基本情報

写真a

吉田 直美(ヨシダ ナオミ)

YOSHIDA Naomi


職名

教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京都立大学  都市科学研究科  修士課程  1998年03月  修了

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  歯科医療行動科学分野  博士課程  2003年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

  • 修士(都市科学)  東京都立大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2009年03月
    東京医科歯科大学 歯学部 口腔保健学科 講師
  • 2009年04月
    -
    2011年03月
    東京医科歯科大学 歯学部 口腔保健学科 非常勤講師
  • 2017年09月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 口腔健康教育学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 口腔健康教育学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2017年08月
    千葉県立保健医療大学 健康科学部 教授
  • 2017年09月
    -
    2018年03月
    千葉県立保健医療大学 歯科衛生学科 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科衛生学会

  • 日本歯科衛生教育学会

  • 日本口腔衛生学会

  • 口腔病学会

  • 日本歯科医学教育学会

  • 日本カウンセリング学会

  • 日本歯周病学会

  • 日本健康教育学会

  • 日本老年歯科医学会

  • 日本口腔ケア学会

  • 日本公衆衛生学会

  • 日本有病者歯科医療学会

  • 日本動機づけ面接協会

  • 日本障害者学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年06月
    -
    2017年06月
    公益社団法人日本歯科衛生士会 常務理事
  • 2014年06月
    -
    2015年03月
    文部科学省 「課題解決型高度医療人材養成プログラム」ペーパーレフリー
  • 2015年05月
    -
    2021年06月
    一般社団法人日本口腔衛生学会 歯科衛生士委員会
  • 2015年06月
    -
    2018年06月
    ジョイント4 幹事
  • 2015年06月
    -
    2021年06月
    日本歯科衛生学会 学会長
  • 2016年08月
    -
    2017年03月
    一般財団法人歯科医療振興財団 歯科衛生士国家試験出題基準検討委員会委員
  • 2016年10月
    -
    2017年05月
    公益社団法人日本歯科衛生士会 人材確保・復職支援検討委員会ワーキンググループ委員会委員長
  • 2016年12月
    -
    2017年03月
    文部科学省 「課題解決型高度医療人材養成プログラム」中間評価ペーパーレフリー
  • 2017年04月
    -
    2024年03月
    公益財団法人富徳会 選考委員
  • 2017年06月
    -
    2019年06月
    一般財団法人歯科医療振興財団 評議員
  • 2017年06月
    -
    2019年08月
    International Federation of Dental Hyginists House of delegate
  • 2017年07月
    -
    2019年06月
    公益社団法人日本歯科衛生士会 副会長
  • 2018年07月
    -
    2021年06月
    一般社団法人日本歯科専門医機構 新規専門医制度小委員会委員
  • 2019年04月
    -
    2021年03月
    一般財団法人歯科医療振興財団 歯科衛生士国家試験制度改善検討部会
  • 2019年08月
    -
    2020年03月
    公益社団法人日本歯科衛生士会 「令和元年度 歯科衛生士復職支援・離職防止等研修指導者養成研修等事業」 運営協議会委員
  • 2020年10月
    -
    2021年02月
    公益社団法人日本歯科衛生士会 運営協議会(歯科衛生士に対する復職支援・離職防止等推進事業)
  • 2021年06月
    -
    2023年06月
    公益社団法人日本歯科衛生士会 会長 (代表理事)
  • 2021年06月
    -
    2023年06月
    公益財団法人8020推進財団 理事
  • 2021年06月
    -
    2023年06月
    一般財団法人歯科医療研修振興財団 理事
  • 2021年07月
    -
    2022年03月
    地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター 令和3年度老人保健健康増進等事業における実施内容の検討等のために設置する委員会委員
  • 2021年07月
    -
    2023年06月
    一般社団法人日本歯科専門医機構 専門医申請学会評価認定員会
  • 2021年07月
    -
    2023年06月
    一般社団法人日本歯科医学会連合 医療職連携委員会
  • 2021年07月
    -
    2023年07月
    厚生労働省医政局歯科保健課 歯科医療提供体制等に関する検討会委員
  • 2021年10月
    -
    2023年10月
    厚生労働省 厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会歯科口腔保健の推進に関する専門委員会委員
  • 2021年12月
     
     
    口腔9学会合同脱タバコ社会実現委員会 口腔9学会合同脱タバコ社会実現委員
  • 2022年04月
    -
    2023年06月
    公益社団法人日本歯科医師会 2040年を見据えた歯科ビジョン検討会
  • 2022年05月
     
     
    公益財団法人ライオン歯科衛生研究所 評議委員会
  • 2022年06月
    -
    2023年03月
    一般社団日本健康・栄養システム学会 令和4年厚生労働省老人保健健康増進等事業に伴う調査研究に関する検討会
  • 2022年07月
    -
    2023年03月
    地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター 令和4年度老人保健健康増進等事業における委員会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科衛生士

  • 公認心理師

  • 認定歯科衛生士(口腔健康管理)日本歯科衛生士会・日本口腔衛生学会

  • 実践健康教育士

  • 日本カウンセリング学会認定カウンセラー

  • 日本歯周病学会認定歯科衛生士

  • 全国歯科衛生士教育協議会 歯科衛生士専任教員認定資格

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 歯科衛生士の業務内容の見直しに向けた研究,2021年08月 - 2022年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 歯科衛生士の業務内容の見直しに向けた研究

    厚生労働省 : 2021年08月 - 2022年03月

  • 高齢者の自立支援・重度化防止を効果的に進めるための栄養専門職と介護職等による栄養・食生活支援体制の効果検証のための研究

    厚生労働省 : 2021年04月 - 2023年03月

  • 超高齢社会における2025年問題解決のための外国人介護人材養成システムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

  • 女性更年期における口腔症状改善のための介入プログラムの構築と評価

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 臨床体験型コンピュータシミュレーション教材の標準化と医歯学融合教育での教育効果

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2015年

  • 唾液成分および自律神経の分析による口腔ケアの効果の科学的評価

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

  • 臨床体験型コンピュータシミュレーション教材の標準化と医歯学融合教育での教育効果

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Ayako Kubota-Miyazawa, Kumiko Sugimoto, Yasunari Miyazaki, Yoshimi Sakurai, Meiko Oki, Hitomi Suzuki, Naomi Yoshida. A cross-sectional survey on the status of oral health administration for students in Japanese universities 2022.11; ( DOI )

  2. 星合 愛子, 楠本 康香, 星合 泰治, 木村 直樹, 伊藤 由希子, 吉田 直美, 篠塚 修, 岩本 勉. 関節リウマチ患者の口腔衛生管理に影響を及ぼす要因の検討(Factors Influencing Oral Hygiene Management in Patients with Rheumatoid Arthritis) 障害者歯科. 2022.02; 43 (1): 7-16. ( 医中誌 )

