基本情報

写真a

中村 駿(ナカムラ シュン)

NAKAMURA Shunn


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 高等研究院 卓越研究部門 助教

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 構造生物化学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • タイトジャンクション形成と透過制御の構造基盤解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 生体機能構築基盤としての上皮バリア学の新展開

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Shun Nakamura, Katsumasa Irie, Hiroo Tanaka, Kouki Nishikawa, Hiroshi Suzuki, Yasunori Saitoh, Atsushi Tamura, Sachiko Tsukita, Yoshinori Fujiyoshi. Morphologic determinant of tight junctions revealed by claudin-3 structures. Nat Commun. 2019.02; 10 (1): 816. ( PubMed, DOI )

  • Shun Nakamura, Yoshinori Fujiyoshi, Katsumasa Irie. Enhancement of the thermostability of mouse claudin-3 on complex formation with the carboxyl-terminal region of Clostridium perfringens enterotoxin improves crystal quality. Acta Crystallogr F Struct Biol Commun. 2018.03; 74 (Pt 3): 150-155. ( PubMed, DOI )

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 中村駿, 入江克雅. タイトジャンクションを通る薬物送達法の開発に向けて. バイオインダストリー協会, 2020.05

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 中村駿, 入江克雅, 田中啓雄, 田村淳, 月田早智子, 藤吉好則. Claudin-3の結晶構造が明ら かにするタイトジャンクション形態の決定要素. 第19回日本蛋白質科学会年会・第71回 日本細胞生物学会大会合同年次大会 2019.06.25 神戸国際会議場

  • Shun Nakamura, Katsumasa Irie, Hiroo Tanaka, Atsushi Tamura, Sachiko Tsukita, and Yoshinori Fujiyoshi. Morphologic and adhesive determinants of tight junctions revealed by claudin-3 structures. The 49th NIPS International Symposium 2018.12.07 NIPS

  • Shun Nakamura, Katsumasa Irie, Hiroo Tanaka, Atsushi Tamura, Sachiko Tsukita, and Yoshinori Fujiyoshi. Crystal structure of mammalian claudin-3 in complex with a toxin. 日 本生物物理学会第55回年会 2017.09.19 熊本大学

  • 中村駿, 入江克雅, 田中啓雄, 田村淳, 月田早智子, 藤吉好則. タイトジャンクション構成因子Claudinとウェルシュ菌毒素の結合機構の解析. 第63回日本薬学会東海支部大会 2017.07.08 岐阜薬科大学・岐阜大学医学部