基本情報

写真a

見供 翔(ミトモ ショウ)

MITOMO Shou


職名

理学療法士

生年

1985年

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 スポーツ医学診療センター 理学療法士
 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (研究活動スタート支援)中殿筋の活動量を高めるための大腿骨形態を考慮した股関節エクササイズ方法の開発,2020年04月 - 2022年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 中殿筋の活動量を高めるための大腿骨形態を考慮した股関節エクササイズ方法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kenji Hirohata, Junya Aizawa, Hidetaka Furuya, Sho Mitomo, Takehiro Ohmi, Shunsuke Ohji, Toshiyuki Ohara, Hideyuki Koga, Kazuyoshi Yagishita, Kate E Webster. The Japanese version of the anterior cruciate ligament-return to sport after injury (ACL-RSI) scale has acceptable validity and reliability. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2020.08; 28 (8): 2519-2525. ( PubMed, DOI )

  • 古谷 英孝, 伊藤 貴史, 廣幡 健二, 見供 翔, 山崎 浩司, 大森 圭太, 星野 雅洋, HartHart Robert A.. 日本語版Lumbar Stiffness Disability Indexの開発 総合リハビリテーション. 2019.06; 47 (6): 569-574. ( 医中誌 )