  3. Suzuki H, Sugimoto K, Kubota-Miyazawa A, Noritake K, Umemori S, Araki K, Adachi N, Otsuka H, Yoshida N. A survey of oral health status, subjective oral symptoms and oral health behaviors among first-year dental students at a Japanese university. Journal of oral science. 2022.01; 64 (1): 85-90. ( PubMed, DOI )

  4. Suzuki Hitomi, Sugimoto Kumiko, Kubota-Miyazawa Ayako, Noritake Kanako, Umemori Sachi, Araki Kouji, Adachi Naoko, Otsuka Hiromi, Yoshida Naomi. 日本の大学の歯科学生1年生を対象とした口腔健康状態、主観的口腔症状、口腔保健行動の調査(A survey of oral health status, subjective oral symptoms and oral health behaviors among first-year dental students at a Japanese university) Journal of Oral Science. 2022.01; 64 (1): 85-90. ( 医中誌 )

  5. Sekiya T, Sugimoto K, Kubota A, Tsuchihashi N, Oishi A, Yoshida N. Assessment of psychological changes in young children during dental treatment: Analysis of the autonomic nervous activity and electroencephalogram. International journal of paediatric dentistry. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  6. Yuko Yamamoto, Yoshiaki Nomura, Ayako Okada, Erika Kakuta, Naomi Yoshida ,Noriyasu Hosoya ,Nobuhiro Hanada and Noriko Takei . Improvement of Workplace Environment That Affects Motivation of Japanese Dental Hygienists International Journal of Environment Research and Public Health. 2021.02; ( DOI )

  7. Tsuchihashi Natsumi, Uehara Naoko, Miwa Zenzo, Yoshida Naomi, Sugimoto Kumiko. Perception of pungent, gustatory and olfactory stimuli in patients with congenital insensitivity to pain with anhidrosis JOURNAL OF ORAL SCIENCE. 2021.01; 63 (1): 104-106. ( DOI )

  8. Makoto Arakawa, Jun Kaneko, Vivianne Cruz de Jesus, Hidekazu Sonoda, Naomi Yoshida, Junji Tagami. Relationship between taste sensitivity and dental caries Journal of Medical and Dental Sciences. 2021.01; 68 85-89. ( DOI )

  9. Arakawa Makoto, Kaneko Jun, Cruz de Jesus Vivianne, Sonoda Hidekazu, Yoshida Naomi, Tagami Junji. 味覚感度と齲蝕症の関連性(Relationship between taste sensitivity and dental caries) Journal of Medical and Dental Sciences. 2021; 68 85-89. ( 医中誌 )

  10. Yoshiaki Nomura, Naomi Yoshida, Noriko Takei. Prioritization of the skills to be mastered for the daily jobs of Japanese dental hygienists International Journal of Dentistry. 2020.06;

  11. Yoshiaki Nomura, Naomi Yoshida, Noriko Takei, et al.. Factors affecting on the leaving job and reentry for the Japanese dental hygienist 2020.05; ( DOI )

  12. Ohara Yuki, Yoshida Naomi, Kawai Hisashi, Obuchi Shuichi, Mataki Shiro, Hirano Hirohiko, Watanabe Yutaka. コメントへの回答 「高齢者向け口腔保健行動に対する自己効力感測定尺度の開発」(Response to comments on: Development of an oral health-related self-efficacy scale for use with older adults) Geriatrics & Gerontology International. 2018.03; 18 (3): 514-515. ( 医中誌 )

  13. N Yoshida, K Sugimoto, S Suzuki, H Kudo. Change in oral health status associated with menopause in Japanese dental hygienists. Int J Dent Hyg. 2018.02; 16 (1): 157-164. ( PubMed, DOI )

  14. Yuki Ohara, Naomi Yoshida, Hisashi Kawai, Shuichi Obuchi, Hideyo Yoshida, Shiro Mataki, Hirohiko Hirano, Yutaka Watanabe. Development of an oral health-related self-efficacy scale for use with older adults. Geriatr Gerontol Int. 2017.10; 17 (10): 1406-1411. ( PubMed, DOI )

  15. Ohara Yuki, Yoshida Naomi, Kawai Hisashi, Obuchi Shuichi, Yoshida Hideyo, Mataki Shiro, Hirano Hirohiko, Watanabe Yutaka. 高齢者に用いられる口腔保健に関する自己効力感尺度の作成(Development of an oral health-related self-efficacy scale for use with older adults) Geriatrics & Gerontology International. 2017.10; 17 (10): 1406-1411. ( 医中誌 )

  16. Yuki Ohara, Naomi Yoshida, Yoko Kono, Hirohiko Hirano, Hideyo Yoshida, Shiro Mataki, Kumiko Sugimoto. Effectiveness of an oral health educational program on community-dwelling older people with xerostomia. Geriatr Gerontol Int. 2015.04; 15 (4): 481-489. ( PubMed, DOI )

  17. N Yoshida, T Aso, T Asaga, Y Okawa, H Sakamaki, T Masumoto, K Matsui, A Kinoshita. Introduction and evaluation of computer-assisted education in an undergraduate dental hygiene course. Int J Dent Hyg. 2012.02; 10 (1): 61-66. ( PubMed, DOI )

  18. N Yoshida, K Endo, M Komaki. Dental hygiene education in Japan: present status and future directions. Int J Dent Hyg. 2004.11; 2 (4): 179-184. ( PubMed, DOI )

  19. Naomi Yoshida, Shiro Mataki. Influence of patients perception on their acceptance and understanding of dental care within an education system. J. Med. Dent. Sci.. 2002.12; 49 (4): 143-149. ( PubMed )

  20. 吉田 直美, 新田 浩. マンガで学ぶ はじめようMI(第7回) ありのままの患者さんを受け止めようの巻 OARS+EPE(その3) 歯科衛生士. 2022.10; 46 (10): 67-71. ( 医中誌 )

  21. 吉田 直美. 日本歯科衛生士会における認定制度の現状と課題 日本歯科医師会雑誌. 2022.09; 75 (6): 430-431. ( 医中誌 )

  22. 吉田 直美, 新田 浩, うさっぱ , 磯村 毅. マンガで学ぶ はじめようMI(第6回) 情報提供は患者さんから引き出しながらの巻 OARS+EPE(その2) 歯科衛生士. 2022.09; 46 (9): 65-69. ( 医中誌 )

  23. 吉田 直美, 新田 浩. マンガで学ぶはじめようMI(第5回) 正したい気持ちを抑えて聞き返そうの巻 OARS+EPE(その1) 歯科衛生士. 2022.08; 46 (8): 67-71. ( 医中誌 )

  24. 吉田 直美, 新田 浩. マンガで学ぶ はじめようMI(第4回) 患者さんの中にあるものを引き出そうの巻 PACE(その2) 歯科衛生士. 2022.07; 46 (7): 67-71. ( 医中誌 )

  25. 吉田 直美, 新田 浩. マンガで学ぶはじめようMI(第3回) 患者さんとするのはレスリングじゃなくダンスの巻(PACE その1) 歯科衛生士. 2022.06; 46 (6): 63-67. ( 医中誌 )

  26. 吉田 直美, 新田 浩. マンガで学ぶ はじめようMI(第2回) わかっちゃいるけどやめられない…両価性!の巻 歯科衛生士. 2022.05; 46 (5): 49-53. ( 医中誌 )

  27. 山中紗都,吉田直美. 頭頸部がんサバイバーの口腔関連の諸問題とその対処における質的研究 日本歯科衛生学会雑誌. 2022.02; 16 (2): 47-58.

