基本情報

写真a

栗本 遼太(クリモト リョウタ)

KURIMOTO RYOTA


職名

講師

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学  医学部  医学科  2009年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学  医学研究科  先端化学療法学  博士課程  2016年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  千葉大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年06月
    -
    2016年07月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 非常勤講師
  • 2016年08月
    -
    2017年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 特任研究員
  • 2018年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 助教
  • 2018年04月
    -
    2018年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 助教
  • 2018年11月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 助教
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    千葉大学医学部付属病院 卒後臨床教育センター 臨床研修医
  • 2010年04月
    -
    2011年03月
    千葉市立青葉病院 臨床研修医
  • 2011年04月
    -
    2012年03月
    千葉市立青葉病院 内科 レジデント
  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    千葉大学医学部附属病院 臨床腫瘍部 医員(医病)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 米国癌研究国際会議(AACR)

  • 日本分子生物学会

  • 日本癌学会

  • 日本臨床腫瘍学会

  • 日本病理学会

  • 日本呼吸器内視鏡学会

  • 日本肺癌学会

  • 日本呼吸器学会

  • 日本内科学会

  • 日本RNA学会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医化学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 総合内科専門医

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 腱・靱帯をモデルとした細胞内・外メカノ・シグナルの解明,2016年06月 - 現在

  • ノンコーディングRNAの制御機構の解明,2016年06月 - 現在

  • 肺癌における薬剤耐性化機構の解明と上皮間葉転換,2012年04月 - 2016年05月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 肺癌における翻訳開始因子eIF2γの分子機構の解明と新規治療薬の開発応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 白血病における腫瘍抑制マイクロRNA let-7の新規制御機構の解明と治療応用

    文部科学省/日本学術振興会

  • ヒト組織バンクと創薬を結ぶ国際研究ステーション構築による炎症性疾患と再生医学研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 腫瘍抑制マイクロRNA let-7の新規制御因子の機序解明と新規治療標的の探索

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Ryo Nakamichi, Shang Ma, Takayuki Nonoyama, Tomoki Chiba, Ryota Kurimoto, Hiroki Ohzono, Merissa Olmer, Chisa Shukunami, Noriyuki Fuku, Guan Wang, Errol Morrison, Yannis P Pitsiladis, Toshifumi Ozaki, Darryl D'Lima, Martin Lotz, Ardem Patapoutian, Hiroshi Asahara. The mechanosensitive ion channel PIEZO1 is expressed in tendons and regulates physical performance. Sci Transl Med. 2022.06; 14 (647): eabj5557. ( PubMed, DOI )

  2. Hiroki Tsutsumi, Ryota Kurimoto, Ryo Nakamichi, Tomoki Chiba, Takahide Matsushima, Yuta Fujii, Risa Sanada, Tomomi Kato, Kana Shishido, Yuriko Sakamaki, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida, Hiroshi Asahara. Generation of a tendon-like tissue from human iPS cells. J Tissue Eng. 2022.01; 13 20417314221074018. ( PubMed, DOI )

  3. Yoshiaki Ito, Tokio Matsuzaki, Fumiaki Ayabe, Sho Mokuda, Ryota Kurimoto, Takahide Matsushima, Yusuke Tabata, Maiko Inotsume, Hiroki Tsutsumi, Lin Liu, Masahiro Shinohara, Yoko Tanaka, Ryo Nakamichi, Keiichiro Nishida, Martin K Lotz, Hiroshi Asahara. Both microRNA-455-5p and -3p repress hypoxia-inducible factor-2α expression and coordinately regulate cartilage homeostasis. Nat Commun. 2021.07; 12 (1): 4148. ( PubMed, DOI )

  4. Takayuki Miyazaki, Ryota Kurimoto, Tomoki Chiba, Takahide Matsushima, Ryo Nakamichi, Hiroki Tsutsumi, Kaho Takada, Lisa Yagasaki, Tomomi Kato, Kana Shishido, Yukiho Kobayashi, Tsutomu Matsumoto, Keiji Moriyama, Hiroshi Asahara. Mkx regulates the orthodontic tooth movement via osteoclast induction. J Bone Miner Metab. 2021.05; ( PubMed, DOI )

  5. Yutaro Uchida, Takahide Matsushima, Ryota Kurimoto, Tomoki Chiba, Yuki Inutani, Hiroshi Asahara. Identification of chemical compounds regulating PD-L1 by introducing HiBiT-tagged cells. FEBS Lett. 2021.03; 595 (5): 563-576. ( PubMed, DOI )

  6. Chiba T, Kurimoto R, Matsushima T, Ito Y, Nakamichi R, Lotz M, Asahara H. MicroRNA Expression Profiling, Target Identification, and Validation in Chondrocytes. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.). 2021; 2245 151-166. ( PubMed, DOI )

  7. Kurimoto R, Chiba T, Ito Y, Matsushima T, Yano Y, Miyata K, Yashiro Y, Suzuki T, Tomita K, Asahara H. The tRNA pseudouridine synthase TruB1 regulates the maturation of let-7 miRNA. The EMBO journal. 2020.09; e104708. ( PubMed, DOI )

