi, Aoyagi Tetsuji, Hatta Masumitsu, Gu Yoshiaki, Yamada Mitsuhiro, Tokuda Koichi, Kunishima Hiroyuki, Kitagawa Miho, Hirakata Yoichi, Kaku Mitsuo. Molecular characteristics of extended-spectrum β-lactamases in clinical isolates from Escherichia coli at a Japanese tertiary hospital. PLoS One. 2013; 8 (5): e64359. ( PubMed, DOI )

  73. Endo Shiro, Sasano Mina, Yano Hisakazu, Inomata Shinya, Ishibashi Noriomi, Aoyagi Tetsuji, Hatta Masumitsu, Gu Yoshiaki, Yamada Mitsuhiro, Tokuda Koichi, Kitagawa Miho, Kunishima Hiroyuki, Hirakata Yoichi, Kaku Mitsuo. IMP-1-producing carbapenem-resistant Acinetobacter ursingii from Japan. J Antimicrob Chemother. 2012.10; 67 (10): 2533-2534. ( PubMed, DOI )

  74. Yano Hisakazu, Ogawa Miho, Endo Shiro, Kakuta Risako, Kanamori Hajime, Inomata Shinya, Ishibashi Noriomi, Aoyagi Tetsuji, Hatta Masumitsu, Gu Yoshiaki, Yamada Mitsuhiro, Tokuda Koichi, Kunishima Hiroyuki, Kitagawa Miho, Hirakata Yoichi, Kaku Mitsuo. High frequency of IMP-6 among clinical isolates of metallo-β-lactamase-producing Escherichia coli in Japan. Antimicrob Agents Chemother. 2012.08; 56 (8): 4554-4555. ( PubMed, DOI )

  75. Gu Yoshiaki, Kaku Mitsuo. How can we fight against antimicrobial- resistant bacteria in the World Health Organization Western Pacific Region? Western Pac Surveill Response J. 2012.07; 3 (3): 40-42. ( PubMed, DOI )

  76. Endo Shiro, Sasano Mina, Yano Hisakazu, Arai Kazuaki, Aoyagi Tetsuji, Hatta Masumitsu, Gu Yoshiaki, Yamada Mitsuhiro, Tokuda Koichi, Ogawa Miho, Shimojima Masahiro, Kitagawa Miho, Kunishima Hiroyuki, Hirakata Yoichi, Kaku Mitsuo. First carbapenem-resistant isolates of Acinetobacter soli in Japan. Antimicrob Agents Chemother. 2012.05; 56 (5): 2786-2787. ( PubMed, DOI )

  77. Hatta Masumitsu, Endo Shiro, Tokuda Koichi, Kunishima Hiroyuki, Arai Kazuaki, Yano Hisakazu, Ishibashi Noriomi, Aoyagi Tetsuji, Yamada Mitsuhiro, Inomata Shinya, Kanamori Hajime, Gu Yoshiaki, Kitagawa Miho, Hirakata Yoichi, Kaku Mitsuo. Post-tsunami outbreaks of influenza in evacuation centers in Miyagi Prefecture, Japan. Clin Infect Dis. 2012.01; 54 (1): e5-e7. ( PubMed, DOI )

  78. Kanamori Hajime, Yano Hisakazu, Hirakata Yoichi, Hirotani Ayako, Arai Kazuaki, Endo Shiro, Ichimura Sadahiro, Ogawa Miho, Shimojima Masahiro, Aoyagi Tetsuji, Hatta Masumitsu, Yamada Mitsuhiro, Gu Yoshiaki, Tokuda Koichi, Kunishima Hiroyuki, Kitagawa Miho, Kaku Mitsuo. Molecular characteristics of extended-spectrum beta-lactamases and qnr determinants in Enterobacter species from Japan. PLoS One. 2012; 7 (6): e37967. ( PubMed, DOI )

  79. Gu Yoshiaki, Komiya Nobuhiro, Kamiya Hajime, Yasui Yoshinori, Taniguchi Kiyosu, Okabe Nobuhiko. Pandemic (H1N1) 2009 transmission during presymptomatic phase, Japan. Emerg Infect Dis. 2011.09; 17 (9): 1737-1739. ( PubMed, DOI )

  80. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第38回) 君は抗微生物薬適正使用の手引き第三版を見たか J-IDEO. 2024.03; 8 (2): 329-333. ( 医中誌 )

  81. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第38回) 君は抗微生物薬適正使用の手引き第三版を見たか J-IDEO. 2024.03; 8 (2): 329-333. ( 医中誌 )

  82. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第37回) 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027を読む(4) J-IDEO. 2024.01; 8 (1): 134-137. ( 医中誌 )

  83. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第37回) 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027を読む(4) J-IDEO. 2024.01; 8 (1): 134-137. ( 医中誌 )

  84. 具 芳明. AMR対策と多職種で進める抗菌薬適正使用 日本臨床微生物学会雑誌. 2023.12; 34 (Suppl.1): 240. ( 医中誌 )

  85. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027の概要 日本臨床微生物学会雑誌. 2023.12; 34 (Suppl.1): 113. ( 医中誌 )

  86. 具 芳明. 多職種の視点でJANIS・J-SIPHEデータを読む・活かす 病院におけるJ-SHIPEの活用 日本臨床微生物学会雑誌. 2023.12; 34 (Suppl.1): 216. ( 医中誌 )

  87. 具 芳明. 基礎・臨床の両面からみた耐性菌の現状と対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン 2023-2027の概要 Modern Media. 2023.11; 69 (11): 277-283. ( 医中誌 )

  88. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第36回) 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027を読む(3) J-IDEO. 2023.11; 7 (6): 931-933. ( 医中誌 )

  89. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第36回) 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027を読む(3) J-IDEO. 2023.11; 7 (6): 931-933. ( 医中誌 )

  90. 具 芳明. 基礎・臨床の両面からみた耐性菌の現状と対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン 2023-2027の概要 Modern Media. 2023.11; 69 (11): 277-283. ( 医中誌 )

  91. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第36回) 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027を読む(3) J-IDEO. 2023.11; 7 (6): 931-933. ( 医中誌 )

  92. 太田 悠介, 齋藤 良一, 安永 慶, Isaac Prah, Mahazu Samiratu, 長井 敏, 具 芳明. 16SrRNAアンプリコン解析におけるショート及びロングリード解析パイプラインの比較評価 日本臨床検査医学会誌. 2023.10; 71 (補冊): 145. ( 医中誌 )

  93. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第35回) 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027を読む(2) J-IDEO. 2023.09; 7 (5): 782-785. ( 医中誌 )

  94. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第35回) 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027を読む(2) J-IDEO. 2023.09; 7 (5): 782-785. ( 医中誌 )

  95. 具 芳明. 技術講座 微生物 薬剤耐性(AMR)ワンヘルスプラットフォームの使い方 検査と技術. 2023.07; 51 (7): 736-741. ( 医中誌 )

  96. 松林 俊佑, 宇賀神 つかさ, 飯田 忠恒, 竹下 八菜, 白井 剛, 具 芳明, 並木 剛. びまん浸潤型のサルコイドーシスに骨病変の合併が疑われた1例 臨床皮膚科. 2023.07; 77 (8): 616-622. ( 医中誌 )

  97. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第34回) 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027を読む(1) J-IDEO. 2023.07; 7 (4): 572-575. ( 医中誌 )

  98. 具 芳明. ワンヘルスシンポジウム~多角的に考える耐性菌対策~ 市中で広がる薬剤耐性とその対策 日本化学療法学会雑誌. 2023.07; 71 (4): 408-409. ( 医中誌 )

  99. 藤友 結実子, 具 芳明, 森岡 慎一郎, 都築 慎也, 添田 博, 中浜 力, 長谷川 直樹, 前崎 繁文, 前田 真之, 松本 哲哉, 宮入 烈, 山岸 由佳, 大曲 貴夫, 日本化学療法学会・日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会. 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査(第3回) 日本化学療法学会雑誌. 2023.07; 71 (4): 476-477. ( 医中誌 )

  100. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第34回) 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027を読む(1) J-IDEO. 2023.07; 7 (4): 572-575. ( 医中誌 )

  101. 具 芳明. ワンヘルスシンポジウム~多角的に考える耐性菌対策~ 市中で広がる薬剤耐性とその対策 日本化学療法学会雑誌. 2023.07; 71 (4): 408-409. ( 医中誌 )

  102. 藤友 結実子, 具 芳明, 森岡 慎一郎, 都築 慎也, 添田 博, 中浜 力, 長谷川 直樹, 前崎 繁文, 前田 真之, 松本 哲哉, 宮入 烈, 山岸 由佳, 大曲 貴夫, 日本化学療法学会・日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会. 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査(第3回) 日本化学療法学会雑誌. 2023.07; 71 (4): 476-477. ( 医中誌 )

  103. 逢坂 啓莉, 具 芳明, 田頭 保彰. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)オミクロン株流行下で発生した内科病棟におけるクラスターの調査研究 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2023.06; 38回 289. ( 医中誌 )

  104. 田頭 保彰, 具 芳明. 入院前スクリーニングPCRの病院感染対策に与える影響 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2023.06; 38回 265. ( 医中誌 )

  105. 田頭 保彰, 高橋 洋子, 渡邉 由香, 鶴岡 広美, 具 芳明. Googleワークスペースを使っての職員の有症状報告管理と作業効率の改善の取り組み 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2023.06; 38回 265. ( 医中誌 )

  106. 吉盛 奈津美, 藤本 裕子, 今井 清隆, 一幡 結, 長谷川 香織, 具 芳明, 妹尾 充敏, 加藤 はる. PCR-ribotype 027株によるClostridioides difficile感染症アウトブレイクの経験 日本環境感染学会誌. 2023.05; 38 (3): 90-98. ( 医中誌 )

  107. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第33回) ワンヘルスの今 J-IDEO. 2023.05; 7 (3): 458-459. ( 医中誌 )

  108. 吉盛 奈津美, 藤本 裕子, 今井 清隆, 一幡 結, 長谷川 香織, 具 芳明, 妹尾 充敏, 加藤 はる. PCR-ribotype 027株によるClostridioides difficile感染症アウトブレイクの経験 日本環境感染学会誌. 2023.05; 38 (3): 90-98. ( 医中誌 )

  109. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第33回) ワンヘルスの今 J-IDEO. 2023.05; 7 (3): 458-459. ( 医中誌 )

  110. 具 芳明. 【ポストコロナ時代の感染症診療】(第V章)ポストコロナ時代に重要な薬剤耐性菌・微生物 薬剤耐性(AMR)対策のこれまでとこれから 診断と治療. 2023.03; 111 (Suppl.): 306-310. ( 医中誌 )

  111. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第32回) 抗菌薬のリバイバル J-IDEO. 2023.03; 7 (2): 233-235. ( 医中誌 )

  112. 具 芳明. ワンヘルスシンポジウム~多角的に考える耐性菌対策~ 市中で広がる薬剤耐性とその対策 日本感染症学会総会・学術講演会・日本化学療法学会学術集会合同学会プログラム・抄録集. 2023.03; 97回・71回 シンポジウム5. ( 医中誌 )

  113. 太田 悠介, 具 芳明, 小池 竜司, 齋藤 良一. 病院排水より分離されたGES型カルバペネマーゼ産生菌のゲノム解析 日本感染症学会総会・学術講演会・日本化学療法学会学術集会合同学会プログラム・抄録集. 2023.03; 97回・71回 O-285. ( 医中誌 )

  114. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策のこれまでとこれから 日本化学療法学会雑誌. 2023.03; 71 (2): 134-135. ( 医中誌 )

  115. 藤友 結実子, 具 芳明, 森岡 慎一郎, 都築 慎也, 添田 博, 中浜 力, 長谷川 直樹, 前崎 繁文, 前田 真之, 松本 哲哉, 宮入 烈, 山岸 由佳, 大曲 貴夫, 日本化学療法学会・日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会. 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査(第3回) 日本感染症学会総会・学術講演会・日本化学療法学会学術集会合同学会プログラム・抄録集. 2023.03; 97回・71回 外来抗菌薬適正使用調査委員会報告. ( 医中誌 )

  116. 田代 共生, 三島 有華, 宮武 和正, 飯田 遥, 栗田 崇史, 松元 一明, 野坂 宜之, 吉井 俊貴, 具 芳明, 若林 健二. リネゾリド長期投与中に術後乳酸アシドーシスを来した1例 日本内科学会関東地方会. 2023.02; 684回 39. ( 医中誌 )

  117. 具 芳明. 抗菌薬適正使用の考え方 日本細菌学雑誌. 2023.02; 78 (1): 13. ( 医中誌 )

  118. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第31回) 日本がAMR対策において国際社会で果たすべき役割 J-IDEO. 2023.01; 7 (1): 130-133. ( 医中誌 )

  119. 山中 克郎, 谷口 清州, 具 芳明, 鎌田 一宏. ゲストライブ Improvisation(第21回) 次なるパンデミックはきっと来る COVID-19が教えてくれた今すべきこと 総合診療. 2023.01; 33 (1): 1-12. ( 医中誌 )

  120. 具 芳明. 【COVID-19パンデミック 振り返りと将来への備え】未来のパンデミック対策 多剤耐性菌 総合診療. 2023.01; 33 (1): 65-68. ( 医中誌 )

  121. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策のこれまでとこれから Up-to-date子どもの感染症. 2022.12; 10 (1): 40-43. ( 医中誌 )

  122. 山田 華代, Ayibieke Alafate, Mahazu Samiratu, Prah Isaac, 山田 景土, 荻原 真二, 太田 悠介, 貫井 陽子, 東田 修二, 齋藤 良一, 具 芳明, 小池 竜司, 浜本 洋. 世界的流行系統のメチシリン耐性S.epidermidisにおける薬剤耐性および病原性の解析 日本臨床微生物学会雑誌. 2022.12; 33 (Suppl.1): 219. ( 医中誌 )

