基本情報

写真a

高野 歩(タカノ アユミ)

Ayumi TAKANO


職名

准教授

研究分野・キーワード

精神看護学

分野紹介URL

https://plaza.umin.ac.jp/tmd-pn/index.html

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  博士課程  2015年09月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(保健学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 臨床看護開発学講座 精神・人間発達看護学 精神保健看護学 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本アルコール・アディクション医学会

  • 日本看護科学学会

  • International Society for Biomedical Research on Alcoholism

  • 日本アディクション看護学会

  • 日本精神保健看護学会

  • The College on Problems of Drug Dependence (Regular Member)

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    現在
    アルコール関連問題予防研究会 企画委員
  • 2017年05月
    -
    現在
    JICA フィリピン「科学的根拠に基づく薬物依存症治療プログラム導入プロジェクト」 国内支援委員会研究部会メンバー
  • 2017年07月
    -
    現在
    日本精神保健看護学会 査読委員
  • 2018年01月
    -
    2022年12月
    International Society for Biomedical Research on Alcoholism (ISBRA) Membership Committee
  • 2018年04月
    -
    現在
    国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 客員研究員
  • 2018年09月
    -
    2019年06月
    日本アディクション看護学会 第18回日本アディクション看護学会学術集会 企画委員
  • 2018年12月
    -
    2020年03月
    日本アディクション看護学会 査読委員
  • 2019年01月
    -
    現在
    A/CRA/FT ASIA 普及アドバイザー
  • 2019年09月
    -
    現在
    日本精神保健看護学会 社会貢献委員
  • 2019年10月
    -
    現在
    日本看護科学学会 和文誌専任査読委員
  • 2020年04月
    -
    2020年06月
    日本精神保健看護学会 「COVID-19の対応に従事する医療者を組織外から支援する人のための相談支援ガイドライン」作成メンバー
  • 2020年06月
    -
    2020年09月
    日本家族療法学会 日本家族療法学会第37回大会 実行委員
  • 2020年10月
    -
    2022年09月
    日本アルコール・アディクション医学会 広報委員会
  • 2020年10月
    -
    現在
    日本アルコール・アディクション医学会 ハームリダクション特別委員会
  • 2020年10月
    -
    現在
    日本アルコール・アディクション医学会 学術評議員
  • 2020年10月
    -
    現在
    日本アルコール・アディクション医学会  理事
  • 2021年10月
    -
    2022年09月
    第57回日本アルコール・アディクション医学会 プログラム委員
  • 2021年11月
    -
    現在
    日本アルコール・アディクション医学会 将来構想委員会
  • 2022年09月
    -
    2022年10月
    第58回日本アルコール・アディクション医学会 プログラム委員
  • 2022年09月
    -
    現在
    日本アルコール・アディクション医学会  柳田知司賞選考委員会
  • 2022年09月
    -
    現在
    日本アルコール・アディクション医学会  国際委員会
  • 2022年09月
    -
    現在
    日本アルコール・アディクション医学会  優秀論文賞選定委員会 委員長
  • 2022年09月
    -
    現在
    日本アルコール・アディクション医学会  編集委員会 委員長

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床看護学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 飲酒に関する心理的・行動的データのリアルタイム計測と飲酒予測モデルの開発 ,2022年04月 - 2024年03月

  • ゲーム障害の診断・治療法の確立に関する研究,2020年10月 - 2023年03月

  • アルコール・薬物使用者の行動変容促進アプリと適切なフィードバックAIモデルの開発 ,2020年04月 - 2023年03月

  • ウェブ版薬物使用障害再発予防プログラムの開発・評価・普及に関する研究 ,2016年04月 - 2020年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ゲーム障害の診断・治療法の確立に関する研究

    厚生労働省 : 2020年12月 - 2023年03月

  • アルコール・薬物使用者の行動変容促進アプリと適切なフィードバックAIモデルの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