  8. Nakamichi Ryo, Kurimoto Ryota, Tabata Yusuke, Asahara Hirosi. Transcriptional, epigenetic and microRNA regulation of growth plate BONE. 2020.08; 137 115434. ( PubMed, DOI )

  9. Kurimoto R, Sakurai K, Motoori K, Suda A. A case of COVID-19 with the atypical CT finding. Clinical case reports. 2020.07; ( PubMed, DOI )

  10. Kataoka Kensuke, Kurimoto Ryota, Tsutsumi Hiroki, Chiba Tomoki, Kato Tomomi, Shishido Kana, Kato Mariko, Ito Yoshiaki, Cho Yuichiro, Hoshi Osamu, Mimata Ayako, Sakamaki Yuriko, Nakamichi Ryo, Lotz Martin K., Naruse Keiji, Asahara Hiroshi. In vitroNeo-Genesis of Tendon/Ligament-Like Tissue by Combination of Mohawk and a Three-Dimensional Cyclic Mechanical Stretch Culture System FRONTIERS IN CELL AND DEVELOPMENTAL BIOLOGY. 2020.06; 8 307. ( PubMed, DOI )

  11. Yamamoto H, Uchida Y, Chiba T, Kurimoto R, Matsushima T, Inotsume M, Ishikawa C, Li H, Shiga T, Muratani M, Uchida T, Asahara H. Transcriptome analysis of sevoflurane exposure effects at the different brain regions. PloS one. 2020; 15 (12): e0236771. ( PubMed, DOI )

  12. Uchida Yutaro, Chiba Tomoki, Kurimoto Ryota, Asahara Hiroshi. Post-transcriptional regulation of inflammation by RNA-binding proteins via cis-elements of mRNAs JOURNAL OF BIOCHEMISTRY. 2019.11; 166 (5): 375-382. ( PubMed, DOI )

  13. Uchida Yutaro, Chiba Tomoki, Kurimoto Ryota, Asahara Hiroshi. RNA結合蛋白質によるmRNAのシスエレメントを介した炎症の転写後調節(Post-transcriptional regulation of inflammation by RNA-binding proteins via cis-elements of mRNAs) The Journal of Biochemistry. 2019.11; 166 (5): 375-382. ( 医中誌 )

  14. Kurimoto Ryota, Tsutsumi Hiroki, Uchida Yutaro, Asahara Hiroshi. New regulatory mechanism of tumor suppressor microRNA let-7s (comprehensive approach for tumor suppressors in vitro) ANNALS OF ONCOLOGY. 2019.10; 30 ( DOI )

  15. Mitsumura T, Ito Y, Chiba T, Matsushima T, Kurimoto R, Tanaka Y, Kato T, Uchida K, Ito T, Yamamoto K, Eishi Y, Kitagawa M, Miyazaki Y, Inase N, Asahara H. Ablation of miR-146b in mice causes hematopoietic malignancy. Blood advances. 2018.12; 2 (23): 3483-3491. ( PubMed, DOI )

  16. Kurimoto R, Ebata T, Iwasawa S, Ishiwata T, Tada Y, Tatsumi K, Takiguchi Y. Pirfenidone may revert the epithelial-to-mesenchymal transition in human lung adenocarcinoma. Oncology letters. 2017.07; 14 (1): 944-950. ( PubMed, DOI )

  17. Kurimoto R, Iwasawa S, Ebata T, Ishiwata T, Tada Y, Tatsumi K, Takiguchi Y. Pirfenidone in reversion of the epithelial-to-mesenchymal transition in human lung adenocarcinoma. Oncology Letters. 2017.05; 14 (1): 944-950.

  18. Emiko Sakaida, Takahiro Ebata, Shunichiro Iwasawa, Ryota Kurimoto, Sachiko Yonemori, Satoshi Ota, Yukio Nakatani, Ikuo Sekine, Yuichi Takiguchi. Potential Activity of Amrubicin as a Salvage Therapy for Merkel Cell Carcinoma. Internal Medicine. 2017.03; 56 (5): 567-570.

  19. Sakaida Emiko, Ebata Takahiro, Iwasawa Shunichiro, Kurimoto Ryota, Yonemori Sachiko, Ota Satoshi, Nakatani Yukio, Sekine Ikuo, Takiguchi Yuichi. メルケル細胞癌に対するサルベージ療法としてのアムルビシンの潜在的活性(Potential Activity of Amrubicin as a Salvage Therapy for Merkel Cell Carcinoma) Internal Medicine. 2017.03; 56 (5): 567-570. ( 医中誌 )

  20. Sakaida E, Ebata T, Iwasawa S, Kurimoto R, Yonemori S, Ota S, Nakatani Y, Sekine I, Takiguchi Y. Potential Activity of Amrubicin as a Salvage Therapy for Merkel Cell Carcinoma. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2017; 56 (5): 567-570. ( PubMed, DOI )

  21. Kurimoto Ryota, Ikeda Kei, Nakagomi Daiki, Nakajima Hiroshi. [18F]FDG-PET/CTで描出された好酸球性筋膜炎(Eosinophilic Fasciitis Illustrated by [18F] FDG-PET/CT) Internal Medicine. 2016.08; 55 (16): 2321-2322. ( 医中誌 )