  123. 山田 華代, Ayibieke Alafate, Mahazu Samiratu, Prah Isaac, 山田 景土, 荻原 真二, 太田 悠介, 貫井 陽子, 東田 修二, 齋藤 良一, 具 芳明, 小池 竜司, 浜本 洋. 世界的流行系統のメチシリン耐性S.epidermidisにおける薬剤耐性および病原性の解析 日本臨床微生物学会雑誌. 2022.12; 33 (Suppl.1): 219. ( 医中誌 )

  124. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第30回) 薬剤耐性対策推進月間2022 J-IDEO. 2022.11; 6 (6): 976-977. ( 医中誌 )

  125. 具 芳明. 【COVID-19パンデミックUp-To-Date】COVID-19パンデミックに伴う感染症発生動向の変化 日本内科学会雑誌. 2022.11; 111 (11): 2232-2238. ( 医中誌 )

  126. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第29回) 2022年G7エルマウ・サミットでのAMR対策の議論 J-IDEO. 2022.09; 6 (5): 836-838. ( 医中誌 )

  127. 具 芳明. 医学と医療の最前線 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016-2020の振り返りと今後 日本内科学会雑誌. 2022.08; 111 (8): 1620-1626. ( 医中誌 )

  128. 具 芳明. 医学と医療の最前線 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016-2020の振り返りと今後 日本内科学会雑誌. 2022.08; 111 (8): 1620-1626. ( 医中誌 )

  129. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第28回) 新規抗菌薬開発のビジネスモデルの変化 J-IDEO. 2022.07; 6 (4): 698-700. ( 医中誌 )

  130. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第28回) 新規抗菌薬開発のビジネスモデルの変化 J-IDEO. 2022.07; 6 (4): 698-700. ( 医中誌 )

  131. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第27回) 2021年の抗菌薬販売量、そして診療報酬改定 J-IDEO. 2022.05; 6 (3): 472-474. ( 医中誌 )

  132. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第27回) 2021年の抗菌薬販売量、そして診療報酬改定 J-IDEO. 2022.05; 6 (3): 472-474. ( 医中誌 )

  133. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第26回) あらためて医療従事者の理解や意識を考える J-IDEO. 2022.03; 6 (2): 349-351. ( 医中誌 )

  134. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第26回) あらためて医療従事者の理解や意識を考える J-IDEO. 2022.03; 6 (2): 349-351. ( 医中誌 )

  135. Yamamoto Masanori, Zhao Qi, Goto Shunsuke, Gu Yu, Toriyama Takaaki, Yamamoto Tomokazu, Nishihara Hirotomo, Aziz Alex, Crespo-Otero Rachel, Di Tommaso Devis, Tamura Masazumi, Tomishige Keiichi, Kyotani Takashi, Yamazaki Kaoru. Porous nanographene formation on gamma-alumina nanoparticles via transition-metal-free methane activation CHEMICAL SCIENCE. 2022.03; 13 (11): 3140-3146. ( DOI )

  136. 神谷 元, 具 芳明. COVID-19が他の感染症の流行に及ぼした影響は? COVID-19に対する様々な感染対策が他の感染症の疫学に影響している 日本医事新報. 2022.02; (5102): 53-54. ( 医中誌 )

  137. 具 芳明. 【日頃の感染症診療で気になる疑問2022】Overview 薬剤耐性(AMR)対策アクションプランのこれまでとこれから 内科. 2022.02; 129 (2): 173-177. ( 医中誌 )

  138. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第25回) J-SIPHE年報2020を読む J-IDEO. 2022.01; 6 (1): 109-111. ( 医中誌 )

  139. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第25回) J-SIPHE年報2020を読む J-IDEO. 2022.01; 6 (1): 109-111. ( 医中誌 )

  140. 具 芳明, 日馬 由貴. コロナ禍から得た反省や教訓で、今後のAMR対策に活かせそうなものは? 病原体診断の意識が高まり、確実な感染予防策の実行が期待される 日本医事新報. 2021.12; (5096): 54. ( 医中誌 )

  141. 具 芳明, 日馬 由貴. コロナ禍から得た反省や教訓で、今後のAMR対策に活かせそうなものは? 病原体診断の意識が高まり、確実な感染予防策の実行が期待される 日本医事新報. 2021.12; (5096): 54. ( 医中誌 )

  142. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第24回) 薬剤耐性対策推進月間2021 J-IDEO. 2021.11; 5 (6): 930-931. ( 医中誌 )

  143. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第24回) 薬剤耐性対策推進月間2021 J-IDEO. 2021.11; 5 (6): 930-931. ( 医中誌 )

  144. 具 芳明. 基礎・臨床の両面からみた耐性菌の現状と対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン(2016-2020)の成果と今後の見通し Modern Media. 2021.11; 67 (11): 439-446. ( 医中誌 )

  145. Gu Yoshiaki, Fujitomo Yumiko, Ohmagari Norio. Outcomes and Future Prospect of Japan's National Action Plan on Antimicrobial Resistance (2016-2020) ANTIBIOTICS-BASEL. 2021.11; 10 (11): ( PubMed, DOI )

  146. 具 芳明. 基礎・臨床の両面からみた耐性菌の現状と対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン(2016-2020)の成果と今後の見通し Modern Media. 2021.11; 67 (11): 439-446. ( 医中誌 )

  147. Sako Akahito, Yasunaga Hideo, Matsui Hiroki, Fushimi Kiyohide, Yanai Hidekatsu, Gu Yoshiaki, Ohmagari Norio. Hospitalization for urinary tract infections in Japan, 2010-2015: a retrospective study using a national inpatient database BMC INFECTIOUS DISEASES. 2021.10; 21 (1): 1048. ( PubMed, DOI )

  148. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第23回) SDGsとAMR J-IDEO. 2021.09; 5 (5): 796-797. ( 医中誌 )

  149. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第23回) SDGsとAMR J-IDEO. 2021.09; 5 (5): 796-797. ( 医中誌 )

  150. 藤友 結実子, 具 芳明, 大曲 貴夫. 20-30歳代の抗菌薬の捉え方・受療行動に関する調査 日本感染症学会東日本地方会学術集会・日本化学療法学会東日本支部総会合同学会プログラム・抄録集. 2021.09; 70回・68回 156. ( 医中誌 )

  151. 藤友 結実子, 具 芳明. 【日常診療に活かそう!AMR対策】わが国のAMR対策とは JOHNS. 2021.08; 37 (8): 784-787. ( 医中誌 )

  152. 藤友 結実子, 具 芳明. 【日常診療に活かそう!AMR対策】わが国のAMR対策とは JOHNS. 2021.08; 37 (8): 784-787. ( 医中誌 )

  153. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第22回) AMR対策の国際的な動向 J-IDEO. 2021.07; 5 (4): 605-607. ( 医中誌 )

  154. 具 芳明. 【症候からアプローチする 救急医のための感染症診療】とくに注意すべき感染症・輸入感染症の知識 多剤耐性菌 救急医学. 2021.07; 45 (8): 1065-1067. ( 医中誌 )

  155. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第22回) AMR対策の国際的な動向 J-IDEO. 2021.07; 5 (4): 605-607. ( 医中誌 )

  156. 大野 茜子, 日馬 由貴, 具 芳明. わが国における外来抗菌薬の使用状況 呼吸器内科. 2021.06; 39 (6): 532-537. ( 医中誌 )

  157. 大野 茜子, 日馬 由貴, 具 芳明. わが国における外来抗菌薬の使用状況 呼吸器内科. 2021.06; 39 (6): 532-537. ( 医中誌 )

  158. 具 芳明. 【薬剤耐性(AMR)対策の現状と今後】薬剤耐性対策の現状と展望 臨床検査. 2021.05; 65 (5): 500-505. ( 医中誌 )

  159. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第21回) 2020年の抗菌薬販売量調査結果 J-IDEO. 2021.05; 5 (3): 460-462. ( 医中誌 )

  160. 藤友 結実子, 具 芳明. 【薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン(2016-2020)を検証する】AMR対策アクションプラン 普及・啓発活動 臨床と微生物. 2021.05; 48 (3): 203-210. ( 医中誌 )

  161. 藤友 結実子, 具 芳明. 【薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン(2016-2020)を検証する】AMR対策アクションプラン 普及・啓発活動 臨床と微生物. 2021.05; 48 (3): 203-210. ( 医中誌 )

  162. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第21回) 2020年の抗菌薬販売量調査結果 J-IDEO. 2021.05; 5 (3): 460-462. ( 医中誌 )

  163. 具 芳明, 藤友 結実子, 森岡 慎一郎, 都築 慎也, 添田 博, 中浜 力, 長谷川 直樹, 前崎 繁文, 前田 真之, 松本 哲哉, 宮入 烈, 大曲 貴夫, 日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会. 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査(第2回) 日本化学療法学会雑誌. 2021.04; 69 (Suppl.A): 195. ( 医中誌 )

  164. 藤友 結実子, 具 芳明, 大曲 貴夫. 国民のAMRに関する意識調査 感染症学雑誌. 2021.04; 95 (臨増): 238. ( 医中誌 )

  165. 藤友 結実子, 具 芳明, 大曲 貴夫. 国民のAMRに関する意識調査 感染症学雑誌. 2021.04; 95 (臨増): 238. ( 医中誌 )

  166. 具 芳明, 藤友 結実子, 森岡 慎一郎, 都築 慎也, 添田 博, 中浜 力, 長谷川 直樹, 前崎 繁文, 前田 真之, 松本 哲哉, 宮入 烈, 大曲 貴夫, 日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会. 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査(第2回) 日本化学療法学会雑誌. 2021.04; 69 (Suppl.A): 195. ( 医中誌 )

  167. 具 芳明, 藤友 結実子, 森岡 慎一郎, 都築 慎也, 添田 博, 中浜 力, 長谷川 直樹, 前崎 繁文, 前田 真之, 松本 哲哉, 宮入 烈, 大曲 貴夫, 日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会. 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査(第2回) 日本化学療法学会雑誌. 2021.04; 69 (Suppl.A): 195. ( 医中誌 )

  168. 具 芳明. AMR対策の地域連携 日本の現状と今後 日本化学療法学会雑誌. 2021.03; 69 (2): 157-158. ( 医中誌 )

  169. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第20回) 薬剤耐性ワンヘルス動向調査年次報告書2020を読む J-IDEO. 2021.03; 5 (2): 264-266. ( 医中誌 )

  170. 小泉 龍士, 日馬 由貴, 石金 正裕, 田中 知佳, 大野 茜子, 具 芳明, 金子 明寛, 大曲 貴夫. 自己記入式アンケートを用いた、歯科医師の外来診療における抗菌薬処方実態を明らかにするための横断研究 感染症学雑誌. 2021.03; 95 (2): 122-128. ( 医中誌 )

  171. 具 芳明. AMR対策の地域連携 日本の現状と今後 日本化学療法学会雑誌. 2021.03; 69 (2): 157-158. ( 医中誌 )

  172. 小泉 龍士, 日馬 由貴, 石金 正裕, 田中 知佳, 大野 茜子, 具 芳明, 金子 明寛, 大曲 貴夫. 自己記入式アンケートを用いた、歯科医師の外来診療における抗菌薬処方実態を明らかにするための横断研究 感染症学雑誌. 2021.03; 95 (2): 122-128. ( 医中誌 )

  173. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第20回) 薬剤耐性ワンヘルス動向調査年次報告書2020を読む J-IDEO. 2021.03; 5 (2): 264-266. ( 医中誌 )

  174. 小泉 龍士, 日馬 由貴, 石金 正裕, 田中 知佳, 大野 茜子, 具 芳明, 金子 明寛, 大曲 貴夫. 自己記入式アンケートを用いた、歯科医師の外来診療における抗菌薬処方実態を明らかにするための横断研究 感染症学雑誌. 2021.03; 95 (2): 122-128. ( 医中誌 )

  175. 池田 啓浩, 内藤 俊夫, 増渕 颯, 佐藤 晴紀, 市川 欧子, 上原 由紀, 具 芳明, 愛甲 聡. 永寿総合病院での新型コロナアウトブレイク 日本最大の院内発生メガクラスターを体験して 日本病院総合診療医学会雑誌. 2021.02; 17 (臨増1): 148. ( 医中誌 )

  176. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第19回) 抗菌薬使用量から適正使用の課題を考える J-IDEO. 2021.01; 5 (1): 107-111. ( 医中誌 )

  177. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第19回) 抗菌薬使用量から適正使用の課題を考える J-IDEO. 2021.01; 5 (1): 107-111. ( 医中誌 )

  178. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第19回) 抗菌薬使用量から適正使用の課題を考える J-IDEO. 2021.01; 5 (1): 107-111. ( 医中誌 )

  179. 具 芳明. AMR対策アクションプラン 5年間の総括と今後のAMR対策の展望 日本臨床微生物学会雑誌. 2020.12; 31 (Suppl.1): 62. ( 医中誌 )

  180. 具 芳明. AMR対策アクションプラン 5年間の総括と今後のAMR対策の展望 日本臨床微生物学会雑誌. 2020.12; 31 (Suppl.1): 62. ( 医中誌 )

  181. 具 芳明. グローバル感染症・敗血症にどう対処するか? 薬剤耐性(AMR)の動向 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 927. ( 医中誌 )

  182. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第18回) 薬剤耐性対策推進月間2020 J-IDEO. 2020.11; 4 (6): 940-941. ( 医中誌 )

  183. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策時代に求められる微生物検査 我が国におけるAMR対策アクションプラン 臨床病理. 2020.11; 68 (11): 907-916. ( 医中誌 )

  184. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第18回) 薬剤耐性対策推進月間2020 J-IDEO. 2020.11; 4 (6): 940-941. ( 医中誌 )

  185. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策時代に求められる微生物検査 我が国におけるAMR対策アクションプラン 臨床病理. 2020.11; 68 (11): 907-916. ( 医中誌 )

