基本情報

写真a

長島 道生(ナガシマ ミチオ)

NAGASHIMA Michio


職名

講師

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 生体集中管理学 講師
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 生体集中管理学 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本集中治療医学会

  • 日本麻酔科学会

  • 日本プライマリ・ケア連合学会

  • 日本救急医学会

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 麻酔科専門医

  • 麻酔科指導医

  • 集中治療専門医

  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 集中治療室退室後の予後改善のための不動化による筋萎縮のメカニズムと治療薬の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yoshiko Ishisaka, Nobuyuki Nosaka, Yuka Mishima, Takahiro Masuda, Michio Nagashima, Yosuke Tanaka, Kouhei Yamamoto, Masayuki Yoshida, Hidenobu Shigemitsu. COVID-19 case of ventilator-induced lung injury on extracorporeal membrane oxygenation: Physicians' clinical struggle and ethical conflict in a novel pandemic. Clin Case Rep. 2021.12; 9 (12): e05223. ( PubMed, DOI )

  2. Takahiro Masuda, Nobuyuki Nosaka, Michio Nagashima. Intubation Practices and Adverse Peri-intubation Events in Critically Ill Patients Journal of the American Medical Association. 2021.08; 326 (6): 568-569. ( PubMed, DOI )

  3. Takahiro Masuda, Nobuyuki Nosaka, Ryo Uchimido, Michio Nagashima . Use of stylet and airway management procedure in critically ill patients Intensive care medicine. 2021.07; ( PubMed, DOI )

  4. Kotaro Noda, Nobuyuki Nosaka, Youshun Sai, Eiki Nagaoka, Michio Nagashima, Hirokuni Arai, Hidenobu Shigemitsu. A laceration of a wired silastic tracheostomy tube: A case report and review of the literature. Clin Case Rep. 2021.03; 9 (3): 1500-1503. ( PubMed, DOI )

  5. Stefan J Schaller, Michio Nagashima, Martin Schönfelder, Tomoki Sasakawa, Fabian Schulz, Mohammed A S Khan, William R Kem, Gerhard Schneider, Jürgen Schlegel, Heidrun Lewald, Manfred Blobner, J A Jeevendra Martyn. GTS-21 attenuates loss of body mass, muscle mass, and function in rats having systemic inflammation with and without disuse atrophy. Pflügers Archiv : European journal of physiology.. 2018.11; 470 (11): 1647-1657. ( PubMed, DOI )

  6. Chieko Mitaka, Tetsu Ohnuma, Takanori Murayama, Fumio Kunimoto, Michio Nagashima, Tetsuhiro Takei, Naoya Iguchi, Makoto Tomita, . Effects of low-dose atrial natriuretic peptide infusion on cardiac surgery-associated acute kidney injury: A multicenter randomized controlled trial. J Crit Care. 2017.04; 38 253-258. ( PubMed, DOI )

  7. Emiko Chiba, Kohei Hamamoto, Michio Nagashima, Katsuhiko Matsuura, Tomohisa Okochi, Keisuke Tanno, Osamu Tanaka. Efficacy of Ultrasound-Guided Axillary Brachial Plexus Block for Analgesia During Percutaneous Transluminal Angioplasty for Dialysis Access. Cardiovasc Intervent Radiol. 2016.10; 39 (10): 1407-1412. ( PubMed, DOI )

  8. M Nagashima, T Sasakawa, S J Schaller, J A J Martyn. Block of postjunctional muscle-type acetylcholine receptors in vivo causes train-of-four fade in mice. Br J Anaesth. 2015.07; 115 (1): 122-127. ( PubMed, DOI )

  9. Takayuki Kunisawa, Kazuhiro Fujimoto, Atsushi Kurosawa, Michio Nagashima, Koji Matsui, Dai Hayashi, Kunihiko Yamamoto, Yuya Goto, Hiroaki Akutsu, Hiroshi Iwasaki. The dexmedetomidine concentration required after remifentanil anesthesia is three-fold higher than that after fentanyl anesthesia or that for general sedation in the ICU. Ther Clin Risk Manag. 2014.10; 10 797-806. ( PubMed, DOI )

