基本情報

写真a

小林 裕(コバヤシ ユタカ)

KOBAYASHI Yutaka


職名

特任助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 大学院生
  • 2021年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 特任助教
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 感覚・皮膚・運動機能診療領域 整形外科 特任助教
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Tomoyuki Tanaka, Akira Takahashi, Yutaka Kobayashi, Masanori Saito, Sun Xiaolong, Chen Jingquan, Yoshiaki Ito, Tsuyoshi Kato, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Peter Carlsson, Hiroyuki Inose. Foxf2 represses bone formation via Wnt2b/β-catenin signaling. Exp Mol Med. 2022.06; 54 (6): 753-764. ( PubMed, DOI )

  2. Takuya Takahashi, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Shingo Morishita, Yutaka Kobayashi, Kurando Utagawa, Atsuyuki Kawabata, Jun Hashimoto, Tomoyuki Tanaka, Takayuki Motoyoshi, Motonori Hashimoto, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Risk factors for recurrence and regrowth of spinal schwannoma. J Orthop Sci. 2022.04; (22): 00069-0. ( PubMed, DOI )

  3. Motoyoshi Takayuki, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Inose Hiroyuki, Matsukura Yu, Egawa Satoru, Kobayashi Yutaka, Utagawa Kurando, Hashimoto Jun, Kawabata Atsuyuki, Takahashi Takuya, Tanaka Tomoyuki, Okawa Atsushi. Association between diffuse idiopathic skeletal hyperostosis and thoracic kyphosis in patients with cervical myelopathy: a retrospective observational study. BMC Musculoskelet Disord. 2021.11; 22 (1): 964. ( PubMed, DOI )

  4. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Shuta Ushio, Shingo Morishita, Satoru Egawa, Hiroaki Onuma, Yutaka Kobayashi, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Atsuyuki Kawabata, Tomoyuki Tanaka, Takayuki Motoyoshi, Takuya Takahashi, Motonori Hashimoto, Kentaro Sakaeda, Tsuyoshi Kato, Yoshiyasu Arai, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Anterior Cervical Corpectomy with Fusion versus Anterior Hybrid Fusion Surgery for Patients with Severe Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament Involving Three or More Levels: A Retrospective Comparative Study. J Clin Med. 2021.11; 10 (22): 5315. ( PubMed, DOI )

  5. Hiroyuki Inose, Yutaka Kobayashi, Shingo Morishita, Yu Matsukura, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Application of an index derived from the area under a neutrophil curve as a predictor of surgical site infection after spinal surgery. BMC Surg. 2021.09; 21 (1): 354. ( PubMed, DOI )

  6. Yutaka Kobayashi, Tomoyuki Tanaka, Mieradilli Mulati, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Philipp Kaldis, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose. Cyclin-Dependent Kinase 1 Is Essential for Muscle Regeneration and Overload Muscle Fiber Hypertrophy. Front Cell Dev Biol. 2020.10; 8 564581. ( PubMed, DOI )

  7. Yutaka Kobayashi, Hiroyuki Inose, Shuta Ushio, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Body Mass Index and Modified Glasgow Prognostic Score Are Useful Predictors of Surgical Site Infection After Spinal Instrumentation Surgery: A Consecutive Series. Spine. 2020.02; 45 (3): E148-E154. ( PubMed, DOI )

  8. Mieradili Mulati, Yutaka Kobayashi, Akira Takahashi, Hoashi Numata, Masanori Saito, Yuichi Hiraoka, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Yoichi Ezura, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose. The long noncoding RNA Crnde regulates osteoblast proliferation through the Wnt/β-catenin signaling pathway in mice. Bone. 2020.01; 130 115076. ( PubMed, DOI )

  9. Hiroyuki Inose, Yutaka Kobayashi, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Postoperative lymphocyte percentage and neutrophil-lymphocyte ratio are useful markers for the early prediction of surgical site infection in spinal decompression surgery. J Orthop Surg (Hong Kong). 2020.01; 28 (2): 2309499020918402. ( PubMed, DOI )

  10. Hiroyuki Inose, Yutaka Kobayashi, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Procalcitonin and Neutrophil Lymphocyte Ratio After Spinal Instrumentation Surgery. Spine(Phila pa 1976) . 2019.12; 44 (23): E1356-E1361. ( PubMed, DOI )

  11. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Shuta Ushio, Hiroaki Onuma, Keigo Hirai, Yutaka Kobayashi, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Atsuyuki Kawabata, Kenichiro Sakai, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Is Modified K-line a Powerful Tool of Surgical Decision Making for Patients With Cervical Spondylotic Myelopathy? Clin Spine Surg. 2019.11; 32 (9): 351-356. ( PubMed, DOI )

