基本情報

写真a

玄 泰行(ゲン ヤスユキ)

GEN Yasuyuki


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都府立医科大学  医学部  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都府立医科大学  医学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 分子細胞遺伝 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2016年10月
    京都府立医科大学 消化器内科 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本人類遺伝学会

  • 日本肝臓学会

  • 日本がん分子標的治療学会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 日本消化器病学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍治療学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本消化器内視鏡学会 指導医・専門医

  • 日本消化器病学会 消化器病専門医

  • 日本内科学会 総合内科専門医

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • BETファミリー遺伝子BRD4を標的とする癌抑制型マイクロRNA抗癌核酸薬の創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • がん細胞文脈のシステム的統合理解による新たながん診断・治療概念の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2019年

  • 食道扁平上皮癌の増幅遺伝子SOX2のmiRNA発現制御を介した発癌促進機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 新規癌抑制型miRNAによるMYC標的核酸抗癌薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Liu C, Gen Y, Tanimoto K, Muramatsu T, Inoue J, Inazawa J. Concurrent targeting of MAP3K3 and BRD4 by <i>miR-3140-3p</i> overcomes acquired resistance to BET inhibitors in neuroblastoma cells. Molecular therapy. Nucleic acids. 2021.09; 25 83-92. ( PubMed, DOI )

  • Gen Y, Muramatsu T, Inoue J, Inazawa J. miR-766-5p targets super-enhancers by downregulating CBP and BRD4. Cancer research. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  • Terasaki K, Gen Y, Iwai N, Soda T, Kitaichi T, Dohi O, Taketani H, Seko Y, Umemura A, Nishikawa T, Yamaguchi K, Moriguchi M, Konishi H, Naito Y, Itoh Y, Yasui K. SOX2 enhances cell survival and induces resistance to apoptosis under serum starvation conditions through the AKT/GSK-3β signaling pathway in esophageal squamous cell carcinoma. Oncology letters. 2021.04; 21 (4): 269. ( PubMed, DOI )

  • Takagawa Yuki, Gen Yasuyuki, Muramatsu Tomoki, Tanimoto Kousuke, Inoue Jun, Harada Hiroyuki, Inazawa Johji. miR-1293, a Candidate for miRNA-Based Cancer Therapeutics, Simultaneously Targets BRD4 and the DNA Repair Pathway MOLECULAR THERAPY. 2020.06; 28 (6): 1494-1505. ( PubMed, DOI )

  • Takahashi Kenta, Gen Yasuyuki, Tanimoto Kousuke, Kudo Atsushi, Oshima Noriko, Ban Daisuke, Takemoto Akira, Onishi Iichiro, Kumaki Yuichi, Yokobori Junko, Takamine Eriko, Kano Yoshihito, Miyake Satoshi, Miyasaka Naoyuki, Tanabe Minoru, Inazawa Johji, Ikeda Sadakatsu. Clinical impact of hemizygous deletion detection and panel-size in comprehensive genomic profiling. JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY. 2020.05; 38 (15):

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 玄泰行、村松智輝、井上純、稲澤譲治. スーパーエンハンサーを標的としたmiRNA核酸抗癌薬の開発. 第24回日本がん分子標的治療学会学術集会 2021.05.27 東京

  • 玄泰行, 稲澤譲治. MYC経路を標的とする新規腫瘍抑制型miRNAの同定. 2020.10.06

  • Oligonucleotide therapeutics using a novel tumor-suppressive microRNA targeting MYC pathway. 2020.10.01

  • Yasuyuki Gen, Tomoki Muramatsu, Jun Inoue, Johji Inazawa. Oligonucleotide therapeutics using a novel tumorsuppressive microRNA targeting MYC pathway. 2019.09.28

  • 玄泰行、村松智輝、井上純、稲澤譲治. 核酸抗癌薬を目指した新規腫瘍抑制型miRNAの探索. 第23回日本がん分子標的治療学会学術集会 2019.06.13 大阪

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀演題賞,日本がん分子標的治療学会,2021年05月

  • 優秀ポスター賞,日本がん分子標的治療学会,2019年06月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「スーパーエンハンサーを標的とするmiRNAを用いた核酸抗癌薬の可能性」,2021年08月

    Cancer Research

  • 2021年08月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「神経芽腫におけるマイクロRNAを用いた新規治療戦略の可能性」 ,2021年06月

    Molecular Therapy-Nucleic Acids

  • 「難治性がんに腫瘍抑制効果を示すマイクロRNAを同定」 ―マイクロRNAを用いた抗がん核酸薬による新規がん治療戦略への期待―,2020年04月

    Molecular Therapy

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 保健衛生学科 遺伝学