  22. Kurimoto Ryota, Shono Katsuhiro, Onoda Masahiro, Yamamoto Kyohei, Yokota Akira. メトトレキサート治療に関連した関節リウマチ患者のMYC/BCL2ダブルヒットリンパ腫(MYC/BCL2 Double-hit Lymphoma in a Patient with Rheumatoid Arthritis Associated with Methotrexate Treatment) Internal Medicine. 2016.08; 55 (16): 2271-2275. ( 医中誌 )

  23. Ryota Kurimoto, Shunichiro Iwasawa, Takahiro Ebata, Tsukasa Ishiwata, Ikuo Sekine, Yuji Tada, Koichiro Tatsumi, Shuhei Koide, Atsushi Iwama, Yuichi Takiguchi. Drug resistance originating from a TGF-β/FGF-2-driven epithelial-to-mesenchymal transition and its reversion in human lung adenocarcinoma cell lines harboring an EGFR mutation. Int. J. Oncol.. 2016.05; 48 (5): 1825-1836. ( PubMed, DOI )

  24. Emiko Sakaida, Shunichiro Iwasawa, Ryota Kurimoto, Takahiro Ebata, Chiaki Imai, Tomoko Oku, Ikuo Sekine, Yuji Tada, Koichiro Tatsumi, Yuichi Takiguchi. Safety of a short hydration method for cisplatin administration in comparison with a conventional method-a retrospective study. Jpn. J. Clin. Oncol.. 2016.04; 46 (4): 370-377. ( PubMed, DOI )

  25. Sakaida Emiko, Iwasawa Shunichiro, Kurimoto Ryota, Ebata Takahiro, Imai Chiaki, Oku Tomoko, Sekine Ikuo, Tada Yuji, Tatsumi Koichiro, Takiguchi Yuichi. Cisplatin投与におけるshort hydration法の安全性の従来法との比較 後向き研究(Safety of a short hydration method for cisplatin administration in comparison with a conventional method: a retrospective study) Japanese Journal of Clinical Oncology. 2016.04; 46 (4): 370-377. ( 医中誌 )

  26. Tsukasa Ishiwata, Shunichiro Iwasawa, Ryota Kurimoto, Takahiro Ebata, Yuichi Takiguchi. Prophylactic dexamethasone for radiation-induced bone-pain flare. Lancet Oncol.. 2016.02; 17 (2): e39-e40. ( PubMed, DOI )

  27. Ryota Kurimoto, Katsuhiro Shono, Masahiro Onoda, Kyohei Yamamoto, Akira Yokota. MYC/BCL2 Double-hit Lymphoma in a Patient with Rheumatoid Arthritis Associated with Methotrexate Treatment. Intern. Med.. 2016; 55 (16): 2271-2275. ( PubMed, DOI )

  28. Ryota Kurimoto, Kei Ikeda, Daiki Nakagomi, Hiroshi Nakajima. Eosinophilic Fasciitis Illustrated by [(18)F] FDG-PET/CT. Intern. Med.. 2016; 55 (16): 2321-2322. ( PubMed, DOI )

  29. Yamada K, Saito H, Kondo T, Murakami S, Masuda N, Yamamoto M, Igawa S, Katono K, Takiguchi Y, Iwasawa S, Kurimoto R, Okamoto H, Shimokawa T, Hosomi Y, Takagi Y, Kishi K, Ohba M, Oshita F, Watanabe K. Multicenter Phase II Study of Nedaplatin and Irinotecan for Patients with Squamous Cell Carcinoma of the Lung: Thoracic Oncology Research Group 0910. Anticancer research. 2015.12; 35 (12): 6705-11. ( PubMed )

  30. Kurimoto Ryota, Sekine Ikuo, Iwasawa Shunichiro, Sakaida Emiko, Tada Yuji, Tatsumi Koichiro, Takahashi Yoko, Nakatani Yukio, Imai Chiaki, Takiguchi Yuichi. ペメトレキセド投与に関連した肺胞出血(Alveolar Hemorrhage Associated with Pemetrexed Administration) Internal Medicine. 2015.04; 54 (7): 833-836. ( 医中誌 )

  31. Kurimoto R, Sekine I, Iwasawa S, Sakaida E, Tada Y, Tatsumi K, Takahashi Y, Nakatani Y, Imai C, Takiguchi Y. Alveolar hemorrhage associated with pemetrexed administration. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2015; 54 (7): 833-6. ( PubMed, DOI )

  32. Ishii T, Iwasawa S, Kurimoto R, Maeda A, Takiguchi Y, Kaneda M. Crizotinib-Induced Abnormal Signal Processing in the Retina. PloS one. 2015; 10 (8): e0135521. ( PubMed, DOI )

  33. Takiguchi Y, Sekine I, Iwasawa S, Kurimoto R, Tatsumi K. Chronic obstructive pulmonary disease as a risk factor for lung cancer. World journal of clinical oncology. 2014.10; 5 (4): 660-6. ( PubMed, DOI )