  • ウェブ版薬物使用障害再発予防プログラムの開発・評価・普及に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • アルコール・薬物使用者の行動変容促進アプリと適切なフィードバックAIモデルの開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 炎症性腸疾患患者への認知行動療法による疲労感管理プログラム考案と予備的介入研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 日本版Moral Injury尺度の作成と信頼性・妥当性の検証

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Takayuki Harada , Kazutaka Nomura , Toshiaki Baba , Tomohiro Shirasaka , Ayumi Takano , Shogo Kanamori. Development and validation of Tagalog versions of the Drug Abuse Screening Test-20 (DAST-20) and Stimulant Relapse Risk Scale (SRRS) for drug users in the Philippines PLOS ONE. 2023.01; 18 (1): e0280047. ( DOI )

  2. Kayo Matsuura, David Timmons, Ayumi Takano. A Survey for Examining the Validity and Reliability of the Japanese Version of the Forensic Psychiatric Nursing Competence Scale International Journal of Forensic Mental Health. 2022.11; ( DOI )

  3. Masaru Tateno, Takanobu Matsuzaki, Ayumi Takano, Susumu Higuchi. Increasing important roles of child and adolescent psychiatrists in the treatment of gaming disorder: Current status in Japan Frontiers in Psychiatry. 2022.10; 1-10. ( DOI )

  4. Naonori Yasuma, Kotaro Imamura, Kazuhiro Watanabe, Mako Iida, Ayumi Takano. Adolescent cannabis use and the later onset of bipolar disorder: protocol for a systematic review and meta‐analysis of prospective cohort studies Neuropsychopharmacology Reports. 2022.10; ( PubMed, DOI )

  5. Kazuto Kuribayashi, Ayumi Takano, Akiko Inagaki, Kotaro Imamura, Norito Kawakami. Effect of stress management based on cognitive-behavioural therapy on nurses as a universal prevention in the workplace: a systematic review and meta-analysis protocol. BMJ Open. 2022.09; 12 (9): e062516. ( PubMed, DOI )

  6. Ayumi Takano, Yuki Miyamoto, Tomohiro Shinozaki, Toshihiko Matsumoto, Norito Kawakami. Effects of a web-based relapse prevention program on abstinence: Secondary subgroup analysis of a pilot randomized controlled trial. Neuropsychopharmacol Rep. 2022.06; ( PubMed, DOI )

  7. Satomi Mizuno, Sachiko Ono, Ayumi Takano, Hideo Yasunaga, Hirotaro Iwase. Dental characteristics associated with methamphetamine use: analysis using forensic autopsy data BMC Oral Health . 2022.04; 22 (1): 1-10. ( DOI )

  8. Ayumi Takano, Norito Kawakami. Author's Reply to COMMENTARY ON "Adolescent Work Values and Drug Use in Adulthood: A Longitudinal Prospective Cohort Study". Subst Use Misuse. 2022.04; 57 (7): 1154-1155. ( PubMed, DOI )

  9. Masaru Tateno, Ayumi Takano, Takanobu Matsuzaki,Susumu Higuchi . Current status and future perspectives of clinical practice for gaming disorder among adolescents in Japan: A preliminary survey in Sapporo Psychiatry and Clinical Neurosciences Reports. 2022.03; 1 (1): 1-3. ( DOI )

  10. Hiroko Kotajima-Murakami, Ayumi Takano, Yasukazu Ogai, Shotaro Tsukamoto, Maki Murakami, Daisuke Funada, Yuko Tanibuchi, Hisateru Tachimori, Kazushi Maruo, Tsuyoshi Sasaki, Toshihiko Matsumoto, Kazutaka Ikeda. Ifenprodil for the treatment of methamphetamine use disorder: An exploratory, randomized, double‐blind, placebo‐controlled trial Neuropsychopharmacol Rep. 2022.01; 39 (2): 90-99. ( DOI )

