基本情報

写真a

高野 歩(タカノ アユミ)

Ayumi TAKANO


職名

准教授

研究分野・キーワード

精神看護学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  博士課程  2015年09月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(保健学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 臨床看護開発学講座 精神・人間発達看護学 精神保健看護学 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本アルコール・アディクション医学会

  • 日本看護科学学会

  • International Society for Biomedical Research on Alcoholism

  • 日本アディクション看護学会

  • 日本精神保健看護学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    現在
    アルコール関連問題予防研究会 企画委員
  • 2017年05月
    -
    現在
    JICA フィリピン「科学的根拠に基づく薬物依存症治療プログラム導入プロジェクト」 国内支援委員会研究部会メンバー
  • 2017年07月
    -
    2021年10月
    日本精神保健看護学会 査読委員
  • 2018年04月
    -
    現在
    国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 客員研究員
  • 2018年09月
    -
    2019年06月
    日本アディクション看護学会 第18回日本アディクション看護学会学術集会 企画委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床看護学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 依存症・アディクションの予防・治療

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ウェブ版薬物使用障害再発予防プログラムの開発・評価・普及に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • アルコール・薬物使用者の行動変容促進アプリと適切なフィードバックAIモデルの開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Takano A, Miyamoto Y, Shinozaki T, Matsumoto T, Kawakami N. Effect of a web-based relapse prevention program on abstinence among Japanese drug users: A pilot randomized controlled trial. Journal of substance abuse treatment. 2020.04; 111 37-46. ( PubMed, DOI )

  • Risa Kotake, Akiko Kanehara, Yuki Miyamoto, Yousuke Kumakura, Utako Sawada, Ayumi Takano, Rie Chiba, Makoto Ogawa, Shinsuke Kondo, Kiyoto Kasai, Norito Kawakami. Reliability and validity of the Japanese version of the INSPIRE measure of staff support for personal recovery in community mental health service users in Japan. BMC Psychiatry. 2020.02; 20 (1): 51. ( PubMed, DOI )

  • Kuribayashi K, Imamura K, Watanabe K, Miyamoto Y, Takano A, Sawada U, Sasaki N, Suga M, Sugino A, Hidaka Y, Iida M, Sudo M, Tokita M, Kawakami N. Effects of an internet-based cognitive behavioral therapy (iCBT) intervention on improving depressive symptoms and work-related outcomes among nurses in Japan: a protocol for a randomized controlled trial. BMC psychiatry. 2019.08; 19 (1): 245. ( PubMed, DOI )

  • 高野 歩. ベンゾジアゼピン系睡眠薬・抗不安薬の長期処方に関する実態調査 医療と社会. 2019.08; 29 (2): 321. ( 医中誌 )

  • Takano A, Ono S, Yamana H, Matsui H, Matsumoto T, Yasunaga H, Kawakami N. Factors associated with long-term prescription of benzodiazepine: a retrospective cohort study using a health insurance database in Japan. BMJ open. 2019.07; 9 (7): e029641. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 高野歩. 認知行動療法辞典. 丸善出版, 2019.08 4章アセスメント技法 アディクションのアセスメント (ISBN : 978-4621303825)

  • 高野歩. 「助けて」が言えない SOSを出さない人に支援者は何ができるか. 日本評論社, 2019.07 薬物問題を抱えた刑務所出所者の援助希求ー「おせっかい」地域支援の可能性 (ISBN : 978-4535563797)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Toshihiko MATSUMOTO,Hiroko KOTAJIMA-MURAKAMI,Ayumi TAKANO,Yasukazu OGAI,Daisuke FUNADA,Yuko TANIBUCHI,Hisateru TACHIMORI,Kazushi MARUO,Kazutaka IKEDA. Study of Ifenprodil effects on patients with methamphetamine dependence:study protocol for an exploratory randomized double-blind placebo-controlled trial. 6th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology 2019.11.13 Fukuoka

  • 高野歩. ハームリダクションの現状と応用(国際的視点から). 第54回アルコール・アディクション医学学術総会 2019.10.04 札幌

  • Tomohiro Shirasaka, Miyuki Tsuneta, Shogo Kanamori, Toshiaki Baba, Kazutaka Nomura, Ayumi Takano, Takayuki Harada. Introduction of international cooperation activities from Japan International Cooperation Agency (JICA):Project for Introducing Evidence-based Relapse Prevention Program to Drug Dependence Treatment and Rehabilitation Centers in the Philippines. Methamphetamine Epidemic in the Philippines and Countermeasures to Overcome Problems. 18th Annual International Mental Health Conference 2019.07.25 Chiang Mai, Thailand

  • 高野歩. 保護観察の対象となった薬物依存者におけるコホート調査:1年後の転帰. 第29回日本精神保健看護学会学術集会 2019.06.09 名古屋

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • The 19th Congress of International Society for Biomedical Research on Alcoholism ISBRA Young Investigator Award,2018年09月

  • The 21st East Asian Forum of Nursing Scholars & 11th International Nursing Conference The Best Presentation Award (Poster Session),2018年01月

  • 平成29年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会 優秀演題賞,2017年09月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 精神保健看護学特論A-1,2019年 - 現在

  • 精神保健看護学特論,2019年 - 現在

  • 総合実習Ⅱ,2019年 - 現在

  • 精神看護学実習,2019年 - 現在

  • 地域精神看護学,2019年 - 現在

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 依存・嗜癖におけるハーム・リダクションの基礎,薬物・精神・行動の会,東京慈恵会医科大学,2020年02月21日

  • ハームリダクションの理念と実践,アルコール関連問題予防研究会,神奈川県民センター,2019年12月19日

  • 和文誌専任査読委員,日本看護科学学会,2019年10月 - 現在

  • 社会貢献委員,日本精神保健看護学会,2019年09月 - 現在

  • 日本におけるハームリダクションの可能性と課題,A/CRA/FT ASIA,ハームリダクションの可能性と課題 ~CRA (Community Reinforcement Approach) との相互作用の視点から~,2019年04月14日

全件表示 >>