  28. 安達奈穂子、鈴木瞳、吉田直美. 術者の身体を守るインスツルメンテーション~DHの職業病!?作業関連筋骨格家障害 デンタルハイジーン. 2021.08; 9 (41): 932-947.

  29. 工藤 穂月, 杉本 久美子, 鈴木 瞳, 吉田 直美. ストレスや疲労は甘味嗜好を高めるのか? 日本歯科衛生学会雑誌. 2021.08; 16 (1): 71. ( 医中誌 )

  30. 岡田 昌子, 山梨 楠奈子, 大城 暁子, 吉田 直美, 品田 佳世子. 歯科衛生士に対する復職支援・離職防止等推進事業におけるコロナ禍での研修生の交流 日本歯科衛生学会雑誌. 2021.08; 16 (1): 102. ( 医中誌 )

  31. 鈴木 瞳, 杉本 久美子, 安達 奈穗子, 吉田 直美. 幼児期における食機能の現状と歯科からの支援に関する検討 日本歯科衛生学会雑誌. 2021.08; 16 (1): 73. ( 医中誌 )

  32. 久保田 絢子, 鈴木 瞳, 杉本 久美子, 吉田 直美, 櫻井 芳美, 田澤 立之. 医療系大学新入生におけるオーラルヘルスリテラシー・歯科関連知識の状況と口腔保健行動の関連 日本歯科衛生学会雑誌. 2021.08; 16 (1): 97. ( 医中誌 )

  33. 岡田 昌子, 大城 暁子, 吉田 直美, 品田 佳世子. 歯科衛生士に対する復職支援・離職防止等推進事業の展開 日本歯科医師会雑誌. 2021.07; 74 (4): 409. ( 医中誌 )

  34. 吉田 直美. 認定歯科衛生士の必要性と魅力を探る! 日本歯科衛生士会における認定歯科衛生士の現状と今後の展望 日本歯科医師会雑誌. 2021.07; 74 (4): 374. ( 医中誌 )

  35. 岡田 昌子, 大城 暁子, 吉田 直美, 品田 佳世子. 歯科衛生士に対する復職支援・離職防止等推進事業の展開(第2報) 口腔衛生学会雑誌. 2021.04; 71 (増刊): 107. ( 医中誌 )

  36. 鈴木 瞳, 杉本 久美子, 近藤 圭子, 伊藤 奏, 安達 奈穂子, 日高 玲奈, 小澤 晴菜, 橋爪 顕子, 矢野 貴子, 吉田 直美. 新型コロナ感染拡大下における看護師を対象とした新形式の口腔ケア研修会の実施 日本口腔ケア学会雑誌. 2021.04; 15 (3): 186. ( 医中誌 )

  37. 鈴木 瞳, 吉田 直美, 杉本 久美子, 近藤 圭子, 伊藤 奏, 安達 奈穂子, 日高 玲奈. 遠隔学習ツールを活用した歯科衛生学生による小学校口腔健康教育の試み 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2020.10; 11 (2): 164. ( 医中誌 )

  38. 鈴木 瞳, 吉田 直美, 杉本 久美子, 久保田 絢子, 大塚 紘未, 則武 加奈子, 梅森 幸, 荒木 孝二. 歯学部1年生における口腔内状況および口腔保健行動の調査 日本歯科衛生学会雑誌. 2020.08; 15 (1): 107. ( 医中誌 )

  39. 岩下 亜未, 雨河 茂樹, 佐々木 好幸, 鈴木 瞳, 吉田 直美. 某中規模病院における周術期患者の全身状況・生活習慣および口腔内状況の探索研究 日本歯科衛生学会雑誌. 2020.08; 15 (1): 78. ( 医中誌 )

  40. 浅枝 麻夢可, 吉田 幸恵, 柳田 学, 吉田 直美, 杉本 久美子, 久保田 絢子, 鈴木 瞳, 山中 紗都, 酒巻 裕之, 大川 由一. 大学新入生における口腔内状況と口腔保健への意識との関連について 日本歯科衛生学会雑誌. 2020.08; 15 (1): 112. ( 医中誌 )

  41. 北村 はる菜, 杉本 久美子, 鈴木 瞳, 久保田 絢子, 吉田 直美. 保護者の口腔保健行動と子供の口腔の健康状態および保健習慣との関連性 日本歯科衛生学会雑誌. 2020.08; 15 (1): 130. ( 医中誌 )

  42. 鈴木 瞳, 吉田 直美, 杉本 久美子, 久保田 絢子, 則武 加奈子, 梅森 幸, 荒木 孝二. 歯学部新入生における口腔内状況と口腔保健行動の調査 口腔病学会雑誌. 2020.03; 87 (1): 18. ( 医中誌 )

  43. 星合 愛子, 吉田 直美, 星合 泰治, 飯田 敏朗, 足達 淑子, 隅田 由香, 篠塚 修. 歯科衛生過程を用いて問題解決に取り組んだ放射線治療後患者の1症例 日本歯科衛生学会雑誌. 2020.02; 14 (2): 93-101. ( 医中誌 )

  44. 樺沢 勇司, 吉田 直美. 【内科医に求められる他科の知識-専門家が伝えるDo/Don't】(第10章)歯科・口腔外科 口腔ケア 内科. 2019.09; 124 (3): 2017-2019. ( 医中誌 )

  45. 中山 玲奈, 古屋 純一, 小原 由紀, 吉田 直美. 歯科衛生と社会福祉の融合教育に関する教員の意識調査 老年歯科医学. 2019.09; 34 (2): 197. ( 医中誌 )

  46. 松原 ちあき, 中山 玲奈, 古屋 純一, 吉田 直美. 歯科衛生分野と社会福祉分野の融合教育の効果 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集. 2019.06; 38回 127. ( 医中誌 )

  47. 山中 紗都, 佐藤 まゆみ, 八岡 和歌子, 吉田 直美. 頭頸部がん術後サバイバーの口腔関連の諸問題とその対処における質的研究 有病者歯科医療. 2018.12; 27 (6): 528-529. ( 医中誌 )