  11. Ayumi Takano, Hayato Yamana, Sachiko Ono, Hiroki Matsui, Hideo Yasunaga. Outpatient treatment following alcohol screening at health checkups and change in drinking patterns among excessive drinkers with lifestyle-related diseases. Prev Med Rep. 2021.12; 24 101549. ( PubMed, DOI )

  12. Toshitaka Hamamura,Shinichiro Suganuma, Ayumi Takano,Toshihiko Matsumoto, Haruhiko Shimoyama. The Effectiveness of a Web-Based Intervention for Japanese Adults with Problem Drinking: An Online Randomized Controlled Trial Addictive Behaviors Reports. 2021.12; 100400. ( DOI )

  13. Ayumi Takano, Maiko Fukasawa, Kazuhiro Watanabe, Daisuke Nishi, Norito Kawakami. Adolescent Work Values and Drug Use in Adulthood: A Longitudinal Prospective Cohort Study. Subst Use Misuse. 2021.06; 56 (10): 1483-1492. ( PubMed, DOI )

  14. Yasuma, N., Imamura, K., Watanabe, K., Nishi, D., Kawakami, N., Takano, A. Association between energy drink consumption and substance use in adolescence: A systematic review of prospective cohort studies Drug Alcohol Dependence. 2021.02; 219 ( DOI )

  15. Ayumi Takano, Toshihiko Matsumoto. A Mixed-Methods Evaluation of Usability and Acceptability of Web-Based Relapse Prevention and Self-Monitoring Program: Secondary Analysis of a Pilot Randomized Controlled Trial Frontiers in Psychiatry . 2021.02; 12:625480 1-8. ( DOI )

  16. Takano A., Miyamoto Y., Shinozaki T., Matsumoto T., Kawakami N.. EFFECT OF A WEB-BASED RELAPSE PREVENTION PROGRAM ON ABSTINENCE: SUBGROUP ANALYSES OF A RANDOMIZED CONTROLLED TRIAL ALCOHOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH. 2020.06; 44 151.

  17. Yasuma N., Imamura K., Watanabe K., Nishi D., Kawakami N., Takano A.. ENERGY DRINK CONSUMPTION IN ADOLESCENCE AND THE INITIATION OF SUBSTANCE USE: A SYSTEMATIC REVIEW Alcoholism (NY). 2020.06; 44 (1 SI): 172.

  18. Takano A., Yamana H., Ono S., Matsui H., Yasunaga H.. IMPROVEMENT IN DRINKING BEHAVIOR FOLLOWING HEALTH CHECKUPS: RETROSPECTIVE COHORT STUDY USING A HEALTH INSURANCE CLAIMS DATABASE ALCOHOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH. 2020.06; 44 168.

  19. Takano A, Miyamoto Y, Shinozaki T, Matsumoto T, Kawakami N. Effect of a web-based relapse prevention program on abstinence among Japanese drug users: A pilot randomized controlled trial. Journal of substance abuse treatment. 2020.04; 111 37-46. ( PubMed, DOI )

  20. Risa Kotake, Akiko Kanehara, Yuki Miyamoto, Yousuke Kumakura, Utako Sawada, Ayumi Takano, Rie Chiba, Makoto Ogawa, Shinsuke Kondo, Kiyoto Kasai, Norito Kawakami. Reliability and validity of the Japanese version of the INSPIRE measure of staff support for personal recovery in community mental health service users in Japan. BMC Psychiatry. 2020.02; 20 (1): 51. ( PubMed, DOI )

  21. Kuribayashi K, Imamura K, Watanabe K, Miyamoto Y, Takano A, Sawada U, Sasaki N, Suga M, Sugino A, Hidaka Y, Iida M, Sudo M, Tokita M, Kawakami N. Effects of an internet-based cognitive behavioral therapy (iCBT) intervention on improving depressive symptoms and work-related outcomes among nurses in Japan: a protocol for a randomized controlled trial. BMC psychiatry. 2019.08; 19 (1): 245. ( PubMed, DOI )

  22. 高野 歩. ベンゾジアゼピン系睡眠薬・抗不安薬の長期処方に関する実態調査 医療と社会. 2019.08; 29 (2): 321. ( 医中誌 )

