基本情報

写真a

小林 裕(コバヤシ ユタカ)

KOBAYASHI Yutaka


職名

大学院生

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 大学院生
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yutaka Kobayashi, Hiroyuki Inose, Shuta Ushio, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Body Mass Index and Modified Glasgow Prognostic Score Are Useful Predictors of Surgical Site Infection After Spinal Instrumentation Surgery: A Consecutive Series. Spine. 2020.02; 45 (3): E148-E154. ( PubMed, DOI )

  • Mieradili Mulati, Yutaka Kobayashi, Akira Takahashi, Hoashi Numata, Masanori Saito, Yuichi Hiraoka, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Yoichi Ezura, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose. The long noncoding RNA Crnde regulates osteoblast proliferation through the Wnt/β-catenin signaling pathway in mice. Bone. 2020.01; 130 115076. ( PubMed, DOI )

  • Hiroyuki Inose, Yutaka Kobayashi, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Procalcitonin and Neutrophil Lymphocyte Ratio After Spinal Instrumentation Surgery. Spine(Phila pa 1976) . 2019.12; 44 (23): E1356-E1361. ( PubMed, DOI )

  • Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Shuta Ushio, Hiroaki Onuma, Keigo Hirai, Yutaka Kobayashi, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Atsuyuki Kawabata, Kenichiro Sakai, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Is Modified K-line a Powerful Tool of Surgical Decision Making for Patients With Cervical Spondylotic Myelopathy? Clin Spine Surg. 2019.11; 32 (9): 351-356. ( PubMed, DOI )

  • Hiroyuki Inose, Yutaka Kobayashi, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Postoperative lymphocyte percentage and neutrophil-lymphocyte ratio are useful markers for the early prediction of surgical site infection in spinal decompression surgery Journal of Orthopaedic Surgery. 2019;

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 小林 裕, 猪瀬 弘之, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. BMIとmodified Glasgow Prognostic Score(mGPS)は脊椎インストゥルメンテーション述語のSSIに対する有用な予測因子である . 第28回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2019.11.15 つくば

  • 小林 裕、猪瀬 弘之、高橋 晃、大川 淳 . 骨格筋の再生において Cdk1 が必須である . 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  • 猪瀬 弘之, Mulati Mieradili, 小林 裕, 大川 淳. 長鎖ノンコーディングRNAによる骨形成の調節機構. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  • 猪瀬 弘之, 小林 裕. 長鎖ノンコーディングRNAによる骨形成の調節機構. 第37回 日本骨代謝学会 2019.10.12 神戸

  • 佐久間 朋美, パワプタノン・ナ・マハサラカム・チャンチダ , 林 欣, 小林 裕, 梶川 修平, 猪瀬 弘之, 野田 政樹, 大川 淳, 江面 陽一. 酸化ストレスを介した腱細胞骨化に対するアデノシンの関与. 第37回 日本骨代謝学会 2019.10.12 神戸

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度(第31回)中冨健康科学振興財団研究助成(小林 裕),中冨健康科学振興財団,2019年

  • 2018年度交通事故医療一般研究 助成(小林 裕),2018年09月