  10. Mohammed A S Khan, Nita Sahani, Kevin A Neville, Michio Nagashima, Sangseok Lee, Tomoki Sasakawa, Masao Kaneki, J A Jeevendra Martyn. Nonsurgically induced disuse muscle atrophy and neuromuscular dysfunction upregulates alpha7 acetylcholine receptors. Can. J. Physiol. Pharmacol.. 2014.01; 92 (1): 1-8. ( PubMed, DOI )

  11. Sachiko Hosokawa, Hiroaki Koseki, Michio Nagashima, Yoshihiro Maeyama, Kentaro Yomogida, Chelsea Mehr, Madeleine Rutledge, Hannah Greenfeld, Masao Kaneki, Ronald G Tompkins, J A Jeevendra Martyn, Shingo E Yasuhara. Title efficacy of phosphodiesterase 5 inhibitor on distant burn-induced muscle autophagy, microcirculation, and survival rate. Am. J. Physiol. Endocrinol. Metab.. 2013.05; 304 (9): E922-E933. ( PubMed, DOI )

  12. Shimei Zhu, Michio Nagashima, Mohammed A S Khan, Shingo Yasuhara, Masao Kaneki, J A Jeevendra Martyn. Lack of caspase-3 attenuates immobilization-induced muscle atrophy and loss of tension generation along with mitigation of apoptosis and inflammation. Muscle Nerve. 2013.05; 47 (5): 711-721. ( PubMed, DOI )

  13. Michio Nagashima, Shingo Yasuhara, J A Jeevendra Martyn. Train-of-four and tetanic fade are not always a prejunctional phenomenon as evaluated by toxins having highly specific pre- and postjunctional actions. Anesth. Analg.. 2013.05; 116 (5): 994-1000. ( PubMed, DOI )

  14. Takayuki Kunisawa, Megumi Ueno, Atsushi Kurosawa, Michio Nagashima, Dai Hayashi, Tomoki Sasakawa, Akihiro Suzuki, Osamu Takahata, Hiroshi Iwasaki. Dexmedetomidine can stabilize hemodynamics and spare anesthetics before cardiopulmonary bypass. J Anesth. 2011.12; 25 (6): 818-822. ( PubMed, DOI )

  15. Takayuki Kunisawa, Michio Nagashima, Akihiro Suzuki, Osamu Takahata, Hiroshi Iwasaki. Accidental injection of remifentanil can cause a much more dangerous situation than the same dose of fentanyl. J Anesth. 2010.12; 24 (6): 970-971. ( PubMed, DOI )

  16. Takayuki Kunisawa, Michio Nagashima, Satoshi Hanada, Akihiro Suzuki, Osamu Takahata, Hiroshi Iwasaki. Awake intubation under sedation using target-controlled infusion of dexmedetomidine: five case reports. J Anesth. 2010.10; 24 (5): 789-792. ( PubMed, DOI )

  17. Takayuki Kunisawa, Michio Nagashima, Akihiro Suzuki, Osamu Takahata, Hiroshi Iwasaki. The range of values of "variable alpha" when predicting plasma concentrations and/or effect site concentrations of remifentanil is huge. J Anesth. 2010.08; 24 (4): 656-657. ( PubMed, DOI )

  18. 久保 俊裕, 鍔田 拓那, 野田 浩太郎, 内御堂 亮, 三島 有華, 山内 英雄, 長島 道生, 重光 秀信. トシリズマブと治療域の抗凝固療法で治療した重症新型コロナウイルス感染症の一症例 日本集中治療医学会雑誌 . 2020.11; 27 (6): 499-500. ( DOI )

  19. 鵜川 豊世武, 長島 道生, 山内英雄, 重光秀信. 遠隔診療 ~十勝南部・日高東部と帯広, 東京を結ぶ救急集中治療Tele-ICU構想~ 臨床麻酔. 2019.05; 43 (5): 661-662.

