基本情報

写真a

見供 翔(ミトモ ショウ)

MITOMO Shou


職名

非常勤講師

生年

1985年

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 首都大学東京  健康科学研究科  理学療法科学域  博士課程  2019年09月  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 スポーツ医学診療センター 理学療法士
  • 2021年10月
    -
    2022年09月
    東京医科歯科大学 病院 基盤診療部門 スポーツ医学診療センター 理学療法士
  • 2022年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 先端医療開発学講座 整形外科学分野 非常勤講師
 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (研究活動スタート支援)中殿筋の活動量を高めるための大腿骨形態を考慮した股関節エクササイズ方法の開発,2020年04月 - 2022年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 中殿筋の活動量を高めるための大腿骨形態を考慮した股関節エクササイズ方法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 前十字靭帯再建後選手の片脚スクワットのスピードに基づく新たな膝伸展筋力指標の作成

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Murofushi Koji, Yamaguchi Daisuke, Hirohata Kenji, Furuya Hidetaka, Mitomo Sho. Variations in upper limb and trunk muscles activation during isometric exercises with or without exertion of control Isokinetics and Exercise Science. 2022.01;

  2. Ohji S, Aizawa J, Hirohata K, Ohmi T, Mitomo S, Koga H, Yagishita K. Injury-related fear in athletes returning to sports after anterior cruciate ligament reconstruction - A quantitative content analysis of an open-ended questionnaire. Asia-Pacific journal of sports medicine, arthroscopy, rehabilitation and technology. 2021.07; 25 1-7. ( PubMed, DOI )

  3. Ohji Shunsuke, Aizawa Junya, Hirohata Kenji, Ohmi Takehiro, Mitomo Sho, Koga Hideyuki, Yagishita Kazuyoshi. The psychological readiness to return to sports of patients with anterior cruciate ligament reconstruction preoperatively and 6 months postoperatively PHYSICAL THERAPY IN SPORT. 2021.07; 50 114-120. ( PubMed, DOI )

  4. Ohji S, Aizawa J, Hirohata K, Mitomo S, Ohmi T, Jinno T, Koga H, Yagishita K. Athletic identity and sport commitment in athletes after anterior cruciate ligament reconstruction who have returned to sports at their pre-injury level of competition. BMC sports science, medicine & rehabilitation. 2021.04; 13 (1): 37. ( PubMed, DOI )

  5. Kenji Hirohata, Junya Aizawa, Hidetaka Furuya, Sho Mitomo, Takehiro Ohmi, Shunsuke Ohji, Toshiyuki Ohara, Hideyuki Koga, Kazuyoshi Yagishita, Kate E Webster. The Japanese version of the anterior cruciate ligament-return to sport after injury (ACL-RSI) scale has acceptable validity and reliability. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2020.08; 28 (8): 2519-2525. ( PubMed, DOI )

  6. 古谷 英孝, 伊藤 貴史, 廣幡 健二, 見供 翔, 山崎 浩司, 大森 圭太, 星野 雅洋, HartHart Robert A.. 日本語版Lumbar Stiffness Disability Indexの開発 総合リハビリテーション. 2019.06; 47 (6): 569-574. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 見供 翔,廣幡 健二 ,大路 駿介 ,大見 武弘,大原 敏之, 古賀 英之,柳下 和慶. 前十字靭帯再建術後患者における術後3カ月と6 か月の膝伸展筋力の関連. 第8回日本スポーツ理学療法学会学術大会 2021.12.11 WEB開催

  2. 古谷 英孝, 廣幡 健二, 見供 翔, 田澤 智央, 伊藤 貴史, 大森 圭太, 長沼 朋佳, 星野 雅洋 . 脊椎不撓性が影響するADL動作が円滑に可能となる体幹可動域の一指標 脊椎術後患者を対象とした決定木分析. 第58回日本リハビリテーション医学会学術集会 2021.06.10 京都市

  3. 大見武弘,相澤純也,大原敏之,廣幡健二,大路駿介,見供翔,柳下和慶. 内側脛骨過労性骨膜炎の既往がある男子長距離選手の下腿筋横断面積とジョギング中の運動力学データとの関連. 第7回日本スポーツ理学療法学会学術大会 2021.01.28 WEB開催

  4. 古谷 英孝, 伊藤 貴史, 廣幡 健二, 見供 翔, 山崎 浩司, 大森 圭太, 星野 雅洋, Hart Robert A.. 脊椎変性疾患術後患者における日本語版Lumbar Stiffness Disability Indexの反応性. 第7回日本運動器理学療法学会学術大会 2019.10.05 岡山市

その他業績 【 表示 / 非表示

  • スポーツ障害・外傷予防に向けた下肢・体幹機能の評価とトレーニング ,2021年12月

    代表的なスポーツ障害・外傷の予防に重要な下肢・体幹機能について,症状が発生する関節・部位に限らず,患部外として身体機能に着目した理学療法評価と実践的なトレーニングについて実技(動画)を含めて講義する。