  48. 山中 紗都, 吉田 直美, 佐藤 まゆみ, 金子 潤, 上野 尚雄, 八岡 和歌子. 頭頸部がん術後サバイバーの口腔機能状態および口腔関連の諸問題とその対処における質的研究 千葉県立保健医療大学紀要. 2018.03; 9 (1): 81. ( 医中誌 )

  49. 酒巻 裕之, 金子 潤, 吉田 直美, 麻賀 多美代, 麻生 智子, 鈴鹿 祐子, 山中 紗都, 今井 宏美. 事前学習や講義、実習にCyberCoaster動画教材を用いた教育効果に関する検討 千葉県立保健医療大学紀要. 2018.03; 9 (1): 77. ( 医中誌 )

  50. 吉田 直美, 山中 紗都, 金子 潤, 武井 典子, 上野 尚雄, 八岡 和歌子. がん患者のための口腔管理アセスメントツールの開発と評価 千葉県立保健医療大学紀要. 2018.03; 9 (1): 74. ( 医中誌 )

  51. 山中紗都,金子 潤,鈴鹿祐子,麻生智子,浅賀多美代,吉田直美. 周術期口腔機能管理に必要な歯科衛生士の卒前教育について 日本歯科衛生学会雑誌. 2018.02; 12 (2): 36-45.

  52. 酒巻 裕之, 金子 潤, 麻賀 多美代, 麻生 智子, 鈴鹿 祐子, 山中 紗都, 今井 宏美, 吉田 直美. 自習におけるインタラクティブ映像インターフェース"CyberCoaster"動画教材の有用性に関する検討 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2017.10; 8 (2): 96. ( 医中誌 )

  53. 伊藤 有花, 酒巻 裕之, 高杉 潤, 吉田 直美, 日下 和代. ガム咀嚼周期の違いが認知機能および前頭前野の神経活動に及ぼす効果について 日本歯科衛生学会雑誌. 2017.08; 12 (1): 106. ( 医中誌 )

  54. 麻賀 多美代, 麻生 智子, 吉田 直美, 大川 由一. 高齢者における口腔マッサージの生理的・主観的効果に関する研究 日本歯科衛生学会雑誌. 2017.08; 12 (1): 138. ( 医中誌 )

  55. 岡澤 絵里香, 麻賀 多美代, 日下 和代, 吉田 直美. 歯科診療補助業務における疲労回復のためのストレッチ体操の有効性について 日本歯科衛生学会雑誌. 2017.08; 12 (1): 159. ( 医中誌 )

  56. 渡邉 旬華, 金子 潤, 荒川 真, 吉田 直美. 常温重合レジン硬化時の外的温度干渉が硬化に及ぼす影響 日本歯科衛生学会雑誌. 2017.08; 12 (1): 142. ( 医中誌 )

  57. 吉田 直美. 【とりあえず なんとなく じゃ進まない。臨床の見直し、できますか?】What's歯科衛生過程?歯科衛生士としてのThink&Act 歯科衛生士. 2017.08; 41 (8): 26-27. ( 医中誌 )

  58. 麻賀 多美代, 麻生 智子, 吉田 直美, 大川 由一. 健康成人女性における口腔内マッサージの生理的・主観的効果の検証 千葉県立保健医療大学紀要. 2017.03; 8 (1): 27-33.

  59. 酒巻 裕之, 金子 潤, 吉田 直美, 麻賀 多美代, 麻生 智子, 鈴鹿 裕子, 山中 紗都, 今井 宏美. 臨床実習等におけるインタラクティブ映像インターフェース動画教材の活用に関する研究 千葉県立保健医療大学紀要. 2017.03; 8 (1): 103. ( 医中誌 )

  60. 麻賀多美代,麻生智子,鈴鹿祐子,山中紗都,吉田直美,日下和代,酒巻裕之,大川由一. 筆記具・スケーラーの把持動作における筋活動の関連 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2016.10; 7 (2): 97-102.

  61. 酒巻 裕之, 麻賀 多美代, 麻生 智子, 今井 宏美, 山中 紗都, 金子 潤, 鈴鹿 祐子, 吉田 直美. 歯科衛生教育におけるインタラクティブ映像インターフェース"CyberCoaster"動画教材の有用性に関するパイロット研究 日本歯科衛生教育学会雑誌 . 2016.05; 7 (1): 65-72.

  62. 麻賀 多美代, 麻生 智子, 鈴鹿 祐子, 吉田 直美, 日下 和代, 酒巻 裕之, 保坂 誠, 大川 由一. 口腔周囲のマッサージによる咀嚼筋の疲労回復とリラクゼーションに関する研究 日本口腔ケア学会雑誌. 2016.03; 10 (1): 117-121.

  63. 麻生 智子, 麻賀 多美代, 鈴鹿 祐子, 吉田 直美, 日下 和代, 保坂 誠, 大川 由一. スケーリング実習における学生の疲労感に関する研究 千葉県立保健医療大学紀要 . 2016.03; 7 (1): 29-35.

  64. 伊藤 早希, 俣木 志朗, 吉田 直美, 伊藤 孝訓. 歯科衛生学生の臨床実習前後における自己効力感の変化 日本歯科衛生教育学会雑誌 . 2015.10; 6 (2): 128-136.

  65. 中野 恵美子, 仁井谷 善恵, 和田 久子, 星野 由美, 村越 由季子, 永野 千恵子, 原 久美子, 吉田 直美, 藤原 愛子, 遠藤 圭子. 歯科衛生過程の教育への導入に関するニーズ : 教員の理解度と教育実践上の課題 日本歯科衛生教育学会雑誌 . 2014.10; 5 (2): 101-115.

  66. 麻賀 多美代 , 麻生 智子, 吉田 晋, 鈴鹿 祐子, 吉田 直美, 日下 和代, 酒巻 裕之, 保坂 誠, 大川 由一. 口腔周囲のマッサージによる咀嚼筋の疲労回復に関する研究 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2014.05; 5 (1): 46-51.

  67. 吉田 直美, 堀江 明子, 須永 昌代, 木下 淳博. 歯科衛生士教育における医歯学シミュレーション教育システムの活用と評価 日本歯周病学会会誌. 2009.12; 51 (4): 346-352.

  68. 吉田 ひとみ, 須永 昌代, 吉田 直美, 木下 淳博. 医歯学シミュレーション教育システムを活用した歯肉縁下スケーリング・ルートプレーニングに関する歯科衛生士養成機関学生向け教材開発と評価 日本歯科衛生学会雑誌 . 2009.08; 4 (1): 58-63.

  69. 有明幹子,品田佳世子,遠藤圭子,近藤圭子,吉田直美,川口陽子. 学生の歯科保健状況と生活習慣,食生活との関連性 口腔病学会誌. 2002.12; 69 (4): 290-295.

