基本情報

写真a

中井 紀(ナカイ ノリ)

NAKAI Nori


職名

大学院生

研究分野・キーワード

細胞骨格、蛍光偏光顕微鏡

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 認知行動医学講座 神経機能形態学分野 大学院生

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本細胞生物学会

  • 日本解剖学会

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Nori Nakai, Keisuke Sato, Tomomi Tani, Kenta Saito, Fumiya Sato, Sumio Terada. Genetically encoded orientation probes for F-actin for fluorescence polarization microscopy. Microscopy (Oxf). 2019.10; 68 (5): 359-368. ( PubMed, DOI )

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 中井紀, 佐藤啓介, 杉崎綾奈, 永嶋一貴, 齊藤健太, 川岸将彦, 谷知己, 寺田純雄. 蛍光偏光ライブイメージングのためのプローブPOLArISの汎用性拡張の試み. 第125回 日本解剖学会総会・全国学術集会 2020.03.26 宇部(誌上開催)

  • NAKAI Nori, SATO Keisuke, TANI Tomomi, SAITO Kenta, SATO Fumiya, TERADA Sumio. GFP-based F-actin Orientation Probes for Fluorescence Polarization Microscopy and Speckle F-actin Orientation Imaging in Living Cells. ASCB/EMBO 2019 meeting 2019.12.08

  • 中井紀、佐藤文哉、佐藤啓介、谷知己、寺田純雄. 蛍光偏光顕微鏡観察のための遺伝子にコードされたアクチンプローブの開発. 第11回脳統合機能研究センター・お茶の水ニューロサイエンス協会共催若手インスパイアシンポジウム 2019.02.18 東京、日本

  • Nori Nakai, Fumiya Sato, Keisuke Sato, Tomomi Tani, Sumio Terada.. Development of genetically-encoded actin probes for fluorescence polarization microscopy.. ASCB/EMBO 2018 Meeting 2018.12.10 San Diego, CA, USA

  • Nori Nakai, Fumiya Sato, Keisuke Sato, Tomomi Tani, Sumio Terada.. Development of genetically-encoded actin probes for fluorescence polarization microscopy.. Joint Annual Meeting of 70th JSCB and 51st JSDB 2018.06.08 Tokyo, Japan

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Microscopy誌 Editor's Choice ,2019年10月

  • 第11回脳統合機能研究センター・お茶の水ニューロサイエンス協会共催若手インスパイアシンポジウム最優秀ポスター発表賞,2019年02月

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 未来ICT研究所 第30回細胞生物学ワークショップ ティーチングアシスタント,2019年07月29日 - 2019年08月02日