  34. Takiguchi Y, Sekine I, Iwasawa S, Kurimoto R, Sakaida E, Tamura K. Current status of medical oncology in Japan--reality gleaned from a questionnaire sent to designated cancer care hospitals. Japanese journal of clinical oncology. 2014.07; 44 (7): 632-40. ( PubMed, DOI )

  35. Takiguchi Yuichi, Sekine Ikuo, Iwasawa Shunichiro, Kurimoto Ryota, Sakaida Emiko, Tamura Kenji. 日本における内科的腫瘍学の現状 がん診療連携拠点病院に送付した質問紙調査から明らかになった現実(Current Status of Medical Oncology in Japan: Reality Gleaned from a Questionnaire Sent to Designated Cancer Care Hospitals) Japanese Journal of Clinical Oncology. 2014.07; 44 (7): 632-640. ( 医中誌 )

  36. Takiguchi Y, Sekine I, Iwasawa S, Kurimoto R, Uehara T. Stereotactic radiosurgery for patients with brain metastases. The Lancet. Oncology. 2014.06; 15 (7): e247-8. ( PubMed, DOI )

  37. Sakaida E, Sekine I, Iwasawa S, Kurimoto R, Uehara T, Ooka Y, Akanuma N, Tada Y, Imai C, Oku T, Takiguchi Y. Incidence, risk factors and treatment outcomes of extravasation of cytotoxic agents in an outpatient chemotherapy clinic. Japanese journal of clinical oncology. 2014.02; 44 (2): 168-71. ( PubMed, DOI )

  38. Sakaida Emiko, Sekine Ikuo, Iwasawa Shunichiro, Kurimoto Ryota, Uehara Takashi, Ooka Yoshihiko, Akanuma Naoki, Tada Yuji, Imai Chiaki, Oku Tomoko, Takiguchi Yuichi. 外来化学療法クリニックにおける細胞毒性薬の血管外漏出の発生率、危険因子、治療転帰(Incidence, Risk Factors and Treatment Outcomes of Extravasation of Cytotoxic Agents in an Outpatient Chemotherapy Clinic) Japanese Journal of Clinical Oncology. 2014.02; 44 (2): 168-171. ( 医中誌 )

  39. Shimomura I, Tada Y, Miura G, Suzuki T, Matsumura T, Tsushima K, Terada J, Kurimoto R, Sakaida E, Sekine I, Takiguchi Y, Yamamoto S, Tatsumi K. Choroidal metastasis of non-small cell lung cancer that responded to gefitinib. Case reports in ophthalmological medicine. 2013; 2013 213124. ( PubMed, DOI )

  40. 栗本 遼太, 滝口 裕一. 【肺癌】 これからの実地医家のための診断とストラテジー 合併症のコントロール 制吐剤をいかに使うか Medical Practice. 2016.02; 33 (2): 231-234. ( 医中誌 )

  41. Kurimoto R, Takiguchi Y. [Monitoring the side effects of cancer chemotherapy]. Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine. 2015.02; 73 Suppl 2 102-6. ( PubMed )

  42. 栗本 遼太, 滝口 裕一. 【抗がん剤の副作用と支持療法-より適切な抗がん剤の安全使用をめざして-】 抗がん剤の副作用に対する評価と処置 抗がん剤の副作用モニタリング 日本臨床. 2015.02; 73 (増刊2 抗がん剤の副作用と支持療法): 102-106. ( 医中誌 )

  43. 栗本 遼太, 関根 郁夫. 【最新肺癌学-基礎と臨床の最新研究動向-】 肺癌の治療戦略 集学的治療 非小細胞肺癌における術前化学放射線療法について 日本臨床. 2013.11; 71 (増刊6 最新肺癌学): 599-603. ( 医中誌 )

  44. 栗本 遼太, 巽 浩一郎. 【細胞表面受容体】 構造的特徴:1回膜貫通型 受容体の遺伝子:EGFR(ERBB) EGFR-TKIsの肺特異的障害の分子機構 生体の科学. 2013.10; 64 (5): 460-461. ( 医中誌 )

  45. 栗本 遼太, 関根 郁夫. Current Opinion 非小細胞肺癌の放射線治療 呼吸と循環. 2013.09; 61 (9): 869-873. ( 医中誌 )

  46. 栗本 遼太, 関根 郁夫. 【呼吸器疾患-state of arts Ver.6】 (第4章)主要疾患 病態・診断・治療 胸郭・脊柱の異常 胸腔内甲状腺腫 医学のあゆみ. 2013.04; 別冊 (呼吸器疾患-state of arts Ver.6): 476-477. ( 医中誌 )

  47. 栗本 遼太, 関根 郁夫. クリゾチニブ 呼吸器内科. 2013.03; 23 (3): 312-316. ( 医中誌 )

  48. 栗本 遼太, 関根 郁夫. 【日常遭遇する希少がん腫の薬物療法】 胸腺がんの薬物療法 腫瘍内科. 2013.02; 11 (2): 163-168. ( 医中誌 )

  49. 栗本 遼太, 関根 郁夫. 【呼吸器疾患バイオマーカーの新展開】 肺癌におけるバイオマーカー 呼吸. 2012.11; 31 (11): 1042-1049. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Ryota Kurimoto, Yuichi Takiguchi. Targeting Epithelial-Mesenchymal Transition and Cancer Stem Cell. 2017.01