  23. Takano A, Ono S, Yamana H, Matsui H, Matsumoto T, Yasunaga H, Kawakami N. Factors associated with long-term prescription of benzodiazepine: a retrospective cohort study using a health insurance database in Japan. BMJ open. 2019.07; 9 (7): e029641. ( PubMed, DOI )

  24. Kotajima-Murakami H*, Takano A*, Ogai Y, Tsukamoto S, Murakami M, Funada D, Tanibuchi Y, Tachimori H, Maruo K, Sasaki T, Matsumoto T, Ikeda K *equal contribution. Study of effects of ifenprodil in patients with methamphetamine dependence: Protocol for an exploratory, randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Neuropsychopharmacology reports. 2019.06; 39 (2): 90-99. ( PubMed, DOI )

  25. Morita Y, Miyamoto Y, Takano A, Kawakami N, Coulombe S. Reliability and validity of the Japanese version of the Mental Health Self-management Questionnaire among people with mental illness living in the community. BMC psychology. 2019.05; 7 (1): 30. ( PubMed, DOI )

  26. 宇佐美貴士, 熊倉陽介, 高野歩, 金澤由佳, 松本俊彦. 薬物犯罪による保護観察対象者の1年後転帰に関する検討:保護観察から地域精神保健的支援への架け橋「Voice Bridges Project」 日本アルコール・薬物医学会雑誌. 2022.11; 57 (3): 143-157.

  27. 高野歩. 日本におけるハームリダクションの展開に向けて 精神医療. 2022.07; (6): 71-78.

  28. 高野歩,徳重誠,大野昴紀,浅岡紘季,宮本有紀,館農勝. 自記式および親評定版ゲーム障害スクリーニング尺度日本語版の作成と言語的妥当性検証 日本アルコール・薬物医学会雑誌. 2022.06; 57 (2): 90-108.

  29. 日本精神保健看護学会社会貢献委員会, 香月富士日, 桐山啓一郎, 高野歩, 武用百子, 澤田華世, 山田浩雅, 片岡三佳. COVID-19対応や災害支援時におけるPFAに基づくセルフケアと相互支援 保健師ジャーナル. 2022.04; 78 (2): 142-148.

  30. 松浦 佳代, 高野 歩, 森 真喜子, David Timmons. 司法精神看護実践能力測定尺度の日本語翻訳版(FPNC-J)の開発 日本看護科学学会誌. 2022.03; 41 780-786.

  31. 高野 歩. ハームリダクションの現状と応用(国際的視点から) 日本アルコール・薬物医学会雑誌. 2019.08; 54 (4): 91. ( 医中誌 )

  32. 松本俊彦, 高野歩, 熊倉陽介, 宇佐美貴士, 伴恵理子, 窪田和巳. 保護観察の対象となった薬物依存症者のコホート 調査システムの開発:「Voice Bridges Project 」 更生保護学研究 . 2019.06; 14 3-18.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. パット・デニング( 著), ジーニー・リトル (著), 松本 俊彦 (監修), 高野 歩 (監訳), 古藤 吾郎 (監訳), 新田 慎一郎 (監訳). ハームリダクション実践ガイド 薬物とアルコールのある暮らし. 金剛出版, 2022.08 (ISBN : 9784772419024)

  2. 高野歩. 認知行動療法辞典. 丸善出版, 2019.08 4章アセスメント技法 アディクションのアセスメント (ISBN : 978-4621303825)

  3. 高野歩. 「助けて」が言えない SOSを出さない人に支援者は何ができるか. 日本評論社, 2019.07 薬物問題を抱えた刑務所出所者の援助希求ー「おせっかい」地域支援の可能性 (ISBN : 978-4535563797)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. TOKUSHIGE Makoto, ONO Koki, ASAOKA Hiroki, MIYAMOTO Yuki, TATENO Masaru, TAKANO Ayumi. Verification of the linguistic validity and feasibility of the Japanese version of the Gaming Disorders Screening Scale. The 7th International Conference on Behavioral Addictions (ICBA) 2022.06.22 Nottingham

