基本情報

写真a

伊藤 卓(イトウ タク)

ITO TAKU


職名

講師

生年

1974年

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2000年03月  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2000年05月
    -
    2002年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 耳鼻咽喉科 臨床研修医
  • 2005年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 耳鼻咽喉科 医員(医病)
  • 2007年04月
    -
    2010年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 助教
  • 2016年05月
    -
    2016年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 耳鼻咽喉科学 非常勤講師
  • 2016年10月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 耳鼻咽喉科学 助教
  • 2018年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 耳鼻咽喉科学 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 耳鼻咽喉科学 講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2004年06月
    青梅市立総合病院 耳鼻咽喉科 医員(医病)
  • 2004年07月
    -
    2005年03月
    取手協同病院 耳鼻咽喉科 医員(医病)
  • 2010年10月
    -
    2013年07月
    米国国立衛生研究所 NIDCD 特任研究員
  • 2013年08月
    -
    2016年09月
    土浦協同病院 耳鼻咽喉科 科長

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本鼻科学会

  • 耳鼻咽喉科臨床学会

  • 日本耳科学会

  • 日本めまい平衡医学会

  • 日本聴覚医学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 耳鼻咽喉科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 耳鼻咽喉科専門医

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 前庭水管拡大を呈する難聴遺伝子SLC26A4による難聴は血管条機能障害由来である

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • SLC26A4遺伝子変異で見られる多彩な表現型に関する要因の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yamazaki A, Ito T, Sugimoto M, Yoshida S, Honda K, Kawashima Y, Fujikawa T, Fujii Y, Tsutsumi T. Patient-specific virtual and mixed reality for immersive, experiential anatomy education and for surgical planning in temporal bone surgery. Auris, nasus, larynx. 2021.12; 48 (6): 1081-1091. ( PubMed, DOI )

  2. Yamazaki Ayame, Ito Taku, Sugimoto Maki, Yoshida Soichiro, Honda Keiji, Kawashima Yoshiyuki, Fujikawa Taro, Fujii Yasuhisa, Tsutsumi Takeshi. Patient-specific virtual and mixed reality for immersive, experiential anatomy education and for surgical planning in temporal bone surgery(和訳中) Auris・Nasus・Larynx. 2021.12; 48 (6): 1081-1091. ( 医中誌 )

  3. Takeda Takamori, Ito Taku, Onishi Iichiroh, Yokomura Masaru, Kawashima Yoshiyuki, Fujikawa Taro, Tsutsumi Takeshi. Denosumab-induced osteonecrosis of external auditory canal(和訳中) Auris・Nasus・Larynx. 2021.12; 48 (6): 1199-1203. ( 医中誌 )

  4. Ito T, Kawashima Y, Yamazaki A, Tsutsumi T. Application of a virtual and mixed reality-navigation system using commercially available devices to the lateral temporal bone resection. Annals of medicine and surgery (2012). 2021.12; 72 103063. ( PubMed, DOI )

  5. Ito T, Fujikawa T, Honda K, Makabe A, Watanabe H, Bai J, Kawashima Y, Miwa T, Griffith AJ, Tsutsumi T. Cochlear Pathomorphogenesis of Incomplete Partition Type II in Slc26a4-Null Mice. Journal of the Association for Research in Otolaryngology : JARO. 2021.10; 22 (6): 681-691. ( PubMed, DOI )

  6. Kurata N, Kawashima Y, Ito T, Ooka T, Tsutsumi T. Four-Hour Delayed Gadolinium-Enhanced 3D-FLAIR MR Imaging Highlights Intralabyrinthine Micro-Schwannomas. Otology & neurotology : official publication of the American Otological Society, American Neurotology Society [and] European Academy of Otology and Neurotology. 2021.08; 42 (10): e1444-e1448. ( PubMed, DOI )

  7. Kiyokawa Yusuke, Ariizumi Yousuke, Ohno Kazuchika, Ito Taku, Kawashima Yoshiyuki, Tsunoda Atsunobu, Kishimoto Seiji, Asakage Takahiro, Tsutsumi Takeshi. Indications for and extent of elective neck dissection for lymph node metastasis from external auditory canal carcinoma(和訳中) Auris・Nasus・Larynx. 2021.08; 48 (4): 745-750. ( 医中誌 )

  8. Kiyokawa Yusuke, Ariizumi Yousuke, Ohno Kazuchika, Ito Taku, Kawashima Yoshiyuki, Tsunoda Atsunobu, Kishimoto Seiji, Asakage Takahiro, Tsutsumi Takeshi. Indications for and extent of elective neck dissection for lymph node metastasis from external auditory canal carcinoma AURIS NASUS LARYNX. 2021.08; 48 (4): 745-750. ( DOI )

  9. Ito T, Yamazaki A. Authors' reply to: Comment on the article by Dr. Georgios P. Skandalakis: Patient-specific virtual and mixed reality for immersive, experiential anatomy education and for surgical planning in temporal bone surgery. Auris, nasus, larynx. 2021.07; ( PubMed, DOI )

  10. Takeda T, Ito T, Onishi I, Yokomura M, Kawashima Y, Fujikawa T, Tsutsumi T. Denosumab-induced osteonecrosis of external auditory canal. Auris, nasus, larynx. 2020.07; ( PubMed, DOI )

  11. Maruyama A, Kawashima Y, Fujikawa T, Makabe A, Ito T, Takeda T, Tsutsumi T. Potential Confounding Factors May Influence the Association Between Configurations of the Vertebrobasilar System and the Incidence of Idiopathic Sudden Sensorineural Hearing Loss and Canal Paresis. Otology & neurotology : official publication of the American Otological Society, American Neurotology Society [and] European Academy of Otology and Neurotology. 2020.06; 41 (5): e548-e555. ( PubMed, DOI )

  12. Makabe A, Kawashima Y, Sakamaki Y, Maruyama A, Fujikawa T, Ito T, Kurima K, Griffith AJ, Tsutsumi T. Systemic Fluorescent Gentamicin Enters Neonatal Mouse Hair Cells Predominantly Through Sensory Mechanoelectrical Transduction Channels. Journal of the Association for Research in Otolaryngology : JARO. 2020.04; 21 (2): 137-149. ( PubMed, DOI )

  13. Nakanishi H, Prakash P, Ito T, Kim HJ, Brewer CC, Harrow D, Roux I, Hosokawa S, Griffith AJ. Genetic Hearing Loss Associated With Autoinflammation. Frontiers in neurology. 2020; 11 141. ( PubMed, DOI )

  14. Okada R, Ito T, Nomura F, Kirimura S, Cho Y, Sekine M, Tateishi Y, Ariizumi Y, Asakage T. The quantitative analysis of the human papillomavirus DNA load in submandibular gland lesions with droplet digital polymerase chain reaction. Acta oto-laryngologica. 2019.01; 139 (1): 105-110. ( PubMed, DOI )

  15. Ito T, Kawashima Y, Fujikawa T, Honda K, Makabe A, Kitamura K, Tsutsumi T. Rapid screening of copy number variations in <i>STR</i>C by droplet digital PCR in patients with mild-to-moderate hearing loss. Human genome variation. 2019; 6 41. ( PubMed, DOI )

  16. Ito Taku, Kawashima Yoshiyuki, Fujikawa Taro, Honda Keiji, Makabe Ayane, Kitamura Ken, Tsutsumi Takeshi. Rapid screening of copy number variations in STRC by droplet digital PCR in patients with mild-to-moderate hearing loss(和訳中) Human Genome Variation. 2019; 6 1 of 6-6 of 6. ( 医中誌 )

  17. Ito T, Ikeda S, Asamori T, Honda K, Kawashima Y, Kitamura K, Suzuki K, Tsutsumi T. Increased expression of pendrin in eosinophilic chronic rhinosinusitis with nasal polyps. Brazilian journal of otorhinolaryngology. 2018.08; ( PubMed, DOI )

  18. Takeda T, Kawashima Y, Hirai C, Makabe A, Ito T, Fujikawa T, Yamamoto K, Maruyama A, Tsutsumi T. Vestibular Dysfunction in Patients With Superficial Siderosis of the Central Nervous System. Otology & neurotology : official publication of the American Otological Society, American Neurotology Society [and] European Academy of Otology and Neurotology. 2018.07; 39 (6): e468-e474. ( PubMed, DOI )

  19. Taku Ito, Hiroki Watanabe, Motomu Honjo, Tomoaki Asamori. Two pediatric cases of post-traumatic facial paralysis with delayed onset Acta Oto-Laryngologica Case Reports . 2018.01; 3 11-14.