  2. 堤大樹、栗本遼太. 薬事, 最新エビデンスで答える薬物療法のClinical Question, 12. 悪性腫瘍. じほう, 2020.09

  3. 堤 大樹, 栗本 遼太. 症候/疾患別 臨床検査値 使いこなし完全ガイド, 月刊薬事2019年1月臨時増刊号(Vol.61 No.2). 株式会社じほう, 2019.01 17.がん患者の急変(腫瘍崩壊症候群含む)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Lin Liu, Tomoki Chiba, Ryota Kurimoto, Hiroki Tsutsumi, Yuta Fujii, Hiroshi Asahara. Single-cell transcriptome profiles in mouse limb buds . 第7回日本筋学会学術集会 2021.12.11

  2. Yutaro Uchida, Takahide Matsushima, Ryota Kurimoto, Tomoki Chiba, Yuki lnutani, Hiroshi Asahara.. HiBiT tagging system for high throughput chemical screening for chemotherapy. AACR 2021 2021.04.11

  3. Ryota Kurimoto, Hiroki Tsutsumi, Saki lkeuchi, Hiroshi Asahara. Tumor suppression potential of tRNA modification enzyme TruBs via let-7. AACR 2021 2021.04.10

  4. Ryota Kurimoto, Hiroshi Asahara. The tRNA pseudouridine synthase TruB1 regulates the maturation of let-7 miRNA.. 第2回RNAJオンラインミーティング 2020.08.27 Tokyo

  5. Ryota Kurimoto, Hiroki Tsutsumi, Maiko Inotsume, Hiroshi Asahara. New regulatory mechanism of tumor suppressor microRNA let-7s. 16thn Bone Biology Forum 2019.08.16 Makuhari, Chiba, Japan

  6. Ryota Kurimoto, Hiroki Tsutsumi, Hiroshi Asahara. New regulatory mechanism of tumor suppressor microRNA let-7s (comprehensive approach for tumor suppressors in vitro) . 16th Meeting of Bone Biology Forum 2019.08.16

  7. Ryota Kurimoto, Hiroki Tsutsumi, Yutaro Uchida, Hiroshi Asahara. 腫瘍抑制microRNA let-7 familyの新たな制御機構の解明. 第17回日本臨床腫瘍学会 2019.07.19

  8. Hiroshi Asahara, Sho Mokuda, Yoshiaki Ito, Masafumi Inui, Ryo Nakamichi, Tomoki Chiba, Ryota Kurimoto, Takahide Matsushima. miRNAs in arthritis pathogenesis and therapy. The 24th Annual Meeting of the RNA Society 2019.06.14

  9. Ryota Kurimoto, Shunichiro Iwasawa, Takahiro Ebata, Tsukasa Ishiwata, Ikuo Sekine, Yuji Tada, Koichiro Tatsumi, Shuhei Koide, Atsushi Iwama, Yuichi Takiguchi. . Alteration of drug sensitivity according to the induction and reversion of epithelial-to-mesenchymal transition (EMT) in human lung adenocarcinoma cell lines harboring an EGFR mutation.. American Association for Cancer Research Annual Meeting 2016 2016

  10. 藤井雄太、栗本遼太、千葉朋希、松島隆英、中道亮、淺原弘嗣. RNA 階層での軟骨発生・Homeostasis・関節炎治療開発. 第12回 Orthopedic Research Club 2022.03.05

  11. 栗本遼太. 患者由来xenograft(PDX)モデルを用いた難治性乳がんの治療標的の探索. 平成3年度がん進展制御研究所共同研究成果報告会 2022.02.17

  12. 栗本遼太、淺原弘嗣. Mkxによる矯正学的歯牙移動の制御. AMEDメカノバイオロジー令和3年度 領域会議 2022.01.19

  13. 宮崎貴行、栗本遼太、千葉朋希、松本力 、森山啓司、浅原弘嗣. メカニカルストレスによる歯槽骨リモデリングに及ぼす転写制御因子Mohawk homeobox の作用. 第6回日本筋学会学術集会 2021.12 web

  14. 内田 雄太郎、松島 隆英、栗本 遼太、千葉 朋希、浅原 弘嗣. HiBiT タグノックイン細胞を用いた PDL1 制御化合物スクリーニング. 第8回JCRベーシックリサーチカンファレンス 2021.11.05

  15. 堤 大樹、栗本 遼太、千葉 朋希、中道 亮、藤井 雄太、松島 隆英、木村 剛、岸田 晶夫、浅原 弘嗣. ヒト iPSC を用いた人工腱の作成. 第8回JCRベーシックリサーチカンファレンス 2021.11.05

  16. 磯島 晃太郎、畑 史織、池田 海斗、栗本 遼太、中道 亮、伊藤 義晃、淺原 弘嗣. 変形性膝関節症における circularRNA 発現プロファイルと制御機構の探索. 第8回JCRベーシックリサーチカンファレンス 2021.11.05

