基本情報

写真a

狩野 桜子(カノウ サクラコ)

KANOU Sakurako


職名

大学院生

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
     
     
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 臨床研修医
  • 2017年05月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 臨床研修医
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学分野 大学院生
 

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Thiha P, Higashihori N, Kano S, Moriyama K. Histone methyltransferase SETDB1 negatively regulates PTH/PTHrP receptor in chondrocytes. The 68th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2020.11.07 virtual congress

  2. Kano S, Higashihori N, Ogura K, Kadota-Watanabe C, Matsumoto T, Takahara N, Yoda T, Moriyama K. Skeletal mandibular retrognathic cases in which occlusion and respiratory function during sleep were improved after surgical-orthodontic treatment . The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  3. Higashihori N, Yahiro K, Phyo Thiha, Kano S, Moriyama K. Histone Methyltransferase SETDB1 is Crucial for Craniofacial Development. 97th General Session & Exhibition of International Association for Dental Research 2019.06.19 Vancouver, Canada

  4. 狩野桜子、東堀紀尚、ピョティハ、武智正樹、井関祥子、森山啓司. 口蓋の発生過程におけるヒストンメチル化酵素SETDB1の役割. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web開催

  5. 狩野桜子、東堀紀尚、小倉健司、門田千穂、松本力、高原楠旻、依田哲也、森山啓司. 骨格性下顎後退症患者に対し上顎骨およびオトガイ部への顎矯正手術を併用し外科的矯正治療を施行した2症例. 第30回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2020.06.24 Webinar開催

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 優秀演題賞(狩野桜子、東堀紀尚、ピョティハ、武智正樹、井関祥子、森山啓司),日本矯正歯科学会,2021年11月