  186. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第18回) 薬剤耐性対策推進月間2020 J-IDEO. 2020.11; 4 (6): 940-941. ( 医中誌 )

  187. 具 芳明. グローバル感染症・敗血症にどう対処するか? 薬剤耐性(AMR)の動向 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 927. ( 医中誌 )

  188. 具 芳明. AMR対策アクションプランで達成できたこと、できていないこと 日本化学療法学会雑誌. 2020.09; 68 (Suppl.A): 120. ( 医中誌 )

  189. 具 芳明. 【いま知っておきたい! 内科最新トピックス】巻頭トピックス 国際的な重要課題となっている薬剤耐性問題とは 内科. 2020.09; 126 (3): 345-348. ( 医中誌 )

  190. 具 芳明. 今日も明日もAmR対策(第17回) あらためて抗菌薬安定供給を考える J-IDEO. 2020.09; 4 (5): 810-811. ( 医中誌 )

  191. 具 芳明. 抗菌薬供給問題の背景と取り組み 東京都病院薬剤師会雑誌. 2020.09; 69 (5): 183-189. ( 医中誌 )

  192. 具 芳明. AMR対策アクションプランで達成できたこと、できていないこと 日本化学療法学会雑誌. 2020.09; 68 (Suppl.A): 120. ( 医中誌 )

  193. 具 芳明. 今日も明日もAmR対策(第17回) あらためて抗菌薬安定供給を考える J-IDEO. 2020.09; 4 (5): 810-811. ( 医中誌 )

  194. 具 芳明. 抗菌薬供給問題の背景と取り組み 東京都病院薬剤師会雑誌. 2020.09; 69 (5): 183-189. ( 医中誌 )

  195. 具 芳明. 【ICTから現場へ!感染対策のよい伝え方 普通の伝え方 悪い伝え方 あなたの熱意を現場のやる気につなげよう!】(第3章)地域医療連携の課題 (第2話)明らかなカゼなのに抗菌薬が投与されてる! INFECTION CONTROL. 2020.08; (2020夏季増刊): 223-230. ( 医中誌 )

  196. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第16回) 抗菌薬使用量の下げ止まりをどう考えるか J-IDEO. 2020.07; 4 (4): 660-662. ( 医中誌 )

  197. 具 芳明, 坂口 みきよ, 田島 太一, 藤友 結実子, 竹田 飛鳥, 中村 晴奈, 小竹 桃子, 加藤 麻衣子, 草深 明子, 岡田 麻友, 斎藤 史武, 高久 かおり. 東京都内の中核病院における新型コロナウイルス感染症集団発生と院内感染対策 病原微生物検出情報月報. 2020.07; 41 (7): 113-114. ( 医中誌 )

  198. 具 芳明, 坂口 みきよ, 田島 太一, 藤友 結実子, 竹田 飛鳥, 中村 晴奈, 小竹 桃子, 加藤 麻衣子, 草深 明子, 岡田 麻友, 斎藤 史武, 高久 かおり. 東京都内の中核病院における新型コロナウイルス感染症集団発生と院内感染対策 病原微生物検出情報月報. 2020.07; 41 (7): 113-114. ( 医中誌 )

  199. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第15回)『抗微生物薬適正使用の手引き 第二版』を読む J-IDEO. 2020.05; 4 (3): 460-463. ( 医中誌 )

  200. 大嶋 智子, 村木 優一, 三浦 誠, 井上 通人, 河崎 純子, 藤友 結実子, 神谷 亨, 具 芳明, 大曲 貴夫. 寸劇を用いたAMR対策をテーマとした市民公開講座の効果 日本化学療法学会雑誌. 2020.05; 68 (3): 376-380. ( 医中誌 )

  201. 大嶋 智子, 村木 優一, 三浦 誠, 井上 通人, 河崎 純子, 藤友 結実子, 神谷 亨, 具 芳明, 大曲 貴夫. 寸劇を用いたAMR対策をテーマとした市民公開講座の効果 日本化学療法学会雑誌. 2020.05; 68 (3): 376-380. ( 医中誌 )

  202. 具 芳明, 藤友 結実子, 大曲 貴夫, 高橋 理恵, 新田 寛子, 菅野 美由紀. AMR臨床リファレンスセンターの教育啓発用資材の送付状況 感染症学雑誌. 2020.03; 94 (2): 283. ( 医中誌 )

  203. 具 芳明. 今日も明日もAmR対策(第14回)『薬剤耐性ワンヘルス動向調査年次報告書2019』を読む J-IDEO. 2020.03; 4 (2): 301-303. ( 医中誌 )

  204. 具 芳明. 抗菌薬適正使用の実践と評価〜Global-PPS 抗菌薬の使用状況と耐性に関する国際調査の活用〜 サーベイランスから見えるもの J-SIPHEとGlobal PPS 感染症学雑誌. 2020.03; 94 (臨増): 127. ( 医中誌 )

  205. 鈴木 久美子, 松永 展明, 森岡 慎一郎, 早川 佳代子, 具 芳明, 大曲 貴夫. 高齢者介護施設におけるAMR対策の現状 感染症学雑誌. 2020.03; 94 (2): 211-212. ( 医中誌 )

  206. 鈴木 久美子, 松永 展明, 森岡 慎一郎, 早川 佳代子, 具 芳明, 大曲 貴夫. 院内で防ぎ地域で取り組む薬剤耐性(AMR)対策 高齢者介護施設におけるAMR対策の現状 日本化学療法学会雑誌. 2020.03; 68 (2): 237-238. ( 医中誌 )

  207. 土橋 酉紀, 具 芳明, 藤友 結実子, 谷原 真一, 砂川 富正, 桑原 正雄. 病院医師と診療所医師における抗菌薬処方行動の傾向 感染症学雑誌. 2020.03; 94 (臨増): 317. ( 医中誌 )

  208. 日馬 由貴, 鈴木 久美子, 具 芳明, 福田 治久, 石金 正裕, 早川 佳代子, 大曲 貴夫. 日本の高齢者施設におけるレセプト情報を利用した抗菌薬使用量調査の問題点 日本化学療法学会雑誌. 2020.03; 68 (2): 210-215. ( 医中誌 )

  209. 具 芳明, 藤友 結実子, 大曲 貴夫, 高橋 理恵, 新田 寛子, 菅野 美由紀. AMR臨床リファレンスセンターの教育啓発用資材の送付状況 感染症学雑誌. 2020.03; 94 (2): 283. ( 医中誌 )

  210. 鈴木 久美子, 松永 展明, 森岡 慎一郎, 早川 佳代子, 具 芳明, 大曲 貴夫. 院内で防ぎ地域で取り組む薬剤耐性(AMR)対策 高齢者介護施設におけるAMR対策の現状 日本化学療法学会雑誌. 2020.03; 68 (2): 237-238. ( 医中誌 )

  211. 日馬 由貴, 鈴木 久美子, 具 芳明, 福田 治久, 石金 正裕, 早川 佳代子, 大曲 貴夫. 日本の高齢者施設におけるレセプト情報を利用した抗菌薬使用量調査の問題点 日本化学療法学会雑誌. 2020.03; 68 (2): 210-215. ( 医中誌 )

  212. 具 芳明. 抗菌薬適正使用の実践と評価〜Global-PPS 抗菌薬の使用状況と耐性に関する国際調査の活用〜 サーベイランスから見えるもの J-SIPHEとGlobal PPS 感染症学雑誌. 2020.03; 94 (臨増): 127. ( 医中誌 )

  213. 鈴木 久美子, 松永 展明, 森岡 慎一郎, 早川 佳代子, 具 芳明, 大曲 貴夫. 高齢者介護施設におけるAMR対策の現状 感染症学雑誌. 2020.03; 94 (2): 211-212. ( 医中誌 )

  214. 土橋 酉紀, 具 芳明, 藤友 結実子, 谷原 真一, 砂川 富正, 桑原 正雄. 病院医師と診療所医師における抗菌薬処方行動の傾向 感染症学雑誌. 2020.03; 94 (臨増): 317. ( 医中誌 )

  215. 吉盛 奈津美, 藤本 裕子, 今井 清隆, 一幡 結, 長谷川 香織, 具 芳明, 藤友 結実子, 田島 太一, 鈴木 哲也, 加藤 はる, 妹尾 充敏. PCR-ribotype 027株によるClostridioides difficile感染症(CDI)アウトブレイク事例 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2020.02; 35回 O34-2. ( 医中誌 )

  216. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)アクションプランの進捗、そして今後何を行うべきか 教育啓発の進捗と今後 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2020.02; 35回 SY1-1. ( 医中誌 )

  217. 吉盛 奈津美, 藤本 裕子, 今井 清隆, 一幡 結, 長谷川 香織, 具 芳明, 藤友 結実子, 田島 太一, 鈴木 哲也, 加藤 はる, 妹尾 充敏. PCR-ribotype 027株によるClostridioides difficile感染症(CDI)アウトブレイク事例 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2020.02; 35回 O34-2. ( 医中誌 )

  218. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)アクションプランの進捗、そして今後何を行うべきか 教育啓発の進捗と今後 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2020.02; 35回 SY1-1. ( 医中誌 )

  219. 具 芳明. 【あなたはどのタイプ?料理で例える 論理型・熱血型・爆笑型 研修シナリオの作り方】熱血型 限られた時間のなかで心を引きつける講演をするためのレシピ INFECTION CONTROL. 2020.01; 29 (1): 76-80. ( 医中誌 )

  220. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策(第13回) 薬剤耐性(AMR)対策はどこに向かう? J-IDEO. 2020.01; 4 (1): 126-129. ( 医中誌 )

  221. 小泉 龍士, 日馬 由貴, 具 芳明. 経口抗菌薬使用実態調査 呼吸器内科. 2020.01; 37 (1): 76-82. ( 医中誌 )

  222. 小泉 龍士, 日馬 由貴, 具 芳明. 経口抗菌薬使用実態調査 呼吸器内科. 2020.01; 37 (1): 76-82. ( 医中誌 )

  223. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策の現状とこれからの課題 日本臨床微生物学会雑誌. 2019.12; 30 (Suppl.1): 199. ( 医中誌 )

  224. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策の現状とこれからの課題 日本臨床微生物学会雑誌. 2019.12; 30 (Suppl.1): 199. ( 医中誌 )

  225. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第12回] 薬剤耐性(AMR)対策推進月間2019 J-IDEO. 2019.11; 3 (6): 902-903. ( 医中誌 )

  226. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第12回] 薬剤耐性(AMR)対策推進月間2019 J-IDEO. 2019.11; 3 (6): 902-903. ( 医中誌 )

  227. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第11回] セファゾリン供給不足とその周辺 J-IDEO. 2019.09; 3 (5): 704-711. ( 医中誌 )

  228. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第10回] 抗菌薬使用量の変化から何を読み解くか J-IDEO. 2019.07; 3 (4): 628-630. ( 医中誌 )

  229. 具 芳明. 【抗菌薬をアップデートせよ!-耐性菌に立ち向かう! 適正化の手法から新薬の使い分けまで】実際どうする適正化! 手法とお得感・安心感 抗菌薬適正使用の基本的な考え方 Medicina. 2019.06; 56 (7): 1070-1072. ( 医中誌 )

  230. 具 芳明. 【医療の近未来予想図】2029年秋、内科医Gの日常は… 日本医事新報. 2019.05; (4958): 35. ( 医中誌 )

  231. 具 芳明, 藤友 結実子, 添田 博, 中浜 力, 長谷川 直樹, 前崎 繁文, 前田 真之, 松本 哲哉, 宮入 烈, 大曲 貴夫, 日本化学療法学会・日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会. 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査 感染症学雑誌. 2019.05; 93 (3): 289-297. ( 医中誌 )

  232. 具 芳明, 藤友 結実子, 添田 博, 中浜 力, 長谷川 直樹, 前崎 繁文, 前田 真之, 松本 哲哉, 宮入 烈, 大曲 貴夫, 日本化学療法学会・日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会. 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査 日本化学療法学会雑誌. 2019.05; 67 (3): 295-307. ( 医中誌 )

  233. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第9回] 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン前半で何ができたのか(3) J-IDEO. 2019.05; 3 (3): 450-452. ( 医中誌 )

  234. 具 芳明, 藤友 結実子, 添田 博, 中浜 力, 長谷川 直樹, 前崎 繁文, 前田 真之, 松本 哲哉, 宮入 烈, 大曲 貴夫, 日本化学療法学会, 日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会. 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査 日本化学療法学会雑誌. 2019.05; 67 (3): 295-307. ( 医中誌 )

  235. 具 芳明. 多剤耐性菌感染症の治療 日本医学会総会会誌. 2019.04; 30回 柱2-5. ( 医中誌 )

  236. 具 芳明. 多剤耐性菌感染症の治療 日本医学会総会会誌. 2019.04; 30回 柱2-4. ( 医中誌 )

  237. 具 芳明. AMR対策アクションプランの検証 薬剤耐性(AMR)対策アクションプランはどこまで進んだのか 感染症学雑誌. 2019.03; 93 (臨増): 194. ( 医中誌 )

  238. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第8回] 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン前半で何ができたのか(2) J-IDEO. 2019.03; 3 (2): 286-288. ( 医中誌 )

  239. 小松 真成, 山口 浩樹, 大山 陽子, 能勢 裕久, 具 芳明, 塚田 訓久, 久保園 高明, 川村 英樹, 西 順一郎, 新田 哲也. 地域で、多職種で創るAMR対策 鹿児島における新たなワークショップの開催報告 感染症学雑誌. 2019.03; 93 (2): 265. ( 医中誌 )

  240. 藤友 結実子, 具 芳明, 大曲 貴夫. 医師会員を対象とした、抗菌薬適正使用の推進に関するアンケート調査 感染症学雑誌. 2019.03; 93 (臨増): 355. ( 医中誌 )

