基本情報

写真a

宮内 昭浩(ミヤウチ アキヒロ)

MIYAUCHI Akihiro


職名

特任教授

生年

1962年

研究室住所

東京都千代田区神田駿河台2-3-10

メールアドレス

miyauchi.ibb@tmd.ac.jp

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学  理学部  物理学科  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  総合理工学研究科  物理情報工学  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)  東京工業大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 特任教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • Massachusetts Institute of Technology (MIT) Microsystems Technology Laboratories 客員研究員
  • 東京大学 非常勤講師
  • 日立製作所 日立研究所 主管研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • ナノ学会

  • 応用物理学会

  • 高分子学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    現在
    文部科学省 元素戦略プログラム運営委員会,専門委員
  • 2018年08月
    -
    2020年03月
    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDO技術委員
  • 2013年10月
    -
    2016年09月
    ナノ学会 理事
  • 2009年04月
    -
    2011年03月
    (財) 化学・バイオつくば財団 評議委員
  • 2018年04月
    -
    現在
    International Microprocesses and Nanotechnology Conference 論文委員主査
  • 2002年04月
    -
    現在
    International Conf. on Nanoimprint, Nanoprint Technology committee member
  • 2003年04月
    -
    2006年03月
    経済産業省中小企業庁 戦略的基盤技術力強化事業「光硬化型ナノ金型に関する研究開発」 プロジェクトリーダー
  • 2004年04月
    -
    2005年03月
    (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構 「ナノインプリント技術の調査」調査委員
  • 2004年04月
    -
    現在
    (独)応用物理学会 ナノインプリント研究会委員
  • 2005年04月
    -
    2007年03月
    (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構 ナノテク・先端部材実用化研究開発 「大面積・高スループットナノインプリント装置・プロセス技術及び新デバイス応用に関する研究開発」プロジェクトリーダー
  • 2005年04月
    -
    2018年03月
    International Microprocesses and Nanotechnology Conference 論文委員
  • 2008年04月
    -
    2010年03月
    経済産業省中小企業庁 戦略的基盤技術高度化支援事業「スピニング加工技術による大径長尺極薄肉金属ロールの開発」技術評価委員
  • 2011年04月
    -
    2017年03月
    (財)光産業技術振興協会 光技術動向調査委員
  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    電子情報通信学会 「次世代ナノ技術に関する時限研究専門委員会」委員
  • 2012年04月
    -
    現在
    ISO/TC266(バイオミメティックス) 国内審議委員会分科会委員
  • 2012年04月
    -
    現在
    公益社団法人高分子学会 バイオミメティクス研究会委員
  • 2012年10月
    -
    2016年03月
    文部科学省 元素戦略運営統括会議,専門委員
  • 2013年11月
    -
    2016年03月
    経済産業省中部経済産業局 平成25年戦略的基盤技術高度化支援事業「ナノインプリントにおけるレジスト残膜の均一化を実現する液状レジンパターン配置印刷技術開発」研究開発委員
  • 2015年04月
    -
    2017年12月
    一般財団法人ナノテクノロジービジネス推進協議会 バイオミメティクス分科会主査
  • 2015年09月
    -
    2016年03月
    (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構 「革新的新構造材料等研究開発/電子・材料・ナノテクノロジー部実施事業の周辺技術・関連課題における小規模研究開発/バイオミメティクスによる流体制御に関する研究開発」(N-STEP)プロジェクトリーダー
  • 2016年01月
    -
    2016年12月
    国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 「ナノテクノロジー・材料技術分野の技術ロードマップ2016の策定に関する調査」ナノテクノロジーワーキンググループ委員
  • 2016年02月
    -
    2017年12月
    国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 「エネルギー・環境新技術先導プログラム/生体機能を模倣した高機能ナノ表面・界面制御技術開発」主要研究員
  • 2018年01月
    -
    現在
    一般財団法人ナノテクノロジービジネス推進協議会 バイオミメティクス分科会オブザーバー

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノバイオサイエンス

  • 電子デバイス、電子機器

  • 無機材料、物性

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 化学気相成長(CVD)法によるシリコン薄膜の選択成長技術の研究

  • SiC薄膜の低温成長の研究

  • 気相と表面での化学反応を組み込んだCVDシミュレーション技術の研究

  • ナノインプリント技術の研究と応用

  • バイオミメティクス研究

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Mariko Miyazaki, Hiroshi Moriya, Akihiro Miyauchi. Biomimetic Design Inspired Sharkskin Denticles for Growth Suppression of Biofilm Journal of Photopolymer Science and Technology. 2019.06; 32 (2): 295-301.

