基本情報

写真a

吉澤 彰(ヨシザワ アキラ)

YOSHIZAWA Akira


職名

大学院生

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2020年07月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学分野 大学院生
  • 2020年08月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 老化制御学講座 摂食嚥下リハビリテーション学分野 大学院生
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Miki Ishii, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Takuma Okumura, Shohei Hasegawa, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Tomoe Tamai, Yuki Nagasawa, Akira Yoshizawa, Haruka Tohara. Time Spent Away from Bed to Maintain Swallowing Function in Older Adults Gerontology. 2022.04; ( DOI )

  2. Miki Ishii, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Takuma Okumura, Shohei Hasegawa, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Tomoe Tamai, Yuki Nagasawa, Akira Yoshizawa, Haruka Tohara. Higher Activity and Quality of Life Correlates with Swallowing Function in Older Adults with Low Activities of Daily Living Gerontology. 2021.09; ( DOI )

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Akira Yoshizawa,Shinya Saito, Sirinthip Amornsuradech, Kazuharu Nakagawa,Kohei Yamaguchi,Kanako Yoshimi, Haruka Tohara . Online swallowing evaluation can be an effective modality for bed bounded patient considering prevention of COVID-19 infection . World Dysphagia Summit 2021 2021.08.21

  2. Miki Ishii, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Takuma Okumura, Shohei Hasegawa, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Tomoe Tamai, Yuki Nagasawa, Akira Yoshizawa, Haruka Tohara. Time Spent Away from Bed to Maintain Swallowing Function in Older Adults. World Dysphagia Summit 2021 2021.08 Nagoya, Japan and Online

  3. 長澤祐季,中川量晴,吉見佳那子,内田有俊,吉澤彰,玉井斗萌,山口浩平,中根綾子,戸原玄. 嚥下障害患者が使用するとろみ剤が血糖値や消化管ホルモンに与える影響-ラット遺伝子の発現量解析-. 2022.06.13

  4. 有瀧航太,中川量晴,吉澤 彰,齋木章乃,柳田陵介,吉見佳那子,山口浩平,中根綾子,戸原 玄. 高齢頚椎疾患患者の術前後における嚥下機能の変化 -咀嚼嚥下時の運動学的解析-. 一般社団法人日本老年歯科医学会第33回学術大会 2022.06.12 新潟県新潟市

  5. 齋木章乃, 吉見佳那子, 中川量晴, 長澤祐季, 吉澤彰, 山田大志, 中根綾子, 山口浩平, 戸原玄. 近赤外蛍光システムを応用した新しい嚥下機能評価に関する研究. 日本老年歯科医学会第33回学術大会 2022.06.11

  6. 吉澤 彰,中川量晴,吉見佳那子,有瀧航太, 山口浩平, 中根綾子, 玉井斗萌,長澤祐季,戸原 玄. 加齢が頚椎疾患の後方アプローチ術後の嚥下機能にどのように影響するか. 一般社団法人日本老年歯科医学会第33回学術大会 2022.06.11

  7. 吉見佳那子,中川量晴,齋木章乃,奥村拓真,長澤祐季,吉澤 彰,山田大志,内田有俊, 山口浩平,中根綾子,戸原 玄. 近赤外蛍光システムを応用した非侵襲的な嚥下評価機器の開発. 第37回日本臨床栄養代謝学会学術大会 2022.05.31 横浜

  8. 長澤祐季 ,中川量晴,吉見佳那子 ,内田有俊, 玉井斗萌, 吉澤彰, 山口浩平,中根綾子,戸原 玄. 嚥下障害に用いるとろみ剤は グルコース吸収に影響を及ぼすか -ラット消化管ホルモンの遺伝子発現解析-. 第37回日本臨床栄養代謝学会学術大会 2022.05.31

  9. 吉見佳那子,中川量晴,久保田一政,尾﨑研一郎,奥村拓真,吉澤彰,岡田光純,雨宮輝美,中根綾子,山口浩平,戸原玄. 周術期入院患者におけるICTを活用した口腔管理の有用性の検証. 第25回日本遠隔医療学会学術大会 2021.10.09 岐阜,web