  20. Yoshihiro Noguchi, Masatoki Takahashi, Taku Ito, Taro Fujikawa, Yoshiyuki Kawashima, Ken Kitamura. Delayed restoration of maximum speech discrimination scores in patients with idiopathic sudden sensorineural hearing loss. Auris Nasus Larynx. 2016.10; 43 (5): 495-500. ( PubMed, DOI )

  21. Noguchi Yoshihiro, Takahashi Masatoki, Ito Taku, Fujikawa Taro, Kawashima Yoshiyuki, Kitamura Ken. 特発性の突発性感音難聴患者における語音弁別能の遅発性回復(Delayed restoration of maximum speech discrimination scores in patients with idiopathic sudden sensorineural hearing loss) Auris・Nasus・Larynx. 2016.10; 43 (5): 495-500. ( 医中誌 )

  22. Ayako Nishio, Taku Ito, Hui Cheng, Tracy S Fitzgerald, Philine Wangemann, Andrew J Griffith. Slc26a4 expression prevents fluctuation of hearing in a mouse model of large vestibular aqueduct syndrome. Neuroscience. 2016.08; 329 74-82. ( PubMed, DOI )

  23. Midori Nagaoka, Yoshihiro Noguchi, Yoshiyuki Kawashima, Taku Ito, Hiroko Koda, Ken Kitamura. Long-term result of meatoplasty using inferiorly based retroauricular island pedicle flap for external auditory canal stenosis. Auris Nasus Larynx. 2016.08; 43 (4): 382-386. ( PubMed, DOI )

  24. Nagaoka Midori, Noguchi Yoshihiro, Kawashima Yoshiyuki, Ito Taku, Koda Hiroko, Kitamura Ken. 外耳道狭窄症に対する島状有茎耳後皮弁を用いた外耳道形成術の長期成績(Long-term result of meatoplasty using inferiorly based retroauricular island pedicle flap for external auditory canal stenosis) Auris・Nasus・Larynx. 2016.08; 43 (4): 382-386. ( 医中誌 )

  25. Ayako Maruyama, Yoshihiro Noguchi, Taku Ito, Kenji Narushima, Ken Kitamura. Sensorineural hearing loss associated with a factitious disorder. Ear Nose Throat J. 2015.12; 94 (12): E7-E9. ( PubMed )

  26. T Ito, A Nishio, P Wangemann, A J Griffith. Progressive irreversible hearing loss is caused by stria vascularis degeneration in an Slc26a4-insufficient mouse model of large vestibular aqueduct syndrome. Neuroscience. 2015.12; 310 188-197. ( PubMed, DOI )

  27. Mizushima Kota, Kawashima Yoshiyuki, Kishine Naomi, Takeda Takamori, Tokumaru Takao, Ito Taku, Kitamura Ken. 成人性クループの3症例(Three Cases of Adult Croup) 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2015.03; (補冊141): 82-83. ( 医中誌 )

  28. Taku Ito, Hiroaki Saito, Naomi Kishine, Takamori Takeda, Kota Mizushima. Preoperatively diagnosed case with co-existence of papillary thyroid carcinoma and cervical tuberculous lymphadenitis. Int J Surg Case Rep. 2015; 15 74-77. ( PubMed, DOI )

  29. Taku Ito, Xiangming Li, Kiyoto Kurima, Byung Yoon Choi, Philine Wangemann, Andrew J Griffith. Slc26a4-insufficiency causes fluctuating hearing loss and stria vascularis dysfunction. Neurobiol. Dis.. 2014.06; 66 53-65. ( PubMed, DOI )

  30. Atteeq U Rehman, Regie Lyn P Santos-Cortez, Robert J Morell, Meghan C Drummond, Taku Ito, Kwanghyuk Lee, Asma A Khan, Muhammad Asim R Basra, Naveed Wasif, Muhammad Ayub, Rana A Ali, Syed I Raza, , Deborah A Nickerson, Jay Shendure, Michael Bamshad, Saima Riazuddin, Neil Billington, Shaheen N Khan, Penelope L Friedman, Andrew J Griffith, Wasim Ahmad, Sheikh Riazuddin, Suzanne M Leal, Thomas B Friedman. Mutations in TBC1D24, a gene associated with epilepsy, also cause nonsyndromic deafness DFNB86. Am. J. Hum. Genet.. 2014.01; 94 (1): 144-152. ( PubMed, DOI )

  31. Taku Ito, Julie Muskett, Parna Chattaraj, Byung Yoon Choi, Kyu Yup Lee, Christopher K Zalewski, Kelly A King, Xiangming Li, Philine Wangemann, Thomas Shawker, Carmen C Brewer, Seth L Alper, Andrew J Griffith. SLC26A4 mutation testing for hearing loss associated with enlargement of the vestibular aqueduct. World J Otorhinolaryngol. 2013.05; 3 (2): 26-34. ( PubMed, DOI )

  32. Xiangming Li, Joel D Sanneman, Donald G Harbidge, Fei Zhou, Taku Ito, Raoul Nelson, Nicolas Picard, Régine Chambrey, Dominique Eladari, Tracy Miesner, Andrew J Griffith, Daniel C Marcus, Philine Wangemann. SLC26A4 targeted to the endolymphatic sac rescues hearing and balance in Slc26a4 mutant mice. PLoS Genet.. 2013; 9 (7): e1003641. ( PubMed, DOI )

  33. Kato Tomofumi, Nishigaki Yutaka, Noguchi Yoshihiro, Fuku Noriyuki, Ito Taku, Mikami Eri, Kitamura Ken, Tanaka Masashi. 遺伝性難聴患者における主要ミトコンドリアDNA点突然変異の拡張スクリーニング(Extended screening for major mitochondrial DNA point mutations in patients with hereditary hearing loss) Journal of Human Genetics. 2012.12; 57 (12): 772-775. ( 医中誌 )

  34. Tomofumi Kato, Yutaka Nishigaki, Yoshihiro Noguchi, Noriyuki Fuku, Taku Ito, Eri Mikami, Ken Kitamura, Masashi Tanaka. Extended screening for major mitochondrial DNA point mutations in patients with hereditary hearing loss. J. Hum. Genet.. 2012.12; 57 (12): 772-775. ( PubMed, DOI )

  35. Kenneth Shepard, Taku Ito, Andrew J Griffith. Extracting energy from the inner ear. Nat. Biotechnol.. 2012.12; 30 (12): 1204-1205. ( PubMed, DOI )

  36. Byung Yoon Choi, Hyoung-Mi Kim, Taku Ito, Kyu-Yup Lee, Xiangming Li, Kelly Monahan, Yaqing Wen, Elizabeth Wilson, Kiyoto Kurima, Thomas L Saunders, Ronald S Petralia, Philine Wangemann, Thomas B Friedman, Andrew J Griffith. Mouse model of enlarged vestibular aqueducts defines temporal requirement of Slc26a4 expression for hearing acquisition. J. Clin. Invest.. 2011.11; 121 (11): 4516-4525. ( PubMed, DOI )

  37. Kiyoto Kurima, Ronna Hertzano, Oksana Gavrilova, Kelly Monahan, Karl B Shpargel, Garani Nadaraja, Yoshiyuki Kawashima, Kyu Yup Lee, Taku Ito, Yujiro Higashi, David J Eisenman, Scott E Strome, Andrew J Griffith. A noncoding point mutation of Zeb1 causes multiple developmental malformations and obesity in Twirler mice. PLoS Genet.. 2011.09; 7 (9): e1002307. ( PubMed, DOI )

  38. Yoshihiro Noguchi, Taku Ito, Ayako Nishio, Keiji Honda, Ken Kitamura. Audiovestibular findings in a branchio-oto syndrome patient with a SIX1 mutation. Acta Otolaryngol.. 2011.04; 131 (4): 413-418. ( PubMed, DOI )

  39. Taku Ito, Byung Yoon Choi, Kelly A King, Christopher K Zalewski, Julie Muskett, Parna Chattaraj, Thomas Shawker, James C Reynolds, John A Butman, Carmen C Brewer, Philine Wangemann, Seth L Alper, Andrew J Griffith. SLC26A4 genotypes and phenotypes associated with enlargement of the vestibular aqueduct. Cell. Physiol. Biochem.. 2011; 28 (3): 545-552. ( PubMed, DOI )