  20. Author:畠山 淳司, 武居 哲洋, 和智 万由子, 山田 広之, 長島 道生, 藤澤 美智子, 奈良 岳志, 伊藤 敏孝. Extracorporeal membrane oxygenation中の持続菌血症の1症例 ECMOカニューレは交換すべきか? 日本集中治療医学会雑誌 . 2017.03; 24 (2): 147-148. ( 医中誌 )

  21. 長島 道生, 藤田 智. 【重症敗血症ケア実践ガイド】 重症敗血症のケアに必要な知識 重症敗血症の全身管理と補助療法 早期発見、早期治療が大事 重症患者ケア . 2015.12; 4 (4): 726-732. ( 医中誌 )

  22. 長島 道生, 武居 哲洋. 【ICUルーチン】 (第3章)ICUの環境整備・スタッフ関連 バーンアウト予防 医療崩壊にもつながるバーンアウトは,組織として予防に取り組むべし 2014.04; 6 (2): 299-306. ( 医中誌 )

  23. 長島 道生, 岩崎 寛. 【手術室看護師なら知っておきたい!新しい筋弛緩薬とリバース】 新しい筋弛緩薬(エスラックス)の特徴と外回り看護師の注意点 オペナーシング (0913-5014)27巻6号 Page648-650(2012.06). 2012.06; 27 (6): 648-650. ( 医中誌 )

  24. 林 大, 国沢 卓之, 黒澤 温, 長島 道生, 高畑 治, 岩崎 寛. デクスメデトミジンの初期負荷投与が小児心臓手術患者の血行動態に及ぼす影響 麻酔. 2010.03; 59 (3): 362-365.

  25. 上野 恵, 国沢 卓之, 長島 道生, 鈴木 昭広, 高畑 治, 岩崎 寛. 麻酔導入後の経食道心エコーが術前診断の再評価に有用であった1症例 麻酔. 2010.01; 59 (1): 101-103.

  26. 神田 浩嗣, 国沢 卓之, 黒澤 温, 長島 道生, 鈴木 昭広, 高畑 治, 岩崎 寛. 心大血管手術におけるデクスメデトミジンの麻酔薬節約効果の検討 麻酔 (0021-4892)58巻12号 Page1496-1500(2009.12). 2009.12; 58 (12): 1496-1500. ( 医中誌 )

  27. 山岸 昭夫, 国沢 卓之, 長島 道生, 高畑 治, 岩崎 寛. 連続的心拍出量モニターPulseCOTMの有用性 経食道心エコー(TEE)による校正 麻酔. 2009.04; 58 (4): 422-425.

  28. 遠山 裕樹, 国沢 卓之, 長島 道生, 岡田 華子, 鈴木 昭広, 高畑 治, 岩崎 寛. 経食道心エコー検査により左上大静脈遺残症の確定診断を行いえた小児麻酔症例 麻酔 . 2008.10; 57 (10): 1280-1282.

  29. 山岸 昭夫, 国沢 卓之, 勝見 紀文, 長島 道生, 高畑 治, 岩崎 寛. 急速心室ペーシング法を用いたステントグラフト内挿術の麻酔管理 麻酔. 2008.08; 57 (8): 983-986.

  30. 長島 道生, 国沢 卓之, 高畑 治, 岩崎 寛. デクスメデトミジンを用いた意識下挿管の経験 麻酔 (0021-4892)57巻6号 Page731-734(2008.06). 2008.06; 57 (6): 731-734.

