基本情報

写真a

米山 鷹介(ヨネヤマ ヨウスケ)

YONEYAMA Yosuke


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理科II類  2007年03月  卒業

  • 東京大学  農学部  動物生命システム科学  2009年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  農学生命科学研究科  応用動物科学  修士課程  2011年03月  修了

  • 東京大学  農学生命科学研究科  応用動物科学  博士課程  2014年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 助教
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 先端医療開発学講座 器官発生・創生学分野 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2018年05月
    東京大学 農学生命科学研究科 特任研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 内分泌学

  • 細胞生物学

  • 分子生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 内胚葉オルガノイドの解析,2018年06月 - 現在

  • IGFシグナル制御機構の解析,2011年04月 - 2018年05月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ヒト肝臓オルガノイドを用いた、脂肪肝炎を制御する細胞間シグナル機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ouchi R, Togo S, Kimura M, Shinozawa T, Koido M, Koike H, Thompson W, Karns RA, Mayhew CN, McGrath PS, McCauley HA, Zhang RR, Lewis K, Hakozaki S, Ferguson A, Saiki N, Yoneyama Y, Takeuchi I, Mabuchi Y, Akazawa C, Yoshikawa HY, Wells JM, Takebe T. Modeling Steatohepatitis in Humans with Pluripotent Stem Cell-Derived Organoids. Cell metabolism. 2019.08; 30 (2): 374-384.e6. ( PubMed, DOI )

  • Furuta H, Yoshihara H, Fukushima T, Yoneyama Y, Ito A, Worrall C, Girnita A, Girnita L, Yoshida M, Asano T, Komada M, Kataoka N, Chida K, Hakuno F, Takahashi SI. IRS-2 deubiquitination by USP9X maintains anchorage-independent cell growth via Erk1/2 activation in prostate carcinoma cell line. Oncotarget. 2018.09; 9 (74): 33871-33883. ( PubMed, DOI )

  • Yoneyama Y, Inamitsu T, Chida K, Iemura SI, Natsume T, Maeda T, Hakuno F, Takahashi SI. Serine Phosphorylation by mTORC1 Promotes IRS-1 Degradation through SCFβ-TRCP E3 Ubiquitin Ligase. iScience. 2018.07; 5 1-18. ( PubMed, DOI )

  • Yoneyama Y, Lanzerstorfer P, Niwa H, Umehara T, Shibano T, Yokoyama S, Chida K, Weghuber J, Hakuno F, Takahashi SI. IRS-1 acts as an endocytic regulator of IGF-I receptor to facilitate sustained IGF signaling. eLife. 2018.04; 7 ( PubMed, DOI )

  • Kamei H, Yoneyama Y, Hakuno F, Sawada R, Shimizu T, Duan C, Takahashi SI. Catch-Up Growth in Zebrafish Embryo Requires Neural Crest Cells Sustained by Irs1 Signaling. Endocrinology. 2018.04; 159 (4): 1547-1560. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 米山 鷹介、武部 貴則. 別冊 BIO Clinica 慢性炎症と疾患 適応&修復”のサイエンスと臨床応用の最前線 オルガノイドを活用した医科学研究. 2019.06

  • 大内梨江,米山鷹介,武部貴則. 実験医学別冊 決定版オルガノイド実験スタンダード 多細胞系からなるヒト肝オルガノイドの創出. 羊土社, 2019.03

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Sakurako Kobayashi, Satoshi Watanabe, Yosuke Yoneyama, Kousuke Tanimoto, Ryu Nishimura, Sayaka Nagata, Masami Inoue, Kouhei Suzuki, Sei Kakinuma, Kiichiro Tsuchiya, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe, Takanori Takebe, Shiro Yui. Conceptual basis of lineage shift between intestinal epithelium and hepatocytes. Keystone Symposia, Tissue Organoids as Models of Host Physiology and Pathophysiology of Disease 2020.01.22 Vancouver(Canada)

  • 米山鷹介. mTORによるIRS-1の分解制御がインスリン様成長因子シグナルの時間的制御に果たす役割. ConBio2017 2017.12.16

  • 米山鷹介,千田和広,伯野史彦,高橋伸一郎. クラスリンアダプタータンパク質AP-2との相互作用を介したIRS-1によるIGF-I受容体エンドサイトーシス の新規フィードバック制御機構. 第38回日本分子生物学会年会/第88回日本生化学大会合同大会 2015.12.02

  • Yosuke Yoneyama. IRS-1 is a negative feedback regulator of IGF-I receptor internalization via interaction with AP-2 clathrin adaptor complex. Gordon Research Conference IGF & Insulin System in Physiology & Disease 2015.03.12

  • Yosuke Yoneyama. AP-1 complex regulates intracellular localization of insulin receptor substrate-1 required for insulin-like growth factor-I-dependent proliferation. The 6th International Congress of the GRS and IGF Society 2012.10.18