  40. Takatoshi Yashima, Yoshihiro Noguchi, Yoshiyuki Kawashima, Tatemitsu Rai, Taku Ito, Ken Kitamura. Novel ATP6V1B1 mutations in distal renal tubular acidosis and hearing loss. Acta Otolaryngol.. 2010.09; 130 (9): 1002-1008. ( PubMed, DOI )

  41. Kokaze A, Ishikawa M, Matsunaga N, Karita K, Yoshida M, Shimada N, Ohtsu T, Shirasawa T, Ochiai H, Kawamoto T, Ito T, Hoshino H, Takashima Y. Combined effect of longevity-associated mitochondrial DNA 5178 C/A polymorphism and coffee consumption on the risk of hyper-LDL cholesterolemia in middle-aged Japanese men. Journal of human genetics. 2010.09; 55 (9): 577-81. ( PubMed, DOI )

  42. Kato Tomofumi, Nishigaki Yutaka, Noguchi Yoshihiro, Ueno Hitomi, Hosoya Hiroko, Ito Taku, Kimura Yurika, Kitamura Ken, Tanaka Masashi. 遺伝性難聴患者における主なミトコンドリアDNA点突然変異に対する網羅的迅速スクリーニング(Extensive and rapid screening for major mitochondrial DNA point mutations in patients with hereditary hearing loss) Journal of Human Genetics. 2010.03; 55 (3): 147-154. ( 医中誌 )

  43. Tomofumi Kato, Yutaka Nishigaki, Yoshihiro Noguchi, Hitomi Ueno, Hiroko Hosoya, Taku Ito, Yurika Kimura, Ken Kitamura, Masashi Tanaka. Extensive and rapid screening for major mitochondrial DNA point mutations in patients with hereditary hearing loss. J. Hum. Genet.. 2010.03; 55 (3): 147-154. ( PubMed, DOI )

  44. Taku Ito, Yoshihiro Noguchi, Takatoshi Yashima, Kazuchika Ohno, Ken Kitamura. Hereditary hearing loss and deafness genes in Japan. J. Med. Dent. Sci.. 2010.03; 57 (1): 1-10. ( PubMed )

  45. Ito Taku, Noguchi Yoshihiro, Yashima Takatoshi, Ohno Kazuchika, Kitamura Ken. 日本における遺伝性難聴と難聴遺伝子(Hereditary Hearing Loss and Deafness Genes in Japan) Journal of Medical and Dental Sciences. 2010.03; 57 (1): 1-10. ( 医中誌 )

  46. Taro Fujikawa, Yoshihiro Noguchi, Taku Ito, Masatoki Takahashi, Ken Kitamura. Additional heterozygous 2507A>C mutation of WFS1 in progressive hearing loss at lower frequencies. Laryngoscope. 2010.01; 120 (1): 166-171. ( PubMed, DOI )

  47. Yoshiyuki Kawashima, Yoshihiro Noguchi, Taku Ito, Ken Kitamura. Vestibular evoked myogenic potentials in patients with the mitochondrial A1555G mutation. Laryngoscope. 2009.09; 119 (9): 1874-1879. ( PubMed, DOI )

  48. Taku Ito, Norihiko Ishikawa, Tatsuro Negishi, Kazuchika Ohno. Cardiac metastasis of tongue cancer may cause sudden death. Auris Nasus Larynx. 2008.09; 35 (3): 423-425. ( PubMed, DOI )

  49. Ito Taku, Ishikawa Norihiko, Negishi Tatsuro, Ohno Kazuchika. 突然死の原因となる舌癌の心臓への転移(Cardiac metastasis of tongue cancer may cause sudden death) Auris・Nasus・Larynx. 2008.09; 35 (3): 423-425. ( 医中誌 )

  50. T Ito, T Tsutsumi, K Ohno, T Takizawa, K Kitamura. Intracranial angiosarcoma arising from a schwannoma. J Laryngol Otol. 2007.01; 121 (1): 68-71. ( PubMed, DOI )

  51. Taku Ito, Yoshihiro Noguchi, Takatoshi Yashima, Ken Kitamura. SIX1 mutation associated with enlargement of the vestibular aqueduct in a patient with branchio-oto syndrome. Laryngoscope. 2006.05; 116 (5): 796-799. ( PubMed, DOI )

  52. Yoshihiro Noguchi, Takatoshi Yashima, Taku Ito, Takuro Sumi, Toshihiro Tsuzuku, Ken Kitamura. Audiovestibular findings in patients with mitochondrial A1555G mutation. Laryngoscope. 2004.02; 114 (2): 344-348. ( PubMed, DOI )

  53. Noguchi Y, Yashima T, Ito T, Sumi T, Tsuzuku T, Kitamura K. Audiovestibular findings in patients with mitochondrial A1555G mutation LARYNGOSCOPE. 2004.02; 114 (2): 344-+.

  54. 伊藤 卓, 山崎 あやめ, 堤 剛. ヘッドマウントディスプレイを用いた内リンパ嚢手術シミュレーション 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2021.06; (補冊157): 64. ( 医中誌 )

  55. 木村 真緒, 本田 圭司, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 川島 慶之, 渡邊 浩基, 堤 剛. 顔面神経鞘腫との鑑別を要した迷路上型錐体部真珠腫の1例 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2021.06; (補冊157): 59. ( 医中誌 )

  56. 松崎 理樹, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 堤 剛. 造瘻術によって症状の消失が得られたトーンワルト病の1例 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2021.06; (補冊157): 84. ( 医中誌 )

  57. 市原 寛子, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 川島 慶之, 山本 桂, 倉田 奈都子, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 堤 剛. 炎症性腸疾患患者に合併した耳症状の社会的・心理的影響の質問紙調査 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.06; 124 (6): 890-896. ( 医中誌 )

  58. 溝口 平恵, 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 竹田 貴策, 野口 佳裕, 喜多村 健, 堤 剛. アブミ骨手術における顕微鏡的アプローチと内視鏡的アプローチの比較 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 608. ( 医中誌 )

  59. 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 倉田 奈都子, 本田 圭司, 柳橋 賢, 高橋 正時, 堤 剛. 高齢者への人工内耳植込術 年齢により層別した手術成績 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 566. ( 医中誌 )

  60. 有泉 陽介, 伊藤 卓, 高橋 亮介, 堤 剛, 朝蔭 孝宏. 複合現実(MR:Mixed Reality)技術の頭蓋底手術ナビゲーションへの応用 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 582. ( 医中誌 )

  61. 倉田 奈都子, 川島 慶之, 大岡 知樹, 本田 圭司, 渡邊 裕基, 山本 桂, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 堤 剛. 聴神経腫瘍症例における内耳造影MRI所見と臨床像の検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 571. ( 医中誌 )

  62. 伊藤 卓, 山崎 あやめ, 堤 剛. 耳鼻咽喉科教育におけるExtended Reality技術の活用 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 620. ( 医中誌 )

  63. 毛利 香織, 藤川 太郎, 藤井 俊光, 澤田 光毅, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 堤 剛. 炎症性腸疾患に合併した聴覚障害に関する検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 571. ( 医中誌 )

  64. 堤 剛, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 朝蔭 孝宏. 外耳道癌切除後の側頭骨欠損部の処理について 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 583. ( 医中誌 )

  65. 清川 佑介, 有泉 陽介, 大野 十央, 伊藤 卓, 川島 慶之, 朝蔭 孝宏, 堤 剛. 外耳道扁平上皮癌の治療法選択と予後因子について 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.02; 124 (2): 95-102. ( 医中誌 )

  66. 本田 圭司, 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 鈴木 康弘, 堤 剛. 読影支援のための内耳造影MRIを模した内外リンパ腔連続断面画像 Equilibrium Research. 2020.12; 79 (6): 557-562. ( 医中誌 )

  67. 竹田 貴策, 川島 慶之, 伊藤 卓, 佐藤 尊陽, 藤川 太郎, 本田 圭司, 堤 剛. 経乳突洞アプローチによる閉鎖術が奏功したS状静脈洞骨壁欠損に伴う拍動性耳鳴症例 Otology Japan. 2020.12; 30 (4): 323-331. ( 医中誌 )

  68. 伊藤 卓. 血管条に分布するマクロファージ様細胞の役割について 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 57. ( 医中誌 )

