基本情報

写真a

砂田 成章(スナダ シゲアキ)

SUNADA Shigeaki


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  工学部  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  工学系研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年05月
    -
    2017年06月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 分子遺伝 特任助教
  • 2017年07月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 分子遺伝 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 分子遺伝 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本放射線影響学会

  • 日本癌学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年06月
    -
    現在
    日本放射線影響学会 キャリアパス・男女共同参画委員会 委員
  • 2020年04月
    -
    現在
    京都大学放射線生物研究センター 将来計画専門委員会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 放射線・化学物質影響科学

  • 腫瘍生物学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 細胞周期依存的なDNA修復機構を基盤としたがん特異的な放射線増感法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • ミトコンドリア制御機能の変調による乳がん発症新規メカニズムの探究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • S/G2期における放射線感受性を高める因子の同定とがん治療開発へ向けた研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • DNA相同組換え修復機能を標的とした乳がんの新規合成致死療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • DNA修復を標的とした合成致死療法における獲得耐性克服に向けた基盤研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Guillaume Vares, Vidhula Ahire, Shigeaki Sunada, Eun Ho Kim, Sei Sai, François Chevalier, Paul-Henri Romeo, Tadashi Yamamoto, Tetsuo Nakajima, Yannick Saintigny. A multimodal treatment of carbon ions irradiation, miRNA-34 and mTOR inhibitor specifically control high-grade chondrosarcoma cancer stem cells. Radiother Oncol. 2020.07; ( PubMed, DOI )

  • Sunada S, Haskins JS, Kato TA. Sister Chromatid Exchange as a Genotoxic Stress Marker. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.). 2019.07; 1984 61-68. ( PubMed, DOI )

  • Yoshikawa H, Sunada S, Hirakawa H, Fujimori A, Elmegerhi S, Leary D, Kato TA. Radiobiological Characterization of Canine Malignant Melanoma Cell Lines with Different Types of Ionizing Radiation and Efficacy Evaluation with Cytotoxic Agents. International journal of molecular sciences. 2019.02; 20 (4): ( PubMed, DOI )

  • Ian M Cartwright, Cathy Su, Jeremy S Haskins, Victoria A Salinas, Shigeaki Sunada, Hao Yu, Mitsuru Uesaka, Hirokazu Hirakawa, David J Chen, Akira Fujimori, Takamitsu A Kato. DNA Repair Deficient Chinese Hamster Ovary Cells Exhibiting Differential Sensitivity to Charged Particle Radiation under Aerobic and Hypoxic Conditions. Int J Mol Sci. 2018.07; 19 (8): ( PubMed, DOI )

  • Shigeaki Sunada, Akira Nakanishi, Yoshio Miki. Crosstalk of DNA double-strand break repair pathways in poly(ADP-ribose) polymerase inhibitor treatment of breast cancer susceptibility gene 1/2-mutated cancer. Cancer Sci.. 2018.02; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Doudou Zhang, Ying Zhao, Shigeaki Sunada, Yoshio Miki. Development of novel synthetic lethality for PARP inhibitor-resistant hereditary breast cancer. 第62回日本放射線影響学会 2019.11.14

  • Zeyu Xu, Qianqian Guo, Hiroko Saito, Shigeaki Sunada, Yoshio Miki. Study on homologous recombination activities of VUSs in hereditary breast and ovarian cancer susceptibility genes. 第78回日本癌学会学術総会 2019.09.26

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 工学系研究科長賞,東京大学,2017年03月