  241. 田島 太一, 早川 佳代子, 松永 展明, 具 芳明, 大曲 貴夫. 感染防止対策加算区分別におけるカルバペネム系抗菌薬使用状況調査 感染症学雑誌. 2019.03; 93 (2): 264-265. ( 医中誌 )

  242. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン これまでとこれから 市民と医療従事者の意識は変わるのか 日本化学療法学会雑誌. 2019.03; 67 (Suppl.A): 142. ( 医中誌 )

  243. 具 芳明. AMR対策アクションプランの検証 薬剤耐性(AMR)対策アクションプランはどこまで進んだのか 感染症学雑誌. 2019.03; 93 (臨増): 194. ( 医中誌 )

  244. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン これまでとこれから 市民と医療従事者の意識は変わるのか 日本化学療法学会雑誌. 2019.03; 67 (Suppl.A): 142. ( 医中誌 )

  245. 田島 太一, 早川 佳代子, 松永 展明, 具 芳明, 大曲 貴夫. 感染防止対策加算区分別におけるカルバペネム系抗菌薬使用状況調査 感染症学雑誌. 2019.03; 93 (2): 264-265. ( 医中誌 )

  246. 小松 真成, 山口 浩樹, 大山 陽子, 能勢 裕久, 具 芳明, 塚田 訓久, 久保園 高明, 川村 英樹, 西 順一郎, 新田 哲也. 地域で、多職種で創るAMR対策 鹿児島における新たなワークショップの開催報告 感染症学雑誌. 2019.03; 93 (2): 265. ( 医中誌 )

  247. 藤友 結実子, 具 芳明, 大曲 貴夫. 医師会員を対象とした、抗菌薬適正使用の推進に関するアンケート調査 感染症学雑誌. 2019.03; 93 (臨増): 355. ( 医中誌 )

  248. 具 芳明. AMRのアクションプラン 市民と医療者の教育啓発 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2019.02; 34回 [パネル-10. ( 医中誌 )

  249. 具 芳明. 【ベッドサイドで使える! ICTのための耐性菌対策お助けブック】(第1章)耐性菌を作らない、増やさない!AMRの現在と未来 インターネットを通じた薬剤耐性(AMR)対策の情報収集は? INFECTION CONTROL. 2019.02; (2019春季増刊): 45-49. ( 医中誌 )

  250. 具 芳明. AMRのアクションプラン 市民と医療者の教育啓発 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2019.02; 34回 [パネル-1]. ( 医中誌 )

  251. 具 芳明. AMRアクションプランに感染症の専門家はどのように取り組むべきか? 市民・医療者を対象とした教育啓発活動の推進 日本化学療法学会雑誌. 2019.01; 67 (1): 99. ( 医中誌 )

  252. 具 芳明. AMRアクションプランに感染症の専門家はどのように取り組むべきか? 市民・医療者を対象とした教育啓発活動の推進 感染症学雑誌. 2019.01; 93 (1): 52. ( 医中誌 )

  253. 藤友 結実子, 具 芳明, 田中 知佳, 木村 有希, 田島 太一, 松永 展明, 日馬 由貴, 石金 正裕, 早川 佳代子, 大曲 貴夫. 一般市民の薬剤耐性(AMR)に関する意識調査の1年経過後の追跡調査 感染症学雑誌. 2019.01; 93 (1): 97. ( 医中誌 )

  254. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第7回] 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン前半で何ができたのか(1) J-IDEO. 2019.01; 3 (1): 123-125. ( 医中誌 )

  255. 具 芳明, 大曲 貴夫. 海外における薬剤耐性と抗菌薬使用の現状 日本化学療法学会雑誌. 2019.01; 67 (1): 13-22. ( 医中誌 )

  256. 日馬 由貴, 石金 正裕, 具 芳明, 桑原 健, 大曲 貴夫. 適切な感染症治療を推進するための保険診療審査情報の開示 社会保険診療報酬支払基金による審査情報提供事例の有効活用 感染症学雑誌. 2019.01; 93 (1): 25-29. ( 医中誌 )

  257. 具 芳明. AMRアクションプランに感染症の専門家はどのように取り組むべきか? 市民・医療者を対象とした教育啓発活動の推進 感染症学雑誌. 2019.01; 93 (1): 52. ( 医中誌 )

  258. 具 芳明, 大曲 貴夫. 海外における薬剤耐性と抗菌薬使用の現状 日本化学療法学会雑誌. 2019.01; 67 (1): 13-22. ( 医中誌 )

  259. 藤友 結実子, 具 芳明, 田中 知佳, 木村 有希, 田島 太一, 松永 展明, 日馬 由貴, 石金 正裕, 早川 佳代子, 大曲 貴夫. 一般市民の薬剤耐性(AMR)に関する意識調査の1年経過後の追跡調査 感染症学雑誌. 2019.01; 93 (1): 97. ( 医中誌 )

  260. 具 芳明. AMRアクションプランに感染症の専門家はどのように取り組むべきか? 市民・医療者を対象とした教育啓発活動の推進 日本化学療法学会雑誌. 2019.01; 67 (1): 99. ( 医中誌 )

  261. 日馬 由貴, 石金 正裕, 具 芳明, 桑原 健, 大曲 貴夫. 適切な感染症治療を推進するための保険診療審査情報の開示 社会保険診療報酬支払基金による審査情報提供事例の有効活用 感染症学雑誌. 2019.01; 93 (1): 25-29. ( 医中誌 )

  262. 具 芳明. 【抗菌薬の適正使用と院内感染対策について考える】薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016-2020 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン これまでの取り組みと今後の展望 小児科臨床. 2018.12; 71 (12): 2472-2478. ( 医中誌 )

  263. 藤友 結実子, 具 芳明. よく使う日常治療薬の正しい使い方 広域抗菌薬の使い方 レジデントノート. 2018.12; 20 (13): 2247-2251. ( 医中誌 )

  264. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第6回] 2018年のキャンペーンを彩る各種資材 J-IDEO. 2018.11; 2 (6): 886-888. ( 医中誌 )

  265. 具 芳明. 高齢者の感染症の診かた・考え方 日本ハンセン病学会雑誌. 2018.11; 87 (2): 55-59. ( 医中誌 )

  266. 具 芳明. 高齢者の感染症の診かた・考え方 日本ハンセン病学会雑誌. 2018.11; 87 (2): 55-59. ( 医中誌 )

  267. 具 芳明. 「風邪をひいたら抗菌薬」と思っていませんか 抗菌薬を次の世代に渡すためにできること 月刊ケアマネジメント. 2018.10; 29 (11): 4-6. ( 医中誌 )

  268. 田島 太一, 具 芳明. 【感染制御に関連した微生物検査-アウトブレイクに備えて】薬剤耐性菌アウトブレイクの発見と対応、検査対象の拡大、終息宣言 臨床と微生物. 2018.09; 45 (5): 431-437. ( 医中誌 )

  269. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第5回] 今年の診療報酬改定からみえること J-IDEO. 2018.09; 2 (5): 756-757. ( 医中誌 )

  270. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第5回] 今年の診療報酬改定からみえること J-IDEO. 2018.09; 2 (5): 756-757. ( 医中誌 )

  271. 木村 有希, 具 芳明. 【私たちは何ができる?ここだけはおさえる!AMR対策の現状と課題】薬剤耐性(AMR)の現状とアクションプラン INFECTION CONTROL. 2018.08; 27 (8): 802-808. ( 医中誌 )

  272. 松永 展明, 早川 佳代子, 湯村 依奈, 小南 亮太, 田島 太一, 鈴木 久美子, 具 芳明, 大曲 貴夫. 当センターにおけるAMR対策の取り組みについて 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2018.08; 161回 399. ( 医中誌 )

  273. 松永 展明, 早川 佳代子, 湯村 依奈, 小南 亮太, 田島 太一, 鈴木 久美子, 具 芳明, 大曲 貴夫. 当センターにおけるAMR対策の取り組みについて 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2018.08; 161回 399. ( 医中誌 )

  274. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第4回]イングランドの市民向けキャンペーン J-IDEO. 2018.07; 2 (4): 600-601. ( 医中誌 )

  275. 具 芳明. 地域医療における感染対策と感染症治療を考えよう!-薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン策定を受けて- 今こそ地域医療の場で薬剤耐性(AMR)対策を 日本在宅薬学会学術大会プログラム・講演抄録集. 2018.07; 11回 70. ( 医中誌 )

  276. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第4回]イングランドの市民向けキャンペーン J-IDEO. 2018.07; 2 (4): 600-601. ( 医中誌 )

  277. 具 芳明. 地域医療における感染対策と感染症治療を考えよう!-薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン策定を受けて- 今こそ地域医療の場で薬剤耐性(AMR)対策を 日本在宅薬学会学術大会プログラム・講演抄録集. 2018.07; 11回 70. ( 医中誌 )

  278. 日馬 由貴, 具 芳明. 【多剤耐性グラム陰性菌対策を見直す-『薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン』に向けて】多剤耐性グラム陰性菌対策としての臨床医の役割『薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン』を受けて 感染と抗菌薬. 2018.06; 21 (2): 79-84. ( 医中誌 )

  279. 山本 舜悟, 具 芳明, 本田 仁. 内科医が取り組むAMR(薬剤耐性)対策 ACP(米国内科学会)日本支部年次総会プログラム集. 2018.06; 2018 2-C2. ( 医中誌 )

  280. 山本 舜悟, 具 芳明, 本田 仁. 内科医が取り組むAMR(薬剤耐性)対策 ACP(米国内科学会)日本支部年次総会プログラム集. 2018.06; 2018 2-3. ( 医中誌 )

  281. 具 芳明. AMR対策アクションプラン時代の感染症診療・対策 抗菌薬適正使用の推進 感染症学雑誌. 2018.05; 92 (3): 429. ( 医中誌 )

  282. 角田 梨紗子, 遠藤 史郎, 矢野 寿一, 清水 拓也, 具 芳明, 青柳 哲史, 八田 益充, 金森 肇, 徳田 浩一, 賀来 満夫, 後藤 均. SDSEによる腹部大動脈人工血管感染症の1例 感染症学雑誌. 2018.05; 92 (3): 468. ( 医中誌 )

  283. 具 芳明. AMR対策アクションプラン時代の感染症診療・対策 抗菌薬適正使用の推進 日本化学療法学会雑誌. 2018.05; 66 (3): 419-420. ( 医中誌 )

  284. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に- 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016〜2020 感染症学雑誌. 2018.05; 92 (3): 449. ( 医中誌 )

  285. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第3回] 俺は絶対に悪くない J-IDEO. 2018.05; 2 (3): 404-405. ( 医中誌 )

  286. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016〜2020 日本化学療法学会雑誌. 2018.05; 66 (3): 440-441. ( 医中誌 )

  287. 鎌田 一宏, 徳田 安春, 具 芳明, 大曲 貴夫. 薬剤耐性に関する日本国民の知識と理解 感染症学雑誌. 2018.05; 92 (3): 496. ( 医中誌 )

  288. 具 芳明. 高齢者の感染症の診かた、考え方 日本ハンセン病学会雑誌. 2018.05; 87 (1): 13. ( 医中誌 )

  289. 具 芳明. AMR対策アクションプラン時代の感染症診療・対策 抗菌薬適正使用の推進 日本化学療法学会雑誌. 2018.05; 66 (3): 419-420. ( 医中誌 )

  290. 鎌田 一宏, 徳田 安春, 具 芳明, 大曲 貴夫. 薬剤耐性に関する日本国民の知識と理解 感染症学雑誌. 2018.05; 92 (3): 496. ( 医中誌 )

  291. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第3回] 俺は絶対に悪くない J-IDEO. 2018.05; 2 (3): 404-405. ( 医中誌 )

  292. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に- 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016〜2020 感染症学雑誌. 2018.05; 92 (3): 449. ( 医中誌 )

  293. 角田 梨紗子, 遠藤 史郎, 矢野 寿一, 清水 拓也, 具 芳明, 青柳 哲史, 八田 益充, 金森 肇, 徳田 浩一, 賀来 満夫, 後藤 均. SDSEによる腹部大動脈人工血管感染症の1例 感染症学雑誌. 2018.05; 92 (3): 468. ( 医中誌 )

  294. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016〜2020 日本化学療法学会雑誌. 2018.05; 66 (3): 440-441. ( 医中誌 )

  295. 具 芳明. AMR対策アクションプラン時代の感染症診療・対策 抗菌薬適正使用の推進 感染症学雑誌. 2018.05; 92 (3): 429. ( 医中誌 )

  296. 藤友 結実子, 具 芳明. 【感染症外来診療「賢医の選択」-検査・経口薬・ワクチンをどう使えばいいんですか?】感染症に対する経口薬のChoosing Wisely 適正使用のコツ マクロライド 総合診療. 2018.04; 28 (4): 503-507. ( 医中誌 )

  297. 田中 知佳, 日馬 由貴, 木村 有希, 石金 正裕, 足立 遼子, 具 芳明, 大曲 貴夫, 早川 佳代子, 桑原 健, 増田 純一. 医事課ファイルを用いた抗菌薬使用量調査の有用性の検討 日本化学療法学会雑誌. 2018.04; 66 (Suppl.A): 370. ( 医中誌 )

  298. 具 芳明, 藤友 結実子, 添田 博, 中浜 力, 前崎 繁文, 前田 真之, 松本 哲哉, 宮入 烈, 大曲 貴夫, 日本化学療法学会・日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会. 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査 日本化学療法学会雑誌. 2018.04; 66 (Suppl.A): 205. ( 医中誌 )

  299. 藤友 結実子, 田中 知佳, 日馬 由貴, 松永 展明, 具 芳明, 大曲 貴夫. 薬剤耐性(AMR)対策に関する教育事業としての小学校での出張授業 日本化学療法学会雑誌. 2018.04; 66 (Suppl.A): 211. ( 医中誌 )

