基本情報

写真a

大橋 健一(オオハシ ケンイチ)

OHASHI Kenichi


職名

教授

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/pth1/hupathhp/

研究分野・キーワード

病理学、食道がん、肺がん、アミロイドーシス、腎生検

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1986年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  病理学  博士課程  1990年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 人体病理学 教授
  • 2020年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 器官システム制御学講座 人体病理学分野 教授
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 中央診療施設等 病理部 部長

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2011年10月
    -
    2020年06月
    横浜市立大学 大学院医学研究科病態病理学 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会

  • 日本アミロイドーシス学会

  • 日本食道学会

  • 日本腎臓学会

  • 日本臨床細胞学会

  • 日本癌学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年
    -
    現在
    日本病理学会 理事、関東支部長

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 腎生検診断に基づいた腎疾患の予後規定因子の検索

  • 予後不良肺腺がんの分子メカニズムについて

  • アミロイドーシスの発症機序について

  • 食道がんの浸潤、進展のメカニズム

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • アミロイドーシスに関する調査研究

    厚生労働省 : 2023年04月 - 2026年03月

  • アミロイドーシスに関する調査研究

    厚生労働省 : 2020年04月 - 2024年03月

  • 表在型食道扁平上皮がん浸潤様式の総合的評価法の確立と分子基盤の探究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 表在型食道扁平上皮がんの空間トランスクリプトーム解析とバイオマーカー開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yamada E, Umemoto T, Taguchi T, Onishi I, Yamamoto A, Tsukamoto K, Ibara T, Sasaki T, Kaburagi H, Maejima Y, Sasano T, Ohashi K, Yoshii T, Nimura A, Fujita K. Prevalence of amyloid deposition and cardiac amyloidosis in shoulder disease compared to carpal tunnel syndrome. JSES international. 2024.03; 8 (2): 349-354. ( PubMed, DOI )

  2. Ogasawara N, Kano Y, Yoneyama Y, Kobayashi S, Watanabe S, Kirino S, Velez-Bravo FD, Hong Y, Ostapiuk A, Lutsik P, Onishi I, Yamauchi S, Hiraguri Y, Ito G, Kinugasa Y, Ohashi K, Watanabe M, Okamoto R, Tejpar S, Yui S. Discovery of non-genomic drivers of YAP signaling modulating the cell plasticity in CRC tumor lines. iScience. 2024.03; 27 (3): 109247. ( PubMed, DOI )

  3. Mizuta M, Sekine A, Suwabe T, Hoshino J, Yamanouchi M, Mizuno H, Ikuma D, Hasegawa E, Oba Y, Kono K, Kinowaki K, Ohashi K, Sawa N, Ubara Y. Autopsy of a 45-year-old Man with Liver Failure Due to Polycystic Liver Disease. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2024.02; ( PubMed, DOI )

  4. Kawade G, Kurata M, Matsuki Y, Fukuda S, Onishi I, Kinowaki Y, Watabe S, Ishibashi S, Ikeda M, Yamamoto M, Ohashi K, Kitagawa M, Yamamoto K. Mediation of FSP1 expression via 4-HNE accumulation contributes to acquisition of resistance to apoptosis and ferroptosis in DLBCL. Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology. 2024.02; 104 (4): 102027. ( PubMed, DOI )

  5. Kawano H, Motokawa T, Eishi Y, Setoguchi A, Ueno Y, Takenaka M, Okano S, Ideguchi R, Ohashi K, Maemura K. Cardiac Sarcoidosis which Occurred four Years after Successful Treatment of Cutaneous Sarcoidosis with Minocycline. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2024.02; ( PubMed, DOI )

  6. Suenaga A, Sawa N, Oba Y, Ikuma D, Sekine A, Yamanouchi M, Hasegawa E, Mizuno H, Suwabe T, Kono K, Kinowaki K, Ohashi K, Miyazono M, Yamaguchi Y, Uesugi N, Ubara Y. Is Podocytopathy Associated with Gross Hematuria after COVID-19 Vaccination in Patients with Immunoglobulin A Nephropathy? Internal medicine (Tokyo, Japan). 2024.02; ( PubMed, DOI )

  7. Kinowaki Y, Fukumura Y, Kawade G, Sugita K, Kinowaki K, Akahoshi K, Kobayashi M, Ono H, Kudo A, Tanabe M, Akashi T, Ohashi K, Kurata M. Gene expression profiling of pancreatic neuroendocrine carcinoma and mixed neuroendocrine-non-neuroendocrine neoplasm. Gene. 2024.01; 893 147916. ( PubMed, DOI )

  8. Hata M, Mori T, Hirose Y, Nishida Y, Mandai S, Ando F, Susa K, Iimori S, Naito S, Sohara E, Rai T, Taguchi T, Tomii S, Ohashi K, Uchida S. A case of unexpected diagnosis of fibronectin glomerulopathy with histological features of membranoproliferative glomerulonephritis. BMC nephrology. 2024.01; 25 (1): 25. ( PubMed, DOI )

  9. Suenaga A, Sawa N, Oba Y, Ikuma D, Sekine A, Yamanouchi M, Hasegawa E, Mizuno H, Suwabe T, Hayashi N, Kono K, Kinowaki K, Ohashi K, Miyazono M, Yamaguchi Y, Ubara Y. A case of bullous pemphigoid and renal disease after dipeptidyl peptidase 4 inhibitor administration. CEN case reports. 2023.12; ( PubMed, DOI )

  10. Iijima Takashi, Sawa Naoki, Wake Atsushi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ubara Yoshifumi, Ohashi Kenichi. Linear discriminant analysis on electrocardiogram achieved classification of cardiac involvement status in amyloid light-chain amyloidosis Journal of Cardiology. 2023.12; 82 (5-6): 349-355. ( 医中誌 )

  11. Iijima Takashi, Sawa Naoki, Oba Yuki, Ikuma Daisuke, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Suwabe Tatsuya, Wake Atsushi, Kono Kei, Ubara Yoshifumi, Ohashi Kenichi. Cardiac and renal AL amyloidosis controlled by autologous stem cell transplantation for 17 years accompanying late onset atrial fibrillation and complete atrioventricular block CEN Case Reports. 2023.11; 12 (4): 362-367. ( 医中誌 )

  12. Katayama Y, Sawa N, Kurihara S, Ikuma D, Oba Y, Sekine A, Yamanouchi M, Hasegawa E, Suwabe T, Wada T, Kono K, Kinowaki K, Ohashi K, Tsuchiya Y, Ubara Y. A Case of Glomerular Microangiopathy-like Nephropathy Caused by Hyperthyroidism. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2023.11; ( PubMed, DOI )

  13. Nakayama Y, Yamanouchi M, Mizuno H, Suwabe T, Sekine A, Ikuma D, Hasegawa E, Oba Y, Kono K, Kinowaki K, Ohashi K, Wada T, Sawa N, Ubara Y. Syphilis-related Membranous Nephropathy in a 35-year-old Woman. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2023.10; ( PubMed, DOI )

  14. Tanabe N, Inoshita N, Ishida A, Kato M, Yoshimoto H, Shiramizu H, Suga H, Tateno T, Ohashi K, Yamada S. Touch imprint cytology is useful for the intraoperative pathological diagnosis of PitNETs' surgical margins. Brain tumor pathology. 2023.10; 40 (4): 215-221. ( PubMed, DOI )

  15. Takahashi K, Miyake K, Ito J, Shimamura H, Suenaga T, Karasuyama H, Ohashi K. Topical application of a PDE4 inhibitor ameliorates atopic dermatitis through inhibition of basophil IL-4 production. The Journal of investigative dermatology. 2023.10; ( PubMed, DOI )

  16. Suenaga Atsuhiko, Sawa Naoki, Ikuma Daisuke, Oba Yuki, Sekine Akinari, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Mizuno Hiroki, Suwabe Tatsuya, Kono Kei, Shintani-Domoto Yukako, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Suzuki Yoshiyuki, Miyazono Motoaki, Takemura Tamiko, Yamaguchi Yutaka, Ubara Yoshifumi. Immunoglobulin G4-related Tubulointerstitial Nephritis with Simultaneous Resolution of Plasma Cell Infiltration and Fibrosis after Steroid Treatment Internal Medicine. 2023.09; 62 (18): 2699-2706. ( 医中誌 )

  17. Suenaga A, Sawa N, Miki K, Yokoyama T, Ishii Y, Mizuno H, Ikuma D, Oba Y, Sekine A, Yamanouchi M, Hasegawa E, Suwabe T, Kono K, Kinowaki K, Ohashi K, Honda K, Miyazono M, Nakamura Y, Ubara Y. Antiphospholipid Syndrome Nephropathy with Acute Thrombotic Microangiopathy after Renal Transplantation. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2023.09; 62 (18): 2707-2713. ( PubMed, DOI )

  18. Suenaga A, Sawa N, Oba Y, Ikuma D, Sekine A, Hasegawa E, Mizuno H, Suwabe T, Ikeda S, Tsujimoto T, Kono K, Shintani-Domoto Y, Kinowaki K, Ohashi K, Miyazono M, Yamaguchi Y, Ubara Y. Dipeptidyl peptidase-4 inhibitor-related renal disease. Journal of diabetes and its complications. 2023.09; 37 (10): 108590. ( PubMed, DOI )

  19. Nakayama Yuki, Mizuno Hiroki, Sawa Naoki, Suwabe Tatsuya, Yamanouchi Masayuki, Ikuma Daisuke, Hasegawa Eiko, Hoshino Junichi, Sekine Akinari, Oba Yuki, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Suzuki Kodai, Sato Yasuharu, Shimizu Akira, Yamaguchi Yutaka, Ubara Yoshifumi. Adolescent-onset TAFRO Syndrome with Malignant Nephrosclerosis-like Lesions Internal Medicine. 2023.08; 62 (15): 2223-2229. ( 医中誌 )

  20. Tanimizu Hikaru, Hara Risa, Sekine Akinari, Inoue Noriko, Hasegawa Eiko, Tanaka Kiho, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Okubo Minoru, Yamaguchi Yutaka, Kang Dedong, Honda Kazuho, Saito Takao, Sawa Naoki, Ubara Yoshifumi, Hoshino Junichi. Apolipoprotein E-associated Lipoprotein Glomerulo-tubulopathy Internal Medicine. 2023.08; 62 (15): 2209-2214. ( 医中誌 )

  21. Watabe S, Aruga Y, Kato R, Kawade G, Kubo Y, Tatsuzawa A, Onishi I, Kinowaki Y, Ishibashi S, Ikeda M, Fukawa Y, Akahoshi K, Tanabe M, Kurata M, Ohashi K, Kitagawa M, Yamamoto K. Regulation of 4-HNE via SMARCA4 Is Associated with Worse Clinical Outcomes in Hepatocellular Carcinoma. Biomedicines. 2023.08; 11 (8): ( PubMed, DOI )

  22. Suzuki Y, Nomura K, Kikuchi D, Iizuka T, Koseki M, Kawai Y, Okamura T, Ochiai Y, Hayasaka J, Mitsunaga Y, Odagiri H, Yamashita S, Matsui A, Ohashi K, Hoteya S. Diagnostic Performance of Endoscopic Ultrasonography with Water-Filled Balloon Method for Superficial Esophageal Squamous Cell Carcinoma. Digestive diseases and sciences. 2023.08; 68 (10): 3974-3984. ( PubMed, DOI )

  23. Suzuki Yugo, Ohkura Yu, Koseki Mako, Nomura Kosuke, Matsui Akira, Ueno Masaki, Kikuchi Daisuke, Ohashi Kenichi, Hoteya Shu. Clinical predictors of special type of esophageal cancer Esophagus. 2023.07; 20 (3): 484-491. ( 医中誌 )

  24. Soma T, Yoshida S, Wakejima R, Taguchi T, Fukuda S, Tanaka H, Yokoyama M, Ohashi K, Okubo K, Fujii Y. A case of repeat oligoprogressive castration-resistant prostate cancer treated with pulmonary metastasectomy. IJU case reports. 2023.07; 6 (4): 216-218. ( PubMed, DOI )

  25. Yoshimura Yusuke, Watanabe Shun, Yamanouchi Masayuki, Ikuma Daisuke, Mizuno Hiroki, Sekine Akinari, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi, Sawa Naoki. Tocilizumab Attenuates Anti-neutrophil Cytoplasmic Antibody-associated Nephritis Occurring during Abatacept and Adalimumab Therapy for Rheumatoid Arthritis Internal Medicine. 2023.07; 62 (14): 2099-2102. ( 医中誌 )

  26. Oba Y, Mizuno H, Taneda S, Sawai T, Oda T, Ikuma D, Yamanouchi M, Suwabe T, Kono K, Kinowaki K, Ohashi K, Sawa N, Ubara Y. Anti-factor H antibody-positive C3 glomerulonephritis secondary to poststreptococcal acute glomerulonephritis with diabetic nephropathy. CEN case reports. 2023.07; ( PubMed, DOI )

  27. Iijima T, Sawa N, Wake A, Kono K, Kinowaki K, Ubara Y, Ohashi K. Linear discriminant analysis on electrocardiogram achieved classification of cardiac involvement status in amyloid light-chain amyloidosis. Journal of cardiology. 2023.06; 82 (5): 349-355. ( PubMed, DOI )

  28. Sugimoto Hisashi, Sawa Naoki, Yamagiwa Hajime, Kawada Masahiro, Ikuma Daisuke, Oba Yuki, Mizuno Hiroki, Sekine Akinari, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Nishida Aya, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Yamaguchi Yutaka, Ubara Yoshifumi. Focal Segmental Glomerulosclerosis Associated with Essential Thrombocythemia Internal Medicine. 2023.06; 62 (12): 1789-1794. ( 医中誌 )

  29. Kato Y, Ito T, Yamamoto K, Furukawa A, Shintaku H, Yamamoto K, Sakai M, Tomita Y, Chino Y, Uchida K, Kawada K, Ohashi K. Invasive features of superficial oesophageal squamous cell carcinoma-analysis of risk factors for lymph node metastasis. Virchows Archiv : an international journal of pathology. 2023.06; 483 (5): 645-653. ( PubMed, DOI )

  30. Sugawara S, Tanaka K, Imamura F, Yamamoto N, Nishio M, Okishio K, Hirashima T, Tanaka H, Fukuhara T, Nakahara Y, Kurata T, Katakami N, Okada M, Horinouchi H, Udagawa H, Kasahara K, Satouchi M, Saka H, Tokito T, Hosomi Y, Aoe K, Kishi K, Ohashi K, Yokoyama T, Adachi N, Noguchi K, Schwarzenberger P, Kato T. Pembrolizumab plus chemotherapy in Japanese patients with metastatic squamous non-small-cell lung cancer in KEYNOTE-407. Cancer science. 2023.05; 114 (8): 3330-3341. ( PubMed, DOI )

  31. Shintaku H, Gokita K, Oshima T, Suzuki K, Fujii K, Sugaya N, Tomii S, Onishi I, Shimada K, Ohashi K. Pancreatic hamartoma: Possibility of a preoperative diagnosis via endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration biopsy. Diagnostic cytopathology. 2023.05; 51 (9): E267-E272. ( PubMed, DOI )

  32. Sawamura Masato, Sawa Naoki, Ikuma Daisuke, Oba Yuki, Yamanouchi Masayuki, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. Successful Discontinuation of Glucocorticoid Treatment after Administration of a Calcineurin Inhibitor for Nephrotic Syndrome in a Patient with Lupus Nephritis Internal Medicine. 2023.04; 62 (7): 1037-1041. ( 医中誌 )

  33. Hara Risa, Hasegawa Eiko, Inoue Noriko, Sekine Akinari, Tanaka Kiho, Ikuma Daisuke, Mizuno Hiroki, Oba Yuki, Yamanouchi Masayuki, Suwabe Tatsuya, Sawa Naoki, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi, Hoshino Junichi. Crescentic Glomerulonephritis with Fibrinoid Vasculitis after Administration of Influenza Vaccine Internal Medicine. 2023.04; 62 (7): 1077-1080. ( 医中誌 )

  34. Morimoto N, Mori T, Shioji S, Taguchi T, Watanabe H, Sakai K, Mori K, Yamamura A, Hanioka A, Akagi Y, Fujiki T, Mandai S, Mori Y, Ando F, Susa K, Iimori S, Naito S, Sohara E, Ohashi K, Uchida S. Rapidly progressive IgA nephropathy with membranoproliferative glomerulonephritis-like lesions in an elderly man following the third dose of an mRNA COVID-19 vaccine: a case report. BMC nephrology. 2023.04; 24 (1): 108. ( PubMed, DOI )

  35. Suzuki Y, Ohkura Y, Koseki M, Nomura K, Matsui A, Ueno M, Kikuchi D, Ohashi K, Hoteya S. Clinical predictors of special type of esophageal cancer. Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society. 2023.04; 20 (3): 484-491. ( PubMed, DOI )

  36. Okubo N, Suwabe T, Oba Y, Ikuma D, Mizuno H, Sekine A, Hasegawa E, Yamanouchi M, Hoshino J, Kitajima I, Shiba M, Uruga K, Takeshi F, Ohashi K, Sawa N, Ubara Y. A Half-Century Dialysis Survivor: Clinical and Autopsy Findings. Kidney medicine. 2023.04; 5 (4): 100612. ( PubMed, DOI )

  37. Suenaga Atsuhiko, Sawa Naoki, Oshima Yoichi, Ikuma Daisuke, Oba Yuki, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Mizuno Hiroki, Sekine Akinari, Suwabe Tatsuya, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Takemura Tamiko, Yamaguchi Yutaka, Miyazono Motoaki, Atsumi Tatsuya, Ubara Yoshifumi. Antiphospholipid Syndrome Nephropathy Related Disease Diagnosed by Assessing Phosphatidylserine-dependent Antiprothrombin Antibodies. Intern Med. 2023.03; 62 (5): 757-761. ( PubMed, DOI )

  38. Yamashita M, Kuroha M, Kinowawki Y, Kashiwagi N, Watanabe K, Nagase M, Niizato D, Mitsuiki N, Isoda T, Kamiya T, Arisaka A, Inaji M, Ohashi K, Imai K, Kanegane H, Morio T, Takagi M. A SAMD5-SASH1 fusion in solitary infantile myofibromatosis. Pediatric blood & cancer. 2023.03; 70 (6): e30278. ( PubMed, DOI )

  39. Miyake N, Tsurusaki Y, Fukai R, Kushima I, Okamoto N, Ohashi K, Nakamura K, Hashimoto R, Hiraki Y, Son S, Kato M, Sakai Y, Osaka H, Deguchi K, Matsuishi T, Takeshita S, Fattal-Valevski A, Ekhilevitch N, Tohyama J, Yap P, Keng WT, Kobayashi H, Takubo K, Okada T, Saitoh S, Yasuda Y, Murai T, Nakamura K, Ohga S, Matsumoto A, Inoue K, Saikusa T, Hershkovitz T, Kobayashi Y, Morikawa M, Ito A, Hara T, Uno Y, Seiwa C, Ishizuka K, Shirahata E, Fujita A, Koshimizu E, Miyatake S, Takata A, Mizuguchi T, Ozaki N, Matsumoto N. Molecular diagnosis of 405 individuals with autism spectrum disorder. European journal of human genetics : EJHG. 2023.03; ( PubMed, DOI )

  40. Suenaga A, Sawa N, Ikuma D, Oba Y, Sekine A, Yamanouchi M, Hasegawa E, Mizuno H, Suwabe T, Kono K, Shintani-Domoto Y, Kinowaki K, Ohashi K, Suzuki Y, Miyazono M, Takemura T, Yamaguchi Y, Ubara Y. A Case of Immunoglobulin G4-related Tubulointerstitial Nephritis with Simultaneous Resolution of Plasma Cell Infiltration and Fibrosis after Steroid Treatment. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2023.02; 62 (18): 2699-2706. ( PubMed, DOI )

  41. Suzuki Yugo, Nomura Kosuke, Matsui Akira, Kikuchi Daisuke, Ohashi Kenichi, Hoteya Shu. Long-term outcomes of endoscopic submucosal dissection for special type of esophageal cancer. DIGESTIVE DISEASES. 2023.02; 41 (4): 533-542. ( PubMed, DOI )

  42. Suzuki Y, Ochiai Y, Hosoi A, Okamura T, Hayasaka J, Mitsunaga Y, Tanaka M, Odagiri H, Nomura K, Yamashita S, Matsui A, Kikuchi D, Ohashi K, Hoteya S. Mucosal and Submucosal Thickening of Esophageal Wall Is a Promising Factor in the Development of Symptoms in Eosinophilic Esophagitis. Gut and liver. 2023.02; 18 (1): 50-59. ( PubMed, DOI )

  43. Sawamura Masato, Sawa Naoki, Oshima Yoichi, Ikuma Daisuke, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. A case of malignant nephrosclerosis occurring with serum renin in the normal range. CEN Case Rep. 2023.02; 12 (1): 116-121. ( PubMed, DOI )

  44. Naiki Hironobu, Yamaguchi Aina, Sekijima Yoshiki, Ueda Mitsuharu, Ohashi Kenichi, Hatakeyama Kinta, Ikeda Yoshihiko, Hoshii Yoshinobu, Shintani-Domoto Yukako, Miyagawa-Hayashino Aya, Tsujikawa Hanako, Endo Jin, Arai Tomio, Ando Yukio. Steep increase in the number of transthyretin-positive cardiac biopsy cases in Japan: evidence obtained by the nation-wide pathology consultation for the typing diagnosis of amyloidosis. Amyloid. 2023.02; 30 (3): 1-6. ( PubMed, DOI )

  45. Nakayama Yuki, Sawa Naoki, Suwabe Tatsuya, Yamanouchi Masayuki, Ikuma Daisuke, Mizuno Hiroki, Hasegawa Eiko, Hoshino Junichi, Sekine Akinari, Oba Yuki, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Yamaguchi Yutaka, Nozu Kandai, Ubara Yoshifumi. Kidney Histology Findings in a Patient with Autosomal Dominant Tubulointerstitial Kidney Disease Subtype Hepatocyte Nuclear Factor 1β. Intern Med. 2023.02; 62 (3): 419-422. ( PubMed, DOI )

  46. Sawamura Masato, Sawa Naoki, Oshima Yoichi, Ikuma Daisuke, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. A case of malignant nephrosclerosis occurring with serum renin in the normal range CEN Case Reports. 2023.02; 12 (1): 116-121. ( 医中誌 )

  47. Hata C, Fukawa Y, Motoi T, Kinowaki Y, Akashi T, Ohashi K, Ishikawa Y, Waseda Y, Fujii Y, Kakuta R, Ikeda S, Onishi I. A Primary Kidney Giant Cell Tumor of Soft Tissue Caused Peritoneal Dissemination, Considered to Be Malignant Transformation: A Case Report. Diagnostics (Basel, Switzerland). 2023.02; 13 (4): ( PubMed, DOI )

  48. Iijima T, Sawa N, Oba Y, Ikuma D, Mizuno H, Yamanouchi M, Suwabe T, Wake A, Kono K, Ubara Y, Ohashi K. Cardiac and renal AL amyloidosis controlled by autologous stem cell transplantation for 17 years accompanying late onset atrial fibrillation and complete atrioventricular block. CEN case reports. 2023.02; 12 (4): 362-367. ( PubMed, DOI )

  49. Fukuda Makoto, Sawa Naoki, Ikuma Daisuke, Oba Yuki, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Sekine Akinari, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Tamaki Hiromichi, Miyazono Motoaki, Ubara Yoshifumi. Endothelial Damage-dominant Nephritis Related to IgA Vasculitis after 11 Years' Use of Infliximab for Rheumatoid Arthritis. Intern Med. 2023.01; 62 (1): 81-85. ( PubMed, DOI )

  50. Unuma K, Tomomasa D, Noma K, Yamamoto K, Matsuyama TA, Makino Y, Hijikata A, Wen S, Ogata T, Okamoto N, Okada S, Ohashi K, Uemura K, Kanegane H. Case Report: Molecular autopsy underlie COVID-19-associated sudden, unexplained child mortality. Frontiers in immunology. 2023; 14 1121059. ( PubMed, DOI )

  51. Sawamura M, Sawa N, Mizuno H, Oba Y, Ikuma D, Sekine A, Yamanouchi M, Hasegawa E, Suwabe T, Suzuki M, Kono K, Kinowaki K, Ohashi K, Ehara T, Ikeda Y, Sawai T, Ubara Y. Immunoelectron microscopy findings in a patient with C3 glomerulonephritis. Clinical nephrology. Case studies. 2023; 11 87-94. ( PubMed, DOI )

  52. Tanimizu H, Hara R, Sekine A, Inoue N, Hasegawa E, Tanaka K, Kono K, Kinowaki K, Ohashi K, Okubo M, Yamaguchi Y, Kang D, Honda K, Saito T, Sawa N, Ubara Y, Hoshino J. Apolipoprotein E-associated Lipoprotein Glomerulo-tubulopathy. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2023; 62 (15): 2209-2214. ( PubMed, DOI )

  53. Yoshimura Y, Ikuma D, Mizuno H, Kono K, Kinowaki K, Sugimoto H, Kamido H, Sawada Y, Mizuta M, Kurihara S, Oba Y, Yamanouchi M, Suwabe T, Ohashi K, Ubara Y, Sawa N. Efficacy of SGLT2 inhibitors in IgA nephropathy associated with alcoholic liver cirrhosis accompanied by nephrotic syndrome: a case report. Frontiers in nephrology. 2023; 3 1331757. ( PubMed, DOI )

  54. Yoshimura Yusuke, Sawa Naoki, Matsuoka Shusaku, Ikuma Daisuke, Oba Yuki, Sekine Akinari, Hasegawa Eiko, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Toda Shigeo, Matoba Shuichiro, Wakui Hideki, Ubara Yoshifumi. Glomerular Microangiopathy with Cellular Crescent-like Formation and Endotheliopathy Due to Ramucirumab Treatment for Metastatic Sigmoid Colon Cancer. Intern Med. 2022.12; 61 (23): 3547-3552. ( PubMed, DOI )

  55. Okubo Naoto, Miki Katsuyuki, Yamanouchi Masayuki, Ikuma Daisuke, Mizuno Hiroki, Oba Yuki, Sekine Akinari, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Yokoyama Takayoshi, Ishii Yasuo, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Yamaguchi Yutaka, Sawa Naoki, Nakamura Yuki, Ubara Yoshifumi. Kidney Transplantation From a Diabetic Donor to a Nondiabetic Recipient: A Case Report. Transplant Proc. 2022.12; 54 (10): 2748-2753. ( PubMed, DOI )

  56. Miyauchi Minami, Akashi Takumi, Furukawa Asuka, Uchida Keisuke, Tamura Tomoki, Ando Noboru, Kirimura Susumu, Shintaku Hiroshi, Yamamoto Kurara, Ito Takashi, Miura Keiko, Kayamori Kou, Ariizumi Yosuke, Asakage Takahiro, Kudo Atsushi, Tanabe Minoru, Fujii Yasuhisa, Ishibashi Hironori, Okubo Kenichi, Murakami Masanori, Yamada Tetsuya, Takemoto Akira, Bae Yuan, Eishi Yoshinobu, Ohashi Kenichi. PHOX2B is a Sensitive and Specific Marker for the Histopathological Diagnosis of Pheochromocytoma and Paraganglioma. Endocr Pathol. 2022.12; 33 (4): 506-518. ( PubMed, DOI )

  57. Nakayama Yuki, Mizuno Hiroki, Sawa Naoki, Suwabe Tatsuya, Yamanouchi Masayuki, Ikuma Daisuke, Hasegawa Eiko, Hoshino Junichi, Sekine Akinari, Oba Yuki, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Suzuki Kodai, Sato Yasuharu, Shimizu Akira, Yamaguchi Yutaka, Ubara Yoshifumi. A Case of Adolescent-onset TAFRO Syndrome with Malignant Nephrosclerosis-like Lesions. Intern Med. 2022.12; 62 (15): 2223-2229. ( PubMed, DOI )

  58. Yoshimura Yusuke, Sawa Naoki, Matsuoka Shusaku, Ikuma Daisuke, Oba Yuki, Sekine Akinari, Hasegawa Eiko, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Toda Shigeo, Matoba Shuichiro, Wakui Hideki, Ubara Yoshifumi. 転移性S状結腸癌に対するラムシルマブ治療による細胞性半月体様形成および内皮障害を伴う糸球体微小血管障害(Glomerular Microangiopathy with Cellular Crescent-like Formation and Endotheliopathy Due to Ramucirumab Treatment for Metastatic Sigmoid Colon Cancer) Internal Medicine. 2022.12; 61 (23): 3547-3552. ( 医中誌 )

  59. Yoshimura Yusuke, Watanabe Shun, Yamanouchi Masayuki, Ikuma Daisuke, Mizuno Hiroki, Sekine Akinari, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi, Sawa Naoki. Tocilizumab Attenuates Anti-neutrophil Cytoplasmic Antibody-associated Nephritis Occurring During Abatacept and Adalimumab Therapy for Rheumatoid Arthritis: A Case Report. Intern Med. 2022.11; 62 (14): 2099-2102. ( PubMed, DOI )

  60. Nakashima Saki, Sekine Akinari, Sawa Naoki, Kawamura Yusuke, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Kawada Masahiro, Hasegawa Eiko, Akuta Norio, Suzuki Yoshiyuki, Ohashi Kenichi, Takaichi Kenmei, Ubara Yoshifumi, Hoshino Junichi. Thrombotic Microangiopathy, Podocytopathy, and Damage to the Renal Tubules with Severe Proteinuria and Acute Renal Dysfunction Induced by Lenvatinib. Intern Med. 2022.10; 61 (20): 3083-3088. ( PubMed, DOI )

  61. Shinohara Hajime, Kobayashi Maki, Hayashi Kumiko, Nogawa Daichi, Asakawa Ayaka, Ohata Yae, Kubota Kazuishi, Takahashi Hisashi, Yamada Miyuki, Tokunaga Masanori, Kinugasa Yusuke, Oda Goshi, Nakagawa Tsuyoshi, Onishi Iichiroh, Kinowaki Yuko, Kurata Morito, Ohashi Kenichi, Kitagawa Masanobu, Yamamoto Kouhei. Spatial and Quantitative Analysis of Tumor-Associated Macrophages: Intratumoral CD163-/PD-L1+ TAMs as a Marker of Favorable Clinical Outcomes in Triple-Negative Breast Cancer. Int J Mol Sci. 2022.10; 23 (21): ( PubMed, DOI )

  62. Sugimoto Hisashi, Sawa Naoki, Yamagiwa Hajime, Kawada Masahiro, Ikuma Daisuke, Oba Yuki, Mizuno Hiroki, Sekine Akinari, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Nishida Aya, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Yamaguchi Yutaka, Ubara Yoshifumi. A Case of Focal Segmental Glomerulosclerosis Associated With Essential Thrombocythemia. Intern Med. 2022.10; 62 (12): 1789-1794. ( PubMed, DOI )

  63. Kurihara Shigekazu, Sawa Naoki, Inui Keita, Ikuma Daisuke, Oba Yuki, Mizuno Hiroki, Sekine Akinari, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Tomita Shigeki, Okubo Tadanobu, Ubara Yoshifumi. Onion Skin Lesion of the Renal Small Artery in a Patient With Polymyositis and Hemolytic Uremic Syndrome. Kidney Med. 2022.10; 4 (10): 100539. ( PubMed, DOI )

  64. Iijima Takashi, Sawa Naoki, Nakayama Yuki, Oba Yuki, Ikuma Daisuke, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Suwabe Tatsuya, Wake Atsushi, Kono Kei, Hoshino Junichi, Ubara Yoshifumi, Ohashi Kenichi. Vincristine, Doxorubicin, and Dexamethasone Induction before Autologous Stem Cell Transplantation in Patients with AL Amyloidosis: A Retrospective Comparison with Frontline Stem Cell Transplantation. Intern Med. 2022.10; 61 (19): 2853-2860. ( PubMed, DOI )

  65. Nakashima Saki, Sekine Akinari, Sawa Naoki, Kawamura Yusuke, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Kawada Masahiro, Hasegawa Eiko, Akuta Norio, Suzuki Yoshiyuki, Ohashi Kenichi, Takaichi Kenmei, Ubara Yoshifumi, Hoshino Junichi. レンバチニブによって誘発された重度蛋白尿と急性腎機能障害を伴う血栓性微小血管症、ポドサイトパチー、腎尿細管障害(Thrombotic Microangiopathy, Podocytopathy, and Damage to the Renal Tubules with Severe Proteinuria and Acute Renal Dysfunction Induced by Lenvatinib) Internal Medicine. 2022.10; 61 (20): 3083-3088. ( 医中誌 )

  66. Suzuki Minami, Sekiguchi Yuta, Sasaki Masato, Inaba Shunsuke, Oyama Sakino, Inoue Yuichi, Warabi Masahiro, Ohashi Kenichi, Inoshita Seiji. ファイザー社/BioNTech社製のCOVID-19ワクチン接種後に認められた抗好中球細胞質抗体関連血管炎(Antineutrophil Cytoplasmic Antibody-associated Vasculitis after COVID-19 Vaccination with Pfizer-BioNTech) Internal Medicine. 2022.10; 61 (19): 2925-2929. ( 医中誌 )

  67. Iijima Takashi, Sawa Naoki, Nakayama Yuki, Oba Yuki, Ikuma Daisuke, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Suwabe Tatsuya, Wake Atsushi, Kono Kei, Hoshino Junichi, Ubara Yoshifumi, Ohashi Kenichi. ALアミロイドーシス患者における自家幹細胞移植前のビンクリスチン、ドキソルビシン、デキサメタゾン導入 フロントラインでの幹細胞移植との後ろ向き比較(Vincristine, Doxorubicin, and Dexamethasone Induction before Autologous Stem Cell Transplantation in Patients with AL Amyloidosis: A Retrospective Comparison with Frontline Stem Cell Transplantation) Internal Medicine. 2022.10; 61 (19): 2853-2860. ( 医中誌 )

  68. Hara Risa, Hasegawa Eiko, Inoue Noriko, Sekine Akinari, Tanaka Kiho, Ikuma Daisuke, Mizuno Hiroki, Oba Yuki, Yamanouchi Masayuki, Suwabe Tatsuya, Sawa Naoki, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi, Hoshino Junichi. Crescentic Glomerulonephritis with Fibrinoid Vasculitis after Administration of Influenza Vaccine: A Case Report. Intern Med. 2022.09; 62 (7): 1077-1080. ( PubMed, DOI )

  69. Sawamura Masato, Sawa Naoki, Ikuma Daisuke, Oba Yuki, Yamanouchi Masayuki, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. Successful Discontinuation of Glucocorticoid Treatment after Administration of a Calcineurin Inhibitor for Nephrotic Syndrome in a Patient With Lupus Nephritis: A Case Report. Intern Med. 2022.09; 62 (7): 1037-1041. ( PubMed, DOI )

  70. Ito Takashi, Eishi Yoshinobu, Kobayashi Daisuke, Akashi Takumi, Koike Morio, Ohashi Kenichi. A risk stratification for nodal metastasis in T1 colorectal cancer after successful therapeutic endoscopy. Gastrointest Endosc. 2022.07; 96 (1): 131-134. ( PubMed, DOI )

  71. Kataoka Toshiaki, Okudela Koji, Matsumura Mai, Baba Tomohisa, Kitamura Hideya, Arai Hiromasa, Suzuki Takeshisa, Koike Chihiro, Mutsui Hideaki, Sekiya Motoki, Sugiyama Misaki, Takemura Tamiko, Iwasawa Tae, Ogura Takashi, Ohashi Kenichi. Significant accumulation of KRAS mutations in bronchiolar metaplasia-associated honeycomb lesions of interstitial pneumonia. Oncol Lett. 2022.07; 24 (1): 225. ( PubMed, DOI )

  72. Yoshimura Yusuke, Suwabe Tatsuya, Ikuma Daisuke, Oba Yuki, Yamanouchi Masayuki, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Hasegawa Eiko, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Sawa Naoki, Ubara Yoshifumi. Renal Cell Carcinoma-Associated Diabetes Mellitus Due to Paraneoplastic Syndrome in Maintenance Hemodialysis: A Case Report. Kidney Med. 2022.06; 4 (6): 100477. ( PubMed, DOI )

  73. Haruhara Kotaro, Suzuki Toru, Wakui Hiromichi, Azushima Kengo, Kurotaki Daisuke, Kawase Wataru, Uneda Kazushi, Kobayashi Ryu, Ohki Kohji, Kinguchi Sho, Yamaji Takahiro, Kato Ikuma, Ohashi Kenichi, Yamashita Akio, Tamura Tomohiko, Tsuboi Nobuo, Yokoo Takashi, Tamura Kouichi. Deficiency of the kidney tubular angiotensin II type1 receptor-associated protein ATRAP exacerbates streptozotocin-induced diabetic glomerular injury via reducing protective macrophage polarization. Kidney Int. 2022.05; 101 (5): 912-928. ( PubMed, DOI )

  74. Sawamura Masato, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Ikuma Daisuke, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Kawada Masahiro, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Yamaguchi Yutaka, Ubara Yoshifumi. Use of biologic agents and methotrexate improves renal manifestation and outcome in patients with rheumatoid arthritis: a retrospective analysis. Clin Exp Nephrol. 2022.04; 26 (4): 341-349. ( PubMed, DOI )

  75. Suzuki Tomo, Katsuki Naomi, Tsutsumi Ryota, Uchida Keisuke, Ohashi Kenichi, Eishi Yoshinobu, Kinoshita Shigeru. Reconsidering the pathogenesis of chalazion. Ocul Surf. 2022.04; 24 31-33. ( PubMed, DOI )

  76. Izumi H, Uehara S, Matsuoka Y, Yamamoto K, Nakamura Y, Uchida Y, Fukuda S, Tanaka H, Yoshida S, Yokoyama M, Ohashi K, Fujii Y. Cribriform cancer is equally visible to non-cribriform cancer on multiparametric MRI: An analysis using texture features EUROPEAN UROLOGY. 2022.02; 81 S703-S704.

  77. Uehara S, Matsuoka Y, Yamamoto K, Nakamura Y, Uchida Y, Fukuda S, Tanaka H, Yoshida S, Yokoyama M, Ohashi K, Fujii Y. MRI and MRI-targeted biopsy can detect cribriform cancer of the prostate EUROPEAN UROLOGY. 2022.02; 81 S917-S918.

  78. Hatano Masaki, Kitajima Izuru, Nakamura Masaki, Isawa Kazuya, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Sawa Naoki, Yamamoto Seizo, Ubara Yoshifumi. Long-term use of glucocorticoid exacerbates bone lesions in postmenopausal women with rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol Case Rep. 2022.01; 6 (1): 14-18. ( PubMed, DOI )

  79. Sawazumi Tomoe, Baba Tomohisa, Iwasawa Tae, Arai Hiromasa, Matsumura Mai, Takemura Tamiko, Sugiyama Misaki, Sekiya Motoki, Saigusa Yusuke, Ogura Takashi, Inayama Yoshiaki, Ohashi Kenichi, Okudela Koji. Prognostic impact of HNF4α expression in interstitial lung disease. Pathol Int. 2022.01; 72 (1): 25-34. ( PubMed, DOI )

  80. Suzuki Minami, Sekiguchi Yuta, Sasaki Masato, Inaba Shunsuke, Oyama Sakino, Inoue Yuichi, Warabi Masahiro, Ohashi Kenichi, Inoshita Seiji. Antineutrophil Cytoplasmic Antibody-associated Vasculitis after COVID-19 Vaccination with Pfizer-BioNTech. Intern Med. 2022; 61 (19): 2925-2929. ( PubMed, DOI )

  81. Kobayashi Daisuke, Uchida Keisuke, Furukawa Asuka, Ito Takashi, Maruta Luis Masuo, Seidler Heinrich Bender Kohnert, Felipe-Silva Aloisio, Sekine Masaki, Ando Noboru, Toyama Yuka, Chino Yusuke, Miura Keiko, Yamamoto Kurara, Akashi Takumi, Eishi Yoshinobu, Ohashi Kenichi. Immunohistochemical Differentiation between Western and East Asian Types of CagA-Positive Helicobacter pylori in Gastric Biopsy Samples. Can J Gastroenterol Hepatol. 2022; 2022 1371089. ( PubMed, DOI )

  82. Okudela Koji, Suzuki Takehisa, Kataoka Toshiaki, Matsumura Mai, Koike Chihiro, Baba Tomohisa, Arai Hiromasa, Iwasawa Tae, Sugiyama Misaki, Sekiya Motoki, Mitsui Hideaki, Kitamura Hideya, Takemura Tamiko, Ogura Takashi, Ohashi Kenichi. Implications of thyroid transcription factor-1 gene methylation in carcinogenesis of interstitial pneumonia-related non-terminal respiratory unit lung adenocarcinoma. Int J Clin Exp Pathol. 2022; 15 (3): 120-130. ( PubMed )

  83. Watanabe Shun, Sawa Naoki, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Yamaguchi Yutaka, Ubara Yoshifumi. 2型糖尿病患者においてナトリウム・グルコース輸送蛋白2阻害剤投与後に生じた近位尿細管上皮細胞の浸透圧性空胞変性 3症例報告(Development of osmotic vacuolization of proximal tubular epithelial cells following treatment with sodium-glucose transport protein 2 inhibitors in type II diabetes mellitus patients-3 case reports) CEN Case Reports. 2021.11; 10 (4): 563-569. ( 医中誌 )

  84. Uchida K, Furukawa A, Yoneyama A, Furusawa H, Kobayashi D, Ito T, Yamamoto K, Sekine M, Miura K, Akashi T, Eishi Y, Ohashi K. Propionibacterium acnes-Derived Circulating Immune Complexes in Sarcoidosis Patients. Microorganisms. 2021.10; 9 (11): ( PubMed, DOI )

  85. Sasaki Keigo, Ito Shuichi, Uchimura Toru, Inaba Aya, Ohashi Kenichi, Matsumura Mai, Otani Masako, Hanakawa Junko, Muroya Koji. membranous nephropathy in a boy with pompe disease undergoing enzyme replacement therapy pediatric nephrology. 2021.09; 36 (9): 2919-2920.

  86. Hazue R, Ueno T, Nozaki H, Kinowaki K, Ohashi K, Hoshino J, Sawa N, Ubara Y. Syphilis-associated membranous nephropathy successfully treated with amoxicillin. Clinical nephrology. 2021.08; 96 (5): 297-301. ( PubMed, DOI )

  87. Isshiki T, Homma S, Eishi Y, Yabe M, Koyama K, Nishioka Y, Yamaguchi T, Uchida K, Yamamoto K, Ohashi K, Arakawa A, Shibuya K, Sakamoto S, Kishi K. Immunohistochemical Detection of Propionibacterium acnes in Granulomas for Differentiating Sarcoidosis from Other Granulomatous Diseases Utilizing an Automated System with a Commercially Available PAB Antibody. Microorganisms. 2021.08; 9 (8): ( PubMed, DOI )

  88. Sawamura Masato, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Ikuma Daisuke, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Nagashima Yoji, Ubara Yoshifumi. Renal epithelial and stromal tumor with a multiple cystic lesion localized in the upper portion of the right kidney CEN Case Reports. 2021.05; 10 (2): 230-235. ( 医中誌 )

  89. Koga-Kobori Sayako, Sawa Naoki, Kido Ryo, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. Fabry Disease on Peritoneal Dialysis with Cardiac Involvement Internal Medicine. 2021.05; 60 (10): 1561-1565. ( 医中誌 )

  90. Watanabe S, Sawa N, Mizuno H, Yamanouchi M, Suwabe T, Hoshino J, Kinowaki K, Ohashi K, Fujii T, Yamaguchi Y, Ubara Y. Development of osmotic vacuolization of proximal tubular epithelial cells following treatment with sodium-glucose transport protein 2 inhibitors in type II diabetes mellitus patients-3 case reports. CEN case reports. 2021.05; 10 (4): 563-569. ( PubMed, DOI )

  91. Terakawa Kanako, Sawa Naoki, Mizuno Hiroki, Sekine Akinari, Hayami Noriko, Ikuma Daisuke, Kawada Masahiro, Hiramatsu Rikako, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. Renal Squamous Cell Carcinoma-related Polymyositis in a Patient with Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease Internal Medicine. 2021.04; 60 (8): 1237-1242. ( 医中誌 )

  92. Sato K, Matsumura M, Anzai Y, Arai H, Sekiya M, Sugiyama M, Kataoka T, Koike C, Ohashi K, Okudela K. A lung tumor with features of salivary duct carcinoma. Pathology international. 2021.04; 71 (4): 284-286. ( PubMed, DOI )

  93. Mikami T, Maeda C, Aoki F, Iwai T, Yabuki Y, Okabe T, Ohashi K, Maegawa J. A dermoid cyst misdiagnosed as a lipoma due to atypical magnetic resonance images: a case report. Journal of medical case reports. 2021.03; 15 (1): 99. ( PubMed, DOI )

  94. Fukuda M, Mizuno H, Hiramatsu R, Sekine A, Kawada M, Hasegawa E, Yamanouchi M, Suwabe T, Hoshino J, Sawa N, Takaichi K, Kinowaki K, Ohashi K, Fujii T, Miyazono M, Ubara Y. A case of thrombotic microangiopathy associated with polymyositis. Clinical nephrology. 2021.03; ( PubMed, DOI )

  95. Yamaguchi T, Costabel U, McDowell A, Guzman J, Uchida K, Ohashi K, Eishi Y. Immunohistochemical Detection of Potential Microbial Antigens in Granulomas in the Diagnosis of Sarcoidosis. Journal of clinical medicine. 2021.03; 10 (5): ( PubMed, DOI )

  96. Oba Y, Sawa N, Mizuno H, Hoshino J, Kinowaki K, Ohashi K, Morisada N, Iijima K, Yamaguchi Y, Ubara Y. Autosomal Dominant Tubulointerstitial Kidney Disease HNF1B With Maturity-Onset Diabetes of the Young: A Case Report With Kidney Biopsy. Kidney medicine. 2021.03; 3 (2): 278-281. ( PubMed, DOI )

  97. Terakawa K, Sawa N, Mizuno H, Sekine A, Hayami N, Ikuma D, Kawada M, Hiramatsu R, Sumida K, Yamanouchi M, Hasegawa E, Suwabe T, Hoshino J, Kinowaki K, Ohashi K, Fujii T, Ubara Y. Renal Squamous Cell Carcinoma-related Polymyositis in a Patient with Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2021; 60 (8): 1237-1242. ( PubMed, DOI )

  98. Okuda R, Takemura T, Mikami Y, Hagiwara E, Iwasawa T, Baba T, Kitamura H, Komatsu S, Okudela K, Ohashi K, Ogura T. Inhalation challenge test using pigeon eggs for chronic hypersensitivity pneumonitis. Clinical and experimental allergy : journal of the British Society for Allergy and Clinical Immunology. 2020.12; 50 (12): 1381-1390. ( PubMed, DOI )

  99. Matsumoto K, Okamoto K, Okabe S, Fujii R, Ueda K, Ohashi K, Seimiya H. G-quadruplex-forming nucleic acids interact with SF3B2 and suppress innate immune gene expression. Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms. 2020.12; ( PubMed, DOI )

  100. Koga-Kobori S, Sawa N, Kido R, Sekine A, Mizuno H, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Hoshino J, Kinowaki K, Ohashi K, Fujii T, Ubara Y. Fabry Disease on Peritoneal Dialysis with Cardiac Involvement. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2020.12; ( PubMed, DOI )

  101. Koike C, Okudela K, Matsumura M, Mitsui H, Suzuki T, Arai H, Kataoka T, Ishikawa Y, Umeda S, Tateishi Y, Ohashi K. Frequent DYRK2 gene amplification in micropapillary element of lung adenocarcinoma - an implication in progression in EGFR-mutated lung adenocarcinoma. Histology and histopathology. 2020.12; 18294. ( PubMed, DOI )

  102. Shima N, Sawa N, Yamanouchi M, Mizuno H, Kawada M, Sekine A, Hiramatsu R, Hayami N, Hasegawa E, Suwabe T, Hoshino J, Takaichi K, Ohashi K, Fujii T, Ubara Y. Characteristic Renal Histology of a 81-Year-Old Patient with a 30-Year History of Diabetes Mellitus: A Case Report. CEN case reports. 2020.11; 9 (4): 338-343. ( PubMed, DOI )

  103. Toriu N, Sawa N, Imafuku A, Hasegawa E, Sekine A, Mizuno H, Yamanouchi M, Hiramatsu R, Hayami N, Hoshino J, Kawada M, Suwabe T, Ohashi K, Fujii T, Ubara Y. Rapidly progressive glomerulonephritis caused by tegafur/gimeracil/oteracil resulted in diabetes nephropathy, in a patient with minor risk of diabetes nephropathy: a case report. CEN case reports. 2020.11; 9 (4): 347-353. ( PubMed, DOI )

  104. Fukuda M, Sawa N, Hoshino J, Ohashi K, Motoaki M, Ubara Y. Tocilizumab preserves renal function in rheumatoid arthritis with AA amyloidosis and end-stage kidney disease: Two case reports. Clinical nephrology. 2020.11; ( PubMed, DOI )

  105. Toriu Naoya, Sawa Naoki, Imafuku Aya, Hasegawa Eiko, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Kawada Masahiro, Suwabe Tatsuya, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. テガフール・ギメラシル・オテラシル投与による急速進行性糸球体腎炎で低リスクにも関わらず発症した糖尿病性腎症 1症例報告(Rapidly progressive glomerulonephritis caused by tegafur/gimeracil/oteracil resulted in diabetes nephropathy, in a patient with minor risk of diabetes nephropathy: a case report) CEN Case Reports. 2020.11; 9 (4): 347-353. ( 医中誌 )

  106. Shima Natsuki, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Mizuno Hiroki, Kawada Masahiro, Sekine Akinari, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 糖尿病歴30年の81歳の患者で認められた特徴的な腎生検所見 1症例報告(Characteristic Renal Histology of a 81-Year-Old Patient with a 30-Year History of Diabetes Mellitus: A Case Report) CEN Case Reports. 2020.11; 9 (4): 338-343. ( 医中誌 )

  107. Okudela K, Hayashi H, Yoshimura Y, Sasaki H, Horiuchi H, Miyata N, Tachikawa N, Tsuchiya Y, Mitsui H, Ohashi K. A Japanese case of COVID-19: An autopsy report. Pathology international. 2020.10; 70 (10): 820-824. ( PubMed, DOI )

  108. Okudela Koji, Hayashi Hiroyuki, Yoshimura Yukihiro, Sasaki Hiroaki, Horiuchi Hiroshi, Miyata Nobuyuki, Tachikawa Natsuo, Tsuchiya Yuki, Mitsui Hideaki, Ohashi Kenichi. COVID-19の日本人例 剖検報告(A Japanese case of COVID-19: An autopsy report) Pathology International. 2020.10; 70 (10): 820-824. ( 医中誌 )

  109. Okudela K, Woo T, Saigusa Y, Arai H, Matsumura M, Mitsui H, Sugiyama M, Sekiya M, Ishikawa Y, Oshiro H, Kameda Y, Ohashi K. A method to obtain reproducible Ki-67 indices in lung adenocarcinoma. Histopathology. 2020.08; 78 (3): 414-423. ( PubMed, DOI )

  110. Mizuno H, Sawa N, Watanabe S, Ikuma D, Sekine A, Kawada M, Yamanouchi M, Hasegawa E, Suwabe T, Hoshino J, Takaichi K, Kinowaki K, Fujii T, Ohashi K, Nagata M, Yamaguchi Y, Ubara Y. The Clinical and Histopathological Feature of Renal Manifestation of TAFRO Syndrome. Kidney international reports. 2020.08; 5 (8): 1172-1179. ( PubMed, DOI )

  111. Oishi Naoki, Inoue Tomohiro, Odate Toru, Mochizuki Kunio, Ohashi Kenichi, Kirito Keita, Kondo Tetsuo. Composite monoclonal B-cell lymphocytosis and MYD88 L265P-positive lymphoplasmacytic lymphoma in a patient with IgM light chain amyloidosis: Case report(和訳中) Pathology International. 2020.07; 70 (7): 458-462. ( 医中誌 )

  112. Oishi N, Inoue T, Odate T, Mochizuki K, Ohashi K, Kirito K, Kondo T. Composite monoclonal B-cell lymphocytosis and MYD88 L265P-positive lymphoplasmacytic lymphoma in a patient with IgM light chain amyloidosis: Case report. Pathology international. 2020.07; 70 (7): 458-462. ( PubMed, DOI )

  113. Inui K, Sawa N, Suwabe T, Mizuno H, Yamanouchi M, Hiramatsu R, Hayami N, Hoshino J, Kinowaki K, Fujii T, Ohashi K, Ubara Y. Long term administration of tocilizumab improves renal amyloid A (AA) amyloidosis deposition in Familial Mediterranean fever. Modern rheumatology case reports. 2020.07; 4 (2): 310-311. ( PubMed, DOI )

  114. Hayami N, Ubara Y, Okaneya T, Fujii T, Nagashima Y, Ohashi K. Outcome of renal cell carcinoma in patients on dialysis compared to non-dialysis patients. Seminars in dialysis. 2020.07; 33 (4): 316-321. ( PubMed, DOI )

  115. Aiko N, Yamakawa H, Iwasawa T, Takemura T, Okudela K, Kitamura H, Hagiwara E, Ikeda S, Baba T, Iso S, Yamaguchi Y, Kondo Y, Kurabayashi T, Ohashi K, Sato S, Ogura T. Clinical, radiological, and pathological features of anti-asparaginyl tRNA synthetase antibody-related interstitial lung disease. Respiratory investigation. 2020.05; 58 (3): 196-203. ( PubMed, DOI )

  116. Aiko Naoto, Yamakawa Hideaki, Iwasawa Tae, Takemura Tamiko, Okudela Koji, Kitamura Hideya, Hagiwara Eri, Ikeda Satoshi, Baba Tomohisa, Iso Shinichiro, Yamaguchi Yukie, Kondo Yasushi, Kurabayashi Takayoshi, Ohashi Kenichi, Sato Shinji, Ogura Takashi. 抗アスパラギニルtRNA合成酵素抗体関連間質性肺疾患の臨床的、放射線学的、病理学的特徴(Clinical, radiological, and pathological features of anti-asparaginyl tRNA synthetase antibody-related interstitial lung disease) Respiratory Investigation. 2020.05; 58 (3): 196-203. ( 医中誌 )

  117. Kawamura K, Kanda J, Ohashi K, Fukuda T, Iwato K, Eto T, Fujiwara SI, Mori T, Fukushima K, Ozawa Y, Uchida N, Ashida T, Ichinohe T, Atsuta Y, Kanda Y. Influence of HLA 1-3-locus mismatch and antithymocyte globulin administration in unrelated bone marrow transplantation. Annals of hematology. 2020.05; 99 (5): 1099-1110. ( PubMed, DOI )

  118. Naiki Hironobu, Sekijima Yoshiki, Ueda Mitsuharu, Ohashi Kenichi, Hoshii Yoshinobu, Shimoda Masayuki, Ando Yukio. Human amyloidosis, still intractable but becoming curable: The essential role of pathological diagnosis in the selection of type-specific therapeutics(和訳中) Pathology International. 2020.04; 70 (4): 191-198. ( 医中誌 )

  119. Naiki H, Sekijima Y, Ueda M, Ohashi K, Hoshii Y, Shimoda M, Ando Y. Human amyloidosis, still intractable but becoming curable: The essential role of pathological diagnosis in the selection of type-specific therapeutics. Pathology international. 2020.04; 70 (4): 191-198. ( PubMed, DOI )

  120. Hibiya T, Tanaka M, Matsumura M, Aoki A, Ikegami T, Okudela K, Kawano N, Ohashi K. An NRAS mutation in primary malignant melanoma of the lung: a case report. Diagnostic pathology. 2020.02; 15 (1): 11. ( PubMed, DOI )

  121. Toriu N, Sawa N, Hiramatsu R, Mizuno H, Ikuma D, Sekine A, Hayami N, Sumida K, Yamanouchi M, Hasegawa E, Hoshino J, Takaichi K, Wake A, Ohashi K, Fujii T, Ubara Y. Regression of renal amyloid deposits by VAD therapy plus autologous stem cell transplantation in a patient with primary AL amyloidosis. CEN case reports. 2020.02; 9 (1): 6-10. ( PubMed, DOI )

  122. Toriu Naoya, Sawa Naoki, Hiramatsu Rikako, Mizuno Hiroki, Ikuma Daisuke, Sekine Akinari, Hayami Noriko, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Hoshino Junichi, Takaichi Kenmei, Wake Atsushi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 原発性ALアミロイドーシス患者におけるVAD療法と自家幹細胞移植併用による腎アミロイド沈着の退縮(Regression of renal amyloid deposits by VAD therapy plus autologous stem cell transplantation in a patient with primary AL amyloidosis) CEN Case Reports. 2020.02; 9 (1): 6-10. ( 医中誌 )

  123. Inui Keita, Sawa Naoki, Suwabe Tatsuya, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. Long term administration of tocilizumab improves renal amyloid A(AA) amyloidosis deposition in Familial Mediterranean fever Modern Rheumatology Case Reports. 2020; 4 (2): 310-311. ( 医中誌 )

  124. Ogawa M, Shintani-Domoto Y, Nagashima Y, Ode KL, Sato A, Shimizu Y, Ohashi K, Roehrl MHA, Ushiku T, Ueda HR, Fukayama M. Mass spectrometry-based absolute quantification of amyloid proteins in pathology tissue specimens: Merits and limitations. PloS one. 2020; 15 (7): e0235143. ( PubMed, DOI )

  125. Okudela K, Arai H, Kitamura H, Baba T, Mitsui H, Suzuki T, Sugiyama M, Honda E, Matsumura M, Takemura T, Kataoka T, Koike C, Tateshi Y, Tajiri M, Ogura T, Ohashi K. A subpopulation of airway epithelial cells that express hepatocyte nuclear factor 4α - its implication in the development of non-terminal respiratory unit-type lung adenocarcinoma. Histology and histopathology. 2019.11; 34 (11): 1217-1227. ( PubMed, DOI )

  126. Shima N, Hayami N, Mizuno H, Kawada M, Sekine A, Sumida K, Hiramatsu R, Yamanouchi M, Hasegawa E, Suwabe T, Hoshino J, Sawa N, Takaichi K, Ohashi K, Fujii T, Minota S, Ubara Y. Arteriovenous fistula-related renal bleeding 5 days after percutaneous renal biopsy. CEN case reports. 2019.11; 8 (4): 280-284. ( PubMed, DOI )

  127. Tanaka M, Matsumura M, Okudela K, Mitsui H, Tateishi Y, Umeda S, Suzuki T, Koike C, Kataoka T, Kawano N, Kojima Y, Osawa H, Ohashi K. Pulmonary melanocytic nevus - A case report with a mutation analysis of common driver oncogenes. Pathology international. 2019.11; 69 (11): 667-671. ( PubMed, DOI )

  128. Oda Y, Yamanouchi M, Mizuno H, Hiramatsu R, Suwabe T, Hoshino J, Sawa N, Ohashi K, Fujii T, Ubara Y. Significant polar vasculosis in a patient with a 30-year history of type 2 diabetes. Endocrinology, diabetes & metabolism case reports. 2019.11; 2019 ( PubMed, DOI )

  129. Kataoka T, Okudela K, Nakashima Y, Mitsui H, Matsumura M, Umeda S, Arai H, Baba T, Suzuki T, Koike C, Tateishi Y, Tajiri M, Takemura T, Ogura T, Masuda M, Ohashi K. Unique expression profiles of mucin proteins in interstitial pneumonia-associated lung adenocarcinomas. Histology and histopathology. 2019.11; 34 (11): 1243-1254. ( PubMed, DOI )

  130. Shima Natsuki, Hayami Noriko, Mizuno Hiroki, Kawada Masahiro, Sekine Akinari, Sumida Keiichi, Hiramatsu Rikako, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Minota Seiji, Ubara Yoshifumi. 経皮的腎生検から5日後に発現した動静脈瘻による腎出血(Arteriovenous fistula-related renal bleeding 5 days after percutaneous renal biopsy) CEN Case Reports. 2019.11; 8 (4): 280-284. ( 医中誌 )

  131. Tanaka Meiro, Matsumura Mai, Okudela Koji, Mitsui Hideaki, Tateishi Yoko, Umeda Shigeaki, Suzuki Takehisa, Koike Chihiro, Kataoka Toshiaki, Kawano Naomi, Kojima Yui, Osawa Hiroyuki, Ohashi Kenichi. 肺の色素性母斑 症例報告および代表的な癌遺伝子の変異解析(Pulmonary melanocytic nevus: A case report with a mutation analysis of common driver oncogenes) Pathology International. 2019.11; 69 (11): 667-671. ( 医中誌 )

  132. Guo YM, Takahashi N, Miyabe K, Yoshida M, Abe F, Yamashita T, Nara M, Yoshioka T, Ohashi K, Goto A, Takahashi N. Immunoglobulin Light Chain Amyloidosis with Severe Liver Dysfunction Accompanied by Factor X Deficiency. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2019.10; 58 (20): 3039-3043. ( PubMed, DOI )

  133. Toriu N, Sumida K, Mizuno H, Hasegawa E, Suwabe T, Kawada M, Ueno T, Hayami N, Sekine A, Hiramatsu R, Yamanouchi M, Hoshino J, Sawa N, Takaichi K, Ohashi K, Fujii T, Ubara Y. Long-term outcome of biopsy-proven cholesterol crystal embolism. Clinical and experimental nephrology. 2019.10; 23 (10): 1181-1187. ( PubMed, DOI )

  134. Toriu N, Sumida K, Oguro M, Oshima Y, Mizuno H, Hasegawa E, Suwabe T, Kawada M, Ueno T, Hayami N, Sekine A, Hiramatsu R, Yamanouchi M, Hoshino J, Sawa N, Takaichi K, Ohashi K, Kinowaki K, Fujii T, Date R, Ubara Y. Increase of 1,25 dihydroxyvitamin D in sarcoidosis patients with renal dysfunction. Clinical and experimental nephrology. 2019.10; 23 (10): 1202-1210. ( PubMed, DOI )

  135. Yada Yutaro, Koga Yuhki, Ono Hiroaki, Oba Utako, Nakashima Kentaro, Komiya Kazune, Kohashi Kenichi, Oda Yoshinao, Taguchi Tomoaki, Ohga Shouichi. 急性骨髄性白血病の治療中に発症した孤発性アスペルギルス虫垂炎の症例(Isolated acute appendicitis caused by aspergillus in a child with relapsed acute myeloid leukemia) 日本小児血液・がん学会雑誌. 2019.10; 56 (4): 326. ( 医中誌 )

  136. Tamaki Akihiko, Souzaki Ryota, Nakamura Mutsumi, Shibui Yuichi, Takemoto Junkichi, Kohashi Kenichi, Taguchi Tomoaki. 治療終了から16年後に増大を来した神経芽腫の1例(A case of neuroblastoma progression 16 years after treatment discontinuation) 日本小児血液・がん学会雑誌. 2019.10; 56 (4): 263. ( 医中誌 )

  137. Toriu Naoya, Sumida Keiichi, Mizuno Hiroki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Kawada Masahiro, Ueno Toshiharu, Hayami Noriko, Sekine Akinari, Hiramatsu Rikako, Yamanouchi Masayuki, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 生検で確定診断し得たコレステロール結晶塞栓症の長期転帰(Long-term outcome of biopsy-proven cholesterol crystal embolism) Clinical and Experimental Nephrology. 2019.10; 23 (10): 1181-1187. ( 医中誌 )

  138. Guo Yong-Mei, Takahashi Nagi, Miyabe Ken, Yoshida Makoto, Abe Fumito, Yamashita Takaya, Nara Miho, Yoshioka Tomoko, Ohashi Kenichi, Goto Akiteru, Takahashi Naoto. 第X因子欠乏症を伴う重度肝機能障害を認める免疫グロブリン軽鎖アミロイドーシス(Immunoglobulin Light Chain Amyloidosis with Severe Liver Dysfunction Accompanied by Factor X Deficiency) Internal Medicine. 2019.10; 58 (20): 3039-3043. ( 医中誌 )

  139. Shimizu Yasuhiro, Yoshikawa Toshiaki, Kojima Takashi, Shoda Kayoko, Nosaka Kazuto, Mizuno Shoichi, Wada Satoshi, Fujimoto Yuki, Sasada Tetsuro, Kohashi Kenichi, Bando Hideaki, Endo Itaru, Nakatsura Tetsuya. 第I相臨床試験において、熱ショック蛋白質105ペプチドワクチンは抗腫瘍免疫応答を誘導する可能性がある(Heat shock protein 105 peptide vaccine could induce antitumor immune reactions in a phase I clinical trial) Cancer Science. 2019.10; 110 (10): 3049-3060. ( 医中誌 )

  140. Souzaki Ryota, Matsuura Toshiharu, Takemoto Junkichi, Koga Yuhki, Kohashi Kenichi, Oda Yoshinao, Ohga Shouichi, Taguchi Tomoaki. 肝芽腫に対するICGナビゲーション手術(Navigation surgery using indocyanine green fluorescent imaging for the hepatoblastoma patients) 日本小児血液・がん学会雑誌. 2019.10; 56 (4): 232. ( 医中誌 )

  141. Toriu Naoya, Sumida Keiichi, Oguro Masahiko, Oshima Yoichi, Mizuno Hiroki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Kawada Masahiro, Ueno Toshiharu, Hayami Noriko, Sekine Akinari, Hiramatsu Rikako, Yamanouchi Masayuki, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Kinowaki Keiichi, Fujii Takeshi, Date Ryosuke, Ubara Yoshifumi. 腎機能障害を伴うサルコイドーシス患者における1,25-ジヒドロキシビタミンDの増加(Increase of 1,25 dihydroxyvitamin D in sarcoidosis patients with renal dysfunction) Clinical and Experimental Nephrology. 2019.10; 23 (10): 1202-1210. ( 医中誌 )

  142. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma) 日本癌学会総会記事. 2019.09; 78回 P-1138. ( 医中誌 )

  143. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma) 日本癌学会総会記事. 2019.09; 78回 P-1137. ( 医中誌 )

  144. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma) 日本癌学会総会記事. 2019.09; 78回 P-1135. ( 医中誌 )

  145. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations) 日本癌学会総会記事. 2019.09; 78回 P-1185. ( 医中誌 )

  146. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia) 日本癌学会総会記事. 2019.09; 78回 P-1333. ( 医中誌 )

  147. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases) 日本癌学会総会記事. 2019.09; 78回 P-2334. ( 医中誌 )

  148. Oda Y, Sawa N, Hasegawa E, Mizuno H, Kawada M, Sekine A, Hiramatsu R, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Hoshino J, Takaichi K, Kinowaki K, Ohashi K, Fujii T, Ubara Y. PKD1-associated autosomal dominant polycystic kidney disease with glomerular cysts presenting with nephrotic syndrome caused by focal segmental glomerulosclerosis. BMC nephrology. 2019.08; 20 (1): 337. ( PubMed, DOI )

  149. Nakagawa R, Imafuku A, Hasegawa E, Mizuno H, Kawada M, Sekine A, Hiramatsu R, Sumida K, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Hoshino J, Sawa N, Takaichi K, Wake A, Ohashi K, Fujii T, Ubara Y. Significance of urinary albumin excretion in patients with cast nephropathy
. Clinical nephrology. 2019.08; 92 (2): 81-88. ( PubMed, DOI )

  150. Tokinaga-Uchiyama A, Mizushima T, Akimoto K, Nagashima Y, Sasaki K, Nakaya MA, Ohashi K, Kubota K, Maruyama Y, Kato H, Hirahara F, Miyagi E, Ohno S, Asai-Sato M. Aberrant Nuclear Localization of aPKCλ/ι is Associated With Poorer Prognosis in Uterine Cervical Cancer. International journal of gynecological pathology : official journal of the International Society of Gynecological Pathologists. 2019.07; 38 (4): 301-309. ( PubMed, DOI )

  151. Yamanouchi M, Hoshino J, Ubara Y, Takaichi K, Kinowaki K, Fujii T, Ohashi K, Mise K, Toyama T, Hara A, Shimizu M, Furuichi K, Wada T. Clinicopathological predictors for progression of chronic kidney disease in nephrosclerosis: a biopsy-based cohort study. Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association. 2019.07; 34 (7): 1182-1188. ( PubMed, DOI )

  152. Yorita Kenji, Togashi Yuki, Nakagawa Hideyuki, Miyazaki Katsushi, Sakata Seiji, Baba Satoko, Takeuchi Kengo, Hayashi Yoshihiro, Murakami Ichiro, Kuroda Naoto, Oda Yoshinao, Kohashi Kenichi, Yamada Yuichi, Kiyozawa Daisuke, Michal Michael, Michal Michal. TIMP3-ALK融合を含むムコイド沈着物を伴う声帯の炎症性筋線維芽細胞腫瘍 診断上の落とし穴の可能性(Vocal cord inflammatory myofibroblastic tumor with mucoid deposits harboring TIMP3-ALK fusion: A potential diagnostic pitfall) Pathology International. 2019.06; 69 (6): 366-371. ( 医中誌 )

  153. Yamanouchi M, Furuichi K, Hoshino J, Toyama T, Hara A, Shimizu M, Kinowaki K, Fujii T, Ohashi K, Yuzawa Y, Kitamura H, Suzuki Y, Sato H, Uesugi N, Hisano S, Ueda Y, Nishi S, Yokoyama H, Nishino T, Samejima K, Kohagura K, Shibagaki Y, Mise K, Makino H, Matsuo S, Ubara Y, Wada T, Research Group of Diabetic Nephropathy, the Ministry of Health, Labour and Welfare, and the Japan Agency for Medical Research and Development.. Nonproteinuric Versus Proteinuric Phenotypes in Diabetic Kidney Disease: A Propensity Score-Matched Analysis of a Nationwide, Biopsy-Based Cohort Study. Diabetes care. 2019.05; 42 (5): 891-902. ( PubMed, DOI )

  154. Toriu N, Sekine A, Mizuno H, Hasegawa E, Yamanouchi M, Hiramatsu R, Hayami N, Hoshino J, Kawada M, Suwabe T, Sumida K, Sawa N, Takaichi K, Ohashi K, Fujii T, Matoba S, Ubara Y. Renal-Limited Thrombotic Microangiopathy due to Bevacizumab Therapy for Metastatic Colorectal Cancer: A Case Report. Case reports in oncology. 2019.05; 12 (2): 391-400. ( PubMed, DOI )

  155. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 中林 潤, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR肺腺癌の微小乳頭状組織亜型に特徴的な体細胞遺伝子変異の解明(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma) 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 350. ( 医中誌 )

  156. Yugawa Kyohei, Yoshizumi Tomoharu, Mano Yohei, Kurihara Takeshi, Yoshiya Shohei, Takeishi Kazuki, Itoh Shinji, Harada Noboru, Ikegami Toru, Soejima Yuji, Kohashi Kenichi, Oda Yoshinao, Mori Masaki. 肝臓の孤立性線維性腫瘍 症例報告および文献考察(Solitary fibrous tumor in the liver: case report and literature review) Surgical Case Reports. 2019.04; 5 1 of 6-6 of 6. ( 医中誌 )

  157. 梅田 茂明, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 松村 舞依, 三井 秀昭, 奥寺 康司, 立石 陽子, 大橋 健一. 臨床におけるマルチプレックス免疫組織化学染色(Multiplex immunohistochemistry in practice) 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 437. ( 医中誌 )

  158. Takada D, Hoshino J, Fujii T, Usui J, Fujii T, Ohashi K, Takaichi K, Suzuki S, Yamagata K, Ubara Y. Association between renal outcome and the number of steroid pulse therapies after tonsillectomy in patients with IgA nephropathy. Clinical and experimental nephrology. 2019.03; 23 (3): 335-341. ( PubMed, DOI )

  159. Okuda R, Aoshiba K, Matsushima H, Ogura T, Okudela K, Ohashi K. Cellular senescence and senescence-associated secretory phenotype: comparison of idiopathic pulmonary fibrosis, connective tissue disease-associated interstitial lung disease, and chronic obstructive pulmonary disease. Journal of thoracic disease. 2019.03; 11 (3): 857-864. ( PubMed, DOI )

  160. Takada Daisuke, Hoshino Junichi, Fujii Takayuki, Usui Joichi, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Takaichi Kenmei, Suzuki Satoshi, Yamagata Kunihiro, Ubara Yoshifumi. IgA腎症患者における扁桃摘出術後の腎転帰とステロイドパルス療法数との関連(Association between renal outcome and the number of steroid pulse therapies after tonsillectomy in patients with IgA nephropathy) Clinical and Experimental Nephrology. 2019.03; 23 (3): 335-341. ( 医中誌 )

  161. Kato S, Hayashi T, Suehara Y, Hamanoue H, Yamanaka S, Ichikawa Y, Higurashi T, Ohashi K, Yamaguchi S, Nozaki Y, Terao Y, Saito T. Multicenter experience with large panel next-generation sequencing in patients with advanced solid cancers in Japan. Japanese journal of clinical oncology. 2019.02; 49 (2): 174-182. ( PubMed, DOI )

