基本情報

写真a

末永 光邦(スエナガ ミツクニ)

SUENAGA Mitsukuni


職名

講師

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 総合外科学 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床腫瘍学会

  • 日本外科学会

  • 米国臨床腫瘍学会(ASCO)

  • 欧州臨床腫瘍学会(ESMO)

  • 日本内科学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍内科

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医

  • 日本臨床腫瘍学会指導医

  • 日本外科学会認定医

  • 日本外科学会認定登録医

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 基礎研究解析データに基づく大腸がん治療薬の非網羅的バイオマーカー検証研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 大腸癌治療薬の基礎解析データからの血中循環バイオマーカー同定と生物学的意義の解析

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 松宮 由利子, 末永 光邦, 角田 龍太, 岩田 乃理子, 増田 大機, 山内 慎一, 松山 貴俊, 徳永 正則, 石川 敏昭, 絹笠 祐介. 大腸癌術後患者におけるBacteroides fragilisと予後の検討 日本消化器外科学会総会. 2021.07; 76回 P161-7. ( 医中誌 )

  • Mitsukuni Suenaga, W U Zhang, Tetsuo Mashima, Marta Schirripa, Shu Cao, Satoshi Okazaki, Martin D Berger, Yuji Miyamoto, Afsaneh Barzi, Toshiharu Yamaguchi, Heinz-Josef Lenz. Potential Molecular Cross Talk Among CCR5 Pathway Predicts Regorafenib Responsiveness in Metastatic Colorectal Cancer Patients. Cancer Genomics Proteomics. 2021.04; 18 (3): 317-324. ( PubMed, DOI )

  • Mitsukuni Suenaga, Marta Schirripa, Shu Cao, Wu Zhang, Chiara Cremolini, Sara Lonardi, Satoshi Okazaki, Martin D Berger, Yuji Miyamoto, Shivani Soni, Afsaneh Barzi, Toshiharu Yamaguchi, Fotios Loupakis, Alfredo Falcone, Heinz-Josef Lenz. Clinical significance of enterocyte-specific gene polymorphisms as candidate markers of oxaliplatin-based treatment for metastatic colorectal cancer. Pharmacogenomics J. 2021.02; ( PubMed, DOI )

  • Kazuo Kobayashi, Erika Sugiyama, Eiji Shinozaki, Takeru Wakatsuki, Masataka Tajima, Hiyori Kidokoro, Takeshi Aoyama, Yasuhiro Nakano, Kazuyoshi Kawakami, Koki Hashimoto, Mitsukuni Suenaga, Takashi Ichimura, Mariko Ogura, Keisho Chin, Izuma Nakayama, Akira Ooki, Daisuke Takahari, Wataru Suzuki, Takashi Yokokawa, Yuichi Minowa, Tomoko Hiraoka, Kenichi Suzuki, Hitoshi Sato, Toshihiro Hama, Kensei Yamaguchi. Associations among plasma concentrations of regorafenib and its metabolites, adverse events, and ABCG2 polymorphisms in patients with metastatic colorectal cancers. Cancer Chemother Pharmacol. 2021.02; ( PubMed, DOI )

  • Takahari Daisuke, Shinozaki Eiji, Wakatsuki Takeru, Ooki Akira, Ozaka Masato, Suzuki Takeshi, Nakayama Izuma, Osumi Hiroki, Kamiimabeppu Daisaku, Sato Taro, Ogura Mariko, Suenaga Mitsukuni, Chin Keisho, Yamaguchi Kensei. Managing a gastrointestinal oncology practice in Japan during the COVID-19 pandemic: single institutional experience in The Cancer Institute Hospital of Japanese Foundation for Cancer Research(和訳中) International Journal of Clinical Oncology. 2021.02; 26 (2): 335-344. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Suenaga M, Lenz HJ, Scherer SJ. Overview of Oncology Biomarkers. Springer International Publishing, 2016 (ISBN : 978-3-319-39051-2)

  • 末永光邦、横山雅大. がん化学療法における有害事象管理の実際 第二版改定新版. 日本医学館, 2015.01 (ISBN : 978-4-89044-794-7)

  • 末永 光邦 他. ガイドラインに沿った 大腸癌化学療法の要点と盲点. 文光堂, 2014.11 FOLFIRI+BV (ISBN : 978-4-8306-1887-1)

  • 末永 光邦 他. 若手医師のための 大腸癌治療指針 新ガイドラインへの対応. 2014.04 Q4二次治療以降の分子標的治療薬のON/OFFのポイントは? Q5三次治療以降の分子標的治療薬の選択基準は何か? (ISBN : 978-4-86092-113-2)

  • 畠清彦、末永光邦. がん化学療法における有害事象管理の実際 . 日本医学館, 2011.07 (ISBN : 4890447305)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 松宮由利子、末永光邦、角田龍太、岩田乃理子、増田大機、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、石川敏昭、絹笠祐介. 大腸癌術後患者におけるBacteroides fragilisと予後の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 WEB

  • 末永光邦、馬島哲夫、若槻尊、清宮啓之. Serum IL-8 level as a candidate prognostic marker of response to anti-angiogenic therapy for metastatic colorectal cancer. 第18 回日本臨床腫瘍学会学術集 2021.02.18 Virtual Congress

  • 上今別府 大作, 若槻 尊, 高張 大亮, 福田 直樹, 佐藤 太龍, 鈴木 健, 大隅 寛木, 中山 厳馬, 末永 光邦, 大木 暁, 小倉 真理子, 篠崎 英司, 山口 研成. 当院でのAFP産生切除不能進行・再発胃癌に対するラムシルマブ併用化学療法の検討(Treatment efficacy of ramucirumab-based chemotherapy in patients with AFP producing gastric cancer). 日本胃癌学会総会記事 2020.03.01

  • Matsusaka Satoshi, Hanna Diana L., Ning Yan, Yang Dongyun, Cao Shu, Berger Martin D., Miyamoto Yuji, Suenaga Mitsukuni, Dan Shingo, Mashima Tetsuo, Seimiya Hiroyuki, Zhang Wu, Lenz Heinz-Josef. 上皮成長因子受容体のmRNA発現 レゴラフェニブから逃れるための分子機序である可能性(Epidermal growth factor receptor mRNA expression: A potential molecular escape mechanism from regorafenib). Cancer Science 2020.02.01

  • Martin D. Berger, Inti Zlobec, Shu Cao, Yuji Miyamoto, Mitsukuni Suenaga, Shivani Soni, Alberto Puccini, Ryuma Tokunaga, Madiha Naseem, Francesca Battaglin, Wu Zhang, Alessandro Lugli, Heinz-Josef Lenz. Polymorphisms of genes encoding for regulatory proteins in the coagulation cascade to predict outcome for stage II and III colon cancer. 2020.01

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • ASCO Annual Meeting Merit Award,2017年06月

  • ASCO Gastrointestinal Cancers Symposium Merit Award,2017年01月

  • ASCO Annual Meeting Merit Award,2016年06月

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 抗がん剤の副作用や後遺症のセルフケア と運動療法,一般社団法人 キャンサーフィットネス,2021年07月10日

  • キャンサーフィットネス オンラインサロン「Hello!」,2020年12月10日 - 現在

  • 抗がん剤の副作用ケアと運動療法講座,一般社団法人 キャンサーフィットネス,がんサバイバーヘルスケアアカデミー 8月講座,2019年08月10日