基本情報

写真a

礒村 宜和(イソムラ ヨシカズ)

ISOMURA Yoshikazu


職名

教授

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/phy2/

研究分野・キーワード

神経科学, 神経生理学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  医学部  医学科  1996年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  医学研究科  脳統御医科学系専攻  博士課程  2000年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  京都大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 細胞生理学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2002年03月
    東京都神経科学総合研究所 統合生理研究部門 CREST研究員
  • 2002年04月
    -
    2005年03月
    東京都神経科学総合研究所 統合生理研究部門 日本学術振興会特別研究員(この間、米国ラトガーズ大学にて在外研究活動)
  • 2005年04月
    -
    2007年12月
    独立行政法人理化学研究所 脳回路機能理論研究チーム 研究員
  • 2008年01月
    -
    2010年03月
    独立行政法人理化学研究所 脳回路機能理論研究チーム 副チームリーダー
  • 2010年04月
    -
    2019年03月
    玉川大学脳科学研究所 教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • Society for Neuroscience

  • 日本神経科学学会

  • 日本生理学会

  • American Physiological Society

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年
    -
    2013年
    日本神経回路学会 論文委員
  • 2011年04月
    -
    2019年03月
    玉川大学脳科学研究所紀要 編集幹事(長)
  • 2012年
     
     
    JST-CRDS ライフサイエンス・臨床医学分野俯瞰ワークショップ 脳神経分野ワーキンググループ 俯瞰委員
  • 2014年01月
    -
    2016年12月
    日本神経科学学会 動物実験委員会
  • 2014年09月
    -
    2019年03月
    脳と心のメカニズム 計画委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生理学一般

  • 脳計測科学

  • 神経生理学・神経科学一般

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • げっ歯類の大脳皮質・皮質下回路の機能的メカニズムの解明,2000年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • げっ歯類の左右前肢運動を制御する大脳皮質-基底核回路メカニズム

    文部科学省/日本学術振興会

  • げっ歯類の感覚-運動変換を決定付ける頭頂連合野の動的活動状態

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Shun Hamada, Masashi Nagase, Tomohiko Yoshizawa, Akari Hagiwara, Yoshikazu Isomura, Ayako M Watabe, Toshihisa Ohtsuka. An engineered channelrhodopsin optimized for axon terminal activation and circuit mapping. Commun Biol. 2021.04; 4 (1): 461. ( PubMed, DOI )

  • Motoki Kajiwara, Ritsuki Nomura, Felix Goetze, Masanori Kawabata, Yoshikazu Isomura, Tatsuya Akutsu, Masanori Shimono. Inhibitory neurons exhibit high controlling ability in the cortical microconnectome. PLoS Comput Biol. 2021.04; 17 (4): e1008846. ( PubMed, DOI )

  • Masanori Kawabata, Shogo Soma, Akiko Saiki-Ishikawa, Satoshi Nonomura, Junichi Yoshida, Alain Ríos, Yutaka Sakai, Yoshikazu Isomura. A spike analysis method for characterizing neurons based on phase locking and scaling to the interval between two behavioral events. J Neurophysiol. 2020.12; 124 (6): 1923-1941. ( PubMed, DOI )

  • Tomoko Tanaka, Yoshikazu Isomura, Kazuto Kobayashi, Takashi Hanakawa, Satoshi Tanaka, Manabu Honda. Electrophysiological effects of transcranial direct current stimulation on neural activity in the rat motor cortex Frontiers in Neuroscience. 2020.06; 14 article 495. ( DOI )

  • Tsutsumi S, Hidaka N, Isomura Y, Matsuzaki M, Sakimura K, Kano M, Kitamura K. Modular organization of cerebellar climbing fiber inputs during goal-directed behavior. eLife. 2019.10; 8 e47021. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Yoshikazu Isomura. Advances in Cognitive Neurodynamics (VI): Proceedings of the Sixth International Conference on Cognitive Neurodynamics - 2017. (ed., José M. Delgado-García). Springer, 2018.06 Multi-Linc: A new approach for exploring inter-areal spike communication. pp.189-193)

  • Yoshikazu Isomura. Advances in Cognitive Neurodynamics (IV): Proceedings of the Fourth International Conference on Cognitive Neurodynamics - 2013. (ed., Hans Liljenström). Springer, 2015.02 Reward-modulated motor information in dorsolateral striatum neurons. pp.459-464

  • 礒村 宜和. 心理学辞典(編集代表:下山晴彦). 誠信書房, 2014.09 神経系の構造と機能(1) pp.460-462

  • 礒村 宜和. ブレインサイエンス・レビュー. クバプロ, 2013.02 運動指令を形成する皮質内機能的回路の探索pp.9-26

  • 礒村 宜和、塚元 葉子. 脳機能研究の新展開(狩野方伸他編). 羊土社, 2006 海馬ネットワーク・オシレーションの機能と発生メカニズムpp.164-169

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 礒村 宜和. げっ歯類の行動発現を担う大脳皮質・基底核回路メカニズム . 浜松医科大学 大学院特別講演(浜松医科大学, 静岡県浜松市) 2020.12.04

  • 礒村 宜和. げっ歯類の行動発現を担う大脳皮質・基底核回路メカニズム . 第257回つくばブレインサイエンス・セミナー(筑波大学, 茨城県つくば市) 2020.10.06

  • Kawabata M , Nonomura S , Yoshizawa T , Rios A , Sakairi T , Sakai Y , Isomura Y. Establishment and demonstration of an analytical method to evaluate neuronal activity during sensorimotor transformation.. The 43rd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuroscience 2020) 2020.07.30 Virtual: Kobe International Conference Center, Kobe, Hyogo

  • Kawabata M, ,Nonomura S, Yoshizawa T, Rios A, Sakairi T, Sakai Y, Isomura Y. Establishment and demonstration of a novel spike analysis for neuronal activity during sensorimotor transformation . FENS Forum 2020 2020.07.12 Virtual: SEC Centre, Glasgow, UK

  • Yoshikazu Isomura. Functional spike activity of cortical and striatal neuron subtypes in behaving rats. Seminar (Albert Einstein College of Medicine ) 2020.01.22 New York, USA

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第19回日本神経回路学会研究賞(共同研究),日本神経回路学会,2009年

  • 平成19年度日本神経科学学会奨励賞,日本神経科学学会,2007年

  • 第2回日本生理学会奨励賞,日本生理学会,2000年

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 神経科学

  • 生理学

  • 生理学実習

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • システム神経科学実験法,玉川大学

  • システム神経科学技術,玉川大学

  • パラレル情報処理解析学,玉川大学

  • ミクロ脳科学,玉川大学

  • 神経信号処理,玉川大学

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Physiology Quiz in Japan (PQJ) 2020 (online) ,PQJ2020実行委員会(医学生有志),Physiology Quiz in Japan (PQJ) 2020 (online) ,2021年03月07日

  • Dynamic Brain Forum 1 ,The 7th International Congress on Cognitive Neurodynamics (ICCN2019) (Universita di Sassari, Alghero, Italy) ,2019年09月30日

  • 脳回路の信号を探る,東京医科歯科大学,世界脳週間,2019年08月20日

  • 模擬授業 「手を動かす脳の仕組み」,東京医科歯科大学,東京医科歯科大学オープンキャンパス,2019年08月01日

  • 心の仕組み 照らせるか 光遺伝学、脳の機能を分析,日本経済新聞社,日本経済新聞,2019年01月24日 - 2019年06月02日

全件表示 >>