  17. 藤井 雄太、伊藤 義晃、松﨑 時夫、茂久田 翔、栗本 遼太、松島 隆英、Martin Lotz、淺原 弘嗣. 関節軟骨の恒常性を維持する microRNA の機能解析. 第8回JCRベーシックリサーチカンファレンス 2021.11.05

  18. 千葉 朋希、高田 嘉宝、宮崎 貴行、中道 亮、栗本 遼太、松島 隆英、原田 浩之、浅原 弘嗣. 1 細胞 RNA シーケンスによる Mkx ノックアウトラット歯根膜組織の解析. 第8回JCRベーシックリサーチカンファレンス 2021.11.05

  19. 淺原弘嗣、中道亮、堤大樹、栗本遼太. 脊椎椎間板におけるMkxの機能解析. 日本脊椎関節炎学会第31回学術集会 2021.09.11

  20. 千葉朋希、高田嘉宝、宮崎貴行、堤大樹、中道亮、栗本遼太、松島隆英、原田浩之、淺原弘嗣. 1細胞RNAシーケンスによるMkxノックアウトラット歯根膜組織の解析. 第42回日本炎症・再生医学会 2021.07.07

  21. 千葉朋希、高田嘉宝、宮崎貴行、堤大樹、中道亮、栗本遼太、松島隆英、原田浩之、淺原弘嗣. Mkxノックアウトラット歯根膜組織の1細胞RNAシーケンス解析. 第6回日本骨免疫学会 2021.07.01

  22. 高田 嘉宝、片岡 健輔、千葉 朋希、栗本 遼太、原田 浩之、浅原 弘嗣. シングルセル RNA シークエンスによるラット歯根膜細胞の解析. 第33回日本軟骨代謝学会 2021.03.27

  23. 栗本遼太、浅原弘嗣. microRNA let-7 による骨格形成・炎症・がんの病態制御機構. 第11 回 Orthopedic Research Club 2021.01.23

  24. 栗本 遼太, 浅原 弘嗣. tRNA修飾酵素TruB1による腫瘍抑制microRNA let-7の制御 . 2020.10

  25. 内田雄太郎、山本寛人、伊藤義晃、千葉朋希、松島隆英、栗本遼太、五島直樹. 新規RNA結合タンパク質によるHIF1αの転写後調節. 日本筋学会第5回学術集会 2019.08.02

  26. 栗本遼太、堤大樹、内田雄太郎、浅原弘嗣. 腫瘍抑制microRNA let-7 familyの新たな制御機構の解明. 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 2019.07.19

  27. 内田雄太郎、千葉朋希、松島隆英、伊藤義晃、栗本遼太、淺原弘嗣. HiBiTを用いた新規スクリーニングシステムによるPD-L1の転写後制御機構の解明. 第21回日本RNA学会 2019.07.17

  28. 江畑 貴大, 栗本 遼太, 岩澤 俊一郎, 石綿 司, 滝口 裕一, 多田 裕司, 巽 浩一郎, 増田 渉, 中谷 行雄. 自然消退と増悪を繰り返すALK融合遺伝子陽性非小細胞肺癌の1例. 肺癌 2016.06.01

  29. Kurimoto Ryota. The present situation of unplanned hospitalizations and deaths during chemotherapy for outpatients. . The 113th Annual Meeting of the Japanese Society of Internal Medicine 2016.05.03

  30. 杉本 俊介, 岩澤 俊一郎, 鈴木 健一, 栗本 遼太, 石綿 司, 安部 光洋, 西村 倫太郎, 重城 喬行, 伊狩 潤, 川田 奈緒子, 寺田 二郎, 津島 健司, 多田 裕司, 滝口 裕一, 巽 浩一郎. EBUS-TBNAで診断されたBRAF遺伝子変異陽性悪性黒色腫の1例. 気管支学 2016.05.01

  31. 西村 倫太郎, 杉本 俊介, 鈴木 健一, 安部 光洋, 栗本 遼太, 関根 亜由美, 重城 喬行, 伊狩 潤, 岩澤 俊一郎, 中島 崇裕, 津島 健司, 多田 裕司, 田邉 信宏, 滝口 裕一, 吉野 一郎, 巽 浩一郎. EBUS-TBNAにて診断し得た肺動脈原発血管内肉腫の1例. 気管支学 2016.05.01

  32. 堺田 惠美子, 栗本 遼太, 江畑 貴大, 岩澤 俊一郎, 池田 啓, 勝野 達郎, 中島 裕史, 横須賀 收, 中世古 知昭, 滝口 裕一. インフリキシマブ短時間投与の前向き試験. 日本内科学会雑誌 2016.02.01

  33. 栗本 遼太, 岩澤 俊一郎, 江畑 貴大, 堺田 惠美子, 多田 裕司, 今井 千晶, 佐伯 宏美, 滝口 裕一. 外来化学療法における緊急入院及び死亡の現状. 日本内科学会雑誌 2016.02.01

  34. 江畑 貴大, 栗本 遼太, 岩澤 俊一郎, 滝口 裕一, 石綿 司, 多田 裕司, 巽 浩一郎, 藤原 大樹, 吉野 一郎, 中谷 行雄, 寒竹 政司. 同一病変内に高分化型成分と脱分化型成分を認めた脂肪肉腫の1例. 肺癌 2016.02.01