  300. 日馬 由貴, 田中 知佳, 木村 有希, 石金 正裕, 具 芳明, 桑原 健, 大曲 貴夫. 適切な感染症診療を行うための社会保険診療報酬支払基金による「審査情報提供事例」の利用 日本化学療法学会雑誌. 2018.04; 66 (Suppl.A): 319. ( 医中誌 )

  301. 田中 知佳, 日馬 由貴, 木村 有希, 石金 正裕, 足立 遼子, 具 芳明, 大曲 貴夫, 早川 佳代子, 桑原 健, 増田 純一. 医事課ファイルを用いた抗菌薬使用量調査の有用性の検討 日本化学療法学会雑誌. 2018.04; 66 (Suppl.A): 370. ( 医中誌 )

  302. 日馬 由貴, 田中 知佳, 木村 有希, 石金 正裕, 具 芳明, 桑原 健, 大曲 貴夫. 適切な感染症診療を行うための社会保険診療報酬支払基金による「審査情報提供事例」の利用 日本化学療法学会雑誌. 2018.04; 66 (Suppl.A): 319. ( 医中誌 )

  303. 藤友 結実子, 田中 知佳, 日馬 由貴, 松永 展明, 具 芳明, 大曲 貴夫. 薬剤耐性(AMR)対策に関する教育事業としての小学校での出張授業 日本化学療法学会雑誌. 2018.04; 66 (Suppl.A): 211. ( 医中誌 )

  304. 具 芳明, 藤友 結実子, 添田 博, 中浜 力, 前崎 繁文, 前田 真之, 松本 哲哉, 宮入 烈, 大曲 貴夫, 日本化学療法学会・日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会. 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査 日本化学療法学会雑誌. 2018.04; 66 (Suppl.A): 205. ( 医中誌 )

  305. 田中 知佳, 日馬 由貴, 木村 有希, 石金 正裕, 足立 遼子, 具 芳明, 大曲 貴夫, 早川 佳代子, 桑原 健, 増田 純一. 医事課ファイルを用いた抗菌薬使用量調査の有用性の検討 日本化学療法学会雑誌. 2018.04; 66 (Suppl.A): 370. ( 医中誌 )

  306. 藤友 結実子, 田中 知佳, 日馬 由貴, 松永 展明, 具 芳明, 大曲 貴夫. 薬剤耐性(AMR)対策に関する教育事業としての小学校での出張授業 日本化学療法学会雑誌. 2018.04; 66 (Suppl.A): 211. ( 医中誌 )

  307. 具 芳明, 藤友 結実子, 添田 博, 中浜 力, 前崎 繁文, 前田 真之, 松本 哲哉, 宮入 烈, 大曲 貴夫, 日本化学療法学会, 日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会. 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査 日本化学療法学会雑誌. 2018.04; 66 (Suppl.A): 205. ( 医中誌 )

  308. 日馬 由貴, 田中 知佳, 木村 有希, 石金 正裕, 具 芳明, 桑原 健, 大曲 貴夫. 適切な感染症診療を行うための社会保険診療報酬支払基金による「審査情報提供事例」の利用 日本化学療法学会雑誌. 2018.04; 66 (Suppl.A): 319. ( 医中誌 )

  309. 松永 展明, 具 芳明. 【薬剤耐性(AMR)対策アクションプランが示す方向性〜新規抗菌薬・診断法の開発を含めて〜】薬剤耐性(AMR)時代に求められる感染対策 医薬ジャーナル. 2018.03; 54 (3): 831-834. ( 医中誌 )

  310. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第2回] 2017年の薬剤耐性対策推進月間より J-IDEO. 2018.03; 2 (2): 280-281. ( 医中誌 )

  311. 藤川 祐子, 具 芳明, 大島 謙吾, 曽木 美佐, 大江 千紘, 石橋 令臣, 馬場 啓聡, 猪股 真也, 吉田 眞紀子, 遠藤 史郎, 賀来 満夫. 東日本大震災による津波曝露者に発症したAspergillus fumigatusによる感染性腹部大動脈瘤の1例 感染症学雑誌. 2018.03; 92 (2): 138-143. ( 医中誌 )

  312. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策の現状とアクションプラン2年目の課題 SRL感染症フォーラム講演集. 2018.03; 22回 18-23. ( 医中誌 )

  313. 藤川 祐子, 具 芳明, 大島 謙吾, 曽木 美佐, 大江 千紘, 石橋 令臣, 馬場 啓聡, 猪股 真也, 吉田 眞紀子, 遠藤 史郎, 賀来 満夫. 東日本大震災による津波曝露者に発症したAspergillus fumigatusによる感染性腹部大動脈瘤の1例 感染症学雑誌. 2018.03; 92 (2): 138-143. ( 医中誌 )

  314. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第2回] 2017年の薬剤耐性対策推進月間より J-IDEO. 2018.03; 2 (2): 280-281. ( 医中誌 )

  315. 日馬 由貴, 具 芳明. 【"チーム熱病(ICT)"と一緒に楽しく学ぼう!♪あるあるエピソードで理解!現場ですぐ生かせる!ICTのためのまるっと感染症レクチャー】(第8章)薬剤耐性(AMR)への対応 (episode 57)院内、地域、国、グローバルな薬剤耐性への取り組み INFECTION CONTROL. 2018.02; (2018春季増刊): 254-260. ( 医中誌 )

  316. 具 芳明. 【日中の薬剤耐性菌対策】日本のAMR(antimicrobial resistance)の現状と対策 日中医学. 2018.02; 32 (4): 15,38-20,38. ( 医中誌 )

  317. 日馬 由貴, 具 芳明. わが国のAMRアクションプランの進捗状況 呼吸器内科. 2018.02; 33 (2): 173-179. ( 医中誌 )

  318. 具 芳明. 【日中の薬剤耐性菌対策】日本のAMR(antimicrobial resistance)の現状と対策 日中医学. 2018.02; 32 (4): 15,38-42. ( 医中誌 )

  319. 日馬 由貴, 具 芳明. 【"チーム熱病(ICT)"と一緒に楽しく学ぼう!♪あるあるエピソードで理解!現場ですぐ生かせる!ICTのためのまるっと感染症レクチャー】(第8章)薬剤耐性(AMR)への対応 (episode 57)院内、地域、国、グローバルな薬剤耐性への取り組み INFECTION CONTROL. 2018.02; (2018春季増刊): 254-260. ( 医中誌 )

  320. 藤友 結実子, 具 芳明. 【AMR対策につながる抗菌薬の使い方実践ガイド】(第1章)AMR対策のために知っておきたいこと AMRの現状と薬剤師ができること 薬事. 2018.01; 60 (2): 185-192. ( 医中誌 )

  321. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第1回] さりげなく着実に J-IDEO. 2018.01; 2 (1): 26-27. ( 医中誌 )

  322. 藤友 結実子, 具 芳明. 【AMR対策につながる抗菌薬の使い方実践ガイド】(第1章)AMR対策のために知っておきたいこと AMRの現状と薬剤師ができること 薬事. 2018.01; 60 (2): 185-192. ( 医中誌 )

  323. 具 芳明. 今日も明日もAMR対策[第1回] さりげなく着実に J-IDEO. 2018.01; 2 (1): 26-27. ( 医中誌 )

  324. 守山 祐樹, 具 芳明. 【インフルエンザ診療スキルアップのための最新レビュー】インフルエンザの病態・治療・予防の最新レビュー 外来患者のインフルエンザ 小児・高齢者から外国人まで 感染と抗菌薬. 2017.12; 20 (4): 276-281. ( 医中誌 )

  325. 日馬 由貴, 具 芳明. 症状からウイルス性感冒・細菌感染症を鑑別することは可能か? 鼻汁・鼻閉、咽頭痛、咳・痰の3症状の強さにより判別する 日本医事新報. 2017.12; (4888): 65-66. ( 医中誌 )

  326. 具 芳明. 薬剤耐性菌からみえる世界 J-IDEO. 2017.11; 1 (5): 592-603. ( 医中誌 )

  327. 関谷 紀貴, 具 芳明. 【感染症2】IDコントロール 薬剤耐性(AMR)総論 我々は今、どのようなアクションを起こすべきなのか? Hospitalist. 2017.09; 5 (3): 441-455. ( 医中誌 )

  328. 岸田 直樹, 具 芳明. 感染症診療におけるChoosing Wisely わが国のみならず世界的にも、抗菌薬は風邪症状に処方しない流れとなっている 日本医事新報. 2017.09; (4872): 55-56. ( 医中誌 )

  329. 具 芳明. 【薬剤耐性(AMR)対策】AMR対策についての医療者と国民の教育啓発 医療の質・安全学会誌. 2017.07; 12 (3): 304-310. ( 医中誌 )

  330. 大曲 貴夫, 金子 心学, 北原 隆志, 具 芳明, 坂本 史衣, 徳田 安春, 林 淑朗, 本田 仁, 宮入 烈, 山本 舜悟, 笠井 正志, 堀越 裕歩, 浅沼 一成, 野田 博之, 高倉 俊二, 松浦 祐史, 齋藤 浩輝, 前田 悟, 新海 恭子, 厚生労働省健康局結核感染症課, 微生物薬適正使用(AMS)等に関する作業部会. 抗微生物薬適正使用の手引き(第一版) 医療の質・安全学会誌. 2017.07; 12 (3): 356-380. ( 医中誌 )

  331. 具 芳明, 高山 義浩. 耐性菌が生じる要因分析に基づく今後の国内での方策 外来での抗菌薬の適正使用に加え、各分野の専門家が協働するワンヘルス・アプローチが必要 日本医事新報. 2017.07; (4863): 59-60. ( 医中誌 )

  332. 具 芳明. 【薬剤耐性(AMR)対策】AMR対策についての医療者と国民の教育啓発 医療の質・安全学会誌. 2017.07; 12 (3): 304-310. ( 医中誌 )

  333. 大曲 貴夫, 金子 心学, 北原 隆志, 具 芳明, 坂本 史衣, 徳田 安春, 林 淑朗, 本田 仁, 宮入 烈, 山本 舜悟, 笠井 正志, 堀越 裕歩, 浅沼 一成, 野田 博之, 高倉 俊二, 松浦 祐史, 齋藤 浩輝, 前田 悟, 新海 恭子, 厚生労働省健康局結核感染症課, 微生物薬適正使用(AMS)等に関する作業部会. 抗微生物薬適正使用の手引き(第一版) 医療の質・安全学会誌. 2017.07; 12 (3): 356-380. ( 医中誌 )

  334. 曽木 美佐, 大江 千紘, 馬場 啓聡, 猪股 真也, 石橋 令臣, 藤川 祐子, 大島 健吾, 具 芳明, 遠藤 史郎, 今井 悠, 鈴木 由希, 豊川 真弘, 川本 俊輔, 齋木 佳克, 賀来 満夫. テトラサイクリン耐性Mycoplasma hominisによる両心補助人工心臓関連感染の1例 感染症学雑誌. 2017.05; 91 (3): 476-477. ( 医中誌 )

  335. 曽木 美佐, 大江 千紘, 馬場 啓聡, 猪股 真也, 石橋 令臣, 藤川 祐子, 大島 健吾, 具 芳明, 遠藤 史郎, 今井 悠, 鈴木 由希, 豊川 真弘, 川本 俊輔, 齋木 佳克, 賀来 満夫. テトラサイクリン耐性Mycoplasma hominisによる両心補助人工心臓関連感染の1例 感染症学雑誌. 2017.05; 91 (3): 476-477. ( 医中誌 )

  336. 具 芳明. 【One Healthの視点からみた感染症の現状と対策】AMRアクションプランが目指すもの One Healthの視点から 最新医学. 2017.04; 72 (4): 573-578. ( 医中誌 )

  337. 藤川 祐子, 遠藤 史郎, 矢野 寿一, 大島 謙吾, 具 芳明, 賀来 満夫, 曽木 美佐, 吉田 眞紀子, 小松 真由美, 渡辺 真江, 櫻井 芳明. 宮城県の市中におけるESBL産生大腸菌の耐性遺伝子に関する解析 日本化学療法学会雑誌. 2017.03; 65 (Suppl.A): 275. ( 医中誌 )

  338. 具 芳明. 海外から持ち込まれる耐性菌 One Healthを踏まえた対策 海外における抗菌薬使用の現状と薬剤耐性 日本化学療法学会雑誌. 2017.03; 65 (Suppl.A): 140-141. ( 医中誌 )

  339. 藤川 祐子, 遠藤 史郎, 矢野 寿一, 大島 謙吾, 具 芳明, 賀来 満夫, 曽木 美佐, 吉田 眞紀子, 小松 真由美, 渡辺 真江, 櫻井 芳明. 宮城県の市中におけるESBL産生大腸菌の耐性遺伝子に関する解析 日本化学療法学会雑誌. 2017.03; 65 (Suppl.A): 275. ( 医中誌 )

  340. 具 芳明. 海外から持ち込まれる耐性菌 One Healthを踏まえた対策 海外における抗菌薬使用の現状と薬剤耐性 日本化学療法学会雑誌. 2017.03; 65 (Suppl.A): 140-141. ( 医中誌 )

  341. 小澤 廣記, 具 芳明. 【神経内科がわかる、好きになる 今日から実践できる診察・診断・治療のエッセンス】(第5章)神経内科の重要疾患 エキスパートはこう診断する! 細菌性髄膜炎 レジデントノート. 2017.02; 18 (17): 3158-3164. ( 医中誌 )

  342. 柴崎 俊一, 津田 勝路, 具 芳明, 荒木 真, 谷内 法秀. 亜硝酸塩還元試験は緑膿菌による尿路感染の除外に有用ではない 日本内科学会雑誌. 2017.02; 106 (Suppl.): 261. ( 医中誌 )