  162. Kato Shingo, Hayashi Takuo, Suehara Yoshiyuki, Hamanoue Haruka, Yamanaka Shoji, Ichikawa Yasushi, Higurashi Takuma, Ohashi Kenichi, Yamaguchi Shigeo, Nozaki Yumi, Terao Yasuhisa, Saito Tsuyoshi. 日本での進行性固形癌患者における大型パネル次世代シーケンシングによる多施設での経験(Multicenter experience with large panel next-generation sequencing in patients with advanced solid cancers in Japan) Japanese Journal of Clinical Oncology. 2019.02; 49 (2): 174-182. ( 医中誌 )

  163. Yabuuchi J, Hoshino J, Mizuno H, Ozawa Y, Sekine A, Kawada M, Sumida K, Hiramatsu R, Hayami N, Yamanouchi M, Hasegawa E, Suwabe T, Sawa N, Fujii T, Ohashi K, Takaichi K, Ubara Y. Immunoglobulin G subclass 3 in ISN/RPL lupus nephritis classification
. Clinical nephrology. 2019.01; 91 (1): 32-39. ( PubMed, DOI )

  164. Okuda R, Hagiwara E, Katano T, Ikeda S, Sekine A, Kitamura H, Baba T, Okudela K, Ohashi K, Ogura T. Newly defined acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis with surgically-proven usual interstitial pneumonia: risk factors and outcome. Sarcoidosis, vasculitis, and diffuse lung diseases : official journal of WASOG. 2019; 36 (1): 39-46. ( PubMed, DOI )

  165. Matsumura M, Okudela K, Nakashima Y, Mitsui H, Denda-Nagai K, Suzuki T, Arai H, Umeda S, Tateishi Y, Koike C, Kataoka T, Irimura T, Ohashi K. Specific expression of MUC21 in micropapillary elements of lung adenocarcinomas - Implications for the progression of EGFR-mutated lung adenocarcinomas. PloS one. 2019; 14 (4): e0215237. ( PubMed, DOI )

  166. Yamanouchi M, Mori M, Hoshino J, Kinowaki K, Fujii T, Ohashi K, Furuichi K, Wada T, Ubara Y. Retinopathy progression and the risk of end-stage kidney disease: results from a longitudinal Japanese cohort of 232 patients with type 2 diabetes and biopsy-proven diabetic kidney disease. BMJ open diabetes research & care. 2019; 7 (1): e000726. ( PubMed, DOI )

  167. Mizuno H, Sekine A, Oguro M, Oshima Y, Kawada M, Sumida K, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Hiramatsu R, Hasegawa E, Hoshino J, Sawa N, Fujii T, Takaichi K, Ohashi K, Ubara Y. Renal histology in a patient with TAFRO syndrome: a case report. Human pathology. 2018.12; 82 258-263. ( PubMed, DOI )

  168. Imafuku A, Yamamoto G, Takemura K, Hasegawa E, Sawa N, Kawada M, Sekine A, Hoshino J, Takaichi K, Fujii T, Ohashi K, Ubara Y. Acute Kidney Injury by Renal Hemosiderosis Secondary to Primary Cold Agglutinin Disease Associated with an Excessive Alcohol Intake. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2018.11; 57 (22): 3261-3265. ( PubMed, DOI )

  169. Hasegawa J, Hoshino J, Sekine A, Hayami N, Suwabe T, Sumida K, Mise K, Ueno T, Yamanouchi M, Hazue R, Sawa N, Ohashi K, Fujii T, Takaichi K, Ubara Y. Clinical and pathological features of anti-neutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis in patients with minor urinary abnormalities. Nephrology (Carlton, Vic.). 2018.11; 23 (11): 1007-1012. ( PubMed, DOI )

  170. Oshima Y, Suwabe T, Marui Y, Hayami N, Hasegawa E, Yamanouchi M, Hiramatsu R, Sumida K, Kawada M, Sekine A, Mizuno H, Oguro M, Hoshino J, Sawa N, Ishii Y, Fujii T, Ohashi K, Takaichi K, Ubara Y. Microscopic polyangiitis necrotizing glomerulonephritis associated with pregnancy: case with a 20-year clinical course and review of the literature. CEN case reports. 2018.11; 7 (2): 274-281. ( PubMed, DOI )

  171. Matsuda Y, Kobayashi N, Inaba Y, Kubota S, Yukizawa Y, Choe H, Kato I, Ohashi K, Saito T. Reactive Osteochondromatous Lesion of the Femoral Neck in a Highly Active Preadolescent Patient: Is This the Pathogenesis of a Cam Deformity? Clinical journal of sport medicine : official journal of the Canadian Academy of Sport Medicine. 2018.11; 28 (6): e95-e97. ( PubMed, DOI )

  172. Oshima Yoichi, Suwabe Tatsuya, Marui Yuji, Hayami Noriko, Hasegawa Eiko, Yamanouchi Masayuki, Hiramatsu Rikako, Sumida Keiichi, Kawada Masahiro, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Oguro Masahiko, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Ishii Yasuo, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Takaichi Kenmei, Ubara Yoshifumi. 妊娠に関連した顕微鏡的多発血管炎による壊死性糸球体腎炎 20年間の臨床経過と文献レビュー(Microscopic polyangiitis necrotizing glomerulonephritis associated with pregnancy: case with a 20-year clinical course and review of the literature) CEN Case Reports. 2018.11; 7 (2): 274-281. ( 医中誌 )

  173. Yugawa Kyohei, Yoshizumi Tomoharu, Mano Yohei, Harada Noboru, Itoh Shinji, Ikegami Toru, Soejima Yuji, Fujita Nobuhiro, Kohashi Kenichi, Aishima Shinichi, Oda Yoshinao, Mori Masaki. 肉腫性間質成分を伴う原発性肝内胆管細胞癌 症例報告と文献レビュー(Primary intrahepatic cholangiocarcinoma with sarcomatous stroma: case report and review of the literature) Surgical Case Reports. 2018.11; 4 (November): 1-9. ( 医中誌 )

  174. Imafuku Aya, Yamamoto Go, Takemura Koji, Hasegawa Eiko, Sawa Naoki, Kawada Masahiro, Sekine Akinari, Hoshino Junichi, Takaichi Kenmei, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. 過度のアルコール摂取を伴っていた原発性寒冷凝集素症に続発した腎ヘモジデローシスによる急性腎障害(Acute Kidney Injury by Renal Hemosiderosis Secondary to Primary Cold Agglutinin Disease Associated with an Excessive Alcohol Intake) Internal Medicine. 2018.11; 57 (22): 3261-3265. ( 医中誌 )

  175. Imafuku A, Nozu K, Sawa N, Hasegawa E, Hiramatsu R, Kawada M, Hoshino J, Tanaka K, Ishii Y, Takaichi K, Fujii T, Ohashi K, Iijima K, Ubara Y. Autosomal dominant form of type IV collagen nephropathy exists among patients with hereditary nephritis difficult to diagnose clinicopathologically. Nephrology (Carlton, Vic.). 2018.10; 23 (10): 940-947. ( PubMed, DOI )

  176. Matsunami M, Ubara Y, Sumida K, Oshima Y, Oguro M, Kinoshita K, Tanaka K, Nakamura Y, Kinowaki K, Ohashi K, Fujii T, Igawa T, Sato Y, Ishii Y. The efficacy and safety of anti-interleukin-6 receptor monoclonal blockade in a renal transplant patient with Castleman disease: early post-transplant outcome. BMC nephrology. 2018.10; 19 (1): 263. ( PubMed, DOI )

  177. Kohashi Kenichi, Yamamoto Hidetaka, Yamada Yuichi, Kinoshita Izumi, Oda Yoshinao. 形態学的、分子生物学的アプローチによる小児固形腫瘍の病理診断 小児上皮様軟部腫瘍の鑑別診断(Differential diagnosis in pediatric epithelioid soft tissue tumors) 日本小児血液・がん学会雑誌. 2018.10; 55 (4): 165. ( 医中誌 )

  178. Sekiguchi Masahiro, Seki Masafumi, Kawai Tomoko, Isobe Tomoya, Yoshida Kenichi, Yoshida Misa, Shirai Ryota, Souzaki Ryota, Kohashi Kenichi, Shiraishi Yuichi, Hoshino Noriko, Sato Yusuke, Fujii Yoichi, Watanabe Kentaro, Arakawa Yuki, Koh Katsuyoshi, Hayashi Yasuhide, Taguchi Tomoaki, Kato Motohiro, Sanada Masashi, Tanaka Yukichi, Miyano Satoru, Hata Kenichiro, Ogawa Seishi, Takita Junko. 網羅的ゲノム解析による高リスク肝芽腫の治療標的ODC1の同定(Comprehensive genetic and epigenetic analyses identify high expression of ODC1 as a therapeutic target in high-risk hepatoblastoma) 日本小児血液・がん学会雑誌. 2018.10; 55 (4): 154. ( 医中誌 )

  179. Shibui Yuichi, Souzaki Ryota, Kinoshita Yoshiaki, Kamouchi Amane, Takemoto Junkichi, Kohashi Kenichi, Matsuura Toshiharu, Oda Yoshinao, Taguchi Tomoaki. 胎児肝細胞組織が遺残した肝間葉性過誤腫の一例(Mesenchymal hamartoma of the liver with embryonal hapatocytes) 日本小児血液・がん学会雑誌. 2018.10; 55 (4): 231. ( 医中誌 )

  180. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia) 日本癌学会総会記事. 2018.09; 77回 2240. ( 医中誌 )

  181. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells) 日本癌学会総会記事. 2018.09; 77回 1816. ( 医中誌 )

  182. Suito Takuto, Nagao Kohjiro, Hatano Masataka, Kohashi Kenichi, Tanabe Aiko, Ozaki Hiromichi, Kawamoto Jun, Kurihara Tatsuo, Mioka Tetsuo, Tanaka Kazuma, Hara Yuji, Umeda Masato. 琵琶湖固有種ハゼGymnogobius isazaにおけるω-3長鎖多価不飽和脂肪酸含有トリアシルグリセロールの合成(Synthesis of omega-3 long-chain polyunsaturated fatty acid-rich triacylglycerols in an endemic goby, Gymnogobius isaza, from Lake Biwa, Japan) The Journal of Biochemistry. 2018.08; 164 (2): 127-140. ( 医中誌 )

  183. Toriu Naoya, Hiramatsu Rikako, Mizuno Hiroki, Ikuma Daisuke, Sekine Akinari, Hayami Noriko, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Yanagita Motoko, Ubara Yoshifumi. ループス腎炎患者の連続的腎生検およびfingerprint沈着 1症例報告(Sequential renal biopsy in a patient with lupus nephritis and fingerprint deposits: a case report) Modern Rheumatology Case Reports. 2018.07; 2 (2): 168-173. ( 医中誌 )

  184. Toriu Naoya, Sawa Naoki, Oguro Masahiko, Mizuno Hiroki, Oshima Yoichi, Hasegawa Eiko, Sumida Keiichi, Suwabe Tatsuya, Kawada Masahiro, Ueno Toshiharu, Hayami Noriko, Sekine Akinari, Hiramatsu Rikako, Yamanouchi Masayuki, Hoshino Junichi, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Yanagita Motoko, Ubara Yoshifumi. 腎限局型クリオグロブリン血症性血管炎 2症例報告(Renal-limited Cryoglobulinemic Vasculitis: Two Case Reports) Internal Medicine. 2018.07; 57 (13): 1879-1886. ( 医中誌 )

  185. Kataoka T, Okudela K, Matsumura M, Mitsui H, Suzuki T, Koike C, Sawazumi T, Umeda S, Tateishi Y, Yamanaka S, Ishikawa Y, Arai H, Tajiri M, Ohashi K. A molecular pathological study of four cases of ciliated muconodular papillary tumors of the lung. Pathology international. 2018.06; 68 (6): 353-358. ( PubMed, DOI )

  186. Hasegawa J, Hoshino J, Sekine A, Hayami N, Suwabe T, Sumida K, Mise K, Ueno T, Yamanouchi M, Hazue R, Sawa N, Ohashi K, Fujii T, Takaichi K, Ubara Y. Clinical and histological features of antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis related to antithyroid drugs
. Clinical nephrology. 2018.06; 89 (6): 438-444. ( PubMed, DOI )

  187. Kataoka Toshiaki, Okudela Koji, Matsumura Mai, Mitsui Hideaki, Suzuki Takehisa, Koike Chihiro, Sawazumi Tomoe, Umeda Shigeaki, Tateishi Yoko, Yamanaka Shoji, Ishikawa Yoshihiro, Arai Hiromasa, Tajiri Michihiko, Ohashi Kenichi. 肺線毛性粘液結節性乳頭状腫瘍4例の分子病理学的研究(A molecular pathological study of four cases of ciliated muconodular papillary tumors of the lung) Pathology International. 2018.06; 68 (6): 353-358. ( 医中誌 )

  188. Hasegawa J, Hayami N, Hoshino J, Suwabe T, Sumida K, Mise K, Ueno T, Yamanouchi M, Sawa N, Ohashi K, Fujii T, Takaichi K, Ubara Y. Cryoglobulinemic vasculitis with primary Sjögren's syndrome: A case report. Modern rheumatology. 2018.05; 28 (3): 570-574. ( PubMed, DOI )

  189. Kato I, Furuya M, Matsuo K, Kawabata Y, Tanaka R, Ohashi K. Giant cell tumours of bone treated with denosumab: histological, immunohistochemical and H3F3A mutation analyses. Histopathology. 2018.05; 72 (6): 914-922. ( PubMed, DOI )

  190. Noda-Narita S, Sumida K, Sekine A, Hoshino J, Mise K, Suwabe T, Hayami N, Yamanouchi M, Ueno T, Mizuno H, Kawada M, Hiramatsu R, Hasegawa E, Sawa N, Takaichi K, Ohashi K, Fujii T, Ubara Y. TAFRO syndrome with refractory thrombocytopenia responding to tocilizumab and romiplostim: a case report. CEN case reports. 2018.05; 7 (1): 162-168. ( PubMed, DOI )

  191. Hasegawa Jumpei, Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Suwabe Tatsuya, Sumida Keiichi, Mise Koki, Ueno Toshiharu, Yamanouchi Masayuki, Sawa Naoki, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Takaichi Kenmei, Ubara Yoshifumi. 原発性シェーグレン症候群を伴うクリオグロブリン血症性血管炎 1症例報告(Cryoglobulinemic vasculitis with primary Sjoegren's syndrome: A case report) Modern Rheumatology. 2018.05; 28 (3): 570-574. ( 医中誌 )

  192. 松村 舞依, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 伝田 香里, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 入村 達郎, 大橋 健一. EGFR変異肺腺癌におけるMUC21発現と糖鎖修飾の状態との関連性(Relationship between MUC21 expression and glycosylation status in EGFR-mutated lung adenocarcinoma) 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 418. ( 医中誌 )

  193. 梅田 茂明, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 小池 千尋, 奥寺 康司, 日比谷 孝志, 立石 陽子, 三井 秀昭, 大橋 健一. SIMPLE染色法とデジタル病理学的検査を用いたマルチプレックス免疫組織化学的検査(Multiplex immunohistochemistry using SIMPLE staining method and digital pathology) 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 401. ( 医中誌 )

  194. 加藤 生真, 古屋 充子, 川端 佑介, 田中 玲子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 蛍光免疫二重染色を含めた統合的解析(Giant Cell Tumor of Bone Treated with Denosumab: Analyses Including Immunofluorescent Staining) 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 343. ( 医中誌 )

  195. 奥寺 康司, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併する肺腺癌におけるTTF1遺伝子変異とプロモータメチレーション(TTF1 mutations and promoter methylations in lung adenocarcinomas in interstitial pneumonia) 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 298. ( 医中誌 )

  196. Itonaga H, Aoki K, Aoki J, Ishikawa T, Ishiyama K, Uchida N, Sakura T, Ohashi K, Kurokawa M, Ozawa Y, Matsuoka KI, Nakamura Y, Kimura F, Iwato K, Nawa Y, Hirokawa M, Kato K, Ichinohe T, Atsuta Y, Miyazaki Y. Prognostic Impact of Donor Source on Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation Outcomes in Adults with Chronic Myelomonocytic Leukemia: A Nationwide Retrospective Analysis in Japan. Biology of blood and marrow transplantation : journal of the American Society for Blood and Marrow Transplantation. 2018.04; 24 (4): 840-848. ( PubMed, DOI )

  197. Iwadate Dosuke, Hasegawa Eiko, Hoshino Junichi, Hayami Noriko, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Sekine Akinari, Kawada Masahiro, Hiramatsu Rikako, Suwabe Tatsuya, Sawa Naoki, Yuasa Mitsuhiro, Wake Atsushi, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Takaichi Kenmei, Ubara Yoshifumi. ALアミロイドーシスおよび重度第X因子欠乏症患者におけるVAD+SCT療法後の長期転帰(The Long-term Outcomes after VAD plus SCT Therapy in a Patient with AL Amyloidosis and Severe Factor X Deficiency) Internal Medicine. 2018.03; 57 (5): 701-706. ( 医中誌 )

  198. Takada D, Hoshino J, Kikuchi K, Yabuuchi J, Kogure Y, Ueno T, Sekine A, Yamanouchi M, Sumida K, Mise K, Suwabe T, Hayami N, Sawa N, Takaichi K, Hayasi N, Fujii T, Ohashi K, Ubara Y. Anti-RNA polymerase III antibody-associated scleroderma renal crisis in a patient with limited cutaneous systemic sclerosis: A case report. Modern rheumatology. 2018.03; 28 (2): 369-372. ( PubMed, DOI )

  199. Okudela K, Kojima Y, Matsumura M, Arai H, Umeda S, Tateishi Y, Mitsui H, Suzuki T, Tajiri M, Ogura T, Ohashi K. Relationship between non-TRU lung adenocarcinomas and bronchiolar metaplasia - potential implication in their histogenesis. Histology and histopathology. 2018.03; 33 (3): 317-326. ( PubMed, DOI )

  200. Takada D, Sekine A, Yabuuchi J, Kogure Y, Ueno T, Yamanouchi M, Sumida K, Suwabe T, Hayami N, Hoshino J, Takaichi K, Kinowaki K, Fujii T, Ohashi K, Mori T, Sohara E, Uchida S, Ubara Y. Renal histology and MRI in a 25-year-old Japanese man with nephronophthisis 4
. Clinical nephrology. 2018.03; 89 (3): 223-228. ( PubMed, DOI )

  201. Iwadate D, Hasegawa E, Hoshino J, Hayami N, Sumida K, Yamanouchi M, Sekine A, Kawada M, Hiramatsu R, Suwabe T, Sawa N, Yuasa M, Wake A, Fujii T, Ohashi K, Takaichi K, Ubara Y. The Long-term Outcomes after VAD plus SCT Therapy in a Patient with AL Amyloidosis and Severe Factor X Deficiency. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2018.03; 57 (5): 701-706. ( PubMed, DOI )

  202. Miyake A, Okudela K, Matsumura M, Hideaki M, Arai H, Umeda S, Yamanaka S, Ishikawa Y, Tajiri M, Ohashi K. Update on the potential significance of psammoma bodies in lung adenocarcinoma from a modern perspective. Histopathology. 2018.03; 72 (4): 609-618. ( PubMed, DOI )

  203. Takada Daisuke, Hoshino Junichi, Kikuchi Koichi, Yabuuchi Junko, Kogure Yuta, Ueno Toshiharu, Sekine Akinari, Yamanouchi Masayuki, Sumida Keiichi, Mise Koki, Suwabe Tatsuya, Hayami Noriko, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Hayasi Nobukazu, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. 限局型全身性強皮症患者における抗RNAポリメラーゼIII抗体関連強皮症腎クリーゼ 1症例報告(Anti-RNA polymerase III antibody-associated scleroderma renal crisis in a patient with limited cutaneous systemic sclerosis: A case report) Modern Rheumatology. 2018.03; 28 (2): 369-372. ( 医中誌 )

  204. Ohki K, Wakui H, Kishio N, Azushima K, Uneda K, Haku S, Kobayashi R, Haruhara K, Kinguchi S, Yamaji T, Yamada T, Minegishi S, Ishigami T, Toya Y, Yamashita A, Imajo K, Nakajima A, Kato I, Ohashi K, Tamura K. Angiotensin II Type 1 Receptor-associated Protein Inhibits Angiotensin II-induced Insulin Resistance with Suppression of Oxidative Stress in Skeletal Muscle Tissue. Scientific reports. 2018.02; 8 (1): 2846. ( PubMed, DOI )

  205. Sadoyama S, Sekine A, Satoh H, Iwasawa T, Kato T, Ikeda S, Sata M, Baba T, Tabata E, Minami Y, Nemoto K, Hayashihara K, Saito T, Okudela K, Ohashi K, Tajiri M, Ogura T. Isolated Brain Metastases as the First Relapse After the Curative Surgical Resection in Non-Small-Cell Lung Cancer Patients With an EGFR Mutation. Clinical lung cancer. 2018.01; 19 (1): e29-e36. ( PubMed, DOI )

  206. Arai Y, Kondo T, Shigematsu A, Tanaka J, Ohashi K, Fukuda T, Hidaka M, Kobayashi N, Iwato K, Sakura T, Onizuka M, Ozawa Y, Eto T, Kurokawa M, Kahata K, Uchida N, Atsuta Y, Mizuta S, Kako S. Improved prognosis with additional medium-dose VP16 to CY/TBI in allogeneic transplantation for high risk ALL in adults. American journal of hematology. 2018.01; 93 (1): 47-57. ( PubMed, DOI )

  207. Hoshino J, Furuichi K, Yamanouchi M, Mise K, Sekine A, Kawada M, Sumida K, Hiramatsu R, Hasegawa E, Hayami N, Suwabe T, Sawa N, Hara S, Fujii T, Ohashi K, Kitagawa K, Toyama T, Shimizu M, Takaichi K, Ubara Y, Wada T. A new pathological scoring system by the Japanese classification to predict renal outcome in diabetic nephropathy. PloS one. 2018; 13 (2): e0190923. ( PubMed, DOI )

  208. Haku S, Wakui H, Azushima K, Haruhara K, Kinguchi S, Ohki K, Uneda K, Kobayashi R, Matsuda M, Yamaji T, Yamada T, Minegishi S, Ishigami T, Yamashita A, Ohashi K, Tamura K. Early Enhanced Leucine-Rich <i>α</i>-2-Glycoprotein-1 Expression in Glomerular Endothelial Cells of Type 2 Diabetic Nephropathy Model Mice. BioMed research international. 2018; 2018 2817045. ( PubMed, DOI )

  209. Shima N, Sumida K, Kawada M, Sekine A, Yamanouchi M, Hiramatsu R, Hayami N, Hasegawa E, Suwabe T, Hoshino J, Sawa N, Takaichi K, Ohashi K, Fujii T, Ubara Y. Eltrombopag Improves Refractory Thrombocytopenia in a Patient with Systemic Lupus Erythematosus. Case reports in rheumatology. 2018; 2018 6305356. ( PubMed, DOI )

  210. Toriu N, Yamanouchi M, Hiramatsu R, Hayami N, Hoshino J, Sekine A, Kawada M, Hasegawa E, Suwabe T, Sumida K, Ueno T, Sawa N, Ohashi K, Fujii T, Takaichi K, Yanagita M, Kobayasi T, Ubara Y. Preservation of renal function by intensive glycemic control. Endocrinology, diabetes & metabolism case reports. 2018; 2018 ( PubMed, DOI )

  211. Toriu N, Sawa N, Oguro M, Mizuno H, Oshima Y, Hasegawa E, Sumida K, Suwabe T, Kawada M, Ueno T, Hayami N, Sekine A, Hiramatsu R, Yamanouchi M, Hoshino J, Takaichi K, Ohashi K, Fujii T, Yanagita M, Ubara Y. Renal-limited Cryoglobulinemic Vasculitis: Two Case Reports. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2018; 57 (13): 1879-1886. ( PubMed, DOI )

  212. Horie Y, Makihara H, Horikawa K, Takeshige F, Ibuki A, Satake T, Yasumura K, Maegawa J, Mitsui H, Ohashi K, Akase T. Reduced skin lipid content in obese Japanese women mediated by decreased expression of rate-limiting lipogenic enzymes. PloS one. 2018; 13 (3): e0193830. ( PubMed, DOI )

  213. Yamanouchi M, Hoshino J, Ubara Y, Takaichi K, Kinowaki K, Fujii T, Ohashi K, Mise K, Toyama T, Hara A, Kitagawa K, Shimizu M, Furuichi K, Wada T. Value of adding the renal pathological score to the kidney failure risk equation in advanced diabetic nephropathy. PloS one. 2018; 13 (1): e0190930. ( PubMed, DOI )

  214. Takada D, Sumida K, Sekine A, Hazue R, Yamanouchi M, Suwabe T, Hayami N, Hoshino J, Sawa N, Takaichi K, Fujii T, Ohashi K, Ubara Y. IgA nephropathy featuring massive wire loop-like deposits in two patients with alcoholic cirrhosis. BMC nephrology. 2017.12; 18 (1): 362. ( PubMed, DOI )

  215. Suganuma N, Iwasaki H, Shimizu S, Yoshida T, Yamanaka T, Kojima I, Yamazaki H, Toda S, Nakayama H, Masudo K, Rino Y, Kawachi K, Miyagi Y, Miyake A, Ohashi K, Masuda M. Non-functioning parathyroid carcinoma: a case report. Surgical case reports. 2017.12; 3 (1): 81. ( PubMed, DOI )

  216. Okudela K, Mitsui H, Matsumura M, Arai H, Shino K, Sekine A, Woo T, Suzuki T, Ishikawa Y, Umeda S, Tajiri M, Masuda M, Ohashi K. The potential significance of alpha-enolase (ENO1) in lung adenocarcinomas - A utility of the immunohistochemical expression in pathologic diagnosis. Pathology international. 2017.12; 67 (12): 602-609. ( PubMed, DOI )

  217. Okudela Koji, Mitsui Hideaki, Matsumura Mai, Arai Hiromasa, Shino Kimihisa, Sekine Akimasa, Woo Tetsukan, Suzuki Takehisa, Ishikawa Yoshihiro, Umeda Shigeaki, Tajiri Michihiko, Masuda Munetaka, Ohashi Kenichi. 肺腺癌におけるα-エノラーゼ(ENO1)の意義 病理学的診断における免疫組織化学的発現の有用性(The potential significance of alpha-enolase(ENO1) in lung adenocarcinomas: A utility of the immunohistochemical expression in pathologic diagnosis) Pathology International. 2017.12; 67 (12): 602-609. ( 医中誌 )

  218. Iijima Takashi, Hoshino Junichi, Takaichi Kenmei, Kohno Tadashi, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. 胸腔鏡下手術とプレドニゾロンによって管理した胸腺腫を伴うループス腎炎(Lupus Nephritis with Thymoma Managed by Thoracoscopic Surgery and Prednisolone) Internal Medicine. 2017.12; 56 (24): 3311-3316. ( 医中誌 )

  219. Ito Y, Sekine A, Takada D, Yabuuchi J, Kogure Y, Ueno T, Sumida K, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Hoshino J, Sawa N, Takaichi K, Kinowaki K, Fujii T, Ohashi K, Kikuchi H, Mandai S, Chiga M, Mori T, Sohara E, Uchida S, Ubara Y. Renal histology and MRI findings in a 37-year-old Japanese patient with autosomal recessive polycystic kidney disease
. Clinical nephrology. 2017.11; 88 (11): 292-297. ( PubMed, DOI )

  220. Iwashita H, Okudela K, Matsumura M, Yamanaka S, Sawazumi T, Enaka M, Udaka N, Miyake A, Hibiya T, Miyake N, Matsumoto N, Makiyama K, Yao M, Nagashima Y, Ohashi K. Succinate dehydrogenase B-deficient renal cell carcinoma: A case report with novel germline mutation. Pathology international. 2017.11; 67 (11): 585-589. ( PubMed, DOI )

  221. Iwashita Hiromichi, Okudela Koji, Matsumura Mai, Yamanaka Shoji, Sawazumi Tomoe, Enaka Makiko, Udaka Naoko, Miyake Akio, Hibiya Takashi, Miyake Noriko, Matsumoto Naomichi, Makiyama Kazuhide, Yao Masahiro, Nagashima Yoji, Ohashi Kenichi. コハク酸デヒドロゲナーゼB欠損型腎細胞癌 新規生殖細胞系列変異の症例報告(Succinate dehydrogenase B-deficient renal cell carcinoma: A case report with novel germline mutation) Pathology International. 2017.11; 67 (11): 585-589. ( 医中誌 )

  222. Wu CC, Takahashi E, Asano N, Miyata-Takata T, Takata K, Furukawa K, Elsayed AA, Hu LM, Satou A, Kohno K, Kosugi H, Ohashi K, Kinoshita T, Nakamura S, Kato S. Primary cutaneous NK/T-cell lymphoma of nasal type: an age-related lymphoproliferative disease? Human pathology. 2017.10; 68 61-68. ( PubMed, DOI )

  223. Souzaki Ryota, Kinoshita Yoshiaki, Kawakubo Naonori, Obata Satoshi, Koga Yuhki, Kohashi Kenichi, Takemoto Junkichi, Oda Yoshinao, Ohga Shouichi, Hashizume Makoto, Taguchi Tomoaki. 当科における小児固形悪性腫瘍手術に対する術中手術支援システムの開発(The effectiveness of surgical support systems for pediatric malignancy) 日本小児血液・がん学会雑誌. 2017.10; 54 (4): 214. ( 医中誌 )

  224. Takemoto Junkichi, Kohashi Kenichi, Shibui Yuichi, Souzaki Ryota, Kinoshita Yoshiaki, Koga Yuhki, Ohga Shouichi, Taguchi Tomoaki, Oda Yoshinao. 腎明細胞肉腫におけるBCOR遺伝子内縦列重複(BCOR internal tandem duplication in clear cell sarcoma of the kidney) 日本小児血液・がん学会雑誌. 2017.10; 54 (4): 252. ( 医中誌 )

  225. Ikeda S, Sekine A, Baba T, Yamanaka Y, Sadoyama S, Yamakawa H, Oda T, Okuda R, Kitamura H, Okudela K, Iwasawa T, Ohashi K, Takemura T, Ogura T. Low body surface area predicts hepatotoxicity of nintedanib in patients with idiopathic pulmonary fibrosis. Scientific reports. 2017.09; 7 (1): 10811. ( PubMed, DOI )

  226. Makihara H, Hidaka M, Sakai Y, Horie Y, Mitsui H, Ohashi K, Goshima Y, Akase T. Reduction and fragmentation of elastic fibers in the skin of obese mice is associated with altered mRNA expression levels of fibrillin-1 and neprilysin. Connective tissue research. 2017.09; 58 (5): 479-486. ( PubMed, DOI )

  227. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない 日本癌学会総会記事. 2017.09; 76回 P-1285. ( 医中誌 )

  228. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性 日本癌学会総会記事. 2017.09; 76回 P-3275. ( 医中誌 )

  229. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性 日本癌学会総会記事. 2017.09; 76回 P-3274. ( 医中誌 )

  230. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異 日本癌学会総会記事. 2017.09; 76回 P-3276. ( 医中誌 )

  231. Suganuma Nobuyasu, Iwasaki Hiroyuki, Shimizu Satoru, Yoshida Tatsuya, Yamanaka Takashi, Kojima Izumi, Yamazaki Haruhiko, Toda Soji, Nakayama Hirotaka, Masudo Katsuhiko, Rino Yasushi, Kawachi Kae, Miyagi Yohei, Miyake Akio, Ohashi Kenichi, Masuda Munetaka. 非機能性副甲状腺癌 1症例報告(Non-functioning parathyroid carcinoma: a case report) Surgical Case Reports. 2017.07; 3 (July): 1-6. ( 医中誌 )

  232. Kanada S, Sugita A, Mikami T, Ohashi K, Hayashi H. Microcarcinoid arising in patients with long-standing ulcerative colitis: histological analysis. Human pathology. 2017.06; 64 28-36. ( PubMed, DOI )

  233. Yabuuchi Junko, Suwabe Tatsuya, Mizuno Hiroki, Ueno Toshiharu, Hoshino Junichi, Sekine Akinari, Kawada Masahiro, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Hiramatsu Rikako, Hasegawa Eiko, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. 難治性特発性膜性糸球体腎炎患者における長期LDLアフェレーシス(Long-term Low-density Lipoprotein Apheresis in a Patient with Refractory Idiopathic Membranous Glomerulonephritis) Internal Medicine. 2017.06; 56 (12): 1543-1547. ( 医中誌 )

  234. Goto K, Maeda D, Kudo-Asabe Y, Hibiya T, Hayashi A, Fukayama M, Ohashi K, Goto A. <i>PIK3CA</i> and <i>AKT1</i> mutations in hidradenoma papilliferum. Journal of clinical pathology. 2017.05; 70 (5): 424-427. ( PubMed, DOI )

  235. Yabuuchi J, Hayami N, Hoshino J, Sumida K, Suwabe T, Ueno T, Sekine A, Kawada M, Yamanouchi M, Hiramatsu R, Hasegawa E, Sawa N, Takaichi K, Fujii T, Ohashi K, Migita K, Masaki T, Ubara Y. AA Amyloidosis and Atypical Familial Mediterranean Fever with Exon 2 and 3 Mutations. Case reports in nephrology and dialysis. 2017.05; 7 (2): 102-107. ( PubMed, DOI )

  236. Mise K, Ueno T, Hoshino J, Hazue R, Sumida K, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Hiramatsu R, Hasegawa E, Sawa N, Fujii T, Hara S, Wada J, Makino H, Takaichi K, Ohashi K, Ubara Y. Nodular lesions in diabetic nephropathy: Collagen staining and renal prognosis. Diabetes research and clinical practice. 2017.05; 127 187-197. ( PubMed, DOI )

  237. Shibasaki Maiko, Iwai Toshinori, Chikumaru Hiroshi, Hirota Makoto, Mitsudo Kenji, Hibiya Takashi, Ohashi Kenichi, Tohnai Iwai. アクチノミセス属に関連した、下顎の埋伏第3大臼歯を取り囲む石灰化(Actinomyces-associated calcifications around an impacted third molar of the mandible) Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 2017.05; 29 (3): 245-248. ( 医中誌 )

  238. Kohashi Kenichi, Oda Yoshinao. 発癌におけるSMARCB1/INI1の役割とSMARCB1/INI1欠失腫瘍(Oncogenic roles of SMARCB1/INI1 and its deficient tumors) Cancer Science. 2017.04; 108 (4): 547-552. ( 医中誌 )

  239. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 澤住 知枝, 梅田 茂明, 山中 正二, 石川 善啓, 荒井 宏雅, 田尻 道彦, 大橋 健一. 肺の繊毛性粘液結節性乳頭状腫瘍の3例に関する臨床病理学的な研究(A clinicopathological study on three cases of ciliated muconodular papillary tumor of the lung) 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 373. ( 医中誌 )

  240. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 小島 陽子, 三井 秀昭, 立石 陽子, 鈴木 健久, 松村 舞依, 斎藤 悠一, 大橋 健一. 肺腺がんにおいてIL-24の発現損失は浸潤を促進する(Loss of IL-24 expression facilitates invasion in lung adenocarcinoma) 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 330. ( 医中誌 )

  241. 奥寺 康司, 小島 陽子, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 関根 朗雅, 大橋 健一. 肺腺がんの組織形成に細気管支の異形成が関与する可能性(The potential participation of bronchiolar metaplasia in histogenesis of pulmonary adenocarcinoma) 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 278. ( 医中誌 )

  242. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小島 陽子, 梅田 茂明, 立石 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 荒井 宏雅, 関根 朗雅, 大橋 健一. 高悪性度のEGFR変異型肺腺癌の組織病理学的特性(A histopathological feature of EGFR-mutated lung adenocarcinomas with highly malignant potential) 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 370-371. ( 医中誌 )

  243. Ikeda S, Sekine A, Baba T, Okudela K, Iwasawa T, Sakai F, Notohara K, Ohashi K, Takemura T, Ogura T. Abundant immunoglobulin (Ig)G4-positive plasma cells in interstitial pneumonia without extrathoracic lesions of IgG4-related disease: is this finding specific to IgG4-related lung disease? Histopathology. 2017.01; 70 (2): 242-252. ( PubMed, DOI )

  244. Yabuuchi J, Suwabe T, Mizuno H, Ueno T, Hoshino J, Sekine A, Kawada M, Yamanouchi M, Hayami N, Hiramatsu R, Hasegawa E, Sawa N, Takaichi K, Fujii T, Ohashi K, Ubara Y. Long-term Low-density Lipoprotein Apheresis in a Patient with Refractory Idiopathic Membranous Glomerulonephritis. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2017; 56 (12): 1543-1547. ( PubMed, DOI )

  245. Iijima T, Hoshino J, Takaichi K, Kohno T, Fujii T, Ohashi K, Ubara Y. Lupus Nephritis with Thymoma Managed by Thoracoscopic Surgery and Prednisolone. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2017; 56 (24): 3311-3316. ( PubMed, DOI )

  246. Mise K, Yamaguchi Y, Hoshino J, Ueno T, Sekine A, Sumida K, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Hiramatsu R, Hasegawa E, Sawa N, Fujii T, Hara S, Sugiyama H, Makino H, Wada J, Ohashi K, Takaichi K, Ubara Y. Paratubular basement membrane insudative lesions predict renal prognosis in patients with type 2 diabetes and biopsy-proven diabetic nephropathy. PloS one. 2017; 12 (8): e0183190. ( PubMed, DOI )

  247. Nonaka T, Inamori M, Honda Y, Kanoshima K, Inoh Y, Matsuura M, Uchiyama S, Sakai E, Higurashi T, Ohkubo H, Iida H, Endo H, Fujita K, Kusakabe A, Atsukawa K, Takahashi H, Tateishi Y, Maeda S, Ohashi K, Nakajima A. Can magnifying endoscopy with narrow-band imaging discriminate between carcinomas and low grade adenomas in gastric superficial elevated lesions? Endoscopy international open. 2016.11; 4 (11): E1203-E1210. ( PubMed, DOI )

  248. Tateishi Y, Okudela K, Kawai S, Suzuki T, Umeda S, Matsumura M, Kioi M, Ohashi K. Intraosseous inflammatory myofibroblastic tumor of the mandible with a novel ATIC-ALK fusion mutation: a case report. Diagnostic pathology. 2016.11; 11 (1): 132. ( PubMed, DOI )

  249. Ueno Toshiharu, Kikuchi Koichi, Hazue Ryo, Mise Koki, Sumida Keiichi, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Arizono Kenji, Hara Shigeko, Takaichi Kenmei, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. 軽鎖沈着症患者における5年間の腎組織学検査の評価(Five Sequential Evaluations of Renal Histology in a Patient with Light Chain Deposition Disease) Internal Medicine. 2016.10; 55 (20): 2993-2999. ( 医中誌 )

  250. Iijima T, Hoshino J, Mise K, Sumida K, Suwabe T, Hayami N, Ueno T, Takaichi K, Fujii T, Ohashi K, Morisada N, Iijima K, Ubara Y. Daughter and mother with orofaciodigital syndrome type 1 and glomerulocystic kidney disease. Human pathology. 2016.09; 55 24-9. ( PubMed, DOI )

  251. Yabuuchi J, Suwabe T, Ueno T, Hoshino J, Sekine A, Hayami N, Oguro M, Kunisawa K, Kawada M, Yamanouchi M, Sumida K, Mizuno H, Hasegawa E, Sawa N, Takaichi K, Ohashi K, Fujii T, Ubara Y. Sjögren Syndrome-Related Membranous Glomerulonephritis Progressing to Membranoproliferative Glomerulonephritis. Case reports in nephrology and dialysis. 2016.09; 6 (3): 133-142. ( PubMed, DOI )

  252. Ueno Toshiharu, Sumida Keiichi, Hoshino Junichi, Suwabe Tatsuya, Mise Koki, Hazue Ryo, Hayami Noriko, Hiramatsu Rikako, Kawada Masahiro, Imafuku Aya, Hasegawa Eiko, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Nishida Aya, Ubara Yoshifumi. 関節リウマチ患者におけるAA陰性κ陽性アミロイドーシス(AA-negative and Kappa-positive Amyloidosis in a Patient with Rheumatoid Arthritis) Internal Medicine. 2016.09; 55 (17): 2491-2495. ( 医中誌 )

  253. Okudela K, Mitsui H, Woo T, Kojima Y, Matsumura M, Arai H, Suzuki T, Umeda S, Tateishi Y, Saito Y, Tajiri M, Masuda M, Kameda Y, Ohashi K. Expression of tropomyosins in lung cancer - a potential role in carcinogenesis and its utility in a histopathological diagnosis. Histology and histopathology. 2016.08; 31 (8): 857-66. ( PubMed, DOI )

  254. Hoshino Junichi, Fujii Takayuki, Usui Joichi, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Takaichi Kenmei, Suzuki Satoshi, Ubara Yoshifumi, Yamagata Kunihiro. IgA腎症罹患患者における扁桃摘出術とステロイドパルス療法との併用の腎予後 多施設共同コホート研究の結果(Renal outcome after tonsillectomy plus corticosteroid pulse therapy in patients with immunoglobulin A nephropathy: results of a multicenter cohort study) Clinical and Experimental Nephrology. 2016.08; 20 (4): 618-627. ( 医中誌 )

  255. Hoshino J, Fujii T, Usui J, Fujii T, Ohashi K, Takaichi K, Suzuki S, Ubara Y, Yamagata K. Renal outcome after tonsillectomy plus corticosteroid pulse therapy in patients with immunoglobulin A nephropathy: results of a multicenter cohort study. Clinical and experimental nephrology. 2016.08; 20 (4): 618-627. ( PubMed, DOI )

  256. Okudela K, Mitsui H, Woo T, Arai H, Suzuki T, Matsumura M, Kojima Y, Umeda S, Tateishi Y, Masuda M, Ohashi K. Alterations in cathepsin L expression in lung cancers. Pathology international. 2016.07; 66 (7): 386-92. ( PubMed, DOI )

  257. Hamanoue S, Suwabe T, Hoshino J, Sumida K, Mise K, Hayami N, Sawa N, Takaichi K, Fujii T, Ohashi K, Yazaki M, Ikeda S, Ubara Y. Successful treatment with humanized anti-interleukin-6 receptor antibody (tocilizumab) in a case of AA amyloidosis complicated by familial Mediterranean fever. Modern rheumatology. 2016.07; 26 (4): 610-3. ( PubMed, DOI )

  258. Hamanoue Satoshi, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sumida Keiichi, Mise Koki, Hayami Noriko, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Yazaki Masahide, Ikeda Shuichi, Ubara Yoshifumi. 家族性地中海熱を合併したAAアミロイド症に対してヒト化抗インターロイキン-6受容体抗体(トシリズマブ)による治療が奏効した1例(Successful treatment with humanized anti-interleukin-6 receptor antibody(tocilizumab) in a case of AA amyloidosis complicated by familial Mediterranean fever) Modern Rheumatology. 2016.07; 26 (4): 610-613. ( 医中誌 )

  259. Okudela Koji, Mitsui Hideaki, Woo Tetsukan, Arai Hiromasa, Suzuki Takehisa, Matsumura Mai, Kojima Yoko, Umeda Shigeaki, Tateishi Yoko, Masuda Munetaka, Ohashi Kenichi. 肺癌におけるカテプシンL発現の変化(Alterations in cathepsin L expression in lung cancers) Pathology International. 2016.07; 66 (7): 386-392. ( 医中誌 )

  260. Odagiri H, Iizuka T, Kikuchi D, Kaise M, Takeda H, Ohashi K, Yasunaga H. Gastrointestinal Endoscopy-Assisted Minimally Invasive Surgery for Superficial Cancer of the Uvula. Clinical endoscopy. 2016.05; 49 (3): 289-93. ( PubMed, DOI )

  261. Kubota K, Hoshino J, Ueno T, Mise K, Hazue R, Sekine A, Yabuuchi J, Yamanouchi M, Suwabe T, Kikuchi K, Sumida K, Hayami N, Sawa N, Takaichi K, Fujii T, Ohashi K, Akiyama S, Maruyama S, Ubara Y. Phospholipase A2 Receptor-Positive Idiopathic Membranous Glomerulonephritis with Onset at 95 Years: Case Report. Case reports in nephrology and dialysis. 2016.05; 6 (2): 76-82. ( PubMed, DOI )

  262. Hiramatsu R, Ubara Y, Sawa N, Hasegawa E, Kawada M, Imafuku A, Sumida K, Mise K, Yamanouchi M, Ueno T, Sekine A, Hayami N, Suwabe T, Hoshino J, Takaichi K, Ohashi K, Fujii T, Wake A, Taniguchi S. Clinicopathological analysis of allogeneic hematopoietic stem cell transplantation-related membranous glomerulonephritis. Human pathology. 2016.04; 50 187-94. ( PubMed, DOI )

  263. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 松村 舞衣, 小島 陽子, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. miR-31およびmiR-21は早期大腸癌において発現が亢進している(Expressions of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early colorectal cancer) 日本病理学会会誌. 2016.04; 105 (1): 488. ( 医中誌 )

  264. Mise K, Hoshino J, Ueno T, Hazue R, Hasegawa J, Sekine A, Sumida K, Hiramatsu R, Hasegawa E, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Sawa N, Fujii T, Hara S, Ohashi K, Takaichi K, Ubara Y. Prognostic Value of Tubulointerstitial Lesions, Urinary N-Acetyl-β-d-Glucosaminidase, and Urinary β2-Microglobulin in Patients with Type 2 Diabetes and Biopsy-Proven Diabetic Nephropathy. Clinical journal of the American Society of Nephrology : CJASN. 2016.04; 11 (4): 593-601. ( PubMed, DOI )

  265. 奥寺 康司, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 禹 哲漢, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるカテプシンLの発現(Expression of cathepsin L in lung adenocarcinomas) 日本病理学会会誌. 2016.04; 105 (1): 458. ( 医中誌 )

  266. 小島 陽子, 奥寺 康司, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 田尻 道彦, 小倉 高志, 武村 民子, 益田 宗孝, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併する肺癌の病理組織学的検討(The Pathological Features of Lung Adenocarcinoma with Interstitial Pneumonia) 日本病理学会会誌. 2016.04; 105 (1): 458-459. ( 医中誌 )

  267. Nonaka T, Inamori M, Kanoshima K, Ohkuma K, Inoh Y, Matsuura M, Fuyuki A, Uchiyama S, Higurashi T, Ohkubo H, Iida H, Endo H, Tateishi Y, Kusakabe A, Ohashi K, Maeda S, Nakajima A. Evaluation of endoscopic findings for discriminating between early carcinomas and low-grade adenomas in superficial elevated gastric lesions. The Turkish journal of gastroenterology : the official journal of Turkish Society of Gastroenterology. 2016.03; 27 (2): 108-14. ( PubMed, DOI )

  268. Izumi K, Ito Y, Miyamoto H, Miyoshi Y, Ota J, Moriyama M, Murai T, Hayashi H, Inayama Y, Ohashi K, Yao M, Uemura H. Expression of androgen receptor in non-muscle-invasive bladder cancer predicts the preventive effect of androgen deprivation therapy on tumor recurrence. Oncotarget. 2016.03; 7 (12): 14153-60. ( PubMed, DOI )

  269. Kaseda Koji, Marui Yuji, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sumida Keiichi, Hayami Noriko, Mise Koki, Tanaka Kiho, Takaichi Kenmei, Tomikawa Shinji, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. 難治性小児期発症ANCA関連血管炎患者に対する腎移植(Kidney transplantation for a patient with refractory childhood-onset ANCA-associated vasculitis) Modern Rheumatology. 2016.03; 26 (2): 307-309. ( 医中誌 )

  270. Matsumura M, Okudela K, Kojima Y, Umeda S, Tateishi Y, Sekine A, Arai H, Woo T, Tajiri M, Ohashi K. A Histopathological Feature of EGFR-Mutated Lung Adenocarcinomas with Highly Malignant Potential - An Implication of Micropapillary Element. PloS one. 2016; 11 (11): e0166795. ( PubMed, DOI )

  271. Ueno T, Sumida K, Hoshino J, Suwabe T, Mise K, Hazue R, Hayami N, Hiramatsu R, Kawada M, Imafuku A, Hasegawa E, Sawa N, Takaichi K, Kinowaki K, Ohashi K, Fujii T, Nishida A, Ubara Y. AA-negative and Kappa-positive Amyloidosis in a Patient with Rheumatoid Arthritis. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2016; 55 (17): 2491-5. ( PubMed, DOI )

  272. Sumida K, Hoshino J, Ueno T, Mise K, Hayami N, Suwabe T, Kawada M, Imafuku A, Hiramatsu R, Hasegawa E, Yamanouchi M, Sawa N, Fujii T, Ohashi K, Takaichi K, Ubara Y. Effect of Proteinuria and Glomerular Filtration Rate on Renal Outcome in Patients with Biopsy-Proven Benign Nephrosclerosis. PloS one. 2016; 11 (1): e0147690. ( PubMed, DOI )

  273. Ueno T, Kikuchi K, Hazue R, Mise K, Sumida K, Hayami N, Suwabe T, Hoshino J, Sawa N, Arizono K, Hara S, Takaichi K, Fujii T, Ohashi K, Ubara Y. Five Sequential Evaluations of Renal Histology in a Patient with Light Chain Deposition Disease. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2016; 55 (20): 2993-2999. ( PubMed, DOI )

  274. Kaseda K, Marui Y, Suwabe T, Hoshino J, Sumida K, Hayami N, Mise K, Tanaka K, Takaichi K, Tomikawa S, Fujii T, Ohashi K, Ubara Y. Kidney transplantation for a patient with refractory childhood-onset ANCA-associated vasculitis. Modern rheumatology. 2016; 26 (2): 307-9. ( PubMed, DOI )

  275. Sawazumi Tomoe, Kato Ikuma, Tanaka Mio, Tanaka Yukichi, Yamanaka Shoji, Kuroda Naoto, Yao Masahiro, Nagashima Yoji, Ohashi Kenichi. Xp11.2/TFE3 translocation-associated renal cell carcinoma with multilocular cystic structures in an elderly patient: a case report INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL AND EXPERIMENTAL PATHOLOGY. 2016; 9 (3): 3987-3992.

  276. Miyake N, Tsukaguchi H, Koshimizu E, Shono A, Matsunaga S, Shiina M, Mimura Y, Imamura S, Hirose T, Okudela K, Nozu K, Akioka Y, Hattori M, Yoshikawa N, Kitamura A, Cheong HI, Kagami S, Yamashita M, Fujita A, Miyatake S, Tsurusaki Y, Nakashima M, Saitsu H, Ohashi K, Imamoto N, Ryo A, Ogata K, Iijima K, Matsumoto N. Biallelic Mutations in Nuclear Pore Complex Subunit NUP107 Cause Early-Childhood-Onset Steroid-Resistant Nephrotic Syndrome. American journal of human genetics. 2015.10; 97 (4): 555-66. ( PubMed, DOI )

  277. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義 日本癌学会総会記事. 2015.10; 74回 P-2222. ( 医中誌 )

  278. Tateishi Y, Okudela K, Mitsui H, Umeda S, Suzuki T, Kojima Y, Watanabe K, Kawano N, Endo I, Ohashi K. The potential role of microRNA-31 expression in early colorectal cancer. Pathology international. 2015.10; 65 (10): 513-8. ( PubMed, DOI )

  279. Yamanouchi Masayuki, Ubara Yoshifumi, Imafuku Aya, Kawada Masahiro, Koki Mise, Sumida Keiichi, Hiramatsu Rikako, Hasegawa Eiko, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Matsuda Masayuki, Takaichi Kenmei. 家族性地中海熱患者における悪性腎硬化症(Malignant Nephrosclerosis in a Patient with Familial Mediterranean Fever) Internal Medicine. 2015.10; 54 (20): 2643-2646. ( 医中誌 )

  280. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現 日本癌学会総会記事. 2015.10; 74回 P-1316. ( 医中誌 )

  281. Tateishi Yoko, Okudela Koji, Mitsui Hideaki, Umeda Shigeaki, Suzuki Takehisa, Kojima Yoko, Watanabe Kazuteru, Kawano Naomi, Endo Itaru, Ohashi Kenichi. 早期結腸直腸癌におけるマイクロRNA-31発現の潜在的な役割(The potential role of microRNA-31 expression in early colorectal cancer) Pathology International. 2015.10; 65 (10): 513-518. ( 医中誌 )

  282. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割 日本癌学会総会記事. 2015.10; 74回 P-2185. ( 医中誌 )

  283. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成 日本癌学会総会記事. 2015.10; 74回 P-3241. ( 医中誌 )

  284. Mise K, Hoshino J, Ueno T, Hazue R, Sumida K, Hiramatsu R, Hasegawa E, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Sawa N, Fujii T, Hara S, Ohashi K, Takaichi K, Ubara Y. Clinical and pathological predictors of estimated GFR decline in patients with type 2 diabetes and overt proteinuric diabetic nephropathy. Diabetes/metabolism research and reviews. 2015.09; 31 (6): 572-81. ( PubMed, DOI )

  285. Sekine A, Hasegawa E, Hiramatsu R, Mise K, Sumida K, Ueno T, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Hoshino J, Sawa N, Takaichi K, Ohashi K, Fujii T, Ubara Y. Two Types of Renovascular Lesions in Lupus Nephritis with Clinical Thrombotic Thrombocytopenic Purpura. Case reports in nephrology and dialysis. 2015.09; 5 (3): 192-9. ( PubMed, DOI )

  286. Yamazaki Etsuko, Enaka Makiko, Koyama Satoshi, Miyashita Kazuho, Takahashi Hiroyuki, Nakajima Yuki, Miyazaki Takuya, Tachibana Takayoshi, Ohashi Kenichi, Tomita Naoto, Ishigatsubo Yoshiaki. 骨髄異形成症候群においてp53の高発現はWT1レベルおよび生存と関連する(High p53 expression is associated with WT1 level and survival in myelodysplastic syndrome) 臨床血液. 2015.09; 56 (9): 1382. ( 医中誌 )

  287. Inenaga Jun-ichi, Ueno Toshiharu, Kawada Masahiro, Imafuku Aya, Mise Koki, Sumida Keiichi, Hiramatsu Rikako, Hasegawa Eiko, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Okaneya Toshikazu, Ubara Yoshifumi. IgG4関連疾患 腎盂付近の腎内洞における腫瘤病変(IgG4-related Disease: A Mass Lesion in the Intrarenal Sinus near the Renal Pelvis) Internal Medicine. 2015.08; 54 (15): 1897-1900. ( 医中誌 )

  288. Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Suwabe Tatsuya, Sumida Keiichi, Mise Koki, Hamanoue Satoshi, Sawa Naoki, Kitajima Izuru, Hirota Yutaka, Oohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Okuda Itsuko, Takaichi Kenmei, Ubara Yoshifumi. 長期腹膜透析または血液透析中の患者における破壊性脊椎関節症(Destructive Spondyloarthropathy in Patients on Long-Term Peritoneal Dialysis or Hemodialysis) Therapeutic Apheresis and Dialysis. 2015.08; 19 (4): 393-398. ( 医中誌 )

  289. Takashima Yoko, Kamitani Takeshi, Kawanami Satoshi, Nagao Michinobu, Yonezawa Masato, Yamasaki Yuzo, Baba Shingo, Yabuuchi Hidetake, Hida Tomoyuki, Kohashi Kenichi, Nakamura Katsuya, Sonoda Hiromichi, Oda Yoshinao, Honda Hiroshi. 縦隔傍神経節腫(Mediastinal paraganglioma) Japanese Journal of Radiology. 2015.07; 33 (7): 433-436. ( 医中誌 )

  290. Maekawa Akira, Kohashi Kenichi, Yamada Yuichi, Nakamizo Akira, Yoshimoto Koji, Mizoguchi Masahiro, Iwaki Toru, Oda Yoshinao. 脱分化成分を有する頭蓋内孤立性線維性腫瘍/血管周囲細胞腫の1例(A case of intracranial solitary fibrous tumor/hemangiopericytoma with dedifferentiated component) NEUROPATHOLOGY. 2015.06; 35 (3): 260-265. ( 医中誌 )

  291. Yamazaki E., Enaka M., Koyama S., Takahashi H., Nakajima Y., Miyazaki T., Tachibana T., Ohashi K., Tomita N., Ishigatsubo Y.. HIGH P53 PROTEIN EXPRESSION IS ASSOCIATED WITH WT1 MRNA LEVEL AND DISEASE STAGE PROGRESSION IN PATIENTS WITH MYELODYSPLASTIC SYNDROME. HAEMATOLOGICA. 2015.06; 100 722-723.

  292. Kubota K, Ueno T, Mise K, Hazue R, Suwabe T, Kikuchi K, Hoshino J, Sumida K, Hayami N, Takaichi K, Fujii T, Ohashi K, Nonomura Y, Ubara Y. ANCA-Associated Vasculitis in a Patient with Systematic Sclerosis and Sjögren's Syndrome: A Case Report. Case reports in nephrology and dialysis. 2015.05; 5 (2): 113-7. ( PubMed, DOI )

  293. Hasegawa J, Hoshino J, Suwabe T, Hayami N, Sumida K, Mise K, Ueno T, Sawa N, Wake A, Ohashi K, Fujii T, Honda K, Takaichi K, Ubara Y. Characteristics of Intravascular Large B-Cell Lymphoma Limited to the Glomerular Capillaries: A Case Report. Case reports in nephrology and dialysis. 2015.05; 5 (2): 173-9. ( PubMed, DOI )

  294. Sekine A, Satoh H, Iwasawa T, Tamura K, Hayashihara K, Saito T, Kato T, Arai M, Okudela K, Ohashi K, Ogura T. Erratum to: prognostic factors for brain metastases from non-small cell lung cancer with EGFR mutation: influence of stable extracranial disease and erlotinib therapy. Medical oncology (Northwood, London, England). 2015.05; 32 (5): 166. ( PubMed, DOI )

  295. Mise K., Hoshino J., Ueno T., Imafuku A., Kawada M., Sumida K., Hiramatsu R., Hasegawa E., Yamanouchi M., Hayami N., Suwabe T., Sawa N., Fujii T., Hara S., Ohashi K., Takaichi K., Ubara Y.. Impact of tubulointerstitial lesions on anaemia in patients with biopsy-proven diabetic nephropathy DIABETIC MEDICINE. 2015.04; 32 (4): 546-555. ( PubMed, DOI )

  296. Oshiro H, Fukumura H, Nagahama K, Sato I, Sugiura K, Iobe H, Okiyama E, Nagao T, Nagashima Y, Aoki I, Yamanaka S, Murakami A, Maegawa J, Chishima T, Ichikawa Y, Ishikawa Y, Nagai T, Nomura M, Ohashi K, Okudela K. Establishment of successively transplantable rabbit VX2 cancer cells that express enhanced green fluorescent protein. Medical molecular morphology. 2015.03; 48 (1): 13-23. ( PubMed, DOI )

  297. Odagiri H, Iizuka T, Ohashi K, Yasunaga H. Unusual case of a submucosal tumor in the sigmoid colon. Gastrointestinal elastosis. Saudi journal of gastroenterology : official journal of the Saudi Gastroenterology Association. 2015.03; 21 (2): 119-20. ( PubMed, DOI )

  298. 奥寺 康司, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 禹 哲漢, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 立石 陽子, 松村 舞衣, 大橋 健一. 肺がんにおけるトロポミオシンの発現 肺がんの発症に重要な役割を果たす可能性(Expression of tropomyosin in lung cancer potential role in lung carcinogenesis) 日本病理学会会誌. 2015.03; 104 (1): 293. ( 医中誌 )

  299. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 小島 陽子, 松村 舞依, 大橋 健一. 肺腺腫におけるIL-24の腫瘍抑制的な役割(Tumor suppressor role of IL24 in lung adenocarcinoma) 日本病理学会会誌. 2015.03; 104 (1): 454. ( 医中誌 )

  300. Oshiro Hisashi, Fukumura Hidenobu, Nagahama Kiyotaka, Sato Itaru, Sugiura Kei, Iobe Hiroaki, Okiyama Emi, Nagao Toshitaka, Nagashima Yoji, Aoki Ichiro, Yamanaka Shoji, Murakami Ayumi, Maegawa Jiro, Chishima Takashi, Ichikawa Yasushi, Ishikawa Yoshihiro, Nagai Takeshi, Nomura Masaharu, Ohashi Kenichi, Okudela Koji. 高感度緑色蛍光蛋白質を発現する継代移植可能なウサギVX2癌細胞の樹立(Establishment of successively transplantable rabbit VX2 cancer cells that express enhanced green fluorescent protein) Medical Molecular Morphology. 2015.03; 48 (1): 13-23. ( 医中誌 )

  301. Matsumura M, Okudela K, Tateishi Y, Umeda S, Mitsui H, Suzuki T, Nakayama T, Inayama Y, Ohashi K. Leptomeningeal melanomatosis associated with neurocutaneous melanosis: an autopsy case report. Pathology international. 2015.02; 65 (2): 100-5. ( PubMed, DOI )

  302. Matsumura Mai, Okudela Koji, Tateishi Yoko, Umeda Shigeaki, Mitsui Hideaki, Suzuki Takehisa, Nakayama Takashi, Inayama Yoshiaki, Ohashi Kenichi. 神経皮膚黒色症を併発する軟膜黒色腫症 1剖検例の報告(Leptomeningeal melanomatosis associated with neurocutaneous melanosis: An autopsy case report) Pathology International. 2015.02; 65 (2): 100-105. ( 医中誌 )

  303. Tateishi Y, Takahashi M, Horiguchi S, Funata N, Koizumi K, Okudela K, Hishima T, Ohashi K. Clinicopathologic study of intestinal spirochetosis in Japan with special reference to human immunodeficiency virus infection status and species types: analysis of 5265 consecutive colorectal biopsies. BMC infectious diseases. 2015.01; 15 13. ( PubMed, DOI )

  304. Iijima Takashi, Suwabe Tatsuya, Sumida Keiichi, Hayami Noriko, Hiramatsu Rikako, Hasegawa Eiko, Yamanouchi Masayuki, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Oohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. トシリズマブは壊死性半月体性糸球体腎炎を伴う全身性リウマトイド血管炎を改善する(Tocilizumab improves systemic rheumatoid vasculitis with necrotizing crescentic glomerulonephritis) Modern Rheumatology. 2015.01; 25 (1): 138-142. ( 医中誌 )

  305. Hoshino J, Mise K, Ueno T, Imafuku A, Kawada M, Sumida K, Hiramatsu R, Hasegawa E, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Sawa N, Hara S, Fujii T, Ohashi K, Ubara Y, Takaichi K. A pathological scoring system to predict renal outcome in diabetic nephropathy. American journal of nephrology. 2015; 41 (4-5): 337-44. ( PubMed, DOI )

  306. Inenaga J, Ueno T, Kawada M, Imafuku A, Mise K, Sumida K, Hiramatsu R, Hasegawa E, Hayami N, Suwabe T, Hoshino J, Sawa N, Takaichi K, Fujii T, Ohashi K, Okaneya T, Ubara Y. IgG4-related Disease: A Mass Lesion in the Intrarenal Sinus near the Renal Pelvis. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2015; 54 (15): 1897-900. ( PubMed, DOI )

  307. Yamanouchi M, Ubara Y, Imafuku A, Kawada M, Koki M, Sumida K, Hiramatsu R, Hasegawa E, Hayami N, Suwabe T, Hoshino J, Sawa N, Ohashi K, Fujii T, Matsuda M, Takaichi K. Malignant nephrosclerosis in a patient with familial Mediterranean fever. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2015; 54 (20): 2643-6. ( PubMed, DOI )

  308. Woo T, Okudela K, Mitsui H, Tajiri M, Rino Y, Ohashi K, Masuda M. Up-Regulation of S100A11 in Lung Adenocarcinoma - Its Potential Relationship with Cancer Progression. PloS one. 2015; 10 (11): e0142642. ( PubMed, DOI )

  309. Okudela K, Umeda S, Otara M, Honda E, Ohmori T, Tajari M, Kameda Y, Ohashi K. A case of pulmonary hamartoma with distinctive histopathological features: a discussion of its differential diagnosis and histogenesis. Pathology international. 2014.12; 64 (12): 618-23. ( PubMed, DOI )

  310. Mise K, Hoshino J, Ueno T, Sumida K, Hiramatsu R, Hasegawa E, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Sawa N, Fujii T, Hara S, Ohashi K, Takaichi K, Ubara Y. Clinical implications of linear immunofluorescent staining for immunoglobulin G in patients with diabetic nephropathy. Diabetes research and clinical practice. 2014.12; 106 (3): 522-30. ( PubMed, DOI )

  311. Okudela Koji, Umeda Shigeaki, Otara Misa, Honda Emi, Ohmori Takahiro, Tajari Michihiko, Kameda Yoichi, Ohashi Kenichi. 特徴的な病理組織学的所見を示す肺過誤腫の1例 鑑別診断と組織形成に関する考察(A case of pulmonary hamartoma with distinctive histopathological features: A discussion of its differential diagnosis and histogenesis) Pathology International. 2014.12; 64 (12): 618-623. ( 医中誌 )

  312. Okudela K, Suzuki T, Umeda S, Tateishi Y, Mitsui H, Miyagi Y, Ohashi K. A comprehensive search for microRNAs with expression profiles modulated by oncogenic KRAS: potential involvement of miR-31 in lung carcinogenesis. Oncology reports. 2014.10; 32 (4): 1374-84. ( PubMed, DOI )

  313. Sekine A, Satoh H, Iwasawa T, Tamura K, Hayashihara K, Saito T, Kato T, Arai M, Okudela K, Ohashi K, Ogura T. Prognostic factors for brain metastases from non-small cell lung cancer with EGFR mutation: influence of stable extracranial disease and erlotinib therapy. Medical oncology (Northwood, London, England). 2014.10; 31 (10): 228. ( PubMed, DOI )

  314. Imada Kenjiro, Shiota Masaki, Kohashi Kenichi, Kuroiwa Kentaro, Yoo Hyun Song, Sugimoto Masaaki, Oda Yoshinao, Naito Seiji. Y-box結合タンパク質-1とRaf/MEK/ERKシグナル伝達の相互調節が前立腺癌の進行を促進する(Mutual regulation between Y-box binding protein-1 and Raf/MEK/ERK signaling promotes prostate cancer progression) 西日本泌尿器科. 2014.10; 76 (増刊): 96. ( 医中誌 )

  315. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS) 日本癌学会総会記事. 2014.09; 73回 P-2082. ( 医中誌 )

  316. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC) 日本癌学会総会記事. 2014.09; 73回 P-2364. ( 医中誌 )

  317. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma) 日本癌学会総会記事. 2014.09; 73回 P-1345. ( 医中誌 )

  318. Endo A, Hoshino J, Suwabe T, Sumida K, Mise K, Hiramatsu R, Hasegawa E, Yamanouchi M, Hayami N, Sawa N, Takaichi K, Ohashi K, Fujii T, Ubara Y. Significance of small renal artery lesions in patients with antineutrophil cytoplasmic antibody-associated glomerulonephritis. The Journal of rheumatology. 2014.06; 41 (6): 1140-6. ( PubMed, DOI )

  319. 奥寺 康司, 片山 映, 永原 則之, 三井 秀明, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 禹 哲漢, 小島 陽子, 大橋 健一. KRAS下流標的に関するプロテオーム分析 肺の発癌におけるCLIC4(Proteome analysis for downstream targets of KRAS: CLIC4 in lung carcinogenesis) 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 202. ( 医中誌 )

  320. Hiramatsu R, Hoshino J, Suwabe T, Sumida K, Hasegawa E, Yamanouchi M, Hayami N, Sawa N, Takaichi K, Ohashi K, Fujii T, Ubara Y. Membranoproliferative glomerulonephritis and circulating cryoglobulins. Clinical and experimental nephrology. 2014.02; 18 (1): 88-94. ( PubMed, DOI )

  321. Sato A, Hashimoto M, Moriyama J, Hanaoka M, Momose K, Kinowaki K, Ando S, Fujii T, Ohashi K, Watanabe G. Rhabdomyosarcoma of the duodenum: report of a case. Surgery today. 2014.02; 44 (2): 378-82. ( PubMed, DOI )

  322. Sato Asahi, Hashimoto Masaji, Moriyama Jin, Hanaoka Marie, Momose Kohta, Kinowaki Keiichi, Ando Sumiyo, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Watanabe Goro. 十二指腸横紋筋肉腫 1症例報告(Rhabdomyosarcoma of the duodenum: report of a case) Surgery Today. 2014.02; 44 (2): 378-382. ( 医中誌 )

  323. Hiramatsu Rikako, Hoshino Junichi, Suwabe Tatsuya, Sumida Keiichi, Hasegawa Eiko, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takashi, Ubara Yoshifumi. 膜性増殖性糸球体腎炎と循環血中のクリオグロブリン(Membranoproliferative glomerulonephritis and circulating cryoglobulins) Clinical and Experimental Nephrology. 2014.02; 18 (1): 88-94. ( 医中誌 )

  324. Mise K, Hoshino J, Ubara Y, Sumida K, Hiramatsu R, Hasegawa E, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Sawa N, Fujii T, Ohashi K, Hara S, Takaichi K. Renal prognosis a long time after renal biopsy on patients with diabetic nephropathy. Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association. 2014.01; 29 (1): 109-18. ( PubMed, DOI )

  325. Okudela K, Tateishi Y, Umeda S, Mitsui H, Suzuki T, Saito Y, Woo T, Tajiri M, Masuda M, Miyagi Y, Ohashi K. Allelic imbalance in the miR-31 host gene locus in lung cancer--its potential role in carcinogenesis. PloS one. 2014; 9 (6): e100581. ( PubMed, DOI )

  326. Okudela K, Mitsui H, Suzuki T, Woo T, Tateishi Y, Umeda S, Saito Y, Tajiri M, Masuda M, Ohashi K. Expression of HDAC9 in lung cancer--potential role in lung carcinogenesis. International journal of clinical and experimental pathology. 2014; 7 (1): 213-20. ( PubMed )

  327. Okudela K, Katayama A, Woo T, Mitsui H, Suzuki T, Tateishi Y, Umeda S, Tajiri M, Masuda M, Nagahara N, Kitamura H, Ohashi K. Proteome analysis for downstream targets of oncogenic KRAS--the potential participation of CLIC4 in carcinogenesis in the lung. PloS one. 2014; 9 (2): e87193. ( PubMed, DOI )

  328. Umeda S, Tateno M, Miyagi E, Sakurai K, Tanaka R, Tateishi Y, Tokinaga A, Ohashi K, Furuya M. Uterine tumors resembling ovarian sex cord tumors (UTROSCT) with metastasis: clinicopathological study of two cases. International journal of clinical and experimental pathology. 2014; 7 (3): 1051-9. ( PubMed )

  329. Miyoshi Kina, Nakatsura Tetsuya, Kohashi Kenichi, Kuda Masaaki, Souzaki Ryota, Kinoshita Yoshiaki, Taguchi Tomoaki, Oda Yoshinao. 横紋筋肉腫 悪性小円形細胞性腫瘍におけるglypican 3発現(Rhabdomyosarcoma Expression of glypican 3 in malignant small round cell tumors) 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号. 2013.11; 55回・11回・18回 144. ( 医中誌 )

  330. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes) 日本癌学会総会記事. 2013.10; 72回 380. ( 医中誌 )

  331. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer) 日本癌学会総会記事. 2013.10; 72回 451. ( 医中誌 )

  332. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung) 日本癌学会総会記事. 2013.10; 72回 378. ( 医中誌 )

  333. Sumida K, Ubara Y, Marui Y, Nakamura M, Takaichi K, Tomikawa S, Fujii T, Ohashi K. Recurrent proliferative glomerulonephritis with monoclonal IgG deposits of IgG2λ subtype in a transplanted kidney: a case report. American journal of kidney diseases : the official journal of the National Kidney Foundation. 2013.09; 62 (3): 587-90. ( PubMed, DOI )

  334. Saito T, Ueno M, Ota Y, Nakamura Y, Hashimoto M, Udagawa H, Mizuno K, Ohashi K, Watanabe G. Histopathological and clinical characteristics of duodenal gastrointestinal stromal tumors as predictors of malignancy. World journal of surgical oncology. 2013.08; 11 202. ( PubMed, DOI )

  335. Tateishi Y, Furuya M, Kondo F, Torii I, Nojiri K, Tanaka Y, Umeda S, Okudela K, Inayama Y, Endo I, Ohashi K. Hepatocyte nuclear factor-1 α inactivated hepatocellular adenomas in patient with congenital absence of the portal vein: a case report. Pathology international. 2013.07; 63 (7): 358-63. ( PubMed, DOI )

