基本情報

写真a

谷中 航(ヤナカ ワタル)

YANAKA Wataru


職名

大学院生

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 摂食機能保存学分野 大学院生
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Saleh O, Nozaki K, Matsumura M, Yanaka W, Abdou A, Miura H, Fueki K. Emergence angle: Comprehensive analysis and machine learning prediction for clinical application. Journal of prosthodontic research. 2022.11; ( PubMed, DOI )

  2. Saleh Omnia, Nozaki Kosuke, Matsumura Mayuko, Yanaka Wataru, Miura Hiroyuki, Fueki Kenji. Texture-Based Neural Network Model for Biometric Dental Applications JOURNAL OF PERSONALIZED MEDICINE. 2022.12; 12 (12): ( PubMed, DOI )

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Saleh O, Nozaki K, Matsumura M, Yanaka W, Miura H, Fueki K. Development of an emergence angle estimation program by machine learning. The 131st Annual Meeting of the Japan Prosthodontic Society 2022.07.16

  2. 松村茉由子,野﨑浩佑,谷中航,Omnia Saleh,宮坂宗永,松村光明,三浦宏之,笛木賢治. CAD/CAM冠用コンポジットレジンブロックの切削抵抗に対する機械特性と加工条件の影響. 日本デジタル歯科学会第13回学術大会 2022.04.23

  3. Saleh O, Nozaki K, Matsumura M, YanakaW, Abdou A, Miura H, Fueki K. Emergence Angle 3D Analyses and Classification. 第86回口腔病学会学術大会 2021.12.03

  4. Nozaki K, Komine K, Yanaka W, Matsumura M, Saleh O, Shin C, Matsumura M, Komada W, Miura H. Effect of repeated use of end mill on the internal fitness of complete crown. The 69th Annual Meeting of the Japanese Association for Dental Research 2021.10.24

  5. 松村茉由子,野﨑浩佑,谷中 航,紅谷龍一郎,松本彩花,若林則幸,笛木賢治. セメントスペースの厚みが前歯部CAD/CAM冠の色調に及ぼす影響. 令和4年度 日本補綴歯科学会 東京支部学術大会 2022.12.18

  6. 野崎浩佑,松村茉由子,谷中 航,三浦宏之,山下仁大,若林則幸. 切削抵抗の減少によるクラウンの内面適合の向上. 第79回日本歯科理工学会学術講演会 2022.05.21

  7. 松村茉由子,野崎浩佑,谷中 航,内田英里香,小峰清良,松村光明,三浦宏之,笛木賢治. 切削加工時における歯科用CAD/CAMブロック切削抵抗測定の試み. 公益社団法人 日本補綴歯科学会 東京支部第25回学術大会 2021.12.05 Web開催

  8. 谷中航,野崎浩佑,松村茉由子,進千春,Omnia Saleh,松村光明,三浦宏之. ステージ送り速度の最適化による内面適合性の向上. 日本補綴歯科学会第130回記念学術大会 2021.06.19 web

  9. 松村茉由子,野崎浩佑,谷中 航,根本怜奈,瀧田美奈,松村光明,三浦宏之. CAD/CAM冠作製時の切削加工条件が機械的強度に及ぼす影響. 日本補綴歯科学会 東京支部第23回学術大会 2019.12.08 昭和大学上條記念館

  10. 松村茉由子,野崎浩佑,谷中 航,松村光明,三浦宏之. CAD/CAM冠用レジンブロックの加工精度と機械的物性の切削加工条件による最適化. 日本補綴歯科学会 第128回学術大会 2019.05.11

▼全件表示