  2. Ayumi Takano,Takashi Usami, Yuka Kanazawa, Yousuke Kumakura, Toshihiko Matsumoto . Risk and preventive factors associated with illicit drug use among male methamphetamine users on probation in Japanese criminal justice system: a one-year prospective cohort study. The College on Problems of Drug Dependence (CPDD) 84th Annual Scientific Meeting 2022.06.12 Minneapolis

  3. Yuki Miyamoto, Nozomi Eguchi, Emi Matsumoto, Ayumi Takano, Kaori Okamoto, Azusa Saito, Tomoyuki Kaneta, Yuko Otake. The words she would say to herself back then: Healing from sexual violence. The 25th East Asia Forum of Nursing Scholars (EAFONS) Conference 2022.04.21 Online

  4. Takano A, Ban E, Usami T, Kanazawa Y, Kumakura Y, Matsumoto T. Factors Associated with Post One-Year Illicit Drug Use among Persons on Probation in the Japanese Criminal Justice system: A Prospective Cohort Study. The College on Problems of Drug Dependence (CPDD) 83rd Annual Scientific Virtual Meeting 2021.06.23 Virtual

  5. Yasuma N, Imamura K, Watanabe K, Nishi D, Kawakami N, Takano A. Energy drink consumption in adolescence and the initiation of substance use: a systematic review. 43rd the Research Society on Alcoholism jointly with the International Society for Biomedical Research on Alcoholism 2020.06.22 Online

  6. Takano A, Miyamoto Y, Shinozaki T, Matsumoto T, Kawakami N. Effect of a web‐based relapse prevention program on abstinence: subgroup analyses of a randomized controlled trial. 43rd the Research Society on Alcoholism jointly with the International Society for Biomedical Research on Alcoholism 2020.06.22 Online

  7. Takano A, Yamana H, Ono S, Matsui H, Yasunaga H. Improvement in drinking behavior following health checkups: retrospective cohort study using a health insurance claims database. 43rd the Research Society on Alcoholism jointly with the International Society for Biomedical Research on Alcoholism 2020.06.22 Online

  8. Toshihiko MATSUMOTO,Hiroko KOTAJIMA-MURAKAMI,Ayumi TAKANO,Yasukazu OGAI,Daisuke FUNADA,Yuko TANIBUCHI,Hisateru TACHIMORI,Kazushi MARUO,Kazutaka IKEDA. Study of Ifenprodil effects on patients with methamphetamine dependence:study protocol for an exploratory randomized double-blind placebo-controlled trial. 6th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology 2019.11.13 Fukuoka

  9. Tomohiro Shirasaka, Miyuki Tsuneta, Shogo Kanamori, Toshiaki Baba, Kazutaka Nomura, Ayumi Takano, Takayuki Harada. Introduction of international cooperation activities from Japan International Cooperation Agency (JICA):Project for Introducing Evidence-based Relapse Prevention Program to Drug Dependence Treatment and Rehabilitation Centers in the Philippines. Methamphetamine Epidemic in the Philippines and Countermeasures to Overcome Problems. 18th Annual International Mental Health Conference 2019.07.25 Chiang Mai, Thailand

  10. 平谷七美, 徳重誠, 大野昴紀, 浅岡紘季, 宮本有紀, 館農勝, 高野歩. ゲームの使用問題を有する患者における精神的健康及び生活状況の検討. 第57回日本アルコール・アディクション医学会総会 2022.09.09 仙台

  11. 安間尚徳, 高野歩. 思春期における大麻使用とその後の双極性感情障害の発症:系統的レビューとメタ分析プロトコル. 第57回日本アルコール・アディクション医学会総会 2022.09.09 仙台