  336. Mise K, Ubara Y, Matsumoto M, Sumida K, Hiramatsu R, Hasegawa E, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Hoshino J, Sawa N, Ohashi K, Kokame K, Miyata T, Fujimura Y, Takaichi K. Long term follow up of congenital thrombotic thrombocytopenic purpura (Upshaw-Schulman syndrome) on hemodialysis for 19 years: a case report. BMC nephrology. 2013.07; 14 156. ( PubMed, DOI )

  337. Hanaoka M, Hashimoto M, Sasaki K, Matsuda M, Fujii T, Ohashi K, Watanabe G. Retroperitoneal cavernous hemangioma resected by a pylorus preserving pancreaticoduodenectomy. World journal of gastroenterology. 2013.07; 19 (28): 4624-9. ( PubMed, DOI )

  338. Tateishi Yoko, Furuya Mitsuko, Kondo Fukuo, Torii Ikuo, Nojiri Kazunori, Tanaka Yukichi, Umeda Shigeaki, Okudela Koji, Inayama Yoshiaki, Endo Itaru, Ohashi Kenichi. 先天的門脈欠損患者における肝細胞核因子-1α不活性化肝細胞腺腫 1症例報告(Hepatocyte nuclear factor-1α inactivated hepatocellular adenomas in patient with congenital absence of the portal vein: A case report) Pathology International. 2013.07; 63 (7): 358-363. ( 医中誌 )

  339. Imafuku Aya, Suwabe Tatsuya, Hasegawa Eiko, Mise Koki, Sumida Keiichi, Hiramatsu Rikako, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Oohashi Kenichi, Fujii Takashi, Okubo Minoru, Takaichi Kenmei, Oga Tatsuhide, Ubara Yoshifumi. 脂質低下性脳出血と腎硬化症を伴ったCastleman病(Castleman's Disease Accompanied by Hypolipidemic Cerebral Hemorrhage and Nephrosclerosis) Internal Medicine. 2013.07; 52 (14): 1611-1616. ( 医中誌 )

  340. Tamiya Hiroyuki, Miyakawa Megumi, Suzuki Hisanori, Takeshita Akira, Ohashi Kenichi, Usui Takeshi, Miura Daishu, Takeuchi Yasuhiro. 多発性内分泌腺腫症1型患者における巨大機能性副甲状腺嚢胞(A large functioning parathyroid cyst in a patient with multiple endocrine neoplasia type 1) Endocrine Journal. 2013.06; 60 (6): 709-714. ( 医中誌 )

  341. Tsuchiya Yoshiki, Ubara Yoshifumi, Suwabe Tatsuya, Nomura Kazufumi, Sumida Keiichi, Hiramatsu Rikako, Hoshino Junichi, Hasegawa Eiko, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Oohashi Kenichi. 30年間持続する慢性嚢胞感染症が原因となった常染色体優性多発性嚢胞腎におけるAAアミロイドーシス(AA-amyloidosis in Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease Caused by Chronic Cyst Infections Lasting for 30 years) Internal Medicine. 2013.04; 52 (7): 791-794. ( 医中誌 )

  342. Sumida K, Ubara Y, Hoshino J, Hayami N, Suwabe T, Hiramatsu R, Hasegawa E, Yamanouchi M, Sawa N, Takaichi K, Ohashi K. Myeloperoxidase-antineutrophil cytoplasmic antibody-associated crescentic glomerulonephritis in autosomal dominant polycystic kidney disease. BMC nephrology. 2013.04; 14 94. ( PubMed, DOI )

  343. Nonaka Kanae, Ubara Yoshifumi, Sumida Keiichi, Hiramatsu Rikako, Hasegawa Eiko, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Kuroda Yoko, Oohashi Kenichi. 高血圧性緊急症関連腎症の臨床的評価と病理学的評価(Clinical and Pathological Evaluation of Hypertensive Emergency-Related Nephropathy) Internal Medicine. 2013.01; 52 (1): 45-53. ( 医中誌 )

  344. Tamiya H, Miyakawa M, Suzuki H, Takeshita A, Ohashi K, Usui T, Miura D, Takeuchi Y. A large functioning parathyroid cyst in a patient with multiple endocrine neoplasia type 1. Endocrine journal. 2013; 60 (6): 709-14. ( PubMed, DOI )

  345. Sumida K, Nakamura M, Ubara Y, Marui Y, Tanaka K, Takaichi K, Tomikawa S, Inoshita N, Ohashi K. Cinacalcet upregulates calcium-sensing receptors of parathyroid glands in hemodialysis patients. American journal of nephrology. 2013; 37 (5): 405-12. ( PubMed, DOI )

  346. Okudela K, Woo T, Mitsui H, Suzuki T, Tajiri M, Sakuma Y, Miyagi Y, Tateishi Y, Umeda S, Masuda M, Ohashi K. Downregulation of ALDH1A1 expression in non-small cell lung carcinomas--its clinicopathologic and biological significance. International journal of clinical and experimental pathology. 2013; 6 (1): 1-12. ( PubMed )

  347. Arai H, Okudela K, Oshiro H, Komitsu N, Mitsui H, Nishii T, Tsuboi M, Nozawa A, Noishiki Y, Ohashi K, Inui K, Masuda M. Elevated microsatellite alterations at selected tetra-nucleotide (EMAST) in non-small cell lung cancers--a potential determinant of susceptibility to multiple malignancies. International journal of clinical and experimental pathology. 2013; 6 (3): 395-410. ( PubMed )

  348. Sakata R, Shimoyamada H, Yanagisawa M, Murakami T, Makiyama K, Nakaigawa N, Inayama Y, Ohashi K, Nagashima Y, Yao M, Kubota Y. Nonfunctioning juxtaglomerular cell tumor. Case reports in pathology. 2013; 2013 973865. ( PubMed, DOI )

  349. Okudela K, Woo T, Mitsui H, Tajiri M, Masuda M, Ohashi K. Expression of the potential cancer stem cell markers, CD133, CD44, ALDH1, and β-catenin, in primary lung adenocarcinoma--their prognostic significance. Pathology international. 2012.12; 62 (12): 792-801. ( PubMed, DOI )

  350. Woo T, Okudela K, Mitsui H, Tajiri M, Yamamoto T, Rino Y, Ohashi K, Masuda M. Prognostic value of the IASLC/ATS/ERS classification of lung adenocarcinoma in stage I disease of Japanese cases. Pathology international. 2012.12; 62 (12): 785-91. ( PubMed, DOI )

  351. Woo Tetsukan, Okudela Koji, Mitsui Hideaki, Tajiri Michihiko, Yamamoto Taketsugu, Rino Yasushi, Ohashi Kenichi, Masuda Munetaka. ステージI肺腺癌の日本人患者におけるIASLC/ATS/ERS分類の予後予測能(Prognostic value of the IASLC/ATS/ERS classification of lung adenocarcinoma in stage I disease of Japanese cases) Pathology International. 2012.12; 62 (12): 785-791. ( 医中誌 )

  352. Okudela Koji, Woo Tetsukan, Mitsui Hideaki, Tajiri Michihiko, Masuda Munetaka, Ohashi Kenichi. 原発性肺腺癌における潜在的癌幹細胞マーカーであるCD133、CD44、ALDH1、βカテニンの発現 予後における重要性(Expression of the potential cancer stem cell markers, CD133, CD44, ALDH1, and β-catenin, in primary lung adenocarcinoma: their prognostic significance) Pathology International. 2012.12; 62 (12): 792-801. ( 医中誌 )

  353. Murakami N, Takeshita A, Suzuki H, Iizuka T, Kikuchi D, Matsui A, Kaise M, Miura D, Kinowaki K, Ohashi K, Takeuchi Y. Hidden culprit of primary hyperparathyroidism. The Journal of clinical endocrinology and metabolism. 2012.10; 97 (10): 3410-1. ( PubMed, DOI )

  354. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis) 日本癌学会総会記事. 2012.08; 71回 558-559. ( 医中誌 )

  355. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers) 日本癌学会総会記事. 2012.08; 71回 162. ( 医中誌 )

  356. Sumida K, Ubara Y, Nomura K, Hoshino J, Suwabe T, Hiramatsu R, Hasegawa E, Hayami N, Yamanouchi M, Sawa N, Takemoto F, Takaichi K, Ohashi K. ANCA-associated crescentic glomerulonephritis with immune complex deposits. Clinical nephrology. 2012.06; 77 (6): 454-60. ( PubMed, DOI )

  357. Hirohama Daigoro, Hoshino Junichi, Sumida Keiichi, Hasegawa Eiko, Hiramatsu Rikako, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Sawa Naoki, Takemoto Fumi, Ubara Yoshifumi, Hara Shigeko, Ohashi Kenichi, Takaichi Kenmei. 好酸球性尿細管間質性腎炎を伴う急性腎不全を呈したChurg-Strauss症候群(Churg-Strauss Syndrome Presenting with Acute Renal Insufficiency Accompanied by Eosinophilic Tubulointerstitial Nephritis) Internal Medicine. 2012.06; 51 (12): 1555-1560. ( 医中誌 )

  358. Ayuzawa Nobuhiro, Ubara Yoshifumi, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Hiramatsu Eriko, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Kawabata Masateru, Ohashi Kenichi, Takaichi Kennmei. IgG4関連腎疾患に似た病態を伴うChurg-Strauss症候群 1症例報告(Churg-Strauss Syndrome with a Clinical Condition Similar to IgG4-Related Kidney Disease: A Case Report) Internal Medicine. 2012.05; 51 (10): 1233-1238. ( 医中誌 )

  359. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 大橋 健一. EGFR変異肺腺癌は過去の胃癌または子宮筋腫と関連する(EGFR-mutated lung adenocarcinoma is associated with past illness from gastric cancer or myoma uteri) 日本病理学会会誌. 2012.03; 101 (1): 257. ( 医中誌 )

  360. Hirohama D, Hoshino J, Sumida K, Hasegawa E, Hiramatsu R, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Sawa N, Takemoto F, Ubara Y, Hara S, Ohashi K, Takaichi K. Churg-Strauss syndrome presenting with acute renal insufficiency accompanied by eosinophilic tubulointerstitial nephritis. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2012; 51 (12): 1555-60. ( PubMed, DOI )

  361. Ayuzawa N, Ubara Y, Keiichi S, Masayuki Y, Hasegawa E, Hiramatsu E, Hayami N, Suwabe T, Hoshino J, Sawa N, Kawabata M, Ohashi K, Takaichi K. Churg-Strauss syndrome with a clinical condition similar to IgG4-related kidney disease: a case report. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2012; 51 (10): 1233-8. ( PubMed, DOI )

  362. Sumida K, Ubara Y, Suwabe T, Hayami N, Hiramatsu R, Hasegawa E, Yamanouchi M, Hoshino J, Sawa N, Takemoto F, Takaichi K, Ohashi K. Complete remission of myeloperoxidase-anti-neutrophil cytoplasmic antibody-associated crescentic glomerulonephritis complicated with rheumatoid arthritis using a humanized anti-interleukin 6 receptor antibody. Rheumatology (Oxford, England). 2011.10; 50 (10): 1928-30. ( PubMed, DOI )

  363. Tsuchiya Yoshiki, Ubara Yoshifumi, Anzai Makoto, Hiramatsu Rikako, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sumida Keiichi, Hasegawa Eiko, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Marui Yuji, Sawa Naoki, Hara Shigeko, Takaichi Kenmei, Oohashi Kenichi. 膜性増殖性糸球体腎炎を合併した特発性大脳基底核石灰化の1症例(A Case of Idiopathic Basal Ganglia Calcification Associated with Membranoproliferative Glomerulonephritis) Internal Medicine. 2011.10; 50 (20): 2351-2356. ( 医中誌 )

  364. Sumida K, Nakamura M, Ubara Y, Marui Y, Tanaka K, Takaichi K, Tomikawa S, Inoshita N, Ohashi K. Histopathological alterations of the parathyroid glands in haemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism refractory to cinacalcet hydrochloride. Journal of clinical pathology. 2011.09; 64 (9): 756-60. ( PubMed, DOI )

  365. Tanaka Tsuyoshi, Kinoshita Yoshihiro, Ueno Masaki, Ehara Kazuhisa, Ogawa Masako, Kaida Sachiko, Udagawa Harushi, Ohashi Kenichi. ネオアジュバント化学療法が著効した食道癌症例の治療 ネオアジュバント化学療法がグレード3の有効性を示したc-Stage IIの進行食道癌の1症例(Treatment for a case of esophageal cancer that remarkably responded to neoadjuvant chemotherapy A case of c-Stage II advanced esophageal cancer with grade 3 efficacy of neo-adjuvant chemotherapy) Esophagus. 2011.09; 8 (3): 229-232. ( 医中誌 )

  366. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome) 日本癌学会総会記事. 2011.09; 70回 163. ( 医中誌 )

  367. Iwatani T, Kawabata H, Miura D, Ota Y, Ohashi K. Complete spontaneous regression of primary diffuse large B-cell lymphoma of the breast. Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology. 2011.02; 29 (5): e113-5. ( PubMed, DOI )

  368. Kuroda Y, Fujioka M, Kurosawa K, Ohashi K. IgG4-related inflammatory pseudotumor of the ileal conduit. Pathology international. 2011.01; 61 (1): 47-8. ( PubMed, DOI )

  369. Kuroda Yoko, Fujioka Masashi, Kurosawa Kazuhiro, Ohashi Kenichi. 回腸導管のIgG4関連炎症性偽腫瘍(IgG4-related inflammatory pseudotumor of the ileal conduit) Pathology International. 2011.01; 61 (1): 47-48. ( 医中誌 )

  370. Hirohama D, Hoshino J, Hasegawa E, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Sawa N, Takemoto F, Ubara Y, Hara S, Ohashi K, Takaichi K. Development of myeloperoxidase-antineutrophil cytoplasmic antibody-associated renal vasculitis in a patient receiving treatment with anti-tumor necrosis factor-α. Modern rheumatology. 2010.12; 20 (6): 602-5. ( PubMed, DOI )

  371. Yamauchi J, Ubara Y, Suwabe T, Yamanouchi M, Hayami N, Tominaga N, Takemoto F, Ohashi K, Takaichi K. Long-term preserved renal function of a patient with mass-forming granulomatous interstitial nephritis by biopsy-based steroid therapy. Clinical and experimental nephrology. 2010.12; 14 (6): 625-9. ( PubMed, DOI )

  372. Hirohama Daigoro, Hoshino Junichi, Hasegawa Eiko, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Sawa Naoki, Takemoto Fumi, Ubara Yoshifumi, Hara Shigeko, Ohashi Kenichi, Takaichi Kenmei. 抗腫瘍壊死因子-α治療を受けた患者におけるミエロペルオキシダーゼ抗好中球細胞質抗体関連腎血管炎の発現(Development of myeloperoxidase-antineutrophil cytoplasmic antibody-associated renal vasculitis in a patient receiving treatment with anti-tumor necrosis factor-α) Modern Rheumatology. 2010.12; 20 (6): 602-605. ( 医中誌 )

  373. Yamauchi Junji, Ubara Yoshifumi, Suwabe Tatsuya, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Tominaga Naoto, Takemoto Fumi, Ohashi Kenichi, Takaichi Kenmei. 生検に基づいたステロイド療法により腎機能を長期間保持された、腫瘤形成性肉芽腫性間質性腎炎の1例(Long-term preserved renal function of a patient with mass-forming granulomatous interstitial nephritis by biopsy-based steroid therapy) Clinical and Experimental Nephrology. 2010.12; 14 (6): 625-629. ( 医中誌 )

  374. Maeda D, Ota S, Takazawa Y, Ohashi K, Mori M, Imamura T, Nakagawa S, Yano T, Taketani Y, Fukayama M. Mucosal carcinoma of the fallopian tube coexists with ovarian cancer of serous subtype only: a study of Japanese cases. Virchows Archiv : an international journal of pathology. 2010.11; 457 (5): 597-608. ( PubMed, DOI )

  375. Matsusaka K, Kinoshita Y, Udagawa H, Fukayama M, Ohashi K. Squamous cell carcinoma arising in a communicating bronchopulmonary-foregut malformation. Human pathology. 2010.11; 41 (11): 1650-4. ( PubMed, DOI )

  376. Sakurai-Chin Chanhyok, Ubara Yoshifumi, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Yonaha Tomoki, Hasegawa Eiko, Sumida Keiichi, Hiramatsu Rikako, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Yamauchi Junji, Tominaga Naoyuki, Sawa Naoki, Takemoto Fumi, Masuoka Kazuhiro, Takaichi Kenmei, Oohashi Kenichi. IgD-lambda monoclonal gammopathyとlambda型Bence-Jones蛋白を伴ったAL amyloidosis 自己幹細胞移植による治療成功例(AL amyloidosis with IgD-lambda monoclonal gammopathy and lambda-type Bence-Jones protein: successful treatment by autologous stem cell transplantation) Clinical and Experimental Nephrology. 2010.10; 14 (5): 506-510. ( 医中誌 )

  377. Takagi S, Ota Y, Uchida N, Takahashi K, Ishiwata K, Tsuji M, Yamamoto H, Asano-Mori Y, Matsuno N, Masuoka K, Wake A, Miyakoshi S, Ohashi K, Taniguchi S. Successful engraftment after reduced-intensity umbilical cord blood transplantation for myelofibrosis. Blood. 2010.07; 116 (4): 649-52. ( PubMed, DOI )

  378. Endo Makoto, Oda Yoshinao, Harimaya Katsumi, Tamiya Sadafumi, Yamamoto Hidetaka, Kohashi Kenichi, Kurihara Shuichi, Setsu Nokitaka, Matsuura Suguru, Matono Hiroshi, Matsuda Shuichi, Iwamoto Yukihide, Tsuneyoshi Masazumi. 頸部の低分化型脱分化脂肪肉腫 磁気共鳴画像と病理学的関連性(Low-grade dedifferentiated liposarcoma of the neck: magnetic resonance imaging and pathological correlation) Journal of Orthopaedic Science. 2010.01; 15 (1): 148-152. ( 医中誌 )

  379. Uchihara Toshiki, Ohashi Ken-ichi, Kitagawa Masanobu, Kurata Morito, Nakamura Ayako, Hirokawa Katsuiku, Kasuga Tsutomu, Kobayashi Takayoshi. Sialidosis type I carrying V217M/G243R mutations in lysosomal sialidase: an autopsy study demonstrating terminal sialic acid in lysosomal lamellar inclusions and cerebellar dysplasia ACTA NEUROPATHOLOGICA. 2010.01; 119 (1): 135-145. ( DOI )

  380. Takagi S, Masuoka K, Uchida N, Ishiwata K, Araoka H, Tsuji M, Yamamoto H, Kato D, Matsuhashi Y, Kusumi E, Ota Y, Seo S, Matsumura T, Matsuno N, Wake A, Miyakoshi S, Makino S, Ohashi K, Yoneyama A, Taniguchi S. High incidence of haemophagocytic syndrome following umbilical cord blood transplantation for adults. British journal of haematology. 2009.11; 147 (4): 543-53. ( PubMed, DOI )

  381. Jimbo-Saito Rika, Ubara Yoshifumi, Kadoguchi Hiraku, Suwabe Tatsuya, Nakanishi Shohei, Higa Yasushi, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Katori Hideyuki, Takemoto Fumi, Nishimura Hiroaki, Nakamura Michio, Tomikawa Shinji, Ohashi Kenichi, Takaichi Kennmei. 重篤な骨変化および腎変化を有する原発性上皮小体機能亢進症の1症例(A case of primary hyperparathyroidism with severe bone and renal changes) Journal of Bone and Mineral Metabolism. 2009.11; 27 (6): 727-732. ( 医中誌 )

  382. Takeshita A, Inoshita N, Taguchi M, Okuda C, Fukuhara N, Oyama K, Ohashi K, Sano T, Takeuchi Y, Yamada S. High incidence of low O(6)-methylguanine DNA methyltransferase expression in invasive macroadenomas of Cushing's disease. European journal of endocrinology. 2009.10; 161 (4): 553-9. ( PubMed, DOI )

  383. Yamazaki Osamu, Ubara Yoshifumi, Suwabe Tatsuya, Nakanishi Shohei, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Hayami Noriko, Yamanouchi Masayuki, Takemoto Fumi, Kenmei Takaichi, Masuoka Kazuhiro, Oohashi Kenichi. VAD療法、大量melphalan、自己末梢血幹細胞移植による治療が成功した、原発性AL amyloidosis(Successful treatment of primary AL amyloidosis by VAD therapy, high-dose melphalan, and autologous peripheral stem cell transplantation) Clinical and Experimental Nephrology. 2009.10; 13 (5): 522-525. ( 医中誌 )

  384. Haraguchi K, Hara S, Ubara Y, Tanaka S, Nukui I, Shimura H, Ohashi K, Kobayashi T. Complete remission of diabetic nephropathy in a type 1 diabetic patient with near-nephrotic range proteinuria and reduced renal function. Diabetes research and clinical practice. 2009.03; 83 (3): 295-9. ( PubMed, DOI )

  385. Kohashi Kenichi, Oda Yoshinao, Nakamori Mari, Yamamoto Hidetaka, Tamiya Sadafumi, Toubo Taro, Kinoshita Yoshiaki, Tajiri Tatsuro, Taguchi Tomoaki, Tsuneyoshi Masazumi. 小児の多病巣性後腎腺腫(Multifocal metanephric adenoma in childhood) Pathology International. 2009.01; 59 (1): 49-52. ( 医中誌 )

  386. Jimbo-Saito R, Ubara Y, Kadoguchi H, Suwabe T, Nakanishi S, Higa Y, Hoshino J, Sawa N, Katori H, Takemoto F, Nishimura H, Nakamura M, Tomikawa S, Ohashi K, Takaichi K. A case of primary hyperparathyroidism with severe bone and renal changes. Journal of bone and mineral metabolism. 2009; 27 (6): 727-32. ( PubMed, DOI )

  387. Hoshino J, Ubara Y, Ohashi K, Takemoto F, Takaichi K. Pathologic improvement after high-dose melphalan and autologous stem cell transplantation for primary systemic amyloidosis. NDT plus. 2008.12; 1 (6): 414-416. ( PubMed, DOI )

  388. Mine Shinji, Udagawa Harushi, Tsutsumi Kenji, Kinoshita Yoshihiro, Ueno Masaki, Ehara Kazuhisa, Haruta Syusuke, Ohashi Kenichi. 術後嘔吐に続いた良性の重症食道狭窄(Severe benign esophageal stricture following postoperative emesis) Esophagus. 2008.12; 5 (4): 211-214. ( 医中誌 )

  389. Takemoto F, Ubara Y, Kaname S, Katori H, Sawa N, Hoshino J, Suwabe T, Higa Y, Nakanishi S, Nagata M, Ohashi K, Takaichi K. Hyporeninemic hypoaldosteronism from secondary amyloidosis. Kidney international. 2008.08; 74 (4): 542. ( PubMed, DOI )

  390. Oda Yoshinao, Kohashi Kenichi, Yamamoto Hidetaka, Tamiya Sadafumi, Kohno Kimitoshi, Kuwano Michihiko, Iwamoto Yukihide, Tajiri Tatsuro, Taguchi Tomoaki, Tsuneyoshi Masazumi. 肺胞および胎児性横紋筋肉腫間におけるY-box結合蛋白質1および多剤耐性関連蛋白質の発現像の相違(Different expression profiles of Y-box-binding protein-1 and multidrug resistance-associated proteins between alveolar and embryonal rhabdomyosarcoma) Cancer Science. 2008.04; 99 (4): 726-732. ( 医中誌 )

  391. Jimbo R., Ubara Y., Tagami T., Higa Y., Suwabe T., Nakanishi S., Sogawa Y., Nomura K., Kadoguchi H., Hoshino J., Sawa N., Katori H., Takemoto F., Hara S., Hara S., Ohashi K., Takaichi K.. A pediatric occurrence of crescentic glomerulonephritis associated with antineutrophil cytoplasmic antibodies and mesangial IgA deposits CLINICAL NEPHROLOGY. 2007.08; 68 (2): 104-108.

  392. Jimbo R, Ubara Y, Tagami T, Higa Y, Suwabe T, Nakanishi S, Sogawa Y, Nomura K, Kadoguchi H, Hoshino J, Sawa N, Katori H, Takemoto F, Hara S, Hara S, Ohashi K, Takaichi K. A pediatric occurrence of crescentic glomerulonephritis associated with antineutrophil cytoplasmic antibodies and mesangial IgA deposits. Clinical nephrology. 2007.08; 68 (2): 104-8. ( PubMed, DOI )

  393. Sawa Naoki, Ubara Yoshibumi, Katori Hideyuki, Hoshino Junichi, Suwabe Tatsuya, Tagami Tetuo, Takemoto Fumi, Miyakoshi Shigesaburo, Taniguchi Shuichi, Ohashi Kenichi, Takaichi Kenmei. 尿細管周囲毛細管内に限局した血管内大型B細胞リンパ腫の1例(Renal Intravascular Large B-cell Lymphoma Localized Only within Peritubular Capillaries Report of a Case) Internal Medicine. 2007.05; 46 (10): 657-662. ( 医中誌 )

  394. Sawa N, Ubara Y, Katori H, Hoshino J, Suwabe T, Tagami T, Takemoto F, Miyakoshi S, Taniguchi S, Ohashi K, Takaichi K. Renal intravascular large B-cell lymphoma localized only within peritubular capillaries. Report of a case. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2007; 46 (10): 657-62. ( PubMed, DOI )

  395. Suwabe T, Ubara Y, Sogawa Y, Higa Y, Nomura K, Nakanishi S, Hoshino J, Sawa N, Katori H, Takemoto F, Hara S, Ohashi K, Takaichi K. Tonsillectomy and corticosteroid therapy with concomitant methylprednisolone pulse therapy for IgA nephropathy. Contributions to nephrology. 2007; 157 99-103. ( PubMed, DOI )

  396. Hagisawa M, Yamasoba T, Ohashi K, Ishida T. A case of middle-ear myoepithelioma. Otolaryngology--head and neck surgery : official journal of American Academy of Otolaryngology-Head and Neck Surgery. 2006.12; 135 (6): 967-8. ( PubMed, DOI )

  397. Motoi N, Kishi K, Fujii T, Tsuboi E, Ohashi K, Yoshimura K. Multiple bronchioloalveolar carcinomas in acromegaly: a potential role of insulin-like growth factor I in carcinogenesis. Lung cancer (Amsterdam, Netherlands). 2006.11; 54 (2): 247-53. ( PubMed, DOI )

  398. Hasegawa Kiyoshi, Sugawara Yasuhiko, Ikeda Mami, Ishizawa Takeaki, Ohashi Kenichi, Makuuchi Masatoshi. 類上皮血管内皮腫に対する生体肝移植 症例報告(Living Donor Liver Transplantation for Epithelioid Hemangioendothelioma: Report of a Case) Surgery Today. 2006.11; 36 (11): 1024-1027. ( 医中誌 )

  399. Yamamoto Hidetaka, Kohashi Kenichi, Oda Yoshinao, Tamiya Sadafumi, Takahashi Yukiko, Kinoshita Yoshiaki, Ishizawa Shin, Kubota Masayuki, Tsuneyoshi Masazumi. 未分化大細胞リンパ腫キナーゼ融合遺伝子を持つ炎症性筋線維芽細胞腫瘍にはヒトヘルペスウイルス8及びEpstein-Barrは存在しない(Absence of human herpesvirus-8 and Epstein-Barr virus in inflammatory myofibroblastic tumor with anaplastic large cell lymphoma kinase fusion gene) Pathology International. 2006.10; 56 (10): 584-590. ( 医中誌 )

  400. Ubara Y, Tagami T, Suwabe T, Sogawa Y, Hoshino J, Higa Y, Nomura K, Sawa N, Katori H, Takemoto F, Hara S, Watanabe T, Ohashi K, Takaichi K. Systemic AA-amyloidosis related to MPO-ANCA microscopic polyangiitis: a case report. Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis. 2006.09; 13 (3): 178-83. ( PubMed, DOI )

  401. Hasegawa K, Sugawara Y, Ikeda M, Ishizawa T, Ohashi K, Makuuchi M. Living donor liver transplantation for epithelioid hemangioendothelioma: Report of a case. Surgery today. 2006; 36 (11): 1024-7. ( PubMed, DOI )

  402. Wada Yuka, Hasegawa Tomonobu, Kaji Masayuki, Yamada Gen, Morohashi Kenichirou, Ogata Tsutomu. 男性性器発達のための新しい遺伝子の同定(Identification of a Novel Gene for Male Genital Development) Clinical Pediatric Endocrinology. 2005.12; 14 (2 Suppl.): 6. ( 医中誌 )

  403. Nishijima R, Araki A, Ando M, Nemoto T, Ohashi K, Kobayashi Y, Chiba Y, Horiuchi T, Morio K, Sawabe M, Hosoi T. Diabetes mellitus complicated with rapidly progressive glomerulonephritis in an elderly patient. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2005.10; 44 (10): 1078-83. ( PubMed, DOI )

  404. Nishijima Reiko, Araki Atsushi, Ando Minoru, Nemoto Tetsuo, Ohashi Kenichi, Kobayashi Yoshio, Chiba Yuko, Horiuchi Toshiyuki, Morio Kazuaki, Sawabe Motoji, Hosoi Takayuki. 急速進行性糸球体腎炎を伴った高齢者糖尿病(Diabetes Mellitus Complicated with Rapidly Progressive Glomerulonephritis in an Elderly Patient) Internal Medicine. 2005.10; 44 (10): 1078-1083. ( 医中誌 )

  405. Yahagi N, Shimano H, Hasegawa K, Ohashi K, Matsuzaka T, Najima Y, Sekiya M, Tomita S, Okazaki H, Tamura Y, Iizuka Y, Ohashi K, Nagai R, Ishibashi S, Kadowaki T, Makuuchi M, Ohnishi S, Osuga J, Yamada N. Co-ordinate activation of lipogenic enzymes in hepatocellular carcinoma. European journal of cancer (Oxford, England : 1990). 2005.06; 41 (9): 1316-22. ( PubMed, DOI )

  406. Kida Y, Yamaguchi K, Suzuki H, Kanda E, Ando M, Ohashi K, Funata N, Saito H. Tuberous sclerosis, associated with renal cell carcinoma and angiomyolipoma, in a patient who developed endstage renal failure after nephrectomy. Clinical and experimental nephrology. 2005.06; 9 (2): 179-82. ( PubMed, DOI )

  407. Kida Yujiro, Yamaguchi Kenji, Suzuki Hitoe, Kanda Eiichiro, Ando Minoru, Ohashi Kenichi, Funata Nobuaki, Saito Hiroshi. 腎摘出後末期腎不全が進行した患者における腎細胞癌と血管筋脂肪腫を伴った結節硬化症(Tuberous sclerosis, associated with renal cell carcinoma and angiomyolipoma, in a patient who developed endstage renal failure after nephrectomy) Clinical and Experimental Nephrology. 2005.06; 9 (2): 179-182. ( 医中誌 )

  408. Mikami S, Ohashi K, Katsube K, Nemoto T, Nakajima M, Okada Y. Coexpression of heparanase, basic fibroblast growth factor and vascular endothelial growth factor in human esophageal carcinomas. Pathology international. 2004.08; 54 (8): 556-63. ( PubMed, DOI )

  409. Mikami Shuji, Ohashi Kenichi, Katsube Ken-ichi, Nemoto Tetsuo, Nakajima Motowo, Okada Yasunori. ヒト食道癌におけるheparanase,塩基性線維芽細胞成長因子(bFGF),および血管内皮成長因子(VEGF)の同時発現(Coexpression of heparanase,basic fibroblast growth factor and vascular endothelial growth factor in human esophageal carcinomas) Pathology International. 2004.08; 54 (8): 556-563. ( 医中誌 )

  410. Ohashi K, Horiguchi S, Moriyama S, Hishima T, Hayashi Y, Momma K, Hanashi T, Izumi Y, Yoshida M, Funata N. Superficial basaloid squamous carcinoma of the esophagus. A clinicopathological and immunohistochemical study of 12 cases. Pathology, research and practice. 2003; 199 (11): 713-21. ( PubMed, DOI )

  411. Ohashi K, Momma K, Yamada Y, Yoshida M, Horiguchi S, Matsubayashi J, Shimizu S, Moriyama S, Hishima T, Funata N, Takizawa T, Koike M. Vertical and horizontal growth features of superficial esophageal squamous cell carcinomas: histopathological evaluation of endoscopically resected specimens. Virchows Archiv : an international journal of pathology. 2002.10; 441 (4): 350-7. ( PubMed, DOI )

  412. Nakajima Y, Nagai K, Miyake S, Ohashi K, Kawano T, Iwai T. Evaluation of an indicator for lymph node metastasis of esophageal squamous cell carcinoma invading the submucosal layer. Japanese journal of cancer research : Gann. 2002.03; 93 (3): 305-12. ( PubMed, DOI )

  413. Nakajima Yasuaki, Nagai Kagami, Miyake Satoshi, Ohashi Kenichi, Kawano Tatsuyuki, Iwai Takehisa. 粘膜下層浸潤の食道扁平上皮癌(Sm-ESCC)のリンパ節転移の指標の評価(Evaluation of an Indicator for Lymph Node Metastasis of Esophageal Squamous Cell Carcinoma Invading the Submucosal Layer) Japanese Journal of Cancer Research. 2002.03; 93 (3): 305-312. ( 医中誌 )

  414. Ohashi K, Kisilevsky R, Yanagishita M. Affinity binding of glycosaminoglycans with beta(2)-microglobulin. Nephron. 2002.02; 90 (2): 158-68. ( PubMed, DOI )

  415. Tsunemi Taiji, Kamata Tomoyuki, Fumimura Yuichi, Watanabe Mutsufusa, Yamawaki Masanaga, Saito Yukinobu, Kanda Takashi, Ohashi Kenichi, Suegara Nobuo, Murayama Somei, Makimura Koichi, Yamaguchi Hideyo, Mizusawa Hidehiro. 免疫組織化学的方法により診断したCryptococcus neoformans var.gattii感染による慢性髄膜脳炎の本邦第一例(Immunohistochemical Diagnosis of Cryptococcus neoformans var. gattii Infection in Chronic Meningoencephalitis: the First Case in Japan) Internal Medicine. 2001.12; 40 (12): 1241-1244. ( 医中誌 )

  416. Tsunemi T, Kamata T, Fumimura Y, Watanabe M, Yamawaki M, Saito Y, Kanda T, Ohashi K, Suegara N, Murayama S, Makimura K, Yamaguchi H, Mizusawa H. Immunohistochemical diagnosis of Cryptococcus neoformans var. gattii infection in chronic meningoencephalitis: the first case in Japan. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2001.12; 40 (12): 1241-4. ( PubMed, DOI )

  417. Mikami Shuji, Ohashi Kenichi, Usui Yutaka, Nemoto Tetsuo, Katsube Ken-ichi, Yanagishita Masaki, Nakajima Motowo, Nakamura Kyouichi, Koike Morio. 浸潤食道癌におけるシンデカンー1の欠失とヘパラナーゼ発現の増加(Loss of Syndecan-1 and Increased Expression of Heparanase in Invasive Esophageal Carcinomas) Japanese Journal of Cancer Research. 2001.10; 92 (10): 1062-1073. ( 医中誌 )

  418. Mikami S, Ohashi K, Usui Y, Nemoto T, Katsube K, Yanagishita M, Nakajima M, Nakamura K, Koike M. Loss of syndecan-1 and increased expression of heparanase in invasive esophageal carcinomas JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH. 2001.10; 92 (10): 1062-1073.

  419. Mikami S, Ohashi K, Usui Y, Nemoto T, Katsube K, Yanagishita M, Nakajima M, Nakamura K, Koike M. Loss of syndecan-1 and increased expression of heparanase in invasive esophageal carcinomas. Japanese journal of cancer research : Gann. 2001.10; 92 (10): 1062-73. ( PubMed, DOI )

  420. Kaneko S, Ohashi K, Soma K, Yanagishita M. Occlusal hypofunction causes changes of proteoglycan content in the rat periodontal ligament JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH. 2001.02; 36 (1): 9-17.

  421. Yamada I, Izumi Y, Kawano T, Yoshino N, Tetsumura A, Ohashi K, Shibuya H. Superficial esophageal carcinoma: An in vitro study of high-resolution MR imaging at 1.5T JOURNAL OF MAGNETIC RESONANCE IMAGING. 2001.02; 13 (2): 225-231.

  422. Kaneko S, Ohashi K, Soma K, Yanagishita M. Occlusal hypofunction causes changes of proteoglycan content in the rat periodontal ligament. Journal of periodontal research. 2001.02; 36 (1): 9-17. ( PubMed, DOI )

  423. Ohashi Kenichi. β2-ミクログロブリンアミロイド症の病因(Pathogenesis of β2-microglobulin amyloidosis) Pathology International. 2001.01; 51 (1): 1-10. ( 医中誌 )

  424. Shiraishi J, Utsuyama M, Akashi T, Nemoto T, Ohashi K, Akamatsu H, Sunamori M, Kitagawa M, Hirokawa K. Immunohistological analysis of thymoma by molecules differentially expressed in the thymic cortex and medulla, and its application in the differential diagnosis of thymoma from esophageal and lung cancer PATHOLOGY RESEARCH AND PRACTICE. 2001; 197 (9): 611-619.

  425. Shiraishi J, Utsuyama M, Akashi T, Nemoto T, Ohashi K, Akamatsu H, Sunamori M, Kitagawa M, Hirokawa K. Immunohistological analysis of thymoma by molecules differentially expressed in the thymic cortex and medulla, and its application in the differential diagnosis of thymoma from esophageal and lung cancer. Pathology, research and practice. 2001; 197 (9): 611-9. ( PubMed, DOI )

  426. Warabi M, Nemoto T, Ohashi K, Kitagawa M, Hirokawa K. Expression of protein tyrosine phosphatases and its significance in esophageal cancer EXPERIMENTAL AND MOLECULAR PATHOLOGY. 2000.06; 68 (3): 187-195.

  427. Warabi M, Nemoto T, Ohashi K, Kitagawa M, Hirokawa K. Expression of protein tyrosine phosphatases and its significance in esophageal cancer. Experimental and molecular pathology. 2000.06; 68 (3): 187-95. ( PubMed, DOI )

  428. Ohashi K, Nemoto T, Nakamura K, Nemori R. Increased expression of matrix metalloproteinase 7 and 9 and membrane type 1-matrix metalloproteinase in esophageal squamous cell carcinomas CANCER. 2000.05; 88 (10): 2201-2209.

  429. Ohashi K, Nemoto T, Nakamura K, Nemori R. Increased expression of matrix metalloproteinase 7 and 9 and membrane type 1-matrix metalloproteinase in esophageal squamous cell carcinomas. Cancer. 2000.05; 88 (10): 2201-9. ( PubMed )

  430. Inoue S, Kuroiwa M, Ohashi K, Hara M, Kisilevsky R. Ultrastructural organization of hemodialysis-associated beta(2)-microglobulin amyloid fibrils KIDNEY INTERNATIONAL. 1997.12; 52 (6): 1543-1549.

  431. Ohashi K, Takagawa R, Hara M. Visceral organ involvement and extracellular matrix changes in beta(2)-microglobulin amyloidosis - A comparative study with systemic AA and AL amyloidosis VIRCHOWS ARCHIV-AN INTERNATIONAL JOURNAL OF PATHOLOGY. 1997.06; 430 (6): 479-487.

  432. Ohashi K, Takagawa R, Hara M. Visceral organ involvement and extracellular matrix changes in beta 2-microglobulin amyloidosis--a comparative study with systemic AA and AL amyloidosis. Virchows Archiv : an international journal of pathology. 1997.06; 430 (6): 479-87. ( PubMed, DOI )

  433. Ohashi K, Nemoto T, Eishi Y, Matsuno A, Nakamura K, Hirokawa K. Expression of the cyclin dependent kinase inhibitor p21(WAF1/CIP1) in oesophageal squamous cell carcinomas VIRCHOWS ARCHIV. 1997.05; 430 (5): 389-395.

  434. Ohashi K, Nemoto T, Eishi Y, Matsuno A, Nakamura K, Hirokawa K. Expression of the cyclin dependent kinase inhibitor p21WAF1/CIP1 in oesophageal squamous cell carcinomas. Virchows Archiv : an international journal of pathology. 1997.05; 430 (5): 389-95. ( PubMed, DOI )

  435. Ohashi K, Nemoto T, Eishi Y, Matsuno A, Nakamura K, Hirokawa K. Proliferative activity and p53 protein accumulation correlate with early invasive trend, and apoptosis correlates with differentiation grade in oesophageal squamous cell carcinomas VIRCHOWS ARCHIV-AN INTERNATIONAL JOURNAL OF PATHOLOGY. 1997.02; 430 (2): 107-115.

  436. Ohashi K, Nemoto T, Eishi Y, Matsuno A, Nakamura K, Hirokawa K. Proliferative activity and p53 protein accumulation correlate with early invasive trend, and apoptosis correlates with differentiation grade in oesophageal squamous cell carcinomas. Virchows Archiv : an international journal of pathology. 1997.02; 430 (2): 107-15. ( PubMed, DOI )

  437. Haraguchi H, Ohashi K, Yamada M, Hasegawa M, Maeda S, Komatsuzaki A. Primary localized nodular tongue amyloidosis associated with Sjögren's syndrome. ORL; journal for oto-rhino-laryngology and its related specialties. 1997.01; 59 (1): 60-3. ( PubMed, DOI )

  438. Nemoto T, Ohashi K, Akashi T, Johnson JD, Hirokawa K. Overexpression of protein tyrosine kinases in human esophageal cancer PATHOBIOLOGY. 1997; 65 (4): 195-203.

  439. Nemoto T, Ohashi K, Akashi T, Johnson JD, Hirokawa K. Overexpression of protein tyrosine kinases in human esophageal cancer. Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology. 1997; 65 (4): 195-203. ( PubMed, DOI )

  440. Ohashi K, Kawai R, Hara M, Okada Y, Tachibana S, Ogura Y. Increased matrix metalloproteinases as possible cause of osseoarticular tissue destruction in long-term haemodialysis and beta(2)-microglobulin amyloidosis VIRCHOWS ARCHIV-AN INTERNATIONAL JOURNAL OF PATHOLOGY. 1996.04; 428 (1): 37-46.

  441. Ohashi K, Kawai R, Hara M, Okada Y, Tachibana S, Ogura Y. Increased matrix metalloproteinases as possible cause of osseoarticular tissue destruction in long-term haemodialysis and beta 2-microglobulin amyloidosis. Virchows Archiv : an international journal of pathology. 1996.04; 428 (1): 37-46. ( PubMed, DOI )

  442. OHASHI K, HARA M, YANAGISHITA M, KAWAI R, TACHIBANA S, OGURA Y. PROTEOGLYCANS IN HEMODIALYSIS-RELATED AMYLOIDOSIS VIRCHOWS ARCHIV. 1995.08; 427 (1): 49-59.

  443. Ohashi K, Hara M, Yanagishita M, Kawai R, Tachibana S, Ogura Y. Proteoglycans in haemodialysis-related amyloidosis. Virchows Archiv : an international journal of pathology. 1995; 427 (1): 49-59. ( PubMed, DOI )

  444. TANAKA N, AMAGASA T, IWAKI H, SHIODA S, TAKEDA M, OHASHI K, RECK SF. ORAL MALIGNANT-MELANOMA IN JAPAN ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY AND ENDODONTICS. 1994.07; 78 (1): 81-90.

  445. Tanaka N, Amagasa T, Iwaki H, Shioda S, Takeda M, Ohashi K, Reck SF. Oral malignant melanoma in Japan. Oral surgery, oral medicine, and oral pathology. 1994.07; 78 (1): 81-90. ( PubMed, DOI )

  446. Nemoto Tetsuo, Nakamura Takuro, Ohashi Kenichi. N-Nitroso-N-ethylurea誘発ハムスター・メラノーマ:新しい誘発法とメラノームのシュワン様細胞分化 Japanese Journal of Cancer Research. 1993.05; 84 (5): 512-517. ( 医中誌 )

  447. NEMOTO T, NAKAMURA T, OHASHI K, KASUGA T. N-NITROSO-N-ETHYLUREA-INDUCED HAMSTER MELANOMA - A NEW METHOD FOR EFFICIENT INDUCTION AND SCHWANNIAN DIFFERENTIATION OF MELANOMA JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH. 1993.05; 84 (5): 512-517.

  448. Nemoto T, Nakamura T, Ohashi K, Kasuga T. N-nitroso-N-ethylurea-induced hamster melanoma: a new method for efficient induction and schwannian differentiation of melanoma. Japanese journal of cancer research : Gann. 1993.05; 84 (5): 512-7. ( PubMed, DOI )

  449. Inoue Y, Iwai T, Ohashi K, Takiguchi N, Sakurazawa K, Muraoka Y, Satoh S, Kasuga T, Endo M. A case of popliteal cystic degeneration with pathological considerations. Annals of vascular surgery. 1992.11; 6 (6): 525-9. ( PubMed, DOI )

  450. Ohashi K, Hara M, Kawai R, Ogura Y, Honda K, Nihei H, Mimura N. Cervical discs are most susceptible to beta 2-microglobulin amyloid deposition in the vertebral column. Kidney international. 1992.06; 41 (6): 1646-52. ( PubMed, DOI )

  451. OHASHI K, KASUGA T, TANAKA N, ENOMOTO S, HORIUCHI J, OKADA N. MALIGNANT MELANOMAS OF THE ORAL CAVITY - HETEROGENEITY OF PATHOLOGICAL AND CLINICAL-FEATURES VIRCHOWS ARCHIV A-PATHOLOGICAL ANATOMY AND HISTOPATHOLOGY. 1992.01; 420 (1): 43-50.

  452. Ohashi K, Kasuga T, Tanaka N, Enomoto S, Horiuchi J, Okada N. Malignant melanomas of the oral cavity: heterogeneity of pathological and clinical features. Virchows Archiv. A, Pathological anatomy and histopathology. 1992; 420 (1): 43-50. ( PubMed, DOI )

  453. OHASHI K, KATO Y, KANNO J, KASUGA T. MELANOCYTES AND MELANOSIS OF THE ESOPHAGUS IN JAPANESE SUBJECTS - ANALYSIS OF FACTORS EFFECTING THEIR INCREASE VIRCHOWS ARCHIV A-PATHOLOGICAL ANATOMY AND HISTOPATHOLOGY. 1990.06; 417 (2): 137-143.

  454. Ohashi K, Kato Y, Kanno J, Kasuga T. Melanocytes and melanosis of the oesophagus in Japanese subjects--analysis of factors effecting their increase. Virchows Archiv. A, Pathological anatomy and histopathology. 1990; 417 (2): 137-43. ( PubMed, DOI )

  455. 大橋 健一. 【病理診断クイックリファレンス 2023】(第5章)食道・胃 類基底細胞癌 病理と臨床. 2023.04; 41 (臨増): 69. ( 医中誌 )

  456. 大橋 健一, 小池 淳樹, 冨田 茂樹, 原 重雄. 「非腫瘍性疾患病理アトラス 腎」刊行記念 面白いと苦手は表裏一体 腎生検病理診断の魅力 病理と臨床. 2023.04; 41 (4): 0434-0439. ( 医中誌 )

  457. 中溝 智也, 村越 未希, 柏木 菜緒, 金森 透, 奥津 美夏, 宇田川 智宏, 池田 翔, 白久 博史, 太田 哲也, 畑 千菜, 大西 威一郎, 冨井 翔平, 大橋 健一, 藤井 晶子. 診断に苦慮した急性尿細管間質性腎炎を呈した女児例 日本小児腎臓病学会雑誌. 2022.11; 35 (2): 179-180. ( 医中誌 )

  458. 大橋 健一. 鑑別の森(第12回) 食道上皮の反応性異型と扁平上皮内腫瘍 (Answer 2) 病理と臨床. 2022.09; 40 (9): 0924-0927. ( 医中誌 )

  459. 大橋 健一. 【次世代の人材育成に向けた病理医教育】病理医教育における病理解剖の重要性と課題 病理と臨床. 2022.09; 40 (9): 0883-0889. ( 医中誌 )

  460. 渡邉 駿, 水野 裕基, 星野 純一, 澤 直樹, 中村 有紀, 石井 保夫, 土谷 良樹, 野津 寛大, 大橋 健一, 金綱 友木子, 乳原 善文. 【腎臓とミトコンドリア】他の疾患と思われていたがミトコンドリア病であった症例 腎臓内科. 2022.05; 15 (5): 530-535. ( 医中誌 )

  461. 川田 研郎, 伊藤 崇, 篠原 元, 塩原 寛之, 齋藤 賢将, 藤原 直人, 星野 明弘, 徳永 正則, 大橋 健一, 絹笠 祐介. 【予後不良な早期消化管癌】予後不良な食道T1a癌の画像診断・病理 胃と腸. 2022.04; 57 (4): 387-395. ( 医中誌 )

  462. 犬井 啓太, 水野 裕基, 平松 里佳子, 山内 真之, 早見 典子, 関根 章成, 川田 真宏, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 乳原 善文, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士, 大久保 忠信, 冨田 茂樹, 佐伯 春美, 竹本 文美. 腎生検所見から何を学ぶか(No.66) 急性進行性腎機能低下の経過をとったOJ抗体陽性多発性筋炎の一例 腎と透析. 2021.12; 91 (6): 1157-1163. ( 医中誌 )

  463. 渡邉 駿, 三好 博之, 諏訪部 達也, 水野 裕基, 平松 里佳子, 山内 真之, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 乳原 善文, 大橋 健一, 藤井 丈士, 柏木 克仁, 前田 正, 金綱 友木子, 湯村 和子. 腎生検所見から何を学ぶか(No.65) IL-6阻害薬が奏効せず、抗CD20モノクローナル抗体で寛解に至ったTAFRO症候群の一例 腎と透析. 2021.11; 91 (5): 985-993. ( 医中誌 )

  464. 大橋 健一. アミロイドーシスの病理診断 診断病理. 2021.07; 38 (3): 226-239. ( 医中誌 )

  465. 児玉 真, 長瀬 佳弘, 阿部 佳子, 古川 あすか, 大橋 健一, 八尾 隆史. 【消化管の非腫瘍性疾患-最新の知見と注目すべき疾患-】Crohn病の病理組織学的特徴と病態の最新知見 病理と臨床. 2021.06; 39 (6): 573-577. ( 医中誌 )

  466. 伊藤 崇, 大橋 健一. 【治療方針を変える病理所見 診療ガイドラインと治療戦略】(第1部)臓器別 食道 病理と臨床. 2021.04; 39 (臨時増刊): 71-78.

  467. 春日 範樹, 小川 祐二, 本多 靖, 谷口 礼央, 酒井 英嗣, 今城 健人, 日比谷 孝志, 米田 正人, 桐越 博之, 大橋 健一, 中島 淳, 斉藤 聡. 急性骨髄性白血病に対する同種骨髄移植後にヘモクロマトーシスを背景に発症したB型肝炎ウイルス再活性化の一例 肝臓. 2020.10; 61 (10): 504-512. ( 医中誌 )

  468. 福田 誠, 水野 裕基, 井熊 大輔, 力武 修一, 平松 里佳子, 早見 典子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 宮園 素明, 木脇 圭一, 藤井 丈士, 大橋 健一, 乳原 善文. 関節リウマチに対してInfliximab長期使用中に発症したIgA血管炎の一例 日本腎臓学会誌. 2020.09; 62 (6): 568. ( 医中誌 )

  469. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例 神奈川医学会雑誌. 2020.07; 47 (2): 220. ( 医中誌 )

  470. Sada K. E., Hayashi K., Asano Y., Katayama Y., Asano S. Hiramatsu, Ohashi K., Morishita M., Watanabe H., Narazaki M., Matsumoto Y., Yajima N., Yoshimi R., Shimojima Y., Ono S., Kajiyama H., Ichinose K., Sato S., Fujiwara M., Wada J.. TREATMENT STATUS FOR OSTEOPOROSIS IN PATIENTS WITH SYSTEMIC LUPUS ERYTHEMATOSUS: CROSS-SECTIONAL ANALYSIS FROM A LUPUS REGISTRY OF NATIONWIDE INSTITUTIONS (LUNA) ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2020.06; 79 1489-1490. ( DOI )

  471. 立石 陽子, 大橋 健一. 【免疫組織化学 実践的な診断・治療方針決定のために】(第3部)腫瘍の鑑別に用いられる抗体(各臓器別) 食道 病理と臨床. 2020.04; 38 (臨増): 94-99. ( 医中誌 )

  472. 渡邉 駿, 水野 裕基, 大庭 悠貴, 犬井 啓太, 小田 康弘, 井熊 大輔, 平松 里佳子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 典型的臨床症状に乏しいSLEの1例 日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集. 2019.12; 30回 53. ( 医中誌 )

  473. 岡部 まや, 伊坂 哲哉, 石川 善啓, 禹 哲漢, 小林 信明, 金子 猛, 奥寺 康司, 大橋 健一, 利野 靖, 益田 宗孝. 原発性肺扁平上皮癌術後肝転移再発に対してペンブロリズマブ投与後に肝切除を行った1症例 肺癌. 2019.11; 59 (6): 973. ( 医中誌 )

  474. 佐々木 惠吾, 伊藤 秀一, 町田 裕之, 稲葉 彩, 東 聡美, 大橋 健一, 松村 舞依, 大谷 容子, 花川 純子, 室谷 浩二, 金綱 友木子. 補充酵素に対する抗体産生により、膜性腎症を発症したPompe病の男児例 日本小児腎臓病学会雑誌. 2019.11; 32 (2): 151-152. ( 医中誌 )

  475. 伊坂 哲哉, 石川 善啓, 禹 哲漢, 小林 信明, 金子 猛, 奥寺 康司, 大橋 健一, 利野 靖, 益田 宗孝. 高齢者の肺combined large-cell neuroendocrine carcinoma術後再発にアムルビシン単独投与が著効した一例 肺癌. 2019.11; 59 (6): 926. ( 医中誌 )

  476. 竹内 杏奈, 加藤 生真, 江中 牧子, 宇高 直子, 山中 正二, 折舘 信彦, 大橋 健一. 口腔底に発生した明細胞癌の1例 診断病理. 2019.10; 36 (4): 331-335. ( 医中誌 )

  477. 本野 紀夫, 宇野 絵梨, 星野 ちなみ, 安齋 桜子, 海老塚 智惠美, 佐川 弘美, 西尾 由紀子, 山中 正二, 大橋 健一. 尿路上皮癌明細胞型の一例 日本臨床細胞学会雑誌. 2019.10; 58 (Suppl.2): 770. ( 医中誌 )

  478. 森田 琢寛, 角田 剛一朗, 平塚 梨奈, 岩野 剛久, 金岡 知彦, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一, 三宅 暁夫, 大橋 健一. 腎硬化症にANCA関連血管炎を合併し、ステロイドとシクロホスファミドの併用療法が奏功した1例 日本内科学会関東地方会. 2019.10; 654回 31. ( 医中誌 )

  479. Kato I., Furuya M., Kawabata Y., Takeyama M., Hayashida K., Tanaka R., Ohashi K.. Denosumab has limited therapeutic effect on giant cell tumour of bone: a study of 7 recurrent cases VIRCHOWS ARCHIV. 2019.09; 475 S407.

  480. 浦野 聖子, 増田 百合香, 大橋 健一. シェーグレン症候群に合併した皮膚限局性結節性アミロイドーシス 遠州病院年報. 2019.09; 25 (1): 42-46. ( 医中誌 )

  481. 米澤 光祐, 平塚 梨奈, 角田 剛一朗, 岩野 剛久, 金岡 知彦, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一, 梅田 茂明, 大橋 健一. 糖尿病患者での難治性ネフローゼ症候群にLDLアフェレシスを施行し改善が得られた1例 日本内科学会関東地方会. 2019.09; 653回 34. ( 医中誌 )

  482. 井熊 大輔, 諏訪部 達也, 水野 裕基, 平松 里佳子, 山内 真之, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 60歳代で発症したTINU症候群の一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 722. ( 医中誌 )

  483. 松岡 舟作, 諏訪部 達也, 山内 真之, 水野 裕基, 関根 章成, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 藤丸 拓也, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 毛利 公美, 乳原 善文. 75歳で顕在化した高度の浮腫と尿細管拡張像を特徴とする遺伝性のないtublo-cystic diseaseの1例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 740. ( 医中誌 )

  484. 鳥生 直哉, 澤 直樹, 水野 裕基, 関根 章成, 川田 真宏, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 早見 典子, 星野 純一, 高市 憲明, 乳原 善文, 大橋 健一, 藤井 丈士. ANCA関連腎炎による末期腎不全にて透析導入後に顕在化した肥厚性硬膜炎の1例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 753. ( 医中誌 )

  485. 大庭 悠貴, 水野 裕基, 平松 里佳子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 藤丸 拓也, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 乳原 善文. HNF1B遺伝子変異を認め家族性若年糖尿病(MODY5)と常染色体優性尿細管間質性腎疾患(ADTKD)の併存が証明された1例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 741. ( 医中誌 )

  486. 犬井 啓太, 澤 直樹, 水野 裕基, 諏訪部 達也, 平松 里佳子, 山内 真之, 高市 憲明, 乳原 善文, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士. IL-6受容体抗体製剤の長期投与により腎臓内のアミロイド沈着まで改善を認めた家族性地中海熱(FMF)の1例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 742. ( 医中誌 )

  487. 小黒 昌彦, 澤 直樹, 水野 裕基, 平松 里佳子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 関根 章成, 川田 真宏, 長谷川 詠子, 星野 純一, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 片野 晴隆. Lupus腎炎様の臨床像を呈し自然軽快したパルボウイルスB19感染症の一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 723. ( 医中誌 )

  488. 福田 誠, 水野 裕基, 平松 里佳子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 星野 純一, 大橋 健一, 藤井 丈士, 池田 裕次, 高市 憲明, 乳原 善文. IL-6受容体阻害剤にて腎不全進行を抑制し得た関節リウマチ合併AA-Amyloidosisの一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 898. ( 医中誌 )

  489. 藤原 秀臣, 平松 里佳子, 水野 裕基, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 竹本 育聖, 乳原 善文. TAFRO症候群に対する治療が奏功した後に、安全に施行した腎生検でも典型的な病理像が残存した一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 714. ( 医中誌 )

  490. 福田 誠, 水野 裕基, 平松 里佳子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 星野 純一, 大橋 健一, 藤井 丈士, 池田 裕次, 高市 憲明, 乳原 善文. Tocilizumabにて腎不全進行抑制し得た関節リウマチの一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 762. ( 医中誌 )

  491. 大久保 颯, 関根 章成, 川田 真宏, 長谷川 詠子, 田中 希穂, 大橋 健一, 藤井 晶子, 藤井 丈士, 澤 直樹, 乳原 善文, 星野 純一, 高市 憲明. びまん性腎実質病変を認めたIgG4関連腎臓病の一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 744. ( 医中誌 )

  492. 渡邉 駿, 井熊 大輔, 澤 直樹, 水野 裕基, 平松 里佳子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 伊藤 加菜江, 乳原 善文. シェーグレン症候群による尿細管間質性腎炎と膜性腎症を合併した一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 762. ( 医中誌 )

  493. 小田 康弘, 澤 直樹, 長谷川 詠子, 水野 裕基, 川田 真宏, 関根 章成, 平松 里佳子, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 高市 憲明, 乳原 善文, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士. ネフローゼ症候群を呈する常染色体優性多発性嚢胞腎に糸球体嚢胞および巣状分節性硬化症を認めた一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 700. ( 医中誌 )

  494. 三好 博之, 渡邉 駿, 諏訪部 達也, 水野 裕基, 平松 里佳子, 山内 真之, 大橋 健一, 藤井 丈士, 柏木 克仁, 前田 正, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 乳原 善文. トシリズマブが奏功せずリツキシマブで寛解に至ったTAFRO症候群の一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 735. ( 医中誌 )

  495. 坂本 祐志, 星野 純一, 関根 章成, 遠山 友希, 水野 裕基, 川田 真宏, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 早見 典子, 諏訪部 達也, 田中 希穂, 大橋 健一, 藤井 晶子, 藤井 丈士, 澤 直樹, 乳原 善文, 高市 憲明. 低補体血症性蕁麻疹様血管炎の特徴を有した好酸球性多発血管炎肉芽腫症の一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 727. ( 医中誌 )

  496. 小田 康弘, 山内 真之, 水野 裕基, 関根 章成, 川田 真宏, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 乳原 善文, 大橋 健一, 藤井 丈士. 多血管病を伴う30年来の2型糖尿病患者において糸球体変化に乏しく糸球体門部小血管増生が目立った一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 737. ( 医中誌 )

  497. 中山 敦仁, 水野 裕基, 関根 章成, 川田 真宏, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 大橋 健一, 藤井 丈士, 高市 憲明. 治療抵抗性であった高齢発症の抗糸球体基底膜抗体型急速進行性糸球体腎炎の一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 766. ( 医中誌 )

  498. 水野 裕基, 田中 希穂, 長谷川 詠子, 中村 有紀, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 高市 憲明, 石井 保夫, 大橋 健一, 藤井 丈士. 無菌性膿瘍症候群に対し抗IL-6抗体製剤投与下に生体腎移植を施行した1例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 728. ( 医中誌 )

  499. 犬井 啓太, 澤 直樹, 水野 裕基, 諏訪部 達也, 平松 里佳子, 山内 真之, 高市 憲明, 乳原 善文, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士, 戸田 重夫. 盲腸穿孔を来した、意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症(MGUS)に顕微鏡的多発血管炎(MPA)を合併した一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 715. ( 医中誌 )

  500. 大島 洋一, 山内 真之, 水野 裕基, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 大橋 健一, 藤井 丈士, 吉川 哲也. 管内増殖性糸球体腎炎による腎不全とせん妄を呈したPOEMS症候群の一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 714. ( 医中誌 )

  501. 島 菜月, 山内 真之, 水野 裕基, 川田 真宏, 関根 章成, 平松 里佳子, 早見 典子, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 糸球体病変が乏しくpolar vasculosisが主体の糖尿病性腎臓病の1例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 737. ( 医中誌 )

  502. 島 菜月, 早見 典子, 水野 裕基, 川田 真宏, 関根 章成, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 糸球体結節様病変を呈したC3腎症の1例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 749. ( 医中誌 )

  503. 川口 駿, 中村 有紀, 水野 裕基, 関根 章成, 川田 真宏, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 石井 保夫, 高市 憲明, 乳原 善文, 大橋 健一, 藤井 丈士. 腎移植7年目にネフローゼ症候群として発症した慢性活動性抗体関連型拒絶(transplant glomerulopthy)の1例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 764. ( 医中誌 )

  504. 松岡 舟作, 長谷川 詠子, 関根 章成, 川田 真宏, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 谷口 修一. 臍帯血移植後7年目に発症した悪性高血圧/高血圧緊急症の一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 716. ( 医中誌 )

  505. 渡邉 駿, 田中 希穂, 水野 裕基, 関根 章成, 中村 有紀, 藤井 丈士, 大橋 健一, 土谷 良樹, 野津 寛大, 赤木 祐一郎, 澤 直樹, 星野 純一, 乳原 善文, 高市 憲明, 石井 保夫. 血液透析、腹膜透析、併用療法療で改善しなかった心嚢水貯留が腎移植後に軽快したミトコンドリア病の一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 728. ( 医中誌 )

  506. 井熊 大輔, 山内 真之, 水野 裕基, 平松 里佳子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 石綿 一哉, 和氣 敦, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 軽微な円柱(Cast)にて急速に腎不全に至った骨髄腫腎の一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 725. ( 医中誌 )

  507. 渡邉 駿, 山内 真之, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 関根 章成, 川田 真宏, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 関節リウマチ患者においてTNFα阻害薬投与後に顕在化したANCA関連腎症がIL-6阻害薬にて改善した一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 753. ( 医中誌 )

  508. 渡邉 駿, 水野 裕基, 平松 里佳子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 藤本 愛, 白石 淳一, 藤村 慶子, 乳原 善文. 進行性食道がんを合併したステロイド抵抗性クリオグロブリン血症の一例 日本腎臓学会誌. 2019.08; 61 (6): 716. ( 医中誌 )

  509. 高橋 宏太, 佐藤 高光, 栗田 裕介, 長谷川 翔, 細野 邦広, 遠藤 格, 松村 舞依, 大橋 健一, 中島 淳, 窪田 賢輔. IPMN由来浸潤癌及び膵体部主膵管狭窄の診断で切除に至った1例 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集. 2019.07; 355回 24. ( 医中誌 )

  510. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例 神奈川医学会雑誌. 2019.07; 46 (2): 245-246. ( 医中誌 )

  511. 今井 雄一, 松永 竜也, 紙谷 菜津子, 水島 大一, ルイズ横田 奈朋, 本野 紀夫, 西尾 由紀子, 古屋 充子, 山中 正二, 大橋 健一, 宮城 悦子. 当院における妊娠合併子宮頸癌3例の検討 日本臨床細胞学会雑誌. 2019.05; 58 (Suppl.1): 253. ( 医中誌 )

  512. 西尾 由紀子, 本野 紀夫, 佐川 弘美, 三田 和博, 仲村 武, 加藤 生真, 梅田 茂明, 山中 正二, 河野 尚美, 大橋 健一. 舌下腺に発生したclear cell carcinomaの一例 日本臨床細胞学会雑誌. 2019.05; 58 (Suppl.1): 340. ( 医中誌 )

  513. 佐々木 惠吾, 伊藤 秀一, 町田 裕之, 稲葉 彩, 東 聡美, 大橋 健一, 松村 舞依, 花川 純子. 補充酵素に対する抗体産生により膜性腎症を発症したPompe病の男児例 日本小児腎臓病学会雑誌. 2019.05; 32 (1Suppl.): 155. ( 医中誌 )

  514. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR肺腺癌の微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現解析プロファイルの解明 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 350. ( 医中誌 )

  515. 立石 陽子, 大橋 健一. 【肉眼病理-症例から探る鑑別のヒント-】(第5章)食道 Barrett腺癌 病理と臨床. 2019.04; 37 (臨増): 129-131. ( 医中誌 )

  516. 大橋 健一. 【肉眼病理-症例から探る鑑別のヒント-】(第5章)食道 類基底細胞癌 病理と臨床. 2019.04; 37 (臨増): 132-134. ( 医中誌 )

  517. 立石 陽子, 大橋 健一. 【肉眼病理-症例から探る鑑別のヒント-】(第5章)食道 扁平上皮癌 病理と臨床. 2019.04; 37 (臨増): 126-128. ( 医中誌 )

  518. 大橋 健一. 【肉眼病理-症例から探る鑑別のヒント-】(第5章)食道 悪性黒色腫 病理と臨床. 2019.04; 37 (臨増): 138-140. ( 医中誌 )

  519. 大橋 健一. 【肉眼病理-症例から探る鑑別のヒント-】(第5章)食道 悪性顆粒細胞腫 病理と臨床. 2019.04; 37 (臨増): 141-143. ( 医中誌 )

  520. 小嶋 結, 加藤 生真, 末松 秀明, 河野 尚美, 大橋 健一. 回腸に発生したClear cell sarcoma-like tumor of the gastrointestinal tractの1例 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 373. ( 医中誌 )

  521. 長谷川 知愛, 澤田 雄, 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 梅田 茂明, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 生体肝移植を行ったDorfman-Chanarin syndromeの一剖検例 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 476. ( 医中誌 )

  522. 宮部 賢, 吉田 誠, 馬越 通信, 伊藤 行信, 前田 大地, 浅部 幸紹, 南條 博, 郭 永梅, 大橋 健一, 後藤 明輝. 第X因子欠乏を認めた原発性ALアミロイドーシスの一例 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 490. ( 医中誌 )

  523. 加藤 生真, 古屋 充子, 川端 佑介, 大橋 健一. 異型の弱い高分化型脂肪肉腫の4例 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 418. ( 医中誌 )

  524. 前田 晃樹, 坂本 佳奈, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 高橋 寛之, 渡邉 裕子, 山中 正二, 竹内 賢吾, 大橋 健一. 異なる形態像を示す芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍の2例 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 428. ( 医中誌 )

  525. 日比谷 孝志, 田中 明朗, 松村 舞依, 青木 絢子, 池上 匡, 河野 尚美, 奥寺 康司, 大橋 健一. 肺原発悪性黒色腫における遺伝子変異解析 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 358. ( 医中誌 )

  526. 三宅 暁夫, 前田 晃樹, 長谷川 知愛, 日比谷 孝志, 梅田 茂明, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 膵Mixed serous neuroendocrine neoplasmの1例 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 384. ( 医中誌 )

  527. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異量の測定 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 352. ( 医中誌 )

  528. 森田 彰, 小林 直実, 崔 賢民, 池 裕之, 手塚 太郎, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 東平 翔太, 稲葉 裕, 加藤 生真, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. FAIに合併した骨芽細胞腫の1例 神奈川整形災害外科研究会雑誌. 2019.03; 31 (3): 45. ( 医中誌 )

  529. Tateishi Yoko, Hirasawa Kingo, Sato Chiko, Okudela Koji, Matsumura Mai, Inayama Yoshiaki, Ohashi Kenichi. Pyloric gland adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations LABORATORY INVESTIGATION. 2019.03; 99

  530. Tateishi Yoko, Hirasawa Kingo, Sato Chiko, Okudela Koji, Matsumura Mai, Inayama Yoshiaki, Ohashi Kenichi. Pyloric gland adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations MODERN PATHOLOGY. 2019.03; 32

  531. 櫻井 菜月, 吉見 竜介, 三宅 暁夫, 飯塚 友紀, 秀川 智春, 三橋 正季, 小宮 孝章, 副島 裕太郎, 濱田 直樹, 永井 秀人, 國下 洋輔, 土田 奈緒美, 岸本 大河, 神山 玲光, 桐野 洋平, 杉山 裕美子, 大野 滋, 大橋 健一, 中島 秀明. エドキサバン内服中に多臓器で血栓症を来した抗リン脂質抗体症候群の一例 関東リウマチ. 2019.03; 52 136-140. ( 医中誌 )

  532. 浦野 聖子, 増田 百合香, 大橋 健一. シェーグレン症候群に合併した限局性皮膚アミロイドーシス 日本皮膚科学会雑誌. 2019.03; 129 (3): 357. ( 医中誌 )

  533. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例 神奈川医学会雑誌. 2019.01; 46 (1): 66. ( 医中誌 )

  534. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例 神奈川医学会雑誌. 2019.01; 46 (1): 93. ( 医中誌 )

  535. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例 神奈川医学会雑誌. 2019.01; 46 (1): 112-113. ( 医中誌 )

  536. 川口 駿, 松波 昌寿, 中村 有紀, 水野 裕基, 関根 章成, 川田 真宏, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 石井 保夫, 高市 憲明, 乳原 善文, 大橋 健一, 藤井 丈士, 城 謙輔, 山口 裕. 2型糖尿病を背景とした末期腎不全に対しABO適合生体腎移植の施行5年後にネフローゼ症候群で発症した糸球体炎を主体とした慢性活動性抗体関連型拒絶の1例 腎炎症例研究. 2019; 36 27-42. ( 医中誌 )

  537. Okuda Ryo, Hagiwara Eri, Katano Takuma, Ikeda Satoshi, Sekine Akimasa, Kitamura Hideya, Baba Tomohisa, Okudela Koji, Ohashi Kenichi, Ogura Takashi. NEWLY DEFINED ACUTE EXACERBATION OF IDIOPATHIC PULMONARY FIBROSIS WITH SURGICALLY-PROVEN USUAL INTERSTITIAL PNEUMONIA: RISK FACTORS AND OUTCOME SARCOIDOSIS VASCULITIS AND DIFFUSE LUNG DISEASES. 2019; 36 (1): 39-46.

  538. 井熊 大輔, 貫井 友貴, 平松 里佳子, 山内 真之, 水野 裕基, 関根 章成, 川田 真宏, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 乳原 善文, 和氣 敦, 大橋 健一, 藤井 丈士. 血縁者間末梢血幹細胞移植1年後に続発性膜性腎症をきたした一例 腎炎症例研究. 2019; 35 44-59. ( 医中誌 )

  539. 鳥谷 建一郎, 石部 敦士, 諏訪 雄亮, 樅山 将士, 渡邉 純, 松山 隆生, 秋山 浩利, 大田 貢由, 遠藤 格, 大橋 健一. Currarino症候群との関与が疑われたtailgut cystの家族内発生例 日本消化器外科学会雑誌. 2018.12; 51 (12): 800-805. ( 医中誌 )

  540. Okudela Koji, Arai Hiromasa, Umeda Shigeaki, Matsumura Mai, Baba Tomonao, Tajiri Michihiko, Ogura Takashi, Tateishi Yoko, Ohashi Kenichi. KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia CANCER SCIENCE. 2018.12; 109 1408.