  70. 31. 品田佳世子,近藤圭子,遠藤圭子,吉田直美,川口陽子. 歯科衛生士学校学生の歯科保健指導による患者の口腔内状況の変化について 日本歯科医学教育学会雑誌. 2002.12; 18 (1): 116-119.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 森戸光彦、金澤紀子、吉田直美監修. 歯科衛生士のための口腔機能管理マニュアル 第2版 高齢者編. 医歯薬出版株式会社, 2022.07 監修 (ISBN : 978-4-263-42299-1)

  2. 鳥山佳則,田口円裕,吉田直美,金澤紀子. 歯科衛生士のための歯科診療報酬入門 2022-2023. 医歯薬出版株式会社, 2022.06 (ISBN : 978-4-263-42296-0)

  3. 吉田直美,久保山裕子,山口朱見. 歯科衛生士のための よくわかる在宅療養者の口腔健康管理. 医歯薬出版株式会社, 2022.05

  4. 石井拓男・鳥山佳則・武井典子・吉田直美 編著. 歯科衛生研究の進め方論文の書き方 第3版. 医歯薬出版株式会社, 2021.04 (ISBN : 978-4-263-42289-2)

  5. 鳥山佳則・石井拓男・武井典子・金澤紀子・吉田直美 編. 歯科衛生士のための歯科診療報酬入門 2020-2021. 医歯薬出版株式会社, 2020.06

  6. 吉田直美 他. 最新歯科衛生士教本歯科予防処置論・歯科保健指導論 第2版. 2020.03

  7. 松村英雄,大久保力廣,二川浩樹,吉田直美. 歯科衛生士講座 歯冠修復と欠損補綴の治療と診療補助. 株式会社 永末書店, 2020.01 (ISBN : 978-4-8160-1371-3)

  8. 吉田直美、石井美和子、有井真弓、船奥律子、宮崎晶子. 事例でわかる歯科衛生過程. 医歯薬出版会社, 2019.06 (ISBN : 978-4-263-42258-8)

  9. 鳥山佳則,石井拓男,武井典子,金澤紀子,吉田直美. 歯科衛生士のための歯科診療報酬入門2018-2019. 医歯薬出版株式会社, 2018.05 (ISBN : 978-4-263-42252-6)

  10. 尾﨑 哲則,‎ 藤井 一維,‎ 武井 典子,‎ 吉田 直美 . 多職種連携で活用! ポケット版歯科衛生士のための医療用語・福祉用語. 医歯薬出版株式会社, 2017.09 (ISBN : 978-4-2634-2232-8)

  11. 吉田 直美 . 【とりあえず なんとなく じゃ進まない。臨床の見直し、できますか?】 What's歯科衛生過程?歯科衛生士としてのThink&Act. クインテッセンス出版株式会社, 2017.08

  12. 鳥山 佳則, 石井 拓男,武井 典子,吉田 直美,金澤 紀子. 歯科衛生士のための歯科診療報酬入門 . 医歯薬出版株式会社, 2017.05 (ISBN : 978-4263422267)

  13. 口腔機能をチェック!向上!診療室で使える保健指導用ツール 口腔粘膜ケアを始めよう!加齢や機能低下により現れる口腔内の変化. 医歯薬出版, 2016.11

  14. 吉田 直美 . 口腔機能をチェック!向上!診療室で使える保健指導用ツール 口腔周囲筋のアセスメントとトレーニング食べこぼし、していませんか?. 医歯薬出版株式会社, 2016.08

  15. 大塚 紘未、小原 由紀、吉田 直美 他. ウィルキンス 歯科衛生士の臨床 原著第11版 . 医歯薬出版株式会社, 2015.07 (ISBN : 978-4-263-42207-6)

  16. 船奥律子、吉田直美、宮崎晶子 他. よくわかる歯科衛生過程. 2015.06 (ISBN : 978-4-263-42205-2)

  17. 金澤紀子、武井典子、吉田直美 他. 歯科衛生研究の進め方論文の書き方第2版. 医歯薬出版, 2015.04 (ISBN : 978-4-263-42201-4)

  18. 歯科衛生過程 HAND BOOK . クインテッセンス出版株式会社, 2015.02 (ISBN : 978-4781204208)

  19. 中村 千賀子,‎ 吉田 直美. みるみる身につく歯科衛生士のコミュニケーション力. 口腔保健協会, 2014.10 (ISBN : 978-4896053043)

  20. 全国歯科衛生士教育協議会 監修 吉田 直美 他. 最新歯科衛生士教本 歯科予防処置論・歯科保健指導論 . 医歯薬出版株式会社, 2011.05 (ISBN : 978-4-263-42826-9)

  21. 鈴木 哲也、吉田 直美、松本 厚枝、原 久美子 他. 最新歯科衛生士教本 咀嚼障害・咬合異常1 歯科補綴. 医歯薬出版株式会社, 2009.06 (ISBN : 978-4-263-42822-1)

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 髙澤維月,鈴木瞳,杉本久美子,樺沢勇司,吉田直美. 本学病棟における口腔ケア実施状況と実践に関連する要因の検討. 第87回 口腔病学会学術大会 2022.12.03

  2. 鈴木瞳,杉本久美子,安達奈穂子,吉田直美. 口腔保健衛生学専攻・看護学専攻合同の口腔ケアに関する連携教育の試み. 第87回 口腔病学会学術大会 2022.12.03

  3. Akiko Oshiro, Masako Okada, Naomi Yoshida, Jun Aida, Kayoko Shinada. Approaches at training for dental hygienists reinstatement and new graduate in Japan. AAPD 2021.10.01

  4. 岩下亜未、雨河茂樹、佐々木好幸、鈴木瞳、吉田直美. 某中規模病院における周術期患者の全身状況・生活習慣および口腔内状況の探索研究. 第15回日本歯科衛生学会 2020.09.20 大阪→誌上開催

  5. 鈴木 瞳,吉田直美,杉本久美子,久保田絢子,則武加奈子,梅森 幸, 荒木孝二. 歯学部新入生における口腔内状況と口腔保健行動の調査. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.06 東京

  6. Naomi Yoshida, Kumiko Sugimoto, Ayako Kubota, Naoko Adachi, Hitomi Suzuki, Sato Yamanaka, Yoshikazu Okawa, Hiroyuki Sakamaki, Hiromi Otsuka, Yukie Yoshida and Manabu Yanagita. Association between oral health status and self-reported complaints in adolescence. CED-IADR/NOF Oral Health Reseach Congress 2019.09.20 Melia Castilla Hotel & Convention Center, Madrid, Spain

  7. Naomi Yoshida, Kumiko Sugimoto, Ayako Kubota, Naoko Adachi, Hitomi Suzuki, Sato Yamanaka, Yoshikazu Okawa, Hiroyuki Sakamaki, Hiromi Otsuka, Yukie Yoshida, Manabu Yanagita. Association between oral health status and self-reported complaints in adolescence . 2019 CED-IADR/NOF Oral Health Research Congress 2019.09.19 Madrid, Spain