  31. 長島 道生, 国沢 卓之, 黒澤 温, 高橋 一泰, 原田 英之, 高畑 治, 岩崎 寛. 冠動脈バイパス術中に発生した重症輸血関連急性肺傷害の1症例 麻酔. 2008.04; 57 (4): 483-487.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 長島道生、重光 秀信 (編集), 小林 敦子 (編集), 氏家 良人 (監修). 救急・集中治療領域における感染症診療. 克誠堂出版, 2019.06 第II章A重症感染症5カテーテル由来血流感染症 (ISBN : 978-4771905214)

  2. 長島道生、編集鈴木昭広. こんなに役立つ肺エコー. Medical View, 2015.04 アドバンス編 11章横隔膜機能の評価 (ISBN : 978-4758303873)

  3. 長島道生 編集鈴木昭広. 麻酔の前に知っておきたい 手術手順と麻酔のコツ. 羊土社, 2013.05 麻薬使用中の癌患者の麻酔,経尿道的前立腺切除術,経尿道的膀脱腫瘍切除術, 尿管ステント, 尿管結石の手術 :内視鏡的尿管砕石術, 前立腺生検, 腎痩造設術 (ISBN : 978-4758111072)

  4. 長島道生   編集国沢卓之. 初心者から研修医のための経食道心エコーⅡ. 真興交易医書出版部, 2012.08 第5章 TEEによる診断1,4-7, 第6章難解な項目1 (ISBN : 978-4-88003-866-7)

  5. 長島道生 編集岩崎 寛 野口 隆之 福田 和彦. ここがポイント麻酔手技上達のコツ. 南江堂, 2006.10 経食道心エコー (ISBN : 978-4524242351)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 山内 英雄, 長島 道生, 丸山 史, 三島 有華, 落合 香苗, 山下 直美, 溝江 亜紀子, 大友 康裕 , 高橋 英夫, 重光 秀信. RAS(Risk Assessment System)で拾うことができなかった急変死亡症例の検討. 第47回日本集中治療医学会学術集会 2020.03.06 名古屋

  2. Asaka Kayo, Ohnuma Tetsu, Iwamoto Norio, Shiotsuka Junj,, Nagashima Michio, Sasabuchi Yusuke, Komuro Tetsuya, Fukatsu Takeshi, Sanui Masamitsu. CONTINUOUS RENAL REPLACEMENT THERAPY IS A PREDICTOR OF IN-HOSPITAL MORTALITY AFTER DISCONTINUING VENO-ARTERIAL EXTRACORPOREAL MEMBRANE OXYGENATION. 42nd Critical Care Congress 2013.01.19 San Juan, Puerto Rico

  3. Michio Nagashima,, Jonathan Andreas, Jeevendra J.A. Martyn. Waglerin-1 and α-Bungarotoxin, Both Drugs with Pure Post-Junctional Effect Only, Induce Fade. 2010 Annual Meeting of the American Society Anesthesiologists. 2010.10.16 San Diego, CA

  4. M. Nagashima, M. A. S. Khan, J. Andreas, C. Mehr, S. Yasuhara, J. Martyn. Skeletal muscle atrophy is associated with the autophagy-lysosomal pathway and impairs neuromuscular function in immobilized hindlimb of mice. Best of Meeting Judging Session, IARS Annual Meeting 2010.03.20 Honolulu, Hawaii

  5. Michio Nagashima, Mohammed Khan, Chelsea Mehr, Jeevendra Martyn, Shingo Yasuhara. Hindlimb Immobilization Impairs Neuromuscular Function and Induces Autophagy. 2009 annual meeting American Society of Anesthesiologists 2009.10.18

  6. Michio Nagashima, Shingo Yasuhara, Christiane G. Frick, Jeevendra Martyn. Alpha-bungarotoxin but not botulinum toxin causes fade during repetitive stimulation. ASA Annual Meeting 2008.10.21 Orlando, Florida

  7. 三島有華、野坂宜之、朝田瑞穂、長島道生、川田大介、山内慎一、山田哲也、若林健二. 集中治療医も知っておくべき免疫チェックポイント阻害薬による免疫関連有害事象:後方視的観察研究. 第49回日本集中治療医学会学術集会 2022.03.20

  8. 大竹正紘、野坂宜之、内御堂亮、三島有華、塩田修玄、長島道生. ICU多職種回診のオンライン遠隔化は患者転帰に影響しない. 第49回日本集中治療医学会学術集会 2022.03.20