  69. 伊藤 卓, 竹田 貴策, 川島 慶之, 佐藤 尊陽, 藤川 太郎, 本田 圭司, 山崎 あやめ, 堤 剛. 耳科手術ナビゲーションシステムにおけるAugmented Reality技術の応用 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 116. ( 医中誌 )

  70. 佐藤 尊陽, 竹田 貴策, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 堤 剛. 経乳突洞アプローチによる骨壁再建術が奏功したS状静脈洞骨壁欠損に伴う拍動性耳鳴症例 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 205. ( 医中誌 )

  71. 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 倉田 奈都子, 竹田 貴策, 大岡 知樹, 山本 桂, 堤 剛. 突発性難聴に対する高気圧酸素治療および鼓室内ステロイド注入療法の治療効果の傾向スコアマッチング解析 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 249. ( 医中誌 )

  72. 渡邊 浩基, 伊藤 卓, 川島 慶之, 本田 圭司, 藤川 太郎, 大岡 知樹, 堤 剛. 移動式画像撮影システムO-armの人工内耳手術における応用 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 127. ( 医中誌 )

  73. 堤 剛, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 渡邊 浩基. 外耳道扁平上皮癌の治療法選択と予後因子について 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 291. ( 医中誌 )

  74. 伊藤 卓. モデルマウスを用いたPendred症候群の聴平衡覚障害の病態解明 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 68. ( 医中誌 )

  75. 藤川 太郎, 本田 圭司, 伊藤 卓, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 川島 慶之, 堤 剛. グラディエント・エコー法を用いた造影3D MRIによるANCA関連血管炎性中耳炎の血管炎像の描出 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 254. ( 医中誌 )

  76. 本田 圭司, 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 堤 剛. 3Dプリンターで作成した内外リンパ腔のヒト内耳実体模型 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 152. ( 医中誌 )

  77. 渡邊 浩基, 伊藤 卓, 本田 圭司, 白 静, 大岡 知樹, 川島 慶之, 藤川 太郎, 池田 卓生, 堤 剛. Pendred症候群モデルマウスの前庭動眼反射の定量的評価 Equilibrium Research. 2020.10; 79 (5): 447. ( 医中誌 )

  78. 堤 剛, 大岡 知樹, 渡邊 浩基, 本田 圭司, 伊藤 卓, 池田 卓生. 前額断面および矢状断面での耳石動眼反射の3D-VOGを用いた計測について Equilibrium Research. 2020.10; 79 (5): 466. ( 医中誌 )

  79. 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. OTOPLANを用いて術前CTから推定した後天性難聴症例の蝸牛管長 人工内耳電極全挿入例と部分挿入例の比較 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2020.09; 123 (4): 1085. ( 医中誌 )

  80. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. 経外耳道的内視鏡下耳科手術における中耳リスクと術後聴力成績の関係について 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2020.09; 123 (4): 1063. ( 医中誌 )

  81. 本田 圭司, 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. 移動型術中イメージングシステムO-armによる側頭骨外科ナビゲーション 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2020.09; 123 (4): 1082. ( 医中誌 )

  82. 倉田 奈都子, 川島 慶之, 竹田 貴策, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 山本 桂, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 堤 剛. 各種の急性感音難聴症例における内耳遅延造影MRI所見の比較検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2020.09; 123 (4): 1059. ( 医中誌 )

  83. 青木 夏姫, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 伊藤 卓, 川島 慶之, 堤 剛. グルタミン酸受容体デルタ1欠損による進行性難聴の原因は外有毛細胞のcochlear synaptopathyである 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2020.09; 123 (4): 1057. ( 医中誌 )

  84. 伊藤 卓. 【医療現場発・手術ナビゲーションの新潮流】手術の精度向上に貢献する画像ガイドの今日的有用性 新たな手術シミュレーション技術によってもたらされる耳鼻咽喉科領域の新治療 VR、AR、MRをキーワードに 新医療. 2020.08; 47 (8): 76-80. ( 医中誌 )

  85. 伊藤 卓, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 白 静, 川島 慶之, 藤川 太郎, 堤 剛. マイクロCTを用いたPendred症候群モデルマウスの迷路骨包および耳石形態の検証 Equilibrium Research. 2020.08; 79 (4): 236-243. ( 医中誌 )

  86. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 竹田 貴策, 堤 剛. Middle Ear Risk Index(MERI)とOssiculoplasty Outcome Parameter Staging(OOPS)Indexを用いた内視鏡下鼓室形成術の術後聴力予測について Otology Japan. 2020.05; 30 (2): 122-126. ( 医中誌 )

  87. 本田 圭司, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. バルサルバ法により聴力改善を認めた外傷性耳小骨連鎖離断の1例 Otology Japan. 2020.05; 30 (2): 127-131. ( 医中誌 )

  88. 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 堤 剛. 耳小骨奇形に対する高精細4K内視鏡システムを用いた経外耳道的内視鏡下アブミ骨手術 Otology Japan. 2019.12; 29 (4): 297-301. ( 医中誌 )

  89. 堤 剛, 池田 卓生, 渡邊 浩基, 竹田 貴策, 本田 圭司, 伊藤 卓. 回旋性サッケードのmain sequenceのサンプリング頻度による差について Equilibrium Research. 2019.10; 78 (5): 430. ( 医中誌 )

  90. 渡邊 浩基, 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 本田 圭司, 竹田 貴策, 船曳 和雄, 池田 卓生, 堤 剛. 頭部傾斜によるマウスの静的な前庭動眼反射の評価 Equilibrium Research. 2019.10; 78 (5): 458. ( 医中誌 )

  91. 本田 圭司, 本庄 需, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 川島 慶之, 堤 剛. 温度刺激検査の3次元流体シミュレーション Equilibrium Research. 2019.10; 78 (5): 527. ( 医中誌 )

  92. 伊藤 卓, 竹田 貴策, 小出 暢章, 渡邊 愛, 川島 慶之, 堤 剛. 耳科手術における次世代型O-armナビゲーション手術の有用性 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 241. ( 医中誌 )

  93. 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. 耳内内視鏡下アブミ骨手術におけるReversal Steps Stapedotomyの有用性の検討 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 452. ( 医中誌 )

  94. 山崎 あやめ, 伊藤 卓, 堤 剛. 没入型バーチャルリアリティ用いた側頭骨モデルの可能性 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 205. ( 医中誌 )

  95. 堤 剛, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基. 当科における外耳道癌症例の短期治療成績 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 361. ( 医中誌 )

  96. 渡邊 浩基, 伊藤 卓, 本田 圭司, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 丸山 絢子, 真壁 彩音, 堤 剛. 前庭動眼反射検査と温度刺激検査を用いたPendred症候群モデルマウスの平衡障害の評価 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 515. ( 医中誌 )

  97. 本田 圭司, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. バルサルバ法により聴力改善を認めた外傷性耳小骨連鎖離断の1例 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 299. ( 医中誌 )

  98. 堤 剛, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基. ORBEYE使用経験 臨床上の有用性 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 137. ( 医中誌 )

  99. 藤川 太郎, 本田 圭司, 川島 慶之, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. 16Sメタゲノム解析による真珠腫性中耳炎と慢性中耳炎の菌叢の多様性の比較 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 226. ( 医中誌 )

  100. 倉田 奈都子, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 大岡 知樹, 野口 佳裕, 喜多村 健, 堤 剛. 耳硬化症の側頭骨CTにおける内耳道前壁憩室様所見の陽性率と臨床像の検討 Otology Japan. 2019.05; 29 (2): 168-173. ( 医中誌 )

  101. 岡田 隆平, 伊藤 卓, 野村 文敬, 立石 優美子, 有泉 陽介, 朝蔭 孝宏. Droplet digital PCRを用いた顎下腺疾患におけるヒトパピローマウイルスDNA量の定量化 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2019.04; 122 (4): 653. ( 医中誌 )

  102. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 堤 剛. 耳科手術における4K-3Dビデオ顕微鏡システムORBEYEの使用経験 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2019.04; 122 (4): 640. ( 医中誌 )

  103. 川島 慶之, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 喜多村 健, 堤 剛. 人工中耳Vibrant Soundbridge(VSB)術後にMRSA感染を生じ骨固定型補聴器Bahaへ変更した先天性外耳道閉鎖症例 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2019.04; 122 (4): 642. ( 医中誌 )

