基本情報

写真a

佐藤 宏征(サトウ ヒロユキ)

SATO Hiroyuki


職名

助教

ホームページ

http://tmdu-biostat-datascience.com/

研究分野・キーワード

生物統計学、データサイエンス、レギュラトリーサイエンス

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学  工学研究科  経営工学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 臨床試験管理センター 助教
  • 2020年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 環境社会医歯学講座 臨床統計学分野 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2020年03月
    独立行政法人医薬品医療機器総合機構 新薬審査第三部・第五部 審査専門員(生物統計担当)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本計量生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物統計学、臨床試験方法論、データサイエンス

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ベイズ流モデル平均化を応用した新規ベイズ流用量探索法の研究開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kato M, Hirakawa A, Sato H, Hanazawa R, Naito Y, Tochigi K, Sano T, Ishida S, Funahashi Y, Fujita T, Matsukawa Y, Hattori R, Tsuzuki T. Grade group 2 (10% ≥ GP4) patients have very similar malignant potential with grade group 1 patients, given the risk of intraductal carcinoma of the prostate. International journal of clinical oncology. 2021.01; ( PubMed, DOI )

  • Ikenouchi T, Inaba O, Takamiya T, Inamura Y, Sato A, Matsumura Y, Sato H, Hirakawa A, Takahashi Y, Goya M, Sasano T, Nitta J. The impact of left atrium size on selection of the pulmonary vein isolation method for atrial fibrillation: Cryoballoon or radiofrequency catheter ablation. American heart journal. 2021.01; 231 82-92. ( PubMed, DOI )

  • 浅野淳一, 佐藤宏征. 【臨床研究における生物統計学の新たな貢献】バスケット試験の統計的評価 Precision Medicine. 2020.11; 3 (13): 1198-1201.

  • 平川晃弘, 浅野淳一, 佐藤宏征, 橋本大哉, 手良向聡. がん臨床試験におけるベイズ流バスケットデザインの理論と実装 計量生物学. 2019.01; 39 (2): 103-122.

  • 平川晃弘, 浅野淳一, 佐藤宏征, 手良向聡. マスタープロトコルに基づくがん臨床試験 計量生物学. 2019.01; 39 (2): 85-101.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Hirakawa A, Sato H, Daimon T, Matsui S. Modern Dose-Finding Designs for Cancer Phase I Trials: Drug Combinations and Molecularly Targeted. Springer, 2018 (ISBN : 978-4-431-55573-5)

  • Sato H, Yamaguchi T, Ando Y, Nonaka T. Oncology Clinical Trials Successful Design, Conduct, and Analysis, Second Edition. Demos Medical Pub, 2018 The Evolution of the Drug Evaluation Process in Japan (ISBN : 978-0-8261-6872-6)

  • Hirakawa A, Sato H. Frontiers of Biostatistical Methods and Applications in Clinical Oncology. Springer, 2017 A comparative study of model-based dose-finding methods for two-agent combination trials (ISBN : 978-981-10-0126-0)

  • Susan S. Ellenberg, Thomas R. Fleming, David L. DeMets. 臨床試験のためのデータモニタリング委員会:実践ハンドブック. 2017 (ISBN : 9784860790837)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Sato H, Asano J, Ando Y. Consideration of the estimation method for regional treatment effects in multi-regional clinical trials―regulatory perspectives-. International Symposium on Biopharmaceutical Statistics 2019.08

  • 佐藤宏征. Regulatory Perspectives (セッション名:Changing Landscape of Phase 1 Trials in Oncology). 第14回DIA日本年会 2017.11

  • 佐藤宏征, 平川晃弘, 浜田知久馬. がん分子標的薬の用量探索法. 日本計算機統計学会第31回大会 2017.05

  • 佐藤宏征, 平川晃弘, 浜田知久馬. がん分子標的薬の用量探索法. 2017年日本計量生物学会年会 2017.03

  • 佐藤宏征. 個別化医療に関わる医薬品開発のための臨床試験デザインについて-審査及び治験相談の経験を踏まえ-. 日本計算機統計学会第30回シンポジウム 2016.11

全件表示 >>