  343. 小澤 廣記, 具 芳明. 【神経内科がわかる、好きになる 今日から実践できる診察・診断・治療のエッセンス】(第5章)神経内科の重要疾患 エキスパートはこう診断する! 細菌性髄膜炎 レジデントノート. 2017.02; 18 (17): 3158-3164. ( 医中誌 )

  344. 柴崎 俊一, 津田 勝路, 具 芳明, 荒木 真, 谷内 法秀. 亜硝酸塩還元試験は緑膿菌による尿路感染の除外に有用ではない 日本内科学会雑誌. 2017.02; 106 (Suppl.): 261. ( 医中誌 )

  345. 藤川 祐子, 遠藤 史郎, 大江 千紘, 馬場 啓聡, 猪股 真也, 大島 謙吾, 具 芳明, 賀来 満夫, 小松 真由美, 渡辺 真江, 櫻井 芳明, 曽木 美佐, 吉田 眞紀子. 宮城県内の医療機関より分離されたESBL産生大腸菌のキノロン耐性に関する解析 日本化学療法学会雑誌. 2017.01; 65 (1): 108-109. ( 医中誌 )

  346. 石橋 令臣, 大島 謙吾, 具 芳明, 藤川 祐子, 猪股 真也, 曽木 美佐, 吉田 真紀子, 遠藤 史郎, 川本 俊輔, 齋木 佳克, 賀来 満夫. 組織培養陰性であったが大腸菌による感染性心内膜炎と診断された1例 感染症学雑誌. 2017.01; 91 (1): 110-111. ( 医中誌 )

  347. 石橋 令臣, 大島 謙吾, 遠藤 史郎, 大江 千紘, 馬場 啓聡, 藤川 祐子, 猪股 真也, 曽木 美佐, 吉田 真紀子, 具 芳明, 賀来 満夫, 井本 博文, 田中 直樹, 海野 倫明. 腹腔鏡所見により結核性腹膜炎を早期に診断できた1例 結核. 2017.01; 92 (1): 52. ( 医中誌 )

  348. 藤川 祐子, 遠藤 史郎, 大江 千紘, 馬場 啓聡, 猪股 真也, 大島 謙吾, 具 芳明, 賀来 満夫, 小松 真由美, 渡辺 真江, 櫻井 芳明, 曽木 美佐, 吉田 眞紀子. 宮城県内の医療機関より分離されたESBL産生大腸菌のキノロン耐性に関する解析 日本化学療法学会雑誌. 2017.01; 65 (1): 108-109. ( 医中誌 )

  349. 石橋 令臣, 大島 謙吾, 具 芳明, 藤川 祐子, 猪股 真也, 曽木 美佐, 吉田 真紀子, 遠藤 史郎, 川本 俊輔, 齋木 佳克, 賀来 満夫. 組織培養陰性であったが大腸菌による感染性心内膜炎と診断された1例 感染症学雑誌. 2017.01; 91 (1): 110-111. ( 医中誌 )

  350. Gu Yoshiaki, Okamoto Etsuji, Ohyama Takaaki, Taniguchi Kiyosu, Okabe Nobuhiko. [Outpatient antimicrobial drug use and antimicrobial resistance frequency in Suwa area, Nagano, Japan]. Kansenshogaku Zasshi. 2011.09; 85 (5): 494-500. ( PubMed, DOI )

  351. Fujita Takahiro, Gu Yoshiaki, Kishida Naoki, Okinaka Keiji, Ohmagari Norio. [Two cases of bacteremic pneumonia caused by Pseudomonas aeruginosa in solid-organ cancer patients]. Kansenshogaku Zasshi. 2010.09; 84 (5): 588-591. ( PubMed, DOI )

  352. Kishida Naoki, Okinaka Keiji, Fujita Takahiro, Gu Yoshiaki, Ohmagari Norio. [Non disseminated pulmonary cryptococcosis with very marked eosinophilia in solid-organ cancer]. Kansenshogaku Zasshi. 2010.09; 84 (5): 597-601. ( PubMed, DOI )

  353. Gu Yoshiaki, Ohmagari Norio. [Pyometra as a cause of fever; report on two cases]. Kansenshogaku Zasshi. 2007.05; 81 (3): 302-304. ( PubMed, DOI )

  354. 大曲貴夫, 忽那賢志, 石金正裕, 森岡慎一郎, 上田晃弘, 具芳明, 藤田崇宏, 守山祐樹, 小林健一, 齋藤智也. 新興・再興感染症のリスク評価と危機管理機能の実装のための研究 特定および一種感染症指定医療機関の新興再興感染症に対する準備体制の脆弱性評価に関する研究 新興・再興感染症のリスク評価と危機管理機能の実装のための研究 令和2年度 総括・分担研究報告書(Web). 2021;

  355. 角田梨紗子, 角田梨紗子, 遠藤史郎, 遠藤史郎, 矢野寿一, 矢野寿一, 清水拓也, 具芳明, 具芳明, 青柳哲史, 八田益充, 金森肇, 徳田浩一, 賀来満夫. SDSEによる腹部大動脈人工血管感染症の一例 日本感染症学会東日本地方会学術集会・日本化学療法学会東日本支部総会合同学会プログラム・抄録集. 2017; 66th-64th

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 薬剤師のための感染制御マニュアル . 薬事日報社, 2023.04 薬剤耐性(AMR) (ISBN : 9784840816120)

  2. 今日の治療指針 : 私はこう治療している . 医学書院, 2023.01 風邪症候群 (ISBN : 9784260050357)

  3. 具芳明. 今さらきけない疑問に答える 学び直し風邪診療. 中外医学社, 2024.04 (ISBN : 4498120167)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 具芳明. 日本のAMR対策. 国立国際医療研究センター国際医療協力局 2023年度JICA課題別研修「薬剤耐性(AMR)・医療関連感染管理」 2023.11.06

  2. Yoshiaki Gu. Activities for Antimicrobial Stewardship in Tokyo Medical and Dental University Hospital. Thailand and Japan Bilateral Joint Seminars on Antimicrobial Resistance 2022.12.21

  3. Yoshiaki Gu. Activities for Antimicrobial Stewardship in Tokyo Medical and Dental University Hospital. Thailand and Japan Bilateral Joint Seminars on Antimicrobial Resistance 2022.12.21

  4. Yoshiaki Gu. Commentator for workshop. From the G7 Health Communiqué to Action: Integrated Surveillance Systems (AMU and AMR) 2022.12.07

  5. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027の概要. 日本臨床微生物学会雑誌 2023.12.01

  6. 具 芳明. 多職種の視点でJANIS・J-SIPHEデータを読む・活かす 病院におけるJ-SHIPEの活用. 日本臨床微生物学会雑誌 2023.12.01

  7. 具 芳明. AMR対策と多職種で進める抗菌薬適正使用. 日本臨床微生物学会雑誌 2023.12.01

  8. 太田 悠介, 齋藤 良一, 安永 慶, Isaac Prah, Mahazu Samiratu, 長井 敏, 具 芳明. 16SrRNAアンプリコン解析におけるショート及びロングリード解析パイプラインの比較評価. 日本臨床検査医学会誌 2023.10.01

  9. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策と抗菌薬適正使用. 一般社団法人熊本県保険医協会学術研究部会 2023.09.21

  10. 具 芳明. 感染対策における多職種チーム・地域連携と臨床検査技師の役割. 2023年度日本臨床衛生検査技師会 中四国支部医学検査学会 ランチョンセミナー 2023.09.16

  11. 具 芳明. 感受性試験結果の読み方. 佐久感染症セミナー 2023.09.02

  12. 具 芳明. パンデミック後のAMR対策と抗菌薬適正使用(院内、地域). 石巻赤十字病院院内講演会 2023.08.18

  13. 具 芳明. イブニングセミナー1「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027」の概要とポイント. 第38回日本環境感染学会総会・学術集会 2023.07.21

  14. 具 芳明. 感染症対策と地域連携~ポストパンデミックに求められること~. 首都圏感染症予防・対策フォーラム 2023.07.11

  15. 具 芳明. 感染症アウトブレイク時の対応. 令和5年度実地疫学調査研修 2023.07.10

  16. 具 芳明. ワンヘルスシンポジウム~多角的に考える耐性菌対策~ 市中で広がる薬剤耐性とその対策. 日本化学療法学会雑誌 2023.07.01

  17. 藤友 結実子, 具 芳明, 森岡 慎一郎, 都築 慎也, 添田 博, 中浜 力, 長谷川 直樹, 前崎 繁文, 前田 真之, 松本 哲哉, 宮入 烈, 山岸 由佳, 大曲 貴夫, 日本化学療法学会・日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会. 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査(第3回). 日本化学療法学会雑誌 2023.07.01

  18. 具 芳明. コロナの先の感染対策に求められること. 足立区救急業務連絡協議会講演会 2023.06.23

  19. 具 芳明. 「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027」の概要. 2023.06.08

  20. 逢坂 啓莉, 具 芳明, 田頭 保彰. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)オミクロン株流行下で発生した内科病棟におけるクラスターの調査研究. 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集 2023.06.01

  21. 田頭 保彰, 具 芳明. 入院前スクリーニングPCRの病院感染対策に与える影響. 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集 2023.06.01

  22. 田頭 保彰, 高橋 洋子, 渡邉 由香, 鶴岡 広美, 具 芳明. Googleワークスペースを使っての職員の有症状報告管理と作業効率の改善の取り組み. 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集 2023.06.01

  23. 具 芳明. AMR対策と抗菌薬適正使用. 第37回鹿児島感染制御ネットワーク学術講演会 2023.05.27

  24. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策のこれまでとこれから. Nakatsu抗菌薬適正使用研究会 2023.03.22

  25. 具 芳明. 抗菌薬適正使用の考え方. 第411回ICD講習会 2023.03.18

  26. 太田 悠介, 具 芳明, 小池 竜司, 齋藤 良一. 病院排水より分離されたGES型カルバペネマーゼ産生菌のゲノム解析. 日本感染症学会総会・学術講演会・日本化学療法学会学術集会合同学会プログラム・抄録集 2023.03.01

  27. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策のこれまでとこれから. 日本化学療法学会雑誌 2023.03.01

  28. 藤友 結実子, 具 芳明, 森岡 慎一郎, 都築 慎也, 添田 博, 中浜 力, 長谷川 直樹, 前崎 繁文, 前田 真之, 松本 哲哉, 宮入 烈, 山岸 由佳, 大曲 貴夫, 日本化学療法学会・日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会. 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査(第3回). 日本感染症学会総会・学術講演会・日本化学療法学会学術集会合同学会プログラム・抄録集 2023.03.01

  29. 具 芳明. ワンヘルスシンポジウム~多角的に考える耐性菌対策~ 市中で広がる薬剤耐性とその対策. 日本感染症学会総会・学術講演会・日本化学療法学会学術集会合同学会プログラム・抄録集 2023.03.01

  30. 具 芳明. 感染症対策と地域連携~ポストパンデミックを見据えて~. 日本赤十字社北海道東北ブロック感染管理ネットワーク研修 2023.02.22

  31. 具 芳明. 抗菌薬適正使用の考え方. 日本細菌学雑誌 2023.02.01

  32. 田代 共生, 三島 有華, 宮武 和正, 飯田 遥, 栗田 崇史, 松元 一明, 野坂 宜之, 吉井 俊貴, 具 芳明, 若林 健二. リネゾリド長期投与中に術後乳酸アシドーシスを来した1例. 日本内科学会関東地方会 2023.02.01

  33. 具 芳明. 日本と世界でのAMR. 集中治療スタッフのための感染対策セミナー 2023.01.28

  34. 具 芳明. 多職種で取り組む薬剤耐性(AMR)対策. 茨城県立中央病院院内感染対策講演 2023.01.28

  35. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策のこれまでとこれから. 令和4年度いばらき予防医学プラザ特別講演会 2023.01.13

  36. 具 芳明. Global-PPSの意義. Global-PPS annual meeting 2022 2022.12.17

  37. 具 芳明. COVID-19のこれまでとこれから. 第448回日本小児科学会京都地方会 2022.12.04

  38. 山田 華代, Ayibieke Alafate, Mahazu Samiratu, Prah Isaac, 山田 景土, 荻原 真二, 太田 悠介, 貫井 陽子, 東田 修二, 齋藤 良一, 具 芳明, 小池 竜司, 浜本 洋. 世界的流行系統のメチシリン耐性S.epidermidisにおける薬剤耐性および病原性の解析. 日本臨床微生物学会雑誌 2022.12.01

  39. 具 芳明. AMR対策のこれまでとこれから. 感染症 Virtual Meeting 2022.11.29

  40. 具 芳明. 新型コロナウイルス感染症のこれまでとこれから. 東京医科歯科大学医師会第34回市民公開講座 2022.11.23

  41. 具 芳明. パンデミック時代の院内感染対策の考え方. 東京都眼科医会 第33回医療従事者講習会 2022.11.19

  42. 具 芳明. 新型コロナウイルス感染症を踏まえた院内感染対策. 東京都医療人材登録データベース登録者向け研修 2022.11.09

  43. 新里 大毅, 井上 健斗, 磯田 健志, 満生 紀子, 武内 寛明, 具 芳明, 森尾 友宏, 金兼 弘和. 造血細胞移植後に遷延する免疫再構築障害はSARS-CoV-2感染の持続感染を引き起こす. 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2022.11.01