  104. 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 丸山 絢子, 船曳 和雄, 堤 剛. モデルマウスを用いたPendred症候群における平衡障害の病態解析 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2019.04; 122 (4): 577. ( 医中誌 )

  105. 藤川 太郎, 大庭 聖也, 川島 慶之, 真壁 彩音, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 堤 剛. 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の耳科学的臨床像 好酸球性中耳炎との比較において Otology Japan. 2019.02; 29 (1): 45-51. ( 医中誌 )

  106. 森 友里絵, 川島 慶之, 高橋 正時, 藤川 太郎, 丸山 絢子, 竹田 貴策, 立石 優美子, 伊藤 卓, 堤 剛. 難聴を伴った高安動脈炎の耳科学的臨床像 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2018.11; 121 (11): 1381-1388. ( 医中誌 )

  107. 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 本田 圭司, 堤 剛. マイクロCTを用いたPendred症候群モデルマウスの平衡障害の病態解析 Equilibrium Research. 2018.10; 77 (5): 447. ( 医中誌 )

  108. 竹田 貴策, 伊藤 卓, 横村 優, 川島 慶之, 藤川 太郎, 堤 剛. デノスマブ投与後に発症し急激に進行した外耳道真珠腫例 Otology Japan. 2018.09; 28 (4): 356. ( 医中誌 )

  109. 川島 慶之, 丸山 絢子, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 堤 剛. 蝶型軟骨を用いた経外耳道的内視鏡下鼓膜形成術 Otology Japan. 2018.09; 28 (4): 275. ( 医中誌 )

  110. 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 堤 剛. 耳小骨奇形に対する経外耳道的内視鏡下アブミ骨手術の有用性 Otology Japan. 2018.09; 28 (4): 473. ( 医中誌 )

  111. 堤 剛, 竹田 貴策, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 川島 慶之. 耳内内視鏡下に開放しえた錐体尖コレステリン嚢胞例 Otology Japan. 2018.09; 28 (4): 453. ( 医中誌 )

  112. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 竹田 喜策, 堤 剛. 当科における経外耳道的内視鏡下耳科手術 III型・IV型伝音再建の術後聴力成績 Otology Japan. 2018.09; 28 (4): 347. ( 医中誌 )

  113. 真壁 彩音, 伊藤 卓, 本田 圭司, 三輪 徹, 川島 慶之, 藤川 太郎, 堤 剛. マイクロCTを用いたSlc26a4ノックアウトマウス内耳形態の三次元解析 Otology Japan. 2018.09; 28 (4): 493. ( 医中誌 )

  114. 伊藤 卓. 【知っておきたい遺伝学的検査と遺伝外来ABC】《遺伝子変異による耳鼻咽喉科疾患》 めまい・平衡障害 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2018.07; 90 (8): 640-646. ( 医中誌 )

  115. 丸山 絢子, 川島 慶之, 平井 千晶, 竹田 貴策, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 真壁 彩音, 堤 剛. 一側半規管麻痺122例のMR脳槽撮影画像に基づく椎骨脳底動脈、前下小脳動脈、後下小脳動脈の走行形態の検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2018.04; 121 (4): 562. ( 医中誌 )

  116. 朝守 智明, 伊藤 卓, 本庄 需, 本田 圭司, 川島 慶之, 喜多村 健, 堤 剛. 好酸球性副鼻腔炎とPendrin発現の関連 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2018.04; 121 (4): 536. ( 医中誌 )

  117. 堤 剛, 竹田 貴策, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 川島 慶之. 中・後頭蓋窩良性腫瘍手術における顔面神経機能温存と再建の工夫 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2018.04; 121 (4): 586. ( 医中誌 )

  118. 朝守 智明, 伊藤 卓, 渡邊 浩基, 本庄 需, 本田 圭司, 堤 剛. 慢性副鼻腔炎の分類と鼻中隔彎曲の関連 日本鼻科学会会誌. 2018.04; 57 (1): 38-45. ( 医中誌 )

  119. 伊藤 卓. 【難聴と耳鳴の最新情報】 遺伝性難聴と難聴遺伝子 医学と薬学. 2018.02; 75 (3): 193-198. ( 医中誌 )

  120. 伊藤 卓, 鈴木 恵子, 堤 剛. 都市と農村における慢性副鼻腔炎の病態に関する研究 共済エグザミナー通信. 2017.10; (41): 20-27.

  121. 伊藤 卓, 鈴木 恵子, 堤 剛. 都市と農村における慢性副鼻腔炎の病態に関する研究 共済エグザミナー通信. 2017.10; (41): 20-27. ( 医中誌 )

  122. 野口 佳裕, 西尾 信哉, 伊藤 卓, 宇佐美 真一. BO症候群原因遺伝子SIX1 c.386A>G変異に対するハプロタイプ解析 Otology Japan. 2017.10; 27 (4): 335. ( 医中誌 )

  123. 伊藤 卓, 野口 佳裕, 川島 慶之, 藤川 太郎, 本田 圭司, 堤 剛. デジタルPCRを用いたSTRC遺伝子コピー数変化の検出 Otology Japan. 2017.10; 27 (4): 281. ( 医中誌 )

  124. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 倉田 奈都子, 大岡 知樹, 堤 剛. 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の耳科学的臨床像 好酸球性中耳炎との比較 Otology Japan. 2017.10; 27 (4): 628. ( 医中誌 )

  125. 真壁 彩音, 川島 慶之, 丸山 絢子, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 堤 剛. 全身投与されたアミノグリコシド系抗菌薬の内耳有毛細胞への進入経路の解明 Otology Japan. 2017.10; 27 (4): 555. ( 医中誌 )

  126. 倉田 奈都子, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 大岡 知樹, 野口 佳裕, 喜多村 健, 堤 剛. 耳硬化症の高分解能CTにおける内耳道前壁憩室様所見の陽性率と臨床像の検討 Otology Japan. 2017.10; 27 (4): 493. ( 医中誌 )

  127. 野口 佳裕, 伊藤 卓, 宇佐美 真一. NLRP3変異が同定されたCryopyrin関連周期熱症候群7例の聴平衡覚所見 耳鼻咽喉科免疫アレルギー. 2017.08; 35 (2): 86. ( 医中誌 )

  128. 本庄 需, 本田 圭司, 朝守 智明, 渡邊 浩基, 伊藤 卓, 畑中 章生, 川島 慶之, 堤 剛. 緊急気管切開を要した35症例の検討 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2017.07; (補冊150): 138. ( 医中誌 )

  129. 森 友里絵, 川島 慶之, 高橋 正時, 竹田 貴策, 丸山 絢子, 藤川 太郎, 立石 優美子, 伊藤 卓, 堤 剛. 難聴を伴った高安動脈炎8例の臨床像 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2017.04; 120 (4): 667. ( 医中誌 )

  130. 川島 慶之, 真壁 彩音, 丸山 絢子, 澤田 光毅, 平井 千晶, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 堤 剛. 一側性または両側性の聴覚情報の欠如が姿勢安定性に及ぼす影響の検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2017.04; 120 (4): 524. ( 医中誌 )

  131. 丸山 絢子, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 伊藤 卓, 堤 剛. 突発性難聴150例のMR脳槽撮影画像に基づく椎骨脳底動脈、前下小脳動脈、後下小脳動脈の走行形態の検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2017.04; 120 (4): 633. ( 医中誌 )

  132. 竹田 貴策, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 山本 桂, 丸山 絢子, 堤 剛. 脳表ヘモジデリン沈着症9例の耳科学的臨床像 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2017.04; 120 (4): 529. ( 医中誌 )

  133. 山田 雅人, 伊藤 卓, 小出 暢章, 渡邊 浩基, 朝蔭 孝宏. 手術治療を行った多発性対称性脂肪腫症例 頭頸部外科. 2017.02; 26 (3): 395-399.

  134. 渡邊 浩基, 伊藤 卓, 山田 雅人, 小出 暢章, 渡部 大樹, 今村 公俊, 東 裕哉, 堤 剛. 鼻内内視鏡手術を行った先天性鼻涙管嚢胞例 日本鼻科学会会誌. 2016.12; 55 (4): 544-548.

  135. 伊藤 卓. 【小児疾患診療のための病態生理 3 改訂第5版】 境界領域疾患 外耳奇形 小耳症、先天性耳瘻孔、外耳道狭窄症、外耳道閉鎖症 小児内科. 2016.11; 48 1095-1100.

