基本情報

写真a

長谷川 嵩矩(ハセガワ タカノリ)

HASEGAWA Takanori


職名

講師

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(情報学)  京都大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 M&Dデータ科学センター AI・ビッグデータ研究部門 統合解析分野 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2015年02月
    -
    2015年09月
    東北大学東北メディカル・メガバンク機構 助教
  • 2015年10月
    -
    2020年03月
    東京大学医科学研究所 ヘルスインテリジェンスセンター 助教

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生命・健康・医療情報学

  • 統計科学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ヒト体内細菌叢時系列データを用いた細菌叢と疾患・健康状態の関係予測の研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2020年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Shotaro Sakimura, Satoshi Nagayama, Mitsuko Fukunaga, Qingjiang Hu, Akihiro Kitagawa, Yuta Kobayashi, Takanori Hasegawa, Miwa Noda, Yuta Kouyama, Dai Shimizu, Tomoko Saito, Atsushi Niida, Yusuke Tsuruda, Hajime Otsu, Yoshihiro Matsumoto, Hiroki Uchida, Takaaki Masuda, Keishi Sugimachi, Shin Sasaki, Kazutaka Yamada, Kazuki Takahashi, Hideki Innan, Yutaka Suzuki, Hiromi Nakamura, Yasushi Totoki, Shinichi Mizuno, Masanobu Ohshima, Tatsuhiro Shibata, Koshi Mimori. Impaired tumor immune response in metastatic tumors is a selective pressure for neutral evolution in CRC cases. PLoS Genet. 2021.01; 17 (1): e1009113. ( PubMed, DOI )

  • Imoto S, Hasegawa T, Yamaguchi R. Data science and precision health care. Nutrition reviews. 2020.12; 78 (12 Suppl 2): 53-57. ( PubMed, DOI )

  • Hasegawa T, Hayashi S, Shimizu E, Mizuno S, Niida A, Yamaguchi R, Miyano S, Nakagawa H, Imoto S. Neoantimon: a multifunctional R package for identification of tumor-specific neoantigens. Bioinformatics (Oxford, England). 2020.09; ( PubMed, DOI )

  • Sato N, Kakuta M, Hasegawa T, Yamaguchi R, Uchino E, Murashita K, Nakaji S, Imoto S, Yanagita M, Okuno Y. Metagenomic profiling of gut microbiome in early chronic kidney disease. Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association. 2020.09; ( PubMed, DOI )

  • Misawa K, Hasegawa T, Mishima E, Jutabha P, Ouchi M, Kojima K, Kawai Y, Matsuo M, Anzai N, Nagasaki M. Contribution of Rare Variants of the SLC22A12 Gene to the Missing Heritability of Serum Urate Levels. Genetics. 2020.04; 214 (4): 1079-1090. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 長谷川 嵩矩. 【新型データ駆動型サイエンスの起動】腫瘍特異的ネオ抗原の数理的解析とがんの免疫病態解明への応用. 医歯薬出版(医学のあゆみ), 2021.02 腫瘍特異的ネオ抗原の数理的解析とがんの免疫病態解明への応用 (ISBN : 0039-2359)

  • 井元 清哉, 長谷川 嵩矩, 山口 類. 【遺伝統計学と疾患ゲノムデータ解析 病態解明から個別化医療、ゲノム創薬まで】(第2章)大規模ゲノムデータ解析の最先端 T細胞受容体レパトア解析. メディカルドゥ(遺伝子医学MOOK), 2018.04 (第2章)大規模ゲノムデータ解析の最先端 T細胞受容体レパトア解析 (ISBN : 1349-2527)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 三澤 計治, 長谷川 嵩矩, 三島 英換, Jutabha Promsuk, 大内 基司, 小島 要, 河合 洋介, 長崎 正朗, 安西 尚彦. 尿酸値の失われた遺伝率は、レアバリアントがかなりの部分を説明する. 痛風と尿酸・核酸 2020.07.01

  • 三澤 計治, 長谷川 嵩矩, 三島 英換, Jutabha Promsuk, 大内 基司, 小島 要, 河合 洋介, 長崎 正朗, 安西 尚彦. 尿酸値の失われた遺伝率は、レアバリアントがかなりの部分を説明する. 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム抄録集 2020.01.01

  • 藤田 征志, 井元 清哉, 山口 類, 長谷川 嵩矩, 林 周斗, 垣見 和宏, 宮野 悟, 山上 裕機, 茶山 一彰, 中川 英刀. 肝臓がんにおける免疫抑制機構のゲノム解析(Genomic insights into immune suppression in liver cancer). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  • 加藤 護, 永井 桃子, 長谷川 嵩矩, 井元 清哉, 松井 茂之, 角田 達彦, 柴田 龍弘. PCAWGデータを用いた予後バイオマーカーの網羅的探索(Comprehensive Search for Prognostic Biomarkers using PCAWG Data). 日本癌学会総会記事 2018.09.01

  • 藤田 征志, 井元 清哉, 山口 類, 長谷川 嵩矩, 林 周斗, 宮野 悟, 松原 長秀, 冨田 尚裕, 山上 裕機, 茶山 一彰, 中川 英刀. 肝臓がんおよび大腸がんのゲノム・トランスクリプトーム解析による腫瘍免疫微小環境の特性評価. 日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集 2018.07.01

全件表示 >>