  8. Naomi Yoshida, Noriko Takei. Establishing a System for Dental Hygienists During Disaster Relief Activities. International symposium on dental hygiene 2019.08.16 Brisbane, Australia

  9. Naomi Yoshida, Kumiko Sugimoto, Ayako Kubota, Hiromi Otsuka, Yoshikazu Okawa, Sato Yamanaka, Hiroyuki Sakamaki, Yukie Yoshida, Manabu Yanagida. Oral health status and oral health behavior of newly enrolled university students in Japan. International Symposium on Dental Hygiene 2019 2019.08.15 Brisbane, Australia

  10. Naomi Yoshida, Kumiko Sugimoto, Sato Yamanaka, Hiroyuki Sakamaki, Yoko Yamazaki, Yasunari Miyazaki, Yoshimi Sakurai, Kaori Okayasu. Effectiveness of oral health education program for women around menopause.. 2017.09.20 Vienna

  11. Naomi Yoshida, Kumiko Sugimoto, Sato Yamanaka, Hiroyuki Sakamaki, Yoko Yamazaki, Yasunari Miyazaki, Yoshimi Sakurai, Kaori Okayasu.. Effectiveness of Oral Health Education Program for Women around Menopause. . CED-IADR/NOF 2017.09.20 Vienna/Austria

  12. Naomi Yoshida, Kumiko Sugimoto, Sato Yamanaka, Hiroyuki Sakamaki, Yoko Yamazaki, Asako Kimura, Hiroko Imura, Yoko Kono, Ayako Kubota. Oral and holistic health evaluation and dental health status in dental hygienists at menopausal stage. International Symposium on Dental Hygiene 2016 2016.06.23 Basel

  13. Kumiko Sugimoto, Naomi Yoshida, Yoko Yamazaki, Hiroko Imura, Yoko Kono, Ayako Kubota, Sato Yamanaka, Hiroyuki Sakamaki, Asako Kimura. Objective assessment of oral and holistic health in dental hygienists at menopausal stage. ISDH2016 2016.06.23 Basil/Swiss

  14. Kumiko Sugimoto, Naomi Yoshida, Yoko Yamazaki, Hiroko Imura, Yoko Kono, Sato Yamanaka, Hiroyuki Sakamaki, Asako Kimura. Comparative study of saliva in women at menopause. 93rd General Session & Exhibition of the IADR 2015.03.11 Boston

  15. 池田亜紀子,沼部幸博,吉田直美,松本厚枝,合場千佳子,犬飼順子,石黒 梓,古川絵理華,品田佳世子. 歯科衛生士養成課程教育の現状と将来展望 第2報―臨床・臨地実習による教育内容の分析―. 第13回日本歯科衛生教育学会学術大会 2022.12.02

  16. 石黒梓,沼部幸博,吉田直美,松本厚枝,合場千佳子,犬飼順子,池田亜紀子,古川絵理華,品田佳世子. 歯科衛生士養成課程教育の現状と将来展望 第1報―座学・模型実習・相互実習による教育内容の分析―. 第13回日本歯科衛生教育学会学術大会 2022.12.02

  17. 吉田直美. 歯科衛生士と歯科技工士の専門資格獲得を啓発する-公益社団法人日本歯科衛生士会における認定歯科衛生士制度について. (一社)日本歯科医学会連合主催 医療職連携委員会フォーラム 2022.11.13

  18. 江口貴子,吉田直美,上條英之. 都道府県歯科衛生士会に おける成人、事業所の歯科 口腔保健事業の従事状況等 に関する調査研究. 第17回日本歯科衛生学会 2022.09.18 徳島県(WEB開催)

  19. 寺前美生、鈴木瞳,杉本久美子,宮澤絢子,吉田直美. . 摂食嚥下障害看護認定看護師による口腔ケアに関する取り組みと歯科衛生士との連携に関する調査.. 第17回日本歯科衛生学会 2022.09.18 Web開催

  20. 加藤夢乃, 鈴木瞳, 杉本久美子, 高原楠旻, 辻美千子, 森山啓司,小野卓史, 依田哲也, 樺沢勇司, 吉田直美. 顎変形症患者の顎矯正手術後の口腔ケアと歯科衛生士の関わり. . 第17回日本歯科衛生学会 2022.09.18 Web開催

  21. 吉田奈永,鈴木瞳,杉本久美子,櫻井芳美,宮澤絢子,田澤立之,吉田直美.. 医療系大学新入生のオーラルヘルスリテラシーと口腔保健行動 . . 第17回日本歯科衛生学会 2022.09.18 Web開催

  22. 田中桜子,鈴木瞳,杉本久美子,高澤維月,橋爪顕子,矢野貴子,伊藤 奏,安達奈穂子,日髙 玲奈,吉田直美. . 新人看護師における歯科・口腔ケア関連情報の認知度に関する調査. 第17回日本歯科衛生学会 2022.09.18 Web開催

  23. 岡田 昌子, 大城 暁子, 吉田 直美, 品田 佳世子. 歯科衛生士に対する復職支援・離職防止等推進事業の展開 第3報. 口腔衛生学会雑誌 2022.04.01

  24. 鈴木 瞳,須永 昌代,木下 淳博,吉田 直美. 介護・医療人材養成のための口腔ケアに関するシミュレーション教材の開発. 2021.12.21 オンライン

  25. 伊藤奏、吉田直美、樺沢勇司. 歯科衛生士の地域医療および医科歯科連携と教育に関する実態調査. 第12回日本歯科衛生教育学会 2021.12.17 Web開催

  26. 鈴木 瞳, 古屋 純一, 尾花 三千代, 織田 展輔, 岩佐 康行, 松尾 浩一郎, 戸原 玄, 吉田 直美. 回復期病棟入院患者における歯科的ニーズの検討. 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌 2021.12.01

  27. 鈴木瞳、杉本久美子、安達奈穂子、近藤圭子、吉田直美. 同期型遠隔形式による歯科衛生学生が主導する多職種連携教育の試み. 第40回日本歯科医学教育学会 2021.11.20

  28. 吉田直美. 歯科保健医療において歯科衛生士として安全安心を届けるために. 関東甲信越歯科医療管理学会第26回学術大会 2021.11.03 Web開催

  29. 鈴木 瞳, 吉田 直美, 近藤 圭子, 伊藤 奏, 安達 奈穂子, 日高 玲奈, 水口 俊介. 遠隔形式による歯科衛生学生主導型の口腔ケアに関する多職種連携教育の試み. 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  30. 山中 紗都, 吉田 直美. 終末期、ターミナルケアに関わる歯科衛生士の体験に関する質的研究. 千葉県立保健医療大学共同研究発表会 2021.10.01