  35. 石井 俊行, 岩澤 俊一郎, 栗本 遼太, 前田 朱美, 鈴木 千晶, 碓井 澄子, 滝口 裕一, 金田 誠. マルチ電極法を用いたマウス網膜光応答に対するALK阻害薬の作用評価. 肺癌 2015.10.01

  36. 栗本 遼太, 江畑 貴大, 岩澤 俊一郎, 多田 裕司, 巽 浩一郎, 滝口 裕一. 上皮間葉転換を誘導した肺癌細胞株における薬物耐性化とその克服. 肺癌 2015.10.01

  37. 栗本 遼太, 江畑 貴大, 岩澤 俊一郎, 滝口 裕一, 富居 一範, 中谷 行雄, 多田 裕司, 巽 浩一郎. 多様な傍腫瘍症候群を異時性に合併した胸腺腫の1剖検例. 肺癌 2015.08.01

  38. 栗本 遼太, 岩澤 俊一郎, 滝口 裕一, 伊狩 潤, 寺田 二郎, 津島 健司, 多田 裕司, 田邉 信宏, 巽 浩一郎. 定位放射線治療後の短期ステロイド投与を契機としてニューモシスチス肺炎を発症したALK陽性肺癌の1例. 肺癌 2015.04.01

  39. 滝口 裕一, 岩澤 俊一郎, 栗本 遼太, 中山 富雄. 低線量CT肺癌検診のエビデンス 低線量CT(LDCT)検診研究のUPDATE. CT検診 2015.02.01

  40. 岩澤 俊一郎, 栗本 遼太, 今井 千晶, 植原 貴史, 堺田 惠美子, 伊狩 潤, 寺田 二郎, 多田 裕司, 巽 浩一郎, 滝口 裕一. 当院で経験したGood症候群合併胸腺腫の検討. 日本内科学会雑誌 2015.02.01

  41. 岩澤 俊一郎, 栗本 遼太, 滝口 裕一, 寺田 二郎, 多田 裕司, 坂尾 誠一郎, 田邉 信宏, 巽 浩一郎. 当院で経験した胸腺腫に合併した低γグロブリン血症(Good症候群)の4症例. 肺癌 2014.12.01

  42. 中島 崇裕, 稲毛 輝長, 栗本 遼太, 吉田 成利, 本折 健, 宇野 隆, 滝口 裕一, 巽 浩一郎, 吉野 一郎. 超音波気管支鏡診断に基づいたIII期N2非小細胞肺癌治療の現状. 肺癌 2014.10.01

  43. 中込 大樹, 栗本 遼太, 小林 芳久, 川島 広稔, 池田 啓, 鈴木 浩太郎, 中島 裕史. PETにて診断しえた好酸球性筋膜炎の1例. 日本皮膚科学会雑誌 2014.09.01

  44. 栗本 遼太, 笠井 大, 金澤 亜希, 伊藤 彰一, 朝比奈 真由美, 田邊 政裕, 滝口 裕一. 初期研修医自身のプレゼンテーションによる教育の有効性. 医学教育 2014.07.01

  45. 青墳 佑弥, 和田 猛, 青墳 章代, 栗本 遼太, 山本 恭平. サイトメガロウイルス初感染により脳脊髄炎を呈した18歳女性例. 臨床神経学 2014.05.01

  46. 佐田 諭己, 鈴木 秀海, 稲毛 輝長, 尹 貴正, 山本 高義, 田中 教久, 鎌田 稔子, 森本 淳一, 中島 崇裕, 田川 哲三, 岩田 剛和, 溝渕 輝明, 吉田 成利, 栗本 遼太, 岩澤 俊一郎, 関根 郁夫, 滝口 裕一, 吉野 一郎. 肺癌術後再発症例におけるgefitinib投与の効果. 日本呼吸器外科学会雑誌 2014.04.01

  47. 山田 有統, 太田 聡, 大出 貴士, 松谷 智朗, 岩立 康男, 佐伯 直勝, 栗本 遼太, 岩澤 俊一郎, 瀧口 裕一, 中谷 行雄. 神経症状にて発症したErdheim-Chester diseaseの1例. 日本病理学会会誌 2014.03.01

  48. 滝口 裕一, 関根 郁夫, 岩澤 俊一郎, 栗本 遼太, 堺田 惠美子. 日本のがん薬物療法における腫瘍内科学の役割 がん診療連携拠点病院を対象としたアンケート結果. 日本内科学会雑誌 2014.02.01

  49. 岩澤 俊一郎, 堺田 惠美子, 栗本 遼太, 小笠原 定久, 大岡 美彦, 多田 裕司, 植原 貴史, 関根 郁夫, 織田 成人, 滝口 裕一. 維持透析中の慢性腎不全患者に対するがん化学療法 現状と問題点. 日本内科学会雑誌 2014.02.01

  50. 栗本 遼太, 岩澤 俊一郎, 関根 郁夫, 滝口 裕一, 中島 崇裕, 吉田 成利, 吉野 一郎, 多田 裕司, 田邊 信宏, 巽 浩一郎. クリゾチニブにより壊死性食道炎を来したALK陽性肺腺癌の1例. 肺癌 2013.12.01