  541. 渡邉 駿, 山内 真之, 小黒 昌彦, 井熊 大輔, 水野 裕基, 平松 里佳子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. TNFα阻害薬が惹起し、IL-6阻害薬が進行を抑制した関節リウマチ合併ANCA関連血管炎の一例 日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集. 2018.12; 29回 54. ( 医中誌 )

  542. Kato Ikuma, Furuya Mitsuko, Ohashi Kenichi. True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells CANCER SCIENCE. 2018.12; 109 1168.

  543. 菊池 雄斗, 竹元 暁, 鈴木 迪哲, 川端 佑介, 斎藤 桂樹, 齋藤 知行, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一. 肘関節内に発生したdesmoplastic fibroblastomaの1例 日本手外科学会雑誌. 2018.12; 35 (3): 554. ( 医中誌 )

  544. 渡邉 駿, 小黒 昌彦, 鳥生 直哉, 稲永 亮平, 小澤 祐子, 井熊 大輔, 大島 洋一, 水野 裕基, 関根 章成, 川田 真宏, 早見 典子, 住田 圭一, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 高市 憲明, 田中 希穂, 松波 昌寿, 中村 有紀, 石井 保夫, 野崎 裕美, 土谷 良樹, 野津 寛大, 藤井 晶子, 藤井 丈士, 大橋 健一, 金綱 友木子, 宮崎 陽一. 腎生検所見から何を学ぶか(No.63) 糖尿病合併のないA3243G変異ミトコンドリア病によるFSGSの1例 腎と透析. 2018.12; 85 (6): 869-879. ( 医中誌 )

  545. Suzuki S., Hashimoto T., Shibata K., Nakano M., Onaka N., Tsubouchi G., Takahashi M., Akashi A., Hirawa N., Toyal Y., Ohashi K., Goshima Y., Tamura K.. 6-amino-6-deoxy paramylon improved obesity and glucose metabolism in a diet-induced obesity mouse model DIABETOLOGIA. 2018.10; 61 S327-S328.

  546. 石川 善啓, 伊坂 哲哉, 禹 哲漢, 利野 靖, 益田 宗孝, 奥寺 康司, 大橋 健一. 同時多発肺腺癌との鑑別を要した結節性リンパ組織過形成の3例 肺癌. 2018.10; 58 (6): 662. ( 医中誌 )

  547. 今井 雄一, 松永 竜也, 紙谷 菜津子, 水島 大一, ルイズ横田 奈朋, 西尾 由紀子, 佐川 弘美, 三田 和博, 古屋 充子, 山中 正二, 大橋 健一, 宮城 悦子. 妊娠中期に子宮頸部腺癌と診断した1例 日本臨床細胞学会雑誌. 2018.10; 57 (Suppl.2): 676. ( 医中誌 )

  548. 水野 裕基, 小黒 昌彦, 関根 章成, 川田 真宏, 平松 里佳子, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 澤 直樹, 星野 純一, 乳原 善文, 高市 憲明, 原 茂子, 藤井 丈士, 大橋 健一, 小野江 為人, 川野 充弘, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 本田 一穂, 尾田 高志. 腎生検所見から何を学ぶか(No.62) 東京腎生検カンファレンス 常染色体優性遺伝形式の間質性腎炎の家族歴を有し遺伝子検査でADTKD-UMODと診断された男性の1例 腎と透析. 2018.10; 85 (4): 587-594. ( 医中誌 )

  549. 星野 ちなみ, 安齋 桜子, 海老塚 智恵美, 西尾 由紀子, 佐川 弘美, 本野 紀夫, 三田 和博, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した唾液腺導管癌の一例 日本臨床細胞学会雑誌. 2018.10; 57 (Suppl.2): 646. ( 医中誌 )

  550. 則武 睦未, 尾川 松義, 菅江 貞亨, 金田 朋洋, 成井 一隆, 田辺 美樹子, 山中 正二, 片山 敦, 石川 孝, 大橋 健一, 井上 登美夫. 乳房専用PETを使用した乳癌の画像診断 現状と展望 臨床放射線. 2018.09; 63 (9): 995-1007. ( 医中誌 )

  551. 川島 大輔, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 郷 真知, 長尾 明紘, 齋藤 知行, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一. FOSL1を用いた免疫染色によりDesmoplastic fibroblastomaと診断し、手術加療により良好な成績を得た2例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2018.08; 30 (3): 323. ( 医中誌 )

  552. 島 菜月, 山内 真之, 小黒 昌彦, 水野 裕基, 川田 真宏, 関根 章成, 住田 圭一, 平松 里佳子, 早見 典子, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 鈴木 文孝, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. HBcrAgのみ陽性のB型肝硬変に合併した新規の管内増殖性糸球体腎炎の1例 日本腎臓学会誌. 2018.08; 60 (6): 928. ( 医中誌 )

  553. 水野 裕基, 山際 元, 渡邉 駿, 井熊 大輔, 小黒 昌彦, 川田 真宏, 住田 圭一, 平松 里佳子, 早見 典子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 藤井 丈士, 大橋 健一, 高市 憲明. GAVEに対するアルゴンプラズマ療法後に発症した強皮症腎クリーゼの1例 日本腎臓学会誌. 2018.08; 60 (6): 897. ( 医中誌 )

  554. 渡邉 駿, 住田 圭一, 小黒 昌彦, 井熊 大輔, 野田 竜之介, 関根 章成, 川田 真宏, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 佐藤 康晴, 乳原 善文. TAFRO症候群様の臨床像を呈した抗SS-A抗体陽性の一例 日本腎臓学会誌. 2018.08; 60 (6): 877. ( 医中誌 )

  555. 渡邉 駿, 澤 直樹, 小黒 昌彦, 野田 竜之介, 井熊 大輔, 関根 章成, 川田 真宏, 平松 里佳子, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 早見 典子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. びまん性線維化を呈したIgG4関連腎症の一例 日本腎臓学会誌. 2018.08; 60 (6): 889. ( 医中誌 )

  556. 春原 須美玲, 小林 竜, 大上 尚仁, 平塚 梨奈, 花岡 正哲, 大城 光二, 畝田 一司, 金岡 知彦, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 大橋 健一, 田村 功一. インフルエンザを契機に再燃したANCA関連腎炎の一例 日本腎臓学会誌. 2018.08; 60 (6): 874. ( 医中誌 )

  557. 松岡 舟作, 山内 真之, 諏訪部 達也, 早見 典子, 関根 章成, 水野 祐基, 長谷川 詠子, 住田 圭一, 平松 里佳子, 星野 純一, 澤 直樹, 大橋 健一, 藤井 丈士, 高市 憲明, 乳原 善文. カルシニュリン阻害剤の併用によりステロイド剤が中止し得た活動性ループス腎炎の一例 日本腎臓学会誌. 2018.08; 60 (6): 895. ( 医中誌 )

  558. 鳥生 直哉, 関根 章成, 長谷川 詠子, 水野 裕基, 住田 圭一, 山内 真之, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 大橋 健一, 藤井 丈士, 的場 周一郎. 大腸癌に対して投与されたベバシズマブにより著明な蛋白尿を呈した1例 日本腎臓学会誌. 2018.08; 60 (6): 739. ( 医中誌 )

  559. 大島 洋一, 早見 典子, 住田 圭一, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 水野 裕基, 関根 章成, 川田 真宏, 諏訪部 達也, 大橋 健一, 藤井 丈士, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 乳原 善文. 尿蛋白が顕在化したSLEに対して腎生検を行いlupus nephritis所見のないAPS腎症と診断された一例 日本腎臓学会誌. 2018.08; 60 (6): 896. ( 医中誌 )

  560. 郷 真知, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 長尾 明紘, 川島 大輔, 中村 玲奈, 江中 牧子, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 急速に進行したメトトレキセート関連リンパ増殖性疾患の1例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2018.08; 30 (3): 324. ( 医中誌 )

  561. 山重 大樹, 関根 章成, 水野 裕基, 川田 真宏, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 藤井 晶子, 藤井 丈士, 大橋 健一, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 高市 憲明. 微小変化型ネフローゼ症候群発症に際し,橋本病に伴う甲状腺機能低下症が顕在化したと考えられる一例 日本腎臓学会誌. 2018.08; 60 (6): 911. ( 医中誌 )

  562. 大庭 悠貴, 山内 真之, 早見 典子, 関根 章成, 水野 裕基, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 乳原 善文, 大橋 健一, 藤井 丈士. 抗M2抗体陽性で尿細管性アシドーシスに間質性腎炎を合併した2症例 日本腎臓学会誌. 2018.08; 60 (6): 931. ( 医中誌 )

  563. 井熊 大輔, 山内 真之, 水野 裕基, 関根 章成, 川田 真宏, 平松 里佳子, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 乳原 善文, 和氣 敦, 大橋 健一, 藤井 丈士. 末梢血幹細胞移植1年後に膜性腎症と高度の尿細管間質障害をきたした一例 日本腎臓学会誌. 2018.08; 60 (6): 934. ( 医中誌 )

  564. 野田 竜之介, 住田 圭一, 早見 典子, 関根 章成, 水野 裕基, 川田 真宏, 長谷川 詠子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 乳原 善文, 大橋 健一, 藤井 丈士. 肺扁平上皮癌の手術後に治療反応性が良くなった間質性腎炎の1例 日本腎臓学会誌. 2018.08; 60 (6): 931. ( 医中誌 )

  565. 長尾 明紘, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 郷 真知, 川島 大輔, 中村 玲菜, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 齋藤 知行. 診断に難渋したリトルリーガーズショルダーの1例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2018.08; 30 (3): 407. ( 医中誌 )

  566. 大橋 健一. 免疫染色によるアミロイドーシス病型診断、現状と将来の取り組み 病理と臨床. 2018.07; 36 (7): 710-712. ( 医中誌 )

  567. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例 神奈川整形災害外科研究会雑誌. 2018.07; 31 (1): 12-13. ( 医中誌 )

  568. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例 神奈川医学会雑誌. 2018.07; 45 (2): 256. ( 医中誌 )

  569. 大橋 健一. 【膠原病の病理-今日的視点から-】膠原病の臓器病変と鑑別疾患 消化管病変 病理と臨床. 2018.06; 36 (6): 568-573. ( 医中誌 )

  570. 渡邉 駿, 早見 典子, 小黒 昌彦, 大島 洋一, 井熊 大輔, 関根 章成, 川田 真宏, 平松 里佳, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 石井 保夫, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 矢崎 正英, 乳原 善文. 2度の腎生検で診断されたAHアミロイドーシスの10年の経過 日本透析医学会雑誌. 2018.05; 51 (Suppl.1): 521. ( 医中誌 )

  571. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 鈴木 健久, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR肺腺癌の微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現解析プロファイルの解明 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 414. ( 医中誌 )

  572. 水野 裕基, 渡邉 駿, 藤川 莉那, 大島 洋一, 小澤 祐子, 関根 章成, 川田 真宏, 住田 圭一, 山内 真之, 早見 典子, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 藤井 丈士, 大橋 健一, 佐藤 康晴, 乳原 善文, 高市 憲明. TAFRO症候群における腎障害,血小板低下は高度の血管内皮障害に起因する(当院における4症例の検討) 日本腎臓学会誌. 2018.04; 60 (3): 376. ( 医中誌 )

  573. 井熊 大輔, 上野 智敏, 水野 裕基, 関根 章成, 川田 真宏, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 乳原 善文, 大橋 健一, 藤井 丈士. カルシニューリン阻害薬はループス腎炎再生検時のびまん性膜性病変を抑制する可能性がある 日本腎臓学会誌. 2018.04; 60 (3): 439. ( 医中誌 )

  574. 鳥生 直哉, 住田 圭一, 水野 裕樹, 関根 章成, 早見 典子, 山内 真之, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 乳原 善文, 藤井 丈士, 大橋 健一. コレステロール塞栓症による透析導入の検討 日本腎臓学会誌. 2018.04; 60 (3): 386. ( 医中誌 )

  575. 片岡 俊朗, 加藤 生真, 山中 正二, 折舘 伸彦, 長尾 俊孝, 大橋 健一. 唾液腺腺房細胞癌の再検討により発見された分泌癌の3例 診断病理. 2018.04; 35 (2): 118-123. ( 医中誌 )

  576. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸癌のリンパ節転移に特徴的なmicroRNA発現解析プロファイルの解明 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 483. ( 医中誌 )

  577. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 古屋 充子, 三宅 暁夫, 千葉 佐和子, 小嶋 結, 中村 大志, 山本 哲哉, 大橋 健一. 松果体部に生じたEWSR1関連粘液性腫瘍の1例 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 451. ( 医中誌 )

  578. 江中 牧子, 加藤 生真, 古屋 充子, 山中 正二, 宮崎 拓也, 中島 秀明, 大橋 健一. 節性EBV陽性細胞障害性T細胞リンパ腫の2例 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 362. ( 医中誌 )

  579. 日比谷 孝志, 小池 千尋, 澤田 雄, 松山 隆生, 山中 正二, 遠藤 格, 大橋 健一. 膵solid pseudopapillary neoplasm疑いで切除された、若年膵管状腺癌の一例 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 366. ( 医中誌 )

  580. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 小池 千尋, 牛尾 良太, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 蜂巣肺を裏打ちする気管支上皮化生病変におけるKRAS遺伝子変異量の測定 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 417. ( 医中誌 )

  581. 佐川 弘美, 安齋 桜子, 西尾 由紀子, 本野 紀夫, 三田 和博, 松村 舞依, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の一例 日本臨床細胞学会雑誌. 2018.04; 57 (Suppl.1): 333. ( 医中誌 )

  582. 三宅 暁夫, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 小池 千尋, 日比谷 孝志, 梅田 茂明, 立石 陽子, 奥寺 康司, 山中 正二, 大橋 健一. 除菌後胃癌の臨床病理学的特徴 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 433. ( 医中誌 )

  583. Kato Ikuma, Furuya Mitsuko, Kawabata Yusuke, Tanaka Reiko, Ohashi Kenichi. True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone Potentially Have Osteogenic Nature and Reveal their Osteogenic Histology After Denosumab Therapy: Integrated Analyses Including Immunofluorescent Double Staining MODERN PATHOLOGY. 2018.03; 31 27.

  584. Kato Ikuma, Furuya Mitsuko, Kawabata Yusuke, Tanaka Reiko, Ohashi Kenichi. True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone Potentially Have Osteogenic Nature and Reveal their Osteogenic Histology After Denosumab Therapy: Integrated Analyses Including Immunofluorescent Double Staining LABORATORY INVESTIGATION. 2018.03; 98 27.

  585. 小堀 清子, 小黒 昌彦, 水野 裕基, 薮内 純子, 大島 洋一, 國沢 恭平, 関根 章成, 川田 真宏, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文, 城 謙輔, 山口 裕. Lupus Podocytopathyが疑われる一例 腎炎症例研究. 2018.02; 34 68-112. ( 医中誌 )

  586. 大上 尚仁, 小林 竜, 春原 須美玲, 毛利 史將, 川井 有紀, 畝田 一司, 山内 淳司, 谷津 圭介, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一, 三宅 暁夫, 大橋 健一, 城 謙輔, 山口 裕. ネフローゼ症候群を伴うIgA腎症の一例 腎炎症例研究. 2018.02; 34 221-238. ( 医中誌 )

  587. Okudela Koji, Kojima Yoko, Arai Hiromasa, Matsumura Mai, Umeda Shigeaki, Ohashi Kenichi. A profile of driver oncogene mutations in lung adenocarcinomas that associate with idiopathic interstitial pneumonia CANCER SCIENCE. 2018.01; 109 1109.

  588. Kataoka Toshiaki, Okudela Koji, Nakashima Yu, Arai Hiromasa, Kojima Yoko, Mitsui Hideaki, Suzuki Takehisa, Matsumura Mai, Umeda Shigeaki, Tateishi Yoko, Yamanaka Shoji, Ohashi Kenichi. A profile of mucin protein expressions in lung adenocarcinomas that associate with idiopathic interstitial pneumonia CANCER SCIENCE. 2018.01; 109 1108.

  589. Kato Ikuma, Furuya Mitsuko, Ohashi Kenichi. Giant cell tumor of bone after denosumab therapy: histological changes do not mean disappearance of the tumor cells CANCER SCIENCE. 2018.01; 109 310.

  590. Matsumura Mai, Okudela Koji, Nakashima Yu, Arai Hiromasa, Kojima Yoko, Mitsui Hideaki, Suzuki Takehisa, Umeda Shigeaki, Tateishi Yoko, Yamanaka Shoji, Ohashi Kenichi. MUC21 expression in lung adenocarcinoma - its association with the micropapillary element CANCER SCIENCE. 2018.01; 109 1108.

  591. 渡邉 駿, 住田 圭一, 大島 洋一, 井熊 大輔, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 乳原 善文, 佐藤 康晴, 藤井 丈士, 大橋 健一. TAFRO症候群様の臨床像を呈した抗SS-A抗体陽性の一例 日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集. 2017.12; 28回 78. ( 医中誌 )

  592. 鳥生 直哉, 平松 里佳子, 水野 裕基, 井熊 大輔, 関根 章成, 早見 典子, 住田 圭一, 山内 真之, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 高市 憲明, 藤井 丈士, 大橋 健一. 再発を繰り返すごとにFingerprint像の層状構造がより明確化したループス腎炎の1例 日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集. 2017.12; 28回 54. ( 医中誌 )

  593. 浅利 知輝, 岩下 広道, 山中 正二, 大橋 健一. 悪性症候群からの回復期に突然死した統合失調症の剖検例 精神科治療学. 2017.12; 32 (12): 1663-1669. ( 医中誌 )

  594. 貫井 友貴, 大島 洋一, 山内 真之, 井熊 大輔, 関根 章成, 住田 圭一, 平松 里佳子, 早見 典子, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 義文, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士. 糖尿病末期腎不全期に水腎症合併IgG4関連腎前立腺症を診断しステロイド治療が奏功し長期に腎機能が維持された一例 日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集. 2017.12; 28回 48. ( 医中誌 )

  595. 鳥生 直哉, 水野 裕基, 井熊 大輔, 関根 章成, 早見 典子, 住田 圭一, 山内 真之, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 高市 憲明, 藤井 丈士, 大橋 健一. 腎生検にて好酸球浸潤を伴う半月体形成を認めた好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)の1例 日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集. 2017.12; 28回 69. ( 医中誌 )

  596. 伊藤 雄介, 関根 章成, 高田 大輔, 薮内 純子, 小暮 裕太, 上野 智敏, 川田 真宏, 今福 礼, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 城 謙輔, 竹本 文美. 腎生検所見から何を学ぶか(No.60) 特異なMRI像・腎生検像を呈し、遺伝子検査でARPKDと診断された37歳男性の一例 腎と透析. 2017.11; 83 (5): 761-768. ( 医中誌 )

  597. 太田 幸秀, 松永 竜也, 鈴木 幸雄, 齊藤 真, 今井 雄一, ルイズ横田 奈朋, 西尾 由紀子, 三田 和博, 古屋 充子, 山中 正二, 佐藤 美紀子, 大橋 健一, 宮城 悦子. 子宮に発生した悪性リンパ腫5例の臨床病理学的検討 日本臨床細胞学会雑誌. 2017.10; 56 (Suppl.2): 690. ( 医中誌 )

  598. 金澤 美千代, 安齋 桜子, 海老塚 智恵美, 西尾 由紀子, 本野 紀夫, 佐川 弘美, 三田 和博, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. 耳下腺腺房細胞癌の2例の検討 日本臨床細胞学会雑誌. 2017.10; 56 (Suppl.2): 751. ( 医中誌 )

  599. 大橋 健一. 若手pathologistsのための文書作成講座(第1回) 剖検報告書の書き方 病理と臨床. 2017.10; 35 (10): 954-959. ( 医中誌 )

  600. 鳥生 直哉, 住田 圭一, 水野 裕基, 大島 洋一, 小黒 昌彦, 渡邉 駿, 稲永 亮平, 井熊 大輔, 早見 典子, 山内 真之, 関根 章成, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 柳田 素子. '腎限局型の本態性クリオグロブリン血症'ともいうべき2症例の報告 日本腎臓学会誌. 2017.09; 59 (6): 723. ( 医中誌 )

  601. 井熊 大輔, 長谷川 詠子, 川田 真宏, 鳥生 直哉, 渡邉 駿, 小黒 昌彦, 大島 洋一, 稲永 亮平, 國沢 恭平, 関根 章成, 住田 圭一, 山内 真之, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士. 25年の経過で4回組織型の変遷を遂げたループス腎炎の一例 日本腎臓学会誌. 2017.09; 59 (6): 861. ( 医中誌 )

  602. 鳥生 直哉, 住田 圭一, 水野 裕基, 大島 洋一, 小黒 昌彦, 渡邉 駿, 稲永 亮平, 井熊 大輔, 早見 典子, 山内 真之, 関根 章成, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 柳田 素子. '腎限局型の本態性クリオグロブリン血症'ともいうべき2症例の報告 日本腎臓学会誌. 2017.09; 59 (6): 723. ( 医中誌 )

  603. 留野 渉, 新倉 利啓, 奥寺 康司, 小川 祐二, 本多 靖, 結束 貴臣, 今城 健人, 米田 正人, 桐越 博之, 山中 正二, 大橋 健一, 中島 淳, 斉藤 聡. C型慢性肝炎に合併したキャッスルマン病の1例 肝臓. 2017.09; 58 (9): 494-503. ( 医中誌 )

  604. 渡邉 駿, 山内 真之, 小黒 昌彦, 鳥生 直哉, 稲永 亮平, 井熊 大輔, 大島 洋一, 早見 典子, 住田 圭一, 澤 直樹, 高市 憲明, 神崎 真実, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. IgG4関連膜性腎症として発症し、SLE、脊髄炎、重症筋無力症といった多彩な自己免疫性疾患を併発した一例 日本腎臓学会誌. 2017.09; 59 (6): 894. ( 医中誌 )

  605. 鳥生 直哉, 山内 真之, 水野 裕基, 大島 洋一, 小黒 昌彦, 渡邉 駿, 稲永 亮平, 井熊 大輔, 早見 典子, 住田 圭一, 関根 章成, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士. インスリンポンプを使った厳格な血糖管理により15年間にわたり腎症の安定が得られた1型糖尿病患者の1例 日本腎臓学会誌. 2017.09; 59 (6): 866. ( 医中誌 )

  606. 稲永 亮平, 國沢 恭平, 澤 直樹, 住田 圭一, 関根 章成, 大島 洋一, 小黒 昌彦, 渡邊 駿, 井熊 大輔, 鳥生 直哉, 早見 典子, 山内 真之, 星野 純一, 乳原 善文, 高市 憲明, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士. 全身性エリテマトーデス(SLE)との鑑別を要する低補体血症性蕁麻疹様血管炎(HUV)の一例 日本腎臓学会誌. 2017.09; 59 (6): 877. ( 医中誌 )

  607. 中川 諒, 長谷川 詠子, 今福 礼, 水野 裕基, 川田 真宏, 関根 章成, 住田 圭一, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 和氣 敦, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 尿中Alb分画と腎生検の重要性が示唆されたCast nephropathy 2症例からの検討 日本腎臓学会誌. 2017.09; 59 (6): 892. ( 医中誌 )

  608. 稲永 亮平, 住田 圭一, 澤 直樹, 関根 章成, 大島 洋一, 小黒 昌彦, 渡邊 駿, 井熊 大輔, 鳥生 直哉, 早見 典子, 山内 真之, 星野 純一, 乳原 善文, 高市 憲明, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士. 管内増殖性腎炎として発症し腹膜透析導入後に顕在化した好酸球性血管炎の一例 日本腎臓学会誌. 2017.09; 59 (6): 888. ( 医中誌 )

  609. 渡邉 駿, 小黒 昌彦, 鳥生 直哉, 稲永 亮平, 井熊 大輔, 大島 洋一, 早見 典子, 住田 圭一, 山内 真之, 関根 章成, 川田 真宏, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 土谷 良樹, 野津 寛大, 乳原 善文. 糖尿病合併のないA3243G変異ミトコンドリア病によるFSGSの一例 日本腎臓学会誌. 2017.09; 59 (6): 906. ( 医中誌 )

  610. 藤川 莉那, 小堀 清子, 関根 章成, 川田 真宏, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 適切なタイミングの治療により寛解に至った進行性食道癌による二次性膜性腎症の一例 日本腎臓学会誌. 2017.09; 59 (6): 886. ( 医中誌 )

  611. 佐川 弘美, 三田 和博, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一, 梶原 良介, 佐野 大佑, 加藤 生真. 小児の頸部に発生した顆粒細胞腫の1例 神奈川県臨床細胞学会誌. 2017.08; 22 (1): 26-30. ( 医中誌 )

  612. 江中 牧子, 山中 正二, 荒井 宏雅, 宇高 直子, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 大橋 健一. 肺高血圧症様の血管変化を伴った肺底動脈大動脈起始症の2例 診断病理. 2017.07; 34 (3): 207-213. ( 医中誌 )

  613. 小堀 清子, 比嘉 康志, 澤 直樹, 星野 純一, 長谷川 詠子, 川田 真宏, 水野 裕基, 山内 真之, 早見 典子, 関根 章成, 薮内 純子, 大島 洋一, 小黒 昌彦, 國沢 恭平, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文, 高市 憲明. ANCA関連腎炎にて透析導入後にヘパリン起因性血小板減少症(HIT)を呈した一例 日本透析医学会雑誌. 2017.05; 50 (Suppl.1): 826. ( 医中誌 )

  614. 大橋 健一. 【腎生検・病理診断-臨床と病理の架け橋】(第2章)臨床医が知っておくべき腎生検標本の作製と観察の実際 腎生検標本作製、切り分け、固定、染色法の選択 腎と透析. 2017.05; 82 (増刊): 30-37. ( 医中誌 )

  615. 横溝 由美子, 平松 功太郎, 滝澤 弘樹, 山下 大輔, 新堀 萌香, 荒木 あずみ, 逢坂 公人, 蓮見 壽史, 林 成彦, 槙山 和秀, 近藤 慶一, 中井川 昇, 矢尾 正祐, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. BCG膀胱注入後のBCG感染症の3例 泌尿器外科. 2017.04; 30 (4): 471-473. ( 医中誌 )

  616. 大橋 健一, 福井 雄大, 井下 尚子. 【病理診断に直結した組織学】消化器 肛門 病理と臨床. 2017.04; 35 (臨増): 216-223. ( 医中誌 )

  617. 星野 純一, 三瀬 広記, 山内 真之, 関根 章成, 國沢 恭平, 早見 典子, 川田 真宏, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 清水 美保, 古市 賢吾, 北川 清樹, 藤井 丈士, 大橋 健一, 和田 隆志, 乳原 善文, 高市 憲明. わが国の評価基準を用いたDM腎症病理重症度スコアの作成 日本腎臓学会誌. 2017.04; 59 (3): 228. ( 医中誌 )

  618. 大島 洋一, 乳原 善文, 星野 純一, 関根 章成, 國沢 恭平, 小黒 昌彦, 水野 裕基, 薮内 純子, 早見 典子, 山内 真之, 川田 真宏, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 丈士, 大橋 健一. ステロイド依存性微小変化型ネフローゼ症候群に対する抗アレルギー療法の検討(モンテルカストとセチリジン) 日本腎臓学会誌. 2017.04; 59 (3): 247. ( 医中誌 )

  619. 小堀 清子, 澤 直樹, 星野 純一, 長谷川 詠子, 川田 真宏, 水野 裕基, 山内 真之, 早見 典子, 関根 章成, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文, 高市 憲明. 免疫沈着物の乏しいループス腎炎(Lupus podocytopathy)症例の検討 日本腎臓学会誌. 2017.04; 59 (3): 363. ( 医中誌 )

  620. 水野 裕基, 上野 智敏, 大島 洋一, 小黒 昌彦, 國澤 恭平, 関根 章成, 川田 真宏, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 早見 典子, 山内 真之, 星野 純一, 澤 直樹, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文, 高市 憲明. 微小変化型ネフローゼ症候群における糸球体係蹄壁側でのClaudin-1陽性所見の検討 日本腎臓学会誌. 2017.04; 59 (3): 247. ( 医中誌 )

  621. 石川 善啓, 伊坂 哲哉, 椎野 王久, 安藤 耕平, 荒井 宏雅, 田尻 道彦, 永島 琢也, 菅野 健児, 乾 健二, 奥寺 康司, 大橋 健一, 益田 宗孝. 第2癌に対する手術成績および予後因子の検討 日本呼吸器外科学会雑誌. 2017.04; 31 (3): O24-4. ( 医中誌 )

  622. 石川 善啓, 奥寺 康司, 永島 琢也, 安藤 耕平, 荒井 宏雅, 椎野 王久, 菅野 健児, 鮫島 譲司, 伊坂 哲哉, 田尻 道彦, 乾 健二, 大橋 健一, 益田 宗孝. 肺癌術後第2癌に対する手術成績の検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 PS-232. ( 医中誌 )

  623. 本野 紀夫, 海老塚 智惠美, 安齋 桜子, 西尾 由紀子, 佐川 弘美, 三田 和博, 山中 正二, 大橋 健一, 加藤 生真. 類上皮肉腫の一例 日本臨床細胞学会雑誌. 2017.04; 56 (Suppl.1): 404. ( 医中誌 )

  624. Kojima Yoko, Okudela Koji, Matsumura Mai, Omori Takahiro, Baba Tomohisa, Sekine Akimasa, Woo Tetsukan, Umeda Shigeaki, Takemura Tamiko, Mitsui Hideaki, Suzuki Takehisa, Tateishi Yoko, Iwasawa Tae, Arai Hiromasa, Tajiri Michihiko, Ogura Takashi, Kameda Yoichi, Masuda Munetaka, Ohashi Kenich. The pathological features of idiopathic interstitial pneumonia-associated pulmonary adenocarcinomas HISTOPATHOLOGY. 2017.03; 70 (4): 568-578. ( PubMed, DOI )

  625. 加藤 生真, 古屋 充子, 松尾 光祐, 田中 玲子, 大橋 健一, 青木 一郎. デノスマブ投与後の骨巨細胞腫 組織像の劇的な変化は腫瘍細胞の消失を意味しない 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 284. ( 医中誌 )

  626. 前田 大地, 後藤 啓介, 工藤 幸紹, 日比谷 孝志, 林 玲匡, 深山 正久, 大橋 健一, 後藤 明輝. 乳頭状汗腺腫におけるPIK3CA遺伝子変異とAKT1遺伝子変異 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 281. ( 医中誌 )

  627. 松元 加奈, 三宅 暁夫, 江中 牧子, 加藤 生真, 大橋 健一, 桐野 洋平, 古屋 充子. 二重癌、重症筋無力症、抗リン脂質抗体症候群を併発した全身性エリテマトーデス病理解剖の一例 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 523-524. ( 医中誌 )

  628. 本田 恵美, 太田良 美沙, 難波 郁子, 梅田 茂明, 奥寺 康司, 大橋 健一, 亀田 陽一. 肺生検のホルマリン固定液に残存した微小組織回収法とその有用性 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 372. ( 医中誌 )

  629. 小嶋 結, 宇高 直子, 荒木 あずみ, 奥寺 康司, 古屋 充子, 山中 正二, 矢尾 正祐, 長嶋 洋治, 大橋 健一. 腎臓に発生したFumarate hydratase-deficient Renal Cell Carcinomaの1例 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 384. ( 医中誌 )

  630. 佐藤 勉, 前澤 幸男, 神尾 一樹, 中島 哲史, 青山 徹, 林 勉, 山田 貴允, 原田 浩, 山本 直人, 利野 靖, 益田 宗孝, 立石 陽子, 大橋 健一, 尾形 高士, 長 晴彦, 吉川 貴己. 食道胃接合部腺癌におけるHER2発現割合 日本胃癌学会総会記事. 2017.03; 89回 378. ( 医中誌 )

  631. Kato Ikuma, Furuya Mitsuko, Matsuo Kosuke, Tanaka Reiko, Ohashi Kenichi, Aoki Ichiro. Denosumab Induces the Disappearance of Osteoclastic Lineage Cells, but Failed to Eliminate the Tumor Cells of Giant Cell Tumor of Bone MODERN PATHOLOGY. 2017.02; 30 18A.

  632. Kato Ikuma, Furuya Mitsuko, Matsuo Kosuke, Tanaka Reiko, Ohashi Kenichi, Aoki Ichiro. Denosumab Induces the Disappearance of Osteoclastic Lineage Cells, but Failed to Eliminate the Tumor Cells of Giant Cell Tumor of Bone LABORATORY INVESTIGATION. 2017.02; 97 18A.

  633. Umeda Shigeaki, Okudela Koji, Tateishi Yoko, Matsumura Mai, Ohashi Kenichi. The Role of IL-24 in Lung Adenocarcinoma LABORATORY INVESTIGATION. 2017.02; 97 497A-498A.

  634. Umeda Shigeaki, Okudela Koji, Tateishi Yoko, Matsumura Mai, Ohashi Kenichi. The Role of IL-24 in Lung Adenocarcinoma MODERN PATHOLOGY. 2017.02; 30 497A-498A.

  635. 高田 大輔, 関根 章成, 薮内 純子, 小暮 裕太, 上野 智敏, 早見 典子, 今福 礼, 川田 真宏, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 星野 純一, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 乳原 善文, 城 謙輔, 山口 裕. 若年性ネフロン癆の一例 腎炎症例研究. 2017.02; 33 78-103. ( 医中誌 )

  636. Umeda Shigeaki, Okudela Koji, Kojima Yoko, Mitsui Hideaki, Tateishi Yoko, Suzuki Takehisa, Saito Yuichi, Matsumura Mai, Arai Hiromasa, Tajiri Michihiko, Ohashi Kenichi. Loss of IL-24 expression facilitates invasion in lung adenocarcinoma INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL AND EXPERIMENTAL PATHOLOGY. 2017; 10 (1): 173-185.

  637. 筑丸 寛, 上田 敦久, 宮崎 拓也, 寒川 整, 松山 奈央, 竹林 早苗, 高橋 杏奈, 山中 正二, 大橋 健一, 中島 秀明, 藤内 祝. 術前スクリーニング検査によりHIV感染が判明し診断に至ったPlasmablastic lymphomaの1例 日本エイズ学会誌. 2016.11; 18 (4): 476. ( 医中誌 )

  638. 大原 亜沙実, 西村 謙一, 野澤 智, 菊地 雅子, 原 良紀, 三宅 暁夫, 大橋 健一, 高木 正稔, 金兼 弘和, 伊藤 秀一. 全身性エリテマトーデスを併発したNRAS関連自己免疫性リンパ増殖症の一女児例 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2016.10; 26回 70. ( 医中誌 )

  639. 町村 哲郎, 上村 智毅, 萩原 朋子, 宮津 修, 戸田 万里子, 高村 武, 藤田 裕次, 戸田 憲孝, 加藤 生真, 大橋 健一. 剖検により判明した肝結節性再生性過形成の1例 日本内科学会関東地方会. 2016.10; 627回 25. ( 医中誌 )

  640. 西尾 由紀子, 海老塚 智惠美, 安西 桜子, 本野 紀夫, 佐川 弘美, 三田 和博, 山中 正二, 大橋 健一, 加藤 生真, 古屋 充子, ルイズ横田 奈朋, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子. 診断に苦慮した悪性腹膜中皮腫の一例 日本臨床細胞学会雑誌. 2016.10; 55 (Suppl.2): 538. ( 医中誌 )

  641. 佐藤 勉, 前澤 幸男, 神尾 一樹, 中島 哲史, 青山 徹, 林 勉, 山田 貴允, 大島 貴, 利野 靖, 益田 宗孝, 立石 陽子, 大橋 健一, 尾形 高士, 長 晴彦, 吉川 貴己. 食道胃接合部腺癌におけるHER2発現割合 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2016.10; 54回 P31-1. ( 医中誌 )

  642. 大橋 健一, 立石 陽子. 【消化管I-上部消化管-】食道生検診断の現状と問題点 病理と臨床. 2016.09; 34 (9): 909-914. ( 医中誌 )

  643. 日比谷 孝志, 梅田 茂明, 奥寺 康司, 古屋 充子, 三宅 暁夫, 江中 牧子, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 急激な意識・血圧低下で死亡した、PTTMを合併した子宮癌肉腫の一例 日本病理学会会誌. 2016.09; 105 (2): 113. ( 医中誌 )

  644. 田村 直大, 早見 典子, 國沢 恭平, 関根 章成, 水野 裕基, 小黒 昌彦, 薮内 純子, 大島 洋一, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. AAアミロイドーシスによる腎障害合併クローン病に対しinfliximabによる治療を4年継続しえた1例よりの考察 日本腎臓学会誌. 2016.08; 58 (6): 815. ( 医中誌 )

  645. 三宅 暁夫, 長濱 清隆, 大橋 健一. CPC解説(第85回) 多臓器に特異な軽鎖沈着を伴う多発性骨髄腫の一例 病理と臨床. 2016.08; 34 (8): 849-855. ( 医中誌 )

  646. 岩立 堂佑, 関根 章成, 星野 純一, 早見 典子, 上野 智敏, 小黒 昌彦, 水野 裕基, 國沢 恭平, 大島 洋一, 川田 真宏, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 丈士, 藤井 晶子, 大橋 健一, 和氣 敦, 乳原 善文. IgD-λ型原発性ALアミロイドーシスの1例 日本腎臓学会誌. 2016.08; 58 (6): 815. ( 医中誌 )

  647. 大島 洋一, 上野 智敏, 星野 純一, 関根 章成, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 早見 典子, 小黒 昌彦, 水野 裕基, 國沢 恭平, 薮内 純子, 川田 真宏, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 丈士, 大橋 健一, 乳原 善文. IL-6シグナルがAAアミロイドーシス腎症の腎不全進展因子として考察しえた1例 日本腎臓学会誌. 2016.08; 58 (6): 768. ( 医中誌 )

  648. 藤田 真太朗, 松尾 光祐, 竹元 暁, 根津 悠, 鈴木 智士, 齋藤 知行, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一. Pazopanib投与中に重篤な肝機能障害をきたした下大静脈平滑筋肉腫の1例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2016.08; 28 (3): 304. ( 医中誌 )

  649. 藤川 莉那, 上野 智敏, 関根 章成, 水野 裕基, 國沢 恭平, 川田 真宏, 山内 真之, 住田 圭一, 早見 典子, 諏訪部 達也, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. RAの経過中に発症したカッパ型ALアミロイドーシスにBD療法とトシリズマブの併用療法が奏効した一例 日本腎臓学会誌. 2016.08; 58 (6): 768. ( 医中誌 )

  650. 水野 裕基, 関根 章成, 大島 洋一, 薮内 純子, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 川田 真宏, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. TAFRO様症状と著明な管内増殖性病変を認めトシリズマブとロミプロスチムが奏功した1例 日本腎臓学会誌. 2016.08; 58 (6): 789. ( 医中誌 )

  651. 大島 洋一, 星野 純一, 関根 章成, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 早見 典子, 上野 智敏, 小黒 昌彦, 水野 裕基, 國沢 恭平, 薮内 純子, 川田 真宏, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 丈士, 大橋 健一, 乳原 善文. 比較的低レニン性を呈した高アルドステロン血症下で発症した悪性腎硬化症の1例 日本腎臓学会誌. 2016.08; 58 (6): 814. ( 医中誌 )

  652. 小黒 昌彦, 関根 章成, 星野 純一, 早見 典子, 高市 憲明, 藤井 丈士, 大橋 健一, 乳原 善文. 管内増殖性腎炎がidiopthic nodular glomerulosclerosisの成り立ちに関与したと推察された一例 日本腎臓学会誌. 2016.08; 58 (6): 823. ( 医中誌 )

  653. 小暮 裕太, 関根 章成, 星野 純一, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 早見 典子, 上野 智敏, 水野 裕基, 山内 真之, 薮内 純子, 川田 真宏, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 林 伸和, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 肺炎球菌ワクチン接種後に顕在化したIgA血管炎の一例 日本腎臓学会誌. 2016.08; 58 (6): 800. ( 医中誌 )

  654. 小黒 昌彦, 星野 純一, 上野 智敏, 早見 典子, 関根 章成, 水野 裕基, 國沢 恭平, 高市 憲明, 藤井 丈士, 大橋 健一, 乳原 善文. 血液透析中の尋常性乾癬に対してsecukinumabが著効した一例 日本腎臓学会誌. 2016.08; 58 (6): 753. ( 医中誌 )

  655. Arisaka S, Kosaka R, Kunisaki C, Ichikawa Y, Akiyama H, Furuya M, Ohashi K, Endo I. [Pathological Complete Response of Advanced Gastric Cancer after Docetaxel and S-1 Combination Neoadjuvant Chemotherapy-A Case Report]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2016.07; 43 (7): 889-92. ( PubMed )

  656. 有坂 早香, 小坂 隆司, 國崎 主税, 市川 靖史, 秋山 浩利, 古屋 充子, 大橋 健一, 遠藤 格. DOC/S-1併用術前補助化学療法によりPathological Complete Responseが得られた進行胃癌の1例 癌と化学療法. 2016.07; 43 (7): 889-892. ( 医中誌 )

  657. 佐野 直樹, 平井 利英, 元井 亨, 池上 政周, 大隈 知威, 加藤 生真, 松尾 光祐, 石橋 祐貴, 大橋 健一, 大塚 裕一, 大幸 俊三, 五嶋 孝博. 第3腰椎骨腫瘍の1例 日本整形外科学会雑誌. 2016.06; 90 (6): S1180. ( 医中誌 )

  658. 大橋 健一. 【アミロイドーシスの最近の話題】アミロイドーシスの病理診断、病型分類 病理と臨床. 2016.05; 34 (5): 472-480. ( 医中誌 )

  659. 関根 章成, 星野 純一, 上野 智敏, 諏訪部 達也, 早見 典子, 山内 真之, 水野 裕基, 川田 真宏, 今福 礼, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文, 高市 憲明. ループス腎炎症例におけるDNTと臨床病理学的関係性の検討 日本腎臓学会誌. 2016.05; 58 (3): 308. ( 医中誌 )

  660. 福井 沙知, 中井川 昇, 楢原 正基, 時田 貴史, 泉 浩司, 横溝 由美子, 逢坂 公人, 林 成彦, 槙山 和秀, 上村 博司, 大橋 健一, 長嶋 洋治, 矢尾 正祐. 分子標的治療中に膀胱転移を認めた分類不能型腎細胞癌の一例 泌尿器外科. 2016.05; 29 (臨増): 910. ( 医中誌 )

  661. 今福 礼, 澤 直樹, 川田 真宏, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 田中 希穂, 乳原 善文, 大橋 健一, 野津 寛大, 高市 憲明. 当院の常染色体優性アルポート症候群の臨床病理学的特徴 日本腎臓学会誌. 2016.05; 58 (3): 316. ( 医中誌 )

  662. 三瀬 広記, 山口 裕, 星野 純一, 上野 智敏, 高市 憲明, 大橋 健一, 乳原 善文. 糖尿病性腎症における傍尿細管基底膜滲出性病変は有用な腎予後因子である 日本腎臓学会誌. 2016.05; 58 (3): 297. ( 医中誌 )

  663. 大島 洋一, 乳原 善文, 星野 純一, 関根 章成, 上野 智敏, 諏訪部 達也, 薮内 純子, 小暮 裕太, 榎本 純也, 早見 典子, 山内 真之, 今福 礼, 川田 真宏, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一. 頻回再発型微小変化型ネフローゼ症候群に対するモンテルカスト、セチリジン併用療法の有効性の検討 日本腎臓学会誌. 2016.05; 58 (3): 348. ( 医中誌 )

  664. 江中 牧子, 澤住 知枝, 岩下 広道, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 宇高 直子, 古屋 充子, 山中 正二, 大橋 健一. EBV陽性DLBCL of the elderlyの組織形態を呈した30代女性の一例 免疫学的背景が関与した可能性 日本病理学会会誌. 2016.04; 105 (1): 416. ( 医中誌 )

  665. 澤住 知枝, 山中 正二, 古屋 充子, 長嶋 洋治, 矢尾 正祐, 大橋 健一. von Hippel-Lindau(VHL)病に発生した病変の自験例 腎癌を中心に 日本病理学会会誌. 2016.04; 105 (1): 612. ( 医中誌 )

  666. 片岡 俊朗, 岩下 広道, 澤住 知枝, 江中 牧子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 宇高 直子, 山中 正二, 長尾 俊孝, 大橋 健一. 唾液腺腺房細胞癌の再検討 MASCの可能性について 日本病理学会会誌. 2016.04; 105 (1): 425. ( 医中誌 )

  667. 篠木 理沙, 伊藤 悠城, 横溝 由美子, 逢坂 公人, 蓮見 壽史, 林 成彦, 槙山 和秀, 近藤 慶一, 中井川 昇, 矢尾 正祐, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 当院における乳頭状腎癌に対する分子標的治療の経験 日本泌尿器科学会総会. 2016.04; 104回 OP-071. ( 医中誌 )

  668. 三宅 暁夫, 梅田 茂明, 立石 陽子, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 大橋 健一. 砂粒体を有する肺腺癌の臨床病理学的特性 日本病理学会会誌. 2016.04; 105 (1): 458. ( 医中誌 )

  669. 三瀬 広記, 上野 智敏, 星野 純一, 藤井 丈士, 原 茂子, 高市 憲明, 大橋 健一, 槇野 博史, 和田 淳, 乳原 善文. 糖尿病性腎症の結節性病変におけるコラーゲンの染色性と腎予後の検討 糖尿病. 2016.04; 59 (Suppl.1): S-316. ( 医中誌 )

  670. 大橋 健一. 腎糸球体基底膜の二重化について 病理と臨床. 2016.04; 34 (4): 423-425. ( 医中誌 )

  671. 岩下 広道, 澤住 知枝, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一, 八尾 正祐, 長嶋 洋治. 腎臓に発生したSuccinate dehydrogenase B-deficient Renal Cell Carcinomaの1例 日本病理学会会誌. 2016.04; 105 (1): 436. ( 医中誌 )

  672. 岩下 広道, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一, 平戸 純子. 軟骨・神経細胞への分化を伴う脈絡叢癌 日本小児血液・がん学会雑誌. 2016.04; 53 (1): 46. ( 医中誌 )

  673. 小川 真喜子, 藤井 晶子, 乳原 善文, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士. 造血幹細胞移植後に発症したGVHD関連膜性腎症8例の検討 日本病理学会会誌. 2016.04; 105 (1): 434. ( 医中誌 )

  674. 渡辺 大樹, 松尾 光祐, 上石 貴之, 森川 耀源, 桑島 佳奈子, 齋藤 知行, 加藤 生真, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対する術前デノスマブ投与の有用性 FDG-PETと病理組織学的視点から 関東整形災害外科学会雑誌. 2016.03; 47 (臨増号外): 160. ( 医中誌 )

  675. 竹村 浩至, 長谷川 詠子, 乳原 善文, 今福 礼, 川田 真宏, 葉末 亮, 長谷川 純平, 住田 圭一, 上野 智敏, 関根 章成, 稲永 淳一, 三瀬 広記, 平松 里佳子, 諏訪部 達也, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 山本 豪, 大橋 健一, 藤井 晶子, 藤井 丈士, 城 謙輔, 山口 裕. 寒冷凝集素症に伴う溶血発作による急性尿細管障害の一例 腎炎症例研究. 2016.02; 32 111-134. ( 医中誌 )

  676. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例 神奈川医学会雑誌. 2016.01; 43 (1): 177-178. ( 医中誌 )

  677. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 槙山 和秀, 中井川 昇, 矢尾 正祐, 山中 正二, 長嶋 洋治, 大橋 健一. 腎被膜に生じたSclerosing Perivascular Epithelioid Cell Tumor(Sclerosing PEComa)の1例 診断病理. 2016.01; 33 (1): 96-101. ( 医中誌 )

  678. 野田 翔子, 住田 圭一, 関根 章成, 上野 智敏, 今福 礼, 川田 真宏, 平松 里佳子, 早見 典子, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 西田 彩, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文, 橋口 明典. 腎生検所見から何を学ぶか(No.57) 全身性浮腫で発症し血小板減少を伴った管内増殖性腎炎の1例 腎と透析. 2015.12; 79 (6): 984-996. ( 医中誌 )

  679. 齊藤 真, 松永 竜也, 日比谷 孝志, 古屋 充子, 古郡 恵, 最上 多恵, ルイズ横田 奈朋, 佐藤 美紀子, 佐川 弘美, 三田 和博, 川野 藍子, 佐治 晴哉, 山中 正二, 大橋 健一, 宮城 悦子. 子宮体癌との鑑別が困難であった胆嚢癌子宮転移の一例 日本臨床細胞学会雑誌. 2015.10; 54 (Suppl.2): 730. ( 医中誌 )

  680. 尾崎 由実, 三田 和博, 本野 紀夫, 佐川 弘美, 西尾 由紀子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一. 左頸部に発生した小児の胞巣型横紋筋肉腫の一例 日本臨床細胞学会雑誌. 2015.10; 54 (Suppl.2): 637. ( 医中誌 )

  681. 福井 沙知, 河原 崇司, 加藤 生真, 時田 貴史, 楢原 正基, 泉 浩司, 逢坂 公人, 横溝 由美子, 蓮見 壽史, 林 成彦, 槙山 和秀, 中井川 昇, 上村 博司, 大橋 健一, 矢尾 正祐. 後腹膜腫瘍摘除術を施行した低悪性度粘液線維肉腫の1例 泌尿器外科. 2015.10; 28 (10): 1715-1718. ( 医中誌 )

  682. 三田 和博, 本野 紀夫, 佐川 弘美, 西尾 由紀子, 尾崎 由実, 日比谷 孝二, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一, 長尾 俊孝. 耳下腺腺房細胞癌について細胞像の再検討 日本臨床細胞学会雑誌. 2015.10; 54 (Suppl.2): 533. ( 医中誌 )

  683. 町村 哲郎, 田島 一樹, 小西 裕美, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一, 寺内 康夫. 健診で偶発的に指摘され、経時的増大を示した左副腎嚢胞の1例 日本内科学会関東地方会. 2015.09; 617回 27. ( 医中誌 )

  684. 大島 洋一, 星野 淳一, 関根 章成, 丸井 祐二, 上野 智敏, 早見 典子, 今福 礼, 川田 真宏, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 2回の妊娠を契機に顕在化したANCA関連顕微鏡的多発血管炎の1例 日本腎臓学会誌. 2015.08; 57 (6): 951. ( 医中誌 )

  685. 窪田 慶一, 住田 圭一, 三瀬 広記, 上野 智敏, 葉末 亮, 早見 典子, 関根 章成, 川田 真宏, 今福 礼, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 96歳時新規に発症したホスホリパーゼA2受容体抗体陽性原発性膜性腎症の一例 日本腎臓学会誌. 2015.08; 57 (6): 962. ( 医中誌 )

  686. 薮内 純子, 星野 純一, 高田 大輔, 小暮 祐太, 関根 章成, 今福 礼, 川田 真宏, 上野 智敏, 平松 里佳子, 山内 真之, 早見 典子, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. SS-A抗体単独陽性例にループスV型様腎症を呈した一例 日本腎臓学会誌. 2015.08; 57 (6): 981. ( 医中誌 )

  687. 河村 章人, 関根 章成, 上野 智敏, 川田 真宏, 今福 礼, 平松 里佳子, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. ネフローゼ症候群と急速進行性腎機能低下を来した好酸球性尿細管間質性腎炎合併ADPKDの1例 日本腎臓学会誌. 2015.08; 57 (6): 956. ( 医中誌 )

  688. 野田 翔子, 住田 圭一, 関根 章成, 上野 智敏, 今福 礼, 川田 真宏, 平松 里佳子, 早見 典子, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 西田 彩, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 全身性浮腫と血小板減少を伴った管内増殖性腎炎に対してIL-6阻害薬・TPO受容体作動薬が奏功した一例 日本腎臓学会誌. 2015.08; 57 (6): 951. ( 医中誌 )

  689. 竹村 浩至, 長谷川 詠子, 乳原 善文, 今福 礼, 川田 真宏, 葉末 亮, 長谷川 純平, 住田 圭一, 上野 智敏, 三瀬 広記, 平松 里佳子, 諏訪部 達也, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 山本 豪, 大橋 健一. 寒冷凝集素症に伴う溶血発作による急性尿細管障害の一例 日本腎臓学会誌. 2015.08; 57 (6): 988. ( 医中誌 )

  690. 近藤 幹也, 三瀬 広記, 星野 純一, 諏訪部 達也, 早見 典子, 上野 智敏, 澤 直樹, 高木 伸介, 藤井 丈士, 大橋 健一, 高市 憲明, 乳原 善文. 意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症(MGUS)に顕微鏡的多発血管炎(MPA)を合併した一例 日本腎臓学会誌. 2015.08; 57 (6): 1011. ( 医中誌 )

  691. 水野 裕基, 山口 春名, 関根 章成, 石井 保夫, 川田 真宏, 今福 礼, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 田中 希穂, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 抗リン脂質抗体症候群による血栓性微小血管障害を呈したSLEの一例 日本腎臓学会誌. 2015.08; 57 (6): 1012. ( 医中誌 )

  692. 高田 大輔, 関根 章成, 薮内 純子, 小暮 裕太, 上野 智敏, 早見 典子, 今福 礼, 川田 真宏, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 星野 純一, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 腎臓のみに限局したHCV陰性の難治性クリオグロブリン血症の一例 日本腎臓学会誌. 2015.08; 57 (6): 992. ( 医中誌 )

  693. 関根 章成, 星野 純一, 上野 智敏, 川田 真宏, 今福 礼, 平松 里佳子, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 和氣 敦, 乳原 善文, 高市 憲明. 骨髄線維症を合併したループス尿細管間質性腎炎の一例 日本腎臓学会誌. 2015.08; 57 (6): 994. ( 医中誌 )

  694. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例 神奈川医学会雑誌. 2015.07; 42 (2): 314. ( 医中誌 )

  695. 川田 真宏, 澤 直樹, 今福 礼, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 星野 純一, 諏訪部 達也, 早見 典子, 三瀬 広記, 乳原 善文, 藤井 丈士, 大橋 健一, 高市 憲明. 腎超音波検査を用いたIgA腎症における腎予後の検討 日本透析医学会雑誌. 2015.05; 48 (Suppl.1): 417. ( 医中誌 )

  696. 三田 和博, 佐川 弘美, 本野 紀夫, 西尾 由紀子, 尾崎 由実, 梅田 茂明, 奥寺 康司, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Mammary analogue secretory carcinoma(MASC)の一例 日本臨床細胞学会雑誌. 2015.04; 54 (Suppl.1): 286. ( 医中誌 )

  697. 上野 智敏, 藤井 丈士, 大橋 健一, 高市 憲明, 乳原 善文, 川田 真宏. Monoclonal gammopathy of undetermined significance;MGUS)に合併したFanconi症候群の1例 日本腎臓学会誌. 2015.04; 57 (3): 443. ( 医中誌 )

  698. 大橋 健一. 【病理診断クイックリファレンス】(第9章)腎(非腫瘍) 腎アミロイドーシス 病理と臨床. 2015.04; 33 (臨増): 141. ( 医中誌 )

  699. 大橋 健一. 【病理診断クイックリファレンス】(第9章)腎(非腫瘍) 黄色肉芽腫性腎盂腎炎 病理と臨床. 2015.04; 33 (臨増): 143. ( 医中誌 )

  700. 大橋 健一. 【病理診断クイックリファレンス】(第9章)腎(非腫瘍) 腎結核 病理と臨床. 2015.04; 33 (臨増): 142. ( 医中誌 )

  701. 長谷川 純平, 高市 憲明, 乳原 善文, 星野 純一, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 早見 紀子, 大橋 健一. 尿所見陰性のANCA関連血管炎における腎生検の診断意義 日本腎臓学会誌. 2015.04; 57 (3): 580. ( 医中誌 )

  702. 上野 智敏, 葉末 亮, 関根 章成, 三瀬 広記, 今福 礼, 川田 真宏, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 抗RNP抗体陽性患者の腎障害の臨床・病理組織学的検討 日本腎臓学会誌. 2015.04; 57 (3): 484. ( 医中誌 )

  703. 長谷川 純平, 高市 憲明, 乳原 善文, 星野 純一, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 早見 紀子, 大橋 健一. 抗甲状腺薬による薬剤誘発性ANCA関連腎炎の臨床および病理的特徴についての検討 日本腎臓学会誌. 2015.04; 57 (3): 580. ( 医中誌 )

  704. 大橋 健一. 研究倫理について 病理と臨床. 2015.04; 33 (4): 438-440. ( 医中誌 )

  705. 三瀬 広記, 星野 純一, 上野 智敏, 藤井 丈士, 原 茂子, 大橋 健一, 高市 憲明, 乳原 善文. 糖尿病性腎症における尿中NAGと尿細管間質障害スコアの腎予後因子としての意義 日本腎臓学会誌. 2015.04; 57 (3): 482. ( 医中誌 )

  706. 川田 真宏, 澤 直樹, 今福 礼, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 星野 純一, 諏訪部 達也, 早見 典子, 住田 圭一, 三瀬 広記, 乳原 善文, 藤井 丈士, 大橋 健一, 高市 憲明. 腎超音波ドプラ法を用いたIgA腎症における腎予後の検討 日本腎臓学会誌. 2015.04; 57 (3): 464. ( 医中誌 )

  707. 関根 章成, 長谷川 詠子, 上野 智敏, 川田 真宏, 今福 礼, 三瀬 広記, 平松 里佳子, 住田 圭一, 早見 典子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文, 高市 憲明. 自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS)暫定診断症例における腎病変の検討 日本腎臓学会誌. 2015.04; 57 (3): 508. ( 医中誌 )

  708. 加藤 生真, 古屋 充子, 松尾 光祐, 山中 正二, 大橋 健一, 青木 一郎. Tenosynovial giant cell tumorにおける真の腫瘍細胞はきわめて少数の単核細胞である 日本病理学会会誌. 2015.03; 104 (1): 439. ( 医中誌 )

  709. 立石 陽子, 奥寺 康司, 河合 繁夫, 比島 恒和, 梅田 茂明, 松村 舞衣, 小島 陽子, 齋藤 悠一, 来生 知, 大橋 健一. 下顎骨に発生したInflammatory myofibroblastic tumorの1例 日本病理学会会誌. 2015.03; 104 (1): 399. ( 医中誌 )

  710. 澤住 知枝, 加藤 生真, 黒田 直人, 田中 水緒, 田中 祐吉, 長嶋 洋治, 山中 正二, 大橋 健一. 多房嚢胞性形態を示したXp11.2転座型腎細胞癌の一成人例 日本病理学会会誌. 2015.03; 104 (1): 427. ( 医中誌 )

  711. 日比谷 孝志, 立石 陽子, 片岡 俊朗, 小野 麻衣, 澤住 知枝, 三宅 暁夫, 江中 牧子, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 悪性リンパ腫との鑑別が問題となった腸間膜腫瘤様の形態を示すMSI陽性大腸癌の一例 日本病理学会会誌. 2015.03; 104 (1): 346. ( 医中誌 )

  712. 片岡 俊朗, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 澤住 知枝, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 長尾 俊孝, 山中 正二, 大橋 健一. 耳下腺Mammary analogue secretory carcinoma(MASC)の1例 日本病理学会会誌. 2015.03; 104 (1): 400. ( 医中誌 )

  713. 小島 陽子, 奥寺 康司, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 田尻 道彦, 小倉 高志, 益田 宗孝, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併する肺癌の病理組織学的検討 日本病理学会会誌. 2015.03; 104 (1): 312. ( 医中誌 )

  714. 澤住 知枝, 松村 舞依, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一, 津浦 幸夫. 頭蓋内胚細胞腫瘍の兄弟発症例 日本小児血液・がん学会雑誌. 2015.03; 52 (1): 80. ( 医中誌 )

  715. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小島 陽子, 梅田 茂明, 立石 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 大橋 健一. 高悪性度EGFR変異型肺腺癌の病理組織学的特性 日本病理学会会誌. 2015.03; 104 (1): 408. ( 医中誌 )

  716. 三宅 暁夫, 加藤 生真, 片岡 俊朗, 澤住 知枝, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. 高度の門脈侵襲を伴う肝inflammatory myofibroblastic tumorの一例 日本病理学会会誌. 2015.03; 104 (1): 417. ( 医中誌 )

  717. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例 神奈川医学会雑誌. 2015.01; 42 (1): 113. ( 医中誌 )

  718. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例 神奈川医学会雑誌. 2015.01; 42 (1): 145. ( 医中誌 )

  719. 三田 和博, 佐川 弘美, 本野 紀夫, 西尾 由紀子, 尾崎 由実, 古屋 充子, 山中 正二, 大橋 健一. 20歳代にみられた多形腺腫由来癌の一例 日本臨床細胞学会雑誌. 2014.10; 53 (Suppl.2): 645. ( 医中誌 )

  720. 松林 泰毅, 橋本 達夫, 中森 悠, 鈴木 将太, 吉田 伸一郎, 藤田 恵美, 藤原 亮, 石黒 裕章, 戸谷 義幸, 岩崎 圭右, 志村 岳, 石田 純治, 深水 昭吉, 大橋 健一, 梅村 敏. ヒト冠動脈における動脈硬化症関連因子Apelin-APJ系の新規発現パターンについて 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集. 2014.10; 37回 392. ( 医中誌 )

  721. 小島 陽子, 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 田尻 道彦, 小倉 高志, 益田 宗孝, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎を合併した原発性肺癌の検討 肺癌. 2014.10; 54 (5): 391. ( 医中誌 )

  722. 堀川 通広, 丸井 祐二, 早見 典子, 星野 純一, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 三瀬 広記, 浜之上 哲, 上野 智敏, 葉末 亮, 菊地 晃一, 今福 礼, 川田 真宏, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 澤 直樹, 田中 希穂, 高市 憲明, 冨川 伸二, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文, 本田 一穂. 腎生検所見から何を学ぶか(No.54) 末期腎不全期および腎移植後に顕在化した抗リン脂質抗体症候群による血栓性微小血管障害(TMA)の1例 腎と透析. 2014.10; 77 (4): 665-674. ( 医中誌 )

  723. 松永 竜也, 川野 藍子, 最上 多恵, 丸山 康世, 佐藤 美紀子, 尾崎 由美, 西尾 由紀子, 三田 和博, 立石 陽子, 古屋 充子, 山中 正二, 大橋 健一, 宮城 悦子. 術前子宮体癌との鑑別が困難であった中腎管腺癌の一例 日本臨床細胞学会雑誌. 2014.10; 53 (Suppl.2): 556. ( 医中誌 )

  724. 野中 香苗, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 豊原 敬文, 広浜 大五郎, 山内 真之, 山内 淳司, 早見 典子, 冨永 直人, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 黒田 陽子, 大橋 健一, 高市 憲明, 橋口 明典. 腎生検所見から何を学ぶか(No.53) タクロリムスが上皮下沈着物に対して治療効果を示した難治性ループス腎炎の1例 腎と透析. 2014.09; 77 (3): 389-398. ( 医中誌 )

  725. 上野 智敏, 菊地 晃一, 葉末 亮, 三瀬 広記, 川田 真宏, 今福 礼, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 大橋 健一, 高市 憲明, 乳原 善文. 17歳女性に発症した原発性膜性腎症の一例 日本腎臓学会誌. 2014.08; 56 (6): 853. ( 医中誌 )

  726. 一條 貞満, 早見 典子, 上野 智敏, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 葉末 亮, 菊地 晃一, 今福 礼, 川田 真宏, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 右田 清志, 乳原 善文. AA amyloidを合併した家族性地中海熱FMF variantの1例 日本腎臓学会誌. 2014.08; 56 (6): 860. ( 医中誌 )

  727. 葉末 亮, 住田 圭一, 上野 智敏, 飯島 崇, 菊地 晃一, 三瀬 広記, 諏訪部 達也, 早見 典子, 川田 真宏, 今福 礼, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 乳原 善文. アルコール多飲者にみられた大粒の沈着物を伴ったIgA腎症の1例 日本腎臓学会誌. 2014.08; 56 (6): 872. ( 医中誌 )

  728. 飯島 崇, 星野 純一, 諏訪部 達也, 早見 典子, 住田 圭一, 三瀬 広記, 稲永 淳一, 上野 智敏, 菊地 晃一, 葉末 亮, 川田 真宏, 今福 礼, 長谷川 詠子, 平松 里佳子, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 乳原 善文. ループス腎炎が胸腺腫関連多臓器自己免疫疾患として考察された一例 日本腎臓学会誌. 2014.08; 56 (6): 847. ( 医中誌 )

  729. 八幡 真弓, 小林 眞規子, 飯田 禎人, 山室 めぐみ, 渭原 克仁, 田中 仁美, 井下 聖司, 蕨 雅大, 大橋 健一. ネフローゼ症候群で発症した原因不明のaHUSの一例 日本腎臓学会誌. 2014.08; 56 (6): 846. ( 医中誌 )

  730. 鈴木 淳司, 乳原 善文, 星野 純一, 諏訪部 達也, 三瀬 広記, 大橋 健一. シェーグレン症候群に合併したクリオグロブリン血症に対してリツキサンが著効した一例 日本腎臓学会誌. 2014.08; 56 (6): 838. ( 医中誌 )

  731. 上野 智敏, 菊地 晃一, 葉末 亮, 三瀬 広記, 川田 真宏, 今福 礼, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 大橋 健一, 高市 憲明, 乳原 善文. 両側腎被膜下出血に対し動脈塞栓術が有効であった保存期多発性嚢胞腎の1例 日本腎臓学会誌. 2014.08; 56 (6): 883. ( 医中誌 )

  732. 川田 真宏, 乳原 善文, 早見 典子, 星野 純一, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 三瀬 広記, 今福 礼, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士. 多発性嚢胞肝と低栄養下脂肪肝を母地として発症した肝細胞癌の1例 日本腎臓学会誌. 2014.08; 56 (6): 830. ( 医中誌 )

  733. 関根 章成, 平松 里佳子, 澤 直樹, 藤井 丈士, 大橋 健一, 乳原 善文, 高市 憲明. 慢性骨髄性白血病への骨髄移植施行後に悪性高血圧症を発症した一例 日本腎臓学会誌. 2014.08; 56 (6): 818. ( 医中誌 )

  734. 菊地 晃一, 星野 純一, 三瀬 広記, 諏訪部 達也, 稲永 淳一, 葉末 亮, 上野 智敏, 早見 典子, 住田 圭一, 関根 章成, 今福 礼, 川田 真宏, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 乳原 善文. 抗RNAポリメラーゼIII抗体の測定にて早期診断が可能になり予後良好な経過をとった強皮症腎クリーゼの1例 日本腎臓学会誌. 2014.08; 56 (6): 826. ( 医中誌 )

  735. 菊地 晃一, 諏訪部 達也, 稲永 淳一, 葉末 亮, 上野 智敏, 三瀬 広記, 住田 圭一, 早見 典子, 関根 章成, 川田 真宏, 今福 礼, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 藤井 丈士. 経時的腎生検にて組織型の変遷がみられた糖尿病合併ループス腎炎の1例 日本腎臓学会誌. 2014.08; 56 (6): 848. ( 医中誌 )

  736. 鈴木 淳司, 星野 純一, 諏訪部 達也, 早見 典子, 三瀬 広記, 大橋 健一. 腎生検にてgranulomaが診断されたGPA(多発血管炎性肉芽腫症)の1例 日本腎臓学会誌. 2014.08; 56 (6): 822. ( 医中誌 )

  737. 葉末 亮, 住田 圭一, 菊地 晃一, 上野 智敏, 三瀬 広記, 関根 章成, 川田 真宏, 今福 礼, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 晶子, 大橋 健一, 矢崎 正英, 乳原 善文. 腎臓内小動脈に限局的沈着を認めたALアミロイドーシスの1例 日本腎臓学会誌. 2014.08; 56 (6): 838. ( 医中誌 )

  738. 上野 智敏, 菊地 晃一, 葉末 亮, 三瀬 広記, 川田 真宏, 今福 礼, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 大橋 健一, 高市 憲明, 乳原 善文. 関節リウマチ(RA)の経過中にAL-アミロイドーシス(AL-AM)を発症した一例 日本腎臓学会誌. 2014.08; 56 (6): 839. ( 医中誌 )

  739. 木本 義明, 乳原 善文, 沢 直樹, 星野 純一, 大橋 健一, 高市 憲明, 長谷川 詠子, 住田 圭一, 平松 里佳子, 三瀬 広記, 川田 真宏, 上野 智敏, 葉末 亮, 今福 礼, 諏訪部 達也. 高アルドステロン血症に随伴したIgA腎症に合併した高血圧性緊急症の1例 日本腎臓学会誌. 2014.08; 56 (6): 863. ( 医中誌 )

  740. 新井 冨生, 大橋 健一, 武村 民子, 森永 正二郎, 田村 浩一. 高齢化社会の医療 高齢者に特有な疾病および病態生理を中心に Modern Media. 2014.08; 60 (8): 239,242-259. ( 医中誌 )

  741. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例 神奈川医学会雑誌. 2014.07; 41 (2): 309. ( 医中誌 )

  742. 時長 亜弥, 水島 大一, 元木 葉子, 丸山 康世, 佐藤 美紀子, 沼崎 令子, 古屋 充子, 大橋 健一, 平原 史樹, 宮城 悦子. 当院で経験した子宮癌肉腫・肉腫32症例の臨床病理学的検討 日本癌治療学会誌. 2014.06; 49 (3): 2166. ( 医中誌 )

  743. 遠藤 彰子, 乳原 善文, 住田 圭一, 三瀬 広記, 山野 水紀, 早見 典子, 諏訪部 達也, 川田 真宏, 今福 礼, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 黒田 陽子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 平野 資真, 大橋 隆治, 南学 正臣. 腎生検所見から何を学ぶ(No.52) 腎内の小動脈に高度のfibrinoid necrosisを認め、急速進行性腎炎の臨床経過をとったPR3-ANCA陽性granulomatosis with polyangiitisの1例 腎と透析. 2014.06; 76 (6): 933-938. ( 医中誌 )

  744. 上野 智敏, 菊地 晃一, 葉末 亮, 関根 章成, 三瀬 広記, 川田 真宏, 今福 礼, 濱之上 哲, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 乳原 善文. ミトコンドリア異常症(MELAS)における腎病理像と臨床的10年予後の検討 日本腎臓学会誌. 2014.05; 56 (3): 362. ( 医中誌 )

  745. 上野 智敏, 葉末 亮, 菊地 晃一, 関根 章成, 三瀬 広記, 川田 真宏, 今福 礼, 濱之上 哲, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 乳原 善文. 日本人におけるPGNMIDの腎病理像と臨床像の検討 日本腎臓学会誌. 2014.05; 56 (3): 279. ( 医中誌 )

  746. 三瀬 広記, 星野 純一, 上野 智敏, 藤井 丈士, 原 茂子, 大橋 健一, 高市 憲明, 乳原 善文. 糖尿病性腎症のHbの低下における腎病理組織学的予後因子の検討 日本腎臓学会誌. 2014.05; 56 (3): 293. ( 医中誌 )

  747. 星野 純一, 三瀬 広記, 住田 圭一, 早見 典子, 諏訪部 達也, 今福 礼, 川田 真宏, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 原 茂子, 藤井 丈士, 大橋 健一, 乳原 善文, 高市 憲明. 腎予後に基づいた糖尿病性腎症の病理重症度スコア作成の試み 日本腎臓学会誌. 2014.05; 56 (3): 293. ( 医中誌 )

  748. 三瀬 広記, 星野 純一, 上野 智敏, 藤井 丈士, 原 茂子, 高市 憲明, 大橋 健一, 乳原 善文. 腎生検にて診断された糖尿病性腎症のeGFR低下に与える臨床および病理組織学的因子の検討 日本透析医学会雑誌. 2014.05; 47 (Suppl.1): 571. ( 医中誌 )

  749. 住田 圭一, 乳原 善文, 星野 純一, 葉末 亮, 濱之上 哲, 上野 智敏, 三瀬 広記, 川田 真宏, 今福 礼, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 高市 憲明, 藤井 丈士, 大橋 健一. 腎生検で組織診断した良性腎硬化症の臨床背景因子と予後の検討 日本腎臓学会誌. 2014.05; 56 (3): 380. ( 医中誌 )

  750. 立石 陽子, 大橋 健一. 【免疫組織化学 診断と治療選択の指針】(第2部)腫瘍の鑑別に用いられる抗体(各臓器別) 食道 病理と臨床. 2014.04; 32 (臨増): 102-108. ( 医中誌 )

  751. 椎野 王久, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 永島 琢也, 大島 貴, 坪井 正博, 大橋 健一, 乾 健二, 益田 宗孝. 他癌併発肺癌におけるマイクロサテライト不安定性の解析 日本呼吸器外科学会雑誌. 2014.04; 28 (3): 2-P33. ( 医中誌 )

  752. 本野 紀夫, 尾崎 由実, 西尾 由紀子, 佐川 弘美, 三田 和博, 山中 正二, 大橋 健一. 心膜に発生した悪性中皮腫の1例 日本臨床細胞学会雑誌. 2014.04; 53 (Suppl.1): 290. ( 医中誌 )