  31. 吉田直美. 日本歯科衛生士会における認定歯科衛生士の現状と今後の展望. 第24回日本歯科医学会学術大会 2021.09.24

  32. 工藤穂月,杉本久美子,鈴木 瞳,吉田直美. ストレスや疲労は甘味嗜好をたかめるのか?. 第16回日本歯科衛生学会 2021.09.14

  33. 久保田絢子、鈴木瞳、杉本久美子、吉田直美、桜井芳美、田澤立之. 医療系大学新入生におけるオーラルヘルスリテラシー・歯科関連知識の状況と口腔保健行動の関連. 第16回日本歯科衛生学会 2021.09.14

  34. 鈴木瞳、杉本久美子、安達奈穂子、吉田直美. 幼児期における職機能の現状と歯科からの支援に関する検討. 第16回日本歯科衛生学会 2021.09.14 Web開催

  35. 鈴木瞳,古屋純一,尾花美千代,織田展輔,岩佐康行,松尾浩一郎,戸原玄,吉田直美. 回復期病棟入院患者における歯科的ニーズの検討. 第26,27合同学術大会 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2021.08.19 名古屋

  36. 岡田昌子,大城暁子,吉田直美,品田佳世子. 歯科衛生士に対する復職支援・離職防止等推進事業の展開 第2報. 第71回日本口腔衛生学会 2021.05.27 Web開催

  37. 鈴木瞳,杉本久美子,近藤圭子,伊藤奏,安達奈穂子,日高玲奈,小澤晴菜,橋爪顕子,矢野貴子,吉田直美. 新型コロナ感染拡大下における看護師を対象とした新形式の口腔ケア研修会の実施. 第18回日本口腔ケア学会/第1回国際口腔ケア学学会 2021.04.17 東京大学本郷地区キャンパス

  38. 鈴木瞳、杉本久美子、近藤圭子、伊藤奏、安達奈穂子、日高玲奈、小澤晴菜、橋爪顕子、矢野貴子、吉田直美. 遠隔学習ツールを利用した歯科衛生学生による小学校口腔健康教育の試み. 第11回日本歯科衛生教育学会学術大会 2020.12.18 Web開催

  39. 鈴木瞳、吉田直美、杉本久美子、久保田絢子、大塚紘未、則武加奈子、梅森幸、荒木孝二. 歯学部1年生における口腔内状況および口腔保健行動の調査. 第15回日本歯科衛生学会 2020.09.20 大阪→誌上開催

  40. 浅枝麻夢可、吉田幸恵、柳田学、吉田直美、杉本久美子、久保田絢子、鈴木瞳、山中サト、酒巻裕之、大川由一. 大学新入生における口腔内状況と口腔保健への意識との関連について. 第15回日本歯科衛生学会 2020.09.20 大阪→誌上開催

  41. 北村はる菜、杉本久美子、鈴木瞳、久保田絢子、吉田直美. 保護者の口腔保健行動と子供の口腔の健康状態および保健習慣との関連性. 第15回日本歯科衛生学会 2020.09.20 大阪→誌上開催

  42. 中山玲奈、古屋純一、小原由紀、吉田直美. 歯科衛生と社会福祉の融合教育に関する教員の意識調査. 日本老年歯科医学会第30回学術大会 2019.06.07 仙台

  43. 山中 紗都, 吉田 直美, 佐藤まゆみ,八岡和歌子. 頭頚部がん術後サバイバーの口腔関連の諸問題とその対処における質的研究. 第27回一般社団法人日本有病者歯科医療学会学術大会 2018.03.23 東京

  44. 酒巻 裕之, 麻賀 多美代, 金子 潤, 麻生 智子, 山中 紗都, 今井 宏美, 鈴鹿 祐子, 吉田 直美. 歯科衛生教育におけるインタラクティブ映像インターフェース CyberCoaster 動画教材の有用性に関する研究  歯科衛生教育における動画教材の有用性 . 第8回日本歯科衛生教育学会 2017.11.25 大阪

  45. 伊藤 有花, 酒巻 裕之, 高杉 潤, 吉田 直美, 日下 和代. ガム咀嚼周期の違いが認知機能および前頭前野の神経活動に及ぼす効果について. 第12回日本歯科衛生学会 2017.09.17 東京

  46. 岡澤 絵里香, 麻賀 多美代, 日下 和代, 吉田 直美. 歯科診療補助業務における疲労回復のためのストレッチ体操の有効性について. 第12回日本歯科衛生学会 2017.09.17 東京

  47. 渡邉 旬華, 金子 潤, 荒川 真, 吉田 直美. 常温重合レジン硬化時の外的温度干渉が硬化に及ぼす影響. 第12回日本歯科衛生学会 2017.09.17 東京

  48. 麻賀 多美代, 麻生 智子, 吉田 直美, 大川 由一. 高齢者における口腔マッサージの生理的・主観的効果に関する研究. 第12回日本歯科衛生学会 2017.09.17 東京

  49. 宮内 春花, 吉田 直美, 麻賀 多美代, 島田 美恵子. 高校吹奏楽部生徒における口腔周囲筋と唾液分泌量に関する研究. 第12回日本歯科衛生学会 2017.09.17 東京

  50. 酒巻 裕之, 麻賀 多美代, 金子 潤, 麻生 智子, 山中 紗都, 今井 宏美, 鈴鹿 祐子, 吉田 直美. 歯科衛生教育におけるインタラクティブ映像インターフェース"CyberCoaster"動画教材の有用性に関する研究 歯科衛生教育における動画教材の有用性. 第8回日本歯科衛生教育学会 2016.11.25 大阪

  51. 村田 友見恵, 金子 潤, 保坂 誠, 吉田 直美. グラスアイオノマーセメント硬化中の唾液接触が硬化後の物性に与える影響. 第11回日本歯科衛生学会 2016.09.18 広島

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 学術論文賞(サンスター財団賞)奨励賞,日本歯科衛生士会,2020年09月

  • 優秀ポスター賞,2013年06月

  • 日本歯周病学会教育賞受賞,日本歯周病学会,2009年05月

  • 日本歯科衛生学会学術表彰発表優秀賞,日本歯科衛生学会,2008年09月

  • 日本歯科衛生学会学術発表彰奨励賞,日本歯科衛生学会,2007年09月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 第17回日本歯科衛生学会,2022年09月

    徳島県にてハイブリッド開催の予定であったが、コロナ感染拡大の影響によりWeb配信へ変更した。日本歯科衛生士会の会長として、学会長、大会長とともに管理運営を行った。

  • 第16回日本歯科衛生学会学術大会開催,2021年09月

    岩手県盛岡市で開催予定であったが、COVID-19感染拡大防止のため、Web開催へ変更し、開催方式変更による様々な計画変更を行い、学会長として開催に向けて準備を行っている

  • 第15回日本歯科衛生学会,2020年09月

    大阪国際交流センター開催に向けて、第15回学術大会の企画運営をおこなっていた。しかし、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、現地開催をとりやめ、誌上開催に変更した。