  10. 頚椎疾患の術前後嚥下機能の運動学的解析 -咀嚼嚥下の検討-. 2021.08.20

  11. 嚥下障害患者にとろみ付き炭酸飲料は有効か. 2021.08.20

  12. 吉澤 彰,中川量晴,吉見佳那子,有瀧航太, 堀内 玲,小谷朋子,中根綾子,戸原 玄. 脱水予防のための飲料ゼリーは嚥下困難者も安全に摂取可能か. 第26・27回合同学術大会日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2021.08.19

  13. 長澤祐季,中川量晴,吉見佳那子,玉井斗萌,吉澤 彰,山口浩平,中根綾子,戸原 玄. 耐糖能異常嚥下障害患者に対するとろみ調整食品の影響. 第26・27回合同学術大会 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2021.08

  14. 吉澤 彰,中川量晴,吉見佳那子,山口浩平,長澤祐季,中根綾子,有瀧 航太,戸原 玄. 頸椎疾患患者の術式による嚥下障害の特徴. 第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2021.07.21

  15. 吉澤 彰,中川量晴 ,吉見佳那子, 石井美紀,並木千鶴 ,河合陽介 ,中根綾子 ,戸原 玄. 頸椎前方固定術後に嚥下障害を認めた1例-術前後における運動学的解析- . 日本老年歯科医学会第32回学術大会 2021.06.13

  16. 石井 美紀,中川 量晴,吉見 佳那子,奥村 拓真,長谷川 翔平,原 豪志,山口 浩平,中根 綾子,玉井 斗萌,長澤 祐季,吉澤 彰,戸原 玄. 離床する要介護高齢者は筋肉量,生活の質および摂食嚥下機能が維持されるか. 日本老年歯科医学会第32回学術大会 2021.06.12 web開催

  17. とろみ付き炭酸飲料が嚥下障害患者の嚥下機能に及ぼす影響について. 2021.06

  18. 長澤祐季,中川量晴,吉見佳那子,吉澤 彰,玉井斗萌,山口浩平,中根綾子,戸原 玄. とろみ調整食品が栄養吸収に影響を及ぼす可能性 ラットの発育を観察した基礎的研究. 日本老年歯科医学会第32回学術大会 2021.06 web開催

  19. 石井美紀,中川量晴,吉澤彰,佐藤和美,原豪志,山口浩平,吉見佳那子,奥村拓真,玉井斗萌,長澤祐季,中根綾子,戸原玄. 高齢のど自慢参加者は生活の質と食べる機能が維持されているか. 日本老年歯科医学会第31回学術大会 2020.11.07 web開催

  20. 吉澤 彰,中川量晴,吉見佳那子,山口浩平,原 豪志,中根綾子,長谷川翔平,石井美紀,奥村拓真,玉井斗萌,長澤祐季,戸原 玄. 頚椎疾患患者の術後嚥下機能の運動学的解析 -年代と術式による比較. 日本老年歯科医学会第31回学術大会 2020.11.07 WEB開催

  21. 摂食嚥下障害患者におけるオトガイ舌骨筋の嚥下時収縮率と摂食嚥下機能や全身との関連. 2020.11

  22. 吉澤 彰,中川量晴,吉見佳那子,山口浩平,長澤祐季,中根綾子,古屋純一,戸原 玄. 頚椎疾患患者の術前後における摂食状況と嚥下機能の解析. 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2020.02.27 京都

  23. 長澤祐季,中川量晴,吉見佳那子,山口浩平,吉澤彰,中根綾子,古屋純一,戸原玄. 飼料形態がラットに及ぼす影響. 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2020.02.27 京都

  24. 中川量晴,川畑篤礼, 吉澤 彰,山口浩平, 吉見佳那子, 玉井斗萌,石井美紀, 戸原玄. 頚椎症性筋萎縮症に対する前方除圧固定術前後における嚥下機能の運動学的解析. 第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2019.09.07 新潟

▼全件表示