基本情報

写真a

辻 耕平(ツジ コウヘイ)

TSUJI Kohei


職名

助教

研究室住所

〒101-0062東京都千代田区神田駿河台2-3-10

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://tamamura-tmd.sakura.ne.jp/

研究分野・キーワード

ペプチド、創薬化学、ケミカルバイオロジー、有機合成

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学  薬学部  創製薬科学科  2010年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学  薬科学教育部  創薬科学専攻  修士課程  2012年03月  修了

  • 徳島大学  薬科学教育部  創薬科学専攻  博士課程  2015年09月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士 (薬科学)  徳島大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能分子研究部門 メディシナルケミストリー 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2015年03月
    日本学術振興会特別研究員 (DC1) 日本学術振興会特別研究員 (DC1)
  • 2015年10月
    -
    2019年08月
    National Institutes of Health Visiting Fellow
  • 2017年01月
    -
    2018年12月
    JSPS海外特別研究員 (NIH) JSPS海外特別研究員 (NIH)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会

  • 日本ペプチド学会

  • アメリカ化学会

  • アメリカペプチド学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ケミカルバイオロジー

  • 化学系薬学

  • 創薬化学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 環状ペプチド誘導体を用いた標的選択的な中分子医薬品の創製研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

  • 環状ペプチド誘導体を用いた標的選択的な中分子医薬品の創製研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • HIV根治治療に向けたPKC C1aおよびC1bドメイン結合性リガンドの探索研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Hymel D, Tsuji K, Grant RA, Chingle RM, Kunciw DL, Yaffe MB, Burke TR Jr. Design and synthesis of a new orthogonally protected glutamic acid analog and its use in the preparation of high affinity polo-like kinase 1 polo-box domain - binding peptide macrocycles. Organic & biomolecular chemistry. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  • Tsuji K, Ishii T, Kobayakawa T, Ohashi N, Nomura W, Tamamura H. Fluorescence resonance energy transfer-based screening for protein kinase C ligands using 6-methoxynaphthalene-labeled 1,2-diacylglycerol-lactones. Organic & biomolecular chemistry. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  • Takuya Kobayakawa, Chika Azuma, Yuki Watanabe, Shunsuke Sawamura, Atsuhiko Taniguchi, Yoshio Hayashi, Kohei Tsuji & Hirokazu Tamamura. Development of Methods for Convergent Synthesis of Chloroalkene Dipeptide Isosteres and Its Application. The Journal of organic chemistry. 2021.03; 86 (7): 5091-5101. ( PubMed, DOI )

  • 石井 貴大, 小早川 拓也, 松田 幸樹, 辻 耕平, 吉村 和久, 満屋 裕明, 前田 賢次, 玉村 啓和. HIV感染症の根治へ向けたDAG-ラクトン誘導体の構造活性相関研究 日本薬学会年会要旨集. 2021.03; 141年会 29V03-pm04S. ( 医中誌 )

  • Matsuda Kouki, Kobayakawa Takuya, Kariya Ryusho, Tsuchiya Kiyoto, Ryu Shoraku, Tsuji Kohei, Ishii Takahiro, Gatanaga Hiroyuki, Yoshimura Kazuhisa, Okada Seiji, Hamada Akinobu, Mitsuya Hiroaki, Tamamura Hirokazu, Maeda Kenji. A Therapeutic Strategy to Combat HIV-1 Latently Infected Cells With a Combination of Latency-Reversing Agents Containing DAG-Lactone PKC Activators FRONTIERS IN MICROBIOLOGY. 2021.03; 12 636276. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Kohei Tsuji. Kinase inhibitors for anti-cancer drugs. The 7th Joint Symposium between Chulalongkorn University and IBB/TMDU on Biomedical Materials and Engineering 2020.12.22 online (Thailand)

  • Kohei Tsuji, David Hyme, Buyong Ma, Ruth Nussinov, Hirokazu Tamamura,Terrence R. Burke, Jr.. Development of bivalent inhibitors of polo-like kinase 1 with great affinity enhancement. 第57回ペプチド討論会 2020.11.10 online

  • Kofi Baffour-Awuah Owusu, Kohei Tsuji, Rongyi Wang, Takuya Kobayakawa, Moemi Kaneko, Tsutomu Murakami, Hirokazu Tamamura. Exploratory studies on the development of anti-HIV-1 peptides based on HIV-1 capsid fragments. 第57回ペプチド討論会 2020.11.10 online

  • Chika Azuma, Takuya Kobayakawa, Kohei Tsuji, Hirokazu Tamamura. A convergent synthesis of chloroalkene dipeptide isosteres as peptidomimetics. 第57回ペプチド討論会 2020.11.09 online

  • 石井 貴大,小早川 拓也,松田 幸樹,辻 耕平,吉村 和久,満屋 裕明,前田 賢次,玉村 啓和. HIV感染症の根治へ向けたDAG-ラクトン誘導体の創製. 第64回日本薬学会関東支部大会 2020.09.19 online (東京)

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「HIV侵入阻害剤としての小分子CD4ミミックとポリエチレングリコールユニットのハイブリッド化合物」― 根治を目指した抗体との併用療法の期待 ―,2021年01月

    Journal of Medicinal Chemistry

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 機能分子開発技術特論,2020年

  • 先端ケミカルバイオロジー特論,2020年