  753. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 扁桃に発生した濾胞樹状細胞肉腫の1例 診断病理. 2014.04; 31 (2): 160-164. ( 医中誌 )

  754. 長嶋 洋治, 大橋 健一, 山中 正二, 稲山 嘉明, 後藤 英司, 青木 一郎. 病理学教育の工夫(第1回) 横浜市立大学における病理学教育の工夫 病理と臨床. 2014.04; 32 (4): 440-445. ( 医中誌 )

  755. 丸山 康世, 長谷川 哲哉, 佐治 晴哉, 沼崎 令子, 佐藤 美紀子, 三田 和博, 古屋 充子, 大橋 健一, 宮城 悦子, 平原 史樹. 閉経後女性のホルモン産生上皮性卵巣腫瘍の一例 日本臨床細胞学会雑誌. 2014.04; 53 (Suppl.1): 272. ( 医中誌 )

  756. 筒井 美帆, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. Oncocytic metaplasiaを伴った耳下腺sialolipomaの一例 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 296. ( 医中誌 )

  757. 吉岡 恵美, 山中 正二, 中山 崇, 小野 響子, 金田 幸枝, 松村 舞依, 江中 牧子, 日比谷 孝志, 宇高 直子, 古屋 充子, 大橋 健一. ペプチドYY(PYY)産生卵巣甲状腺腫性カルチノイドの一例 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 345. ( 医中誌 )

  758. 三宅 暁夫, 吉岡 恵美, 金田 幸枝, 江中 牧子, 宇高 直子, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. 多中心性細網組織球症(MRH)の1例 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 356. ( 医中誌 )

  759. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 大橋 健一. 早期大腸癌手術症例におけるmicroRNA発現と悪性度の関連 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 315. ( 医中誌 )

  760. 金田 幸枝, 林 宏行, 筒井 美帆, 村上 あゆみ, 山中 正二, 大橋 健一, 杉田 昭. 炎症性腸疾患(IBD)に合併したmicrocarcinoidの検討 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 312. ( 医中誌 )

  761. 佐々木 毅, 伊藤 智雄, 宇於崎 宏, 大橋 健一, 小田 義直, 金井 弥栄, 豊国 伸哉, 豊澤 悟, 日本病理学会将来構想検討委員会. 病理医の疫学 2013 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 307. ( 医中誌 )

  762. 日比谷 孝志, 山中 正二, 金田 幸枝, 吉岡 恵美, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 江中 牧子, 平戸 純子, 大橋 健一. 神経細胞分化を伴う退形成性上衣腫の一例 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 321. ( 医中誌 )

  763. 大橋 健一. 病理解剖の社会的意義 病理解剖の若手病理医への伝達 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 177. ( 医中誌 )

  764. 槇原 弘子, 日高 萌子, 坂井 佑衣, 堀江 良子, 井上 聡, 大橋 健一, 赤瀬 智子. 肥満皮膚障害の病態メカニズム解析 肥満モデルマウスを使用した皮膚の組織学的検討 日本薬学会年会要旨集. 2014.03; 134年会 (4): 132. ( 医中誌 )

  765. 齋藤 悠一, 奥寺 康司, 梅田 茂明, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺癌の進行、悪性化におけるIL-1βの意義 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 337. ( 医中誌 )

  766. 江中 牧子, 奥寺 康司, 吉岡 恵美, 金田 幸枝, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. 肺底動脈大動脈起始症の2例 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 336. ( 医中誌 )

  767. 梅田 茂明, 齋藤 悠一, 奥寺 康司, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 鈴木 健久, 松村 舞依, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL-24の臨床病理学的解析 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 351. ( 医中誌 )

  768. 田頭 周, 藤井 晶子, 乳原 善文, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士. 造血幹細胞移植後にネフローゼ症候群を来したGVHD関連腎症 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 286. ( 医中誌 )

  769. 小島 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀明, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 田尻 道彦, 小倉 高志, 益田 宗孝, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌の臨床病理学的特性 日本病理学会会誌. 2014.03; 103 (1): 206. ( 医中誌 )

  770. 菊地 晃一, 早見 典子, 葉末 亮, 川田 真宏, 今福 礼, 三瀬 広記, 関根 章成, 稲永 淳一, 濱之上 哲, 上野 智敏, 住田 圭一, 平松 里佳子, 諏訪部 達也, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 隆志, 矢崎 正英, 松田 正之, 池田 修一, 乳原 善文. メルファラン・デキサメタゾン療法が奏効し良好な経過を維持している重鎖(軽鎖)AH(L)型原発性アミロイドーシス一例 腎炎症例研究. 2014.02; 30 209-238. ( 医中誌 )

  771. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 馬場 智尚, 大橋 健一. Case 483肺病変の外科的切除生検で診断のついた一例 神奈川医学会雑誌. 2014.01; 41 (1): 95-96. ( 医中誌 )

  772. 有坂 早香, 渡辺 一輝, 渡部 顕, 石部 敦士, 大田 貢由, 田中 邦哉, 秋山 浩利, 金田 幸枝, 大橋 健一, 遠藤 格. 骨盤内膿瘍を合併した放射線誘発大腸癌の1例 神奈川医学会雑誌. 2014.01; 41 (1): 75. ( 医中誌 )

  773. 飯塚 敏郎, 菊池 大輔, 山田 晃弘, 山下 聡, 布袋屋 修, 貝瀬 満, 大橋 健一. 深達度診断が難しかった表在食道癌の1例 胃と腸. 2013.11; 48 (12): 1811-1818. ( 医中誌 )

  774. 日比谷 孝志, 沼倉 里枝, 大田 泰徳, 辻 正徳, 内田 直之, 谷口 修一, 藤井 丈士, 大橋 健一. CPC解説(第51回) 急性骨髄性白血病に対し臍帯血移植後、大腸菌による大腸蜂窩織炎からガス壊疽を合併し死亡した一例 病理と臨床. 2013.10; 31 (10): 1121-1128. ( 医中誌 )

  775. 槇原 弘子, 古田 明子, 大橋 健一, 井上 聡, 堀江 良子, 大門 伶子, 鈴木 亘, 鈴木 祥太, 下島 千明, 赤瀬 智子. 食餌減量による肥満皮膚障害に対する予防効果の検討 日本未病システム学会学術総会抄録集. 2013.10; 20回 130. ( 医中誌 )

  776. 江坂 真理子, 乳原 善文, 早見 典子, 住田 圭一, 三瀬 広記, 濱之上 哲, 諏訪部 達也, 木脇 圭一, 大橋 健一. AAアミロイドーシスによる腎障害合併クローン病に対しinfliximabが奏功した1例 日本腎臓学会誌. 2013.08; 55 (6): 1073. ( 医中誌 )

  777. 菊野 庄太, 三瀬 広記, 星野 純一, 住田 圭一, 早見 典子, 諏訪部 達也, 山内 真之, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 隆志, 堀江 孝一郎, 松井 利浩, 乳原 善文. エンドキサンパルスの併用により改善が得られた壊死性糸球体腎炎を合併したGranulomatosis with polyangiitisの一例 日本腎臓学会誌. 2013.08; 55 (6): 1061. ( 医中誌 )

  778. 菊地 晃一, 早見 典子, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 三瀬 広記, 葉末 亮, 上野 智敏, 川田 真宏, 山内 真之, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 隆志, 乳原 善文. メルファラン-デキサメタゾン併用療法にて良好な経過をとっている重鎖軽鎖(AHL)型原発性アミロイドーシス1例 日本腎臓学会誌. 2013.08; 55 (6): 1073. ( 医中誌 )

  779. 葉末 亮, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 星野 純一, 住田 圭一, 三瀬 広記, 菊地 晃一, 上野 智敏, 今福 礼, 川田 真宏, 濱之上 哲, 早見 典子, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士. ステロイドと免疫抑制剤により良好な経過をたどった若年発症immunotactoid glomerulopathyの一例 日本腎臓学会誌. 2013.08; 55 (6): 1055. ( 医中誌 )

  780. 関根 章成, 濱之上 哲, 乳原 善文, 星野 純一, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 三瀬 広記, 早見 典子, 川田 真宏, 今福 礼, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 吉本 豊毅, 藤井 丈士, 大橋 健一, 高市 憲明. 巨大肝嚢胞により肝不全死に至った多発性嚢胞腎の1男性例 日本腎臓学会誌. 2013.08; 55 (6): 1052. ( 医中誌 )

  781. 飯島 崇, 住田 圭一, 三瀬 広記, 濱之上 哲, 上野 智敏, 菊地 晃一, 葉末 亮, 川田 真宏, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 和氣 敦, 乳原 善文. 悪性リンパ腫に対する造血幹細胞移植後に発症した非典型的膜性腎症の一例 日本腎臓学会誌. 2013.08; 55 (6): 1058. ( 医中誌 )

  782. 今福 礼, 乳原 善文, 川田 真宏, 澤 直樹, 住田 圭一, 諏訪部 達也, 長谷川 詠子, 早見 典子, 平松 里佳子, 星野 純一, 三瀬 広記, 山内 真之, 高市 憲明, 藤井 丈士, 大橋 健一. 心筋生検でALアミロイドーシスが疑われたが組織の再評価で老人性アミロイドーシスの診断に至った一例 日本腎臓学会誌. 2013.08; 55 (6): 1072. ( 医中誌 )

  783. 川田 真宏, 乳原 善文, 澤 直樹, 星野 純一, 諏訪部 達也, 早見 典子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 平松 里佳子, 住田 圭一, 濱之上 哲, 今福 礼, 三瀬 広記, 葉末 亮, 菊地 晃一, 上野 智敏, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士. 治療予後良好であったC3 glomerulonephritisの一例 日本腎臓学会誌. 2013.08; 55 (6): 1065. ( 医中誌 )

  784. 加瀬田 幸司, 丸井 祐二, 田中 希穂, 早見 典子, 星野 純一, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 三瀬 広記, 今福 礼, 川田 真宏, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 富川 伸二, 乳原 善文, 大橋 健一, 藤井 隆志. 生体腎移植を施行した小児発症難治性ANCA関連血管炎の1例 日本腎臓学会誌. 2013.08; 55 (6): 1079. ( 医中誌 )

  785. 土谷 良樹, 今瀬 敦子, 清水 義久, 並木 眞生, 乳原 善文, 高市 憲明, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士. 糸球体内にフィブリノイド壊死像を認めた高血圧性緊急症の一例 日本腎臓学会誌. 2013.08; 55 (6): 1037. ( 医中誌 )

  786. 上野 智敏, 星野 純一, 菊地 晃一, 早見 典子, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 三瀬 広記, 葉末 亮, 濱之上 哲, 川田 真宏, 今福 礼, 山内 真之, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 隆志, 乳原 善文. 臨床的組織学的寛解を勝ち得た軽鎖沈着症の一例 日本腎臓学会誌. 2013.08; 55 (6): 1092. ( 医中誌 )

  787. 早見 典子, 乳原 善文, 星野 純一, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 三瀬 広記, 川田 真宏, 濱之上 哲, 今福 礼, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 隆志, 松井 利浩. 豊胸シリコンバック破損後のアジュバント反応により増悪した関節リウマチに合併した膜性腎症の1例 日本腎臓学会誌. 2013.08; 55 (6): 1042. ( 医中誌 )

  788. 長嶋 洋治, 青木 一郎, 大橋 健一, 石ヶ坪 良明, 梅村 敏, 寺内 康夫, 前田 慎, 田中 章景, 益田 宗孝, 遠藤 格, 後藤 英司. 横浜市立大学における学生症例検討会(学生CPC)の経験 医学教育. 2013.07; 44 (Suppl.): 150. ( 医中誌 )

  789. 筒井 美帆, 大橋 健一. CPC解説(第47回) 消化管穿孔を合併し、治療に難渋した腸管症関連T細胞リンパ腫の一例 病理と臨床. 2013.06; 31 (6): 665-671. ( 医中誌 )

  790. 西尾 由紀子, 尾崎 由実, 本野 紀夫, 三田 和博, 長谷川 哲哉, 佐藤 美紀子, 沼崎 令子, 山中 正二, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 子宮頸部中腎性腺癌の1例 日本臨床細胞学会雑誌. 2013.05; 52 (Suppl.1): 332. ( 医中誌 )

  791. 三瀬 広記, 星野 純一, 乳原 善文, 藤井 丈士, 大橋 健一, 高市 憲明. 糖尿病性腎症におけるeGFR・尿蛋白量の腎予後因子としての意義 日本透析医学会雑誌. 2013.05; 46 (Suppl.1): 670. ( 医中誌 )

  792. 三宅 暁夫, 長濱 清隆, 筒井 美帆, 松村 舞依, 宇高 直子, 山中 正二, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎. 剖検により明らかにされた骨髄腫関連単クローン性免疫グロブリン沈着症の一例 日本病理学会会誌. 2013.04; 102 (1): 480. ( 医中誌 )

  793. 筒井 美帆, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 古屋 充子, 山中 正二, 大橋 健一, 稲山 嘉明. 卵巣原発の腺扁平上皮癌の一例 日本病理学会会誌. 2013.04; 102 (1): 379. ( 医中誌 )

  794. 大橋 健一. 剖検症例のまとめ方 過去の剖検症例問題の解説 日本病理学会会誌. 2013.04; 102 (1): 259. ( 医中誌 )

  795. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 三井 英明, 鈴木 健久, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について 日本病理学会会誌. 2013.04; 102 (1): 419. ( 医中誌 )

  796. 立石 陽子, 奥寺 康司, 梅田 茂明, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 河野 尚美, 大橋 健一. 早期大腸癌手術症例におけるmicroRNA-31発現の検討 日本病理学会会誌. 2013.04; 102 (1): 456. ( 医中誌 )

  797. 大橋 健一. 病理学会の取り組みについて 日本病理学会会誌. 2013.04; 102 (1): 249. ( 医中誌 )

  798. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 大橋 健一. 肺癌の発生・進展におけるKRAS-miR-31経路の意義 日本病理学会会誌. 2013.04; 102 (1): 342. ( 医中誌 )

  799. 三瀬 広記, 星野 純一, 乳原 善文, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 藤井 丈士, 大橋 健一, 高市 憲明. 腎生検で診断された糖尿病性腎症の長期腎予後の検討 日本腎臓学会誌. 2013.04; 55 (3): 312. ( 医中誌 )

  800. 今福 礼, 乳原 善文, 長谷川 詠子, 三瀬 広記, 川田 真宏, 平松 里佳子, 山内 真之, 住田 圭一, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士. 腎生検で遺伝性腎炎と診断された55例の臨床病理学的特徴 日本腎臓学会誌. 2013.04; 55 (3): 376. ( 医中誌 )

  801. 大橋 健一. 食道に発生する唾液腺型腫瘍の病理 日本病理学会会誌. 2013.04; 102 (1): 278. ( 医中誌 )

  802. 立石 陽子, 古屋 充子, 山中 正二, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 先天性門脈欠損症を背景として多発肝腫瘤が認められた1例 神奈川医学会雑誌. 2013.03; 40 (1): 93. ( 医中誌 )

  803. 北嶋 俊寛, 丸井 祐二, 田中 希穂, 大橋 健一, 冨川 伸二. 献腎移植後にI型大動脈解離・肝不全を発症し、ステロイドのみの免疫抑制療法により移植腎廃絶を回避し得た1例 移植. 2013.03; 48 (1): 53-57. ( 医中誌 )

  804. 大橋 健一, 藤井 丈士. CPC解説(第43回) 長期腹膜透析歴を有し、被嚢性腹膜硬化症、感染症を合併した一例 病理と臨床. 2013.02; 31 (2): 189-195. ( 医中誌 )

  805. 関根 章成, 乳原 善文, 星野 純一, 住田 圭一, 諏訪部 達也, 早見 典子, 三瀬 広記, 浜之上 哲, 川田 真宏, 今福 礼, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士. 管外性病変と尿細管間質性腎炎を高度に認めたループス腎炎の1例 腎炎症例研究. 2013.02; 29 153-176. ( 医中誌 )

  806. 佐藤 朝日, 住田 圭一, 乳原 善文, 丸井 祐二, 諏訪部 達也, 三瀬 広記, 今福 礼, 川田 真宏, 遠藤 彰子, 山野 水紀, 田中 希穂, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 冨川 伸二, 黒田 陽子, 大橋 健一, 藤井 丈士. 腎移植後ネフローゼ症候群にて発症した再発性膜性増殖性腎炎(MPGN)の一例 腎炎症例研究. 2013.02; 29 92-114. ( 医中誌 )

  807. 北島 政樹, 矢作 直久, 大橋 健一, 吉田 昌. ESDの手技の拡大について 胃がんperspective. 2012.12; 5 (4): 227-235. ( 医中誌 )

  808. 成子 浩, 平川 恒久, 花谷 勇治, 渡邊 英章, 笹島 雅彦, 森 健一郎, 吉田 光宏, 下津浦 末博, 松田 正道, 菊池 大輔, 大橋 健一, 柳澤 昭夫, 加藤 洋, 酒井 義浩, 目黒区医師会消化器がん研究会. 十二指腸下行部に発生した表面型粘膜内癌の1例 消化器内視鏡. 2012.11; 24 (11): 1823-1827. ( 医中誌 )

  809. 平 沙代子, 宇高 直子, 大橋 健一. CPC解説(第39回) 35年にわたる関節リウマチ加療中にAA型アミロイドーシスを合併、低酸素血症、呼吸不全の進行により死亡した一剖検例 病理と臨床. 2012.10; 30 (10): 1129-1137. ( 医中誌 )

  810. 大橋 健一. アミロイドーシスの病理、最近の話題 横浜医学. 2012.10; 63 (4): 615-624. ( 医中誌 )

  811. 大橋 健一. 【アミロイドーシスの画像診断update】アミロイドーシスの病理 画像診断. 2012.09; 32 (12): 1112-1119. ( 医中誌 )

  812. 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 長濱 清隆, 古屋 充子, 長谷川 哲哉, 時長 亜弥, 沼崎 令子, 三田 和博, 大橋 健一, 平原 史樹. 腹腔洗浄細胞診陽性であったSycrhonous mucinous metaplasia and neoplasms of the female genital tractの一例 日本臨床細胞学会雑誌. 2012.09; 51 (Suppl.2): 764. ( 医中誌 )

  813. 飯島 崇, 乳原 善文, 三瀬 広記, 浜之上 哲, 住田 圭一, 平松 里佳子, 山内 真之, 早見 典子, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 大橋 健一, 藤井 丈士, 高市 憲明. Rituximabを含む免疫抑制剤に効かずtocilizmabが効果的であったAA-amyloid合併MCDの一例 日本腎臓学会誌. 2012.08; 54 (6): 724. ( 医中誌 )

  814. 濱之上 哲, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 三瀬 広記, 住田 圭一, 早見 典子, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士. Tocilizumabが奏功した家族性地中海熱合併AA型アミロイドーシスの1例 日本腎臓学会誌. 2012.08; 54 (6): 731. ( 医中誌 )

  815. 三瀬 広記, 乳原 善文, 濱之上 哲, 住田 圭一, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 澤 直樹, 大橋 健一, 藤井 丈士, 松本 雅則, 藤村 吉博, 高市 憲明. 壮絶な臨床経過と遺伝学的検索にて診断が確定した先天性TTP(Upshaw-Schulman症候群)の1例 日本腎臓学会誌. 2012.08; 54 (6): 731. ( 医中誌 )

  816. 坂本 憲一, 乳原 善文, 住田 圭一, 浜之上 哲, 今福 礼, 三瀬 広記, 諏訪部 達也, 早見 典子, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 大橋 健一, 藤井 丈士, 高市 憲明. 多彩な蛍光所見を呈したAA-アミロイド腎症合併関節リウマチの一例 日本腎臓学会誌. 2012.08; 54 (6): 767. ( 医中誌 )

  817. 大橋 健一. 最近話題の糸球体疾患 腎アミロイドーシス、最近の話題 日本腎臓学会誌. 2012.08; 54 (6): 710. ( 医中誌 )

  818. 住田 圭一, 乳原 善文, 丸井 祐二, 三瀬 広記, 濱之上 哲, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 澤 直樹, 高市 憲明, 冨川 伸二, 藤井 丈士, 大橋 健一. 移植後の再発性腎炎にて確定したproliferative glomerulonephritis with monoclonal IgG deposits(PGNMID)の一例 日本腎臓学会誌. 2012.08; 54 (6): 726. ( 医中誌 )

  819. 遠藤 彰子, 乳原 善文, 三瀬 広記, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 黒田 陽子, 大橋 健一, 藤井 丈士, 平野 資真. 腎内小動脈に高度の血管炎を認めたPR3-ANCA陽性granulomatosis with polyangiitisの一例 日本腎臓学会誌. 2012.08; 54 (6): 739. ( 医中誌 )

  820. 土谷 良樹, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 早見 典子, 星野 純一, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士, 今瀬 敦子. 血栓性微小血管障害に加え肺胞出血を伴った高血圧性緊急症の一例 日本腎臓学会誌. 2012.08; 54 (6): 751. ( 医中誌 )

  821. 稲永 淳一, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 星野 純一, 住田 圭一, 三瀬 広記, 浜之上 哲, 早見 典子, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一, 藤井 丈士. 高度な肥満患者に発症した巣状糸球体硬化症の1例 日本腎臓学会誌. 2012.08; 54 (6): 764. ( 医中誌 )

  822. 大橋 健一. 糖尿病性腎症の病理 神奈川医学会雑誌. 2012.07; 39 (2): 330-332. ( 医中誌 )

  823. 下村 昭彦, 橋本 雅司, 森山 仁, 的場 周一郎, 渡邊 五朗, 大橋 健一. 4回の再発・再手術後長期無再発生存中の後腹膜Myxofibrosarcomaの1例 日本消化器外科学会雑誌. 2012.05; 45 (5): 578-582. ( 医中誌 )

  824. 松村 舞依, 村上 あゆみ, 大橋 健一. CPC解説(第34回) 白血病治療中に播種性ムコール血症および全身の出血性梗塞を発症した一剖検例 病理と臨床. 2012.05; 30 (5): 539-545. ( 医中誌 )

  825. 住田 圭一, 乳原 善文, 三瀬 広記, 山野 水紀, 遠藤 彰子, 早見 典子, 諏訪部 達也, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一. MPO-ANCA関連腎炎を合併した多発性嚢胞腎症例からの考察 日本腎臓学会誌. 2012.04; 54 (3): 330. ( 医中誌 )

  826. 川田 真宏, 乳原 善文, 星野 純一, 諏訪部 達也, 三瀬 広記, 住田 圭一, 平松 里佳子, 山内 真之, 早見 典子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一. 原発性ALアミロイドーシスに対する自家末梢血幹細胞移植(SCT)を併用した大量メルファラン療法の治療効果 日本腎臓学会誌. 2012.04; 54 (3): 235. ( 医中誌 )

  827. 今福 礼, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 遠藤 彰子, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 早見 典子, 平松 里佳子, 三瀬 広記, 山野 水紀, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一. 扁摘パルスを施行した腎不全合併IgA腎症の検討 日本腎臓学会誌. 2012.04; 54 (3): 215. ( 医中誌 )

  828. 三瀬 広記, 乳原 善文, 住田 圭一, 早見 典子, 諏訪部 達也, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 大橋 健一, 藤井 丈士, 高市 憲明. 腎生検にて診断された糖尿病性腎症の腎予後の検討 日本腎臓学会誌. 2012.04; 54 (3): 327. ( 医中誌 )

  829. 長谷川 詠子, 乳原 善文, 澤 直樹, 山内 真之, 平松 里佳子, 今福 礼, 川田 真宏, 三瀬 広記, 住田 圭一, 遠藤 彰子, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 高市 憲明, 黒田 陽子, 大橋 健一, 藤井 丈士. 腎障害を呈した抗リン脂質抗体症候群の検討 日本腎臓学会誌. 2012.04; 54 (3): 328. ( 医中誌 )

  830. 長嶋 洋治, 下山田 博明, 稲山 嘉明, 池田 仁, 鈴木 高祐, 後藤田 裕子, 青木 一郎, 大橋 健一, 中谷 行雄, 黒田 直人. 傍糸球体細胞腫の4例 日本病理学会会誌. 2012.03; 101 (1): 337. ( 医中誌 )

  831. 岡田 千尋, 中山 崇, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 古屋 充子, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 卵巣成熟嚢胞奇形腫に悪性黒色腫を合併した一例 日本病理学会会誌. 2012.03; 101 (1): 421. ( 医中誌 )

  832. 安藤 純世, 木脇 圭一, 井上 雅文, 元木 大子, 大田 泰徳, 大橋 健一, 藤井 丈士. 十二指腸原発横紋筋肉腫の一例 日本病理学会会誌. 2012.03; 101 (1): 308. ( 医中誌 )

  833. 三田 和博, 本野 紀夫, 佐川 弘美, 西尾 由紀子, 尾崎 由実, 中山 崇, 山中 正二, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 大唾液腺穿刺吸引細胞診における判定結果の検討(第3報) 日本臨床細胞学会雑誌. 2012.03; 51 (Suppl.1): 431. ( 医中誌 )

  834. 三宅 暁夫, 松村 舞依, 岡田 千尋, 宇高 直子, 山中 正二, 中山 崇, 古屋 充子, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 組織型診断に苦慮した卵巣未熟奇形腫肺転移の一例 日本病理学会会誌. 2012.03; 101 (1): 421. ( 医中誌 )

  835. 松村 舞依, 岡田 千尋, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 中山 崇, 山中 正二, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 髄膜原発黒色腫系腫瘍の一例 日本病理学会会誌. 2012.03; 101 (1): 301. ( 医中誌 )

  836. 今福 礼, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 三瀬 広記, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 黒田 陽子, 大橋 健一, 大賀 辰秀, 大久保 実, 高市 憲明. 低脂血症、脳出血、腎硬化症を合併しTocilizumabにて脂質異常の改善を認めたCastleman病の1例 Therapeutic Research. 2012.02; 33 (2): 176-179. ( 医中誌 )

  837. 飯島 崇, 乳原 善文, 宮内 淑史, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 三瀬 広記, 川田 真宏, 今福 礼, 遠藤 彰子, 伊藤 幸輝, 早見 典子, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 黒田 陽子, 大橋 健一. 悪性関節リウマチ経過中ネフローゼ症候群を呈した一例 腎炎症例研究. 2012.02; 28 135-152. ( 医中誌 )

  838. Fujigasaki H, Ohashi K, Fujigasaki J. [A 65-year-old man, suspicious of bacterial meningitis with rapid progression of multiple organ failure]. Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo. 2012.01; 64 (1): 89-96. ( PubMed )

  839. 藤ヶ崎 浩人, 大橋 健一, 藤ヶ崎 純子, 横地 正之, 河村 満, 後藤 淳, 織茂 智之, 福田 隆浩, 鈴木 正彦. Neurological CPC 起炎菌不明の髄膜炎治療中に,急性多臓器不全を併発し死亡した65歳男性例 BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩. 2012.01; 64 (1): 89-96. ( 医中誌 )

  840. 井上 雅文, 木脇 圭一, 黒田 陽子, 元木 大子, 大田 泰典, 藤井 丈士, 近藤 福雄, 福里 利夫, 大橋 健一. 画像上高悪性度の腫瘍が疑われた肝細胞腺腫の1例 診断病理. 2012.01; 29 (1): 62-65. ( 医中誌 )

  841. 井上 雅文, 大橋 健一. CPC解説(第28回) 内臓臓器症状を伴い高度透析アミロイドーシスを呈した超長期血液透析例 病理と臨床. 2011.11; 29 (11): 1255-1262. ( 医中誌 )

  842. 井下 尚子, 藤ヶ崎 純子, 佐野 壽昭, 大橋 健一, 山田 正三. Cushing病と診断されたACTH産生性下垂体腺腫160症例の電顕所見 東京慈恵会医科大学雑誌. 2011.11; 126 (6): 224. ( 医中誌 )

  843. 田中 希穂, 中村 道郎, 丸井 祐二, 大橋 健一, 冨川 伸二. 膿瘍との鑑別が困難であった腎移植後リンパ増殖性疾患の2例 医薬の門. 2011.11; 51 (5): 482. ( 医中誌 )

  844. 川島 峻, 花岡 まりえ, 岩谷 胤生, 川端 英孝, 黒田 陽子, 大橋 健一, 江口 智明, 富永 祐司, 三浦 大周. 乳房巨大脂肪腫の一例 日本臨床外科学会雑誌. 2011.10; 72 (増刊): 734. ( 医中誌 )

  845. 貝田 佐知子, 橋本 雅司, 佐々木 一成, 松田 正道, 上野 正紀, 宇田川 晴司, 渡邊 五朗, 大橋 健一. 十二指腸原発epithelioid angiosarcomaの1切除例 日本臨床外科学会雑誌. 2011.10; 72 (増刊): 820. ( 医中誌 )

  846. 北嶋 俊寛, 丸井 祐二, 中村 道郎, 冨川 伸二, 黒田 陽子, 大橋 健一. 献腎移植後に1型大動脈解離・肝不全を発症し、ステロイドのみの免疫抑制療法により移植腎廃絶を回避し得た一例 移植. 2011.10; 46 (総会臨時): 292. ( 医中誌 )

  847. 北嶋 俊寛, 橋本 雅司, 原野 隆之, 小川 雅子, 佐々木 一成, 松田 正道, 渡邊 五朗, 大橋 健一. 肝細胞癌術後腹膜播種再発に対し2度の播種切除による長期生存中の一例 日本臨床外科学会雑誌. 2011.10; 72 (増刊): 621. ( 医中誌 )

  848. 住田 圭一, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 早見 典子, 三瀬 広記, 遠藤 彰子, 伊藤 幸輝, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 黒田 陽子, 大橋 健一. 血液透析30年後に顕在化したサルコイドーシスの一例 腎と骨代謝. 2011.10; 24 (4): 310. ( 医中誌 )

  849. 井下 尚子, 藤ヶ崎 純子, 大橋 健一, 福原 紀章, 西岡 宏, 山田 正三. Cushing徴候を呈した下垂体腺腫160例の電顕所見 日本内分泌学会雑誌. 2011.09; 87 (2): 840. ( 医中誌 )

  850. 三浦 大周, 岩谷 胤生, 高野 利美, 川端 英孝, 大橋 健一. Intrinsic subtypeと治療戦略 HER2陽性乳がんに対する術前化学療法 日本乳癌学会総会プログラム抄録集. 2011.09; 19回 178. ( 医中誌 )

  851. 川端 英孝, 藤井 まりえ, 下村 昭彦, 岩谷 胤生, 三浦 大周, 三浦 祐司, 内藤 陽一, 高野 利実, 大橋 健一, 中澤 英樹. Oncotype Dx検査の実臨床レベルでの意義について 日本乳癌学会総会プログラム抄録集. 2011.09; 19回 412. ( 医中誌 )

  852. 大橋 健一. 【消化管の病理I-上部消化管-】通常型扁平上皮癌と鑑別すべき食道癌 病理と臨床. 2011.09; 29 (9): 932-938. ( 医中誌 )

  853. 岩谷 胤生, 下村 昭彦, 川端 英孝, 大橋 健一, 三浦 大周. センチネルリンパ節転移陽性乳癌において、化学療法により腋窩リンパ節郭清を省略できるか? 日本乳癌学会総会プログラム抄録集. 2011.09; 19回 262. ( 医中誌 )

  854. 吉田 尚弘, 播磨 綾子, 鈴木 尚宜, 竹下 章, 福原 紀章, 西岡 宏, 井下 尚子, 大橋 健一, 竹内 靖博, 山田 正三. 下垂体に発生した顆粒細胞腫の一例 日本内分泌学会雑誌. 2011.09; 87 (2): 829-830. ( 医中誌 )

  855. 村上 尚加, 竹下 章, 飯塚 敏郎, 菊池 大輔, 松井 啓, 木脇 圭一, 貝瀬 満, 三浦 大周, 山田 正三, 竹内 靖博, 大橋 健一. 下咽頭梨状窩に発生した6腺目の異所性副甲状腺過形成の切除により高カルシウム血症が軽快した多発性内分泌腫瘍症1型の一例 日本内分泌学会雑誌. 2011.09; 87 (2): 820-821. ( 医中誌 )

  856. 諏訪部 達也, 乳原 善文, 永澤 元規, 塚本 真貴, 住田 圭一, 早見 典子, 服部 吉成, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 大橋 健一, 高市 憲明. 小児期発症のIgA腎症の成人後の臨床経過 川崎市医師会医学会誌. 2011.09; 28 41-43. ( 医中誌 )

  857. 下村 昭彦, 岩谷 胤生, 川端 英孝, 大橋 健一, 三浦 大周. 短期投与によるLetrozoleとExemestaneではホルモン受容体の変化に違いがあるか? 日本乳癌学会総会プログラム抄録集. 2011.09; 19回 213. ( 医中誌 )

  858. 小田切 啓之, 飯塚 敏郎, 布袋屋 修, 貝瀬 満, 大橋 健一. 診断 深達度SMまでの胃神経内分泌腫瘍に対する内視鏡的・病理組織学的・免疫組織化学的検討 日本癌治療学会誌. 2011.09; 46 (2): 408. ( 医中誌 )

  859. 井下 尚子, 藤ヶ崎 純子, 佐野 壽昭, 大橋 健一, 山田 正三. honeycomb-Golgi構造を持つACTH産生腺腫 日本内分泌学会雑誌. 2011.08; 87 (Suppl.): 17-18. ( 医中誌 )

  860. 飯島 崇, 長谷川 詠子, 乳原 善文, 平松 里佳子, 山内 真之, 澤 直樹, 高市 憲明, 黒田 陽子, 大橋 健一. VAD+大量メルファラン+SCT療法により腎症のみならず腎外病変まで改善が得られたAL-アミロイドーシスの一例 日本腎臓学会誌. 2011.08; 53 (6): 917. ( 医中誌 )

  861. 小川 哲史, 谷田川 聡也, 伊藤 純子, 黒田 陽子, 大橋 健一, 白川 清吾, 勝盛 宏. マイコプラズマ感染症に伴い急性腎炎症候群を呈した7歳女児例 日本腎臓学会誌. 2011.08; 53 (6): 903. ( 医中誌 )

  862. 今福 礼, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 早見 典子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 住田 圭一, 平松 里佳子, 澤 直樹, 高市 憲明, 黒田 陽子, 大橋 健一. 加速型悪性高血圧を伴う腎クリーゼにより腎不全に至った抗RNAポリメラーゼ3抗体陽性びまん性強皮症の一例 日本腎臓学会誌. 2011.08; 53 (6): 912. ( 医中誌 )

  863. 関根 章成, 平松 里佳子, 乳原 善文, 長谷川 詠子, 今福 礼, 川田 真宏, 三瀬 広記, 遠藤 彰子, 伊藤 幸輝, 住田 圭一, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 大橋 健一, 高市 憲明. 妊娠とネフローゼ症候群を伴い急性腎炎様に発症した膜性増殖性糸球体腎炎の一例 日本腎臓学会誌. 2011.08; 53 (6): 904. ( 医中誌 )

  864. 村上 尚加, 乳原 善文, 長谷川 詠子, 平松 里佳子, 今福 礼, 住田 圭一, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 高市 憲明, 黒田 陽子, 大橋 健一. 妊娠中に低カリウム血症状が進行した、尿細管性アシドーシスI型を伴うシェーグレン症候群の一例 日本腎臓学会誌. 2011.08; 53 (6): 952. ( 医中誌 )

  865. 宮内 淑史, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 三瀬 広記, 川田 真宏, 今福 礼, 遠藤 彰子, 伊藤 幸輝, 早見 典子, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 黒田 陽子, 大橋 健一. 悪性関節リウマチ経過中ネフローゼ症候群を呈した一例 日本腎臓学会誌. 2011.08; 53 (6): 912. ( 医中誌 )

  866. 山内 真之, 乳原 善文, 今福 礼, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 黒田 陽子, 大橋 健一, 松田 正之, 高市 憲明. 慢性炎症により腎硬化症を呈したと考えられた家族性地中海熱患者の一例 日本腎臓学会誌. 2011.08; 53 (6): 908. ( 医中誌 )

  867. 福島 琢, 乳原 善文, 住田 圭一, 三瀬 広記, 諏訪部 達也, 早見 典子, 伊藤 幸輝, 遠藤 彰子, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一. 皮膚肺病変を合併したCastleman病に対しTocilizumab治療を施行した一例 日本腎臓学会誌. 2011.08; 53 (6): 951. ( 医中誌 )

  868. 井上 雅文, 近藤 福雄, 大橋 健一, 福里 利夫. 肝細胞癌とグリピカン3 検査と技術. 2011.08; 39 (8): 633-635. ( 医中誌 )

  869. 塚本 真貴, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 早見 典子, 平松 里佳子, 服部 吉成, 永澤 元規, 山内 真之, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 黒田 陽子, 大橋 健一. 血液透析30年後に顕在化したサルコイドーシスの一例 日本腎臓学会誌. 2011.08; 53 (6): 919. ( 医中誌 )

  870. 三瀬 広記, 乳原 善文, 伊藤 幸輝, 遠藤 彰子, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一. 長期経過が追えた先天性TTP(Upshaw-Schulman症候群)の1症例 日本腎臓学会誌. 2011.08; 53 (6): 802. ( 医中誌 )

  871. 川田 真宏, 乳原 善文, 澤 直樹, 平松 里佳子, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 高市 憲明, 大橋 健一. 関節リウマチ患者に対しアダリムマブ投与後に半月体形成性糸球体腎炎を発症した一例 日本腎臓学会誌. 2011.08; 53 (6): 802. ( 医中誌 )

  872. 川田 真宏, 乳原 善文, 澤 直樹, 平松 里佳子, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 高市 憲明, 大橋 健一. 関節リウマチ患者に対しアダリムマブ投与後に半月体形成性糸球体腎炎を発症した一例 日本腎臓学会誌. 2011.08; 53 (6): 906. ( 医中誌 )

  873. 北嶋 俊寛, 丸井 祐二, 住田 圭一, 早見 典子, 諏訪部 達也, 中村 道郎, 乳原 善文, 高市 憲明, 大橋 健一, 冨川 伸二. 長期透析をへて腎移植を施行したその8年後に固有腎より発症し全身播種性に進展した低分化腎癌の一例 日本腎臓学会誌. 2011.08; 53 (6): 965. ( 医中誌 )

  874. 黒田 陽子, 大橋 健一. CPC解説(第24回) 難治性ネフローゼ症候群を合併したMRSA敗血症の一剖検例 病理と臨床. 2011.07; 29 (7): 743-748. ( 医中誌 )

  875. 田中 毅, 上野 正紀, 江原 一尚, 木ノ下 義宏, 的場 周一郎, 黒柳 洋弥, 橋本 雅司, 渡邊 五朗, 宇田川 晴司, 大橋 健一. 当院におけるGIST再発症例についての検討 日本消化器外科学会総会. 2011.07; 66回 317. ( 医中誌 )

  876. 木脇 圭一, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 中西 昌平, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 山内 淳司, 冨永 直人, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 原 茂子, 高市 憲明, 大橋 健一, 本田 一穂. 腎生検所見から何を学ぶか(No.44) 日本人にもみられたAA amyloid合併家族性地中海熱の1例 腎と透析. 2011.07; 71 (1): 133-143. ( 医中誌 )

  877. 今福 礼, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 永澤 元規, 塚本 真貴, 服部 吉成, 早見 典子, 平松 里佳子, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 山内 真之, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 和気 敦, 黒田 明子, 大橋 健一. Cast nephropathyを認めた多発性骨髄腫腎14症例の検討 日本腎臓学会誌. 2011.05; 53 (3): 382. ( 医中誌 )

  878. 澤 直樹, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 長谷川 詠子, 山内 真之, 平松 里佳子, 住田 圭一, 大橋 健一, 高市 憲明. IgA腎症のOxford分類に基づいた、超音波pulse doppler法の有用性の検討 日本腎臓学会誌. 2011.05; 53 (3): 342. ( 医中誌 )

  879. 矢野 哲也, 井下 尚子, 大橋 健一. 下垂体腺腫の捺印細胞像 日本臨床細胞学会雑誌. 2011.05; 50 (3): 169-175. ( 医中誌 )

  880. 永澤 元規, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 早見 典子, 住田 圭一, 丸井 祐二, 高市 憲明, 冨川 伸二, 中村 道郎, 澤 直樹, 星野 純一, 山内 真之, 田中 希穂, 長谷川 詠子, 平松 里佳子, 大橋 健一. 二次性副甲状腺機能亢進症にてシナカルセット内服中に副甲状腺出血を認めた一例 日本透析医学会雑誌. 2011.05; 44 (Suppl.1): 508. ( 医中誌 )

  881. 諏訪部 達也, 乳原 善文, 永澤 元規, 塚本 真貴, 住田 圭一, 早見 典子, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 大橋 健一, 高市 憲明. 小児期発症のIgA腎症の成人後の臨床経過 日本腎臓学会誌. 2011.05; 53 (3): 400. ( 医中誌 )

  882. 服部 吉成, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 早見 典子, 塚本 真貴, 永澤 元規, 住田 圭一, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 大橋 健一. 心臓病変を認めたAA-アミロイドーシス合併関節リウマチの透析困難症に対しトシリズマブが著効した2症例 日本腎臓学会誌. 2011.05; 53 (3): 421. ( 医中誌 )

  883. 山内 真之, 乳原 善文, 平松 里佳子, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 早見 典子, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 黒田 陽子, 大橋 健一, 高市 憲明. 腎生検による高齢者腎症の検討 日本腎臓学会誌. 2011.05; 53 (3): 357. ( 医中誌 )

  884. 塚本 真貴, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 早見 典子, 永澤 元規, 服部 吉成, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 黒田 陽子, 大橋 健一. 腎障害を呈したサルコイドーシスの検討 日本腎臓学会誌. 2011.05; 53 (3): 403. ( 医中誌 )

  885. 渡辺 麻耶, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 服部 吉成, 永澤 元規, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 澤 直樹, 星野 純一, 高市 憲明, 丸井 祐二, 中村 道郎, 冨川 伸二, 谷口 修一, 大橋 健一. 虚血性腸炎所見にて発症した長期維持透析患者の小腸原発悪性リンパ腫の一例 日本透析医学会雑誌. 2011.05; 44 (Suppl.1): 461. ( 医中誌 )

  886. 百瀬 洸太, 橋本 雅司, 渡邊 五朗, 田村 哲男, 竹内 和男, 大橋 健一. 多発肝嚢胞経過観察中に発見された肝臓の胆管嚢胞腺腫の1例 手術. 2011.04; 65 (4): 523-527. ( 医中誌 )

  887. 木脇 圭一, 林 玲匡, 井上 雅文, 黒田 陽子, 中山 大子, 太田 泰徳, 井下 尚子, 藤井 丈士, 大橋 健一. Diffuse heterotopic cystic malformationを伴う2重早期胃癌の一例 日本病理学会会誌. 2011.03; 100 (1): 439. ( 医中誌 )

  888. 古畑 司, 布袋屋 修, 山田 晃弘, 山下 聡, 菊池 大輔, 中村 仁紀, 藤本 愛, 松井 啓, 三谷 年史, 小川 修, 飯塚 敏郎, 大橋 健一, 貝瀬 満, 林 玲匡. ESDを施行し、リンパ管浸潤を伴っていた胃粘膜内癌の検討 Gastroenterological Endoscopy. 2011.03; 53 (Suppl.1): 782. ( 医中誌 )

  889. 井下 尚子, 大橋 健一, 佐野 壽昭, 山田 正三. 下垂体腺腫の病理診断 お茶の水医学雑誌. 2011.03; 59 (1): 70. ( 医中誌 )

  890. 岩谷 胤生, 川端 英孝, 武田 英彦, 大橋 健一, 三浦 大周. 内頸静脈へ浸潤した頸部外側区域リンパ節転移より診断された甲状腺微小癌の1例 内分泌外科. 2011.03; 28 (1): 38-42. ( 医中誌 )

  891. 黒田 陽子, 木脇 圭一, 林 玲匡, 井上 雅文, 中山 大子, 大田 泰徳, 藤井 丈士, 大橋 健一. 原発性ALアミロイドーシスに対し大量メルファラン+自家末梢血幹細胞移植を施行した8例の腎病理学的検討 日本病理学会会誌. 2011.03; 100 (1): 433. ( 医中誌 )

  892. 小田切 啓之, 飯塚 敏郎, 布袋屋 修, 貝瀬 満, 武田 英彦, 大橋 健一. 口蓋垂原発粘膜内癌の一例 日本消化器病学会雑誌. 2011.03; 108 (臨増総会): A187. ( 医中誌 )

  893. 小田切 啓之, 飯塚 敏郎, 布袋屋 修, 貝瀬 満, 大橋 健一. 拡張した胃粘膜下異所腺を伴った早期胃癌ESD症例の検討 Gastroenterological Endoscopy. 2011.03; 53 (Suppl.1): 844. ( 医中誌 )

  894. 大田 泰徳, 竹内 賢吾, 関口 康宣, 野口 雅章, 間野 博行, 大橋 健一. 新規融合遺伝子が確認されたALK陽性大型B細胞性リンパ腫(ALK-LBCL)の一例 日本病理学会会誌. 2011.03; 100 (1): 413. ( 医中誌 )

  895. 井上 雅文, 中山 大子, 木脇 圭一, 林 玲匡, 黒田 陽子, 大田 泰徳, 藤井 丈士, 大橋 健一, 近藤 福雄, 福里 利夫. 画像上高悪性度の腫瘍が疑われた診断困難な若年女性の肝腫瘤の一例 日本病理学会会誌. 2011.03; 100 (1): 383. ( 医中誌 )

  896. 林 玲匡, 木脇 圭一, 井上 雅文, 黒田 陽子, 中山 大子, 大田 泰徳, 藤井 丈士, 山下 聡, 大橋 健一. 神経線維腫症1型に小腸癌とganglioneuromatosisを合併した一例 日本病理学会会誌. 2011.03; 100 (1): 483. ( 医中誌 )

  897. 副島 友莉恵, 福里 利夫, 近藤 福雄, 高橋 芳久, 前野 佐和子, 井上 雅文, 大橋 健一. 胆管性過誤腫(von Meyenburg complex)と胆管腺腫における分子マーカーの免疫組織化学的検討 日本病理学会会誌. 2011.03; 100 (1): 384. ( 医中誌 )

  898. 藤井 丈士, 一瀬 淳二, 藤森 賢, 河野 匡, 大橋 健一. 胸腺原発腺様嚢胞癌の1例 日本病理学会会誌. 2011.03; 100 (1): 403. ( 医中誌 )

  899. 井上 雅文, 大橋 健一. CPC解説(第19回) Parkinson病、甲状腺濾胞癌肺転移の経過観察中、癌性胸水が出現、呼吸不全で死者した一例 病理と臨床. 2011.02; 29 (2): 181-189. ( 医中誌 )

  900. 今福 礼, 長谷川 詠子, 住田 圭一, 星野 純一, 平松 里佳子, 山内 真之, 澤 直樹, 竹本 文美, 串田 夏樹, 永澤 元規, 服部 吉成, 早見 典子, 諏訪部 達也, 乳原 善文, 高市 憲明, 大橋 健一. TS-1投与後に難治性腹水とネフローゼ症候群を伴い急速進行性に末期腎不全に至ったTMAの一例 腎炎症例研究. 2011.02; 27 81-99. ( 医中誌 )

  901. 乳原 善文, 住田 圭一, 諏訪部 達也, 星野 純一, 高市 憲明, 大橋 健一. 【免疫疾患と腎障害】アミロイドーシス 腎と透析. 2011.01; 70 (1): 77-81. ( 医中誌 )

  902. 土谷 良樹, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 早見 典子, 住田 圭一, 串田 夏樹, 永澤 元規, 今福 礼, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 高市 憲明, 田中 希穂, 丸井 祐二, 中村 道郎, 冨川 伸二, 大橋 健一, 伊藤 明美. Fanconi症候群による骨軟化症の1例 腎と骨代謝. 2010.10; 23 (4): 329. ( 医中誌 )

  903. 高橋 芳久, 井上 雅文, 大橋 健一, 福里 利夫. 【肝・胆道系症候群(第2版) その他の肝・胆道系疾患を含めて】肝臓編 嚢胞性肝疾患(肝嚢胞、嚢胞肝) 腫瘍性肝嚢胞 日本臨床. 2010.10; 別冊 (肝・胆道系症候群II): 389-392. ( 医中誌 )

  904. 永澤 元規, 乳原 善文, 串田 夏樹, 住田 圭一, 早見 典子, 諏訪部 達也, 丸井 祐二, 山内 真之, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 田中 希穂, 星野 純一, 澤 直樹, 中村 道郎, 冨川 伸二, 高市 憲明, 井下 尚子, 大橋 健一. 慢性腎不全保存期に著明な副甲状腺機能亢進症を呈し、副甲状腺摘出後に骨病変の改善を認めた一例 腎と骨代謝. 2010.10; 23 (4): 328-329. ( 医中誌 )

  905. 貝田 佐知子, 木ノ下 義宏, 宇田川 晴司, 上野 正紀, 江原 一尚, 小川 雅子, 田中 毅, 大橋 健一. 術前4型胃癌と鑑別が困難であったDiffuse Cystic Malformationの切除例 日本臨床外科学会雑誌. 2010.10; 71 (増刊): 688. ( 医中誌 )

  906. 平松 里佳子, 星野 純一, 諏訪部 達也, 乳原 善文, 住田 圭一, 山内 真之, 早見 典子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一. 頻回再発型微小変化型ネフローゼ症候群(MCNS)に発症したステロイド関連腎症(Steroid related nephropathy)の一例 Diabetes Frontier. 2010.10; 21 (5): 625. ( 医中誌 )

  907. 井下 尚子, 藤ヶ崎 純子, 佐野 壽昭, 大橋 健一, 山田 正三. honeycomb-Golgi構造を持つACTH産生腺腫 日本内分泌学会雑誌. 2010.09; 86 (2): 568. ( 医中誌 )

  908. 松田 正道, 渡邊 五朗, 橋本 雅司, 佐々木 一成, 竹内 和男, 大橋 健一. 【肝胆膵の転移性腫瘍】胆道の転移性腫瘍 肝胆膵画像. 2010.09; 12 (5): 621-624. ( 医中誌 )

  909. 笹川 祐司, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 早見 典子, 山内 真之, 冨永 直人, 山内 淳司, 長谷川 詠子, 住田 圭一, 平松 里佳子, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一. ステロイド抵抗性糖尿病合併膜性腎症にLDLアフェレシスが奏効した1例 Therapeutic Research. 2010.09; 31 (9): 1208. ( 医中誌 )

  910. 三浦 大周, 岩谷 胤生, 川端 英孝, 大橋 健一. 実地臨床においてOnco type DXはどの程度有効か? 日本癌治療学会誌. 2010.09; 45 (2): 548. ( 医中誌 )

  911. 佐藤 孝之, 藤井 丈士, 後藤 大輔, 中村 信之, 矢野 哲也, 吉田 文子, 中山 大子, 大橋 健一. 尿・胸水中に腫瘍細胞が出現した外陰部Paget病の3例 日本臨床細胞学会雑誌. 2010.09; 49 (Suppl.2): 600. ( 医中誌 )

  912. 荒川 揚子, 藤井 丈士, 遠藤 奈美江, 重政 善子, 吉田 文子, 中山 大子, 大橋 健一. 尿・腟スメアに腫瘍細胞が出現した外陰部Paget病の3例 日本臨床細胞学会雑誌. 2010.09; 49 (Suppl.2): 698. ( 医中誌 )

  913. 藤井 丈士, 吉田 文子, 大橋 健一. 肺cryptococcosisの3例 日本臨床細胞学会雑誌. 2010.09; 49 (Suppl.2): 684. ( 医中誌 )

  914. 日浦 梓, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 平松 里佳子, 山内 真之, 山内 淳司, 冨永 直人, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 原 茂子, 高市 憲明, 大橋 健一. 腎不全合併IgA腎症に対して扁摘パルス療法を施行した一例 川崎市医師会医学会誌. 2010.09; 27 19-22. ( 医中誌 )

  915. 早見 典子, 乳原 善文, 平松 里佳子, 山内 淳司, 冨永 直人, 山内 真之, 諏訪部 達也, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 喜多島 出, 弘田 裕, 大橋 健一. 骨・ミネラル代謝異常 透析アミロイドによる脊椎関節症からみたCAPDとHD症例の対比検討 腎と透析. 2010.09; 69 (別冊 腹膜透析2010): 535-536. ( 医中誌 )

  916. 黒田 陽子, 大田 泰徳, 大橋 健一. CPC解説(第13回) 急激な神経所見の進行を認めた肺大細胞神経内分泌癌の一例 病理と臨床. 2010.08; 28 (8): 867-872. ( 医中誌 )

  917. 篠原 孝幸, 乳原 善文, 山内 真之, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 平松 里佳子, 串田 夏樹, 永澤 元規, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一. IgA腎症にて透析導入14年後に潰瘍性大腸炎を発症した1例 日本腎臓学会誌. 2010.08; 52 (6): 709. ( 医中誌 )

  918. 播磨 綾子, 乳原 善文, 平松 里佳子, 住田 圭一, 星野 純一, 永澤 元規, 串田 夏樹, 山内 真之, 長谷川 詠子, 早見 典子, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 竹本 文美, 黒田 陽子, 大橋 健一, 高谷 久史, 高市 憲明. IgA腎症を併発したサルコイドーシスの一例 日本腎臓学会誌. 2010.08; 52 (6): 703. ( 医中誌 )

  919. 今福 礼, 長谷川 詠子, 住田 圭一, 星野 純一, 平松 里佳子, 山内 真之, 澤 直樹, 竹本 文美, 串田 夏樹, 永澤 元規, 土谷 良樹, 早見 典子, 諏訪部 達也, 乳原 善文, 高市 憲明, 大橋 健一. TS-1投与後難治性腹水とネフローゼ症候群を伴い急速進行性に末期腎不全に至ったTMAの一例 日本腎臓学会誌. 2010.08; 52 (6): 681. ( 医中誌 )

  920. 野中 香苗, 乳原 善文, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 山内 淳司, 早見 典子, 諏訪部 達也, 冨永 直人, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 大橋 健一, 高市 憲明. 【血圧と体液・電解質異常】悪性腎硬化症にみられる電解質異常についての検討 臨床体液. 2010.08; 37 49-54. ( 医中誌 )

  921. 笹川 祐司, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 早見 典子, 山内 真之, 住田 圭一, 高市 憲明, 黒田 陽子, 大橋 健一. ステロイド抵抗性糖尿病合併膜性腎症にLDLアフェレーシスが奏効した1例 日本腎臓学会誌. 2010.08; 52 (6): 711. ( 医中誌 )

  922. 住田 圭一, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 串田 夏樹, 永澤 元規, 土谷 良樹, 早見 典子, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 原 茂子, 高市 憲明, 黒田 陽子, 大橋 健一. ループス腎炎様所見にて発症したFibrillary腎炎の一例 日本腎臓学会誌. 2010.08; 52 (6): 823. ( 医中誌 )

  923. 山内 真之, 乳原 善文, 平松 里佳子, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 早見 典子, 土谷 良樹, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 竹本 文美, 大橋 健一, 高市 憲明. 悪性腎硬化症類似病変を呈した関節リウマチの一例 日本腎臓学会誌. 2010.08; 52 (6): 721. ( 医中誌 )

  924. 川田 真宏, 乳原 善文, 澤 直樹, 平松 里佳子, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 土谷 良樹, 串田 夏樹, 永澤 元規, 諏訪部 達也, 星野 純一, 竹本 文美, 黒田 陽子, 大橋 健一, 高市 憲明. 肉芽腫性病変が尿細管間質型から血管障害型へと推移し腎不全へ進展した腎サルコイドーシスの一例 日本腎臓学会誌. 2010.08; 52 (6): 702. ( 医中誌 )

  925. 軽部 雅崇, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 土谷 良樹, 串田 夏樹, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 黒田 陽子, 大橋 健一, 大賀 辰秀, 高市 憲明. 脳出血と腎硬化症による腎障害をきたしたCastleman diseaseの一例 日本腎臓学会誌. 2010.08; 52 (6): 698. ( 医中誌 )

  926. 広浜 大五郎, 星野 純一, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 山内 真之, 平松 里佳子, 早見 典子, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 竹本 文美, 乳原 善文, 杉本 栄康, 大橋 健一, 高市 憲明. 著明な好酸球性尿細管間質性腎炎と半月体形成をきたし急速進行性糸球体腎炎を呈したChurg-Strauss症候群の一例 日本腎臓学会誌. 2010.08; 52 (6): 689. ( 医中誌 )

  927. 住田 圭一, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 串田 夏樹, 永澤 元規, 土谷 良樹, 早見 典子, 平松 里佳子, 山内 真之, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 黒田 陽子, 大橋 健一. 関節リウマチへのトシリズマブ治療により寛解を認めた関節リウマチ合併ANCA関連腎炎の一例 日本腎臓学会誌. 2010.08; 52 (6): 670. ( 医中誌 )

  928. 梶 大介, 乳原 善文, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 串田 夏樹, 永澤 元規, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 原 茂子, 黒田 陽子, 大橋 健一, 高市 憲明. 高Ca血症と腎不全を合併した原発性ALアミロイドーシスの一例 日本腎臓学会誌. 2010.08; 52 (6): 675. ( 医中誌 )

  929. 松田 正道, 渡邊 五朗, 橋本 雅司, 大橋 健一. 5年の無再発が得られた小型肉腫様肝癌の1切除例 日本消化器外科学会雑誌. 2010.06; 43 (6): 635-639. ( 医中誌 )

  930. 吉嵜 友之, 竹下 彰, 伊東 伸朗, 田口 学, 竹内 靖博, 井下 尚子, 大橋 健一, 福原 紀章, 大山 健一, 山田 正三. 先端巨大症を来したGH-RH産生膵内分泌腫瘍の一例 日本内分泌学会雑誌. 2010.06; 86 (Suppl.): 32-35. ( 医中誌 )

  931. 上野 正紀, 宇田川 晴司, 木ノ下 義宏, 江原 一尚, 大橋 健一, 丸野 廣大. 手術手技 Sentinel node navigation surgeryを応用した食道・胃接合部腺癌根治手術 手術. 2010.06; 64 (7): 991-995. ( 医中誌 )

  932. 住田 圭一, 乳原 善文, 星野 純一, 諏訪部 達也, 平松 里佳子, 山内 真之, 早見 典子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一. B型肝炎合併腎症における成人発症例の検討 日本腎臓学会誌. 2010.05; 52 (3): 334. ( 医中誌 )

  933. 長谷川 詠子, 乳原 善文, 澤 直樹, 星野 純一, 住田 圭一, 平松 里佳子, 山内 淳司, 冨永 直人, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一. Thrombotic microangipathyを呈したループス腎炎3症例の細動脈病変の検討 日本腎臓学会誌. 2010.05; 52 (3): 335. ( 医中誌 )

  934. 三浦 大周, 岩谷 胤生, 川端 英孝, 大橋 健一. 内分泌感受性Her2陽性乳癌のBiology 日本乳癌学会総会プログラム抄録集. 2010.05; 18回 284. ( 医中誌 )

  935. 住田 圭一, 中村 道郎, 丸井 祐二, 田中 希穂, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 竹本 文美, 乳原 善文, 高市 憲明, 冨川 伸二, 井下 尚子, 大橋 健一. 副甲状腺摘出術を施行したシナカルセト投与症例の臨床的および病理学的検討 日本透析医学会雑誌. 2010.05; 43 (Suppl.1): 405. ( 医中誌 )

  936. 平松 里佳子, 乳原 善文, 星野 純一, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 山内 真之, 澤 直樹, 早見 典子, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一, 谷口 修一. 原発性ALアミロイドーシスにおける免疫グロブリン異常の検討(多発性骨髄腫との対比) 日本腎臓学会誌. 2010.05; 52 (3): 356. ( 医中誌 )

  937. 竹本 文美, 澤 直樹, 星野 純一, 長谷川 詠子, 住田 圭一, 平松 里佳子, 冨永 直人, 山内 淳司, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 大橋 健一, 乳原 善文, 高市 憲明. 原発性胆汁性肝硬変に尿細管間質性腎炎を合併した2症例 日本腎臓学会誌. 2010.05; 52 (3): 382. ( 医中誌 )

  938. 竹下 浩二, 古井 滋, 福里 利夫, 川村 祐介, 保坂 哲也, 池田 健次, 熊田 博光, 井上 雅文, 大橋 健一. 肝内胆管癌の画像診断と濃染パターン Liver Cancer. 2010.05; 16 (1): 7-12. ( 医中誌 )

  939. 岩谷 胤生, 三浦 大周, 川端 英孝, 大橋 健一. 術前化療前のセンチネルリンパ節生検にて転移を認めた場合、腋窩郭清は必要か? 日本乳癌学会総会プログラム抄録集. 2010.05; 18回 541. ( 医中誌 )

  940. 下村 昭彦, 三浦 大周, 岩谷 胤生, 川端 英孝, 大橋 健一. 術前診断に難渋した腋窩リンパ節転移を有するcystic papillary carcinomaの1例 日本乳癌学会総会プログラム抄録集. 2010.05; 18回 686. ( 医中誌 )

  941. 住田 圭一, 乳原 善文, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一. 高度の内皮下沈着物を認めアルコール性肝硬変に合併したと考えられたIgA腎症の一例 日本腎臓学会誌. 2010.05; 52 (3): 251. ( 医中誌 )

  942. 大橋 健一. 【病理形態学キーワード】食道 類基底細胞癌と基底膜様物質 病理と臨床. 2010.04; 28 (臨増): 104-105. ( 医中誌 )

  943. 小田切 啓之, 飯塚 敏郎, 布袋屋 修, 三谷 年史, 黒木 優一郎, 松井 啓, 菊池 大輔, 中村 仁紀, 山下 聡, 西田 紀子, 藤本 愛, 矢作 直久, 大橋 健一. カルチノイドとの鑑別を要した大腸エラストーシスの一例 Gastroenterological Endoscopy. 2010.04; 52 (Suppl.1): 1034. ( 医中誌 )

  944. 今福 礼, 小山 里香子, 田村 哲男, 小泉 優子, 今村 綱男, 奥田 近夫, 松田 正道, 大田 泰徳, 大橋 健一, 竹内 和男. 興味ある超音波所見を呈した胆嚢悪性リンパ腫の1例 超音波医学. 2010.04; 37 (Suppl.): S418. ( 医中誌 )

  945. 木脇 圭一, 住友 賢哉, 井上 雅文, 黒田 陽子, 中山 大子, 大田 泰徳, 井下 尚子, 藤井 丈士, 大橋 健一. Malignant granular cell tumorの1例 日本病理学会会誌. 2010.03; 99 (1): 258. ( 医中誌 )

  946. 熊谷 有紗, 元井 亨, 福本 誠二, 牛久 哲男, 吉田 朗彦, 大橋 健一, 深山 正久, 福里 利夫. Phosphaturic mesenchymal tumorにおけるFGF23及び骨、軟骨分化関連転写因子発現の解析 日本病理学会会誌. 2010.03; 99 (1): 237. ( 医中誌 )

  947. 中村 信之, 藤井 丈士, 吉田 文子, 大橋 健一. ループス胸膜炎の1例 日本臨床細胞学会雑誌. 2010.03; 49 (Suppl.1): 317. ( 医中誌 )

  948. 黒田 陽子, 住友 賢哉, 井上 雅文, 中山 大子, 大田 泰徳, 井下 尚子, 藤井 丈士, 大橋 健一. 回腸導管周囲に腫瘤性病変を形成したIgG4関連疾患の一例 日本病理学会会誌. 2010.03; 99 (1): 347. ( 医中誌 )

  949. 井上 雅文, 住友 堅哉, 黒田 陽子, 中山 大子, 大田 泰徳, 藤井 丈士, 大橋 健一, 福島 純一, 福里 利夫. 多数の胆管性微小過誤腫を伴う肝硬変合併肝細胞癌の一例 日本病理学会会誌. 2010.03; 99 (1): 321. ( 医中誌 )

  950. 小田切 啓之, 飯塚 敏郎, 布袋屋 修, 三谷 年史, 黒木 優一郎, 松井 啓, 菊池 大輔, 中村 仁紀, 山下 聡, 西田 紀子, 藤本 愛, 矢作 直久, 宇田川 晴司, 大橋 健一. 平滑筋腫核出術後に生じた憩室内に発生した表在食道癌の一例 日本消化器病学会雑誌. 2010.03; 107 (臨増総会): A344. ( 医中誌 )

  951. 藤元 祐子, 藤井 丈士, 後藤 大輔, 佐藤 孝之, 矢野 哲也, 吉田 文子, 大橋 健一. 微小乳頭パターンを伴う浸潤性乳管癌の細胞学的検討 日本臨床細胞学会雑誌. 2010.03; 49 (Suppl.1): 256. ( 医中誌 )

  952. 中山 大子, 井上 雅文, 住友 堅哉, 黒田 陽子, 大田 泰徳, 藤井 丈士, 大原 國章, 大橋 健一. 掌蹠皮膚色素斑50例の検討 日本病理学会会誌. 2010.03; 99 (1): 243. ( 医中誌 )

  953. 福里 利夫, 近藤 福雄, 高橋 芳久, 池村 雅子, 副島 友莉恵, 福島 純一, 井上 雅文, 大橋 健一. 細管状胆管腫瘍の臨床病理学的検討 日本病理学会会誌. 2010.03; 99 (1): 325. ( 医中誌 )

  954. 藤井 丈士, 宇留賀 公紀, 岸 一馬, 大橋 健一. 肺腫瘍塞栓微小血管症における血管内皮増殖因子等の免疫組織化学的検討 日本病理学会会誌. 2010.03; 99 (1): 191. ( 医中誌 )

  955. 井上 雅文, 住友 堅哉, 黒田 陽子, 中山 大子, 大田 泰徳, 藤井 丈士, 大橋 健一, 福島 純一, 福里 利夫. 肝細胞癌に合併した細管状胆管腫瘍の3例 日本病理学会会誌. 2010.03; 99 (1): 321. ( 医中誌 )

  956. 住友 賢哉, 藤井 丈士, 大田 泰徳, 中山 大子, 黒田 陽子, 井下 尚子, 木脇 圭一, 井上 雅文, 大橋 健一. 肺類上皮血管内皮腫の2例 日本病理学会会誌. 2010.03; 99 (1): 292. ( 医中誌 )

  957. 遠藤 奈美江, 藤井 丈士, 藤元 祐子, 荒川 揚子, 矢野 哲也, 重政 善子, 吉田 文子, 大橋 健一. 胸膜脱落膜様中皮腫の1例 日本臨床細胞学会雑誌. 2010.03; 49 (Suppl.1): 322. ( 医中誌 )

  958. 梅田 茂明, 藤井 丈士, 大橋 健一. CPC症例提示(第7回) 長期にわたって緑膿菌感染、呼吸不全を繰り返したびまん性汎細気管支炎の一例 病理と臨床. 2010.02; 28 (2): 193-198. ( 医中誌 )

  959. 平松 里佳子, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 山内 真之, 早見 典子, 山内 淳司, 冨永 直人, 与那覇 朝樹, 長谷川 詠子, 住田 圭一, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 原 茂子, 大橋 健一. LCAT(lecithin cholesterol acyltransferase)欠損症の一例 腎炎症例研究. 2010.02; 26 137-155. ( 医中誌 )

  960. 大橋 健一. 【病理学の教育・人材育成】若手医師のリクルート 日本病理学会の取り組み 病理と臨床. 2010.01; 28 (1): 63-70. ( 医中誌 )

  961. 黒田 陽子, 井下 尚子, 大橋 健一, 手島 伸一. S状結腸粘膜下腫瘤の形態を示したPolypoid endometriosisの1例 診断病理. 2009.10; 26 (4): 269-272. ( 医中誌 )

  962. 岩谷 胤生, 三浦 大周, 川端 英孝, 大橋 健一. 免疫抑制療法中のHER2陽性乳癌患者での化学療法の効果に関する考察 日本臨床外科学会雑誌. 2009.10; 70 (増刊): 658. ( 医中誌 )

  963. 西田 彩, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 中西 昌平, 長谷川 詠子, 鵜沼 智, 山内 真之, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一, 松岡 健太郎. 腎生検所見から何を学ぶか(No.39) ミクリッツ病と関係したIgG4関連尿細管間質性腎炎にMPGN様糸球体病変を認めた1例 腎と透析. 2009.10; 67 (4): 541-548. ( 医中誌 )

  964. 大山 健一, 山田 正三, 福原 紀章, 田中 健太郎, 田口 学, 竹下 章, 竹内 靖博, 井下 尚子, 大橋 健一, 佐野 壽昭. 【内分泌病理学 最近の進歩2008】下垂体 GH産生腫瘍 若年発症成長ホルモン産生腫瘍の臨床像ならびに病理所見の解析 ホルモンと臨床. 2009.09; 57 (秋季増刊): 20-27. ( 医中誌 )

  965. 原 茂子, 大橋 健一. 【終末期にある透析患者への対応】透析患者の一般的な経過と死因 日本透析医学会統計調査、当院症例よりの考察 臨床透析. 2009.09; 25 (10): 1389-1396. ( 医中誌 )

  966. 井下 尚子, 大橋 健一, 大山 健一, 山田 正三, 佐野 壽昭. 【内分泌病理学 最近の進歩2008】下垂体 下垂体疾患の診断 当院における下垂体疾患の病理診断 とくに腺腫境界部の病理所見について ホルモンと臨床. 2009.09; 57 (秋季増刊): 48-55. ( 医中誌 )

  967. 田中 健太郎, 山田 正三, 大山 健一, 福原 紀章, 井下 尚子, 大橋 健一, 館野 透, 佐野 壽昭, 沖 隆. 【内分泌病理学 最近の進歩2008】下垂体 Preclinical Cushing症候群 Combined supra-infrasellar approachにより摘出したsubclinical Cushing diseaseの1例 ホルモンと臨床. 2009.09; 57 (秋季増刊): 40-47. ( 医中誌 )

  968. 荒川 揚子, 藤井 丈士, 佐藤 孝之, 藤元 祐子, 吉田 文子, 大橋 健一. スエヒロタケによるアレルギー性気管支肺真菌症の一例 日本臨床細胞学会雑誌. 2009.09; 48 (Suppl.2): 519. ( 医中誌 )

  969. 後藤 大輔, 藤井 丈士, 荒川 揚子, 矢野 哲也, 遠藤 奈美江, 重政 善子, 吉田 文子, 大橋 健一. 子宮体部粘液性腺癌の4例 日本臨床細胞学会雑誌. 2009.09; 48 (Suppl.2): 488. ( 医中誌 )

  970. 藤井 丈士, 吉田 文子, 大橋 健一. 悪性胸水を伴う非小細胞肺癌におけるEGFR/KRAS変異と体腔液細胞像 日本臨床細胞学会雑誌. 2009.09; 48 (Suppl.2): 510. ( 医中誌 )

  971. 幕内 梨恵, 岩谷 胤生, 三浦 大周, 井下 尚子, 大橋 健一, 川端 英孝. 腫瘍と皮膚のTP発現はCapecitabineの作用を予測できるか? 日本癌治療学会誌. 2009.09; 44 (2): 928. ( 医中誌 )

  972. 三浦 大周, 岩谷 胤生, 川端 英孝, 井下 尚子, 大橋 健一. 術前化学療法による腫瘍組織の分子マーカーの変化と感受性について 日本癌治療学会誌. 2009.09; 44 (2): 600. ( 医中誌 )

  973. 木脇 圭一, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 中西 昌平, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 平松 里佳子, 山内 真之, 山内 淳司, 冨永 直人, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 原 茂子, 高市 憲明, 大橋 健一. AA amyloid合併家族性地中海熱の一例 日本腎臓学会誌. 2009.08; 51 (6): 673. ( 医中誌 )

  974. 柄澤 麻里子, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 中西 昌平, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 平松 里佳子, 山内 真之, 山内 淳司, 冨永 直人, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 大橋 健一, 高市 憲明. AA-amyloid腎症による末期腎不全を呈した関節リウマチに対するトシリズマブ治療 日本腎臓学会誌. 2009.08; 51 (6): 650. ( 医中誌 )

  975. 播磨 綾子, 星野 純一, 山内 真之, 早見 典子, 長谷川 詠子, 住田 圭一, 平松 里佳子, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 竹本 文美, 大橋 健一, 乳原 善文, 高市 憲明. IgG4高値で腎多発性結節性病変を呈し組織上肉芽腫性病変を認めた1例 日本腎臓学会誌. 2009.08; 51 (6): 638. ( 医中誌 )

  976. 安芸 昇太, 乳原 善文, 中西 昌平, 諏訪部 達也, 長谷川 詠子, 山内 淳司, 冨永 直人, 山内 真之, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一. Immunotactoid Glomerulopathy(ITG)の1例 日本腎臓学会誌. 2009.08; 51 (6): 665. ( 医中誌 )

  977. 山内 真之, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一, 長谷川 詠子, 冨永 直人, 山内 淳司, 住田 圭一, 平松 里佳子. シクロスポリン感受性が極めて良好であったループス腎炎の一例 日本腎臓学会誌. 2009.08; 51 (6): 688. ( 医中誌 )