  44. 具 芳明. COVID-19パンデミックにおける抗菌薬適正使用. 千代田区耳鼻咽喉科医会 2022.10.20

  45. 具 芳明. 医療機関・福祉施設におけるアウトブレイク時の対応. 令和4年度実地疫学調査研修 2022.10.17

  46. 具 芳明. COVID-19の感染対策 -新しい波に備える-. 長野県民医連医療安全推進者養成講座 2022.10.15

  47. 具 芳明. AMR対策と抗菌薬適正使用. 佐久感染症セミナー 2022.10.08

  48. 具 芳明. 医療機関でのクラスター対応. 日本消化器がん検診学会雑誌 2022.10.01

  49. 具 芳明. 医療機関でのクラスター対応. 日本消化器病学会雑誌 2022.10.01

  50. 具 芳明. 医療機関でのクラスター対応. Gastroenterological Endoscopy 2022.10.01

  51. 具 芳明. AMR対策アクションプランと抗菌薬適正使用. 日本外科感染症学会雑誌 2022.10.01

  52. 具 芳明. 医療機関でのクラスター対応. 肝臓 2022.09.01

  53. 松林 俊佑, 宇賀神 つかさ, 飯田 忠恒, 竹下 八菜, 並木 剛, 白井 剛, 具 芳明. 骨病変の合併が疑われたサルコイドーシスの1例. 日本皮膚科学会雑誌 2022.07.01

  54. 具 芳明. ASTの効果的な運用と成果を出すためには-各職種の役割と実践効果- 感染症コンサルテーションとAST活動. 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集 2022.06.01

  55. 本郷 舞依, 原田 侑典, 志水 太郎, 具 芳明. 高齢で発症した急性サイトメガロウイルス感染症の一例. 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2022.06.01

  56. 具 芳明. コロナ後のAMR対策の行方 薬剤耐性ワンヘルス動向調査と年次報告書. 日本化学療法学会雑誌 2022.05.01

  57. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策のこれまでとこれから. 日本化学療法学会雑誌 2022.05.01

  58. 具 芳明. AMR(Antimicrobial Resistant)対策。これまでの道とこれからの道 薬剤耐性(AMR)対策のこれから. 感染症学雑誌 2022.03.01

  59. 具 芳明. COVID-19のこれまでとこれから. 東京工業大学化学生命科学研究所安全衛生講演会 2022.02.24

  60. 具 芳明. COVID-19パンデミックにおける抗菌薬適正使用. 第12回愛媛感染制御研究会 2022.01.21

  61. 具 芳明. 医療従事者の教育啓発. 次期AMR対策アクションプラン策定作業部会有識者ヒアリング 2022.01.14

  62. 山本 理紗子, 相曽 啓史, 杉井 麻耶, 貫井 陽子, 具 芳明. 新型コロナウイルス感染症流行下における抗菌薬使用の現状. 日本化学療法学会雑誌 2022.01.01

  63. 貫井 陽子, 具 芳明, 小池 竜司. 新型コロナ感染症管理:感染症医と救急集中治療医とのコラボ COVID-19院内感染対策・ゾーニングについて. 日本化学療法学会雑誌 2022.01.01

  64. 植木 穣, 若林 健二, 具 芳明. 東京ドームにおける大規模ワクチン接種プロジェクトの報告. 日本救急医学会雑誌 2021.11.01

  65. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)の現状と薬剤師の役割. 日本薬剤師会学術大会講演要旨集 2021.09.01

  66. 藤友 結実子, 具 芳明, 大曲 貴夫. 20-30歳代の抗菌薬の捉え方・受療行動に関する調査. 日本感染症学会東日本地方会学術集会・日本化学療法学会東日本支部総会合同学会プログラム・抄録集 2021.09.01

  67. 具 芳明. AMR対策のこれまでとこれから. 第21回北陸病原微生物研究会 2021.08.19

  68. 具 芳明. AMR対策の現状とこれからの課題. Infection Summer Seminar2021 in Osaka ~感染症治療の基本と実践~ 2021.08.07

  69. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策のこれまでとこれから. 第21回総合診療セミナー in 御茶ノ水 2021.07.15

  70. 具 芳明. AMR対策の現状. AMR対策臨床セミナーin群馬 2021.07.10

  71. 具 芳明. 薬剤耐性(AMR)対策と抗菌薬適正使用 アクションプランの5年間とこれから. 抗菌薬適正使用勉強会in山口 2021.07.09

  72. 具 芳明. 薬剤耐性グラム陰性桿菌の動向とAMR対策. 第36回近畿IDカンファレンス 2021.05.15

  73. 具 芳明、日本化学療法学会・日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会. 全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査(第2回). 第95回日本感染症学会学術講演会、第69回日本化学療法学会総会 2021.05.09

  74. 池田 啓浩, 内藤 俊夫, 増渕 颯, 佐藤 晴紀, 市川 欧子, 上原 由紀, 具 芳明, 愛甲 聡. 永寿総合病院での新型コロナアウトブレイク 日本最大の院内発生メガクラスターを体験して. 日本病院総合診療医学会雑誌 2021.02.01

  75. 具 芳明. 抗菌薬適正使用の実践と評価~Global-PPS 抗菌薬の使用状況と耐性に関する国際調査の活用~ サーベイランスから見えるもの J-SIPHEとGlobal PPS. 感染症学雑誌 2020.03.01

  76. 具 芳明. 抗菌薬適正使用の実践と評価~Global-PPS 抗菌薬の使用状況と耐性に関する国際調査の活用~ サーベイランスから見えるもの J-SIPHEとGlobal PPS. 感染症学雑誌 2020.03.01

  77. 具 芳明. 抗菌薬適正使用の実践と評価~Global-PPS 抗菌薬の使用状況と耐性に関する国際調査の活用~ サーベイランスから見えるもの J-SIPHEとGlobal PPS. 感染症学雑誌 2020.03.01

  78. 具 芳明. 抗菌薬適正使用の実践と評価~Global-PPS 抗菌薬の使用状況と耐性に関する国際調査の活用~ サーベイランスから見えるもの J-SIPHEとGlobal PPS. 感染症学雑誌 2020.03.01

  79. 具 芳明. 抗菌薬適正使用の実践と評価~Global-PPS 抗菌薬の使用状況と耐性に関する国際調査の活用~ サーベイランスから見えるもの J-SIPHEとGlobal PPS. 感染症学雑誌 2020.03.01

  80. 具 芳明. 抗菌薬適正使用の実践と評価~Global-PPS 抗菌薬の使用状況と耐性に関する国際調査の活用~ サーベイランスから見えるもの J-SIPHEとGlobal PPS. 感染症学雑誌 2020.03.01

  81. 具 芳明. 抗菌薬適正使用の実践と評価~Global-PPS 抗菌薬の使用状況と耐性に関する国際調査の活用~ サーベイランスから見えるもの J-SIPHEとGlobal PPS. 感染症学雑誌 2020.03.01

  82. 具 芳明. 抗菌薬適正使用の実践と評価~Global-PPS 抗菌薬の使用状況と耐性に関する国際調査の活用~ サーベイランスから見えるもの J-SIPHEとGlobal PPS. 感染症学雑誌 2020.03.01

  83. 具 芳明. 抗菌薬適正使用の実践と評価~Global-PPS 抗菌薬の使用状況と耐性に関する国際調査の活用~ サーベイランスから見えるもの J-SIPHEとGlobal PPS. 感染症学雑誌 2020.03.01

  84. 具 芳明. 抗菌薬適正使用の実践と評価~Global-PPS 抗菌薬の使用状況と耐性に関する国際調査の活用~ サーベイランスから見えるもの J-SIPHEとGlobal PPS. 感染症学雑誌 2020.03.01

  85. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 日本化学療法学会雑誌 2018.05.01

  86. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に- 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 感染症学雑誌 2018.05.01

  87. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 日本化学療法学会雑誌 2018.05.01

  88. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に- 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 感染症学雑誌 2018.05.01

  89. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 日本化学療法学会雑誌 2018.05.01

  90. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に- 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 感染症学雑誌 2018.05.01

  91. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 日本化学療法学会雑誌 2018.05.01

  92. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に- 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 感染症学雑誌 2018.05.01

  93. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に- 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 感染症学雑誌 2018.05.01

  94. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 日本化学療法学会雑誌 2018.05.01

  95. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に- 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 感染症学雑誌 2018.05.01

  96. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 日本化学療法学会雑誌 2018.05.01

  97. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に- 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 感染症学雑誌 2018.05.01

  98. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 日本化学療法学会雑誌 2018.05.01

  99. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に- 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 感染症学雑誌 2018.05.01

  100. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 日本化学療法学会雑誌 2018.05.01

  101. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に- 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 感染症学雑誌 2018.05.01

  102. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 日本化学療法学会雑誌 2018.05.01

  103. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に- 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 感染症学雑誌 2018.05.01

  104. 具 芳明. いまさら聞けない薬剤耐性菌の基礎知識-グラム陰性桿菌を中心に 日本における薬剤耐性(AMR)対策 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016~2020. 日本化学療法学会雑誌 2018.05.01

  105. 柴崎 俊一, 津田 勝路, 具 芳明, 荒木 真, 谷内 法秀. 亜硝酸塩還元試験は緑膿菌による尿路感染の除外に有用ではない. 日本内科学会雑誌 2017.02.01

  106. 柴崎 俊一, 津田 勝路, 具 芳明, 荒木 真, 谷内 法秀. 亜硝酸塩還元試験は緑膿菌による尿路感染の除外に有用ではない. 日本内科学会雑誌 2017.02.01

  107. 柴崎 俊一, 津田 勝路, 具 芳明, 荒木 真, 谷内 法秀. 亜硝酸塩還元試験は緑膿菌による尿路感染の除外に有用ではない. 日本内科学会雑誌 2017.02.01

  108. 柴崎 俊一, 津田 勝路, 具 芳明, 荒木 真, 谷内 法秀. 亜硝酸塩還元試験は緑膿菌による尿路感染の除外に有用ではない. 日本内科学会雑誌 2017.02.01

  109. 柴崎 俊一, 津田 勝路, 具 芳明, 荒木 真, 谷内 法秀. 亜硝酸塩還元試験は緑膿菌による尿路感染の除外に有用ではない. 日本内科学会雑誌 2017.02.01

  110. 柴崎 俊一, 津田 勝路, 具 芳明, 荒木 真, 谷内 法秀. 亜硝酸塩還元試験は緑膿菌による尿路感染の除外に有用ではない. 日本内科学会雑誌 2017.02.01

  111. 柴崎 俊一, 津田 勝路, 具 芳明, 荒木 真, 谷内 法秀. 亜硝酸塩還元試験は緑膿菌による尿路感染の除外に有用ではない. 日本内科学会雑誌 2017.02.01

  112. 柴崎 俊一, 津田 勝路, 具 芳明, 荒木 真, 谷内 法秀. 亜硝酸塩還元試験は緑膿菌による尿路感染の除外に有用ではない. 日本内科学会雑誌 2017.02.01

  113. 柴崎 俊一, 津田 勝路, 具 芳明, 荒木 真, 谷内 法秀. 亜硝酸塩還元試験は緑膿菌による尿路感染の除外に有用ではない. 日本内科学会雑誌 2017.02.01

  114. 具芳明. 薬剤耐性 (AMR) 対策と抗菌薬適正使用. 令和5年度 文京区医師会 医療安全研修会 2024.03.29

  115. 具芳明. 薬剤耐性(AMR)対策と地域連携~ポストパンデミックに求められること~. 茨城県病院薬剤師会感染制御専門認定薬剤師講習会 2024.03.15

  116. 具芳明. 薬剤耐性(AMR)対策と抗菌薬適正使用. 第10回九州感染症検査フォーラム 2024.02.17

  117. 具芳明. 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027の概要. 第35回日本臨床微生物学会総会・学術集会 特別講演5 2024.02.10

  118. 具芳明. 病院におけるJ-SIPHEの活用. 第35回日本臨床微生物学会総会・学術集会 ワークショップ1 2024.02.10

  119. 具芳明. AMR対策と多職種で進める抗菌薬適正使用. 第35回日本臨床微生物学会総会・学術集会 ランチョンセミナー4 2024.02.10

  120. 具芳明. 座談会~東京iCDCがコロナ禍で果たした役割、今後の展望について~. 東京iCDCフォーラム -1200日の闘いを次につなげる- 2024.01.27

  121. 具芳明. 基調講演「病院における感染症対策の課題」、トークセッション(ファシリテーター). 都民向け講演会「ポストコロナ時代における安心して生活できる社会づくり」 2024.01.21

  122. 具芳明. AMR対策と抗菌薬適正使用. 熊本県感染管理ネットワーク講演会 AMR対策研修会 2024.01.13

  123. 具芳明. これからのCOVID-19感染対策の考え方. 埼玉県これからの新型コロナWEBセミナー 2023.12.12

  124. 具芳明. 中小病院における感染対策の課題. 令和5年(2023年)度第4回中小病院における感染症対策講習会 2023.12.02

  125. 具芳明. これからの感染対策の考え方と薬剤耐性(AMR)対策. 高山市国保診療所感染対策研修会 2023.11.25

  126. 具芳明. 感染症サーベイランスとこれからの感染対策. 令和5年度奈良県感染症発生動向調査事業感染症関連講演会 兼 令和5年度第2回院内感染対策カンファレンス 2023.11.19

  127. 具芳明. AMR対策と抗菌薬適正使用. 第22回東北臨床感染症研究会 2023.11.18

  128. 具芳明. 中小病院における感染対策の課題. 令和5年(2023年)度第3回中小病院における感染症対策講習会 2023.11.17

  129. 具芳明. これからのCOVID-19感染対策の考え方. 長野県COVID-19 WEB Seminar 2023.11.16

  130. 具芳明. 中小病院における感染対策の課題. 令和5年(2023年)度 保健所・支援者向け感染症対策講習会 2023.11.08

  131. 具芳明. 中小病院における感染対策の考え方. 令和5年(2023年)度 第2回 中小病院における感染症対策講習会 2023.10.21

  132. 具芳明. AMR対策と抗菌薬適正使用. 第15回九州臨床感染症セミナー 2023.10.14

  133. 具芳明. 中小病院における感染対策の考え方. 令和5年(2023年)度 第1回 中小病院における感染症対策講習会 2023.10.06

  134. 具芳明. 薬剤耐性(AMR)対策と抗菌薬適正使用. 一般社団法人熊本県保険医協会学術研究部会 2023.09.21

  135. 具芳明. 感染対策における多職種チーム・地域連携と臨床検査技師の役割. 2023年度日本臨床衛生検査技師会 中四国支部医学検査学会 ランチョンセミナー 2023.09.16