  2. Yuzuru Shimazaki, Akihiro Miyauchi. Effect of bumps on the stability of water droplets on the pillar surface Japanese Journal of Applied Physics. 2019.04; 58 SDDJ01.

  3. Mariko Miyazaki, Yuji Hirai, Hiroshi Moriya, Masatsugu Shimomura, Akihiro Miyauchi, Hao Liu. Biomimetic riblets inspired by sharkskin denticles: Digitizing, modeling and flow simulation Journal of Bionic Engineering. 2018.11; 15 (6): 999-1011.

  4. Shunya Ito, Motohiro Kasuya, Kenji Kawasaki, Ryuta Washiya, Yuzuru Shimazaki, Akihiro Miyauchi, Kazue Kurihara, Masaru Nakagawa. Selection of Diacrylate Monomers for Sub-15 nm Ultraviolet Nanoimprinting by Resonance Shear Measurement Langmuir. 2018.08; 34 (32): 9366-9375.

  5. Akihiro Miyauchi. Creation of Functional Surface by Informatics and Biomimetics Journal of Photopolymer Science and Technology. 2018.06; 31 (2): 267-270.

  6. Mariko Miyazaki, Yuji Hirai, Hiroshi Moriya, Masatsugu Shimomura, Akihiro Miyauchi, Hao Liu. Biomimetic design inspired Sharkskin denticles and modeling of diffuser for fluid control Journal of Photopolymer Science and Technology. 2018.06; 31 (1): 133-138.

  7. Akihiro Miyauchi, Kousuke Kuwabara, Mitsuru Hasegawa and Masahiko Ogino. Large-area nanoimprint and application to cell cultivation Applied Physics A: Materials Science and Processing. 2016.04; 122 (article id.265):

  8. Suppression of cell-spreading and phagocytic activity on nano-pillared surface: In vitro experiment using hemocytes of the colonial ascidian botryllus schlosseri Invertebrate Survival Journal. 2015.12;

  9. Does the tunic nipple array serve to camouflage diurnal salps? Journal of the Marine Biological Association of the United . 2015.05;

  10. Does the aquatic invertebrate nipple array prevent bubble adhesion? An experiment using nanopillar sheets. Biology letters. 2013.05;

  11. Fabrication of 200-nm dot pattern on 15-m-long polymer sheet using sheet nanoimprint method Japanese Journal of Applied Physics. 2013.04;

  12. Reduction in viscosity of quasi-2D-confined nanoimprint resin through the addition of fluorine-containing monomers: Shear resonance study ACS Applied Materials and Interfaces. 2013.04;

  13. Cell culture on nanopillar sheets - Mesenchymal stem cells form spheroids under chondrogenic differentiation depending on nanopillar sizes Nano Biomedicine. 2011.02;

  14. Resin elongation phenomenon of polystyrene nanopillars in nanoimprint lithography Japanese Journal of Applied Physics. 2010.10;

  15. Degradation behavior of release layers for nanoimprint lithography formed on atomically flat Si(111) terraces Journal of Vacuum Science and Technology B:Nanotechnology and Microelectronics. 2010.05;

  16. Enhancement of fluorescence intensity from an immunoassay chip using high-aspect-ratio nanopillars fabricated by nanoimprinting Applied Physics Letters. 2008.03;

  17. High-aspect-ratio nanopillar structures fabricated by nanoimprinting with elongation phenomenon Journal of Vacuum Science and Technology B: Microelectronics and Nanometer Structures. 2008.02;

  18. Analysis on deterioration mechanism of release layer in nanoimprint process Journal of Photopolymer Science and Technology. 2007.04;

  19. Nanopillar sheets as a new type of cell culture dish: Detailed study of HeLa cells cultured on nanopillar sheets Journal of Artificial Organs. 2006.02;

  20. Ge fraction dependent improved thermal stability of in situ doped boron in polycrystalline Si1-xGex(0≤x≤0.5) films on SiON Journal of Applied Physics. 2005.05;

  21. Nanoimprint technology and applications Journal of Photopolymer Science and Technology. 2005.04;

  22. Mechanism of improved thermal stability of B in poly-SiGe gate on SiON Japanese Journal of Applied Physics, Part 1: Regular Papers and Short Notes and Review Papers. 2002.04;

  23. MOSFETs with ultrashallow junction and minimum drain area formed by using solid-phase diffusion from SiGe IEEE Transactions on Electron Devices. 2001.07;

  24. Incorporation of oxygen and chlorine atoms into low-temperature (850°C) silicon epitaxial films by chemical vapor deposition Applied Physics Letters. 1995.04;

