基本情報

写真a

福島 雄大(フクシマ ユウタ)

FUKUSHIMA Yuta


職名

助教

研究分野・キーワード

神経再生、アストロサイト、mRNA医薬、DDS

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  教養学部  理科Ⅲ類  2003年03月  卒業

  • 東京大学  医学部  医学科  2007年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  脳神経医学  博士課程  2018年09月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 生体材料機能医学 特任助教
  • 2019年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 生体材料機能医学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2009年03月
    鉄蕉会 亀田総合病院 初期臨床研修医
  • 2009年04月
    -
    2009年09月
    富士脳障害研究所附属病院 脳神経外科 専門研修医
  • 2009年10月
    -
    2010年03月
    東京大学医学部附属病院 脳神経外科 専門研修医
  • 2010年04月
    -
    2012年03月
    関東労災病院 脳神経外科 専門研修医
  • 2012年04月
    -
    2012年10月
    東京大学医学部附属病院 脳神経外科 特任臨床医

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本脳神経外科学会

  • 日本神経科学学会

  • 日本分子脳神経外科学会

  • 北米神経科学学会(Society for Neuroscience)

  • 日本脳循環代謝学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 脳神経外科学

  • 神経生理学・神経科学一般

  • ナノバイオサイエンス

  • 生体医工学・生体材料学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 脳神経外科専門医

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • mRNA医薬による脳梗塞後遺症機能再生,2020年04月 - 2021年03月

  • mRNA医薬による脳梗塞後遺症機能再生-皮質機能局在可塑性の強制発現-,2019年04月 - 2021年03月

  • ナノミセルを用いたmRNA導入による神経細胞死に対する神経保護,2016年04月 - 2018年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • mRNA医薬による脳梗塞後遺症機能再生-皮質機能局在可塑性の強制発現-

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Crowley ST, Fukushima Y, Uchida S, Kataoka K, Itaka K. Enhancement of Motor Function Recovery after Spinal Cord Injury in Mice by Delivery of Brain-Derived Neurotrophic Factor mRNA. Molecular therapy. Nucleic acids. 2019.06; 17 465-476. ( PubMed, DOI )

  • 位高 啓史, 福島 雄大. 【脳神経系へ挑むバイオマテリアル】 mRNA医薬を用いた脳神経疾患の治療戦略 バイオマテリアル-生体材料-. 2018.07; 36 (3): 220-223. ( 医中誌 )

  • 福島 雄大, 今井 英明, 内田 智士, 中冨 浩文, 片岡 一則, 位高 啓史, 斉藤 延人. mRNAデリバリーによる虚血性神経細胞死治療 Enhancement of neuroprotective effect of astrocytes 脳循環代謝. 2017.11; 29 (1): 221. ( 医中誌 )

  • 福島 雄大, 内田 智士, 小野 秀明, 今井 英明, 位高 啓史, 中冨 浩文, 片岡 一則, 斉藤 延人. mRNAデリバリーによる海馬遅発性神経細胞死の治療と経時変化に着目した病態解析 脳循環代謝. 2016.11; 28 (1): 190. ( 医中誌 )

  • Omura T, Fukushima Y, Yoshikawa G, Matsuhashi A, Sato D, Endo T, Sato K, Inoue M, Saito A, Tsutsumi K. Cerebral hyperperfusion syndrome after a burr hole drainage surgery for chronic subdural hematoma. World neurosurgery. 2019.01; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第18回IBB BioFuture Research Encouragement Prize(医歯科学研究助成),東京医科歯科大学生体材料工学研究所,2020年01月

  • 6th COINS Symposium Best Poster Award,2019年12月

  • Early Career Investigator Travel Bursary for 28th Symposium on Cerebral Blood Flow, Metabolism and Function,2017年04月