  136. 竹田 貴策, 伊藤 卓, 川島 慶之, 畑中 章生, 渡部 誠一, 喜多村 健, 堤 剛. 小児深頸部感染症の臨床統計 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2016.11; 119 (11): 1379-1387.

  137. Takeda T, Ito T, Kawashima Y, Hatanaka A, Watanabe S, Kitamura K, Tsutsumi T. Clinical Characteristics of Pediatric Deep Neck Abscesses. Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho. 2016.11; 119 (11): 1379-87. ( PubMed )

  138. 伊藤 卓, 渡邊 浩基, 本庄 需, 朝守 智明, 堤 剛. 難聴を伴うeight-and-a-half症候群と考えられた橋出血の一例 Equilibrium Research. 2016.10; 75 (5): 398. ( 医中誌 )

  139. 伊藤 卓, 西尾 綾子, 喜多村 健. Slc26a4機能不全に伴う血管条構造の変化 Otology Japan. 2016.09; 26 (4): 240. ( 医中誌 )

  140. 朝守 智明, 伊藤 卓, 渡邊 浩基, 本庄 需, 堤 剛. 当院における好酸球性、非好酸球性副鼻腔炎手術例の比較検討 日本鼻科学会会誌. 2016.09; 55 (3): 393. ( 医中誌 )

  141. 西尾 綾子, 伊藤 卓, 喜多村 健. Slc26a4発現はSlc26a4機能不全マウスの聴力変動を抑制する Otology Japan. 2016.09; 26 (4): 372. ( 医中誌 )

  142. 山田 雅人, 竹田 貴策, 小出 暢章, 渡邊 浩基, 伊藤 卓. Cetuximab併用放射線治療中に肺障害を生じた3症例 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2016.04; 119 (4): 680. ( 医中誌 )

  143. 伊藤 卓, 西尾 綾子, 喜多村 健. SLC26A4機能不全は血管条の変性を主体とした進行性難聴を引き起こす 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2016.04; 119 (4): 610. ( 医中誌 )

  144. 川島 慶之, 野口 佳裕, 伊藤 卓, 水島 豪太, 高橋 正時, 喜多村 健, 堤 剛. 耳症状を主訴に受診したANCA関連血管炎20例の臨床像 全身型による比較検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2016.02; 119 (2): 110-117. ( 医中誌 )

  145. Yoshiyuki Kawashima, Yoshihiro Noguchi, Taku Ito, Kota Mizushima, Masatoki Takahashi, Ken Kitamura, Takeshi Tsutsumi. [Otologic Manifestations in Patients with ANCA Associated Vasculitis-Comparative Analysis among Microscopic Polyangiitis, Granulomatosis with Polyangiitis and Eosinophilic Granulomatosis with Polyangiitis]. Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho. 2016.02; 119 (2): 110-117. ( PubMed )

  146. 伊藤 卓, 岸根 有美, 竹田 貴策, 水島 豪太. 術前に診断しえた頸部結核と甲状腺乳頭癌合併例 日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌. 2015.09; 32 (Suppl.2): S279. ( 医中誌 )

  147. 伊藤 卓, 川島 慶之, 岸根 有美, 竹田 貴策. 中耳炎と両側顔面神経麻痺で発症した肥厚性硬膜炎例 Otology Japan. 2015.09; 25 (4): 731. ( 医中誌 )

  148. 渡邊 浩基, 伊藤 卓, 東 祐哉, 渡部 大樹. 手術を行った先天性鼻涙管嚢胞例 日本鼻科学会会誌. 2015.09; 54 (3): 391. ( 医中誌 )

  149. 喜多村 健, 石田 克紀, 峯川 明, 坂井 真, 角田 篤信, 川島 慶之, 水島 豪太, 伊藤 卓. 4例の中耳結核から得られた診断のポイント 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2015.04; 118 (4): 510. ( 医中誌 )

  150. 竹田 貴策, 水島 豪太, 小出 暢章, 畑中 章生, 川島 慶之, 伊藤 卓, 喜多村 健. 小児深頸部膿瘍の臨床的特徴 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2015.04; 118 (4): 512. ( 医中誌 )

  151. 小出 暢章, 水島 豪太, 竹田 貴策, 伊藤 卓. 当科における甲状腺腫瘍手術症例の細胞診と組織診の検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2015.04; 118 (4): 513. ( 医中誌 )

  152. 川島 慶之, 野口 佳裕, 高橋 正時, 伊藤 卓, 喜多村 健. 耳症状を主訴に当科を受診したANCA関連血管炎20例の臨床像 全身型による比較検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2015.04; 118 (4): 569. ( 医中誌 )

  153. 伊藤 卓, 山本 敦子, 川島 慶之, 福屋 吉史, 岸根 有美, 竹田 貴策, 長澤 正之. 深頸部膿瘍を反復した小児高IgE血症例 小児耳鼻咽喉科. 2015.03; 36 (1): 21-26. ( 医中誌 )

  154. 岸根 有美, 川島 慶之, 水島 豪太, 竹田 貴策, 鎌田 知子, 伊藤 卓, 喜多村 健. インフルエンザ罹患後に発症した喉頭蓋膿瘍の3例 日本気管食道科学会会報. 2014.12; 65 (6): 468-473. ( 医中誌 )

  155. 水島 豪太, 川島 慶之, 岸根 有美, 竹田 貴策, 得丸 貴夫, 伊藤 卓, 喜多村 健. 成人クループの3例 耳鼻咽喉科臨床. 2014.10; 107 (10): 825-832. ( 医中誌 )

  156. 水島 豪太, 伊藤 卓, 岸根 有美, 竹田 貴策, 喜多村 健. 著明な気脳症で発症した髄液鼻漏の1例 日本鼻科学会会誌. 2014.09; 53 (3): 438. ( 医中誌 )

  157. 伊藤 卓, 喜多村 健. Slc26a4 KO mouseにおける血管条内血管の評価 Otology Japan. 2014.09; 24 (4): 602. ( 医中誌 )

  158. 竹田 貴策, 水島 豪太, 岸根 有美, 鎌田 知子, 倉持 雅己, 小貫 琢哉, 伊藤 卓, 川島 慶之, 稲垣 雅春. 縦隔進展を認めた頸部壊死性筋膜炎の特徴 日本農村医学会雑誌. 2014.09; 63 (3): 347. ( 医中誌 )

  159. 竹田 貴策, 岸根 有美, 水島 豪太, 伊藤 卓. 小児喉頭麻痺症例の検討 小児耳鼻咽喉科. 2014.06; 35 (2): 134. ( 医中誌 )

  160. 伊藤 卓, 川島 慶之, 岸根 有美, 竹田 貴策, 福屋 吉史. 深頸部膿瘍を反復した小児高IgE血症例 小児耳鼻咽喉科. 2014.06; 35 (2): 103. ( 医中誌 )

  161. 伊藤 卓, 喜多村 健. SLC26A4機能不全は変動性難聴と血管条の変性を引き起こす 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2014.04; 117 (4): 508. ( 医中誌 )

  162. 野口 佳裕, 伊藤 卓, 川島 慶之, 西尾 綾子, 本田 圭司, 喜多村 健. 前庭水管拡大症を伴うSLC26A4、ATP6V1B1、SIX1変異例の聴平衡覚所見の検討 Equilibrium Research. 2013.04; 72 (2): 97-106. ( 医中誌 )

  163. 角田 篤信, 角 卓郎, 古宇田 寛子, 伊藤 卓, 得丸 貴夫, 山田 雅人, 岸川 正大, 白倉 聡, 大野 十央, 岸本 誠司. 当施設における頭蓋底手術について 外側頭蓋底手術(Lateral skull base surgery) 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2013.04; 116 (4): 408. ( 医中誌 )

  164. 角田 篤信, 伊藤 卓, 喜多村 健, 岸本 誠司. 【耳科教育-若手の育て方(II)】 当科における耳科手術指導 画像所見と解剖所見の有機的統合 Otology Japan. 2012.07; 22 (3): 209-213. ( 医中誌 )

  165. 角田 篤信, 伊藤 卓, 喜多村 健, 岸本 誠司. 耳科教育 若手の育て方 当科における耳科手術指導の工夫 画像所見と解剖所見の有機的統合 Otology Japan. 2011.10; 21 (4): 313. ( 医中誌 )