  • 第14回日本歯科衛生学会,2019年09月

    愛知県名古屋市において、第14回学術大会の企画。運営をおこなった。特別講演「認知症の人の口を支えるために:歯科治療ガイドラインからの提言」の座長並びに、シンポジウム「治し歯科医療をめざして」の座長を担当した。

  • 第12回日本歯科衛生学会,2017年09月

    メインテーマを「健康で長生き、上手に老いるために」とし、東京きゅりあんで開催した。学会長として運営を行い、シンポジウム「住み慣れた地域で最期まで自分の口から食べるために」の座長として進行した。

  • 第11回日本歯科衛生学会,2016年09月

    メインテーマを「口からはじまる健康長寿-多職種連携で支えよう-」とし、広島で開催した。学会長として運営を行い、シンポジウム「地域包括ケアシステムにおける職種間の連携」の座長として進行した。

  • 信頼される歯科衛生士の法則Ⅵ 有病者歯科治療と口腔ケア入門 知っておくべき基礎知識と臨床スキル,2016年07月

    全身疾患を有する高齢者の治療は日常的となっており、歯科に求められる社会のニーズは「生活を支える医療」へと変化しつつある。そのような中で口腔衛生管理や口腔機能管理を行う歯科衛生士が果たす役割が期待されている。本講演では、全身疾患に関する一般的な知識、周術期患者の病態、特徴、患者へアプローチする際に留意する点などを含め、在宅での歯科衛生活動にも生かせるような情報を提供した

  • スペシャルインタビュー日本歯科衛生士会新会長×日本歯科衛生学会新学会長 高度化・多様化する歯科衛生士の将来を見据えて,2016年01月

    日本歯科衛生士会において、新しい会長ならびに学会長が就任したことを受け、二人が今後の歯科衛生士会の方向性と歯科衛生士の将来について述べている。

  • 第10回日本歯科衛生学会,2015年09月

    メインテーマを「食べる楽しみを支える口腔ケア」とし、広島で開催した。学会長として運営を行い、シンポジウム「食べる楽しみを支える多職種の連携」の座長として進行した。

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • チーム医療導入,2021年

  • 健康教育の企画と実践Ⅰ,2019年 - 現在

  • 保健行動科学,2019年 - 現在

  • 口腔疾患予防応用学実習,2019年 - 現在

  • 口腔機能管理実習,2019年 - 現在

  • チーム医療の実践,2019年 - 現在

  • チーム医療の基礎,2019年 - 現在

  • 臨床体験実習,2019年 - 現在

  • 健康教育の企画と実践Ⅲ,2019年 - 現在

  • チーム医療入門,2018年 - 現在

  • 健康教育の企画と実践Ⅱ,2018年 - 現在

  • 口腔保健と専門職,2018年 - 現在

  • 健康教育の基礎Ⅰ,2018年 - 現在

  • 相談援助の基盤と専門職Ⅰ,2018年 - 現在

  • 歯科衛生過程専門演習,2018年 - 現在

  • 卒業研究,2018年 - 現在

  • 口腔健康教育学演習,2018年 - 現在

  • 歯科衛生研究,2018年 - 現在

  • 学年混合選択セミナー(歯学科),2018年 - 現在

  • 口腔保健福祉学(修士),2018年 - 現在

  • 臨床・臨地実習,2018年 - 現在

  • 口腔保健衛生エクスターンシップ,2018年 - 2021年

  • 歯科衛生学総論,2017年 - 現在

  • 健康教育の基礎Ⅱ,2017年 - 現在

  • 歯科衛生過程の基礎,2017年 - 現在

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 保健医療行動科学論,千葉県立保健医療大学

  • 千葉県の健康づくり,千葉県立保健医療大学

  • 卒業研究,千葉県立保健医療大学

  • 専門職間の連携活動論,千葉県立保健医療大学

  • 歯科保健指導・健康教育論,千葉県立保健医療大学

  • 歯科衛生アセスメント論,千葉県立保健医療大学

  • 歯科衛生学総論,千葉県立保健医療大学

  • 演習Ⅳ(健康教育・カウンセリング),千葉県立保健医療大学

  • 特別講義,広島大学歯学部口腔保健学科

  • 病院実習,千葉県立保健医療大学

  • 継続・個別支援実習,千葉県立保健医療大学

  • 総合演習,千葉県立保健医療大学

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科衛生士会会長のバトンを受け取って1年が経過して思うこと,全国行政歯科技術職連絡会,2022年09月22日

  • 歯科衛生士のリカレント研修、公開オンライン講座の周知開催予告、センターの活動内容,日本歯科新聞社,日本歯科新聞,2022年07月26日 - 2022年08月

  • 歯と口の異変に気づいていますか?,株式会社暮しの手帖社,暮しの手帖,2021年08月26日

  • Let's セルフメインテナンス第7回口腔ケアで健康長寿をめざそう 前編・中編・後編,こくみん共済,全労災公式ホームページ,2019年08月 - 2019年10月

  • ワークショップ型キャリアアップセミナー 歯科衛生士へ期待される新たな役割に必要な2つの能力の向上を目指して,千葉県歯科衛生士会,千葉県歯科医師会館,2019年03月31日

  • 厚生労働省受託事業歯科衛生士の研修指導者・臨床指導者等講習会大阪会場,公益社団法人日本歯科衛生士会,なにわ歯科衛生専門学校,2019年02月02日 - 2019年02月03日

  • 厚生労働省受託事業歯科衛生士の研修指導者・臨床指導者等講習会広島会場,公益社団法人日本歯科衛生士会,広島大学歯学部,2019年01月26日 - 2019年01月27日

  • 厚生労働省受託事業歯科衛生士の研修指導者・臨床指導者等講習会愛知会場,公益社団法人日本歯科衛生士会,ウィル愛知,2018年09月22日 - 2018年09月23日

  • 厚生労働省受託事業歯科衛生士の研修指導者・臨床指導者等講習会東京会場,公益社団法人日本歯科衛生士会,東京医科歯科大学,2018年09月01日 - 2018年09月02日

  • 「 健 康 を 考 え る 」 ~ 長 寿 ・ 健 康 人 生 の 推 進 ~ ,国立大学法人 東京医科歯科大学, 東京医科歯科大学M&Dタワー4階 アクティブラーニング教室 ,2017年11月22日

  • 若さは健口から,船橋市ちゅうおう生活学校,船橋市公民館,2016年10月08日

  • 公開講座「若さを保つ」,千葉県立保健医療大学社会貢献委員会,千葉県立保健医療大学,2014年10月25日

  • 社会的ニーズに対応した歯科衛生士および歯科技工士への再教育,東京医科歯科大学,東京医科歯科大学,2007年10月01日 - 2010年03月31日

▼全件表示