  51. 佐田 諭己, 鈴木 秀海, 椎名 裕樹, 稲毛 輝長, 尹 貴正, 山本 高義, 鎌田 稔子, 森本 淳一, 坂入 祐一, 中島 崇裕, 田川 哲三, 岩田 剛和, 溝渕 輝明, 吉田 成利, 栗本 遼太, 岩澤 俊一郎, 関根 郁夫, 滝口 裕一, 吉野 一郎. ALK融合遺伝子陽性の進行期非小細胞肺癌に対するクリゾチニブの有効性及び忍容性. 肺癌 2013.10.01

  52. 堺田 惠美子, 栗本 遼太, 大岡 美彦, 植原 貴史, 赤沼 直毅, 多田 裕司, 関根 郁夫, 滝口 裕一. がん化学療法における血管外漏出(EV)発症の検討. 日本内科学会雑誌 2013.02.01

  53. 堺田 惠美子, 栗本 遼太, 大岡 美彦, 植原 貴史, 赤沼 直毅, 多田 裕司, 関根 郁夫, 滝口 裕一. 安全で有効な外来化学療法を目指した対策と問題点. 日本内科学会雑誌 2013.02.01

  54. 栗本 遼太, 堺田 恵美子, 関根 郁夫, 滝口 裕一, 米盛 葉子, 太田 聡, 中谷 行雄. 抗VGKC抗体脳炎及び赤芽球癆を異時性に合併した胸腺腫の1例. 肺癌 2012.10.01

  55. 和田 猛, 青墳 章代, 栗本 遼太, 山本 恭平. サイトメガロウイルス感染による脳脊髄炎と考えられた18歳女性. 千葉医学雑誌 2012.06.01

  56. 内藤 亮, 石川 哲, 栗本 遼太, 瀧口 恭男. 慢性呼吸不全にて死亡し、特発性上葉優位型肺線維症が疑われた1剖検例. 千葉医学雑誌 2012.06.01

  57. 栗本 遼太, 橘川 嘉夫, 山本 恭平, 寺野 隆. ポラプレジンクが原因と考えられた好酸球性胃腸炎の1例. 日本内科学会関東地方会 2012.02.01

  58. 栗本 遼太, 山本 恭平, 遠藤 秀治, 窪澤 仁, 石川 哲, 瀧口 恭男, 寺野 隆. Von Recklinghausen病と肺多発結節影を伴う嚢胞性褐色細胞腫の1例. 日本内分泌学会雑誌 2011.12.01

  59. 栗本 遼太, 石川 哲, 遠藤 秀治, 瀧口 恭男, 山本 恭平, 寺野 隆. 肺腺癌に一致した病勢を見せた水疱性類天疱瘡の1例. 日本内科学会関東地方会 2011.09.01

  60. 会田 訓子, 真田 道夫, 大見 健二, 西脇 哲二, 岩崎 秀昭, 栗本 遼太, 窪澤 仁. 卵管原発明細胞腺癌の一例. 日本産科婦人科学会千葉地方部会雑誌 2011.01.01

  61. 重城 喬行, 栗本 遼太. びまん性スリガラス影で発症し、経気管支肺生検で診断しえたIntravascular large B cell lymphomaの1例. 千葉医学雑誌 2010.10.01

  62. 栗本 遼太, 中込 大樹, 小林 芳久, 川島 広稔, 池田 啓, 高取 宏昌, 須藤 明, 加々美 新一郎, 鈴木 浩太郎, 中島 裕史. 18F-FDG-PETにて診断しえた皮膚/筋症状を伴わない好酸球性筋膜炎の1例. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  63. 中込 大樹, 栗本 遼太, 川島 広稔, 小林 芳久, 横田 雅也, 高取 宏昌, 池田 啓, 渡邉 紀彦, 中島 裕史. 黄色爪症候群を合併した関節リウマチの1例. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  64. 栗本 遼太, 芳賀 高浩, 塚原 真範, 天野 寛之, 小林 健, 黒田 文伸, 坂尾 誠一郎, 多田 裕司, 黒須 克志, 笠原 靖紀, 巽 浩一郎, 重城 喬行, 滝口 裕一, 堺田 恵美子, 阿部 大二郎, 廣島 健三. びまん性スリガラス影を呈し、TBLBにて確定診断に至ったびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の1例. 気管支学 2010.01.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • クライオEM Gateway研究サポートファンド ピッチコンテスト 銀賞,東京医科歯科大学学内ファンド クライオEM Gateway研究サポートファンド ピッチコンテスト,2020年03月

  • 第95回日本病理学会総会学生ポスター賞 最優秀賞,日本病理学会,2006年05月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2020年11月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • "「tRNA修飾酵素TruB1によるがん抑制マイクロRNA let-7の特異的制御機構の発見」― RNA研究の新展開と新規がん病態解明への期待 ―,2020年09月

    The EMBO Journal

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 分子遺伝学,2017年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 臨床腫瘍学,千葉大学医学部

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 研修医医学生早朝勉強会,2012年04月 - 2016年03月