基本情報

写真a

髙橋 和総(タカハシ カズフサ)

TAKAHASHI Kazufusa


職名

大学院生

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 横浜市立大学  国際総合科学部  国際総合科学科  2019年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  医歯理工保健学専攻  修士課程  2021年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(医科学)  東京医科歯科大学

  • 学士(理学)  横浜市立大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工保健学専攻 免疫アレルギー学分野 大学院生
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 器官システム制御学講座 人体病理学分野 大学院生
  • 2021年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 卓越大学院生(II)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本アレルギー学会

  • 日本免疫学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学

  • 細胞生物学

  • 分子生物学

  • 免疫学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭1種免許

  • 高等学校教諭1種免許

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • アレルギー治療薬の好塩基球に対する作用の解析

  • 好塩基球におけるSphingosine-1 phophateの役割の解析

  • 好塩基球依存的アレルギーモデルにおける炎症誘導メカニズムの解明

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yoshinori Yamanishi, Kotone Mogi, Kazufusa Takahashi, Kensuke Miyake, Soichiro Yoshikawa, Hajime Karasuyama. Skin-infiltrating basophils promote atopic dermatitis-like inflammation via IL-4 production in mice ALLERGY. 2020.10; 75 (10): 2613-2622. ( PubMed, DOI )

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Junya Ito, Kensuke Miyake, Kazufusa Takahashi, Shigeyuki Shichino, Hajime Karasuyama. Transcriptomic and functional analyses uncover an immature subpopulation of basophils in the bone marrow and FoxO1 as a transcription factor involved in the regulation of basophil responsiveness. 第51回日本免疫学会学術集会 2022.12.08 熊本

  2. Kazufusa Takahashi, Kensuke Miyake, Ito Junya, Shimamura Hinano, Karasuyama Hajime. Difamilast, a selective phosphodiesterase 4 inhibitor, suppresses IL-4 production by basophils and ameliorates atopic dermatitis in a murine model. 第51回日本免疫学会学術集会 2022.12.08 熊本

  3. Kensuke Miyake, Kazufusa Takahashi, Junya Ito, Jun Nakabayashi, Shigeyuki Shichino, Soichiro Yoshikawa, Hajime Karasuyama. M2 macrophages present at resolution phase of inflammation display high efferocytic capacity and promote resolution of skin allergic inflammation. 第51回 日本免疫学会学術集会 2022.12.07 熊本

  4. Kensuke Miyake, Kazufusa Takahashi, Junya Ito, Jun Nakabayashi, Shigeyuki Shichino, Soichiro Yoshikawa, Hajime Karasuyama. Basophils promote the generation of highly phagocytic M2 macrophages which dampen excess inflammation at the resolution phase of allergic inflammation. 第50回 日本免疫学会学術集会 2021.12.10

  5. Kensuke Miyake, Kazufusa Takahashi, Junya Ito, Jun Nakabayashi, Shigeyuki Shichino, Soichiro Yoshikawa, Hajime Karasuyama. Basophil-derived IL-4 induces the generation of M2 macrophages which dampen skin chronic allergic inflammation via the efferocytic clearance of dead cells. 第70回 日本アレルギー学会学術大会 2021.10.10 横浜

  6. Kensuke Miyake, Junya Ito, Kazufusa Takahashi, Soichiro Yoshikawa, Yoshinori Yamanishi, Hajime Karasuyama. Monocyte-derived M2-like macrophages induced by activated basophils dampen IL-1α-mediated aggravation of allergic inflammation. 第69回 日本アレルギー学会学術大会 2020.09.17 京都

  7. 三宅健介, 高橋和総, 伊藤潤哉, 島村雛乃, 烏山一. 新規PDE4阻害薬ジファミラストは好塩基球のIL-4産生を抑制し、アトピー性皮膚炎モデルへの治療効果を示す. 第52回 日本皮膚アレルギー学会学術大会 2022.12.16

  8. 高橋和総, 三宅健介, 烏山一. 新規PDE4阻害薬ジファミラストは好塩基球活性化を阻害し、アトピー性皮膚炎モデルに対し治療効果を示す. 第71回 日本アレルギー学会 2022.10.07 東京

  9. Kazufusa Takahashi, Kensuke Miyake, Hajime Karasuyama. Sphingosine kinase 1 contributes to IgE-dependent basophil activation and the development of basophil-dependent delayed-onset skin allergic inflammation. 第50回 日本免疫学会学術集会 2021.12.09 奈良

  10. 高橋和総, 三宅健介, 須田真未, 大橋健一, 烏山一. 好塩基球由来IL-4はマクロファージのCCL24産生を促し、好酸球浸潤を誘導する. 第70回 日本アレルギー学会学術大会 2021.10.10 横浜

  11. Kotone Mogi, Kazufusa Takahashi, Kensuke Miyake, Soichiro Yoshikawa, Hajime Karasuyama, Yoshinori Yamanishi. Basophil-derived IL-4 promotes disease progression in a hapten-elicited murine model of atopic dermatitis. 第48回 日本免疫学会学術集会 2019.12.13 浜松

  12. Kazufusa Takahashi, Kei Miyakawa, Satoko Matsunaga, Tatsuhiko Ogawa, Ryo Akihide. Screening and identification of a novel host restriction factor inhibiting HIV release. 第2回 東京理科大学ー横浜市立大学合同シンポジウム 2018.11.23 横浜

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2017年06月

    2018年度 横浜市立大学 大学案内

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 横浜市立大学 エクステンション講座 第5回親子実験教室,2016年07月30日 - 2016年07月31日