  25. X-Ray Reflectivity Measurement of an interface Layer Between a Low Temperature Silicon Epitaxial Layer and HF-Treated Silicon Substrate Journal of the Electrochemical Society. 1994.05;

  26. Low-Temperature (850°C) Silicon Selective Epitaxial Growth on HF-Treated Si (100) Substrates Using SiH4-HCl-H2 Systems Journal of the Electrochemical Society. 1991.11;

  27. Low-Temperature (900°C) Si Epitaxial Growth on Si (100) after HF Treatment Journal of the Electrochemical Society. 1990.10;

  28. Interface impurities of low-temperature (900°C) deposited Si epitaxial films prepared by HF treatments Applied Physics Letters. 1990.07;

  29. 宮内 昭浩,宮崎 真理子. 生物に学ぶバイオフィルムの成長抑制 医学の歩み. 2020.10; 275 (3): 302-307.

  30. 宮内 昭浩. 大面積ナノインプリント技術とその応用 2019.06;

  31. 宮内 昭浩,宮崎真理子,守谷浩志. バイオミメティクスとマイクロ・ナノ加工 2019.01;

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Akihiro Miyauchi, Masatsugu Shimomura. Biomimetics: Connecting Ecology and Engineering by Informatics. Jenny Stanford Publishing, 2022.09 (ISBN : 978-9814968102)

  2. Akihiro Miyauchi, Yuji Miyahara. Biomedical Engineering. Jenny Stanford Publishing, 2021.11 (ISBN : 978-9814877633)

  3. Akihiro Miyauchi, Masatsugu Shimomura. Industrial Biomimetics. Jenny Stanford Publishing, 2019.06 (ISBN : 978-981-4800-07-5)

  4. Akihiro Miyauchi. Nanoimprinting and Its Applications. Jenny Stanford Publishing, 2019.06 (ISBN : 978-981-4800-37-2)

  5. バイオミメティクスの技術展望と産業動向. 2016.04

  6. インスツルメンテーションの視点からみたバイオミメティクス. 2016.04

  7. 光の制御技術とその応用. 2014.04

  8. グリーンイノベーションに寄与する高機能材料 持続可能な社会の実現を支える高機能材料. 2013.05

  9. ナノインプリント技術. 2013.04

  10. 次世代バイオミメティクス研究の最前線―生物多様性に学ぶー. 2011.04

  11. ロールtoロール技術の最新動向―プロセス最適化への課題と解決策. 2011.04

  12. ナノインプリントの開発とデバイス応用. 2011.04

  13. 研究開発テーマの発掘法. 2009.04

  14. ナノテクノロジー・材料分野 科学技術・研究開発の国際比較. 2009.04

  15. ナノテクノロジー・材料分野 科学技術・研究開発の国際比較. 2008.04

  16. ナノインプリント技術および装置の開発. 2005.04

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Mariko Miyazaki, Hiroshi Moriya, Akihiro Miyauchi. Biomimetic Design Inspired Sharkskin Denticles for Growth Suppression of Biofilm. The 36th International Conference of Photopolymer Science and Technology 2019.06.25

  2. Akihiro Miyauchi. Creation of Functional Surface by Informatics and Biomimetics. The 35th International Conference of Photopolymer Science and Technology 2018.06.25

  3. Akihiro Miyauchi. Nanoimprint technology for large area and uniformity. The 21th International Conference on Nanoimprint and Nanoprint Technology 2013.10.21

  4. Akihiro Miyauchi. Nanoimprint and applications. 1st Annual World Congress of Nano-S&T 2011.10.23

  5. Akihiro Miyauchi. Nanoimprint for Device Application. 2008 MRS Fall Meeting 2008.12.01

  6. Akihiro Miyauchi. Sheet nanoimprint for film fabrication. 1st Asian Symposium on Nano Imprint Lithography (ASNIL 2008) 2008.04.24

  7. Akihiro Miyauchi. Nanoimprint Technology and Applications. Photopolymer Conference 2005.06.22

  8. Akihiro Miyauchi. NANOIMPRINT TECHNOLOGY AND APPLICATIONS. INTERMAG 2005 2005.04.04

  9. 宮内 昭浩. インフォマティクスを意識した材料加工研究におけるバイオミメティクス. 荷電粒子ビームの工業への応用第132委員会 2019.06.14

  10. 宮内昭浩. 材料研究におけるインフォマティクスとバイオミメティクス. プラスチック成形加工学会 2018.03.29 プラスチック成形加工学会

▼全件表示