  12. 大野昴紀, 徳重誠, 平谷七美, 浅岡紘季, 宮本有紀, 館農勝, 高野歩. 複数のゲーム障害スクリーニング尺度を用いたゲーム障害陽性率の検討. 第57回日本アルコール・アディクション医学会総会 2022.09.09 仙台

  13. 徳重誠, 大野昴紀, 平谷七美, 浅岡紘季, 宮本有紀, 館農勝, 高野歩. 自記式と親評定版ゲーム障害スクリーニング尺度の関連. 第57回日本アルコール・アディクション医学会総会 2022.09.09 仙台

  14. 高野歩. 日本の医療現場でも実践できるハームリダクションに基づく治療的支援. 第57回日本アルコール・アディクション医学会総会 2022.09.09 仙台

  15. 高野歩. 予防・治療におけるデジタルと人の役割. 第57回日本アルコール・アディクション医学会総会 2022.09.08 仙台

  16. 金澤由佳, 熊倉陽介, 宇佐美貴士, 堤史織, 高野歩, 松本俊彦. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴うVBPおよび薬物依存症地域支援への影響に関するアンケート調査 vol.2. 第18回日本司法精神医学会 2022.07.09 オンライン

  17. 高野歩,大野昴紀,野沢恭介,篠崎智大. 飲酒状況セルフモニタリングアプリの有効性検証:ランダム化比較試験プロトコル. 第56回日本アルコール・アディクション医学会学術総会 2021.12.19 三重、オンライン

  18. 高野歩,大野昴紀,野沢恭介,松本俊彦,松下幸生,湯本洋介,小貫真希,妙圎園香苗,佐藤牧人,瀬々潤. モバイルデバイスを用いたアルコール・薬物使用リアルタイムデータ収集と介入プログラムの開発. 第56回日本アルコール・アディクション医学会学術総会 2021.12.18 三重、オンライン

  19. 大野昴紀, 徳重誠, 浅岡紘季, 宮本有紀, 館農勝, 高野歩. インターネットゲーム障害スクリーニング尺度日本語版(IGDS/PIGDS)の言語的妥当性と実施可能性の検討 . 第56回日本アルコール・アディクション医学会学術総会 2021.12.18 三重、オンライン

  20. 徳重誠, 大野昴紀, 浅岡紘季, 館農勝, 宮本有紀, 高野歩. ゲーム障害尺度スクリーニング尺度日本語版(GADIS-A/GADIS-P)の言語的妥当性と実施可能性の検討 . 第56回日本アルコール・アディクション医学会学術総会 2021.12.18 三重、オンライン

  21. 高野歩. 日本におけるハームリダクションを考える. 第56回日本アルコール・アディクション医学会学術総会 2021.12.17 三重、オンライン

  22. 高野歩. アルコール問題に対するハームリダクションアプローチ. 第43回全国大学メンタルヘルス学会 2021.12.16 オンライン

  23. 高野歩, 平岩千明, 及川江利奈, 冨川明子, 野沢恭介. Substance Use Stigma Mechanism Scale日本語版の信頼性・妥当性の検討. 第31回日本精神保健看護学会学術集会 2021.06.06 オンライン

  24. 野沢恭介, 平岩千明, 及川江利奈, 冨川明子, 高野歩. Self-Efficacy in Seeking Mental Health Care 日本語版の因子的妥当性の検討. 第31回日本精神保健看護学会学術集会 2021.06.06 オンライン

  25. 高野歩. ベンゾジアゼピン系睡眠薬・抗不安薬の長期処方に関する実態調査. 医療経済研究会 2021.02.22 東京

  26. 館農 勝, 高野 歩, 松崎 尊信, 樋口 進. 児童思春期症例に対応する医療機関におけるゲーム障害・ネット依存の診療実態調査. 北海道児童青年精神保健学会第45回例会 2021.02.07 札幌(オンライン)

  27. 金澤由佳,熊倉陽介,伴恵理子,宇佐美貴士,高野歩,松本俊彦. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴うVBPおよび薬物依存症地域支援への影響に関するアンケート調査. 日本更生保護学会第9回大会 2020.12.06 オンライン