  9. 野坂宜之、内御堂亮、安齋達彦、三島有華、長島道生. 我が国の集中治療室に入室する小児において痩せはICU滞在長期化の独立危険因子である. 第49回日本集中治療医学会学術集会 2022.03.19

  10. 白坂太郎、内御堂亮、長島道生、廣瀬健、若林健二. Rapid Response Team 起動の遅れと患者予後の関係性の検討. 第49回日本集中治療医学会学術集会 2022.03.19

  11. 井垣花咲里、三島有華、野坂宜之、朝田瑞穂、田頭保彰、安齋達彦、長島道生、若林健二. 抗菌薬のde-escalationがICU患者に及ぼす影響:後方視的観察研究. 第49回日本集中治療医学会学術集会 2022.03.19

  12. 三島 有華,山内 英雄,長島 道生,山下 直美,溝江 亜紀子,羽田野 義郎,貫井 陽子,大友 康裕,宮崎 泰成,重光 秀信. COVID-19疑い患者と非COVID-19の両立―隔離とゾーニングの工夫―. 日本集中治療医学会学術集会 2021.02.13

  13. 廣瀬 健,長島 道生,山内 英雄,丸山 史,三島 有華,内御堂 亮,野坂 宣之,山下 直美,大友 康裕,重光 秀信. 東京医科歯科大学病院における回診型Rapid Response Teamの試み. 日本集中治療医学会学術集会 2021.02.12

  14. 山内 英雄,三島 有華,野坂 宜之,内御堂 亮,溝江 亜紀子,山下 直美,長島 道生,高橋 英夫,大友 康裕,重光 秀信. Risk Assessment System(RAS)の効果と課題. 日本集中治療医学会学術集会 2021.02.12

  15. 野坂 宜之,内御堂 亮,長島 道生,重光 秀信. With Corona時代の多職種ICU回診:方法の改善と課題. 日本集中治療医学会学術集会 2021.02.12

  16. 内御堂 亮,長谷川 嵩矩,三島 有華,塩田 修玄,丸山 史,長島 道生,山内 英雄,鵜川 豊世武,宮野 悟,重光 秀信. 機械学習を用いた重症新型コロナウィルス肺炎における死亡予測モデル作成の試み. 日本集中治療医学会学術集会 2021.02.12

  17. 内御堂 亮,廣瀬 健, 長島 道生,三島 有香,塩田 修玄,山内 英雄,野坂 宣之,日下 琢雅,高橋 英夫,重光 秀信. デジタルデータベースは臨床研究を活性化させる -Rapid Response System データベース構築の取り組み-. 日本集中治療医学会学術集会 2021.02.12

  18. 塩田 修玄,三島 有華,内御堂 亮,増田 孝広,野坂 宣之,丸山 史,長島 道生,山内 英雄,鵜川 豊世武 ,重光 秀信. 当院ICU長期滞在患者の特徴と予後に関する検討. 日本集中治療医学会学術集会 2021.02.12

  19. 久保俊裕、野坂宜之、鍔田拓那、野田浩太郎、三島有華、塩田修玄、増田孝広、長島道生、山内英雄、重光秀信. COVID-19における至適PEEP管理の有用性. 第48回日本集中治療医学会学術集会 2021.02

  20. 日下 琢雅, 野田 浩太郎, 久保 俊裕, 三島 有華, 内御堂 亮, 塩田 修玄, 増田 孝広, 野坂 宜之, 長島 道生, 山内 英雄, 重光 秀信. COVID-19におけるPAI-1上昇を考察する. 日本救急医学会 2020.11.18

  21. 落合 香苗, 相星 淳一, 本藤 憲一, 漆畑 直, 長島 道生, 重光 秀信, 羽田野 義郎, 貫井 陽子, 山下 直美, 溝江 亜紀子, 大友 康裕. COVID-19感染拡大に伴うICU preparednessとその後の長期計画を考える. 日本救急医学会 2020.11.18

