基本情報

写真a

岩永 史朗(イワナガ シロウ)

IWANAGA Shirou


職名

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  農学部  農芸化学科  1994年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  農学研究科  修士課程  1996年03月  修了

  • 九州大学  農学研究科  博士課程  1999年02月  単位取得満期退学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際環境寄生虫病学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際環境寄生虫病学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1999年03月
    -
    2007年03月
    神戸大学 農学部 助教
  • 2007年04月
    -
    2008年03月
    鳥取大学 医学部 講師
  • 2008年04月
    -
    2017年03月
    三重大学 医学部 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本衛生動物学会

  • 日本寄生虫学会

  • 日本熱帯医学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    現在
    日本寄生虫学会 評議委員
  • 2017年04月
    -
    現在
    日本寄生虫学会 理事

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 寄生虫学(含衛生動物学)

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 西アフリカ地域の研究拠点を活用した感染症研究・対策ネットワークの構築,2017年04月 - 2021年03月

  • ACTパートナー薬剤耐性対策を目的とするマラリア原虫メフロキン耐性遺伝子の同定,2017年04月 - 2020年03月

  • 人工染色体技術を利用した熱帯熱マラリア原虫薬剤耐性機構の解明,2015年04月 - 2018年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • マラリア原虫をモデル生物とした人工真核細胞の作製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2020年

  • ACTパートナー薬剤耐性対策を目的とするマラリア原虫由来メフロキン耐性遺伝子同定

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 吸血性マダニをモデルとする多細胞生物遺伝子水平伝播に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • タイ国境地域患者由来アルテミシニン耐性熱帯熱マラリア原虫の株化と耐性遺伝子の同定

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Prah Isaac, Ayibieke Alafate, 井口 純, Mahazu Samiratu, 佐藤 和佳菜, 鈴木 敏彦, 山岡 昇司, 岩永 史朗, Ablordey Anthony, 齋藤 良一. Virulence Profile of Diarrheagenic E. coli from the Western region of Ghana(和訳中) 日本細菌学雑誌. 2020.01; 75 (1): 118. ( 医中誌 )

  • Amoa-Bosompem M, Kobayashi D, Murota K, Faizah AN, Itokawa K, Fujita R, Osei JHN, Agbosu E, Pratt D, Kimura S, Kwofie KD, Ohashi M, Bonney JHK, Dadzie S, Sasaki T, Ohta N, Isawa H, Sawabe K, Iwanaga S. Entomological Assessment of the Status and Risk of Mosquito-borne Arboviral Transmission in Ghana. Viruses. 2020.01; 12 (2): ( PubMed, DOI )

  • Bando H, Pradipta A, Iwanaga S, Okamoto T, Okuzaki D, Tanaka S, Vega-Rodríguez J, Lee Y, Ma JS, Sakaguchi N, Soga A, Fukumoto S, Sasai M, Matsuura Y, Yuda M, Jacobs-Lorena M, Yamamoto M. CXCR4 regulates <i>Plasmodium</i> development in mouse and human hepatocytes. The Journal of experimental medicine. 2019.08; 216 (8): 1733-1748. ( PubMed, DOI )

  • Yuda M, Kaneko I, Iwanaga S, Murata Y, Kato T. Female-specific gene regulation in malaria parasites by an AP2-family transcription factor. Molecular microbiology. 2019.06; ( PubMed, DOI )

  • Yamamoto K, Takahashi K, Ato M, Iwanaga S, Ohta N. Antimalarial activity of vitamin D3 (VD3) does not result from VD3-induced antimicrobial agents including nitric oxide or cathelicidin. Experimental parasitology. 2019.06; 201 67-77. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Shiroh Iwanaga. The J-GRID project between NMIMR and TMDU. The 3rd International Joint Symposium Promotion of Infectious Disease Research Cooperation between Africa and Japan toward Science, Technology and Innovation 2018.11 Accura, Ghana

  • Shiroh Iwanaga. Transcriptional Regulation of Plasmodium parasites: Functional Analysis of AP2 Transcription Factors.. 第91回 日本生化学会 2018.09

  • Shiroh Iwanaga, Masao Yuda. Transcriptional regulation mechanism of Plasmodium parasites.. ICOPA 2018 2018.08

  • 岩永 史朗. マダニの進化:遺伝子水平伝搬の関与. 第70回日本衛生動物学会 2018.05.12 北海道帯広市

  • Shiroh Iwanaga. Transcriptional Regulation of Plasmodium parasites: Functional Analysis of AP2 Transcription Factors. Noguchi Hideyo Memorial Museum Symposium on Infectious Disease and Immunity 2018.05 Noguchi Hideyo Memorial Museum Lecture Hall, Inawashiro, Fukushima, Japan

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医動物学,2017年 - 現在

  • 医動物学実習,2017年 - 現在

  • 病原体検査学(I),2017年 - 現在

  • 病原体検査学(I)実習,2017年 - 現在

  • 疾患予防パブリックヘルス概論,2107年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 医動物学,三重大学

  • 熱帯病学特論,東京大学