  28. 高野歩, 深澤舞子, 西大輔, 渡辺和広, 川上憲人. 思春期における職業価値観と成人期における薬物使用との関連: 長期前向きコホート研究. 第55回日本アルコール・アディクション医学会学術総会 2020.11.23 オンライン

  29. 高野歩. アディクション治療においてハームリダクションを生かすには. 第55回日本アルコール・アディクション医学会学術総会 2020.11.22 オンライン

  30. 高野歩, 山名隼人, 大野幸子, 松居宏樹, 康永秀生. 高リスク飲酒者における受診と飲酒行動の変化の関連:傾向スコアを用いた 健診・レセプトデータの解析. 第55回日本アルコール・アディクション医学会学術総会 2020.11.22 オンライン

  31. 高野歩. ハームリダクションの現状と応用(国際的視点から). 第54回アルコール・アディクション医学学術総会 2019.10.04 札幌

  32. 高野歩. 保護観察の対象となった薬物依存者におけるコホート調査:1年後の転帰. 第29回日本精神保健看護学会学術集会 2019.06.09 名古屋

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • CPDD奨励賞,日本アルコール・アディクション医学会,2022年09月

  • 東京医科歯科大学 医学研究奨励賞,東京医科歯科大学,2021年10月

  • The 19th Congress of International Society for Biomedical Research on Alcoholism ISBRA Young Investigator Award,2018年09月

  • The 21st East Asian Forum of Nursing Scholars & 11th International Nursing Conference The Best Presentation Award (Poster Session),2018年01月

  • 平成29年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会 優秀演題賞,2017年09月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学とアルコール・薬物依存症の方に対する行動変容をサポートするAI開発に関する共同研究を開始しました,2021年06月

    -

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 精神保健看護学特論A-1,2019年 - 現在

  • 精神保健看護学特論,2019年 - 現在

  • 看護心理学,2019年 - 現在

  • 総合実習Ⅱ,2019年 - 現在

  • 精神看護学実習,2019年 - 現在

  • 地域精神看護学,2019年 - 現在

  • 精神看護学演習,2019年 - 現在

  • 精神看護学,2019年 - 現在

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • アルコール・薬物依存症の方に対する行動変容をサポートするAI開発,日経新聞,日本経済新聞,2022年05月13日 - 2022年05月20日

  • アルコール問題に対するハームリダクションアプローチ,アルコール関連問題予防研究会,オンライン,2021年11月18日

  • 江戸川保健所業務継続のための応援派遣 (佐々木吉子、田中真琴、森田久美子、山﨑智子、高野歩、今津陽子、三隅順子、廣山奈津子、栗林一人、野口綾子),2021年08月18日 - 現在

  • 厚生労働委託事業 新型コロナウイルス感染症に対する障害者施設等の職員のためのサポートガイド作成業務等一式,厚生労働省,ガイドラインの作成事業メンバー,2020年09月04日 - 2021年03月31日

  • 東南アジアと日本の薬物依存症治療の比較,講談社,クーリエ・ジャポン,2020年06月11日

  • COVID-19の対応に従事する医療者を組織外から支援する人のための相談支援ガイドライン作成,日本精神保健看護学会,COVID-19の対応に従事する医療者を組織外から支援する人のための相談支援ガイドライン作成,日本精神保健看護学会ウェブサイト,2020年04月 - 2020年06月

  • 依存・嗜癖におけるハーム・リダクションの基礎,薬物・精神・行動の会,東京慈恵会医科大学,2020年02月21日

  • ハームリダクションの理念と実践,アルコール関連問題予防研究会,神奈川県民センター,2019年12月19日

  • 日本におけるハームリダクションの可能性と課題,A/CRA/FT ASIA,ハームリダクションの可能性と課題 ~CRA (Community Reinforcement Approach) との相互作用の視点から~,2019年04月14日

▼全件表示