  166. 中村 裕之, 野口 佳裕, 高橋 正時, 伊藤 卓, 片山 諭, 喜多村 健. 悪性外耳道炎の3症例 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2011.04; 114 (4): 424. ( 医中誌 )

  167. 野村 文敬, 伊藤 卓, 岸本 誠司. 10歳小児に発生した原発性咽頭滑膜肉腫例 耳鼻咽喉科臨床. 2011.02; 104 (2): 123-127. ( 医中誌 )

  168. 籾山 直子, 野口 佳裕, 大野 十央, 伊藤 卓, 有泉 陽介, 中村 裕之, 高橋 正時, 西川 絵梨, 喜多村 健. 軽度難聴の急性感音難聴症例の検討 Audiology Japan. 2010.10; 53 (5): 551-552. ( 医中誌 )

  169. 野口 佳裕, 伊藤 卓, 西尾 綾子, 本田 圭司, 喜多村 健. 前庭水管拡大症を伴うSLC26A4、SIX1、ATP6V1B1変異例の聴平衡覚所見 Equilibrium Research. 2010.10; 69 (5): 359. ( 医中誌 )

  170. 中村 裕之, 野口 佳裕, 伊藤 卓, 大野 十央, 有泉 陽介, 高橋 正時, 藤川 太郎, 喜多村 健. 当科にて経験したベーチェット病に伴う感音難聴症例 Audiology Japan. 2010.10; 53 (5): 373-374. ( 医中誌 )

  171. 丸山 絢子, 伊藤 卓, 野口 佳裕, 西川 絵梨, 喜多村 健. 変動する両感音難聴を呈したミュンヒハウゼン症候群の一例 Audiology Japan. 2010.10; 53 (5): 379-380. ( 医中誌 )

  172. 高橋 正時, 野口 佳裕, 伊藤 卓, 中村 裕之, 大野 十央, 有泉 陽介, 藤川 太郎, 喜多村 健. 器質的障害に合併した機能性難聴の検討 Audiology Japan. 2010.10; 53 (5): 557-558. ( 医中誌 )

  173. 加藤 智史, 野口 佳裕, 伊藤 卓, 木村 百合香, 喜多村 健. 遺伝性難聴症例に対する網羅的・迅速検出法を用いた主要ミトコンドリアDNA点変異の解析(第2報) Otology Japan. 2010.09; 20 (4): 342. ( 医中誌 )

  174. 伊藤 卓, 角田 篤信, 喜多村 健. 側頭骨削開トレーニングのための側頭骨実体模型 トレーニングモデル作成上の工夫について Otology Japan. 2010.09; 20 (4): 657. ( 医中誌 )

  175. 伊藤 卓, 野口 佳裕, 大野 十央, 喜多村 健. 特発性両側性感音難聴の検討 孤発例と家族例の違い Audiology Japan. 2010.04; 53 (2): 150-157. ( 医中誌 )

  176. 伊藤 卓, 角田 篤信, 喜多村 健. 側頭骨削開用実体模型による指導と作成の工夫 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2010.04; 113 (4): 328. ( 医中誌 )

  177. 高橋 正時, 野口 佳裕, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 喜多村 健. 耳硬化症手術におけるコーンビームCTの有用性について 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2010.04; 113 (4): 327. ( 医中誌 )

  178. 野口 佳裕, 伊藤 卓, 喜多村 健. 前庭水管拡大症を伴うSIX1変異によるBranchio-oto症候群の聴平衡覚検査所見 Equilibrium Research. 2009.10; 68 (5): 367. ( 医中誌 )

  179. 角田 篤信, 伊藤 卓. 側頭骨実習(Hands on Seminar) Otology Japan. 2009.09; 19 (4): 277. ( 医中誌 )

  180. 伊藤 卓, 野口 佳裕, 大野 十央, 喜多村 健. 特発性両側性感音難聴の検討 孤発例と家族例の違い Audiology Japan. 2009.09; 52 (5): 261-262. ( 医中誌 )

  181. 大野 十央, 野口 佳裕, 川島 慶之, 伊藤 卓, 有泉 陽介, 中村 裕之, 喜多村 健. 突発性難聴発症後4週間以上経過した症例に対する高気圧酸素療法の検討 Audiology Japan. 2009.09; 52 (5): 279-280. ( 医中誌 )

  182. 加藤 智史, 野口 佳裕, 西垣 裕, 上野 仁美, 田中 雅嗣, 伊藤 卓, 木村 百合香, 喜多村 健. ミトコンドリア遺伝子変異網羅的検出法による遺伝性難聴373例の解析 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2009.04; 112 (4): 386. ( 医中誌 )

  183. 杉本 太郎, 岸本 誠司, 喜多村 健, 伊藤 卓, 神山 亮介, 林 智誠, 有泉 陽介, 大野 十央, 中村 裕之, 高橋 直人, 得丸 貴夫, 萩野 幸治, 川崎 夏子. 咽喉頭領域におけるKTPレーザー手術 その適応と今後の問題点 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2009.04; 112 (4): 397. ( 医中誌 )

  184. 中村 裕之, 喜多村 健, 野口 佳裕, 伊藤 卓, 川島 慶之. 真珠腫性中耳炎に対する乳突腔充填術の検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2009.04; 112 (4): 366. ( 医中誌 )

  185. 倉田 奈都子, 野口 佳裕, 杉本 太郎, 伊藤 卓, 岸本 誠司. 副耳下腺から発生した多形腺腫例 耳鼻咽喉科臨床. 2009.02; 102 (2): 121-125. ( 医中誌 )

  186. 川崎 夏子, 伊藤 卓, 喜多村 健. 【耳の奇形】 症状・診断 遺伝子診断とインフォームド・コンセント JOHNS. 2009.01; 25 (1): 67-71. ( 医中誌 )

  187. 野口 佳裕, 川島 慶之, 伊藤 卓, 喜多村 健. 平衡障害を示したミトコンドリアDNA1555点変異の1例 Equilibrium Research. 2008.10; 67 (5): 411. ( 医中誌 )

  188. 有泉 陽介, 大野 十央, 中村 裕之, 伊藤 卓, 野口 佳裕, 喜多村 健. TCI試用開始時アンケートによるTRTにおける予後因子の検討 Audiology Japan. 2008.09; 51 (5): 313-314. ( 医中誌 )

  189. 野村 文敬, 野口 佳宏, 伊藤 卓, 川島 慶之, 喜多村 健. 小児真珠腫の手術所見と臨床経過 Otology Japan. 2008.09; 18 (4): 413. ( 医中誌 )

  190. 野口 佳裕, 伊藤 卓, 川島 慶之, 喜多村 健. 中耳カルチノイドの1例 Otology Japan. 2008.09; 18 (4): 498. ( 医中誌 )

  191. 藤川 太郎, 野口 佳裕, 君塚 幸喜, 伊藤 卓, 川島 慶之, 野村 文敬, 西尾 綾子, 喜多村 健. 難聴の家族歴のある先天性アブミ骨上部構造固着症の1例 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2008.06; (補冊121): 95. ( 医中誌 )

  192. 野村 文敬, 岸本 誠司, 伊藤 卓. 中下咽頭に発生した滑膜肉腫の1症例 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2008.06; (補冊121): 70. ( 医中誌 )

  193. 倉田 奈都子, 野口 佳裕, 杉本 太郎, 伊藤 卓, 岸本 誠司. 副耳下腺多形腺腫の1例 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2008.06; (補冊121): 142. ( 医中誌 )

  194. 田崎 彰久, 伊藤 卓, 喜多村 健. 肥厚性硬膜炎による嗄声と嚥下障害を伴ったWegener肉芽腫症の1例 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2008.06; (補冊121): 130. ( 医中誌 )

  195. 野村 文敬, 岸本 誠司, 古宇田 寛子, 畑中 章生, 神山 亮介, 伊藤 卓. 当科で経験した滑膜肉腫5症例の検討 頭頸部癌. 2008.05; 34 (2): 231. ( 医中誌 )

  196. 伊藤 卓, 角田 篤信, 杉本 太郎, 岸本 誠司. 頭蓋底手術を行った頭蓋外三叉神経鞘腫症例の検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2008.04; 111 (4): 352. ( 医中誌 )

  197. 伊藤 卓, 岸本 誠司. 【癌を見落とさないために 頭頸部腫瘤の診かた】 症例から学ぶ 頭頸部悪性腫瘤 顎下部の腫瘤 JOHNS. 2008.04; 24 (4): 649-652. ( 医中誌 )