  978. 山内 淳司, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 山内 真之, 早見 典子, 長谷川 詠子, 冨永 直人, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 原 茂子, 高市 憲明, 大橋 健一. 右腎腫瘤様病変を呈した肉芽腫性間質性腎炎の1例 日本腎臓学会誌. 2009.08; 51 (6): 653. ( 医中誌 )

  979. 山内 真之, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 早見 典子, 冨永 直人, 山内 淳司, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 大橋 健一, 高市 憲明. 水腎症を合併したIgG4関連腎前立腺症の一例 日本腎臓学会誌. 2009.08; 51 (6): 671. ( 医中誌 )

  980. 村岡 和彦, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 中西 昌平, 山内 淳司, 冨永 直人, 長谷川 詠子, 住田 圭一, 平松 里佳子, 早見 典子, 山内 真之, 高市 憲明, 大橋 健一. 特異なTMA所見を呈したTTPの一例 日本腎臓学会誌. 2009.08; 51 (6): 643. ( 医中誌 )

  981. 長谷川 詠子, 乳原 善文, 星野 純一, 澤 直樹, 田中 希穂, 平松 里佳子, 住田 圭一, 山内 淳司, 冨永 直人, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一. 膜性腎症として発症しIgG4関連疾患が顕在化した一例 日本腎臓学会誌. 2009.08; 51 (6): 642. ( 医中誌 )

  982. 陳 賛赫[桜井], 乳原 善文, 山内 真之, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 淳司, 富永 直人, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一. 自家末梢血幹細胞移植を施行後に腎症の改善が得られたIgD-λ型原発性アミロイドーシスの1例 日本腎臓学会誌. 2009.08; 51 (6): 686. ( 医中誌 )

  983. 野中 香苗, 星野 純一, 長谷川 詠子, 田中 希穂, 澤 直樹, 竹本 文美, 乳原 善文, 大橋 健一, 高市 憲明. 膜性腎症の経過中に抗GBM抗体型急速進行性糸球体腎炎を発症した一例 日本腎臓学会誌. 2009.08; 51 (6): 649. ( 医中誌 )

  984. 鮎澤 信宏, 乳原 善文, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 住田 圭一, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 大橋 健一, 高市 憲明. 膜性腎症に高IgG4血症を伴うChurg-Strauss症候群(CSS)を併発した1例 日本腎臓学会誌. 2009.08; 51 (6): 684. ( 医中誌 )

  985. 平松 里佳子, 星野 純一, 諏訪部 達也, 乳原 善文, 住田 圭一, 山内 真之, 早見 典子, 長谷川 詠子, 澤 直樹, 竹本 文美, 田中 希恵, 高市 憲明, 大橋 健一. 頻回再発型微小変化型ネフローゼ症候群(MCNS)に発症したステロイド関連腎症(Steroid related nephropathy)の一例 日本腎臓学会誌. 2009.08; 51 (6): 687. ( 医中誌 )

  986. 井上 雅文, 大田 泰徳, 日比谷 孝志, 黒田 陽子, 中山 大子, 井下 尚子, 藤井 丈士, 大橋 健一. CPC症例提示 臨床的に診断困難であった、真性多血症(PV)に合併したびまん性大細胞性B細胞性リンパ腫(DLBCL)の一例 病理と臨床. 2009.07; 27 (7): 669-673. ( 医中誌 )

  987. 上野 正紀, 宇田川 晴司, 木ノ下 義宏, 峯 真司, 江原 一尚, 春田 周宇介, 竹林 克士, 大橋 健一, 丸野 廣大. SNNSを応用した食道・胃接合部癌、Barrett食道癌に対する郭清範囲、手術術式の決定 日本消化器外科学会雑誌. 2009.07; 42 (7): 1090. ( 医中誌 )

  988. 鈴木 正則, 井下 尚子, 大橋 健一. 下垂体腺腫におけるパラフィン切片からの戻し電顕 医学生物学電子顕微鏡技術学会誌. 2009.07; 23 (1): 58. ( 医中誌 )

  989. 佐藤 孝之, 藤井 丈士, 矢野 哲也, 吉田 文子, 中山 大子, 大橋 健一. 体腔液中に腫瘍細胞が出現した皮膚原発悪性黒色腫の6例 日本臨床細胞学会雑誌. 2009.07; 48 (4): 187-191. ( 医中誌 )

  990. 角田 篤郎, 杉山 伸也, 川畑 雅照, 茂久田 翔, 住田 圭一, 芥田 憲夫, 熊田 博光, 藤井 丈士, 大橋 健一. 肝細胞癌による中枢気道腔内転移(endotracheal/endobronchial metastasis)の1例 気管支学. 2009.07; 31 (4): 259. ( 医中誌 )

  991. 矢野 哲也, 藤井 丈士, 吉田 文子, 大橋 健一. 胸壁に発生した未分化形質細胞腫の1例 日本臨床細胞学会雑誌. 2009.07; 48 (4): 176-180. ( 医中誌 )

  992. 田中 毅, 木ノ下 義宏, 宇田川 晴司, 上野 正紀, 峯 真司, 江原 一尚, 春田 周宇介, 箕曲 真由美, 林 昌洋, 大橋 健一. 術前化学療法としてDCFを施行した進行食道癌4例の有効性と安全性についての検討 日本消化器外科学会雑誌. 2009.07; 42 (7): 1295. ( 医中誌 )

  993. 三浦 大周, 斎藤 陽子, 岩谷 胤生, 井下 尚子, 大橋 健一, 川端 英孝. 術前化学療法前後における腫瘍組織での各種molecular markerの変化について 日本乳癌学会総会プログラム抄録集. 2009.06; 17回 417. ( 医中誌 )

  994. 早見 典子, 乳原 善文, 山内 真之, 諏訪部 達也, 中西 昌平, 長谷川 詠子, 鵜沼 智, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 喜多島 出, 弘田 裕, 大橋 健一. 透析アミロイドーシスによる脊椎関節症からみたCAPDとHD症例の対比検討 日本透析医学会雑誌. 2009.05; 42 (Suppl.1): 508. ( 医中誌 )

  995. 住田 圭一, 乳原 善文, 星野 純一, 諏訪部 達也, 中西 昌平, 山内 真之, 早見 典子, 長谷川 詠子, 平松 里佳子, 村岡 和彦, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一. C型肝炎に合併した多彩な腎症についての検討 日本腎臓学会誌. 2009.04; 51 (3): 296. ( 医中誌 )

  996. 竹本 文美, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 鵜沼 智, 早見 典子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 中西 昌平, 乳原 善文, 大橋 健一, 高市 憲明. 偽性バーター症候群の臨床病理学的検討と腎予後 日本腎臓学会誌. 2009.04; 51 (3): 286. ( 医中誌 )

  997. 乳原 善文, 大橋 健一. 膜性増殖性糸球体腎炎(MPGN)の再検討 脾摘により病理像の改善7年後に悪性リンパ腫に進展したC型肝炎関連2型クリオグロブリン血症の一例 日本腎臓学会誌. 2009.04; 51 (3): 232. ( 医中誌 )

  998. 井上 雅文, 藤井 丈士, 大橋 健一, 原野 隆之, 富沢 賢治, 松田 正道, 橋本 雅司, 渡邉 五朗, 福里 利夫. 術前胆管細胞癌が疑われた硬化型肝細胞癌の1例 Liver Cancer. 2009.04; 15 (1): 15-22. ( 医中誌 )

  999. 大山 健一, 山田 正三, 福原 紀章, 田口 学, 竹下 章, 竹内 靖博, 井下 尚子, 大橋 健一, 佐野 壽昭. 術前オクトレオチド使用先端巨大症例における治療効果及び病理所見との相関についての解析 日本内分泌学会雑誌. 2009.04; 85 (1): 262. ( 医中誌 )

  1000. 長谷川 詠子, 星野 純一, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 中西 昌平, 鵜沼 智, 澤 直樹, 竹本 文美, 乳原 善文, 高市 憲明, 大橋 健一. 血液移植後の腎障害で異なる病理像を呈したTMA 2症例の検討 日本腎臓学会誌. 2009.04; 51 (3): 309. ( 医中誌 )

  1001. 平松 里佳子, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 中西 昌平, 山内 真之, 早見 典子, 村岡 和彦, 長谷川 詠子, 住田 圭一, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一. 膜性増殖性糸球体腎炎の検討 日本腎臓学会誌. 2009.04; 51 (3): 332. ( 医中誌 )

  1002. 早見 典子, 乳原 善文, 山内 真之, 諏訪部 達也, 中西 昌平, 長谷川 詠子, 鵜沼 智, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 喜多島 出, 弘田 裕, 大橋 健一. 透析アミロイドによる脊椎関節症からみたCAPDとHD症例の対比検討 日本腎臓学会誌. 2009.04; 51 (3): 317. ( 医中誌 )

  1003. 井上 雅文, 大田 泰徳, 日比谷 孝志, 黒田 陽子, 中山 大子, 井下 尚子, 藤井 丈士, 大橋 健一. Solitary necrotic nodule of the liverの4例 日本病理学会会誌. 2009.03; 98 (1): 353. ( 医中誌 )

  1004. 黒田 陽子, 日比谷 孝志, 井上 雅文, 中山 大子, 大田 泰徳, 井下 尚子, 藤井 丈士, 大橋 健一. 十二指腸表在性腫瘍に関する臨床病理学的検討 日本病理学会会誌. 2009.03; 98 (1): 267. ( 医中誌 )

  1005. 前田 大地, 太田 聡, 高澤 豊, 森 正也, 今村 哲夫, 大橋 健一, 深山 正久. 卵巣癌症例における卵管上皮内癌併存の頻度とその意義 卵管卵管采全割全包埋法による検討 日本病理学会会誌. 2009.03; 98 (1): 378. ( 医中誌 )

  1006. 日比谷 孝志, 大田 泰徳, 高木 伸介, 谷口 修一, 大橋 健一. 多発性骨髄腫の経過中にEpstein-Barr virus感染を認めた一例 日本病理学会会誌. 2009.03; 98 (1): 269. ( 医中誌 )

  1007. 佐藤 孝之, 藤井 丈士, 大田 泰徳, 松坂 恵介, 矢野 哲也, 吉田 文子, 大橋 健一. 肝穿刺吸引細胞診で原発推定困難であった肺多形癌(紡錘細胞癌)の1例 日本臨床細胞学会雑誌. 2009.03; 48 (Suppl.1): 255. ( 医中誌 )

  1008. 熊谷 有紗, 元井 亨, 大田 泰徳, 大石 泰史, 福本 誠二, 竹内 靖博, 福里 利夫, 大橋 健一. 腫瘍随伴症候群として骨軟化症を合併した間葉系腫瘍の細胞像 日本臨床細胞学会雑誌. 2009.03; 48 (Suppl.1): 318. ( 医中誌 )

  1009. 大田 泰徳, 矢野 哲也, 吉田 文子, 重政 善子, 遠藤 奈美江, 荒川 揚子, 大橋 健一. 血液系腫瘍におけるフローサイトメトリーを組み合わせた髄液細胞診の評価 日本臨床細胞学会雑誌. 2009.03; 48 (Suppl.1): 235. ( 医中誌 )

  1010. 井上 義彦, 大原 國章, 中山 大子, 大橋 健一, 橋本 隆. 若年者にみられた膝蓋部の紅色腫瘤 日本皮膚病理組織学会会誌. 2009.03; 24 (2): 61. ( 医中誌 )

  1011. 鮎澤 信宏, 乳原 善文, 住田 圭一, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 中西 昌平, 鵜沼 智, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 竹本 文美, 高市 憲明, 原 茂子, 大橋 健一. dense deposit diseaseの2症例 腎炎症例研究. 2009.02; 25 120-143. ( 医中誌 )

  1012. 福原 紀章, 大山 健一, 山田 正三, 井下 尚子, 大橋 健一, 田口 学, 竹下 彰, 竹内 靖博, 佐野 壽昭. Gangliocytomaを合併したGH産生下垂体腺腫の1例 日本内分泌学会雑誌. 2008.12; 84 (3): 836. ( 医中誌 )

  1013. 坂本 愛子, 乳原 善文, 小泉 優子, 諏訪部 達也, 中西 昌平, 澤 直樹, 星野 純一, 竹本 文美, 原 茂子, 高市 憲明, 大橋 健一, 谷口 修一, 本田 一穂. 腎生検所見から何を学ぶか 急速進行性腎炎様の臨床経過をとり、確定診断に腎生検が有用であった糸球体内限局型intravascular lymphomaの1例 腎と透析. 2008.12; 65 (6): 921-927. ( 医中誌 )

  1014. 原田 耕作, 宇木 章喜, 丸野 広大, 岡崎 篤, 大原 國章, 大橋 健一. 放射線治療を施行した血管芽細胞腫の3例 日本癌治療学会誌. 2008.10; 43 (2): 886. ( 医中誌 )

  1015. 藤井 丈士, 岸 一馬, 吉村 邦彦, 大橋 健一. 非小細胞肺癌におけるEGFR/KRAS遺伝子検査 臨床病理. 2008.10; 56 (補冊): 280. ( 医中誌 )

  1016. 幕内 梨恵, 三浦 大周, 井下 尚子, 大橋 健一, 川端 英孝. Capecitabine投与における主作用と副作用の関係 長期投与中の1例を元に検討 日本乳癌学会総会プログラム抄録集. 2008.09; 16回 574. ( 医中誌 )

  1017. 佐藤 孝之, 矢野 哲也, 藤井 丈士, 中山 大子, 吉田 文子, 大橋 健一. 体腔液中に腫瘍細胞が出現した悪性黒色腫の細胞学的検討 日本臨床細胞学会雑誌. 2008.09; 47 (Suppl.2): 564. ( 医中誌 )

  1018. 藤井 丈士, 吉田 文子, 大橋 健一. 体腔液中に腫瘍細胞が出現した非小細胞肺癌症例におけるEGFR/KRAS変異と細胞像 日本臨床細胞学会雑誌. 2008.09; 47 (Suppl.2): 576. ( 医中誌 )

  1019. 原田 耕作, 宇木 章喜, 丸野 広大, 岡崎 篤, 飯塚 敏郎, 矢作 直久, 井下 尚子, 大橋 健一. ESD施行早期食道癌でリンパ・血行性転移をきたした1例 The Kitakanto Medical Journal. 2008.08; 58 (3): 342. ( 医中誌 )

  1020. 野口 将彦, 大橋 健一, 中西 昌平, 竹本 文美, 丸井 祐二, 中村 道郎, 乳原 善文, 高市 憲明. 長期腹膜透析歴を有し、被嚢性腹膜硬化症、感染症を合併した一例 共済医報. 2008.08; 57 (3): 309-315. ( 医中誌 )

  1021. 花岡 裕, 的場 周一郎, 森山 仁, 横山 剛, 澤田 壽仁, 橋本 雅司, 宇田川 晴司, 渡邊 五朗, 大橋 健一. 当科における大腸原発腺扁平上皮癌5例の臨床病理学的検討 日本消化器外科学会雑誌. 2008.07; 41 (7): 1243. ( 医中誌 )

  1022. 山口 剛, 木ノ下 義宏, 飯塚 敏郎, 江原 一尚, 峯 真司, 上野 正紀, 堤 謙二, 宇田川 晴司, 大橋 健一. 消化器癌補助化学療法 食道・胃 食道癌術前化学療法における超音波内視鏡の効果判定と予後の比較 日本消化器外科学会雑誌. 2008.07; 41 (7): 1117. ( 医中誌 )

  1023. 上野 正紀, 宇田川 晴司, 堤 謙二, 木ノ下 義宏, 峰 真司, 江原 一尚, 山口 剛, 春田 周宇介, 矢作 直久, 大橋 健一. 食道・胃の早期癌の治療法選択の根拠と実際 食道表在癌の治療方針と成績 日本消化器外科学会雑誌. 2008.07; 41 (7): 1027. ( 医中誌 )

  1024. 鈴木 正則, 井下 尚子, 宮嶋 恵美子, 大橋 健一. アミロイド腎症における電顕観察 医学生物学電子顕微鏡技術学会誌. 2008.06; 22 (1): 66. ( 医中誌 )

  1025. 井下 尚子, 大橋 健一, 大山 健一, 山田 正三, 佐野 壽昭. 下垂体腺腫における被膜境界部の病理所見 日本内分泌学会雑誌. 2008.06; 84 (Suppl.): 117-119. ( 医中誌 )

  1026. 大山 健一, 山田 正三, 福原 紀章, 田中 健太郎, 田口 学, 竹下 章, 竹内 靖博, 井下 尚子, 大橋 健一, 佐野 壽昭. 若年発症成長ホルモン産生腫瘍の臨床像ならびに病理所見の解析 日本内分泌学会雑誌. 2008.06; 84 (Suppl.): 34-37. ( 医中誌 )

  1027. 竹下 彰, 田口 学, 小澤 安則, 竹内 靖博, 奥田 近夫, 大橋 健一, 佐野 壽昭, 大山 健一, 山田 正三. 著明な局所浸潤と肝転移をきたした難治性Cushing病に対するテモゾロミド治療の試み 日本内分泌学会雑誌. 2008.06; 84 (Suppl.): 106-109. ( 医中誌 )

  1028. 井下 尚子, 大橋 健一. 【癌の治療効果と病理組織診断】食道癌の治療効果判定と病理組織学的変化 病理と臨床. 2008.05; 26 (5): 454-458. ( 医中誌 )

  1029. 石綿 一哉, 大田 泰徳, 長谷川 詠子, 高木 伸介, 和気 敦, 大橋 健一, 谷口 修一. 初診時にCD5(-)、再発時にCD5(+)であった濾胞性リンパ腫の一例 日本リンパ網内系学会会誌. 2008.05; 48 74. ( 医中誌 )

  1030. 福原 紀章, 大山 健一, 井下 尚子, 田口 学, 竹下 章, 竹内 靖博, 大橋 健一, 臼井 雅昭, 山田 正三. 病理学的に診断困難であった鞍上部腫瘍の一例 Brain Tumor Pathology. 2008.05; 25 (Suppl.): 68. ( 医中誌 )

  1031. 藤崎 章子, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 比嘉 康志, 中西 昌平, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 丸井 祐二, 中村 道朗, 冨川 伸二, 大橋 健一, 西 忠博, 高市 憲明. 長期維持透析患者において不明熱にて発症し急速進行性の増悪を来した肉腫様明細胞型腎細胞癌の一例 日本透析医学会雑誌. 2008.05; 41 (Suppl.1): 731. ( 医中誌 )

  1032. 星野 純一, 乳原 善文, 澤 直樹, 諏訪部 達也, 比嘉 康志, 中西 昌平, 香取 秀幸, 竹本 文美, 大橋 健一, 高市 憲明. ALアミロイドーシスにおけるアミロイド沈着部位とネフローゼ症候群の関係について 日本腎臓学会誌. 2008.04; 50 (3): 295. ( 医中誌 )

  1033. 澤 直樹, 乳原 善文, 香取 秀幸, 星野 純一, 諏訪部 達也, 竹本 文美, 大橋 健一, 高市 憲明. IgA腎症の病理組織評価における超音波パルスドップラー法の有用性の検討 日本腎臓学会誌. 2008.04; 50 (3): 255. ( 医中誌 )

  1034. 大橋 健一. 【外科病理マニュアル】総論 病理検査室のリスクマネージメント 病理と臨床. 2008.04; 26 (臨増): 42-46. ( 医中誌 )

  1035. 矢野 哲也, 井下 尚子, 府川 孝子, 中村 信之, 飯島 衛, 大橋 健一. 下垂体腺腫における術中迅速捺印細胞像の検討 医学検査. 2008.04; 57 (4): 578. ( 医中誌 )

  1036. 平松 里佳子, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 諏訪部 達也, 比嘉 康志, 中西 昌平, 乳原 善文, 竹本 文美, 原 茂子, 大橋 健一, 高市 憲明. 全身性ALアミロイドーシスの診断における随時尿/24時間蛋白定量比の意義 日本腎臓学会誌. 2008.04; 50 (3): 373. ( 医中誌 )

  1037. 野中 香苗, 乳原 義文, 中西 昌平, 比嘉 康志, 諏訪部 達也, 大野 弘毅, 森 英里, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 高市 憲明, 原 茂子, 大橋 健一. 悪性腎硬化症の検討 日本腎臓学会誌. 2008.04; 50 (3): 358. ( 医中誌 )

  1038. 竹本 文美, 香取 秀幸, 澤 直樹, 星野 純一, 大野 弘毅, 諏訪部 達也, 比嘉 康志, 中西 昌平, 乳原 善文, 原 茂子, 大橋 健一, 高市 憲明. 混合性結合組織病の腎病変 日本腎臓学会誌. 2008.04; 50 (3): 294. ( 医中誌 )

  1039. 森 英理, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 大野 弘毅, 比嘉 康志, 中西 昌平, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 大橋 健一, 高市 憲明. 特発性膜性腎症127症例の腎予後の検討 日本腎臓学会誌. 2008.04; 50 (3): 346. ( 医中誌 )

  1040. 中西 昌平, 乳原 善文, 大野 弘毅, 森 英理, 諏訪部 達也, 比嘉 康志, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 大橋 健一, 原 茂子, 高市 憲明. 紫斑病性腎炎28例における腎生検像の蛍光抗体法による検討 日本腎臓学会誌. 2008.04; 50 (3): 339. ( 医中誌 )

  1041. 諏訪部 達也, 乳原 善文, 比嘉 康志, 中西 昌平, 大野 弘毅, 森 英理, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 大橋 健一, 高市 憲明. 腎機能障害を伴うIgA腎症に対する扁摘パルス療法と従来の治療法との比較検討 日本腎臓学会誌. 2008.04; 50 (3): 278. ( 医中誌 )

  1042. 大橋 健一. 「ワンデイ・パソロジー」の現状と将来展望 保険適応の動向も含めて 長期導入病院から 日本病理学会会誌. 2008.03; 97 (1): 153. ( 医中誌 )

  1043. 野口 武俊, 岸 晶子, 大原 國章, 大橋 健一. 悪性黒色腫と悪性末梢神経鞘腫の鑑別が困難だった1例 日本皮膚病理組織学会会誌. 2008.03; 23 (2): 37. ( 医中誌 )

  1044. 平野 直樹, 宮田 義史, 三谷 年史, 櫻田 智也, 落合 康利, 林 武雅, 中村 仁紀, 菊池 大輔, 飯塚 敏郎, 布袋屋 修, 橋本 光代, 矢作 直久, 木ノ下 義宏, 宇田川 晴司, 大橋 健一. 早期胃癌術後4年目に残胃に認めたGISTの1例 日本消化器病学会雑誌. 2008.03; 105 (臨増総会): A355. ( 医中誌 )

  1045. 中山 大子, 野口 寛子, 大田 泰徳, 井下 尚子, 藤井 丈士, 大橋 健一. 皮膚原発malignant peripheral nerve sheath tumor(MPNST)が考えられた2例 日本病理学会会誌. 2008.03; 97 (1): 317. ( 医中誌 )

  1046. 宮田 義史, 飯塚 敏郎, 布袋屋 修, 橋本 光代, 矢作 直久, 横山 剛, 的場 周一郎, 澤田 壽仁, 大橋 健一. 直腸に毛髪を伴う隆起性病変として発見された直腸原発cystic teratomaの1例 日本消化器病学会雑誌. 2008.03; 105 (臨増総会): A207. ( 医中誌 )

  1047. 今村 綱男, 竹内 和男, 大橋 健一. 肝、胆道系、膵臓の細胞診 良悪・診断のキーポイント 肝胆膵の細胞診 膵管洗浄液細胞診による膵癌診断 日本臨床細胞学会雑誌. 2008.03; 47 (Suppl.1): 87. ( 医中誌 )

  1048. 矢野 哲也, 藤井 丈士, 元井 紀子, 荒川 揚子, 重政 善子, 遠藤 奈美江, 柴原 克美, 吉田 文子, 大橋 健一. 高度な炎症細胞浸潤と多核巨細胞の出現を伴った肺多形癌(巨細胞癌)の2例 日本臨床細胞学会雑誌. 2008.03; 47 (Suppl.1): 200. ( 医中誌 )

  1049. 大山 健一, 山田 正三, 福原 紀章, 甲賀 智之, 田口 学, 竹下 章, 竹内 靖博, 井下 尚子, 大橋 健一, 佐野 壽昭. 【内分泌病理学最近の進歩 2007】下垂体 甲状腺濾胞癌からの転移性下垂体腫瘍の一例 ホルモンと臨床. 2008.02; 56 (冬季増刊): 77-82. ( 医中誌 )

  1050. 小泉 優子, 乳原 善文, 田上 哲夫, 諏訪部 達也, 野村 和史, 比嘉 康志, 門口 啓, 竹下 雅子, 曽川 陽子, 澤 直樹, 星野 純一, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 高市 憲明, 大橋 健一. 急速進行性腎炎様の臨床経過をとり、確定診断に腎生検が有用であった糸球体内限局型intravascular lymphomaの一例 腎炎症例研究. 2008.02; 24 1-16. ( 医中誌 )

  1051. 中西 昌平, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 比嘉 康志, 大野 弘毅, 花村 菊乃, 曽川 陽子, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 高市 憲明, 原 茂子, 大橋 健一. 扁桃摘出術40年後にネフローゼ症候群として発症した末梢沈着型IgA腎症の一例 腎炎症例研究. 2008.02; 24 65-80. ( 医中誌 )

  1052. 大山 健一, 山田 正三, 福原 紀章, 田口 学, 竹下 章, 竹内 靖博, 井下 尚子, 大橋 健一, 佐野 壽昭. 若年発症成長ホルモン産生腫瘍の臨床像ならびに病理所見の解析 日本内分泌学会雑誌. 2007.12; 83 (3): 741. ( 医中誌 )

  1053. 大橋 健一. 透析アミロイドーシス 基礎研究から治療戦略Update 病理所見から見た透析アミロイドーシスの発症機序 日本透析医学会雑誌. 2007.12; 40 (12): 1026-1027. ( 医中誌 )

  1054. 高橋 剛, 木ノ下 義宏, 宇田川 晴司, 堤 謙二, 上野 正紀, 峯 真一, 江原 一尚, 山口 剛, 松田 正道, 横山 剛, 的場 周一郎, 橋本 雅司, 澤田 寿仁, 渡邊 五朗, 大橋 健一. 当院で経験した十二指腸カルチノイドの臨床病理学的検討 日本臨床外科学会雑誌. 2007.11; 68 (増刊): 727. ( 医中誌 )

  1055. 稲田 涼, 木ノ下 義宏, 宇田川 晴司, 堤 謙二, 上野 正紀, 峰 真司, 江原 一尚, 山口 剛, 橋本 雅司, 澤田 壽仁, 渡邊 五朗, 大橋 健一. 食道癌切除後遺残食道に発生したBarrett食道癌の一例 日本臨床外科学会雑誌. 2007.11; 68 (増刊): 1141. ( 医中誌 )

  1056. 堀 倫子, 中西 昌平, 乳原 善文, 比嘉 康志, 諏訪部 達也, 大野 弘毅, 花村 菊乃, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 中村 道郎, 冨川 伸二, 高市 憲明, 原 茂子, 大橋 健一. 血液透析導入後3年でVit D抵抗性副甲状腺機能亢進症となり、副腎癌と診断された糖尿病の1例 腎と骨代謝. 2007.10; 20 (4): 324-325. ( 医中誌 )

  1057. 藤井 丈士, 府川 孝子, 岸 一馬, 大橋 健一, 吉村 邦彦. 非小細胞肺癌におけるEGFR遺伝子変異と遺伝子増幅の解析 臨床化学. 2007.10; 36 (Suppl.2): 191. ( 医中誌 )

  1058. 田中 健太郎, 山田 正三, 福原 紀章, 大山 健一, 井下 尚子, 大橋 健一, 館野 透, 佐野 壽昭, 沖 隆. Combined supra-infrasellar approachにより摘出したsub-clinical Cushing diseaseの一例 日本内分泌学会雑誌. 2007.09; 83 (2): 650. ( 医中誌 )

  1059. 中山 大子, 井下 尚子, 大橋 健一, 中西 昌平, 高市 憲明, 乳原 善文. 原発性副甲状腺機能亢進症を呈した副甲状腺癌の2例 日本内分泌学会雑誌. 2007.09; 83 (2): 643. ( 医中誌 )

  1060. 矢野 哲也, 藤井 丈士, 荒川 揚子, 遠藤 奈美江, 柴原 克美, 重政 善子, 藤元 祐子, 吉田 文子, 大橋 健一. 反応性中皮細胞と悪性中皮腫の鑑別における免疫組織細胞学的検討 日本臨床細胞学会雑誌. 2007.09; 46 (Suppl.2): 593. ( 医中誌 )

  1061. 井下 尚子, 中山 大子, 野口 寛子, 大田 泰徳, 藤井 丈士, 大橋 健一, 山田 正三, 佐野 壽昭. 当院における下垂体疾患の病理診断 日本内分泌学会雑誌. 2007.09; 83 (2): 648. ( 医中誌 )

  1062. 福原 紀章, 大山 健一, 臼井 雅昭, 井下 尚子, 大田 泰徳, 大橋 健一, 佐野 壽昭, 山田 正三. 臨床的に下垂体腺腫と鑑別困難で病理診断に難渋した極めてまれなトルコ鞍部腫瘍の一例 日本内分泌学会雑誌. 2007.09; 83 (2): 649. ( 医中誌 )

  1063. 大山 健一, 山田 正三, 福原 紀章, 田中 健太郎, 田口 学, 竹下 章, 竹内 靖博, 井下 尚子, 大橋 健一, 佐野 壽昭. 若年発症成長ホルモン産生腫瘍の臨床像ならびに病理所見の解析 日本内分泌学会雑誌. 2007.09; 83 (2): 643. ( 医中誌 )

  1064. 高橋 康一, 乳原 善文, 中西 昌平, 比嘉 康志, 諏訪部 達也, 大野 弘毅, 花村 菊乃, 曽川 陽子, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 高市 憲明, 大橋 健一. 7年後に急速進行性の臨床経過をとったIgA腎症"予後良好群"の一例 日本腎臓学会誌. 2007.08; 49 (6): 603. ( 医中誌 )

  1065. 堀 倫子, 乳原 善文, 比嘉 康志, 中西 昌平, 諏訪部 達也, 花村 菊乃, 曽川 陽子, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 大橋 健一, 高市 憲明. IgA沈着を伴う微小変化型ネフローゼ症候群の一例 日本腎臓学会誌. 2007.08; 49 (6): 612. ( 医中誌 )

  1066. 大野 弘毅, 大橋 健一, 乳原 善文, 比嘉 康志, 中西 昌平, 諏訪部 達也, 花村 菊乃, 高市 憲明, 曽川 陽子, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 保坂 哲也, 原 茂子. IgA腎症に対する扁摘パルス療法中に発症した重症肝障害の一例 日本腎臓学会誌. 2007.08; 49 (6): 589. ( 医中誌 )

  1067. 山崎 修, 諏訪部 達也, 乳原 善文, 比嘉 康志, 中西 昌平, 曽川 陽子, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 高市 憲明, 原 茂子, 増岡 和宏, 大橋 健一. VADと高容量Melphalanと自己血末梢血幹細胞移植併用で尿蛋白の著明な改善を得た原発性Amyloidosisの一例 日本腎臓学会誌. 2007.08; 49 (6): 586. ( 医中誌 )

  1068. 花村 菊乃, 乳原 善文, 比嘉 康志, 中西 昌平, 諏訪部 達也, 大野 弘毅, 曽川 陽子, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 高市 憲明, 原 茂子, 大橋 健一. 原発性胆汁性肝硬変に合併した膜性腎症の一例 日本腎臓学会誌. 2007.08; 49 (6): 605. ( 医中誌 )

  1069. 野村 和史, 乳原 善文, 曽川 陽子, 諏訪部 達也, 比嘉 康志, 中西 昌平, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 大橋 健一, 高市 憲明. 多発性嚢胞腎の慢性嚢胞感染によると考えられた二次性AA型アミロイドーシスの一例 日本腎臓学会誌. 2007.08; 49 (6): 615. ( 医中誌 )

  1070. 中西 昌平, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 比嘉 康志, 大野 弘毅, 花村 菊乃, 曽川 陽子, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 大橋 健一, 高市 憲明. 扁桃摘出術40年後にネフローゼ症候群として発症した末梢沈着型IgA腎症の一例 日本腎臓学会誌. 2007.08; 49 (6): 583. ( 医中誌 )

  1071. 比嘉 康志, 乳原 善文, 花村 菊乃, 大野 弘毅, 諏訪部 達也, 中西 昌平, 曽川 陽子, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 大橋 健一, 高市 憲明. 糸球体のみに限局した沈着様式を示したIgG陽性AL(λ型)アミロイドーシスの一例 日本腎臓学会誌. 2007.08; 49 (6): 587. ( 医中誌 )

  1072. 星野 純一, 香取 秀幸, 澤 直樹, 曽川 陽子, 諏訪部 達也, 比嘉 康志, 中西 昌平, 乳原 善文, 竹本 文美, 谷口 修一, 大橋 健一, 高市 憲明. 組織学的改善が示唆された自己末梢血幹細胞移植後ALアミロイドーシスの一例 日本腎臓学会誌. 2007.08; 49 (6): 586. ( 医中誌 )

  1073. 長谷川 詠子, 星野 純一, 曽川 陽子, 諏訪部 達也, 比嘉 康志, 中西 昌平, 澤 直樹, 香取 秀幸, 乳原 善文, 竹本 文美, 内田 直之, 谷口 修一, 大橋 健一. 重症再生不良性貧血の同種移植後にTMA、蛋白尿を呈した1例 日本腎臓学会誌. 2007.08; 49 (6): 616. ( 医中誌 )

  1074. 大橋 健一. 【ESD時代の消化管病理診断】食道・胃接合部腺癌内視鏡切除検体の取り扱い 病理と臨床. 2007.07; 25 (7): 678-684. ( 医中誌 )

  1075. 星野 純一, 乳原 善文, 荻田 学, 香取 秀幸, 高市 憲明, 大橋 健一. 【腎疾患の血管病変】パラプロテイン血症に伴う腎血管病変 腎と透析. 2007.07; 63 (1): 55-61. ( 医中誌 )

  1076. 大山 健一, 山田 正三, 福原 紀章, 甲賀 智之, 田口 学, 竹下 章, 竹内 靖博, 井下 尚子, 大橋 健一, 佐野 壽昭. 甲状腺濾胞癌からの転移性下垂体腫瘍の一例 日本内分泌学会雑誌. 2007.06; 83 (Suppl.): 82-84. ( 医中誌 )

  1077. 大田 泰徳, 竹内 賢吾, 内田 直之, 谷口 修一, 大橋 健一. まれな組織像を呈した血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫の一例 日本リンパ網内系学会会誌. 2007.05; 47 93. ( 医中誌 )

  1078. 諏訪部 達也, 乳原 善文, 曽川 陽子, 比嘉 康志, 中西 昌平, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 大橋 健一, 高市 憲明. IgA腎症に対する扁摘パルス療法と古典的治療との比較検討 日本腎臓学会誌. 2007.04; 49 (3): 313. ( 医中誌 )

  1079. 渡部 ちづる, 中西 幸二, 大久保 実, 中村 圭吾, 森 保道, 石村 理英子, 井下 尚子, 大橋 健一. 同じ部位に繰り返されたインスリン注射により外因性ヒトインスリンによるアミロイド沈着の結節を呈した1症例 糖尿病. 2007.04; 50 (Suppl.1): S-149. ( 医中誌 )

  1080. 大橋 健一. 【診断に役立つ免疫組織化学】各臓器、疾患で用いられる抗体とその応用 食道 病理と臨床. 2007.03; 25 (臨増): 34-41. ( 医中誌 )

  1081. 菊池 康華, 藤井 丈士, 矢野 哲也, 荒川 揚子, 遠藤 奈美江, 松原 好美, 島田 洋子, 吉田 文子, 大橋 健一. 慢性肺コクシジオイデス症の1例 日本臨床細胞学会雑誌. 2007.03; 46 (Suppl.1): 228. ( 医中誌 )

  1082. 乳原 善文, 香取 秀幸, 曽川 陽子, 野村 和史, 高市 憲明, 大橋 健一. 【アミロイドーシスの診療up to date】腎アミロイドーシスの診断と治療 腎と透析. 2007.02; 62 (2): 231-241. ( 医中誌 )

  1083. 野口 寛子, 藤井 丈士, 井下 尚子, 大田 泰徳, 中山 大子, 松坂 恵介, 大橋 健一. コレステロール塞栓症 日本病理学会会誌. 2007.02; 96 (1): 301. ( 医中誌 )

  1084. 井下 尚子, 田中 道雄, 藤井 丈士, 大橋 健一. 劇症型心筋炎の1剖検例と、心筋炎後拡張型心筋症と考えられた1剖検例 日本病理学会会誌. 2007.02; 96 (1): 326. ( 医中誌 )

  1085. 中山 大子, 松坂 恵介, 野口 寛子, 大田 泰徳, 井下 尚子, 藤井 丈士, 大橋 健一. 子宮内膜症から発生したendometrial stromal sarcomaの1例 日本病理学会会誌. 2007.02; 96 (1): 256. ( 医中誌 )

  1086. 松坂 恵介, 野口 寛子, 中山 大子, 大田 泰徳, 井下 尚子, 久保 起与子, 藤井 丈士, 大橋 健一. 食道・気管部の先天性奇形に発生した扁平上皮癌の一例 日本病理学会会誌. 2007.02; 96 (1): 247. ( 医中誌 )

  1087. 津堅 美貴子, 森山 佐知子, 山本 るみ, 土井 妃代, 堀口 慎一郎, 比島 恒和, 大橋 健一, 船田 信顕, 尾崎 喜一, 若林 晶, 水谷 勝美. 多彩な組織像を示す卵巣腫瘍の1例 奇形腫を背景として発生したと考えられる粘液性嚢胞性腫瘍およびカルチノイド腫瘍合併例 診断病理. 2007.01; 24 (1): 110-114. ( 医中誌 )

  1088. 吉村 まどか, 椎尾 康, 早川 幹人, 小島 進, 高木 昭夫, 大橋 健一, 中瀬 浩史. dropped head syndromeの臨床・病理学的背景 臨床神経学. 2006.12; 46 (12): 989. ( 医中誌 )

  1089. 大山 健一, 山田 正三, 福原 紀章, 田口 学, 竹下 章, 竹内 靖博, 井下 尚子, 大橋 健一, 佐野 壽昭. 甲状腺濾胞癌からの転移性下垂体腫瘍の一例 日本内分泌学会雑誌. 2006.12; 82 (3): 666. ( 医中誌 )

  1090. 野口 寛子, 新谷 裕加子, 大田 泰徳, 井下 尚子, 藤井 丈士, 大橋 健一, 松田 正道, 渡邊 五朗, 福島 純一, 福里 利夫. 肉芽腫性膵炎の1例 診断病理. 2006.10; 23 (4): 274-276. ( 医中誌 )

  1091. 戸田 重夫, 的場 周一郎, 森山 仁, 横山 剛, 澤田 寿仁, 江原 一尚, 峯 真司, 上野 正紀, 木ノ下 義宏, 堤 謙二, 橋本 雅司, 宇田川 晴司, 渡辺 五朗, 井下 尚子, 大橋 健一. 腹腔鏡が診断と治療に有用であった小腸GISTの1例 日本臨床外科学会雑誌. 2006.10; 67 (増刊): 784. ( 医中誌 )

  1092. 大山 健一, 山田 正三, 福原 紀章, 甲賀 智之, 田口 学, 竹下 章, 竹内 靖博, 井下 尚子, 大橋 健一, 佐野 壽昭. 甲状腺濾胞癌からの転移性下垂体腫瘍の一例 日本内分泌学会雑誌. 2006.09; 82 (2): 562. ( 医中誌 )

  1093. 矢野 哲也, 藤井 丈士, 野口 寛子, 島田 洋子, 遠藤 奈美江, 松原 好美, 荒川 揚子, 吉田 文子, 大橋 健一. 胸壁に発生した退形成性形質細胞腫の1例 日本臨床細胞学会雑誌. 2006.09; 45 (Suppl.2): 530. ( 医中誌 )

  1094. 諏訪部 達也, 乳原 善文, 曽川 陽子, 比嘉 康志, 野村 和史, 中西 昌平, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 大橋 健一, 高市 憲明. NSAIDsによるネフローゼを発症した高齢患者の1例 日本腎臓学会誌. 2006.08; 48 (6): 607. ( 医中誌 )

  1095. 野村 和史, 乳原 善文, 中西 昌平, 比嘉 康志, 諏訪部 達也, 曽川 陽子, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 井下 尚子, 大橋 健一, 高市 憲明. 保存期腎不全に発見された高度の副甲状腺機能亢進症の一例 日本腎臓学会誌. 2006.08; 48 (6): 609. ( 医中誌 )

  1096. 香川 享, 荻田 学, 乳原 善文, 比嘉 康志, 諏訪部 達也, 野村 和文, 曽川 陽子, 中西 昌平, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 高市 憲明, 原 茂子, 大橋 健一. 小葉間動脈から弓状動脈にかけての血管炎が急速進行性糸球体腎炎の原因と考えられた抗GBM抗体腎炎の一例 日本腎臓学会誌. 2006.08; 48 (6): 603. ( 医中誌 )

  1097. 小泉 優子, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 野村 和史, 中西 昌平, 比嘉 康志, 曽川 陽子, 澤 直樹, 星野 純一, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 高市 憲明, 大橋 健一. 急速進行性腎炎様の臨床経過をとり,確定診断に腎生検が有用であったintravascular lymphomaの一例 日本腎臓学会誌. 2006.08; 48 (6): 629. ( 医中誌 )

  1098. 曽川 陽子, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 野村 和史, 比嘉 康志, 中西 昌平, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 高市 憲明, 原 茂子, 冨川 伸二, 大橋 健一. 生体腎移植を行ったFechtner症候群の一症例 日本腎臓学会誌. 2006.08; 48 (6): 627. ( 医中誌 )

  1099. 星野 純一, 澤 直樹, 曽川 陽子, 諏訪部 達也, 野村 和史, 比嘉 康志, 中西 昌平, 香取 秀幸, 乳原 善文, 竹本 文美, 土肥 智貴, 大橋 健一, 高市 憲明. 著明な悪性高血圧症にヒト心房性Na利尿ペプチド製剤(hANP)が有効であった一例 日本腎臓学会誌. 2006.08; 48 (6): 597. ( 医中誌 )

  1100. 中西 昌平, 乳原 善文, 曽川 陽子, 諏訪部 達也, 野村 和史, 星野 純一, 比嘉 康志, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 原 重雄, 大橋 健一, 高市 憲明. 造影剤腎症によると考えられた尿細管間質性腎炎の一例 日本腎臓学会誌. 2006.08; 48 (6): 616. ( 医中誌 )

  1101. 竹下 雅子, 乳原 善文, 比嘉 康志, 諏訪部 達也, 野村 和史, 門口 啓, 田上 哲夫, 曽川 陽子, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 高市 憲明, 横山 剛, 原 茂子, 大橋 健一. 難治性非穿孔性S状結腸憩室炎を合併し外科的治療を要した長期透析患者の一例 日本腎臓学会誌. 2006.08; 48 (6): 610. ( 医中誌 )

  1102. 比嘉 康志, 乳原 善文, 澤 直樹, 田上 哲夫, 星野 純一, 諏訪部 達也, 門口 啓, 神保 ゆか, 香取 秀幸, 竹本 文美, 高市 憲明, 原 茂子, 大橋 健一. 【酸塩基平衡】高度の骨軟化症を呈したFanconi症候群の1症例 臨床体液. 2006.07; 33 25-30. ( 医中誌 )

  1103. 福原 紀章, 大山 健一, 臼井 雅昭, 大橋 健一, 佐野 壽昭, 山田 正三. 卵巣腫大を伴うFSH産生下垂体腺腫の1例 日本内分泌学会雑誌. 2006.06; 82 (Suppl.): 117-119. ( 医中誌 )

  1104. 福原 紀章, 越智 崇, 甲賀 智之, 中冨 浩文, 臼井 雅昭, 大山 健一, 山田 正三, 藤井 丈士, 大橋 健一. 組織型の確定しない悪性神経膠腫の1例 Brain Tumor Pathology. 2006.06; 23 (Suppl.): 64. ( 医中誌 )

  1105. 竹下 彰, 田口 学, 小澤 安則, 竹内 靖博, 佐野 壽昭, 奥田 近夫, 元井 紀子, 大橋 健一, 大山 健一, 山田 正三. 肝転移をきたしたCrooke's cell carcinomaによるCushing病の一例 日本内分泌学会雑誌. 2006.06; 82 (Suppl.): 96-99. ( 医中誌 )

  1106. 野村 和史, 乳原 善文, 門口 啓, 竹下 雅子, 諏訪部 達也, 比嘉 康志, 田上 哲夫, 澤 直樹, 星野 純一, 香取 秀幸, 竹本 文美, 西村 博昭, 中村 道郎, 冨川 伸二, 原 茂子, 大橋 健一, 高市 憲明. フェナセチン長期使用後に尿細管間質性腎炎を引き起こし多発性腎細胞癌を発症した1例 日本透析医学会雑誌. 2006.05; 39 (Suppl.1): 978. ( 医中誌 )

  1107. 曽川 陽子, 原 茂子, 乳原 善文, 諏訪部 達也, 比嘉 康志, 星野 純一, 澤 直樹, 田上 哲夫, 香取 秀幸, 竹本 文美, 高市 憲明, 原 重雄, 大橋 健一. 維持血液透析例における主要臓器の鉄沈着分布について 日本透析医学会雑誌. 2006.05; 39 (Suppl.1): 653. ( 医中誌 )

  1108. 野村 和史, 乳原 善文, 門口 啓, 竹下 雅子, 諏訪部 達也, 比嘉 康志, 田上 哲夫, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 大橋 健一, 高市 憲明. MPO-ANCA関連半月体形成性腎炎はpauci-immuneなのか? 日本腎臓学会誌. 2006.04; 48 (3): 285. ( 医中誌 )

  1109. 乳原 善文, 香取 秀幸, 星野 純一, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一. 急性腎不全の現状と課題 コレステロール塞栓症 日本腎臓学会誌. 2006.04; 48 (3): 159. ( 医中誌 )

  1110. 新谷 裕加子, 大田 泰徳, 野口 寛子, 井下 尚子, 藤井 丈士, 大橋 健一. 治療による改善を組織学的に確認できたLight chain deposition diseaseの一例 日本病理学会会誌. 2006.04; 95 (1): 256. ( 医中誌 )

  1111. 大橋 健一. 病理科標榜の現状と問題点 病理標榜科の問題点,一般病院の立場から 日本病理学会会誌. 2006.04; 95 (1): 160. ( 医中誌 )

  1112. 野口 寛子, 新谷 裕加子, 大田 泰徳, 井下 尚子, 藤井 丈士, 大橋 健一, 福里 利夫. 肉芽腫性膵炎(granulomatous pancreatitis)の一例 日本病理学会会誌. 2006.04; 95 (1): 374. ( 医中誌 )

  1113. 諏訪部 達也, 乳原 善文, 田上 哲夫, 比嘉 康志, 門口 啓, 野村 和史, 曽川 陽子, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 大橋 健一, 原 茂子, 高市 憲明. 腎機能障害を伴うIgA腎症に対する扁摘パルス療法 日本腎臓学会誌. 2006.04; 48 (3): 180. ( 医中誌 )

  1114. 上野 正紀, 宇田川 晴司, 堤 謙二, 木ノ下 義宏, 峯 真司, 江原 一尚, 矢作 直久, 大橋 健一, 鶴丸 昌彦. 食道表在癌の治療方針 食道温存治療の可能性 外科治療. 2006.04; 94 (4): 746-750. ( 医中誌 )

  1115. 後藤 耕司, 古屋 智, 小笠原 加奈子, 高本 真弥, 山口 隆, 東梅 久子, 横尾 郁子, 伊豆田 誠人, 北川 浩明, 井下 尚子, 大橋 健一. 卵巣に発生した甲状腺腫性カルチノイドの1例 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌. 2006.03; 55 (1): 58-62. ( 医中誌 )

  1116. 竹本 文美, 神保 りか, 曽川 陽子, 諏訪部 達也, 門口 啓, 香川 亨, 竹下 雅子, 野村 和史, 比嘉 康志, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 乳原 善文, 原 茂子, 大橋 健一, 高市 憲明. 抗リン脂質抗体症候群/混合性結合組織病とオーバーラップ症候群 混合性結合組織病の腎病変 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2006.03; 50回・15回 205. ( 医中誌 )

  1117. 矢野 哲也, 藤井 丈士, 野口 寛子, 荒川 揚子, 柴原 克美, 松原 好美, 島田 洋子, 吉田 文子, 元井 紀子, 大橋 健一. 肺胞上皮置換性進展を示した悪性中皮腫の1例 日本臨床細胞学会雑誌. 2006.03; 45 (Suppl.1): 249. ( 医中誌 )

  1118. 荻田 学, 乳原 善文, 田上 哲夫, 諏訪部 達也, 野村 和史, 門口 啓, 神保 りか, 比嘉 康志, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 高市 憲明, 原 重雄, 大橋 健一, 原 茂子, 鈴木 好夫. 25年間極めて緩徐な臨床経過中悪性高血圧を合併し急速に腎不全に至ったIgA腎症の1例 腎炎症例研究. 2006.02; 22 79-94. ( 医中誌 )

  1119. 大橋 健一. 【Barrett食道の最新診療】Barrett食道をどう診断するか 病理学的診断 消化器の臨床. 2006.02; 9 (1): 50-55. ( 医中誌 )

  1120. 松嵜 理登, 仲野 正博, 小松 秀樹, 大橋 健一. 大動脈を合併切除した精巣腫瘍,化学療法後の残存腫瘍摘除術の1例 泌尿器科紀要. 2005.12; 51 (12): 831-834. ( 医中誌 )

  1121. 根本 哲生, 河内 洋, 遠藤 純子, 門馬 久美子, 出江 洋介, 大橋 健一. 口腔・咽頭癌を合併する食道癌の病理学的検討 日本癌学会総会記事. 2005.09; 64回 120-121. ( 医中誌 )

  1122. 荻田 学, 乳原 善文, 田上 哲夫, 諏訪部 達也, 野村 和史, 門口 啓, 神保 りか, 比嘉 康志, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 重雄, 大橋 健一, 原 茂子, 鈴木 好夫, 高市 憲明. 25年間極めて緩徐な臨床経過中TMAを合併し急速に腎不全となったIgA腎症の1例 日本腎臓学会誌. 2005.08; 47 (6): 747. ( 医中誌 )

  1123. 神保 りか, 乳原 善文, 田上 哲夫, 比嘉 康志, 諏訪部 達也, 野村 和史, 門口 啓, 星野 純一, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 原 重雄, 大橋 健一, 高市 憲明. IgA腎症を合併した小児発症型ANCA関連腎炎の1例 日本腎臓学会誌. 2005.08; 47 (6): 718. ( 医中誌 )

  1124. 野村 和史, 乳原 善文, 田上 哲夫, 諏訪部 達也, 門口 啓, 神保 りか, 星野 純一, 澤 直樹, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 井下 尚子, 大橋 健一, 高市 憲明. MPO-ANCA関連腎炎に腫瘍随伴血球貪食候群(HPS)を合併した一例 日本腎臓学会誌. 2005.08; 47 (6): 708. ( 医中誌 )

  1125. 曽川 陽子, 香取 秀幸, 星野 純一, 澤 直樹, 諏訪部 達也, 田上 哲夫, 乳原 善文, 竹本 文美, 高市 憲明, 大橋 健一. 同種骨髄及び末梢血幹細胞移植後に膜性腎症を発症した悪性リンパ腫の2例 日本腎臓学会誌. 2005.08; 47 (6): 713. ( 医中誌 )

  1126. 比嘉 康志, 乳原 善文, 田上 哲夫, 澤 直樹, 荻田 学, 諏訪部 達也, 星野 純一, 香取 秀幸, 竹本 文美, 原 茂子, 相田 久美, 原 重雄, 大橋 健一, 高市 憲明. 結節性多発動脈炎(PN)発症20年後に紫斑病腎症を認めたpolyangiitis overlap syndromeの1例 日本腎臓学会誌. 2005.08; 47 (6): 721. ( 医中誌 )

  1127. 後藤 耕司, 星野 純一, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 田上 哲夫, 香取 秀幸, 乳原 善文, 竹本 文美, 大橋 健一, 原 茂子, 高市 憲明. 腎門部に限局性腫瘤を形成し後腹膜線維症と考えられた1例 日本腎臓学会誌. 2005.08; 47 (6): 717. ( 医中誌 )

  1128. 佐藤 悠子, 山口 浩和, 竹下 勇太郎, 比企 直樹, 真船 健一, 上西 紀夫, 角嶋 直美, 藤城 光弘, 矢作 直久, 大橋 健一, 深山 正久, 野口 三四郎. Short segment Barrett's esophagusから発生した早期Barrett食道癌の一例 Progress of Digestive Endoscopy. 2005.06; 67 (1): 65. ( 医中誌 )

  1129. 吉見 真弓, 浅井 隆司, 黒川 峰夫, 神田 善伸, 伊豆津 宏二, 大田 泰徳, 大橋 健一, 千葉 滋, 本倉 徹. 急性骨髄性白血病に対する同種骨髄移植後,診断困難な難治性肝障害で死亡した1剖検例 日本内科学会関東地方会. 2005.05; 526回 32. ( 医中誌 )

  1130. 大橋 健一. 透析アミロイドーシス 基礎研究から治療戦略Update 病理組織学的所見からみた透析アミロイドーシス発症進展機序 日本透析医学会雑誌. 2005.05; 38 (Suppl.1): 601. ( 医中誌 )

  1131. 大橋 健一, 金子 伸行, 深山 正久. Xpressを用いた手術材料の迅速な標本作製の試み 日本病理学会会誌. 2005.03; 94 (1): 378. ( 医中誌 )

  1132. 菱沼 美千代, 柴原 純二, 宇於崎 宏, 大橋 健一, 深山 正久. 大動脈壁に結晶の沈着を伴ったクリスタルグロブリン血症の一例 日本病理学会会誌. 2005.03; 94 (1): 381. ( 医中誌 )

  1133. 菱沼 美千代, 山内 直子, 大橋 健一, 油谷 浩幸, 深山 正久. 抗Glypican-3抗体を用いた高分化型肝細胞癌の生検診断 日本病理学会会誌. 2005.03; 94 (1): 343. ( 医中誌 )

  1134. 池村 雅子, 牛久 哲男, 鹿島 健司, 清水 誠一郎, 菅原 寧彦, 大橋 健一, 幕内 雅敏, 深山 正久. 肝不全を来たし生体肝移植術が施行されたPolycystic liverの一例 日本病理学会会誌. 2005.03; 94 (1): 341. ( 医中誌 )

  1135. 森川 鉄平, 後藤 明輝, 大橋 健一, 冨田 京一, 北村 唯一, 深山 正久. 腺癌類似の上皮成分増殖を伴う前立腺epithelial-stromal tumor(phyllodes tumor)の2例 日本病理学会会誌. 2005.03; 94 (1): 309. ( 医中誌 )

  1136. 大橋 健一. 【臨床検査Yearbook 2005 未来志向型病理 病理検査の迅速性・安全性・将来性に向けて】病理技術の安全性 リスクマネージメント 東京大学病院病理部の対策 臨床病理レビュー. 2005.01; (132): 141-145. ( 医中誌 )

  1137. 金子 伸行, 大橋 健一, 深山 正久. 【臨床検査Yearbook 2005 未来志向型病理 病理検査の迅速性・安全性・将来性に向けて】病理検査・診断の迅速化 迅速な病理診断システムと標本作製過程 臨床病理レビュー. 2005.01; (132): 6-16. ( 医中誌 )

  1138. 大橋 健一. 【がん診断と治療の新方向 医療機器の果たす役割】迅速病理診断のための新しい技術とその応用 医科器械学. 2004.12; 74 (12): 765-770. ( 医中誌 )

  1139. 大橋 健一. 臨床医のための病理学Q&A 病理診断の迅速化 現代医療. 2004.12; 36 (12): 2513-2516. ( 医中誌 )

  1140. 大橋 健一. 臨床医のための病理学Q&A 生体肝移植の病理 現代医療. 2004.11; 36 (11): 2313-2316. ( 医中誌 )

  1141. 大橋 健一, 菊地 芳直, 深山 正久, 油谷 浩幸. 頭頸部原発扁平上皮癌におけるAldo-keto reductase family protein AKR1B10の発現 日本癌学会総会記事. 2004.09; 63回 371. ( 医中誌 )

  1142. 伊藤 栄作, 滝澤 登一郎, 小林 大輔, 小池 盛雄, 河野 辰幸, 河内 洋, 船田 信顕, 門馬 久美子, 出江 洋介, 吉田 操, 武村 民子, 大橋 健一. 【Barrett食道癌 表在癌の境界・深達度診断】Barrett食道癌の境界を読む 範囲と深達度 病理の立場から 胃と腸. 2004.08; 39 (9): 1287-1296. ( 医中誌 )

  1143. 大橋 健一. 【胃・食道接合部癌の問題点】胃・食道接合部に発生する早期腺癌の病理形態像について 病理と臨床. 2004.06; 22 (6): 563-568. ( 医中誌 )

  1144. 下山 省二, 今村 和広, 片山 原子, 比企 直樹, 清水 伸幸, 山口 浩和, 真船 健一, 元井 亨, 大橋 健一, 上西 紀夫. 低用量Irinotecan Hydrochloride/Cisplatinにより腹膜播種陰性となり根治手術が可能となった進行胃癌の1例 癌と化学療法. 2004.06; 31 (6): 929-932. ( 医中誌 )

  1145. 井上 盛浩, 辻野 志穂, 正田 絵里子, 伊豆津 宏二, 半下石 明, 神田 善伸, 黒川 峰夫, 千葉 滋, 本倉 徹, 大橋 健一. 後腹膜の髄外造血と子宮筋腫内血管腫様変化を認めたCrow-Fukase症候群の1剖検例 日本内科学会関東地方会. 2004.06; 518回 33. ( 医中誌 )

  1146. 上田 哲也, 岡 大嗣, 吉川 朱実, 野崎 浩二, 久保田 啓介, 今村 和広, 比企 直樹, 清水 伸幸, 山口 浩和, 下山 省二, 真船 健一, 上西 紀夫, 矢作 直久, 藤城 光弘, 今川 敦, 大橋 健一. 診断に苦慮した胃collision carcinomaの一例 Progress of Digestive Endoscopy. 2004.06; 65 (1): 97. ( 医中誌 )

  1147. 菊地 良直, 元井 亨, 河辺 絵里, 岡崎 睦, 大橋 健一, 深山 正久. Ectopic hamartomatous thymomaの1例 日本病理学会会誌. 2004.05; 93 (1): 379. ( 医中誌 )

  1148. 中村 裕也, 神田 英一郎, 木田 雄二郎, 鈴木 一恵, 安藤 稔, 根本 哲生, 大橋 健一, 齊藤 博. MPO-ANCA関連RPGN(急速進行性糸球体腎炎)における透析導入例と非導入例の治療開始時血清クレアチニン値とクレアチニン上昇率の比較 日本透析医学会雑誌. 2004.05; 37 (Suppl.1): 737. ( 医中誌 )

  1149. 大橋 健一, 金子 伸行, 深山 正久. 東大病院におけるSame Day Diagnosisの試み 日本病理学会会誌. 2004.05; 93 (1): 319. ( 医中誌 )

  1150. 元井 亨, 石田 剛, 河戸 亜弥子, 白田 勝利, 川上 明子, 小林 希, 園部 宏, 大橋 健一, 深山 正久. 染色体転座と疾患 cDNAマクロアレイによる新規肉腫診断法の開発とEWS関連腫瘍への応用 日本病理学会会誌. 2004.05; 93 (1): 190. ( 医中誌 )

  1151. 山内 直子, 渡辺 亮, 菱沼 美千代, 大橋 健一, 森下 保幸, 仁木 利郎, 森 正也, 緑川 泰, 幕内 雅敏, 筆宝 義隆, 油谷 浩幸, 深山 正久. 肝細胞癌の組織診断マーカー GPC3の免疫組織化学的検討 日本病理学会会誌. 2004.05; 93 (1): 324. ( 医中誌 )

  1152. 菱沼 美千代, 山内 直子, 大橋 健一, 深山 正久, 油谷 浩幸. 胃癌におけるglypican-3の発現 日本病理学会会誌. 2004.05; 93 (1): 262. ( 医中誌 )

  1153. 海田 勝仁, 正田 絵里子, 千葉 滋, 本倉 徹, 永井 良三, 山口 正雄, 吉田 朗彦, 大橋 健一. 好酸球増多症精査中に心肺停止した1例 日本内科学会関東地方会. 2004.02; 515回 19. ( 医中誌 )

  1154. 阿部 克己, 鎌田 憲子, 大橋 健一, 船田 信顕, 田中 智香子, 酒井 文和, 小須田 茂, 草野 正一. 【胸部の最新画像情報 2004】肺の小さなすりガラス様陰影が腺癌に進展した2例 臨床放射線. 2004.01; 49 (1): 199-203. ( 医中誌 )

  1155. 小林 大輔, 滝澤 登一郎, 河野 辰幸, 大橋 健一. 【粘膜下腫瘍様の形態を示した消化管癌】粘膜下腫瘍様形態を示した食道癌 病理学的特徴 胃と腸. 2003.10; 38 (11): 1496-1504. ( 医中誌 )

  1156. 木田 雄二郎, 神田 英一郎, 鈴木 一恵, 安藤 稔, 大橋 健一, 齊藤 博. クリオグロブリン血症を伴い,ステロイドが奏効したHCV陰性の膜性増殖性腎炎の一例 日本腎臓学会誌. 2003.08; 45 (6): 553. ( 医中誌 )

  1157. 奥津 理恵, 岩川 賀世, 藤井 徹郎, 西村 滋子, 末永 松彦, 川原 穣, 蕨 雅大, 大橋 健一. ホジキン病に合併した膜増殖性腎炎(MPGN)の一例 日本腎臓学会誌. 2003.08; 45 (6): 558. ( 医中誌 )

  1158. 末永 松彦, 岩川 賀世, 奥津 理恵, 藤井 徹郎, 浅野 謙一, 川原 穣, 蕨 雅大, 大橋 健一. 強皮症(CREST症候群)にともなったネフローゼ症候群の1例 日本腎臓学会誌. 2003.08; 45 (6): 555. ( 医中誌 )

  1159. 小池 昇, 小川 真澄, 桐谷 寿子, 高橋 佐和子, 大橋 健一, 船田 信顕. 膀胱移行上皮癌micropapillary variantの2例 日本臨床細胞学会雑誌. 2003.07; 42 (4): 301-305. ( 医中誌 )

  1160. 木田 雄二郎, 山口 憲児, 鈴木 一恵, 西沢 美里, 石井 利英, 大橋 健一, 篠原 充, 長谷川 潤, 斉藤 博. 結節性硬化症に腎細胞癌と慢性腎不全を合併し,血液透析導入となった1例 日本透析医学会雑誌. 2003.05; 36 (Suppl.1): 1012. ( 医中誌 )

  1161. 木田 雄二郎, 山口 憲児, 鈴木 一恵, 大橋 健一, 篠原 充, 齊藤 博. 結節性硬化症に腎細胞癌と慢性腎不全を合併した一例 日本内科学会関東地方会. 2003.05; 508回 33. ( 医中誌 )

  1162. 土井 貴司, 比島 恒和, 加藤 洋人, 山本 るみ, 土井 妃代, 藤原 崇, 津堅 美貴子, 瀧本 峰洋, 堀口 慎一郎, 森山 佐知子, 大橋 健一, 船田 信顕. Adenoid cystic patternを示す甲状腺腫瘍の一例 日本病理学会会誌. 2003.04; 92 (1): 272. ( 医中誌 )

  1163. 堀口 慎一郎, 滝澤 登一郎, 船田 信顕, 比島 恒和, 大橋 健一, 荒川 丈夫, 門馬 久美子, 岩崎 善毅, 荒井 邦佳. 【胃型早期胃癌の病理学的特徴と臨床像 分化型癌を中心に】粘膜内癌と診断されて内視鏡的に切除されたsm癌で,追加治療によりリンパ節転移が確認された胃型の分化型腺癌の2症例 胃と腸. 2003.04; 38 (5): 739-743. ( 医中誌 )

  1164. 山本 るみ, 森山 佐知子, 比島 恒和, 堀口 慎一郎, 土井 貴司, 加藤 洋人, 津堅 美貴子, 大橋 健一, 船田 信顕. 左耳下腺腫瘍摘出12年後にみられた肺のmetastasizing mixed tumorの一例 日本病理学会会誌. 2003.04; 92 (1): 353. ( 医中誌 )

  1165. 大橋 健一, 堀口 慎一郎, 森山 佐知子, 比島 恒和, 林 幸子, 船田 信顕. 早期食道胃接合部腺癌と周囲粘膜の性状について 日本病理学会会誌. 2003.04; 92 (1): 374. ( 医中誌 )

  1166. 加藤 洋人, 菅沼 明彦, 山本 るみ, 藤原 崇, 土井 貴司, 津堅 美貴子, 堀口 慎一郎, 森山 佐知子, 比島 恒和, 大橋 健一, 船田 信顕. 皮膚症状初発の播種性Candida Albicans症のAIDS1剖検例 日本病理学会会誌. 2003.04; 92 (1): 252. ( 医中誌 )

  1167. 吉田 操, 門馬 久美子, 出江 洋介, 大橋 健一. 粘膜切除術 日本外科学会雑誌. 2003.04; 104 (臨増): 160. ( 医中誌 )

  1168. 門馬 久美子, 吉田 操, 山田 義也, 小澤 広, 加藤 久人, 加澤 玉恵, 雨宮 こずえ, 荒川 丈夫, 熊谷 洋一, 出江 洋介, 大橋 健一, 船田 信顕. 【食道癌と他臓器重複癌 EMR時代を迎えて】食道癌EMR症例における他臓器重複癌 胃と腸. 2003.03; 38 (3): 299-306. ( 医中誌 )

  1169. 吉田 操, 門馬 久美子, 出江 洋介, 熊谷 洋一, 山田 義也, 大橋 健一. 【食道表在癌の治療戦略】食道sm2以深癌の治療成績からみたEMR後の追加治療法の選択-外科手術か 消化器内視鏡. 2003.03; 15 (3): 411-415. ( 医中誌 )

  1170. 門馬 久美子, 吉田 操, 山田 義也, 雨宮 こずえ, 荒川 丈夫, 小澤 広, 加藤 久人, 熊谷 洋一, 出江 洋介, 大橋 健一, 船田 信顕. 【食道表在癌の治療戦略】EMR後の局所再発と合併症対策 食道m1〜m3癌の治療成績から 消化器内視鏡. 2003.03; 15 (3): 365-370. ( 医中誌 )

  1171. 前澤 玲華, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 花岡 亮輔, 上田 美穂, 大橋 健一. ステロイド抵抗性を示した好酸球増多症の一例 アレルギー. 2003.03; 52 (2-3): 300. ( 医中誌 )

  1172. 小林 高義, 内原 俊記, 大橋 健一, 桜庭 均. Sialidosis type I剖検例の組織化学的,電顕的研究 臨床神経学. 2002.12; 42 (12): 1401. ( 医中誌 )

  1173. 吉田 操, 門馬 久美子, 山田 義也, 小澤 宏, 出江 洋介, 熊谷 洋一, 大橋 健一, 船田 信顕. 【食道癌治療とQOL】食道癌に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)の適応拡大 外科治療. 2002.10; 87 (4): 334-337. ( 医中誌 )

  1174. 堀口 慎一郎, 林 幸子, 坂東 裕子, 佐治 重衡, 森山 佐知子, 比島 恒和, 大橋 健一, 戸井 雅和, 船田 信顕. 乳癌におけるHER-2の発現異常と診断 免疫組織化学とFISH法との比較検討 日本癌学会総会記事. 2002.10; 61回 144. ( 医中誌 )

  1175. 片山 原子, 真船 健一, 岩崎 善毅, 大植 雅之, 大橋 健一, 比企 直樹, 秀野 泰隆, 田中 暖樹, 上西 紀夫, 荒井 邦佳, 高橋 俊雄. 進行胃癌術後異時性大腸転移の1例 日本臨床外科学会雑誌. 2002.10; 63 (増刊): 725. ( 医中誌 )

  1176. 大橋 健一, 堀口 慎一郎, 森山 佐知子, 比島 恒和, 林 幸子, 船田 信顕, 三上 修治, 門馬 久美子, 吉田 操. 食道表在癌におけるSyndecan-1の発現低下 日本癌学会総会記事. 2002.10; 61回 365-366. ( 医中誌 )

  1177. 武市 智志, 吉田 操, 葉梨 智子, 出江 洋介, 熊谷 洋一, 門馬 久美子, 船田 伸顕, 大橋 健一, 高橋 俊雄. Short segment Barrett's esophagusに発生した粘膜下層癌の一切除例 Gastroenterological Endoscopy. 2002.09; 44 (Suppl.2): 1485. ( 医中誌 )

  1178. 門馬 久美子, 吉田 操, 山田 義也, 加藤 久人, 加澤 玉恵, 雨宮 こずえ, 荒川 丈夫, 出江 洋介, 葉梨 智子, 唐澤 克之, 大橋 健一, 船田 信顕. 【食道sm癌の再評価 食道温存治療の可能性を求めて】放射線・化学療法にて著効,5年生存中のO-IIc型食道粘膜下層癌(sm3)の1例 胃と腸. 2002.09; 37 (10): 1327-1332. ( 医中誌 )

  1179. 加藤 久人, 加澤 玉恵, 山田 義也, 門馬 久美子, 葉梨 智子, 出江 洋介, 熊谷 洋一, 吉田 操, 大橋 健一. 【食道sm癌の再評価 食道温存治療の可能性を求めて】食道sm癌に対する食道温存治療の可能性 X線の立場からの検討:肉眼形態分類からみたリンパ節転移の推定 胃と腸. 2002.09; 37 (10): 1285-1293. ( 医中誌 )

  1180. 山田 義也, 門馬 久美子, 吉田 操, 榊 信廣, 小澤 広, 荒川 丈夫, 雨宮 こずえ, 加澤 玉恵, 葉梨 智子, 出江 洋介, 大橋 健一. 早期食道癌に対するEMRの適応拡大 全周切除後ステントを挿入した5症例 Gastroenterological Endoscopy. 2002.09; 44 (Suppl.2): 1514. ( 医中誌 )

  1181. 門馬 久美子, 吉田 操, 山田 義也, 榊 信廣, 小澤 広, 荒川 丈夫, 雨宮 こずえ, 加澤 玉恵, 葉梨 智子, 出江 洋介, 大橋 健一. 早期食道癌の診断法としてのNBI(Narrow Band Imaging)の有用性について Gastroenterological Endoscopy. 2002.09; 44 (Suppl.2): 1518. ( 医中誌 )

  1182. 小池 昇, 小川 真澄, 桐谷 寿子, 高橋 佐和子, 大橋 健一, 船田 信顕. 膀胱移行上皮癌micropapillary variantの2例 日本臨床細胞学会雑誌. 2002.09; 41 (Suppl.2): 468. ( 医中誌 )

  1183. 門馬 久美子, 山田 義也, 加藤 久人, 榊 信廣, 葉梨 智子, 出江 洋介, 吉田 操, 大橋 健一, 船田 信顕. 食道粘膜癌に対する粘膜切除治療の長期予後 日本消化器外科学会雑誌. 2002.09; 35 (9): 1557-1558. ( 医中誌 )

  1184. 山田 義也, 門馬 久美子, 加藤 久人, 榊 信廣, 葉梨 智子, 出江 洋介, 吉田 操, 大橋 健一, 船田 信顕. 食道表在癌の内視鏡による深達度診断 日本消化器外科学会雑誌. 2002.09; 35 (9): 1555. ( 医中誌 )

  1185. 加澤 玉恵, 門馬 久美子, 吉田 操, 加藤 久人, 葉梨 智子, 出江 洋介, 山田 義也, 榊 信廣, 荒川 丈夫, 雨宮 こずえ, 大橋 健一, 船田 信顕. 【Barrett腺癌の早期発見】関連症例 Barrett食道に発生した高分化型食道腺癌の1例 消化器内視鏡. 2002.08; 14 (8): 1167-1172. ( 医中誌 )

  1186. 浅野 謙一, 末永 松彦, 蕨 雅大, 川原 穣, 大橋 健一. 慢性関節リウマチに合併したネフローゼ症候群で,腎生検で膜性増殖性変化を認めた一例 日本腎臓学会誌. 2002.08; 44 (6): 641. ( 医中誌 )

