基本情報

写真a

清水 幹容(シミズ マサヒロ)

SHIMIZU Masahiro


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 分子細胞生物学 助教
  • 2019年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 分子細胞生物学 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 炎症性ケモカインIL-8依存的に制御される癌幹細胞の同定と制御機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Atsushi Sato, Masahiro Shimizu, Toshiyasu Goto, Hiroyuki Masuno, Hiroyuki Kagechika, Nobuyuki Tanaka, Hiroshi Shibuya. WNK regulates Wnt signalling and β-Catenin levels by interfering with the interaction between β-Catenin and GID Communications Biology. 2020;

  • Shimizu M, Tanaka N. IL-8-induced O-GlcNAc modification via GLUT3 and GFAT regulates cancer stem cell-like properties in colon and lung cancer cells. Oncogene. 2019.02; 38 (9): 1520-1533. ( PubMed, DOI )

  • 清水 幹容, 田中 信之. ケモカインIL-8による糖代謝の制御機構とがん幹細胞への影響 生命科学系学会合同年次大会. 2017.12; 2017年度 [1P-1045]. ( 医中誌 )

  • Shimizu M, Goto T, Sato A, Shibuya H. WNK4 is an essential effector of anterior formation in FGF signaling. Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms. 2013.06; 18 (6): 442-9. ( PubMed, DOI )

  • Goto T, Sato A, Shimizu M, Adachi S, Satoh K, Iemura S, Natsume T, Shibuya H. IQGAP1 functions as a modulator of dishevelled nuclear localization in Wnt signaling. PloS one. 2013; 8 (4): e60865. ( PubMed, DOI )

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「大腸がんに関与するWntシグナルを血圧調節分子WNKが制御する」― 大腸がんに対する新たな抗がん剤標的分子として期待 ―,2020年11月

    Communications Biology