基本情報

写真a

猪爪 舞子(イノツメ マイコ)

INOTSUME Maiko


職名

大学院生

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 大学院生
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学分野 大学院生
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 大学院生
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yoshiaki Ito, Tokio Matsuzaki, Fumiaki Ayabe, Sho Mokuda, Ryota Kurimoto, Takahide Matsushima, Yusuke Tabata, Maiko Inotsume, Hiroki Tsutsumi, Lin Liu, Masahiro Shinohara, Yoko Tanaka, Ryo Nakamichi, Keiichiro Nishida, Martin K Lotz, Hiroshi Asahara. Both microRNA-455-5p and -3p repress hypoxia-inducible factor-2α expression and coordinately regulate cartilage homeostasis. Nat Commun. 2021.07; 12 (1): 4148. ( PubMed, DOI )

  2. Hiroto Yamamoto, Yutaro UchidaI, Tomoki Chiba, Ryota Kurimoto,Takahide Matsushima, Maiko Inotsume, Chihiro Ishikawa, Haiyan Li, Takashi Shiga, Masafumi Muratani, Tokujiro Uchida, Hiroshi Asahara. Transcriptome analysis of sevoflurane exposure effects at the different brain regions PLOS ONE. 2020.10;

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 猪爪舞子、栗本遼太、堤大樹、細貝春香、浅原 弘嗣. 腫瘍抑制microRNA let-7 familyの新たな制御機構の解明. 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.04

  2. 栗本遼太、堤大樹、猪爪舞子、伊藤義晃、細貝春香、淺原弘嗣. マイクロRNA制御機能を標識としたRNA結合タンパク質の網羅的解析. 第6回ベーシックリサーチカンファレンス 2019.10.25

  3. 堤大樹、栗本遼太、伊藤義晃、淺原弘嗣. レポーターライブラリーを用いた、インスリンシグナルの翻訳後修飾因子の解析. 第6回ベーシックリサーチカンファレンス 2019.10.25