  22. 山内 英雄, 三島 有華, 長島 道生, 山下 直美, 関谷 宏祐, 遠藤 彰, 相星 淳一, 溝江 亜紀子, 大友 康裕, 重光 秀信. 東京医科歯科大学医学部付属病院集中治療室におけるCOVID-19患者受け入れに際してのゾーニング. 日本救急医学会 2020.11.18

  23. 丸山 史, 三島 有華, 仲村 太一, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 長島 道生, 山内 英雄, 高橋 英夫, 重光 秀信. 異なる臨床経過をたどった抗NMDA受容体抗体脳炎の2症例. 第47回日本集中治療医学会学術集会 2020.03.06 名古屋

  24. 三島 有華 , 朝田 瑞穂, 羽田野 義郎, 長島 道生, 相曽 啓史, 渋谷 有香, 那波 伸敏, 藤原 武男, 貫井 陽子, 重光 秀信. ICUにおける多職種回診を基盤としたAntimicrobial stewardship programが患者転帰に及ぼす影響. 第47回日本集中治療医学会学術集会 2020.03.06 名古屋

  25. 仲村 太一,若林 健二, 三島 有華, 塩田 修玄, 日下 琢雅, 丸山 史, 長島 道生, 山内 英雄, 鵜川 豊世武, 重光 秀信 . 心臓カテーテル検査後に多発脳梗塞を合併した造影剤脳症の一例. 第47回日本集中治療医学会学術集会 2020.03.06 名古屋

  26. 長島 道生,犬飼 慎, 仲村 太一, 丸山 史, 三島 有華, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 高橋 英夫 , 重光 秀信. 中心静脈カテーテル先端が血管内にあることの確認にマイクロバブル試験が有効であった1症例. 第47回日本集中治療医学会学術集会 2020.03.06 名古屋

  27. 高橋 英夫, 長島 道生, 落合 香苗, 高橋 洋子, 我満 幸子, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 大友 康裕, 重光 秀信. RRSに期待される医療安全との連携-次世代に向けた新しい流れ- Rapid Response System(RRS)で対応した患者のCode Statusに関する報告. 第46回日本集中治療医学会学術集会 2019.03.02 京都

  28. 竹内 智紀, 佐藤 幸世, 柳平 貢, 北川 翔大, 犬飼 慎, 塩田 修玄, 若林 健二, 長島 道生, 高橋 英夫, 重光 秀信. 重症筋無力症クリーゼの治療中に再挿管となった一例. 第46回日本集中治療医学会学術集会 2019.03.02 京都

  29. 平澤 憲祐, 若林 健二, 篠岡 太郎, 水野 友裕, 長島 道生, 丸山 史, 塩田 修玄, 高橋 英夫, 荒井 裕国, 重光 秀信. 植込み型補助人工心臓術後にアミオダロン誘発性甲状腺中毒症により甲状腺クリーゼをきたした一例. 第46回日本集中治療医学会学術集会 2019.03.01

  30. 長島 道生, 高橋 英夫, 落合 香苗, 高橋 洋子, 我満 幸子, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 大友 康裕, 重光 秀信. ICUとERスタッフがコラボレートしたCritical Care Outreach Team(CCOT)による全病棟回診の試み. 第45回日本集中治療医学会学術集会 2018.02.22 幕張

  31. 稲垣 泰好, 林 健太郎, 山本 兼二, 中嶋 駿介, 高氏 修平, 長島 道生, 小林 厚志, 岡田 基, 小北 直宏, 藤田 智. マイコプラズマ肺炎によるARDSに対してVV-ECMOを用いて救命に成功した1症例. 第44回 日本集中治療医学会学術集会 2017.03.10 札幌

  32. 岡田 基, 川口 哲, 中嶋 駿介, 林 健太郎, 高氏 修平, 稲垣 泰好, 長島 道生, 小林 厚志, 小北 直宏, 藤田 智. 敗血症時のレートコントロールに対する貼付剤β遮断薬の有用性と安全性. 第44回 日本集中治療医学会学術集会 2017.03.10 札幌

▼全件表示