基本情報

写真a

松山 祐輔(マツヤマ ユウスケ)

MATSUYAMA Yusuke


職名

助教

研究分野・キーワード

歯科、社会疫学、公衆衛生

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  歯学部  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  歯学研究科  博士課程  2017年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  

  • 学士(歯学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2018年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際健康推進医学 特別研究員(学振)
  • 2019年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際健康推進医学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2013年03月
    東北大学病院 総合歯科診療部 臨床研修歯科医師
  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東北大学大学院歯学研究科 国際歯科保健学分野 大学院生
  • 2017年04月
    -
    2019年03月
    東北大学大学院歯学研究科 国際歯科保健学分野 非常勤講師
  • 2017年05月
    -
    2018年04月
    Radboud university Department of Quality and Safety of Oral care Visiting Researcher
  • 2018年05月
    -
    2018年12月
    University College London Visiting Researcher

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔衛生学会

  • 日本公衆衛生学会

  • 日本疫学会

  • International Association for Dental Research

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 疫学専門家

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 非認知スキルを育む家庭環境は子どものう蝕を予防するか

  • 子どもの貧困とう蝕の関連を断ち切るための、行動経済学アプローチ

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 歯科口腔保健の推進に資するう蝕予防のための手法に関する研究

    厚生労働省 : 2021年04月 - 2022年03月

  • 子どもの貧困とう蝕の関連を断ち切るための、行動経済学アプローチ

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 非認知スキルを育む家庭環境は子どものう蝕を予防するか

    文部科学省/日本学術振興会

  • 子どものウェルビーイングを最大化するオンラインの社会的つながりとその機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Khin YP, Matsuyama Y, Tabuchi T, Fujiwara T. Association of Visual Display Terminal Usage with Self-Rated Health and Psychological Distress among Japanese Office Workers during the COVID-19 Pandemic. International journal of environmental research and public health. 2021.09; 18 (17): ( PubMed, DOI )

  • Mikami R, Mizutani K, Matsuyama Y, Matsuura T, Kido D, Takeda K, Takemura S, Nakagawa K, Mukaiyama Y, Suda T, Yasuda T, Ohta S, Takaya N, Fujiwara T, Izumi Y, Iwata T. Association between periodontal inflammation and serum lipid profile in a healthy population: A cross-sectional study. Journal of periodontal research. 2021.07; ( PubMed, DOI )

  • Y. Matsuyama, J. Aida, K. Takeuchi, S. Koyama, T. Tabuchi. Dental Pain and Worsened Socioeconomic Conditions Due to the COVID-19 Pandemic Journal of Dental Research. 2021.06; 100 (6): 002203452110057. ( PubMed, DOI )

  • Asakawa A, Ishibashi H, Matsuyama Y, Fujiwara T, Kobayashi M, Okubo K. Preoperative nutritional status is associated with the prognosis for lung cancer. Asian cardiovascular & thoracic annals. 2021.05; 2184923211014002. ( PubMed, DOI )

  • Matsuyama Y, Listl S, Jürges H, Watt RG, Aida J, Tsakos G. Causal Effect of Tooth Loss on Functional Capacity in Older Adults in England: A Natural Experiment. Journal of the American Geriatrics Society. 2021.05; 69 (5): 1319-1327. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 藤原武男, 那波伸敏, 松山祐輔. Health in Japan : social epidemiology of Japan since the 1964 Tokyo Olympics. 2020.06 Child Health in Japan (ISBN : 9780198848134)

  • 松山祐輔. Social Epidemiology (Part:Joint Translation). 2017.09 (Part:Joint Translation)

  • 相田潤, 松山祐輔, 小山史穂子, 佐藤遊洋, 上野路子, 坪谷透, 小坂健. 健康長寿社会に寄与する歯科医療・口腔保健のエビデンス. 2015.04 8章 口腔保健と社会的決定要因

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Khin YP, Matsuyama Y, Tabuchi T, Fujiwara T.. Visual display terminals and health status in second wave of COVID-19 pandemic. 第94回日本産業衛生学会 2021.05.20 金沢

  • Yusuke Matsuyama. Causal effect of tooth loss on functional capacity: an instrumental variable analysis. The 1st annual meeting of the International Society of Oral Care 2021.04.17 Toyko

  • Khin Yu Par, Matsuyama Yusuke, Tabuchi Takahiro, Fujiwara Takeo. 第二波COVID-19パンデミック下における、ビジュアルディスプレーターミナルと健康状態(VISUAL DISPLAY TERMINALS AND HEALTH STATUS IN SECOND WAVE OF COVID-19 PANDEMIC). 産業衛生学雑誌 2021.04.01

  • Matsuyama Yusuke. 機能的な能力と歯の損失の因果関係 操作変数による解析(Causal effect of tooth loss on functional capacity: an instrumental variable analysis). 日本口腔ケア学会雑誌 2021.04.01

  • Mikami Risako, Mizutani Koji, Gohda Tomohito, Gotoh Hiromichi, Matsuyama Yusuke, Aoyama Norio, Matsuura Takanori, Kido Daisuke, Takeda Kohei, Izumi Yuichi, Fujiwara Takeo, Iwata Takanori. Association between circulating tumor necrosis factor receptors and oral bacterium in patients receiving hemodialysis: a cross-sectional study(和訳中). Clinical and Experimental Nephrology 2021.01.01

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 総長賞,東北大学,2017年03月

  • Student Award,The 20th IEA World Congress of Epidemiology,2014年08月

  • ポスター賞,日本疫学会,2014年01月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「健康な歯がうつを予防する」― 自分の歯が1本多いと、うつ症状得点が0.15点減少 ―,2021年05月

    Epidemiology and Psychiatric Sciences

  • 「コロナ禍で収入が減少した人は歯の痛みが1.4倍多い」― 精神的ストレスが原因の可能性 ―,2021年04月

    Journal of Dental Research

  • 2021年03月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「東日本大震災に被災した子どもは将来よりも今を大事にする傾向」― 心理的トラウマ体験よりも家屋被害が強く関連 ―,2021年01月

    PLOS ONE

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 臨床研究論文執筆コース(観察研究),2019年 - 現在

  • 公衆衛生学,2019年 - 現在

  • MPH Epidemiology I,2019年 - 現在

  • MPH Biostatistics I ,2019年 - 2020年

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 地域保健臨床研究専攻科,国立保健医療科学院