基本情報

写真a

磯野 正晶(イソノ マサアキ)

ISONO Masaaki


職名

大学院生

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 医員
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学分野 大学院生
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 大学院生
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • J-S An, K Tsuji, H Onuma, N Araya, M Isono, T Hoshino, K Inomata, J Hino, M Miyazato, H Hosoda, K Kangawa, Y Nakagawa, H Katagiri, K Miyatake, I Sekiya, T Muneta, H Koga. Inhibition of fibrotic changes in infrapatellar fat pad alleviates persistent pain and articular cartilage degeneration in monoiodoacetic acid-induced rat arthritis model. Osteoarthritis Cartilage. 2021.03; 29 (3): 380-388. ( PubMed, DOI )

  • 磯野 正晶, 平野 裕司, 平原 慎也, 長谷川 純也. 関節リウマチに対するイグラチモド長期投与例の検討 中部リウマチ . 2017.03; 46 (2): 24-26.

  • 磯野 正晶(豊橋市民病院 リウマチ科), 平野 裕司, 平原 慎也, 大石 幸由. 関節リウマチにおける生物学的製剤の長期継続率および治療効果への糖尿病の影響 臨床リウマチ . 2017.03; 29 (1): 22-28.

  • 長谷川 純也(豊橋市民病院 リウマチ科), 平野 裕司, 磯野 正晶. 有害事象により他の生物学的製剤からアバタセプトに変更した関節リウマチの治療成績 中部リウマチ . 2017.03; 46 (2): 27-29.

  • 磯野 正晶, 三矢 聡, 藤田 護, 岡田 貴士, 宮入 祐一, 三矢 未来, 山内 健一. 小児上腕骨内側上顆骨折に滑車骨折を合併した1例 骨折 . 2017.02; 39 (1): 37-39.

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 磯野 正晶. 培養過程における滑膜由来間葉系幹細胞の維持にヒアルロン酸シグナルが重要である. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.15

  • Masaaki Isono, Kunikazu Tsuji, Yusuke Nakagawa, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Ichiro Sekiya, Atsushi Okawa, Hideyuki Koga. Hyaluronic acid/CD44 signal axis plays important roles during the formation and in the maintenance of mesenchymal stem cell (MSC) antigen-positive cells in vitro. ORS 2021 Virtual 2021.02.12

  • 磯野正晶, 辻 邦和, 中川 裕介, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之 . 培養過程における滑膜由来間葉系幹細胞の形成と維持にヒアルロン酸シグナルが 必要である. 第35回 日本整形外科学会基礎学術集会 (web開催) 2020.10.15

  • 磯野正晶, 片桐 洋樹, 小田邉 浩二, 中川 裕介, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 星野 傑, 河野 佑二, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. 半月板縫合術の半月板縫合術単独例と前十字靱帯再建術併用例の癒合率の比較. 第93回 日本整形外科学会学術集会(web) 2020.06.11

  • 磯野正晶, 片桐 洋樹, 小田邉 浩二, 中川 裕介, 大川 淳, 古賀 英之. 半月板縫合後のMRI所見と関節鏡所見の比較検討. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05

全件表示 >>