  136. 具芳明. 感受性試験結果の読み方. 佐久感染症セミナー 2023.09.02

  137. 具芳明. 新興再興感染症・輸入感染症、国内外のHAIサーベイランス・J-SIPHE. 日本看護協会看護研修学校 認定看護師教育課程 感染管理学科講義 2023.08.30

  138. 具芳明. パンデミック後のAMR対策と抗菌薬適正使用(院内、地域). 石巻赤十字病院院内講演会 2023.08.18

  139. 具芳明. 「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027」の概要とポイント. 第38回日本環境感染学会総会・学術集会イブニングセミナー1 2023.07.21

  140. 具芳明. 感染症対策と地域連携~ポストパンデミックに求められること~. 首都圏感染症予防・対策フォーラム 2023.07.11

  141. 具芳明. 感染症アウトブレイク時の対応. 東京都健康安全研究センター令和5年度実地疫学調査研修 2023.07.10

  142. 具芳明. コロナの先の感染対策に求められること. 足立区救急業務連絡協議会講演会 2023.06.23

  143. 具芳明. 「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2023-2027」の概要. 感染症Virtual Meeting 2023.06.08

  144. 具芳明. AMR対策と抗菌薬適正使用. 第37回鹿児島感染制御ネットワーク学術講演会 2023.05.27

  145. 具芳明. 薬剤耐性(AMR)対策のこれまでとこれから. Nakatsu抗菌薬適正使用研究会 2023.03.22

  146. 具芳明. 抗菌薬適正使用の考え方. 第411回ICD講習会 2023.03.18

  147. 具芳明. COVID-19のこれまでとこれから. 東京工業大学化学生命科学研究所安全衛生講演会 2023.02.24

  148. 具芳明. 感染症対策と地域連携~ポストパンデミックを見据えて~. 日本赤十字社北海道東北ブロック感染管理ネットワーク研修 2023.02.22

  149. 具芳明. 多職種で取り組む薬剤耐性(AMR)対策. 茨城県立中央病院院内感染対策講演 2023.02.08

  150. 具芳明. 日本と世界でのAMR. 集中治療スタッフのための感染対策セミナー 2023.01.28

  151. 具芳明. 薬剤耐性(AMR)対策のこれまでとこれから. 令和4年度いばらき予防医学プラザ特別講演会 2023.01.13

  152. 具芳明. Global-PPSの意義. Global-PPS annual meeting 2022 2022.12.17

  153. 具芳明. COVID-19のこれまでとこれから. 第448回日本小児科学会京都地方会 2022.12.04

  154. 具芳明. AMR対策のこれまでとこれから. 感染症 Virtual Meeting 2022.11.29

  155. 具芳明. 新型コロナウイルス感染症のこれまでとこれから. 東京医科歯科大学医師会第34回市民公開講座 2022.11.23

  156. 具芳明. パンデミック時代の院内感染対策の考え方. 東京都眼科医会 第33回医療従事者講習会 2022.11.19

  157. 具芳明. 新型コロナウイルス感染症を踏まえた院内感染対策. 東京都医療人材登録データベース登録者向け研修 2022.11.09

  158. 具芳明. COVID-19パンデミックにおける抗菌薬適正使用. 千代田区耳鼻咽喉科医会 2022.10.20

  159. 具芳明. 医療機関・福祉施設におけるアウトブレイク時の対応. 東京都健康安全研究センター 令和4年度実地疫学調査研修 2022.10.17

  160. 具芳明. COVID-19の感染対策 -新しい波に備える-. 長野県民医連医療安全推進者養成講座 2022.10.15

  161. 具芳明. AMR対策と抗菌薬適正使用. 佐久感染症セミナー 2022.10.08

  162. 具芳明. 感染症から未来を守る ~コロナだけではない感染症の話~. 一般社団法人全国国立大学附属学校PTA連合会 PTA研修会 第13回全国大会 2022.09.30

  163. 具芳明. 薬剤耐性(AMR)対策と抗菌薬適正使用. 東京都立墨東病院ICT/ASTセミナー 2022.09.26

  164. 具芳明. コロナ後の感染症の診断と治療. 三郷市医師会講演会 2022.09.21

  165. 具芳明. AMR対策アクションプランの成果と今後の課題. メディカル・サイエンスセミナー 2022.07.11

  166. 具芳明. AMR対策と地域連携 ~ポストパンデミックを見据えて~. 第37回日本環境感染学会総会・学術集会シンポジウム13 2022.06.18

  167. 具芳明. COVID-19パンデミックがAMR対策に与えた影響. 第70回日本化学療法学会総会教育セミナー4 2022.06.04

  168. 具芳明. 外来での抗菌薬適正使用. 令和4年度感染制御専門薬剤師講習会(第1回Web) 2022.05.28

  169. 具芳明. コロナ時代の薬剤耐性(AMR)対策と感染症診療のロジック. 石巻赤十字病院院内Web研修 2022.05.20

  170. 具芳明. AMR対策のこれまでとこれから ~COVID-19パンデミックはAMR対策を変えるのか~. 薬剤師のための九州山口感染症対策フォーラム2021 2022.03.12

  171. 具芳明. 抗菌薬安定供給の課題. 東京都病院薬剤師会第50回病院薬事研修会 2022.02.24

  172. 具芳明. 外来での感染症診療と抗菌薬適正使用. 東京都病院薬剤師会診療所例会 2022.02.07

  173. 具芳明. COVID-19パンデミックにおける抗菌薬適正使用. 第12回愛媛感染制御研究会 2022.01.22

▼全件表示

Works 【 表示 / 非表示

  • かしこく治して、明日につなぐ ~抗菌薬を上手に使ってAMR対策~,Webサービス,2017年09月 - 現在

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2016年度教室員会 The Best Teacher Awards,東北大学医学部教室員会,2017年04月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 感染症に強い社会づくりに貢献する研究・教育・診療を推進する 「TMDU感染症センター」が2023年11月1日に設立,2023年11月

  • 「デルタ株の特徴が追加された国内由来オミクロン株 BA.2 系統の市中感染事例を初めて確認」 〜第6波長期化への懸念〜 ― 医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第13報 ―,2022年05月

  • 「デルタ株の特徴に類似した変異が追加された 国内由来BA.2系統の市中感染事例をさらに確認」 〜第6波の下げ止まりから感染再拡大(第7波)への懸念〜 ― 医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第14報 ―,2022年05月

  • 「新たな変異を有するオミクロン系統株を含むBA.1.1系統株の流行拡大、 およびBA.2系統株への置き換わりに影響をおよぼす可能性」 ― 医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第12報 ―,2022年02月

  • 「北米地域で確認されているオミクロン系統株の本邦市中流行、および市中に長期間存続しているデルタ系統株への感染事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第10報~ ,2022年01月

  • 東京医科歯科大学病院「感染症内科」の新設について~感染症パンデミックを複層的に征圧することを目的とした「グローバル感染症征圧プラットフォーム」構想~,2021年10月

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 臨床・感染(M3),2021年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 夏集中講義 健康と医療1,東京外国語大学

  • 新興再興感染症、サーベイランス,日本看護協会看護専門学校 認定看護師教育過程感染管理学科

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 抗菌薬の安定供給,株式会社じほう,日刊薬業,2024年06月12日 - 2024年06月17日

  • 5類移行1年を前に現状と課題,日本経済新聞社,日本経済新聞,2024年04月30日 - 2024年05月07日

  • 厚労省「抗微生物薬適正使用の手引き第3 版」について,共同通信社,「医療新世紀」,2024年04月10日 - 2024年05月

  • 高齢者施設・障害者施設向け感染症対策ガイドブック,東京都保健医療局 感染症対策部 防疫課,2024年02月01日

  • 呼吸器感染症のウイルス・細菌図鑑,ビオメリュー・ジャパン株式会社,2023年11月

  • 感染症対応を踏まえた都保健所のあり方検討会報告書,感染症対応を踏まえた都保健所のあり方検討会,2023年08月

  • コロナ患者の入院状況、入院者の症状や年代の変化について,東京新聞社,東京新聞,2023年06月21日 - 2023年06月23日

  • 薬剤耐性対策について,共同通信,地方紙(予定),2023年04月18日

  • 薬剤耐性菌の対策について,NHK,NHKニュースなど,2023年04月17日 - 2023年04月24日

  • 抗菌薬の適正使用について,読売新聞,読売新聞,2023年04月09日 - 現在

  • (より強靭な保健医療体制のためのグローバルな連帯の促進:2023年G7への提言),2023年G7グローバルヘルス・タスクフォース,2023年04月

  • より強靭な保健医療体制のためのグローバルな連帯の促進:2023年G7への提言(日本語要旨),2023年G7グローバルヘルス・タスクフォース,2023年04月

  • 2023 年G7 に向けたグローバルヘルスに関する提⾔,東京大学未来ビジョン研究センター,2023年03月

  • COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に伴う外来がん薬物療法を受ける患者・家族への看護実践の手引き (第 2.0 版),一般社団法人 日本がん看護学会,2022年12月14日

  • 抗インフルエンザ薬の適正使用について,毎日新聞社,WEBコラム 14色のペン,2022年10月18日 - 2022年10月23日

  • 新型コロナウイルスについて,NHK,首都圏ネットワーク,2022年08月03日

  • まん延防止重点措置の解除に向けた動きについて,日本経済新聞社,日本経済新聞,2022年03月04日

  • 医療現場の現状,産経新聞,産経新聞,2022年01月13日

  • 新型コロナウイルスのオミクロン株への対策,日本テレビ,newsevery,newszero,2021年12月08日

  • 医療現場の現状,日本経済新聞社,日本経済新聞,2021年10月22日

  • 今後の感染に伴う医療現場の現状について,TBSテレビ,Nスタ,2021年10月14日

  • 高齢者施設・障害者施設の新型コロナウイルス感染対策事例集,東京iCDC専門家ボード,2021年10月

  • シリーズ「新型コロナウイルス感染症の最新情報と感染症対策の重要課題 第2部 感染症対策の重要課題」 第2回 抗菌薬の安定供給の課題,株式会社日経ラジオ社,杏林シンポジア,2021年08月02日

  • 新型コロナウイルス感染症自宅療養者向けハンドブック ~感染を広げないために~ ,東京iCDC専門家ボード,2021年08月

  • 新型コロナウイルス感染症自宅療養者向けハンドブック ~感染を広げないために~,東京iCDC専門家ボード,2021年08月

  • 感染者過去最多・東京都が増床を要請についての病院の受け止めなどについて,NHK,2021年07月30日

  • 五輪下での新型コロナ感染拡大,テレビ朝日,サタデーステーション,2021年07月30日

  • 新型コロナウイルス・病床のひっ迫状況について,TBSテレビ,サンデーモーニング,2021年07月30日

  • 東京都の医療現場の現状,日本テレビ,newszero,2021年07月30日

  • 感染爆発に伴う医療現場の逼迫,テレビ東京,WBS,2021年07月30日

  • コロナ状況、デルタ株置き換わり予想,テレビ東京,ワールドビジネスサテライト,2021年07月20日

  • コロナ患者に関する今後の懸念、第5波への懸念,朝日新聞社,朝日新聞,2021年07月06日

  • コロナの感染状況について,読売新聞,読売新聞,2021年07月05日

  • 歯科医師の筋肉注射トレーニング,NHK,おはよう日本,2021年06月21日

  • コロナ重症者・患者の若年化について,日本経済新聞社,日本経済新聞,2021年05月19日

  • 医療機関における新型コロナウイルス感染症対策に係る事業継続計画立案の際のポイント集,2021年03月18日

  • 新型コロナウイルス感染症発生時における診療継続計画書ひな型,2021年03月18日

  • 東京都病院協会によるCOVID-19禍における病院BCP作成のための指針,東京都病院協会 病院BCP作成のための指針作成ワーキンググループ,2021年02月19日

  • 薬剤耐性ワンヘルス動向調査年次報告書2020,2021年01月08日

  • Self-Isolation Handbook for COVID-19 Patients ,2021年01月

  • コロナ下の音楽文化を前に進めるプロジェクト,クラシック音楽公演運営推進協議会、一般社団法人日本管打・吹奏楽学会,声楽・合唱における飛沫感染リスク検証実験 報告書,2020年12月

  • 歯周病患者における抗菌薬適正使用のガイドライン2020,特定非営利活動法人日本歯周病学会,2020年12月

  • コロナ下の音楽文化を前に進めるプロジェクト,クラシック音楽公演運営推進協議会、一般社団法人日本管打・吹奏楽学会,クラシック⾳楽演奏・鑑賞にともなう ⾶沫感染リスク検証実験報告書,2020年08月

  • 抗微生物薬適正使用の手引き 第二版,厚生労働省健康局結核感染症課,2019年12月05日

  • 薬剤耐性ワンヘルス動向調査年次報告書2019,薬剤耐性ワンヘルス動向調査検討会,2019年11月27日

  • アンチバイオグラム作成ガイドライン,感染症教育コンソーシアム, アンチバイオグラム作成ガイドライン 作成チーム,2019年03月

  • 中小病院における薬剤耐性菌アウトブレイク対応ガイダンス,感染症教育コンソーシアム, 中小病院における薬剤耐性菌アウトブレイク対応ガイダンス作成チーム,2019年03月

  • 抗菌薬使用量集計マニュアル,感染症教育コンソーシアム, 抗菌薬使用量集計マニュアル作成チーム,2018年11月

  • 抗微生物薬適正使用の手引き 第一版,厚生労働省健康局結核感染症課,2017年06月01日

  • 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016-2020,国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議,2016年04月05日

▼全件表示