  12. 小川 貴久, 若杉 琢磨, 橋本 淳, 小林 裕, 藤田 浩二. 基節骨内軟骨腫により生じた病的骨折に対し、一期的に腫瘍切除とロッキングプレート固定にて加療した1例 骨折. 2016.06; 38 (3): 503-506. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 橋本 淳, 川端茂徳, ⽥中雄太,東川尚⼈, ⾜⽴善昭,渡部泰⼠,⽯⽥洸樹,上中沙衿, ⼭本祐輔,江川 聡,松倉 遊,平井⾼志,猪瀬弘之,吉井俊貴, ⼤川 淳. 脊磁図による脊髄・神経根障害診断. 第37回日本生体磁気学会大会 2022.06.14 札幌

  2. 小林 裕, 江川 聡, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 脊椎除圧術後創部感染における危険因子の解析. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  3. 猪瀬 弘之,小林 裕,松倉 遊,平井 高志,吉井 俊貴,大川 淳. 脊椎手術後SSIの予測因子としての好中球曲線下の面積から得られた指標の有用性の評価. 第51回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2022.04.22 横浜

  4. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,足立善昭,渡部泰士,長岡信頼,石田洸樹,上中沙衿,山本祐輔,小林裕,江川聡,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 脊磁図を用いた腰部神経根症・馬尾症における新たな非侵襲的神経機能評価. 第51回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2022.04.21 横浜

  5. 橋本 泉智、吉井 俊貴、小林 裕、江川 聡、松倉 遊、平井 高志、猪瀬 弘之、羽田 紘人、大山 潤、大川 淳. 髄液漏出を伴う脳表ヘモジデリン沈着症に対する,新しいモダリティ 4D dynamic CT Myelography を用い た瘻孔部位の同定. 第51回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2022.04.21 横浜

  6. 橋本 淳,川端茂徳,田中雄太,足立善昭,渡部泰士,金 碩燦,佐藤慎司,高橋陽一郎,⾧岡信頼,石田洸樹,上中沙衿,山本祐輔,小林 裕,江川聡,松倉 遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測を用いた腰部神経根症・馬尾症患者における神経電気活動の非侵襲的評価. 第43回日本脊髄機能診断学会学術大会 2022.02.05 オンライン

  7. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,小林裕,江川聡,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川 淳. 頚椎後方除圧固定術後に生じたC5麻痺と術中脊髄機能モニタリングとの関係. 第23回圧迫性脊髄症研究会 2022.01.22 オンライン

  8. 橋本 淳, 川端 茂徳, 小林 裕, 江川 聡, 松倉 遊, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 術中脊髄機能モニタリング精度向上のための工夫 Multi-train刺激による経頭蓋刺激筋誘発電位と自発筋電図(Spontaneous EMG, Free run EMG). 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  9. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,星野優子,関原謙介,足立善昭,橋本泉智,渡部泰士,小林裕,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測による腰部神経根症・馬尾症患者に対する新たな非侵襲的神経機能評価. 第29回日本腰痛学会 2021.10.22 虎ノ門

  10. 田中 寛来, 小林 裕, 佐藤 信吾, 吉井 俊貴, 大川 淳, 猪瀬 弘之. Foxf2はWnt経路を介して骨芽細胞分化を調節する. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  11. 松倉遊,吉井俊貴,猪瀬弘之,平井高志,湯浅将人,小林裕,橋本泉智,酒枝健太郎,東川尚人,大川淳. 頚椎後方除圧固定術後のC5麻痺発生のリスク因子の検討. 第30回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2021.10.01

  12. 猪瀬 弘之,小林 裕,大川 淳. 骨格筋の再生および肥大においてCdk1が必須である. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  13. 高橋 拓也, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 小林 裕, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 田中 寛来, 元吉 貴之, 大川 淳. 化膿性脊椎炎における長期入院の予測因子. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  14. 小林 裕, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 脊椎除圧術後創部感染における危険因子の解析. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  15. 高橋 拓也, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 小林 裕, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 元吉 貴之, 田中 寛来, 橋本 泉智, 川端 茂徳, 大川 淳. 化膿性脊椎炎における長期入院の予測因子. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  16. 高橋 拓也, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 小林 裕, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 元吉 貴之, 田中 寛来, 橋本 泉智, 川端 茂徳, 大川 淳. 当施設で手術を行った脊椎に発生する神経鞘腫の再発,増大リスク因子. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  17. 小林 裕、猪瀬 弘之、大川 淳 . 骨格筋の再生において Cdk1 が必須である. 第38回 日本骨代謝学会学術集会 2020.10.09

  18. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 江川 聡, 小沼 博明, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 歌川 蔵人, 橋本 淳, 大川 淳 . 頚椎3椎間以上にわたるOPLLに対して椎体亜全摘を要した頚椎前方除圧固定術と椎体間固定術を併用したHybrid固定術との比較. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  19. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 歌川 蔵人, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症に対する頸椎椎弓形成術後の矢状面アライメントと骨移植の有無による椎間骨癒合の検討. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  20. 小林 裕, 猪瀬 弘之, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 脊椎除圧術後感染の早期発見に向けた炎症マーカーの解析-好中球/リンパ球比に注目して. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  21. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 歌川 蔵人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者の頸椎~上位胸椎手術における術前予測可能な術後せん妄の危険因子の解析. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  22. 猪瀬 弘之,小林 裕,大川 淳. 長鎖ノンコーディングRNAによる骨形成の調節機構. 第93回日本整形外科学会学術集会 2020.06.11