  1187. 吉田 操, 門馬 久美子, 葉梨 智子, 出江 洋介, 熊谷 洋一, 西岡 清訓, 加藤 久人, 山田 義也, 小沢 広, 荒川 丈夫, 雨宮 こずえ, 船田 信顕, 大橋 健一, 広瀬 太郎. 【食道悪性腫瘍の病理と臨床】特殊型食道癌の内視鏡診断 病理と臨床. 2002.05; 20 (5): 496-501. ( 医中誌 )

  1188. 大橋 健一. 【食道悪性腫瘍の病理と臨床】食道原発の類基底細胞癌について 病理と臨床. 2002.05; 20 (5): 471-478. ( 医中誌 )

  1189. 山田 義也, 門馬 久美子, 吉田 操, 船田 信顕, 大橋 健一, 森山 佐知子, 榊 信廣. AIDSの食道病変 日本気管食道科学会会報. 2002.04; 53 (2): 203. ( 医中誌 )

  1190. 浅野 謙一, 末永 松彦, 蕨 雅大, 川原 穣, 大橋 健一. ANCA関連腎炎における間質病変と臨床経過 日本腎臓学会誌. 2002.04; 44 (3): 289. ( 医中誌 )

  1191. 武市 智志, 吉田 操, 葉梨 智子, 出江 洋介, 廣岡 信一, 久保田 尚子, 門馬 久美子, 船田 伸顕, 大橋 健一. Short segment Barrett's esophagusに発生した粘膜下層癌の1切除例 東京女子医科大学雑誌. 2002.04; 72 (3〜4): 139. ( 医中誌 )

  1192. 堀口 慎一郎, 林 幸子, 清水 辰一郎, 堀井 理絵, 森山 佐知子, 比島 恒和, 大橋 健一, 船田 信顕, 佐治 重衡, 戸井 雅和. 乳癌におけるHercepTest判定基準の問題点 FISH法との比較検討をふまえて 日本病理学会会誌. 2002.03; 91 (1): 157. ( 医中誌 )

  1193. 比島 恒和, 林 幸子, 堀口 慎一郎, 清水 辰一郎, 森山 佐知子, 大橋 健一, 船田 信顕. 慢性関節リウマチに合併するリンパ増殖性疾患の臨床病理学的特徴 日本病理学会会誌. 2002.03; 91 (1): 336. ( 医中誌 )

  1194. 林 幸子, 堀口 慎一郎, 清水 辰一郎, 比島 恒和, 大橋 健一, 森山 佐知子, 船田 信顕. 甲状腺腫瘍におけるSurfactant protein A(SP-A)の発現 日本病理学会会誌. 2002.03; 91 (1): 313. ( 医中誌 )

  1195. 大橋 健一, 堀口 慎一郎, 清水 辰一郎, 森山 佐知子, 比島 恒和, 林 幸子, 船田 信顕, 吉田 操, 門馬 久美子, 小池 盛雄. 食道原発表在型類基底細胞癌の病理学的特徴 日本病理学会会誌. 2002.03; 91 (1): 266. ( 医中誌 )

  1196. 三上 修治, 大橋 健一, 根本 哲生, 中島 元夫, 橋本 学爾, 岡田 保典. 食道癌におけるheparanase発現の微小血管密度への関与について 日本病理学会会誌. 2002.03; 91 (1): 183. ( 医中誌 )

  1197. 山田 義也, 門馬 久美子, 吉田 操, 榊 信廣, 大橋 健一. 【消化管感染症2002】AIDS・ATL・その他の免疫不全状態における消化管感染症 胃と腸. 2002.02; 37 (3): 463-466. ( 医中誌 )

  1198. 吉田 操, 葉梨 智子, 出江 洋介, 武市 智志, 宮本 裕士, 廣岡 信一, 門馬 久美子, 山田 義也, 榊 信廣, 船田 信顕, 大橋 健一, 清水 辰一郎, 堀口 慎一郎. 【食道癌治療におけるcontroversy】食道表在癌の治療 臨床外科. 2002.02; 57 (2): 147-152. ( 医中誌 )

  1199. 荒川 丈夫, 山田 義也, 門馬 久美子, 吉田 操, 榊 信廣, 大橋 健一. 【消化管感染症2002】ウイルス性感染症 ヘルペスウイルス感染症 胃と腸. 2002.02; 37 (3): 395-398. ( 医中誌 )

  1200. 大橋 健一. 【透析患者の動脈硬化 進展予防と対策】透析患者の動脈硬化症 各論 動脈硬化症の病理 臨床透析. 2002.01; 18 (1): 53-57. ( 医中誌 )

  1201. 門馬 久美子, 吉田 操, 山田 義也, 荒川 丈夫, 雨宮 こずえ, 鈴木 瑞佳, 小澤 広, 加藤 久人, 榊 信廣, 出江 洋介, 葉梨 智子, 大橋 健一, 船田 信顕. 【食道m3・sm1癌の診断と遠隔成績】食道m3・sm1癌の質的・量的内視鏡診断 胃と腸. 2002.01; 37 (1): 33-46. ( 医中誌 )

  1202. 山田 義也, 門馬 久美子, 吉田 操, 小澤 広, 榊 信廣, 雨宮 こずえ, 荒川 丈夫, 葉梨 智子, 大橋 健一, 船田 信顕. 【食道m3・sm1癌の診断と遠隔成績】深達度m3で,EMR施行4年後にリンパ節転移をきたした1症例 胃と腸. 2002.01; 37 (1): 87-92. ( 医中誌 )

  1203. 皿谷 健, 原 まみ子, 斉藤 博, 大本 成昭, 中山 紳, 山口 憲児, 大橋 健一. C型肝炎ウイルス陽性クリオグロブリン血症で紫斑,ネフローゼ症候群を呈した一例 日本内科学会関東地方会. 2001.12; 496回 32. ( 医中誌 )

  1204. 葉梨 智子, 熊谷 洋一, 出江 洋介, 吉田 操, 門馬 久美子, 山田 義也, 加藤 久人, 榊 信廣, 大橋 健一, 船田 信顕. 約2ヵ月でO-IIa型からO-Ip型に発育した食道表在癌の1例 日本消化器外科学会雑誌. 2001.12; 34 (12): 1796-1797. ( 医中誌 )

  1205. 小林 高義, 内原 俊記, 大橋 健一, 桜庭 均. Human lysosomal neuraminidase遺伝子の649G to A(V217M)と727G to A(G243R)置換を伴ったsialidosis type I剖検例の臨床病理学的研究 臨床神経学. 2001.11; 41 (11): 1005. ( 医中誌 )

  1206. 門馬 久美子, 吉田 操, 山田 義也, 雨宮 こずえ, 荒川 丈夫, 小澤 広, 加藤 久人, 榊 信廣, 出江 洋介, 葉梨 智子, 大橋 健一, 船田 信顕. 【早期消化管癌に対するEMR 適応拡大をめぐる問題】食道表在癌に対するEMR 食道表在癌に対するEMRの現状と今後の課題 臨床消化器内科. 2001.10; 16 (12): 1601-1608. ( 医中誌 )

  1207. 森園 英智, 大石 陽子, 山本 嘉子, 森山 美樹, 坂田 泰子, 大橋 健一, 岩井 武尚, 長瀬 慈村. 【乳腺穿刺吸引細胞診における組織像推定の意義と問題点】乳腺穿刺細胞診における適切な穿刺針の選択 日本臨床細胞学会雑誌. 2001.09; 40 (5): 500-504. ( 医中誌 )

  1208. 三上 修治, 大橋 健一, 中島 元夫. 食道癌におけるheparanase・bFGF・VEGF発現と微小血管密度の検討 日本癌学会総会記事. 2001.09; 60回 174. ( 医中誌 )

  1209. 門馬 久美子, 吉田 操, 山田 義也, 小澤 広, 加藤 久人, 榊 信廣, 荒川 丈夫, 葉梨 智子, 大橋 健一, 船田 信顕. 【多発食道癌】多発食道癌と粘膜切除 胃と腸. 2001.07; 36 (8): 1039-1047. ( 医中誌 )

  1210. 大橋 健一. 【多発癌,多重癌の分子生物学的特性】食道多発癌,多重癌の病理学的,分子生物学的特性 癌の臨床. 2001.05; 47 (3): 219-223. ( 医中誌 )

  1211. 中山 紳, 佐久間 資子, 西沢 美里, 山田 斎毅, 木本 成昭, 坂巻 壽, 大橋 健一, 船田 伸顕, 斉藤 博. 放射線腎症が原因と考えられ,維持血液透析導入となった骨髄移植患者の2症例 日本透析医学会雑誌. 2001.05; 34 (Suppl.1): 702. ( 医中誌 )

  1212. 加藤 久人, 山田 義也, 門馬 久美子, 出江 洋介, 葉梨 智子, 吉田 操, 清水 辰一郎, 大橋 健一. 類基底細胞癌の2症例 日本消化器外科学会雑誌. 2001.05; 34 (5): 523. ( 医中誌 )

  1213. 葉梨 智子, 吉田 操, 出江 洋介, 門馬 久美子, 加藤 久人, 大橋 健一, 船田 信顕. 【早期の食道胃接合部癌】主として食道内発育を示した隆起型食道胃接合部腺癌の1例 胃と腸. 2001.04; 36 (5): 729-733. ( 医中誌 )

  1214. 堀口 慎一郎, 林 幸子, 戸井 雅和, 清水 辰一郎, 森山 佐知子, 比島 恒和, 大橋 健一, 船田 信顕. 免疫組織化学法による乳癌組織中Estrogen及びProgesterone Receptorの評価-DCC法,EIA法との比較検討 日本病理学会会誌. 2001.03; 90 (1): 330. ( 医中誌 )

  1215. 大田 泰徳, 比島 恒和, 林 幸子, 松原 大祐, 増田 剛太, 清水 辰一郎, 森山 佐知子, 大橋 健一, 深山 正久, 船田 信顕. 成人AIDS患者に発症したEBV関連の血管平滑筋肉腫の1例 日本病理学会会誌. 2001.03; 90 (1): 331. ( 医中誌 )

  1216. 小林 大輔, 比島 恒和, 林 幸子, 松原 大祐, 大田 泰徳, 堀口 慎一郎, 松林 純, 清水 辰一郎, 森山 佐知子, 大橋 健一. 肝臓原発癌肉腫の1例 日本病理学会会誌. 2001.03; 90 (1): 288. ( 医中誌 )

  1217. 松林 純, 大橋 健一, 林 幸子, 大田 泰徳, 松原 大祐, 小林 大輔, 堀口 慎一郎, 清水 辰一郎, 森山 佐知子, 比島 恒和. 頸部リンパ節転移で発見され診断が困難であった頭皮原発血管肉腫の1症例 日本病理学会会誌. 2001.03; 90 (1): 233. ( 医中誌 )

  1218. 大橋 健一, 松林 純, 門馬 久美子, 榊 信廣, 吉田 操, 大田 泰徳, 松原 大祐, 小林 大輔, 堀口 慎一郎, 永井 成勲. 食道表在癌における浸潤巣の発育,進展 日本病理学会会誌. 2001.03; 90 (1): 208. ( 医中誌 )

  1219. 三上 修治, 大橋 健一, 臼井 裕, 根本 哲生, 勝部 憲一, 柳下 正樹, 中島 元夫, 中村 恭一, 小池 盛雄. 食道癌の浸潤・転移におけるsyndecan-1発現減少およびheparanase発現亢進の意義について 日本病理学会会誌. 2001.03; 90 (1): 179. ( 医中誌 )

  1220. 門馬 久美子, 吉田 操, 山田 義也, 荒川 丈夫, 加藤 久人, 榊 信廣, 葉梨 智子, 大橋 健一, 船田 信顕. 【消化管癌の深達度診断】深達度診断の限界を示した症例 深達度診断が困難であったm3食道癌の1例 胃と腸. 2001.02; 36 (3): 465-470. ( 医中誌 )

  1221. 吉田 操, 門馬 久美子, 葉梨 智子, 出江 洋介, 榊 信廣, 加藤 久人, 山田 義也, 小澤 広, 荒川 丈夫, 大橋 健一, 船田 信顕. 【消化管癌の深達度診断】食道癌の深達度診断 内視鏡像からみた深達度診断 胃と腸. 2001.02; 36 (3): 295-306. ( 医中誌 )

  1222. 大橋 健一. 【透析アミロイドーシス update】ムコ多糖と透析アミロイドーシス 腎と骨代謝. 2001.01; 14 (1): 15-21. ( 医中誌 )

  1223. 清水 辰一郎, 小池 盛雄, 船田 信顕, 滝澤 登一郎, 大橋 健一, 比島 恒和, 森山 佐知子, 松林 純, 堀口 慎一郎. 【早期大腸癌肉眼分類 統一をめざして】早期大腸癌肉眼分類 早期胃癌肉眼分類との整合性を求めて 胃と腸. 2000.11; 35 (12): 1477-1483. ( 医中誌 )

  1224. 渡邉 博重, 大橋 勇, 姫野 佳郎, 花房 薫, 山本 鋭仁, 渋谷 均, 兼子 順, 大橋 健一. 選択的動脈造影下CTが診断上有用であった嚢胞性腎癌の1例 臨床放射線. 2000.11; 45 (12): 1559-1563. ( 医中誌 )

  1225. 松林 純, 大橋 健一, 小池 盛雄. 技術講座 病理 消化管EMR検体の処理 検査と技術. 2000.10; 28 (11): 1311-1314. ( 医中誌 )

  1226. 中山 紳, 森 雅恵, 佐久間 資子, 小林 貴史, 木本 成昭, 森山 佐知子, 大橋 健一, 岡元 るみ子, 佐々木 常雄, 齊藤 博. idiopathic plasmacytic lymphadenopathy(IPL)に腎機能傷害を合併した1例 日本腎臓学会誌. 2000.09; 42 (6): 526. ( 医中誌 )

  1227. 山内 小津枝, 土肥 まゆみ, 安藤 亮一, 千田 佳子, 井田 隆, 大橋 健一, 春日 孟, 廣川 勝いく. 急性膵炎を伴った血小板減少性紫斑病(TTP)の1例 日本腎臓学会誌. 2000.09; 42 (6): 565. ( 医中誌 )

  1228. 三上 修治, 臼井 裕, 根本 哲生, 中村 恭一, 小池 盛雄, 勝部 憲一, 柳下 正樹, 大橋 健一. 食道癌におけるsyndecan-1及びheparanase発現の検討 日本癌学会総会記事. 2000.09; 59回 358. ( 医中誌 )

  1229. 中島 康晃, 永井 鑑, 大橋 健一, 三宅 智, 河野 辰幸, 岩井 武尚, 有井 滋樹. 食道癌におけるリンパ節転移規定因子の検討 日本癌学会総会記事. 2000.09; 59回 358. ( 医中誌 )

  1230. 中島 康晃, 永井 鑑, 大橋 健一, 三宅 智, 熊谷 洋一, 奈良 智之, 井上 晴洋, 河野 辰幸, 岩井 武尚. 食道sm癌におけるリンパ節転移規定因子の検討 日本消化器外科学会雑誌. 2000.07; 33 (7): 1309. ( 医中誌 )

  1231. 黒田 浩司, 阿江 啓介, 大橋 健一, 明石 巧, 四宮 謙一. カラーフォーラム 上腕に発生した類上皮型血管内皮腫の1例 整形外科. 2000.05; 51 (5): 594-595. ( 医中誌 )

  1232. 森園 英智, 大石 陽子, 山本 嘉子, 森山 美樹, 坂田 泰子, 大橋 健一, 岩井 武尚, 長瀬 慈村. 乳腺穿刺細胞診における適切な穿刺針の選択 日本臨床細胞学会雑誌. 2000.03; 39 (Suppl.1): 75. ( 医中誌 )

  1233. 根本 哲生, 大橋 健一, 明石 巧, 江石 義信, 中村 恭一. 大腸癌化学療法施行例におけるアポトーシス関連蛋白の発現 日本病理学会会誌. 2000.03; 89 (1): 351. ( 医中誌 )

  1234. 河内 洋, 大橋 健一, 中村 恭一, 中村 浩志, 猪狩 亨, 河野 辰幸. 胃にびまん浸潤型転移巣を形成した食道粘表皮癌の1例 日本病理学会会誌. 2000.03; 89 (1): 362. ( 医中誌 )

  1235. 三上 修治, 大橋 健一, 根本 哲生, 中村 恭一. 食道癌におけるsyndecan-1及びヘパリン親和性増殖因子(bFGF,VEGF)発現の検討 日本病理学会会誌. 2000.03; 89 (1): 351. ( 医中誌 )

  1236. 蕨 雅大, 根本 哲生, 明石 巧, 大橋 健一, 北川 昌伸, 広川 勝いく. 食道癌に発現するチロシンフォスファターゼの検索 日本病理学会会誌. 2000.03; 89 (1): 282. ( 医中誌 )

  1237. 大橋 健一. 透析アミロイドーシスの発症機序 アミロイド蛋白とプロテオグリカンの高親和性結合がその発症に関与する 日本病理学会会誌. 1999.11; 88 (2): 11. ( 医中誌 )

  1238. 森園 英智, 山本 嘉子, 森山 美樹, 坂田 泰子, 大橋 健一, 岩井 武尚. 乳腺における針生検組織捺印細胞診の有用性 日本臨床細胞学会雑誌. 1999.09; 38 (Suppl.2): 443. ( 医中誌 )

  1239. 入岡 隆, 蘇原 映誠, 杉山 徹, 鎌田 智幸, 水澤 英洋, 大橋 健一. 顎下腺腺様嚢胞癌によりGarcin症候群を呈した1例 臨床神経学. 1999.08; 39 (8): 869. ( 医中誌 )

  1240. 三上 修治, 大橋 健一, 中村 恭一. 食道癌における膜結合型ヘパラン硫酸プロテオグリカン発現とその病理学的意義 日本癌学会総会記事. 1999.08; 58回 601. ( 医中誌 )

  1241. 小関 啓太, 飯田 聡, 榎本 雅之, 長内 孝之, 山下 俊樹, 大橋 健一, 市川 度, 伊藤 雅史, 仁瓶 善郎, 杉原 健一. ポリペクトミー後4年6ヵ月目に粘膜下進展を主体として再発した肝転移をともなうS状結腸癌の1例 日本消化器病学会雑誌. 1999.04; 96 (4): 403-407. ( 医中誌 )

  1242. Koseki K, Iida S, Enomoto M, Osanai T, Yamashita T, Ohashi K, Ichikawa W, Ito M, Nihei Z, Sugihara K. [A case of recurrent cancer in sigmoid colon with submucosal spread and hepatic metastasis 4 years and 6 months after polypectomy]. Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology. 1999.04; 96 (4): 403-7. ( PubMed )

  1243. 森園 英智, 山本 嘉子, 森山 美樹, 坂田 泰子, 大橋 健一, 岩井 武尚. 乳腺細胞診における判定困難症例削減のための工夫 日本臨床細胞学会雑誌. 1999.03; 38 (Suppl.1): 76. ( 医中誌 )

  1244. 脇園 亮子, 松田 春甫, 宮永 禎子, 小林 宏至, 吉川 雄二, 和田 友則, 中野 美代子, 三好 秀征, 森山 義和, 大橋 健一. 抗リン脂質抗体症候群(APS)を合併した自己免疫性肝炎(AIH)の1症例 日本消化器病学会雑誌. 1999.03; 96 (臨増総会): A260. ( 医中誌 )

  1245. 大橋 健一. 透析アミロイドーシスにおけるプロテオグリカンの役割 β2-microglobulinとグリコサミノグリカンの親和性結合について 日本病理学会会誌. 1999.03; 88 (1): 330. ( 医中誌 )

  1246. 有田 白峰, 木村 好秀, 成高 和稔, 花田 信継, 関根 靖子, 天神 尚子, 大橋 健一. 播種性平滑筋腫症(Leiomyomatosis Peritonealis Disseminata)の1例 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報. 1999.02; 36 (1): 41-45. ( 医中誌 )

  1247. 北村 律, 木村 文平, 石橋 正樹, 林 政澤, 久保 淑幸, 住田 敏之, 瀬戸山 隆平, 桐渕 義康, 河野 信博, 大橋 健一. 縦隔気管支原性嚢胞の1例 日本臨床外科学会雑誌. 1998.12; 59 (12): 3237. ( 医中誌 )

  1248. 渡邊 博重, 大橋 勇, 姫野 佳郎, 花房 薫, 山本 鋭二, 渋谷 均, 兼子 順, 北村 好章, 大橋 健一. CTAが診断上有用であった嚢胞性腎癌の1例 日本医学放射線学会雑誌. 1998.11; 58 (13): 773. ( 医中誌 )

  1249. 森園 英智, 長瀬 慈村, 山本 嘉子, 森山 美樹, 大橋 健一, 岩井 武尚. 乳腺乳管乳頭腫症の1例 日本臨床細胞学会雑誌. 1998.09; 37 (Suppl.2): 438. ( 医中誌 )

  1250. 金香 佐和, 大橋 健一, 相馬 邦道, 柳下 正樹. 咬合機能を低下させた歯の歯根膜プロテオグライカンの免疫組織化学的研究 歯科基礎医学会雑誌. 1998.09; 40 (抄録): 374. ( 医中誌 )

  1251. 蕨 雅大, 根本 哲生, 明石 巧, 大橋 健一, 宇津山 正典, 北川 昌伸, 広川 勝いく. 食道癌に発現するチロシンフォスファターゼの検索 日本癌学会総会記事. 1998.08; 57回 421. ( 医中誌 )

  1252. 大橋 健一, 根本 哲生, 中村 恭一. 食道癌の進展とマトリックスメタロプロテアーゼの発現 日本癌学会総会記事. 1998.08; 57回 516. ( 医中誌 )

  1253. 大橋 健一. 食道表在癌におけるマトリックスメタロプロテアーゼの発現 日本病理学会会誌. 1998.03; 87 (1): 336. ( 医中誌 )

  1254. 大橋 健一. 透析アミロイドーシスにおける内臓臓器沈着と細胞外マトリックス変化 AA,ALアミロイドーシスとの比較 日本病理学会会誌. 1997.04; 86 (1): 291. ( 医中誌 )

  1255. 大橋 健一. ヒト食道癌におけるp53遺伝子の異常とp21蛋白の発現 日本癌学会総会記事. 1995.09; 54回 513. ( 医中誌 )

  1256. 大橋 健一. ヒト食道癌におけるp21蛋白の発現 日本病理学会会誌. 1995.03; 84 (1): 320. ( 医中誌 )

  1257. 大橋 健一. 食道初期浸潤癌(mm癌)における細胞増殖動態および浸潤様式について 日本癌学会総会記事. 1994.10; 53回 532. ( 医中誌 )

  1258. 大橋 健一. 透析アミロイドーシスの関節病変における細胞外マトリックス,matrix metallproteinaseの産生 日本病理学会会誌. 1994.03; 83 (1): 310. ( 医中誌 )

  1259. 大橋 健一. 病理リポート(22)日本人の悪性黒色腫 診断と治療. 1994.02; 82 (2): 310-311. ( 医中誌 )

  1260. 大橋 健一. アミロイドーシスと微小環境 診断と治療. 1993.11; 81 (11): 2218-2219. ( 医中誌 )

  1261. 大橋 健一. 粘膜原発悪性黒色腫の細胞学的特徴およびその浸潤様式について 日本癌学会総会記事. 1993.10; 52回 524. ( 医中誌 )

  1262. 大橋 健一. 透析アミロイドーシス アミロイドーシスとプロテオグリカン 病理と臨床. 1993.05; 11 (5): 557-562. ( 医中誌 )

  1263. 大橋 健一. 粘膜原発悪性黒色腫の病理学的特徴 日本病理学会会誌. 1993.03; 82 (1): 311. ( 医中誌 )

  1264. 河合 竜子, 大橋 健一, 原 満. 組織に沈着したβ2Mアミロイドへの炎症細胞浸潤 透析アミロイドーシスとAA,ALアミロイドーシスとの病理組織学的比較検討 日本腎臓学会誌. 1992.06; 34 (6): 683-691. ( 医中誌 )

  1265. 大橋 健一. 透析アミロイドーシスにおける細胞外マトリックスの検討 日本病理学会会誌. 1992.04; 81 (1): 175. ( 医中誌 )

  1266. 大橋 健一, 河合 竜子, 原 満. 血液浄化療法 合併症とその対策 透析アミロイド症 透析アミロイド症の形態と診断 日本臨床. 1992.01; 50 (増刊 血液浄化療法(下)): 801-806. ( 医中誌 )

  1267. Ohashi K, Kawai R, Hara M. [Morphology and diagnosis of hemodialysis--related amyloidosis]. Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine. 1992.01; 50 Suppl 801-6. ( PubMed )

  1268. 大橋 健一. 運動負荷が透析アミロイドーシスを促進する 日本病理学会会誌. 1991.03; 80 (1): 95. ( 医中誌 )

  1269. 大橋 健一. 口腔原発悪性黒色腫35例の臨床病理学的検討 日本癌学会総会記事. 1990.07; 49回 278. ( 医中誌 )

  1270. 大橋 健一. 経胎盤的N-Ethyl-N-nitrosourea投与によるラット色素細胞性腫瘍および神経性腫瘍について 日本病理学会会誌. 1990.03; 79 (1): 174. ( 医中誌 )

  1271. 大橋 健一. 表在型食道癌,特にep,mm癌の肉眼像について 日本消化器外科学会雑誌. 1989.05; 22 (5): 1153. ( 医中誌 )

  1272. 大橋 健一. 食道メラノサイト 特に食道内分布様式,周囲病変との関連について 日本病理学会会誌. 1989.03; 78 214. ( 医中誌 )

  1273. 大橋 健一. 食道メラノサイトの出現頻度と分布 特に食道癌術前放射線照射例について 日本病理学会会誌. 1988.11; 77 225. ( 医中誌 )

  1274. 大橋 健一. 良悪鑑別困難な肺原発線維性組織球腫の1例 肺癌. 1988.06; 28 (3): 407. ( 医中誌 )

  1275. 大橋 健一, 菅野 純, 松原 修, 春日 孟, 加藤 洋, 北川 知行, 菅野 晴夫. 食道メラノサイトの出現頻度と分布 特に食道癌術前放射線照射例について 日本病理学会会誌. 1988.05; 77 (補冊): 271. ( 医中誌 )

  1276. 大橋 健一. AFP産生を伴い特異な組織像を示した胃のいわゆる癌肉腫の1例 日本病理学会会誌. 1987.11; 76 228-229. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Uehara Sho, Matsuoka YoH, Yamamoto Kurara, Toide Masahiro, Uchida Masahiro, Fukuda Shohei, Fukushima Hiroshi, Yasuda Yousuke, Tanaka Hajime, Yoshida Soichiro, Yokoyama Minato, Ohashi Kenichi, Fujii Yasuhisa. Usefulness of MRI-targeted biopsy in detecting cribriform carcinoma and intraductal carcinoma of the prostate. The Japanese Urological Association 2021.12.01

  2. 上原 翔, 松岡 陽, 山本 くらら, 戸出 真宏, 内田 裕將, 福田 翔平, 福島 啓司, 安田 庸輔, 田中 一, 吉田 宗一郎, 横山 みなと, 大橋 健一, 藤井 靖久. 前立腺の篩状癌と腺管内癌の検出におけるMRI標的生検の有用性(Usefulness of MRI-targeted biopsy in detecting cribriform carcinoma and intraductal carcinoma of the prostate). 日本泌尿器科学会総会 2021.12.01

  3. 上原 翔, 松岡 陽, 山本 くらら, 戸出 真宏, 内田 裕將, 福田 翔平, 福島 啓司, 安田 庸輔, 田中 一, 吉田 宗一郎, 横山 みなと, 大橋 健一, 藤井 靖久. 前立腺の篩状癌と腺管内癌の検出におけるMRI標的生検の有用性(Usefulness of MRI-targeted biopsy in detecting cribriform carcinoma and intraductal carcinoma of the prostate). 日本泌尿器科学会総会 2021.12.01

  4. 上原 翔, 松岡 陽, 山本 くらら, 戸出 真宏, 内田 裕將, 福田 翔平, 福島 啓司, 安田 庸輔, 田中 一, 吉田 宗一郎, 横山 みなと, 大橋 健一, 藤井 靖久. 前立腺の篩状癌と腺管内癌の検出におけるMRI標的生検の有用性(Usefulness of MRI-targeted biopsy in detecting cribriform carcinoma and intraductal carcinoma of the prostate). 日本泌尿器科学会総会 2021.12.01

  5. 上原 翔, 松岡 陽, 山本 くらら, 戸出 真宏, 内田 裕將, 福田 翔平, 福島 啓司, 安田 庸輔, 田中 一, 吉田 宗一郎, 横山 みなと, 大橋 健一, 藤井 靖久. 前立腺の篩状癌と腺管内癌の検出におけるMRI標的生検の有用性(Usefulness of MRI-targeted biopsy in detecting cribriform carcinoma and intraductal carcinoma of the prostate). 日本泌尿器科学会総会 2021.12.01

  6. 上原 翔, 松岡 陽, 山本 くらら, 戸出 真宏, 内田 裕將, 福田 翔平, 福島 啓司, 安田 庸輔, 田中 一, 吉田 宗一郎, 横山 みなと, 大橋 健一, 藤井 靖久. 前立腺の篩状癌と腺管内癌の検出におけるMRI標的生検の有用性(Usefulness of MRI-targeted biopsy in detecting cribriform carcinoma and intraductal carcinoma of the prostate). 日本泌尿器科学会総会 2021.12.01

  7. 上原 翔, 松岡 陽, 山本 くらら, 戸出 真宏, 内田 裕將, 福田 翔平, 福島 啓司, 安田 庸輔, 田中 一, 吉田 宗一郎, 横山 みなと, 大橋 健一, 藤井 靖久. 前立腺の篩状癌と腺管内癌の検出におけるMRI標的生検の有用性(Usefulness of MRI-targeted biopsy in detecting cribriform carcinoma and intraductal carcinoma of the prostate). 日本泌尿器科学会総会 2021.12.01

  8. 上原 翔, 松岡 陽, 山本 くらら, 戸出 真宏, 内田 裕將, 福田 翔平, 福島 啓司, 安田 庸輔, 田中 一, 吉田 宗一郎, 横山 みなと, 大橋 健一, 藤井 靖久. 前立腺の篩状癌と腺管内癌の検出におけるMRI標的生検の有用性(Usefulness of MRI-targeted biopsy in detecting cribriform carcinoma and intraductal carcinoma of the prostate). 日本泌尿器科学会総会 2021.12.01

  9. 上原 翔, 松岡 陽, 山本 くらら, 戸出 真宏, 内田 裕將, 福田 翔平, 福島 啓司, 安田 庸輔, 田中 一, 吉田 宗一郎, 横山 みなと, 大橋 健一, 藤井 靖久. 前立腺の篩状癌と腺管内癌の検出におけるMRI標的生検の有用性(Usefulness of MRI-targeted biopsy in detecting cribriform carcinoma and intraductal carcinoma of the prostate). 日本泌尿器科学会総会 2021.12.01

  10. 上原 翔, 松岡 陽, 山本 くらら, 戸出 真宏, 内田 裕將, 福田 翔平, 福島 啓司, 安田 庸輔, 田中 一, 吉田 宗一郎, 横山 みなと, 大橋 健一, 藤井 靖久. 前立腺の篩状癌と腺管内癌の検出におけるMRI標的生検の有用性(Usefulness of MRI-targeted biopsy in detecting cribriform carcinoma and intraductal carcinoma of the prostate). 日本泌尿器科学会総会 2021.12.01

  11. 上原 翔, 松岡 陽, 山本 くらら, 戸出 真宏, 内田 裕將, 福田 翔平, 福島 啓司, 安田 庸輔, 田中 一, 吉田 宗一郎, 横山 みなと, 大橋 健一, 藤井 靖久. 前立腺の篩状癌と腺管内癌の検出におけるMRI標的生検の有用性(Usefulness of MRI-targeted biopsy in detecting cribriform carcinoma and intraductal carcinoma of the prostate). 日本泌尿器科学会総会 2021.12.01

  12. 上原 翔, 松岡 陽, 山本 くらら, 戸出 真宏, 内田 裕將, 福田 翔平, 福島 啓司, 安田 庸輔, 田中 一, 吉田 宗一郎, 横山 みなと, 大橋 健一, 藤井 靖久. 前立腺の篩状癌と腺管内癌の検出におけるMRI標的生検の有用性(Usefulness of MRI-targeted biopsy in detecting cribriform carcinoma and intraductal carcinoma of the prostate). 日本泌尿器科学会総会 2021.12.01

  13. Watanabe Shun, Sawa Naoki, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Yamaguchi Yutaka, Ubara Yoshifumi. Development of osmotic vacuolization of proximal tubular epithelial cells following treatment with sodium-glucose transport protein 2 inhibitors in type II diabetes mellitus patients-3 case reports. CEN Case Reports 2021.11.01

  14. Watanabe Shun, Sawa Naoki, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Yamaguchi Yutaka, Ubara Yoshifumi. 2型糖尿病患者においてナトリウム・グルコース輸送蛋白2阻害剤投与後に生じた近位尿細管上皮細胞の浸透圧性空胞変性 3症例報告(Development of osmotic vacuolization of proximal tubular epithelial cells following treatment with sodium-glucose transport protein 2 inhibitors in type II diabetes mellitus patients-3 case reports). CEN Case Reports 2021.11.01

  15. Koga-Kobori Sayako, Sawa Naoki, Kido Ryo, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. Fabry Disease on Peritoneal Dialysis with Cardiac Involvement. Internal Medicine 2021.05.01

  16. Sawamura Masato, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Ikuma Daisuke, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Nagashima Yoji, Ubara Yoshifumi. 右腎上部に局在する多発嚢胞病変を伴った腎上皮間質性腫瘍(Renal epithelial and stromal tumor with a multiple cystic lesion localized in the upper portion of the right kidney). CEN Case Reports 2021.05.01

  17. Sawamura Masato, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Ikuma Daisuke, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Nagashima Yoji, Ubara Yoshifumi. 右腎上部に局在する多発嚢胞病変を伴った腎上皮間質性腫瘍(Renal epithelial and stromal tumor with a multiple cystic lesion localized in the upper portion of the right kidney). CEN Case Reports 2021.05.01

  18. Koga-Kobori Sayako, Sawa Naoki, Kido Ryo, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 心臓病変を伴い腹膜透析が行われたFabry病の1例(Fabry Disease on Peritoneal Dialysis with Cardiac Involvement). Internal Medicine 2021.05.01

  19. Koga-Kobori Sayako, Sawa Naoki, Kido Ryo, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 心臓病変を伴い腹膜透析が行われたFabry病の1例(Fabry Disease on Peritoneal Dialysis with Cardiac Involvement). Internal Medicine 2021.05.01

  20. Sawamura Masato, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Ikuma Daisuke, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Nagashima Yoji, Ubara Yoshifumi. 右腎上部に局在する多発嚢胞病変を伴った腎上皮間質性腫瘍(Renal epithelial and stromal tumor with a multiple cystic lesion localized in the upper portion of the right kidney). CEN Case Reports 2021.05.01

  21. Koga-Kobori Sayako, Sawa Naoki, Kido Ryo, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 心臓病変を伴い腹膜透析が行われたFabry病の1例(Fabry Disease on Peritoneal Dialysis with Cardiac Involvement). Internal Medicine 2021.05.01

  22. Sawamura Masato, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Ikuma Daisuke, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Nagashima Yoji, Ubara Yoshifumi. 右腎上部に局在する多発嚢胞病変を伴った腎上皮間質性腫瘍(Renal epithelial and stromal tumor with a multiple cystic lesion localized in the upper portion of the right kidney). CEN Case Reports 2021.05.01

  23. Koga-Kobori Sayako, Sawa Naoki, Kido Ryo, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 心臓病変を伴い腹膜透析が行われたFabry病の1例(Fabry Disease on Peritoneal Dialysis with Cardiac Involvement). Internal Medicine 2021.05.01

  24. Sawamura Masato, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Ikuma Daisuke, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Nagashima Yoji, Ubara Yoshifumi. 右腎上部に局在する多発嚢胞病変を伴った腎上皮間質性腫瘍(Renal epithelial and stromal tumor with a multiple cystic lesion localized in the upper portion of the right kidney). CEN Case Reports 2021.05.01

  25. Koga-Kobori Sayako, Sawa Naoki, Kido Ryo, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 心臓病変を伴い腹膜透析が行われたFabry病の1例(Fabry Disease on Peritoneal Dialysis with Cardiac Involvement). Internal Medicine 2021.05.01

  26. Sawamura Masato, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Ikuma Daisuke, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kono Kei, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Nagashima Yoji, Ubara Yoshifumi. 右腎上部に局在する多発嚢胞病変を伴った腎上皮間質性腫瘍(Renal epithelial and stromal tumor with a multiple cystic lesion localized in the upper portion of the right kidney). CEN Case Reports 2021.05.01

  27. Koga-Kobori Sayako, Sawa Naoki, Kido Ryo, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 心臓病変を伴い腹膜透析が行われたFabry病の1例(Fabry Disease on Peritoneal Dialysis with Cardiac Involvement). Internal Medicine 2021.05.01

  28. Terakawa Kanako, Sawa Naoki, Mizuno Hiroki, Sekine Akinari, Hayami Noriko, Ikuma Daisuke, Kawada Masahiro, Hiramatsu Rikako, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. Renal Squamous Cell Carcinoma-related Polymyositis in a Patient with Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease. Internal Medicine 2021.04.01

  29. Terakawa Kanako, Sawa Naoki, Mizuno Hiroki, Sekine Akinari, Hayami Noriko, Ikuma Daisuke, Kawada Masahiro, Hiramatsu Rikako, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 常染色体優性多発性嚢胞腎患者における腎扁平上皮癌関連多発性筋炎(Renal Squamous Cell Carcinoma-related Polymyositis in a Patient with Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease). Internal Medicine 2021.04.01

  30. Terakawa Kanako, Sawa Naoki, Mizuno Hiroki, Sekine Akinari, Hayami Noriko, Ikuma Daisuke, Kawada Masahiro, Hiramatsu Rikako, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 常染色体優性多発性嚢胞腎患者における腎扁平上皮癌関連多発性筋炎(Renal Squamous Cell Carcinoma-related Polymyositis in a Patient with Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease). Internal Medicine 2021.04.01

  31. Terakawa Kanako, Sawa Naoki, Mizuno Hiroki, Sekine Akinari, Hayami Noriko, Ikuma Daisuke, Kawada Masahiro, Hiramatsu Rikako, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 常染色体優性多発性嚢胞腎患者における腎扁平上皮癌関連多発性筋炎(Renal Squamous Cell Carcinoma-related Polymyositis in a Patient with Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease). Internal Medicine 2021.04.01

  32. Terakawa Kanako, Sawa Naoki, Mizuno Hiroki, Sekine Akinari, Hayami Noriko, Ikuma Daisuke, Kawada Masahiro, Hiramatsu Rikako, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 常染色体優性多発性嚢胞腎患者における腎扁平上皮癌関連多発性筋炎(Renal Squamous Cell Carcinoma-related Polymyositis in a Patient with Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease). Internal Medicine 2021.04.01

  33. Terakawa Kanako, Sawa Naoki, Mizuno Hiroki, Sekine Akinari, Hayami Noriko, Ikuma Daisuke, Kawada Masahiro, Hiramatsu Rikako, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 常染色体優性多発性嚢胞腎患者における腎扁平上皮癌関連多発性筋炎(Renal Squamous Cell Carcinoma-related Polymyositis in a Patient with Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease). Internal Medicine 2021.04.01

  34. Terakawa Kanako, Sawa Naoki, Mizuno Hiroki, Sekine Akinari, Hayami Noriko, Ikuma Daisuke, Kawada Masahiro, Hiramatsu Rikako, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Kinowaki Keiichi, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 常染色体優性多発性嚢胞腎患者における腎扁平上皮癌関連多発性筋炎(Renal Squamous Cell Carcinoma-related Polymyositis in a Patient with Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease). Internal Medicine 2021.04.01

  35. Toriu Naoya, Sawa Naoki, Imafuku Aya, Hasegawa Eiko, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Kawada Masahiro, Suwabe Tatsuya, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. テガフール・ギメラシル・オテラシル投与による急速進行性糸球体腎炎で低リスクにも関わらず発症した糖尿病性腎症 1症例報告(Rapidly progressive glomerulonephritis caused by tegafur/gimeracil/oteracil resulted in diabetes nephropathy, in a patient with minor risk of diabetes nephropathy: a case report). CEN Case Reports 2020.11.01

  36. Shima Natsuki, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Mizuno Hiroki, Kawada Masahiro, Sekine Akinari, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 糖尿病歴30年の81歳の患者で認められた特徴的な腎生検所見 1症例報告(Characteristic Renal Histology of a 81-Year-Old Patient with a 30-Year History of Diabetes Mellitus: A Case Report). CEN Case Reports 2020.11.01

  37. Toriu Naoya, Sawa Naoki, Imafuku Aya, Hasegawa Eiko, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Kawada Masahiro, Suwabe Tatsuya, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. テガフール・ギメラシル・オテラシル投与による急速進行性糸球体腎炎で低リスクにも関わらず発症した糖尿病性腎症 1症例報告(Rapidly progressive glomerulonephritis caused by tegafur/gimeracil/oteracil resulted in diabetes nephropathy, in a patient with minor risk of diabetes nephropathy: a case report). CEN Case Reports 2020.11.01

  38. Toriu Naoya, Sawa Naoki, Imafuku Aya, Hasegawa Eiko, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Kawada Masahiro, Suwabe Tatsuya, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. テガフール・ギメラシル・オテラシル投与による急速進行性糸球体腎炎で低リスクにも関わらず発症した糖尿病性腎症 1症例報告(Rapidly progressive glomerulonephritis caused by tegafur/gimeracil/oteracil resulted in diabetes nephropathy, in a patient with minor risk of diabetes nephropathy: a case report). CEN Case Reports 2020.11.01

  39. Shima Natsuki, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Mizuno Hiroki, Kawada Masahiro, Sekine Akinari, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 糖尿病歴30年の81歳の患者で認められた特徴的な腎生検所見 1症例報告(Characteristic Renal Histology of a 81-Year-Old Patient with a 30-Year History of Diabetes Mellitus: A Case Report). CEN Case Reports 2020.11.01

  40. Shima Natsuki, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Mizuno Hiroki, Kawada Masahiro, Sekine Akinari, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 糖尿病歴30年の81歳の患者で認められた特徴的な腎生検所見 1症例報告(Characteristic Renal Histology of a 81-Year-Old Patient with a 30-Year History of Diabetes Mellitus: A Case Report). CEN Case Reports 2020.11.01

  41. Toriu Naoya, Sawa Naoki, Imafuku Aya, Hasegawa Eiko, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Kawada Masahiro, Suwabe Tatsuya, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. テガフール・ギメラシル・オテラシル投与による急速進行性糸球体腎炎で低リスクにも関わらず発症した糖尿病性腎症 1症例報告(Rapidly progressive glomerulonephritis caused by tegafur/gimeracil/oteracil resulted in diabetes nephropathy, in a patient with minor risk of diabetes nephropathy: a case report). CEN Case Reports 2020.11.01

  42. Shima Natsuki, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Mizuno Hiroki, Kawada Masahiro, Sekine Akinari, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 糖尿病歴30年の81歳の患者で認められた特徴的な腎生検所見 1症例報告(Characteristic Renal Histology of a 81-Year-Old Patient with a 30-Year History of Diabetes Mellitus: A Case Report). CEN Case Reports 2020.11.01

  43. Toriu Naoya, Sawa Naoki, Imafuku Aya, Hasegawa Eiko, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Kawada Masahiro, Suwabe Tatsuya, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. テガフール・ギメラシル・オテラシル投与による急速進行性糸球体腎炎で低リスクにも関わらず発症した糖尿病性腎症 1症例報告(Rapidly progressive glomerulonephritis caused by tegafur/gimeracil/oteracil resulted in diabetes nephropathy, in a patient with minor risk of diabetes nephropathy: a case report). CEN Case Reports 2020.11.01

  44. Shima Natsuki, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Mizuno Hiroki, Kawada Masahiro, Sekine Akinari, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 糖尿病歴30年の81歳の患者で認められた特徴的な腎生検所見 1症例報告(Characteristic Renal Histology of a 81-Year-Old Patient with a 30-Year History of Diabetes Mellitus: A Case Report). CEN Case Reports 2020.11.01

  45. Toriu Naoya, Sawa Naoki, Imafuku Aya, Hasegawa Eiko, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Kawada Masahiro, Suwabe Tatsuya, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. テガフール・ギメラシル・オテラシル投与による急速進行性糸球体腎炎で低リスクにも関わらず発症した糖尿病性腎症 1症例報告(Rapidly progressive glomerulonephritis caused by tegafur/gimeracil/oteracil resulted in diabetes nephropathy, in a patient with minor risk of diabetes nephropathy: a case report). CEN Case Reports 2020.11.01

  46. Shima Natsuki, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Mizuno Hiroki, Kawada Masahiro, Sekine Akinari, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 糖尿病歴30年の81歳の患者で認められた特徴的な腎生検所見 1症例報告(Characteristic Renal Histology of a 81-Year-Old Patient with a 30-Year History of Diabetes Mellitus: A Case Report). CEN Case Reports 2020.11.01

  47. Toriu Naoya, Sawa Naoki, Imafuku Aya, Hasegawa Eiko, Sekine Akinari, Mizuno Hiroki, Yamanouchi Masayuki, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Kawada Masahiro, Suwabe Tatsuya, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. テガフール・ギメラシル・オテラシル投与による急速進行性糸球体腎炎で低リスクにも関わらず発症した糖尿病性腎症 1症例報告(Rapidly progressive glomerulonephritis caused by tegafur/gimeracil/oteracil resulted in diabetes nephropathy, in a patient with minor risk of diabetes nephropathy: a case report). CEN Case Reports 2020.11.01

  48. Shima Natsuki, Sawa Naoki, Yamanouchi Masayuki, Mizuno Hiroki, Kawada Masahiro, Sekine Akinari, Hiramatsu Rikako, Hayami Noriko, Hasegawa Eiko, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Ubara Yoshifumi. 糖尿病歴30年の81歳の患者で認められた特徴的な腎生検所見 1症例報告(Characteristic Renal Histology of a 81-Year-Old Patient with a 30-Year History of Diabetes Mellitus: A Case Report). CEN Case Reports 2020.11.01

  49. Okudela Koji, Hayashi Hiroyuki, Yoshimura Yukihiro, Sasaki Hiroaki, Horiuchi Hiroshi, Miyata Nobuyuki, Tachikawa Natsuo, Tsuchiya Yuki, Mitsui Hideaki, Ohashi Kenichi. COVID-19の日本人例 剖検報告(A Japanese case of COVID-19: An autopsy report). Pathology International 2020.10.01

  50. Okudela Koji, Hayashi Hiroyuki, Yoshimura Yukihiro, Sasaki Hiroaki, Horiuchi Hiroshi, Miyata Nobuyuki, Tachikawa Natsuo, Tsuchiya Yuki, Mitsui Hideaki, Ohashi Kenichi. COVID-19の日本人例 剖検報告(A Japanese case of COVID-19: An autopsy report). Pathology International 2020.10.01

  51. Okudela Koji, Hayashi Hiroyuki, Yoshimura Yukihiro, Sasaki Hiroaki, Horiuchi Hiroshi, Miyata Nobuyuki, Tachikawa Natsuo, Tsuchiya Yuki, Mitsui Hideaki, Ohashi Kenichi. COVID-19の日本人例 剖検報告(A Japanese case of COVID-19: An autopsy report). Pathology International 2020.10.01

  52. Okudela Koji, Hayashi Hiroyuki, Yoshimura Yukihiro, Sasaki Hiroaki, Horiuchi Hiroshi, Miyata Nobuyuki, Tachikawa Natsuo, Tsuchiya Yuki, Mitsui Hideaki, Ohashi Kenichi. COVID-19の日本人例 剖検報告(A Japanese case of COVID-19: An autopsy report). Pathology International 2020.10.01

  53. Okudela Koji, Hayashi Hiroyuki, Yoshimura Yukihiro, Sasaki Hiroaki, Horiuchi Hiroshi, Miyata Nobuyuki, Tachikawa Natsuo, Tsuchiya Yuki, Mitsui Hideaki, Ohashi Kenichi. COVID-19の日本人例 剖検報告(A Japanese case of COVID-19: An autopsy report). Pathology International 2020.10.01

  54. Okudela Koji, Hayashi Hiroyuki, Yoshimura Yukihiro, Sasaki Hiroaki, Horiuchi Hiroshi, Miyata Nobuyuki, Tachikawa Natsuo, Tsuchiya Yuki, Mitsui Hideaki, Ohashi Kenichi. COVID-19の日本人例 剖検報告(A Japanese case of COVID-19: An autopsy report). Pathology International 2020.10.01

  55. Okudela Koji, Hayashi Hiroyuki, Yoshimura Yukihiro, Sasaki Hiroaki, Horiuchi Hiroshi, Miyata Nobuyuki, Tachikawa Natsuo, Tsuchiya Yuki, Mitsui Hideaki, Ohashi Kenichi. COVID-19の日本人例 剖検報告(A Japanese case of COVID-19: An autopsy report). Pathology International 2020.10.01

  56. Oishi Naoki, Inoue Tomohiro, Odate Toru, Mochizuki Kunio, Ohashi Kenichi, Kirito Keita, Kondo Tetsuo. IgM軽鎖アミロイドーシスの患者における複合モノクローナルB細胞リンパ球増加症とMYD88 L265P陽性リンパ形質細胞性リンパ腫 症例報告(Composite monoclonal B-cell lymphocytosis and MYD88 L265P-positive lymphoplasmacytic lymphoma in a patient with IgM light chain amyloidosis: Case report). Pathology International 2020.07.01

  57. Oishi Naoki, Inoue Tomohiro, Odate Toru, Mochizuki Kunio, Ohashi Kenichi, Kirito Keita, Kondo Tetsuo. IgM軽鎖アミロイドーシスの患者における複合モノクローナルB細胞リンパ球増加症とMYD88 L265P陽性リンパ形質細胞性リンパ腫 症例報告(Composite monoclonal B-cell lymphocytosis and MYD88 L265P-positive lymphoplasmacytic lymphoma in a patient with IgM light chain amyloidosis: Case report). Pathology International 2020.07.01

  58. Oishi Naoki, Inoue Tomohiro, Odate Toru, Mochizuki Kunio, Ohashi Kenichi, Kirito Keita, Kondo Tetsuo. IgM軽鎖アミロイドーシスの患者における複合モノクローナルB細胞リンパ球増加症とMYD88 L265P陽性リンパ形質細胞性リンパ腫 症例報告(Composite monoclonal B-cell lymphocytosis and MYD88 L265P-positive lymphoplasmacytic lymphoma in a patient with IgM light chain amyloidosis: Case report). Pathology International 2020.07.01

  59. Oishi Naoki, Inoue Tomohiro, Odate Toru, Mochizuki Kunio, Ohashi Kenichi, Kirito Keita, Kondo Tetsuo. IgM軽鎖アミロイドーシスの患者における複合モノクローナルB細胞リンパ球増加症とMYD88 L265P陽性リンパ形質細胞性リンパ腫 症例報告(Composite monoclonal B-cell lymphocytosis and MYD88 L265P-positive lymphoplasmacytic lymphoma in a patient with IgM light chain amyloidosis: Case report). Pathology International 2020.07.01

  60. Oishi Naoki, Inoue Tomohiro, Odate Toru, Mochizuki Kunio, Ohashi Kenichi, Kirito Keita, Kondo Tetsuo. IgM軽鎖アミロイドーシスの患者における複合モノクローナルB細胞リンパ球増加症とMYD88 L265P陽性リンパ形質細胞性リンパ腫 症例報告(Composite monoclonal B-cell lymphocytosis and MYD88 L265P-positive lymphoplasmacytic lymphoma in a patient with IgM light chain amyloidosis: Case report). Pathology International 2020.07.01

  61. Oishi Naoki, Inoue Tomohiro, Odate Toru, Mochizuki Kunio, Ohashi Kenichi, Kirito Keita, Kondo Tetsuo. IgM軽鎖アミロイドーシスの患者における複合モノクローナルB細胞リンパ球増加症とMYD88 L265P陽性リンパ形質細胞性リンパ腫 症例報告(Composite monoclonal B-cell lymphocytosis and MYD88 L265P-positive lymphoplasmacytic lymphoma in a patient with IgM light chain amyloidosis: Case report). Pathology International 2020.07.01

  62. Oishi Naoki, Inoue Tomohiro, Odate Toru, Mochizuki Kunio, Ohashi Kenichi, Kirito Keita, Kondo Tetsuo. IgM軽鎖アミロイドーシスの患者における複合モノクローナルB細胞リンパ球増加症とMYD88 L265P陽性リンパ形質細胞性リンパ腫 症例報告(Composite monoclonal B-cell lymphocytosis and MYD88 L265P-positive lymphoplasmacytic lymphoma in a patient with IgM light chain amyloidosis: Case report). Pathology International 2020.07.01

  63. Oishi Naoki, Inoue Tomohiro, Odate Toru, Mochizuki Kunio, Ohashi Kenichi, Kirito Keita, Kondo Tetsuo. IgM軽鎖アミロイドーシスの患者における複合モノクローナルB細胞リンパ球増加症とMYD88 L265P陽性リンパ形質細胞性リンパ腫 症例報告(Composite monoclonal B-cell lymphocytosis and MYD88 L265P-positive lymphoplasmacytic lymphoma in a patient with IgM light chain amyloidosis: Case report). Pathology International 2020.07.01

  64. Aiko Naoto, Yamakawa Hideaki, Iwasawa Tae, Takemura Tamiko, Okudela Koji, Kitamura Hideya, Hagiwara Eri, Ikeda Satoshi, Baba Tomohisa, Iso Shinichiro, Yamaguchi Yukie, Kondo Yasushi, Kurabayashi Takayoshi, Ohashi Kenichi, Sato Shinji, Ogura Takashi. 抗アスパラギニルtRNA合成酵素抗体関連間質性肺疾患の臨床的、放射線学的、病理学的特徴(Clinical, radiological, and pathological features of anti-asparaginyl tRNA synthetase antibody-related interstitial lung disease). Respiratory Investigation 2020.05.01

  65. Aiko Naoto, Yamakawa Hideaki, Iwasawa Tae, Takemura Tamiko, Okudela Koji, Kitamura Hideya, Hagiwara Eri, Ikeda Satoshi, Baba Tomohisa, Iso Shinichiro, Yamaguchi Yukie, Kondo Yasushi, Kurabayashi Takayoshi, Ohashi Kenichi, Sato Shinji, Ogura Takashi. 抗アスパラギニルtRNA合成酵素抗体関連間質性肺疾患の臨床的、放射線学的、病理学的特徴(Clinical, radiological, and pathological features of anti-asparaginyl tRNA synthetase antibody-related interstitial lung disease). Respiratory Investigation 2020.05.01

  66. Aiko Naoto, Yamakawa Hideaki, Iwasawa Tae, Takemura Tamiko, Okudela Koji, Kitamura Hideya, Hagiwara Eri, Ikeda Satoshi, Baba Tomohisa, Iso Shinichiro, Yamaguchi Yukie, Kondo Yasushi, Kurabayashi Takayoshi, Ohashi Kenichi, Sato Shinji, Ogura Takashi. 抗アスパラギニルtRNA合成酵素抗体関連間質性肺疾患の臨床的、放射線学的、病理学的特徴(Clinical, radiological, and pathological features of anti-asparaginyl tRNA synthetase antibody-related interstitial lung disease). Respiratory Investigation 2020.05.01

  67. Aiko Naoto, Yamakawa Hideaki, Iwasawa Tae, Takemura Tamiko, Okudela Koji, Kitamura Hideya, Hagiwara Eri, Ikeda Satoshi, Baba Tomohisa, Iso Shinichiro, Yamaguchi Yukie, Kondo Yasushi, Kurabayashi Takayoshi, Ohashi Kenichi, Sato Shinji, Ogura Takashi. 抗アスパラギニルtRNA合成酵素抗体関連間質性肺疾患の臨床的、放射線学的、病理学的特徴(Clinical, radiological, and pathological features of anti-asparaginyl tRNA synthetase antibody-related interstitial lung disease). Respiratory Investigation 2020.05.01

  68. Aiko Naoto, Yamakawa Hideaki, Iwasawa Tae, Takemura Tamiko, Okudela Koji, Kitamura Hideya, Hagiwara Eri, Ikeda Satoshi, Baba Tomohisa, Iso Shinichiro, Yamaguchi Yukie, Kondo Yasushi, Kurabayashi Takayoshi, Ohashi Kenichi, Sato Shinji, Ogura Takashi. 抗アスパラギニルtRNA合成酵素抗体関連間質性肺疾患の臨床的、放射線学的、病理学的特徴(Clinical, radiological, and pathological features of anti-asparaginyl tRNA synthetase antibody-related interstitial lung disease). Respiratory Investigation 2020.05.01

  69. Aiko Naoto, Yamakawa Hideaki, Iwasawa Tae, Takemura Tamiko, Okudela Koji, Kitamura Hideya, Hagiwara Eri, Ikeda Satoshi, Baba Tomohisa, Iso Shinichiro, Yamaguchi Yukie, Kondo Yasushi, Kurabayashi Takayoshi, Ohashi Kenichi, Sato Shinji, Ogura Takashi. 抗アスパラギニルtRNA合成酵素抗体関連間質性肺疾患の臨床的、放射線学的、病理学的特徴(Clinical, radiological, and pathological features of anti-asparaginyl tRNA synthetase antibody-related interstitial lung disease). Respiratory Investigation 2020.05.01

  70. Aiko Naoto, Yamakawa Hideaki, Iwasawa Tae, Takemura Tamiko, Okudela Koji, Kitamura Hideya, Hagiwara Eri, Ikeda Satoshi, Baba Tomohisa, Iso Shinichiro, Yamaguchi Yukie, Kondo Yasushi, Kurabayashi Takayoshi, Ohashi Kenichi, Sato Shinji, Ogura Takashi. 抗アスパラギニルtRNA合成酵素抗体関連間質性肺疾患の臨床的、放射線学的、病理学的特徴(Clinical, radiological, and pathological features of anti-asparaginyl tRNA synthetase antibody-related interstitial lung disease). Respiratory Investigation 2020.05.01

  71. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  72. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  73. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  74. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  75. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  76. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  77. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  78. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  79. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  80. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  81. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  82. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  83. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  84. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  85. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  86. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  87. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  88. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  89. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  90. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  91. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  92. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  93. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  94. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  95. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  96. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  97. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  98. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  99. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  100. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  101. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  102. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  103. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  104. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  105. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  106. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  107. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  108. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  109. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  110. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  111. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  112. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  113. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  114. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  115. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  116. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  117. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  118. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  119. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  120. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  121. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  122. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  123. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  124. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  125. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  126. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  127. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  128. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  129. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  130. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  131. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  132. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  133. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  134. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  135. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  136. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  137. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  138. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  139. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  140. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  141. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  142. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  143. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  144. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  145. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  146. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  147. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  148. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  149. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  150. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  151. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  152. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  153. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  154. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  155. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  156. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  157. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  158. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  159. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  160. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  161. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  162. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  163. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  164. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  165. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  166. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  167. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  168. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  169. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  170. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  171. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  172. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  173. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  174. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  175. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  176. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  177. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  178. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  179. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  180. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  181. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  182. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  183. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  184. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  185. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  186. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  187. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  188. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  189. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  190. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  191. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  192. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  193. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  194. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  195. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  196. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  197. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  198. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  199. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  200. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  201. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  202. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  203. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  204. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  205. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  206. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  207. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  208. 小池 千尋, 奥寺 康司, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌における微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現プロファイル(A mRNA expression profile specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  209. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫に対するデノスマブの治療効果は限定的である 再発7症例の検討(Limited therapeutic effect of denosumab in patients with giant cell tumor of bone: A study of 7 recurrent cases). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  210. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 小池 千尋, 松村 舞依, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂巣肺におけるKRAS遺伝子変異頻度の測定(A measurement of KRAS mutant allele frequency in honeycomb lesions of interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  211. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 三井 秀昭, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 松村 舞依, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 正常胃粘膜を背景とする腺窩上皮型腺腫は高頻度にKRAS変異が認められる(Foveolar adenomas that develop in the background of normal gastric mucosa are frequently associated with KRAS mutations). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  212. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 大橋 健一. HNF 4alfa陽性気道上皮細胞とnon-TRU lung adenocarcinomaの発生の関係性(A subpopulation of airway epithelial cells that express HNF 4alfaand non-TRU lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  213. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小池 千尋, 中林 潤, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 荒井 宏雅, 大橋 健一. EGFR変異型肺腺癌の微小乳頭状亜型に特異的な体細胞遺伝子変異(Somatic mutations specific to micropapillary element in EGFR-mutated lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  214. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  215. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  216. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  217. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  218. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  219. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  220. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  221. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  222. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  223. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  224. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  225. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  226. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  227. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  228. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  229. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  230. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  231. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  232. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  233. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  234. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  235. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  236. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  237. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  238. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  239. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  240. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  241. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  242. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  243. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  244. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  245. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  246. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  247. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  248. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  249. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  250. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  251. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  252. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  253. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  254. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  255. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  256. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  257. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  258. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 梅田 茂明, 松村 舞依, 馬場 智尚, 田尻 道彦, 小倉 高志, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎に合併するnon-TRU肺腺癌におけるKRAS変異、NRG1転座、これらの遺伝子量の変化について(KRAS, NRG1 mutations and copy number alterations in non-TRU lung adenocarcinomas with interstitial pneumonia). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  259. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. 骨巨細胞腫における真の腫瘍細胞は、破骨細胞系ではなく骨芽細胞系である(True Neoplastic Cells in Giant Cell Tumor of Bone are not Osteoclast but Osteoblast Lineage Cells). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  260. Toriu Naoya, Hiramatsu Rikako, Mizuno Hiroki, Ikuma Daisuke, Sekine Akinari, Hayami Noriko, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Yanagita Motoko, Ubara Yoshifumi. ループス腎炎患者の連続的腎生検およびfingerprint沈着 1症例報告(Sequential renal biopsy in a patient with lupus nephritis and fingerprint deposits: a case report). Modern Rheumatology Case Reports 2018.07.01

  261. Toriu Naoya, Hiramatsu Rikako, Mizuno Hiroki, Ikuma Daisuke, Sekine Akinari, Hayami Noriko, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Yanagita Motoko, Ubara Yoshifumi. ループス腎炎患者の連続的腎生検およびfingerprint沈着 1症例報告(Sequential renal biopsy in a patient with lupus nephritis and fingerprint deposits: a case report). Modern Rheumatology Case Reports 2018.07.01

  262. Toriu Naoya, Hiramatsu Rikako, Mizuno Hiroki, Ikuma Daisuke, Sekine Akinari, Hayami Noriko, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Yanagita Motoko, Ubara Yoshifumi. ループス腎炎患者の連続的腎生検およびfingerprint沈着 1症例報告(Sequential renal biopsy in a patient with lupus nephritis and fingerprint deposits: a case report). Modern Rheumatology Case Reports 2018.07.01

  263. Toriu Naoya, Hiramatsu Rikako, Mizuno Hiroki, Ikuma Daisuke, Sekine Akinari, Hayami Noriko, Sumida Keiichi, Yamanouchi Masayuki, Hasegawa Eiko, Hoshino Junichi, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Yanagita Motoko, Ubara Yoshifumi. ループス腎炎患者の連続的腎生検およびfingerprint沈着 1症例報告(Sequential renal biopsy in a patient with lupus nephritis and fingerprint deposits: a case report). Modern Rheumatology Case Reports 2018.07.01

  264. Hasegawa Jumpei, Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Suwabe Tatsuya, Sumida Keiichi, Mise Koki, Ueno Toshiharu, Yamanouchi Masayuki, Sawa Naoki, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Takaichi Kenmei, Ubara Yoshifumi. 原発性シェーグレン症候群を伴うクリオグロブリン血症性血管炎 1症例報告(Cryoglobulinemic vasculitis with primary Sjoegren's syndrome: A case report). Modern Rheumatology 2018.05.01

  265. Hasegawa Jumpei, Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Suwabe Tatsuya, Sumida Keiichi, Mise Koki, Ueno Toshiharu, Yamanouchi Masayuki, Sawa Naoki, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Takaichi Kenmei, Ubara Yoshifumi. 原発性シェーグレン症候群を伴うクリオグロブリン血症性血管炎 1症例報告(Cryoglobulinemic vasculitis with primary Sjoegren's syndrome: A case report). Modern Rheumatology 2018.05.01

  266. Hasegawa Jumpei, Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Suwabe Tatsuya, Sumida Keiichi, Mise Koki, Ueno Toshiharu, Yamanouchi Masayuki, Sawa Naoki, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Takaichi Kenmei, Ubara Yoshifumi. 原発性シェーグレン症候群を伴うクリオグロブリン血症性血管炎 1症例報告(Cryoglobulinemic vasculitis with primary Sjoegren's syndrome: A case report). Modern Rheumatology 2018.05.01

  267. Hasegawa Jumpei, Hayami Noriko, Hoshino Junichi, Suwabe Tatsuya, Sumida Keiichi, Mise Koki, Ueno Toshiharu, Yamanouchi Masayuki, Sawa Naoki, Ohashi Kenichi, Fujii Takeshi, Takaichi Kenmei, Ubara Yoshifumi. 原発性シェーグレン症候群を伴うクリオグロブリン血症性血管炎 1症例報告(Cryoglobulinemic vasculitis with primary Sjoegren's syndrome: A case report). Modern Rheumatology 2018.05.01

  268. Takada Daisuke, Hoshino Junichi, Kikuchi Koichi, Yabuuchi Junko, Kogure Yuta, Ueno Toshiharu, Sekine Akinari, Yamanouchi Masayuki, Sumida Keiichi, Mise Koki, Suwabe Tatsuya, Hayami Noriko, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Hayasi Nobukazu, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. 限局型全身性強皮症患者における抗RNAポリメラーゼIII抗体関連強皮症腎クリーゼ 1症例報告(Anti-RNA polymerase III antibody-associated scleroderma renal crisis in a patient with limited cutaneous systemic sclerosis: A case report). Modern Rheumatology 2018.03.01

  269. Takada Daisuke, Hoshino Junichi, Kikuchi Koichi, Yabuuchi Junko, Kogure Yuta, Ueno Toshiharu, Sekine Akinari, Yamanouchi Masayuki, Sumida Keiichi, Mise Koki, Suwabe Tatsuya, Hayami Noriko, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Hayasi Nobukazu, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. 限局型全身性強皮症患者における抗RNAポリメラーゼIII抗体関連強皮症腎クリーゼ 1症例報告(Anti-RNA polymerase III antibody-associated scleroderma renal crisis in a patient with limited cutaneous systemic sclerosis: A case report). Modern Rheumatology 2018.03.01

  270. Takada Daisuke, Hoshino Junichi, Kikuchi Koichi, Yabuuchi Junko, Kogure Yuta, Ueno Toshiharu, Sekine Akinari, Yamanouchi Masayuki, Sumida Keiichi, Mise Koki, Suwabe Tatsuya, Hayami Noriko, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Hayasi Nobukazu, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. 限局型全身性強皮症患者における抗RNAポリメラーゼIII抗体関連強皮症腎クリーゼ 1症例報告(Anti-RNA polymerase III antibody-associated scleroderma renal crisis in a patient with limited cutaneous systemic sclerosis: A case report). Modern Rheumatology 2018.03.01

  271. Takada Daisuke, Hoshino Junichi, Kikuchi Koichi, Yabuuchi Junko, Kogure Yuta, Ueno Toshiharu, Sekine Akinari, Yamanouchi Masayuki, Sumida Keiichi, Mise Koki, Suwabe Tatsuya, Hayami Noriko, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Hayasi Nobukazu, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. 限局型全身性強皮症患者における抗RNAポリメラーゼIII抗体関連強皮症腎クリーゼ 1症例報告(Anti-RNA polymerase III antibody-associated scleroderma renal crisis in a patient with limited cutaneous systemic sclerosis: A case report). Modern Rheumatology 2018.03.01

  272. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  273. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  274. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  275. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  276. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  277. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  278. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  279. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  280. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  281. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  282. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  283. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  284. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  285. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  286. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  287. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  288. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  289. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  290. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  291. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  292. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  293. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  294. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  295. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  296. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  297. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  298. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  299. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  300. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  301. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  302. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  303. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  304. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  305. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  306. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  307. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  308. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  309. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  310. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  311. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  312. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  313. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  314. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  315. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  316. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  317. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  318. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  319. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  320. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  321. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  322. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  323. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  324. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  325. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  326. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  327. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  328. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  329. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  330. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  331. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  332. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  333. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  334. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  335. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  336. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  337. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  338. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  339. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  340. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  341. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  342. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  343. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  344. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  345. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  346. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  347. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  348. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  349. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  350. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  351. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  352. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  353. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  354. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  355. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  356. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  357. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  358. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  359. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  360. 加藤 生真, 古屋 充子, 大橋 健一. デノスマブ治療後の骨巨細胞腫 劇的な組織像の変化は腫瘍細胞の消失を意味しない. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  361. 奥寺 康司, 小島 陽子, 荒井 宏雅, 松村 舞衣, 梅田 茂明, 大橋 健一. 間質性肺炎合併肺癌のドライバーがん遺伝子変異. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  362. 松村 舞依, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 肺腺癌におけるMUC21の発現 微小乳頭状成分との関連性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  363. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 中島 佑, 荒井 宏雅, 小島 陽子, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 梅田 茂明, 立石 陽子, 山中 正二, 大橋 健一. 特発性間質性肺炎関連肺腺癌におけるムチン蛋白発現の特性. 日本癌学会総会記事 2017.09.01

  364. Hamanoue Satoshi, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sumida Keiichi, Mise Koki, Hayami Noriko, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Yazaki Masahide, Ikeda Shuichi, Ubara Yoshifumi. 家族性地中海熱を合併したAAアミロイド症に対してヒト化抗インターロイキン-6受容体抗体(トシリズマブ)による治療が奏効した1例(Successful treatment with humanized anti-interleukin-6 receptor antibody(tocilizumab) in a case of AA amyloidosis complicated by familial Mediterranean fever). Modern Rheumatology 2016.07.01

  365. Hamanoue Satoshi, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sumida Keiichi, Mise Koki, Hayami Noriko, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Yazaki Masahide, Ikeda Shuichi, Ubara Yoshifumi. 家族性地中海熱を合併したAAアミロイド症に対してヒト化抗インターロイキン-6受容体抗体(トシリズマブ)による治療が奏効した1例(Successful treatment with humanized anti-interleukin-6 receptor antibody(tocilizumab) in a case of AA amyloidosis complicated by familial Mediterranean fever). Modern Rheumatology 2016.07.01

  366. Hamanoue Satoshi, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sumida Keiichi, Mise Koki, Hayami Noriko, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Yazaki Masahide, Ikeda Shuichi, Ubara Yoshifumi. 家族性地中海熱を合併したAAアミロイド症に対してヒト化抗インターロイキン-6受容体抗体(トシリズマブ)による治療が奏効した1例(Successful treatment with humanized anti-interleukin-6 receptor antibody(tocilizumab) in a case of AA amyloidosis complicated by familial Mediterranean fever). Modern Rheumatology 2016.07.01

  367. Hamanoue Satoshi, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sumida Keiichi, Mise Koki, Hayami Noriko, Sawa Naoki, Takaichi Kenmei, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Yazaki Masahide, Ikeda Shuichi, Ubara Yoshifumi. 家族性地中海熱を合併したAAアミロイド症に対してヒト化抗インターロイキン-6受容体抗体(トシリズマブ)による治療が奏効した1例(Successful treatment with humanized anti-interleukin-6 receptor antibody(tocilizumab) in a case of AA amyloidosis complicated by familial Mediterranean fever). Modern Rheumatology 2016.07.01

  368. Kaseda Koji, Marui Yuji, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sumida Keiichi, Hayami Noriko, Mise Koki, Tanaka Kiho, Takaichi Kenmei, Tomikawa Shinji, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. 難治性小児期発症ANCA関連血管炎患者に対する腎移植(Kidney transplantation for a patient with refractory childhood-onset ANCA-associated vasculitis). Modern Rheumatology 2016.03.01

  369. Kaseda Koji, Marui Yuji, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sumida Keiichi, Hayami Noriko, Mise Koki, Tanaka Kiho, Takaichi Kenmei, Tomikawa Shinji, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. 難治性小児期発症ANCA関連血管炎患者に対する腎移植(Kidney transplantation for a patient with refractory childhood-onset ANCA-associated vasculitis). Modern Rheumatology 2016.03.01

  370. Kaseda Koji, Marui Yuji, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sumida Keiichi, Hayami Noriko, Mise Koki, Tanaka Kiho, Takaichi Kenmei, Tomikawa Shinji, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. 難治性小児期発症ANCA関連血管炎患者に対する腎移植(Kidney transplantation for a patient with refractory childhood-onset ANCA-associated vasculitis). Modern Rheumatology 2016.03.01

