基本情報

写真a

松山 祐輔(マツヤマ ユウスケ)

MATSUYAMA Yusuke


職名

助教

研究分野・キーワード

歯科、社会疫学、公衆衛生

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  歯学部  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  歯学研究科  博士課程  2017年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  

  • 学士(歯学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2018年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際健康推進医学 特別研究員(学振)
  • 2019年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際健康推進医学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2013年03月
    東北大学病院 総合歯科診療部 臨床研修歯科医師
  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東北大学大学院歯学研究科 国際歯科保健学分野 大学院生
  • 2017年04月
    -
    2019年03月
    東北大学大学院歯学研究科 国際歯科保健学分野 非常勤講師
  • 2017年05月
    -
    2018年04月
    Radboud university Department of Quality and Safety of Oral care Visiting Researcher
  • 2018年05月
    -
    2018年12月
    University College London Visiting Researcher

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔衛生学会

  • 日本公衆衛生学会

  • 日本疫学会

  • International Association for Dental Research

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 疫学専門家

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 非認知スキルを育む家庭環境は子どものう蝕を予防するか

  • 子どもの貧困とう蝕の関連を断ち切るための、行動経済学アプローチ

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 歯科口腔保健の推進に資するう蝕予防のための手法に関する研究

    厚生労働省 : 2021年04月 - 2022年03月

  • 子どもの貧困とう蝕の関連を断ち切るための、行動経済学アプローチ

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 非認知スキルを育む家庭環境は子どものう蝕を予防するか

    文部科学省/日本学術振興会

  • 子どものウェルビーイングを最大化するオンラインの社会的つながりとその機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Sonoda S*, Kuramochi J, Matsuyama Y, Miyazaki Y, Fujiwara T.. Validity of Clinical Symptoms Score to Discriminate Patients with COVID-19 from Common Cold Out-Patients in General Practitioner Clinics in Japan. J Clin Med. 2021.02; 10 (4): 854. ( PubMed, DOI )

  • Badrakhkhuu N, Matsuyama Y, Araki MY, Yasuda YU, Ogawa T, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Fujiwara T*, Moriyama K*.. Association between malocculusion and academic performance among Mongolian adolescents. Front Dent Med.. 2021.01; ( DOI )

  • Matsuyama Y*, Tabuchi T.. Heated tobacco product use and combustible cigarette smoking relapse/initiation among former/never smokers in Japan: the JASTIS 2019 study with 1-year follow-up. Tob Control. 2021.01; ( PubMed, DOI )

  • Jevdjevic M*, Listl S, Beeson M, Rovers M, Matsuyama Y. Forecasting future dental health expenditures: Development of a framework using data from 32 OECD countries. Community Dent Oral Epidemiol. 2020.11; ( PubMed, DOI )

  • Takaaki Sato, Yusuke Matsuyama, Takeo Fujiwara, Junji Tagami. Pulp survival after composite resin restoration of caries lesions in adults. Journal of Oral Science. 2020.10; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 松山祐輔. Social Epidemiology (Part:Joint Translation). 2017.09 (Part:Joint Translation)

  • 相田潤, 松山祐輔, 小山史穂子, 佐藤遊洋, 上野路子, 坪谷透, 小坂健. . 健康長寿社会に寄与する歯科医療・口腔保健のエビデンス. 2015 8章 口腔保健と社会的決定要因

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 松山 祐輔. 人生100年、生涯28を達成するためのフッ化物応用の公衆衛生アプローチ 集団フッ化物洗口によるう蝕の地域格差縮小効果. 口腔衛生学会雑誌 2020.03.01

  • Yusuke Matsuyama, Aya Isumi, Satomi Doi, Takeo Fujiwara. Poor Parenting Types and Dental Caries of 6 year-old children. 第78回日本公衆衛生学会総会 2019.10.25 高知

  • Kusama T, Aida J, Sugiyama K, Matsuyama Y, Koyama S, Sato Y, Yamamoto T, Igarashi A, Tsuboya T, Osaka K. 東日本大震災と津波の避難者に関して仮設住宅居住は社会参加と健康に差異を生じさせるのか 横断研究(Does the Type of Temporary Housing Make a Difference in Social Participation and Health for Evacuees of the Great East Japan Earthquake and Tsunami? A Cross-Sectional Study). Journal of Epidemiology 2019.10.01

  • 松山祐輔. 健康の社会的決定要因に関する研究は ユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)達成にどう活かされるか. 2019.08.04

  • Igarashi A, Aida J, Sairenchi T, Tsuboya T, Sugiyama K, Koyama S, Matsuyama Y, Sato Y, Osaka K, Ota H. Does Cigarette Smoking Increase Traffic Accident Death During 20 Years Follow-up in Japan? The Ibaraki Prefectural Health Study(和訳中). Journal of Epidemiology 2019.06.01

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 総長賞,東北大学,2017年03月

  • Student Award,The 20th IEA World Congress of Epidemiology,2014年08月

  • ポスター賞,日本疫学会,2014年01月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「健康な歯がうつを予防する」― 自分の歯が1本多いと、うつ症状得点が0.15点減少 ―,2021年05月

    Epidemiology and Psychiatric Sciences

  • 「コロナ禍で収入が減少した人は歯の痛みが1.4倍多い」― 精神的ストレスが原因の可能性 ―,2021年04月

    Journal of Dental Research

  • 2021年03月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「東日本大震災に被災した子どもは将来よりも今を大事にする傾向」― 心理的トラウマ体験よりも家屋被害が強く関連 ―,2021年01月

    PLOS ONE

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 臨床研究論文執筆コース(観察研究),2019年 - 現在

  • 公衆衛生学,2019年 - 現在

  • MPH Biostatistics I ,2019年 - 現在

  • MPH Epidemiology I,2019年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 地域保健臨床研究専攻科,国立保健医療科学院