基本情報

写真a

小曽根 京子(オゾネ キョウコ)

OZONE Kyouko


職名

大学院生

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京女子医科大学  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 共同災害看護学専攻 大学院生

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 国際保健医療学会

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 古屋裕美,宮前繁,田中加苗,濱舘陽子,小曽根京子,菅原千賀子,谷本美保子,鐘ヶ江紗里,小川裕美子,鴨田玲子,藤村麻衣子,駒形朋子,佐々木吉子. 災害急性期の病院対応に焦点化した単日完結のハイブリッド型災害看護実習における学生の学び 日本災害看護学会誌. 2020.12; 22 (2): 63-74.

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 小曽根京子,鈴木聡子. 2019年モザンビークサイクロン被害における国際緊急援助隊医療チームの活動:感染予防・隔離. 第25回日本災害医学会総会・学術集会 2020.02.21 神戸市

  • 鈴木聡子,小曽根京子. 2019年モザンビークサイクロン被害における国際緊急援助隊医療チームの活動:妊婦への支援. 第25回日本災害医学会総会・学術集会 2020.02.21 神戸市

  • 小曽根京子,佐々木吉子. 都市部で高齢化率が高い公営団地自治会における災害に対する準備性(小曽根京子、佐々木吉子). 日本災害看護学会第21回年次大会 2019.09.06 北見市

  • 陣立良太,小曽根京子,川上勝. 携帯ラジオとFMトランスミッタを利用した新たな情報伝達の検討―避難所での継続的情報伝達を視野に入れた簡易放送局の設置―. 日本災害看護学会第21回年次大会 2019.09.06 北見市

  • 駒形朋子,谷本美保子,古屋裕美,小曽根京子,鴨田玲子,佐々木吉子. 避難所運営ゲームを用いた災害対策教育の効果の検証ー東京都千代田区における帰宅困難者対策の一事例ー. 日本災害看護学会第20回年次大会 2018.08.10 神戸市

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2017「学生ポスター発表」(鴨田玲子, 田中加苗, 小川裕美子, 濱舘陽子, 宮前繁, 菅原千賀子, 谷本美保子, 友藤裕美, 小曽根京子),2017年10月

    ポスター発表の3テーマ「Academia Leader」「Industrial Leader」「International Leader」のうちAcaeemia Leaderを選択し、当研究室での研究と実践への挑戦に関して発表した。
    ポスタータイトル:
    Toward Expert Disaster Nursing practioner - To secure people’s live and life under catastrophic disaster -
    大災害時に人々のいのちと暮らしを守る災害看護の実践者を目指す
    (2017年10月20日・21日、名古屋マリオットアソシアホテル)

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 令和2年度千代田区帰宅困難者対応訓練(帰宅困難者受入施設運営訓練・リモート形式)の企画運営(佐々木吉子、今津陽子、菅原千賀子、古屋裕美、谷本美保子、小曽根京子、鴨田玲子、藤村麻衣子、鐘ヶ江紗里),主催:千代田区 訓練参加団体:千代田区内帰宅困難者対策地域協力会4団体,実施場所:オンライン,2021年03月05日

  • 東京駅周辺防災隣組第86回総会での講演・プロジェクト発表(今津陽子、佐々木吉子、小曽根京子、鴨田玲子、鐘ヶ江紗里、藤村麻衣子):「Zoomを活用したKUG(帰宅困難者受け入れ施設運営訓練)の紹介・体験会の企画運営」,2020年11月17日

  • NPO ふるさとの会 防災訓練 (小曽根京子),東京都台東区,2020年08月22日

  • ラオス国保健医療ボランティア活動団体への支援,Plumerian,東京都,2020年02月 - 現在

  • サモア独立国における麻しんの流行に対する国際緊急援助隊・感染症対策チームの派遣(二次隊)(小曽根京子),独立行政法人 国際協力機構 JICA,サモア,2019年12月14日 - 2019年12月29日

全件表示 >>