  371. Kaseda Koji, Marui Yuji, Suwabe Tatsuya, Hoshino Junichi, Sumida Keiichi, Hayami Noriko, Mise Koki, Tanaka Kiho, Takaichi Kenmei, Tomikawa Shinji, Fujii Takeshi, Ohashi Kenichi, Ubara Yoshifumi. 難治性小児期発症ANCA関連血管炎患者に対する腎移植(Kidney transplantation for a patient with refractory childhood-onset ANCA-associated vasculitis). Modern Rheumatology 2016.03.01

  372. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  373. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  374. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  375. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  376. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  377. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  378. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  379. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  380. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  381. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  382. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  383. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  384. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  385. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  386. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  387. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  388. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  389. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  390. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  391. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  392. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  393. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  394. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  395. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  396. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  397. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  398. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  399. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  400. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  401. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  402. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  403. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  404. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  405. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  406. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  407. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  408. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  409. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  410. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  411. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  412. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  413. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  414. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  415. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  416. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  417. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  418. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  419. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  420. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  421. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  422. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  423. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  424. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  425. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  426. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  427. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  428. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  429. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  430. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  431. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  432. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  433. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  434. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  435. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  436. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  437. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  438. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  439. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  440. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  441. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  442. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  443. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  444. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  445. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  446. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  447. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  448. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  449. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  450. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  451. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  452. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  453. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  454. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  455. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  456. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  457. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  458. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  459. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  460. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  461. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  462. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  463. 奥寺 康司, 片山 映, 禹 哲漢, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 梅田 茂明, 田尻 道彦, 永原 則之, 益田 宗孝, 大橋 健一. KRASがん遺伝子下流分子のプロテオーム解析 CLIC4の発がんにおける意義. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  464. 長嶋 洋治, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐, 青木 一郎, 大橋 健一. 腎腫瘍針生検による診断のためのアルゴリズム作成. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  465. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるCXCL7/CXCR2 axisの役割. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  466. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 松村 舞依, 河野 尚美, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmicroRNAの発現. 日本癌学会総会記事 2015.10.01

  467. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  468. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  469. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  470. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  471. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  472. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  473. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  474. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  475. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  476. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  477. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  478. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  479. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  480. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  481. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  482. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  483. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  484. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  485. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  486. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  487. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  488. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  489. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  490. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  491. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  492. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  493. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  494. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  495. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  496. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  497. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  498. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  499. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  500. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  501. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  502. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  503. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  504. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  505. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  506. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  507. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  508. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  509. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  510. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  511. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  512. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  513. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  514. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  515. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  516. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  517. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  518. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  519. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  520. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  521. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  522. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  523. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  524. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  525. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  526. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  527. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  528. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  529. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  530. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  531. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  532. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  533. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  534. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  535. 奥寺 康司, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. KRASがん遺伝子によって発現制御されるマイクロRNAの網羅的検索(A comprehensive search for microRNAs, the expressions of which were modulated by oncogenic KRAS). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  536. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 立石 陽子, 小島 陽子, 大橋 健一. 肺腺癌におけるIL24の発現解析(Expression of IL24 in lung adenocarcinoma). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  537. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 早期大腸がんにおけるmiR-31およびmiR-21の発現(Expression of oncogenic modulator miR-31 and miR-21 are up-regulated in early CRC). 日本癌学会総会記事 2014.09.01

  538. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  539. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  540. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  541. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  542. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  543. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  544. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  545. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  546. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  547. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  548. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  549. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  550. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  551. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  552. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  553. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  554. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  555. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  556. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  557. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  558. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  559. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  560. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  561. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  562. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  563. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  564. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  565. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  566. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  567. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  568. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  569. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  570. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  571. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  572. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  573. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  574. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  575. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  576. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  577. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  578. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  579. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  580. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  581. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  582. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  583. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  584. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  585. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  586. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  587. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  588. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  589. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  590. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  591. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  592. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  593. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  594. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  595. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  596. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  597. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  598. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  599. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  600. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  601. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  602. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  603. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  604. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  605. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 鈴木 健久, 立石 陽子, 三井 秀昭, 小島 陽子, 大橋 健一. 変異型EGFR遺伝子の導入によって誘導される下流遺伝子の分子基盤について(Molecular basis of the downstream genes induced by introduction of mutant EGFR genes). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  606. 奥寺 康司, 立石 陽子, 梅田 茂明, 禹 哲漢, 大橋 健一. 肺発がんにおけるmiR-31の役割(The potential role of miR-31 in carcinogenesis of the lung). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  607. 立石 陽子, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 小島 陽子, 河野 尚美, 渡辺 一輝, 大橋 健一. 大腸粘膜下層浸潤癌におけるmicroRNA-31の役割(The potential role of microRNA-31 in submucosl invasive colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  608. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  609. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  610. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  611. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  612. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  613. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  614. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  615. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  616. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  617. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  618. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  619. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  620. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  621. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  622. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  623. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  624. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  625. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  626. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  627. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  628. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  629. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  630. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  631. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  632. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  633. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  634. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  635. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  636. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  637. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  638. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  639. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  640. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  641. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  642. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  643. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  644. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  645. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  646. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  647. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  648. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  649. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  650. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  651. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  652. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  653. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  654. 水島 大一, 秋本 和憲, 長嶋 洋治, 最上 多恵, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 亀田 陽一, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 青木 一郎, 大野 茂男, 平原 史樹. 子宮頸癌におけるatypical protein kinase Cλ/ιの核局在と過剰発現は予後と相関する(The nuclear localization and overexpression of atypical protein kinase C in cervical cancer correlate with prognosis). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  655. 奥寺 康司, 禹 哲漢, 田尻 道彦, 益田 宗孝, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 肺癌の形態プロファイル分類(Morphometric Profiling of Lung Cancers). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  656. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  657. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  658. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  659. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  660. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  661. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  662. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  663. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  664. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  665. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  666. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  667. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  668. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  669. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  670. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  671. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  672. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  673. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  674. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  675. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  676. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  677. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  678. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  679. 三輪 有香子, 古田 玲子, 元井 紀子, 堀井 理絵, 新井 正美, 山本 智理子, 秋山 太, 大橋 健一, 町並 陸生, 加藤 洋, 石川 雄一. リンチ症候群で免疫組織化学的に検出された胃と子宮の前癌病変(Precancerous lesions detected immunohistochemically in the stomach and uterus of a Lynch syndrome). 日本癌学会総会記事 2011.09.01

  680. Hirohama Daigoro, Hoshino Junichi, Hasegawa Eiko, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Sawa Naoki, Takemoto Fumi, Ubara Yoshifumi, Hara Shigeko, Ohashi Kenichi, Takaichi Kenmei. 抗腫瘍壊死因子-α治療を受けた患者におけるミエロペルオキシダーゼ抗好中球細胞質抗体関連腎血管炎の発現(Development of myeloperoxidase-antineutrophil cytoplasmic antibody-associated renal vasculitis in a patient receiving treatment with anti-tumor necrosis factor-α). Modern Rheumatology 2010.12.01

  681. Hirohama Daigoro, Hoshino Junichi, Hasegawa Eiko, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Sawa Naoki, Takemoto Fumi, Ubara Yoshifumi, Hara Shigeko, Ohashi Kenichi, Takaichi Kenmei. 抗腫瘍壊死因子-α治療を受けた患者におけるミエロペルオキシダーゼ抗好中球細胞質抗体関連腎血管炎の発現(Development of myeloperoxidase-antineutrophil cytoplasmic antibody-associated renal vasculitis in a patient receiving treatment with anti-tumor necrosis factor-α). Modern Rheumatology 2010.12.01

  682. Hirohama Daigoro, Hoshino Junichi, Hasegawa Eiko, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Sawa Naoki, Takemoto Fumi, Ubara Yoshifumi, Hara Shigeko, Ohashi Kenichi, Takaichi Kenmei. 抗腫瘍壊死因子-α治療を受けた患者におけるミエロペルオキシダーゼ抗好中球細胞質抗体関連腎血管炎の発現(Development of myeloperoxidase-antineutrophil cytoplasmic antibody-associated renal vasculitis in a patient receiving treatment with anti-tumor necrosis factor-α). Modern Rheumatology 2010.12.01

  683. Hirohama Daigoro, Hoshino Junichi, Hasegawa Eiko, Yamanouchi Masayuki, Hayami Noriko, Suwabe Tatsuya, Sawa Naoki, Takemoto Fumi, Ubara Yoshifumi, Hara Shigeko, Ohashi Kenichi, Takaichi Kenmei. 抗腫瘍壊死因子-α治療を受けた患者におけるミエロペルオキシダーゼ抗好中球細胞質抗体関連腎血管炎の発現(Development of myeloperoxidase-antineutrophil cytoplasmic antibody-associated renal vasculitis in a patient receiving treatment with anti-tumor necrosis factor-α). Modern Rheumatology 2010.12.01

  684. Nakajima Yasuaki, Nagai Kagami, Miyake Satoshi, Ohashi Kenichi, Kawano Tatsuyuki, Iwai Takehisa. 粘膜下層浸潤の食道扁平上皮癌(Sm-ESCC)のリンパ節転移の指標の評価(Evaluation of an Indicator for Lymph Node Metastasis of Esophageal Squamous Cell Carcinoma Invading the Submucosal Layer). Japanese Journal of Cancer Research 2002.03.01

  685. Nakajima Yasuaki, Nagai Kagami, Miyake Satoshi, Ohashi Kenichi, Kawano Tatsuyuki, Iwai Takehisa. 粘膜下層浸潤の食道扁平上皮癌(Sm-ESCC)のリンパ節転移の指標の評価(Evaluation of an Indicator for Lymph Node Metastasis of Esophageal Squamous Cell Carcinoma Invading the Submucosal Layer). Japanese Journal of Cancer Research 2002.03.01

  686. Nakajima Yasuaki, Nagai Kagami, Miyake Satoshi, Ohashi Kenichi, Kawano Tatsuyuki, Iwai Takehisa. 粘膜下層浸潤の食道扁平上皮癌(Sm-ESCC)のリンパ節転移の指標の評価(Evaluation of an Indicator for Lymph Node Metastasis of Esophageal Squamous Cell Carcinoma Invading the Submucosal Layer). Japanese Journal of Cancer Research 2002.03.01

  687. Nakajima Yasuaki, Nagai Kagami, Miyake Satoshi, Ohashi Kenichi, Kawano Tatsuyuki, Iwai Takehisa. 粘膜下層浸潤の食道扁平上皮癌(Sm-ESCC)のリンパ節転移の指標の評価(Evaluation of an Indicator for Lymph Node Metastasis of Esophageal Squamous Cell Carcinoma Invading the Submucosal Layer). Japanese Journal of Cancer Research 2002.03.01

  688. Nakajima Yasuaki, Nagai Kagami, Miyake Satoshi, Ohashi Kenichi, Kawano Tatsuyuki, Iwai Takehisa. 粘膜下層浸潤の食道扁平上皮癌(Sm-ESCC)のリンパ節転移の指標の評価(Evaluation of an Indicator for Lymph Node Metastasis of Esophageal Squamous Cell Carcinoma Invading the Submucosal Layer). Japanese Journal of Cancer Research 2002.03.01

  689. Nakajima Yasuaki, Nagai Kagami, Miyake Satoshi, Ohashi Kenichi, Kawano Tatsuyuki, Iwai Takehisa. 粘膜下層浸潤の食道扁平上皮癌(Sm-ESCC)のリンパ節転移の指標の評価(Evaluation of an Indicator for Lymph Node Metastasis of Esophageal Squamous Cell Carcinoma Invading the Submucosal Layer). Japanese Journal of Cancer Research 2002.03.01

  690. Nakajima Yasuaki, Nagai Kagami, Miyake Satoshi, Ohashi Kenichi, Kawano Tatsuyuki, Iwai Takehisa. 粘膜下層浸潤の食道扁平上皮癌(Sm-ESCC)のリンパ節転移の指標の評価(Evaluation of an Indicator for Lymph Node Metastasis of Esophageal Squamous Cell Carcinoma Invading the Submucosal Layer). Japanese Journal of Cancer Research 2002.03.01

  691. Nakajima Yasuaki, Nagai Kagami, Miyake Satoshi, Ohashi Kenichi, Kawano Tatsuyuki, Iwai Takehisa. 粘膜下層浸潤の食道扁平上皮癌(Sm-ESCC)のリンパ節転移の指標の評価(Evaluation of an Indicator for Lymph Node Metastasis of Esophageal Squamous Cell Carcinoma Invading the Submucosal Layer). Japanese Journal of Cancer Research 2002.03.01

  692. Mikami Shuji, Ohashi Kenichi, Usui Yutaka, Nemoto Tetsuo, Katsube Ken-ichi, Yanagishita Masaki, Nakajima Motowo, Nakamura Kyouichi, Koike Morio. 浸潤食道癌におけるシンデカンー1の欠失とヘパラナーゼ発現の増加(Loss of Syndecan-1 and Increased Expression of Heparanase in Invasive Esophageal Carcinomas). Japanese Journal of Cancer Research 2001.10.01

  693. Mikami Shuji, Ohashi Kenichi, Usui Yutaka, Nemoto Tetsuo, Katsube Ken-ichi, Yanagishita Masaki, Nakajima Motowo, Nakamura Kyouichi, Koike Morio. 浸潤食道癌におけるシンデカンー1の欠失とヘパラナーゼ発現の増加(Loss of Syndecan-1 and Increased Expression of Heparanase in Invasive Esophageal Carcinomas). Japanese Journal of Cancer Research 2001.10.01

  694. Mikami Shuji, Ohashi Kenichi, Usui Yutaka, Nemoto Tetsuo, Katsube Ken-ichi, Yanagishita Masaki, Nakajima Motowo, Nakamura Kyouichi, Koike Morio. 浸潤食道癌におけるシンデカンー1の欠失とヘパラナーゼ発現の増加(Loss of Syndecan-1 and Increased Expression of Heparanase in Invasive Esophageal Carcinomas). Japanese Journal of Cancer Research 2001.10.01

  695. Mikami Shuji, Ohashi Kenichi, Usui Yutaka, Nemoto Tetsuo, Katsube Ken-ichi, Yanagishita Masaki, Nakajima Motowo, Nakamura Kyouichi, Koike Morio. 浸潤食道癌におけるシンデカンー1の欠失とヘパラナーゼ発現の増加(Loss of Syndecan-1 and Increased Expression of Heparanase in Invasive Esophageal Carcinomas). Japanese Journal of Cancer Research 2001.10.01

  696. Mikami Shuji, Ohashi Kenichi, Usui Yutaka, Nemoto Tetsuo, Katsube Ken-ichi, Yanagishita Masaki, Nakajima Motowo, Nakamura Kyouichi, Koike Morio. 浸潤食道癌におけるシンデカンー1の欠失とヘパラナーゼ発現の増加(Loss of Syndecan-1 and Increased Expression of Heparanase in Invasive Esophageal Carcinomas). Japanese Journal of Cancer Research 2001.10.01

  697. Mikami Shuji, Ohashi Kenichi, Usui Yutaka, Nemoto Tetsuo, Katsube Ken-ichi, Yanagishita Masaki, Nakajima Motowo, Nakamura Kyouichi, Koike Morio. 浸潤食道癌におけるシンデカンー1の欠失とヘパラナーゼ発現の増加(Loss of Syndecan-1 and Increased Expression of Heparanase in Invasive Esophageal Carcinomas). Japanese Journal of Cancer Research 2001.10.01

  698. Mikami Shuji, Ohashi Kenichi, Usui Yutaka, Nemoto Tetsuo, Katsube Ken-ichi, Yanagishita Masaki, Nakajima Motowo, Nakamura Kyouichi, Koike Morio. 浸潤食道癌におけるシンデカンー1の欠失とヘパラナーゼ発現の増加(Loss of Syndecan-1 and Increased Expression of Heparanase in Invasive Esophageal Carcinomas). Japanese Journal of Cancer Research 2001.10.01

  699. Mikami Shuji, Ohashi Kenichi, Usui Yutaka, Nemoto Tetsuo, Katsube Ken-ichi, Yanagishita Masaki, Nakajima Motowo, Nakamura Kyouichi, Koike Morio. 浸潤食道癌におけるシンデカンー1の欠失とヘパラナーゼ発現の増加(Loss of Syndecan-1 and Increased Expression of Heparanase in Invasive Esophageal Carcinomas). Japanese Journal of Cancer Research 2001.10.01

  700. Nemoto Tetsuo, Nakamura Takuro, Ohashi Kenichi. N-Nitroso-N-ethylurea誘発ハムスター・メラノーマ:新しい誘発法とメラノームのシュワン様細胞分化. Japanese Journal of Cancer Research 1993.05.01

  701. Nemoto Tetsuo, Nakamura Takuro, Ohashi Kenichi. N-Nitroso-N-ethylurea誘発ハムスター・メラノーマ:新しい誘発法とメラノームのシュワン様細胞分化. Japanese Journal of Cancer Research 1993.05.01

  702. Nemoto Tetsuo, Nakamura Takuro, Ohashi Kenichi. N-Nitroso-N-ethylurea誘発ハムスター・メラノーマ:新しい誘発法とメラノームのシュワン様細胞分化. Japanese Journal of Cancer Research 1993.05.01

  703. Nemoto Tetsuo, Nakamura Takuro, Ohashi Kenichi. N-Nitroso-N-ethylurea誘発ハムスター・メラノーマ:新しい誘発法とメラノームのシュワン様細胞分化. Japanese Journal of Cancer Research 1993.05.01

  704. Nemoto Tetsuo, Nakamura Takuro, Ohashi Kenichi. N-Nitroso-N-ethylurea誘発ハムスター・メラノーマ:新しい誘発法とメラノームのシュワン様細胞分化. Japanese Journal of Cancer Research 1993.05.01

  705. Nemoto Tetsuo, Nakamura Takuro, Ohashi Kenichi. N-Nitroso-N-ethylurea誘発ハムスター・メラノーマ:新しい誘発法とメラノームのシュワン様細胞分化. Japanese Journal of Cancer Research 1993.05.01

  706. Nemoto Tetsuo, Nakamura Takuro, Ohashi Kenichi. N-Nitroso-N-ethylurea誘発ハムスター・メラノーマ:新しい誘発法とメラノームのシュワン様細胞分化. Japanese Journal of Cancer Research 1993.05.01

  707. 大山 節子, 大庭 悠貴, 栗原 重和, 関根 章成, 山内 真之, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 河野 圭, 大橋 健一, 和田 健彦, 乳原 善文, 澤 直樹. MPO-ANCA値弱陽性ながらアバコパン単剤にて腎炎の再燃なく寛解維持されている顕微鏡的多発血管炎の一例. 日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集 2023.12.01

  708. 吉本 雅俊, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 諏訪部 達也, 長谷川 詠子, 河野 圭, 大橋 健一, 金子 駿太, 三森 明夫, 乳原 善文, 和田 健彦, 澤 直樹. 溶血性貧血や補体低下をきたしたTAFRO症候群の一例. 日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集 2023.12.01

  709. 壷谷 友宏, 萬代 新太郎, 森本 靖久, 藤木 珠美, 内藤 省太郎, 飯盛 聡一郎, 蘇原 映誠, 大西 威一郎, 大橋 健一, 内田 信一. 骨髄組織でPAC3染色陽性類上皮細胞肉芽腫を認めたことで診断に至ったサルコイドーシスの1例. 日本内科学会関東地方会 2023.10.01

  710. 河内 理, 倉田 盛人, 小澤 瑞稀, 新谷 実咲, 石橋 玄, 草野 和生, 進藤 重雄, 大橋 健一. セルブロック作成が診断に有用であった胞巣状軟部肉腫の一例. 共済医報 2023.10.01

  711. 地野 祐輔, 中嶋 裕, 坂田 泰子, 安藤 登, 水口 祐未, 木村 あずさ, 齋藤 ひかり, 櫻井 聖, 桐村 進, 新宅 洋, 伊藤 崇, 大西 威一郎, 國枝 純子, 明石 巧, 大橋 健一. 腺様嚢胞癌、基底細胞腺腫の鑑別困難例における転写因子EN1細胞染色の有用性の検討. 日本臨床細胞学会雑誌 2023.10.01

  712. 吉本 雅俊, 長谷川 詠子, 原 理沙, 井上 典子, 関根 章成, 田中 希穂, 河野 圭, 大橋 健一, 乳原 善文, 澤 直樹, 和田 健彦. 腎生検で典型的なTAFRO症候群の腎病理像をとるもステロイドのみで軽快した非典型的な臨床経過を示した一例. 日本腎臓学会誌 2023.09.01

  713. 末永 敦彦, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 山内 真之, 諏訪部 達也, 河野 圭, 木脇 圭一, 大橋 健一, 乳原 善文, 澤 直樹. 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群を合併したTAFRO症候群の一例. 日本腎臓学会誌 2023.09.01

  714. 師田 まりえ, 原 理沙, 関根 章成, 井上 典子, 田中 希穂, 長谷川 詠子, 乳原 善文, 河野 圭, 大橋 健一. 急性腎不全で発症し,化学療法により腎機能が回復したLight chain proximal tubulopathy(LCPT)の一例. 日本腎臓学会誌 2023.09.01

  715. 竹内 俊博, 中山 祐樹, 大庭 悠貴, 諏訪部 達也, 河野 圭, 大橋 健一, 山口 裕, 乳原 善文, 澤 直樹. 低補体血症を認め尿細管間質性腎炎が主体のMPO-ANCA関連血管炎の一例. 日本腎臓学会誌 2023.09.01

  716. 上戸 壽, 渡邉 駿, 河野 圭, 大橋 健一, 金綱 友木子, 土谷 良樹, 和田 健彦, 乳原 善文, 澤 直樹. 乳酸/ピルビン酸代謝異常が血液透析導入後に顕在化し脳症の病態関与が疑われたミトコンドリア異常症の一例. 日本腎臓学会誌 2023.09.01

  717. 末永 敦彦, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 山内 真之, 諏訪部 達也, 河野 圭, 木脇 圭一, 大橋 健一, 乳原 善文, 澤 直樹. ラムシルマブによる糸球体病変機序の紹介. 日本腎臓学会誌 2023.09.01

  718. 角田 進, 井熊 大輔, 山内 真之, 長谷川 詠子, 和田 健彦, 乳原 善文, 大橋 健一, 中島 塁, 澤 直樹. マルチターゲット療法に抵抗性を示した二血球減少・倦怠感がベリムマブで改善したループス腎炎の一例. 日本腎臓学会誌 2023.09.01

  719. 谷水 暉, 星野 純一, 関根 章成, 長谷川 詠子, 和田 健彦, 河野 圭, 大橋 健一, 乳原 善文, 澤 直樹. テノホビルで著明な尿蛋白改善を認めたHIV関連FGSの1例. 日本腎臓学会誌 2023.09.01

  720. 栗原 重和, 水野 裕基, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 山内 真之, 諏訪部 達也, 乳原 善文, 河野 圭, 大橋 健一, 澤 直樹. TAFRO症候群を呈し急性期に死亡した1剖検例の報告. 日本腎臓学会誌 2023.09.01

  721. 吉村 祐輔, 井熊 大輔, 河野 圭, 木脇 圭一, 水野 裕基, 大庭 悠貴, 山内 真之, 諏訪部 達也, 大橋 健一, 乳原 善文, 澤 直樹. SGLT2阻害薬導入後にネフローゼ症候群が軽快したアルコール性肝硬変合併IgA腎症の一例. 日本腎臓学会誌 2023.09.01

  722. 片山 由梨, 栗原 重和, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 山内 真之, 諏訪部 達也, 河野 圭, 大橋 健一, 土谷 吉樹, 乳原 善文, 澤 直樹. Basedow病を契機に高度の血尿・蛋白尿がみられglomerular microangiopathyの診断に至った1症例. 日本腎臓学会誌 2023.09.01

  723. 伴光 幸大, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 諏訪部 達也, 河野 圭, 大橋 健一, 野津 寛大, 乳原 善文, 澤 直樹. 32年間経過を追えた常染色体優性Alport症候群の1例. 日本腎臓学会誌 2023.09.01

  724. 諏訪部 達也, 乳原 善文, 澤 直樹, 和田 健彦, 大橋 健一. 腎生検電子顕微鏡診断のこれから(現状と課題) 腎生検電子顕微鏡診断の診療への有益性について. 日本腎臓学会誌 2023.09.01

  725. 大西 威一郎, 倉田 盛人, 大橋 健一. CRISPR screeningデータベースを用いた、遺伝性乳癌の新たな合成致死因子の探索(Identification of synthetic lethal genes of hereditary breast cancer using CRISPR screening database). 日本癌学会総会記事 2023.09.01

  726. 谷水 暉, 星野 純一, 関根 章成, 大庭 悠貴, 井上 典子, 井熊 大輔, 山内 真之, 諏訪部 達也, 田中 希穂, 長谷川 詠子, 和田 健彦, 芥田 憲夫, 河野 圭, 大橋 健一, 乳原 善文, 澤 直樹. テノホビルで著明な尿蛋白改善を認めたHIV関連FGSの1例. 神奈川腎炎研究会抄録集 2023.09.01

  727. 小笠原 暢彦, 加納 嘉人, 小林 桜子, 渡辺 諭, 桐野 桜, 大西 威一郎, 山内 慎一, 平栗 優衣, 伊藤 剛, 渡辺 守, 絹笠 祐介, 大橋 健一, 岡本 隆一, 油井 史郎. 大腸癌における細胞外基質依存性の可塑性誘導と高悪性度形質の関係(ECM-niche dependent plasticity controls the acquisition of invasive phenotype in colorectal cancer). 日本癌学会総会記事 2023.09.01

  728. 常井 薫時, 清水 寛路, 北野 尚樹, 河本 亜美, 竹中 健人, 日比谷 秀爾, 金子 俊, 小林 正典, 福田 将義, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 大塚 和朗, 朝比奈 靖浩, 木脇 祐子, 小柳 杏莉, 田村 一洋, 大橋 健一, 岩田 乃理子, 山内 慎一, 絹笠 祐介, 岡本 隆一. 反復する嘔吐を契機に小腸内視鏡にて診断した若年小腸腺癌の2例. Progress of Digestive Endoscopy 2023.06.01

  729. 末永 敦彦, 山内 真之, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 井上 典子, 関根 章成, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 河野 圭, 木脇 圭一, 大橋 健一, 山口 裕, 乳原 善文, 澤 直樹. DPP-4阻害薬使用中にTMA-likeの糸球体内皮細胞傷害を呈した13症例の検討. 日本腎臓学会誌 2023.05.01

  730. 飯島 桃子, 関根 章成, 諏訪部 達也, 山内 真之, 井熊 大輔, 水野 裕基, 大庭 悠貴, 井上 典子, 田中 希穂, 師田 まりえ, 河野 圭, 堂本 裕加子, 大橋 健一, 乳原 善文, 澤 直樹, 長谷川 詠子. 治療予後から検討したTAFRO症候群14例. 日本腎臓学会誌 2023.05.01

  731. 畑 千菜, 伊藤 崇, 阿部 大数, 田中 洋次, 梅澤 佳央, 大内 史彦, 内田 諭, 明石 巧, 大橋 健一. 下垂体ラトケ嚢胞摘出術を契機に発見された慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫の一例. 第112回日本病理学会総会 2023.04.13 下関

  732. 河野 圭, 澤 直樹, 乳原 善文, 堂本 裕加子, 藤井 丈士, 高澤 豊, 大橋 健一. ALアミロイドーシス患者における腎臓へのアミロイド沈着と腎機能・腎予後に関しての病理組織学的検討. 日本病理学会会誌 2023.03.01

  733. 木脇 祐子, 福村 由紀, 倉田 盛人, 杉田 佳祐, 山本 浩平, 大西 威一郎, 田口 登和子, 工藤 篤, 橋本 雅司, 大橋 健一. nCounterを用いた膵神経内分泌癌の遺伝子発現解析. 日本病理学会会誌 2023.03.01

  734. 加藤 秀, 山本 くらら, 桐村 進, 有泉 陽介, 立石 優美子, 神谷 尚宏, 明石 巧, 大橋 健一. 鼻腔に発生したEwing肉腫の2例. 日本病理学会会誌 2023.03.01

  735. 新宅 洋, 安達 彩織, 松木 裕子, 布川 裕規, 北川 昌伸, 廣川 勝いく, 大橋 健一. 食道大動脈瘻の原因として食道憩室炎が疑われた一剖検例. 日本病理学会会誌 2023.03.01

  736. 屋富祖 大騎, 山本 くらら, 伊藤 崇, 田中 陽典, 福田 将義, 山口 和哉, 川田 研郎, 春木 茂男, 明石 巧, 大橋 健一. 食道lymphoepithelioma-like carcinomaの1例. 日本病理学会会誌 2023.03.01

  737. 川出 玄二, 山本 浩平, 倉田 盛人, 大西 威一郎, 松木 裕子, 北川 昌伸, 大橋 健一. 脂質過酸化代謝産物の蓄積によるDLBCLでのDoxorubicinへの抵抗性を介した予後不良の誘導. 日本病理学会会誌 2023.03.01

  738. 富田 嘉信, 山本 浩平, 田村 一洋, 坂野 正佳, 篠原 元, 西村 悠, 大森 祐哉, 菊元 沢世, 大橋 健一. 胃癌におけるGPX4とFSP1発現,4-HNE蓄積の臨床病理学的検討. 日本病理学会会誌 2023.03.01

  739. 田村 一洋, 山本 浩平, 渡部 紫織, 川出 玄二, 大西 威一郎, 木脇 祐子, 石橋 佐知子, 池田 真住, 倉田 盛人, 大橋 健一. 肝細胞癌(HCC)における4-hydroxynonenal(4-HNE)の臨床病理学的および分子生物学的検討(Clinicopathological and molecular analysis of 4-hydroxynonenal(4-HNE) in Hepatocellular carcinoma). 日本病理学会会誌 2023.03.01

  740. 加藤 祐己, 伊藤 崇, 新宅 洋, 古川 あすか, 坂井 桃華, 大橋 健一. 粘膜下浸潤食道扁平上皮癌のリンパ節転移危険因子に関する臨床病理学的検討. 日本病理学会会誌 2023.03.01

  741. 布川 裕規, 田中 一, 明石 巧, 池田 通, 大橋 健一, 山本 浩平. 淡明細胞型腎細胞癌における腫瘍-腎実質境界部の浸潤様式における臨床病理学的検討. 日本病理学会会誌 2023.03.01

  742. 嶋田 有里, 吉村 聡一郎, 曽根 莉彩, 田村 佳菜子, 稲田 祐也, 和泉 清隆, 桜井 孝規, 大橋 健一, 伊東 友好. 悪性リンパ腫,サルコイドーシスを繰り返し発症した一例. 日本呼吸器学会誌 2023.03.01

  743. 明石 巧, 古川 あすか, 内田 佳介, 大橋 健一. パラガングリオーマの病理診断におけるGATA3、サイトケラチン、転写因子PHOX2Bの有用性の比較検討. 日本病理学会会誌 2023.03.01

  744. 韓 知佑, 大西 威一郎, 倉田 盛人, 大橋 健一. データベースを用いた、遺伝性乳がんの新たな合成致死因子の探索. 日本病理学会会誌 2023.03.01

  745. 栗原 重和, 中山 裕樹, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 山内 真之, 諏訪部 達也, 河野 圭, 大橋 健一, 乳原 善文, 澤 直樹 . ACE阻害薬で治療中に強皮症腎クリーゼを再発した一例. 第32回日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム 2022.12.10

  746. 中溝 智也, 村越 未希, 柏木 菜緒, 金森 透, 奥津 美夏, 宇田川 智宏, 池田 翔, 白久 博史, 太田 哲也, 畑 千菜, 大西 威一郎, 冨井 翔平, 大橋 健一, 藤井 晶子. 診断に苦慮した急性尿細管間質性腎炎を呈した女児例. 日本小児腎臓病学会雑誌 2022.11.01

  747. 吉本 雅俊, 原 理沙, 井上 典子, 師田 まりえ, 関根 章成, 田中 希穂, 河野 圭, 大橋 健一, 山口 裕, 乳原 善文, 澤 直樹, 長谷川 詠子. 薬剤起因性好酸球性肉芽腫性尿細管間質性腎炎の一例. 日本腎臓学会誌 2022.10.01

  748. 栗原 重和, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 山内 真之, 関根 章成, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 河野 圭, 大橋 健一, 山口 裕, 乳原 善文, 澤 直樹. 腎生検で偶発的に診断された淡明細胞型腎細胞癌の一例. 日本腎臓学会誌 2022.10.01

  749. 末永 敦彦, 大島 洋一, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 山内 真之, 関根 章成, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 河野 圭, 木脇 圭一, 大橋 健一, 武村 民子, 山口 裕, 宮園 素明, 渥美 達也, 乳原 善文, 澤 直樹. 腎生検が抗リン脂質抗体症候群の診断につながった1例. 日本腎臓学会誌 2022.10.01

  750. 中山 祐樹, 山内 真之, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 諏訪部 達也, 河野 圭, 大橋 健一, 澤 直樹, 乳原 善文. 梅毒による二次性膜性腎症の一例. 日本腎臓学会誌 2022.10.01

  751. 鈴木 みなみ, 關口 裕太, 佐々木 幹人, 稲葉 俊介, 大山 早乃, 井上 佑一, 蕨 雅大, 大橋 健一, 井下 聖司. 新型コロナウイルスワクチン接種後にANCA関連血管炎を発症した一例. 日本腎臓学会誌 2022.10.01

  752. 小澤 征良, 井上 典子, 関根 章成, 田中 希穂, 長谷川 詠子, 乳原 善文, 澤 直樹, 星野 純一, 小宮山 知夏, 河野 圭, 大橋 健一. 三尖弁狭窄症と関係した溶血性貧血の持続により近位尿細管に高度のヘモジデリン沈着を認めた一例. 日本腎臓学会誌 2022.10.01

  753. 加藤 可那, 杉本 悠, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 山内 真之, 諏訪部 達也, 河野 圭, 大橋 健一, 幸山 正, 乳原 善文, 澤 直樹. 多彩な腎病理像を呈したcastleman病の一例. 日本腎臓学会誌 2022.10.01

  754. 末永 敦彦, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 山内 真之, 関根 章成, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 河野 圭, 大橋 健一, 山口 裕, 乳原 善文, 澤 直樹. ポナチニブ長期投与後に腎機能障害を呈した一例からの考察. 日本腎臓学会誌 2022.10.01

  755. 中嶋 裕, 戸張 友加里, 地野 祐輔, 木村 あずさ, 坂田 泰子, 安藤 登, 大西 威一郎, 新宅 洋, 國枝 純子, 桐村 進, 倉田 盛人, 明石 巧, 古澤 春彦, 大橋 健一. SMARCA4欠損胸部腫瘍2例の細胞像の比較. 日本臨床細胞学会雑誌 2022.10.01

  756. 原 理沙, 井上 典子, 吉本 雅俊, 関根 章成, 田中 希穂, 河野 圭, 大橋 健一, 山口 裕, 乳原 善文, 長谷川 詠子. コロナワクチン接種後にIgA腎症を背景としたFSGSと薬剤性間質性腎炎をきたした一例. 日本腎臓学会誌 2022.10.01

  757. 栗原 重和, 中山 裕樹, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 山内 真之, 諏訪部 達也, 澤田 崇幸, 河野 圭, 大橋 健一, 乳原 善文, 澤 直樹. ステロイド治療後に急速に腎不全が進行した抗RNAポリメラーゼIII抗体陽性全身性強皮症の一例. 日本腎臓学会誌 2022.10.01

  758. 師田 まりえ, 横山 卓剛, 三木 克幸, 関根 章成, 井上 典子, 田中 希穂, 長谷川 詠子, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 山内 真之, 諏訪部 達也, 乳原 善文, 澤 直樹, 中村 有紀, 河野 圭, 大橋 健一, 山口 裕, 石井 保夫. ドナー腎のPTC内に巣食っていたRhizopus感染症の一例. 日本腎臓学会誌 2022.10.01

  759. 本間 栄, 一色 琢磨, 江石 義信, 矢部 マツ子, 小山 壱也, 西岡 安彦, 山口 哲生, 内田 圭介, 山本 くらら, 大橋 健一, 荒川 敦, 渋谷 和俊, 坂本 晋, 岸 一馬. 肺サルコイドーシスと過敏性肺炎の診断を極める サルコイドーシス診断におけるPAB抗体免疫染色の有用性と肉芽腫内アクネ菌検出率の手法間差に関する検討. 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 2022.10.01

  760. 加藤 可那, 杉本 悠, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 山内 真之, 諏訪部 達也, 河野 圭, 大橋 健一, 乳原 善文, 澤 直樹. 多彩な腎病理像を示した特発性多中心性Castleman病の一例. 神奈川腎炎研究会抄録集 2022.10.01

  761. 田口 美奈, 勝田 景統, 小林 正典, 福田 将義, 村川 美也子, 加納 嘉人, 大塚 和朗, 朝比奈 靖浩, 桐村 進, 明石 巧, 大橋 健一, 谷岡 利朗, 徳永 正則, 岡本 隆一. 超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)で診断した胃原発滑膜肉腫の一例. 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 2022.09.01

  762. 大橋 健一. 脳腫瘍の統合診断と中央診断(脳腫瘍病理診断体制の強化に向けて) 統合診断 一般病理医の立場から . 第40回日本脳腫瘍病理学会 2022.05.27 川越プリンスホテル

  763. 坂井 桃華, 伊藤 崇, 古川 あすか, 富田 嘉信, 高田 晃輔, 加藤 祐己, 山本 くらら, 新宅 洋, 大橋 健一. 食道SM癌における浸潤先端部の組織像の臨床病理学的意義. 第111回日本病理学会総会 2022.04.15 神戸国際展示場

  764. 小林 大輔, 内田 佳介, 古川 あすか, 関根 正喜, 杉山 奏美, 山下 明莉, 伊藤 崇, 江石 義信, 大橋 健一. ピロリ菌CagA蛋白の型特異的な新規モノクローナル抗体の作製と症例解析. 第111回日本病理学会総会 2022.04.15 神戸国際展示場

  765. 宮内 美南, 明石 巧, 古川 あすか, 内田 佳介, 大橋 健一. ホメオボックス転写因子PHOX2A/Bの褐色細胞腫における病理診断マーカーとしての有用性. 第111回日本病理学会総会 2022.04.15 神戸国際会議場

  766. 新宅 洋, 冨井 翔平, 大橋 健一. 術前にEUS-FNAが施行された膵過誤腫の一例. 第111回日本病理学会総会 2022.04.14 神戸コンベンションセンター

  767. 加藤 祐己, 渡邉 まゆ美, 伊藤 栄作, 笠原 一郎, 冨井 翔平, 山本 浩平, 大橋 健一. TAFRO症候群が強く疑われた一例. 第111回日本病理学会総会 2022.04.14 神戸国際展示場

  768. 一色 琢磨, 本間 栄, 江石 義信, 矢部 まつ子, 小山 壱也, 西岡 安彦, 山口 哲生, 内田 圭介, 山本 くらら, 大橋 健一, 荒川 敦, 渋谷 和俊, 坂本 晋, 岸 一馬. サルコイドーシスにおけるPAB抗体を用いた免疫染色方法による陽性率の差の検討. 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 2021.10.01

  769. 篠崎 鮎香, 木村 孔一, 山下 優, 堀井 洋志, 佐藤 一紀, 中村 順一, 中久保 祥, 鎌田 啓佑, 鈴木 雅, 中里 信一, 松野 吉宏, 山口 哲夫, 大橋 健一, 江石 義信, 今野 哲. 両側滲出性胸水と全身浮腫で発症し、局所麻酔下胸腔鏡でサルコイドーシスと診断した一例. 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 2021.10.01

  770. 吉村 祐輔, 松岡 舟作, 井熊 大輔, 大庭 悠貴, 水野 裕基, 遠山 友希, 田遠 和佐子, 中山 祐樹, 大久保 直人, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 乳原 善文, 澤 直樹, 河野 圭, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士, 高澤 豊, 戸田 重夫, 的場 謙一郎. Ramucirumab投与後に発症した半月体形成を伴ったglomerular microangiopathyの一例. 神奈川腎炎研究会抄録集 2021.10.01

  771. 大久保 直人, 井熊 大輔, 大庭 悠貴, 水野 裕基, 山内 真之, 諏訪部 達也, 乳原 喜文, 河野 圭, 大橋 健一, 野津 寛大, 澤 直樹. COL4A4遺伝子変異による常染色体優性アルポート症候群の1例. 日本腎臓学会誌 2021.09.01

  772. 松岡 舟作, 井熊 大輔, 水野 裕基, 大庭 悠貴, 山内 真之, 諏訪部 達也, 乳原 善文, 河野 圭, 大橋 健一, 高橋 啓, 澤 直樹. 人工関節と関係したメタローシスが誘引となり発症したサルコイドーシスによる尿細管間質性腎炎の1例. 日本腎臓学会誌 2021.09.01

  773. 原 理沙, 関根 章成, 田中 希穂, 長谷川 詠子, 河野 圭, 大橋 健一, 乳原 善文, 星野 純一. インフルエンザワクチンの接種後にフィブリノイド壊死を伴う顕微鏡的多発血管炎を来した高齢男性の一例. 日本腎臓学会誌 2021.09.01

  774. 吉村 祐輔, 小西 明範, 水野 裕基, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 山内 真之, 諏訪部 達也, 乳原 善文, 河野 圭, 大橋 健一, 山口 裕, 澤 直樹. アルコール性肝硬変による二次性IgA腎症にcollapsing variantの巣状分節性糸球体硬化症を合併した一例. 日本腎臓学会誌 2021.09.01

  775. 松本 卓也, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 乳原 善文, 河野 圭, 大橋 健一, 澤 直樹. 「thick basement membrane disease」に相当する初めての一例報告. 日本腎臓学会誌 2021.09.01

  776. 神田 やすか, 山内 真之, 井熊 大輔, 水野 裕基, 諏訪部 達也, 河野 圭, 大橋 健一, 乳原 善文, 澤 直樹. DPP-4阻害薬使用中に腎機能低下進行を認めた糖尿病患者の一例. 日本腎臓学会誌 2021.09.01

  777. 原 理沙, 井熊 大輔, 大庭 悠貴, 水野 裕基, 山内 真之, 諏訪部 達也, 河野 圭, 大橋 健一, 山口 裕, 乳原 善文, 澤 直樹. 検診で偶発的に指摘された糸球体性嚢胞病の一例. 日本腎臓学会誌 2021.09.01

  778. 中山 祐樹, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 山内 真之, 諏訪部 達也, 河野 圭, 大橋 健一, 乳原 善文, 澤 直樹. 高活動性のIgA腎症に対して扁摘パルス療法後15年以上経て良好な腎予後を呈した一例. 日本腎臓学会誌 2021.09.01

  779. 中山 祐樹, 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 山内 真之, 諏訪部 達也, 河野 圭, 大橋 健一, 山口 裕, 野津 寛大, 乳原 善文, 澤 直樹. 腎生検にてmedullary dysplasiaが示唆されたADTKD-HNF1βの一例. 日本腎臓学会誌 2021.09.01

  780. 大久保 直人, 三木 克幸, 山内 真之, 星野 純一, 乳原 喜文, 澤 直樹, 河野 圭, 大橋 健一, 山口 裕. 糖尿病性腎症の腎臓を移植後、蛋白尿が消失した一例から考察された糖尿病性腎症における蛋白尿の機序の解明. 日本腎臓学会誌 2021.09.01

  781. 高橋 和総, 三宅 健介, 須田 真実, 大橋 健一, 烏山 一. 結膜炎・皮膚炎・免疫療法・寄生虫 好塩基球由来IL-4はマクロファージのCCL24産生を促し,好酸球浸潤を誘導する. アレルギー 2021.08.01

  782. 大庭 悠貴, 井熊 大輔, 水野 裕基, 関根 章成, 川田 真宏, 長谷川 詠子, 早見 典子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 大橋 健一, 乳原 善文, 澤 直樹. 70代、80代の糖尿病性腎症患者の病理組織像と腎予後の検討. 日本腎臓学会誌 2021.06.01

  783. 金森 透, 宇田川 智宏, 奥津 美夏, 多田 憲正, 元吉 八重子, 冨井 翔平, 大橋 健一, 森尾 友宏. 低補体血症の有無によるMPGN様腎炎の比較検討. 日本小児腎臓病学会雑誌 2021.05.01

  784. 山本 くらら,内田 佳介,古川 あすか,田村 友樹,冨井 翔平,小林 大輔,伊藤 崇,明石 巧,江石 義信,大橋 健一. アクネ菌カタラーゼはサルコイドーシスリンパ節内での菌の持続的な細胞内感染に関与している. 第110回日本病理学会総会 2021.04.22 東京

  785. 小林 大輔,内田 佳介,古川 あすか,関根 正喜,伊藤 崇,山本 くらら,冨井 翔平,江石 義信,大橋 健一. ホルマリン固定パラフィンブロックからのピロリ菌CagA蛋白の分子多型同定法の確立と症例解析. 第110回日本病理学会総会 2021.04.22 東京

  786. 和田 友里子, 内田 佳介, 古川 あすか, 北垣 慶介, 田村 友樹, 伊藤 崇, 小林 大輔, Board Philip G, 江石 義信, 大橋 健一. ピロリ菌が分泌細管内に感染した胃壁細胞ではグルタチオン分解酵素CHAC1が過剰発現している. 第110回日本病理学会総会 2021.04.22 京王プラザホテル

  787. 松木 裕子, 伊藤 崇, 星野 明弘, 三浦 圭子, 大橋 健一, 北川 昌伸. 脂腺への分化を伴う表在型食道扁平上皮癌の1例. 第110回日本病理学会総会 2021.04 京王プラザホテル

  788. 明石 巧, 竹本 暁, 栢森 高, 三浦 圭子, 大橋 健一. ホメオボックス転写因子Engrailed1の腫瘍組織における発現の網羅的解析. 日本病理学会会誌 2021.03.01

  789. 澤住 知枝, 馬場 智尚, 岩澤 多恵, 松村 舞依, 武村 民子, 小倉 高志, 稲山 嘉明, 大橋 健一, 奥寺 康司. 間質性肺疾患におけるHNF4α免疫染色の予後指標としての有用性(Prognostic benefit of HNF4α immunohistochemical expression in interstitial lung disease). 日本病理学会会誌 2021.03.01

  790. 片岡 俊朗, 小池 千尋, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 馬場 智尚, 小倉 高志, 荒井 宏雅, 大橋 健一, 奥寺 康司. 間質性肺炎の病変部位別のKRAS変異蓄積レベルの比較. 日本病理学会会誌 2021.03.01

  791. 澤 直樹, 大橋 健一. 腎アミロイドーシス診断、治療のトピックス ALアミロイドーシスの診断と治療のUp to Date. 日本病理学会会誌 2021.03.01

  792. 加藤 祐己, 明石 巧, 栢森 高, 原田 浩之, 大橋 健一. 肺転移を来したエナメル上皮腫の一例. 日本病理学会会誌 2021.03.01

  793. 大橋 健一. 新専門医制度の今後と病理医育成 専門医試験の在り方について. 日本病理学会会誌 2021.03.01

  794. 岩下 広道, 宇高 直子, 梅田 茂明, 山中 正二, 中村 大志, 山本 哲哉, 大橋 健一. 上衣腫との鑑別を要した中枢性神経細胞腫の1例. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会(Web開催) 2020.11

  795. 宇野 絵梨, 佐川 弘美, 西尾 由紀子, 福村 大裕, 梅田 茂明, 山中 正二, 大橋 健一, 柳本 邦夫. 診断に苦慮したdiffuse large B-cell lymphoma、anaplastic variantの1例. 第39回神奈川県臨床細胞学会学術集会 2020.10.17 横浜市立大学医学部

  796. 荻窪 まどか, 伊坂 哲哉, 石川 善啓, 禹 哲漢, 小林 信明, 金子 猛, 奥寺 康司, 大橋 健一, 利野 靖, 益田 宗孝. 大細胞性肺癌術後早期の多発骨転移にペムブロリズマブが著効した一例. 肺癌 2020.10.01

  797. 寺川 可那子, 澤 直樹, 水野 裕基, 井熊 大輔, 諏訪部 達也, 星野 純一, 木脇 圭一, 大橋 健一, 乳原 善文. 多発性嚢胞腎に合併した多発性筋炎が腎扁平上皮癌による腫瘍随伴性症候群と診断された一例. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  798. 小田 康弘, 水野 裕基, 井熊 大輔, 諏訪部 達也, 山内 真之, 平松 里佳子, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 木脇 圭一, 藤井 丈士, 大橋 健一, 乳原 善文. 骨肉腫に対してシスプラチン等を長期使用し慢性尿細管間質性腎炎に細動脈病変が加わり腎不全が進展した一例 . 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  799. 澤村 昌人, 乳原 善文, 小田 康弘, 水野 祐基, 井熊 大輔, 平松 里佳子, 早見 典子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 木脇 圭一, 大橋 健一, 高澤 豊, 澤 直樹. 非典型的なC3 glomerulonephritisの1例. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  800. 中島 紗樹, 川田 真宏, 関根 章成, 長谷川 詠子, 田中 希穂, 木脇 圭一, 大橋 健一, 澤 直樹, 星野 純一, 乳原 善文. 髄質海綿腎を背景とし軽度の血糖異常で糖尿病性結節性病変を認めた1例 . 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  801. 井熊 大輔, 澤 直樹, 水野 裕基, 関根 章成, 川田 真宏, 平松 里佳子, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 大橋 健一, 藤井 丈士, 高市 憲明, 乳原 善文. 高安動脈炎にける腎病理の検討. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  802. 渡邉 駿, 井熊 大輔, 水野 裕基, 平松 里佳子, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 高市 憲明, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士, 山口 裕, 乳原 善文. SGLT2阻害薬投与後Armani-Ebstein Lesionによると考えられるAKIを認めた3症例の検討. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  803. 福田 誠, 水野 裕基, 井熊 大輔, 力武 修一, 平松 里佳子, 早見 典子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 宮園 素明, 木脇 圭一, 大橋 健一, 乳原 善文. FLT3-ITD陽性急性骨髄性白血病に対してGilteritinib使用後に発症した急性尿細管間質性腎炎の一例 . 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  804. 吉野 赴斗史, 小澤 祐子, 関根 章成, 川田 真宏, 長谷川 詠子, 田中 希穂, 川村 祐介, 木脇 圭一, 藤井 丈士, 大橋 健一, 乳原 善文, 高市 憲明, 星野 純一. HBV-DNA陽性患者に合併したネフローゼ症候群にテノホビル単剤投与が奏功した1例 . 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  805. 河野 圭, 川田 真宏, 関根 章成, 田中 希穂, 長谷川 詠子, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 木脇 圭一, 大橋 健一, 高澤 豊. PGNMIDと鑑別を要したImmunotactoid glomerulopathyの一例. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  806. 遠山 友希, 井熊 大輔, 澤 直樹, 水野 裕基, 平松 里佳子, 早見 典子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 乳原 善文, 大橋 健一, 藤井 丈士. ramucirumabにより血栓性微小血管症様の腎病理像を呈した一例. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  807. 渡邉 駿, 平松 里佳子, 井熊 大輔, 水野 裕基, 山内 真之, 早見 典子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 瀬崎 ひとみ, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. Sorafenib長期使用によりTMA病変とDM腎症様病変が惹起された一例. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  808. 中島 紗樹, 関根 章成, 川田 真宏, 長谷川 詠子, 田中 希穂, 大橋 健一, 澤 直樹, 乳原 善文, 高市 憲明, 星野 純一. レンバチニブによりネフローゼ症候群を認め、腎生検で血栓性微小血管障害及び腎尿細管障害を認めた1例. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  809. 小松 俊哉, 澤 直樹, 水野 裕基, 井熊 大輔, 山内 真之, 諏訪部 達也, 大橋 健一, 有井 薫, 乳原 善文 . 乾癬を合併したSLEの皮疹にヒドロキシクロロキンが奏功した一例. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  810. 益永 友里花, 水野 裕基, 井熊 大輔, 関根 章成, 田口 周平, 山内 真之, 諏訪部 達也, 澤 直樹, 大橋 健一, 星野 純一, 野津 寛大, 飯島 一誠, 乳原 善文. 多発嚢胞を伴い家族歴と基底膜所見が診断の一助となった常染色体優性Alport症候群. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  811. 犬井 啓太, 水野 裕基, 山内 真之, 井熊 大輔, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士, 大久保 忠信. 血栓性微小血管症(TMA)を合併したOJ抗体陽性多発筋炎の一例. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  812. 小田 康弘, 井熊 大輔, 関根 章成, 山内 真之, 早見 典子, 平松 里佳子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文, 澤 直樹. 小腸病変で発症し6年後に壊死性半月体形成性腎炎が診断された顕微鏡的多発血管炎の一例. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  813. 神田 やすか, 水野 裕基, 井熊 大輔, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 木脇 圭一, 大橋 健一, 澤 直樹, 乳原 善文. 急性リンパ球性白血病に対してボスチニブ使用中に腎障害を生じた一例. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  814. 澤村 昌人, 澤 直樹, 井熊 大輔, 水野 祐基, 平松 里佳子, 早見 典子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 木脇 圭一, 大橋 健一, 乳原 善文. 片側性嚢胞性病変をきたしMixed Epithelial and Stromal Tumorの診断に至った1例. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  815. 井熊 大輔, 水野 裕基, 平松 里佳子, 早見 典子, 山内 真之, 諏訪部 達也, 星野 純一, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文, 澤 直樹. 片腎摘出後20年に高度蛋白尿を伴う巣状分節性糸球体硬化症を来した一例 . 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  816. 水野 裕基, 井熊 大輔, 関根 章成, 川田 真宏, 平松 里佳子, 早見 典子, 山内 真之, 田中 希穂, 長谷川 詠子, 諏訪部 達也, 星野 純一, 澤 直樹, 乳原 善文, 大橋 健一 . 特発性多中心性キャッスルマン病に併発した膜性腎症2例の報告. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  817. 小田 康弘, 諏訪部 達也, 井熊 大輔, 水野 裕基, 平松 里佳子, 山内 真之, 早見 典子, 星野 純一, 澤 直樹, 横山 卓剛, 中村 有紀, 石井 保夫, 中山 敦仁, 木脇 圭一, 大橋 健一, 藤井 丈士, 乳原 善文. 腎嚢胞出血に伴う難治性腎嚢胞感染症を繰り返した多発性嚢胞腎の一例. 第63回日本腎臓学会学術総会 2020.08 パシフィコ横浜

  818. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  819. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  820. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  821. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  822. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  823. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  824. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  825. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  826. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  827. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  828. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  829. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  830. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  831. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  832. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  833. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  834. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  835. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  836. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  837. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2020.07.01

  838. 江中 牧子, 日比谷 孝志, 山中 正二, 稲山 嘉明, 大橋 健一. 濾胞性T細胞由来節性末梢性T細胞性リンパ腫の検討. 第109回日本病理学会総会(Web開催) 2020.07

  839. 立石 陽子, 平澤 欣吾, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 松村 舞依, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 稲山 嘉明, 大橋 健一 . ピロリ未感染胃粘膜を背景とした低異型度分化型胃癌8例の臨床病理学的検討. 第109回日本病理学会総会(Web開催) 2020.07

  840. 田中 明郎, 松村 舞依, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 立石 陽子, 鈴木 健久, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 河野 尚美, 大橋 健一. 肺の色素細胞性母斑 一般的な腫瘍ドライバー遺伝子の変異分析を行った1症例報告(Pulmonary melanocytic nevus: A case report with a mutation analysis of common driver oncogenes) . 第109回日本病理学会総会(Web開催) 2020.07

  841. 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 三井 秀昭, 鈴木 健久, 立石 陽子, 田尻 道彦, 小池 千尋, 片岡 俊朗, 大橋 健一. 肺腺癌に対するKi67の標識指数のカットオフ値(A cut-off value of labeling index of Ki67 for lung adenocarcinoma). 第109回日本病理学会総会(Web開催) 2020.07

  842. 片岡 俊朗, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 馬場 智尚, 三井 秀昭, 牛尾 良太, 松村 舞依, 小池 千尋, 立石 陽子, 大橋 健一. 間質性肺炎の蜂窩肺におけるKRAS点突然変異頻度の計測. 第109回日本病理学会総会(Web開催) 2020.07

  843. 前田 晃樹, 大谷 方子, 千葉 佐和子, 大橋 健一, 稲山 嘉明. 酵素補充療法施行後に膜性腎症を発症したポンペ病の一症例. 第109回日本病理学会総会(Web開催) 2020.07

  844. 笹原 有紀子, 松村 舞依, 奥寺 康司, 片岡 俊朗, 荒井 宏雅, 杉山 美咲, 関谷 元幹, 三井 秀昭, 山中 正二, 大橋 健一. 術中迅速診断で扁平上皮癌との鑑別に苦慮した、末梢気道発生肺腫瘍の一例. 第109回日本病理学会総会(Web開催) 2020.07

  845. 松村 舞依, 奥寺 康司, 小林 信明, 関根 朗雅, 杉山 美咲, 関谷 元幹, 三井 秀昭, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一. 非小細胞肺がんにおけるオンコマインDx検査の現状. 第109回日本病理学会総会(Web開催) 2020.07

  846. 加藤 生真, 古屋 充子, 川端 佑介, 竹山 昌伸, 林田 健太, 田中 玲子, 大橋 健一. デノスマブ治療を受けた骨巨細胞腫 再発例を含む15例の検討. 第109回日本病理学会総会(Web開催) 2020.07

  847. 三宅 暁夫, 中村 大志, 日比谷 孝志, 梅田 茂明, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 頭部に発生した隆起性皮膚線維肉腫の一例. 第109回日本病理学会総会(Web開催) 2020.07

  848. 小池 千尋, 奥寺 康司, 三井 秀昭, 荒井 宏雅, 松村 舞依, 片岡 俊朗, 梅田 茂明, 立石 陽子, 鈴木 健久, 大橋 健一. EGFR遺伝子変異陽性肺腺癌の微小乳頭状組織亜型に特徴的なmRNA発現解析プロファイルの解明. 第109回日本病理学会総会(Web開催) 2020.07

  849. 海老塚 智恵美, 宇野 絵梨, 星野 ちなみ, 安齋 桜子, 佐川 弘美, 本野 紀夫, 西尾 由紀子, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. Collagenous Spherulosisを認めた乳腺病変の一例. 第61回日本臨床細胞学会春期大会(Web開催) 2020.07

  850. 日比谷 孝志, 前田 晃樹, 梅田 茂明, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 池田 信昭, 和田 秀文, 山中 正二, 大橋 健一. 左頬部に発生した皮膚腫瘍の一例. 神奈川医学会 2020.07

  851. 葛生 健人, 小川 祐二, 本多 靖, 今城 健人, 國中 光, 松村 舞依, 米田 正人, 桐越 博之, 大橋 健一, 中島 淳, 斎藤 聡, 秦 康夫, 栗山 仁 . 広範な肝細胞壊死を来した薬物性肝障害の症例の一例. 日本消化器病学会関東支部例会 2020.02

  852. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  853. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  854. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  855. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  856. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  857. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  858. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  859. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  860. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  861. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  862. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  863. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  864. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  865. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  866. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  867. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  868. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  869. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  870. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  871. 竹内 杏奈, 宇高 直子, 江中 牧子, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 折舘 信彦. 口腔底明細胞癌の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.07.01

  872. 櫻井 菜月, 吉見 竜介, 三宅 暁夫, 飯塚 友紀, 秀川 智春, 三橋 正季, 小宮 孝章, 副島 裕太郎, 濱田 直樹, 永井 秀人, 國下 洋輔, 土田 奈緒美, 岸本 大河, 神山 玲光, 桐野 洋平, 杉山 裕美子, 大野 滋, 大橋 健一, 中島 秀明. エドキサバン内服中に多臓器で血栓症を来した抗リン脂質抗体症候群の一例. 関東リウマチ 2019.03.01

  873. 櫻井 菜月, 吉見 竜介, 三宅 暁夫, 飯塚 友紀, 秀川 智春, 三橋 正季, 小宮 孝章, 副島 裕太郎, 濱田 直樹, 永井 秀人, 國下 洋輔, 土田 奈緒美, 岸本 大河, 神山 玲光, 桐野 洋平, 杉山 裕美子, 大野 滋, 大橋 健一, 中島 秀明. エドキサバン内服中に多臓器で血栓症を来した抗リン脂質抗体症候群の一例. 関東リウマチ 2019.03.01

  874. 櫻井 菜月, 吉見 竜介, 三宅 暁夫, 飯塚 友紀, 秀川 智春, 三橋 正季, 小宮 孝章, 副島 裕太郎, 濱田 直樹, 永井 秀人, 國下 洋輔, 土田 奈緒美, 岸本 大河, 神山 玲光, 桐野 洋平, 杉山 裕美子, 大野 滋, 大橋 健一, 中島 秀明. エドキサバン内服中に多臓器で血栓症を来した抗リン脂質抗体症候群の一例. 関東リウマチ 2019.03.01

  875. 櫻井 菜月, 吉見 竜介, 三宅 暁夫, 飯塚 友紀, 秀川 智春, 三橋 正季, 小宮 孝章, 副島 裕太郎, 濱田 直樹, 永井 秀人, 國下 洋輔, 土田 奈緒美, 岸本 大河, 神山 玲光, 桐野 洋平, 杉山 裕美子, 大野 滋, 大橋 健一, 中島 秀明. エドキサバン内服中に多臓器で血栓症を来した抗リン脂質抗体症候群の一例. 関東リウマチ 2019.03.01

  876. 櫻井 菜月, 吉見 竜介, 三宅 暁夫, 飯塚 友紀, 秀川 智春, 三橋 正季, 小宮 孝章, 副島 裕太郎, 濱田 直樹, 永井 秀人, 國下 洋輔, 土田 奈緒美, 岸本 大河, 神山 玲光, 桐野 洋平, 杉山 裕美子, 大野 滋, 大橋 健一, 中島 秀明. エドキサバン内服中に多臓器で血栓症を来した抗リン脂質抗体症候群の一例. 関東リウマチ 2019.03.01

  877. 櫻井 菜月, 吉見 竜介, 三宅 暁夫, 飯塚 友紀, 秀川 智春, 三橋 正季, 小宮 孝章, 副島 裕太郎, 濱田 直樹, 永井 秀人, 國下 洋輔, 土田 奈緒美, 岸本 大河, 神山 玲光, 桐野 洋平, 杉山 裕美子, 大野 滋, 大橋 健一, 中島 秀明. エドキサバン内服中に多臓器で血栓症を来した抗リン脂質抗体症候群の一例. 関東リウマチ 2019.03.01

  878. 櫻井 菜月, 吉見 竜介, 三宅 暁夫, 飯塚 友紀, 秀川 智春, 三橋 正季, 小宮 孝章, 副島 裕太郎, 濱田 直樹, 永井 秀人, 國下 洋輔, 土田 奈緒美, 岸本 大河, 神山 玲光, 桐野 洋平, 杉山 裕美子, 大野 滋, 大橋 健一, 中島 秀明. エドキサバン内服中に多臓器で血栓症を来した抗リン脂質抗体症候群の一例. 関東リウマチ 2019.03.01

  879. 櫻井 菜月, 吉見 竜介, 三宅 暁夫, 飯塚 友紀, 秀川 智春, 三橋 正季, 小宮 孝章, 副島 裕太郎, 濱田 直樹, 永井 秀人, 國下 洋輔, 土田 奈緒美, 岸本 大河, 神山 玲光, 桐野 洋平, 杉山 裕美子, 大野 滋, 大橋 健一, 中島 秀明. エドキサバン内服中に多臓器で血栓症を来した抗リン脂質抗体症候群の一例. 関東リウマチ 2019.03.01

  880. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  881. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  882. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  883. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  884. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  885. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  886. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  887. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  888. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  889. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  890. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  891. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  892. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  893. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  894. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  895. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  896. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  897. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  898. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  899. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  900. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  901. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  902. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  903. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  904. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  905. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  906. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  907. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  908. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  909. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  910. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  911. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  912. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  913. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  914. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  915. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  916. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  917. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  918. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  919. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  920. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  921. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  922. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  923. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  924. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  925. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  926. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  927. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  928. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  929. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  930. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  931. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  932. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  933. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  934. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  935. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  936. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  937. 小林 侑華子, 小坂 隆司, 藤田 亮, 神田 智希, 木下 颯花, 布施 匡啓, 鈴木 紳祐, 小澤 真由美, 石部 敦士, 秋山 浩利, 日比谷 孝志, 三宅 暁夫, 加藤 生真, 山中 正二, 大橋 健一, 遠藤 格. 巨大小腸GISTの1切除例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  938. 前田 晃樹, 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 膵腫瘍の一例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  939. 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 川島 大輔, 郷 真知, 長尾 明紘, 根津 悠, 加藤 生真, 大橋 健一, 齋藤 知行. 指屈筋腱に発生した軟部腫瘍によるTrigger wristの1例. 神奈川医学会雑誌 2019.01.01

  940. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  941. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  942. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  943. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  944. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  945. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  946. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  947. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  948. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  949. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  950. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  951. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  952. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  953. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  954. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  955. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  956. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  957. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  958. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  959. 岩下 演久, 加藤 生真, 山中 正二, 松村 舞依, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 江中 牧子, 荒井 康裕, 折舘 伸彦, 大橋 健一. 鼻副鼻腔内腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2018.07.01

  960. 石川 善啓, 伊坂 哲哉, 椎野 王久, 安藤 耕平, 荒井 宏雅, 田尻 道彦, 永島 琢也, 菅野 健児, 乾 健二, 奥寺 康司, 大橋 健一, 益田 宗孝. 第2癌に対する手術成績および予後因子の検討. 日本呼吸器外科学会雑誌 2017.04.01

  961. 石川 善啓, 伊坂 哲哉, 椎野 王久, 安藤 耕平, 荒井 宏雅, 田尻 道彦, 永島 琢也, 菅野 健児, 乾 健二, 奥寺 康司, 大橋 健一, 益田 宗孝. 第2癌に対する手術成績および予後因子の検討. 日本呼吸器外科学会雑誌 2017.04.01

  962. 石川 善啓, 伊坂 哲哉, 椎野 王久, 安藤 耕平, 荒井 宏雅, 田尻 道彦, 永島 琢也, 菅野 健児, 乾 健二, 奥寺 康司, 大橋 健一, 益田 宗孝. 第2癌に対する手術成績および予後因子の検討. 日本呼吸器外科学会雑誌 2017.04.01

  963. 石川 善啓, 伊坂 哲哉, 椎野 王久, 安藤 耕平, 荒井 宏雅, 田尻 道彦, 永島 琢也, 菅野 健児, 乾 健二, 奥寺 康司, 大橋 健一, 益田 宗孝. 第2癌に対する手術成績および予後因子の検討. 日本呼吸器外科学会雑誌 2017.04.01

  964. 石川 善啓, 伊坂 哲哉, 椎野 王久, 安藤 耕平, 荒井 宏雅, 田尻 道彦, 永島 琢也, 菅野 健児, 乾 健二, 奥寺 康司, 大橋 健一, 益田 宗孝. 第2癌に対する手術成績および予後因子の検討. 日本呼吸器外科学会雑誌 2017.04.01

  965. 石川 善啓, 伊坂 哲哉, 椎野 王久, 安藤 耕平, 荒井 宏雅, 田尻 道彦, 永島 琢也, 菅野 健児, 乾 健二, 奥寺 康司, 大橋 健一, 益田 宗孝. 第2癌に対する手術成績および予後因子の検討. 日本呼吸器外科学会雑誌 2017.04.01

  966. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  967. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  968. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  969. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  970. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  971. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  972. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  973. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  974. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  975. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  976. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  977. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  978. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  979. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  980. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  981. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  982. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  983. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  984. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  985. 澤住 知枝, 岩下 広道, 小野 麻衣, 江中 牧子, 宇高 直子, 三宅 暁夫, 日比谷 孝志, 山中 正二, 大橋 健一. Endolymphatic sac tumor(ELST)の一例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  986. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  987. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  988. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  989. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  990. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  991. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  992. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  993. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  994. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  995. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  996. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  997. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  998. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  999. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  1000. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  1001. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  1002. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  1003. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  1004. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  1005. 片岡 俊朗, 山中 正二, 古屋 充子, 宮城 悦子, 佐藤 美紀子, 大橋 健一. 傍卵管腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  1006. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1007. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1008. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1009. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1010. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1011. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1012. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1013. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1014. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1015. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1016. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1017. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1018. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1019. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1020. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1021. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1022. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1023. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1024. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1025. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1026. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1027. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1028. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1029. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1030. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1031. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1032. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1033. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1034. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1035. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1036. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1037. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1038. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1039. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1040. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1041. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1042. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1043. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1044. 大田 洋平, 森 隆太郎, 松山 隆生, 本間 祐樹, 日比谷 孝志, 窪田 賢輔, 加藤 生真, 大橋 健一, 遠藤 格. 上腸間膜動脈神経叢に発生した神経線維腫の1切除例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1045. 小野 麻衣, 加藤 生真, 三宅 暁夫, 宇高 直子, 山中 正二, 大橋 健一. 診断に苦慮した腎腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  1046. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1047. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1048. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1049. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1050. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1051. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1052. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1053. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1054. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1055. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1056. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1057. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1058. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1059. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1060. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1061. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1062. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1063. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1064. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1065. 三宅 暁夫, 山中 正二, 大橋 健一. 中咽頭腫瘍の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  1066. 椎野 王久, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 永島 琢也, 大島 貴, 坪井 正博, 大橋 健一, 乾 健二, 益田 宗孝. 他癌併発肺癌におけるマイクロサテライト不安定性の解析. 日本呼吸器外科学会雑誌 2014.04.01

  1067. 椎野 王久, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 永島 琢也, 大島 貴, 坪井 正博, 大橋 健一, 乾 健二, 益田 宗孝. 他癌併発肺癌におけるマイクロサテライト不安定性の解析. 日本呼吸器外科学会雑誌 2014.04.01

  1068. 椎野 王久, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 永島 琢也, 大島 貴, 坪井 正博, 大橋 健一, 乾 健二, 益田 宗孝. 他癌併発肺癌におけるマイクロサテライト不安定性の解析. 日本呼吸器外科学会雑誌 2014.04.01

  1069. 椎野 王久, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 永島 琢也, 大島 貴, 坪井 正博, 大橋 健一, 乾 健二, 益田 宗孝. 他癌併発肺癌におけるマイクロサテライト不安定性の解析. 日本呼吸器外科学会雑誌 2014.04.01

  1070. 椎野 王久, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 永島 琢也, 大島 貴, 坪井 正博, 大橋 健一, 乾 健二, 益田 宗孝. 他癌併発肺癌におけるマイクロサテライト不安定性の解析. 日本呼吸器外科学会雑誌 2014.04.01

  1071. 椎野 王久, 奥寺 康司, 荒井 宏雅, 永島 琢也, 大島 貴, 坪井 正博, 大橋 健一, 乾 健二, 益田 宗孝. 他癌併発肺癌におけるマイクロサテライト不安定性の解析. 日本呼吸器外科学会雑誌 2014.04.01

  1072. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 馬場 智尚, 大橋 健一. Case 483肺病変の外科的切除生検で診断のついた一例. 神奈川医学会雑誌 2014.01.01

  1073. 有坂 早香, 渡辺 一輝, 渡部 顕, 石部 敦士, 大田 貢由, 田中 邦哉, 秋山 浩利, 金田 幸枝, 大橋 健一, 遠藤 格. 骨盤内膿瘍を合併した放射線誘発大腸癌の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.01.01

  1074. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 馬場 智尚, 大橋 健一. Case 483肺病変の外科的切除生検で診断のついた一例. 神奈川医学会雑誌 2014.01.01

  1075. 有坂 早香, 渡辺 一輝, 渡部 顕, 石部 敦士, 大田 貢由, 田中 邦哉, 秋山 浩利, 金田 幸枝, 大橋 健一, 遠藤 格. 骨盤内膿瘍を合併した放射線誘発大腸癌の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.01.01

  1076. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 馬場 智尚, 大橋 健一. Case 483肺病変の外科的切除生検で診断のついた一例. 神奈川医学会雑誌 2014.01.01

  1077. 有坂 早香, 渡辺 一輝, 渡部 顕, 石部 敦士, 大田 貢由, 田中 邦哉, 秋山 浩利, 金田 幸枝, 大橋 健一, 遠藤 格. 骨盤内膿瘍を合併した放射線誘発大腸癌の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.01.01

  1078. 梅田 茂明, 奥寺 康司, 馬場 智尚, 大橋 健一. Case 483肺病変の外科的切除生検で診断のついた一例. 神奈川医学会雑誌 2014.01.01

  1079. 有坂 早香, 渡辺 一輝, 渡部 顕, 石部 敦士, 大田 貢由, 田中 邦哉, 秋山 浩利, 金田 幸枝, 大橋 健一, 遠藤 格. 骨盤内膿瘍を合併した放射線誘発大腸癌の1例. 神奈川医学