基本情報

写真a

小池 梨江(コイケ リエ)

OUCHI Rie


職名

特任研究員

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  新領域創成科学研究科  メディカル情報生命専攻  博士課程  2016年03月  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 特任研究員
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 先端医療開発学講座 器官発生・創生学分野 特任研究員

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2014年
    -
    2016年
    日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2016年
    -
    2018年
    Cincinnati Children's Hospital Medical Center Division of Gastroenterology, Hepatology and Nutrition Research Fellow
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ouchi R, Togo S, Kimura M, Shinozawa T, Koido M, Koike H, Thompson W, Karns RA, Mayhew CN, McGrath PS, McCauley HA, Zhang RR, Lewis K, Hakozaki S, Ferguson A, Saiki N, Yoneyama Y, Takeuchi I, Mabuchi Y, Akazawa C, Yoshikawa HY, Wells JM, Takebe T. Modeling Steatohepatitis in Humans with Pluripotent Stem Cell-Derived Organoids. Cell metabolism. 2019.05; ( PubMed, DOI )

  • 大内梨江, 米山鷹介, 武部貴則. 多細胞系からなるヒト肝オルガノイドの創出 実験医学別冊 決定版 オルガノイド実験スタンダード. 2019.03; 119-125.

  • Zhang Ran-Ran, Koido Masaru, Tadokoro Tomomi, Ouchi Rie, Matsuno Tatsuya, Ueno Yasuharu, Sekine Keisuke, Takebe Takanori, Taniguchi Hideki. Human iPSC-Derived Posterior Gut Progenitors Are Expandable and Capable of Forming Gut and Liver Organoids STEM CELL REPORTS. 2018.03; 10 (3): 780-793. ( PubMed, DOI )

  • Ouchi R, Okabe S, Migita T, Nakano I, Seimiya H. Senescence from glioma stem cell differentiation promotes tumor growth. Biochemical and biophysical research communications. 2016.02; 470 (2): 275-281. ( PubMed, DOI )

  • Koike Hiroyuki, Ouchi Rie, Ueno Yasuharu, Nakata Susumu, Obana Yuta, Sekine Keisuke, Zheng Yun-Wen, Takebe Takanori, Isono Kyoichi, Koseki Haruhiko, Taniguchi Hideki. Polycomb Group Protein Ezh2 Regulates Hepatic Progenitor Cell Proliferation and Differentiation in Murine Embryonic Liver PLOS ONE. 2014.08; 9 (8): e104776. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 大内 梨江, 岡部 幸子, 右田 敏郎, 中野 伊知郎, 清宮 啓之. 神経膠腫幹細胞の分化に伴う細胞老化と腫瘍進展におけるその意義. 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会 2015.12.01 神戸

  • 大内 梨江, 岡部 幸子, 右田 敏郎, 清宮 啓之. 神経膠腫幹細胞の分化に伴う細胞老化と腫瘍進展におけるその意義. 第74回日本癌学会学術総会 2015.10.08 名古屋

  • 上野 康晴, 孫 略, 大内 梨江, 中田 晋, 鄭 允文, 寺崎 哲也, 倉田 昌直, 山本 直人, 森永 聡一郎, 宮城 洋平, 横瀬 智之, 遠藤 格, 谷口 英樹. 化学放射線療法を実施したヒト膵癌組織におけるトランスポータータンパク質の包括的絶対定量. 第71回日本癌学会学術総会 2012.09.19 札幌

  • 小池 博之, 上野 康晴, 内藤 貴子, 大内 梨江, 古関 明彦, 谷口 英樹. RingBはCdkn1aおよびCdkn2aの発現抑制により肝幹前駆細胞の増幅を制御する. 第71回日本癌学会 2012.09.19

  • 大内 梨江, 上野 康晴, 小池 博之, 古関 明彦, 谷口 英樹. ポリコーム群タンパク質Ezh2は、マウス肝幹・前駆細胞の増殖を制御する. 第71回日本癌学会学術総会 2012.09.19 札幌

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「ヒューマンオルガノイド技術による炎症・線維化病態の再現に成功!」-脂肪性肝炎に対するオルガノイド創薬に期待,2019年05月

    Cell Metabolism