  23. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 75歳以上の高齢者脊椎手術において術前に予想できる術後せん妄危険因子の検討. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  24. 小林 裕, 猪瀬 弘之, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. BMIとmodified Glasgow Prognostic Score(mGPS)は脊椎インストゥルメンテーション述語のSSIに対する有用な予測因子である . 第28回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2019.11.15 つくば

  25. 小林 裕、猪瀬 弘之、高橋 晃、大川 淳 . 骨格筋の再生において Cdk1 が必須である . 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  26. 猪瀬 弘之, Mulati Mieradili, 小林 裕, 大川 淳. 長鎖ノンコーディングRNAによる骨形成の調節機構. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  27. 猪瀬 弘之, 小林 裕. 長鎖ノンコーディングRNAによる骨形成の調節機構. 第37回 日本骨代謝学会 2019.10.12 神戸

  28. 佐久間 朋美, パワプタノン・ナ・マハサラカム・チャンチダ , 林 欣, 小林 裕, 梶川 修平, 猪瀬 弘之, 野田 政樹, 大川 淳, 江面 陽一. 酸化ストレスを介した腱細胞骨化に対するアデノシンの関与. 第37回 日本骨代謝学会 2019.10.12 神戸

  29. 平井 敬悟, 平井 高志, 小林 裕, 小沼 博昭, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 北原 建彰, 大川 淳. 腰椎脊柱管狭窄に対する低侵襲除圧術の長期成績 筋肉温存型腰椎椎弓間除圧術(MILD)対片側椎弓切除両側除圧(ULBD). 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  30. 平井 高志, 吉井 俊貴, 江川 聡, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 平井 敬悟, 小沼 博明, 小林 裕, 歌川 蔵人, 橋本 淳, 川畑 篤礼, 大川 淳. 頸椎多椎間病変に対する椎体亜全摘を行った頸椎前方除圧固定術と椎体間固定術を併用したHybrid固定との比較. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  31. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者脊椎手術において予測できる術後せん妄の危険因子の検討. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  32. 小林 裕, 猪瀬弘之, 歌川蔵人, 川畑篤礼, 橋本淳, 牛尾修太, 湯浅将人, 平井高志, 吉井俊貴, 大川淳. Doctor’s delayにより頚椎損傷を生じた、頚椎DISH骨折の一例. 第20回 圧迫性脊髄症研究会 2019.01.19 東京

  33. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小沼 博明, 小林 裕, 川畑 篤礼, 歌川 蔵人, 橋本 淳, 川口 善治, 大川 淳 . 当院における頚椎後縦靭帯骨化症患者の腰痛の有訴率の単施設前向き調査-頚椎症性脊髄症患者と比較して . 第26回 日本腰痛学会 2018.10.26 浜松, 静岡

  34. 平井 高志, 吉井 俊貴, 江川 聡, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 小沼 博明, 小林 裕, 川畑 篤礼, 歌川 蔵人, 大川 淳 . 椎体亜全摘を行った頸椎前方除圧固定術(ACCF)の術後インプラント転位と矢状アライメント. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  35. 小林 裕, 猪瀬 弘之, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 牛尾 修太, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. プロカルシトニンは脊椎インストゥルメンテーション手術の創部感染の指標になり得るか?. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  36. 谷本 貴大, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 小林 裕, 大川 淳. 極めて稀なEpidural fibrous cordによる胸髄症の1例. 第67回 東日本整形災害外科学会 2018.09.21 秋田

  37. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 松本 連平, 江川 聡,平井 敬悟, 小沼 博明, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 当院における頚椎症性脊髄症の手術治療成績〜術前MRI におけるModified K-lineを用いた後方除圧の限界点を考慮した取り組み  . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  38. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之,小林 裕, 牛尾 修太, 平井 高志, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 大川 淳. 第4腰椎変性すべり症に対する手術療法,除圧術,Graf 制動術,PLF 固定術の3術式による長期の画像上変化の検討   . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  39. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎椎弓形成術における骨移植による各椎間骨癒合変化の検討 -術後5年経過例について- . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  40. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の下位胸椎~腰椎手術における術後せん妄の術前危険因子の検討. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  41. 湯浅 将人, 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 小林 裕, 牛尾 修太, 新井 嘉容, 大川 淳. 多孔質ハイドロキシアパタイト/ コラーゲン(HA/Col)の腰椎後方椎体間固定術における骨形成能 -多施設間後ろ向き研究. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  42. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 小林 裕, 牛尾 修太, 平井 高志, 加藤 剛, 川端 茂徳, 吉井 俊貴, 大川 淳. 腰椎固定術PLF vs 制動術Graf System 第4 腰椎変性すべり症術後長期の画像の比較検討. 第26回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2017.10.13 金沢

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度(第31回)中冨健康科学振興財団研究助成(小林 裕),中冨健康科学振興財団,2019年

  • 2018年度交通事故医療一般研究 助成(小林 裕),2018年09月