  198. 倉田 奈都子, 伊藤 卓, 喜多村 健. 【脳神経とその疾患】 脳神経障害の症候と検査Update 蝸牛神経・前庭神経 Clinical Neuroscience. 2007.09; 25 (9): 1015-1018. ( 医中誌 )

  199. 有泉 陽介, 畑中 章生, 伊藤 卓, 川島 慶之, 野口 佳裕, 喜多村 健. TCI試用後に装用継続を希望しなかった症例の検討 Audiology Japan. 2007.09; 50 (5): 299-300. ( 医中誌 )

  200. 長岡 みどり, 野口 佳裕, 川島 慶之, 伊藤 卓, 古宇田 寛子, 喜多村 健. 外耳道狭窄症に対する有茎耳後皮弁を用いた外耳道形成術 Otology Japan. 2007.09; 17 (4): 493. ( 医中誌 )

  201. 牧野 奈緒, 野口 佳裕, 伊藤 卓, 喜多村 健. 側頭骨に生じたGiant Cell Reparative Granulomaの一症例 Otology Japan. 2007.09; 17 (4): 553. ( 医中誌 )

  202. 稲吉 康比呂, 八島 隆敏, 畑中 章生, 野村 文敬, 伊藤 卓, 岸本 誠司. 副咽頭間隙原発悪性リンパ腫の2例 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2007.07; (補冊120): 104. ( 医中誌 )

  203. 清川 佑介, 杉本 太郎, 野口 佳裕, 伊藤 卓, 岸本 誠司. 舌根部に発生した筋肉内血管腫の1例 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2007.07; (補冊120): 77. ( 医中誌 )

  204. 伊藤 卓, 野口 佳裕, 八島 隆俊, 川島 慶之, 畑中 章生, 有泉 陽介, 喜多村 健. 難聴を初発症状とした顕微鏡的多発血管炎の検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2007.04; 110 (4): 378. ( 医中誌 )

  205. 角 卓郎, 石原 明子, 角田 篤信, 伊藤 卓, 三浦 昭順, 河野 辰幸, 岸本 誠司. ミニトラックが原因と考えられる声門下狭窄症例の検討 日本気管食道科学会会報. 2007.04; 58 (2): 252-253. ( 医中誌 )

  206. 川島 慶之, 野口 佳裕, 伊藤 卓, 八島 隆敏, 喜多村 健. ミトコンドリアDNA1555A>G変異症例の前庭誘発筋電位 Otology Japan. 2006.09; 16 (4): 263. ( 医中誌 )

  207. 畑中 章生, 野口 佳裕, 戸叶 尚史, 八島 隆敏, 川島 慶之, 伊藤 卓, 喜多村 健. 当科におけるTRTの治療効果の検討 Audiology Japan. 2006.09; 49 (5): 571-572. ( 医中誌 )

  208. 杉本 太郎, 岸本 誠司, 野口 佳裕, 伊藤 卓, 白倉 聡, 神山 亮介, 和佐野 有紀, 中村 裕之. 舌根部腫瘍の診断と治療 舌根部良性・低悪性腫瘍に対する手術アプローチ 口腔・咽頭科. 2006.08; 19 (1): 25. ( 医中誌 )

  209. 伊藤 卓, 野口 佳裕, 大野 十央, 八島 隆敏, 喜多村 健. 前庭水管拡大を合併する非症候群性難聴におけるSIX1変異 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2006.04; 109 (4): 418. ( 医中誌 )

  210. 杉本 太郎, 岸本 誠司, 野口 佳裕, 古宇田 寛子, 八島 隆敏, 白倉 聡, 伊藤 卓, 神山 亮介, 藤川 太郎, 高橋 正時. 副咽頭間隙腫瘍における手術方法の検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2006.04; 109 (4): 425. ( 医中誌 )

  211. 杉本 太郎, 岸本 誠司, 角田 篤信, 古宇田 寛子, 角 卓郎, 石原 明子, 川島 慶之, 伊藤 卓. ビデオ手術手技セミナー 副咽頭間隙へのアプローチ法 適応とコツ 経耳下腺法 下顎骨切断を避ける手術の工夫 口腔・咽頭科. 2006.03; 18 (2): 305-313. ( 医中誌 )

  212. 伊藤 卓, 喜多村 健. 【耳鼻咽喉科領域における難治性疾患】 遺伝性難聴 JOHNS. 2005.09; 21 (9): 1243-1246. ( 医中誌 )

  213. 神山 亮介, 伊藤 卓, 岸本 誠司. 【耳鼻咽喉科領域における難治性疾患】 エナメル上皮腫 JOHNS. 2005.09; 21 (9): 1338-1342. ( 医中誌 )

  214. 伊藤 卓, 野口 佳裕, 八島 隆敏, 藤川 太郎, 喜多村 健. SIX1遺伝子変異が同定されたBO症候群の1家系 Otology Japan. 2005.09; 15 (4): 338. ( 医中誌 )

  215. 畑中 章生, 戸叶 尚史, 川島 慶之, 八島 隆敏, 伊藤 卓, 野口 佳裕, 喜多村 健. TCI試用後にTRT療法を希望しなかった症例の検討 Audiology Japan. 2005.09; 48 (5): 301-302. ( 医中誌 )

  216. 杉本 太郎, 岸本 誠司, 角田 篤信, 古宇田 寛子, 角 卓郎, 石原 明子, 川島 慶之, 伊藤 卓. 副咽頭間隙へのアプローチ適応とコツ 経耳下腺法 口腔・咽頭科. 2005.08; 18 (1): 27. ( 医中誌 )

  217. 戸叶 尚史, 八島 隆敏, 川島 慶之, 畑中 章生, 伊藤 卓, 野口 佳裕, 喜多村 健. 当科を受診した両側性難聴例の難聴遺伝子変異 Otology Japan. 2004.09; 14 (4): 480. ( 医中誌 )

  218. 大野 十央, 伊藤 卓, 根岸 達郎, 石川 紀彦. 心筋刺激伝導系の障害により突然死した舌癌の1症例 頭頸部腫瘍. 2004.05; 30 (2): 260. ( 医中誌 )

  219. 岸本 誠司, 石川 紀彦, 伊藤 卓. 頭蓋底を中心とした頭頸部領域の手術におけるナビゲーションシステムの有用性について 耳鼻咽喉科展望. 2003.10; 46 (5): 404-408. ( 医中誌 )

  220. 伊藤 卓, 岸本 誠司. 【耳鼻咽喉科・頭頸部外科におけるナビゲーション手術】 頭頸部外科におけるナビゲーション手術とその将来 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2003.10; 75 (11): 799-803. ( 医中誌 )

  221. 伊藤 卓, 根岸 達郎, 八島 隆敏, 野口 佳裕, 喜多村 健. EYA1遺伝子変異が同定されたBO症候群の1家系 Otology Japan. 2003.09; 13 (4): 447. ( 医中誌 )

  222. 戸叶 尚史, 瀧口 賀隆, 岡村 洋沖, 前原 浩史, 川島 慶之, 伊藤 卓, 金沢 弘美, 中村 紘子, 牧野 奈緒, 岩崎 朱見, 喜多村 健. 通年性アレルギー性鼻炎における塩酸セチリジン(ジルテック)の有効性 通常投与量で十分な症状改善効果が得られない症例への増量投与の検討 新薬と臨牀. 2003.07; 52 (7): 1093-1097. ( 医中誌 )

  223. 伊藤 卓, 根岸 達朗, 石川 紀彦. TS-1による化学療法が著効した下咽頭癌再発症例 頭頸部腫瘍. 2003.05; 29 (2): 400. ( 医中誌 )

  224. 伊藤 卓, 堤 剛, 伴 有紀, 林 智誠, 岸本 誠司, 大野 喜久郎, 飯田 秀夫. 頭蓋底手術におけるナビゲーションシステムの応用 耳鼻咽喉科展望. 2002.10; 45 (5): 403-406. ( 医中誌 )

  225. 野口 佳裕, 八島 隆敏, 伊藤 卓, 都筑 俊寛, 喜多村 健. 非症候群性遺伝性難聴におけるミトコンドリアDNA1555点変異 Audiology Japan. 2002.09; 45 (5): 389-390. ( 医中誌 )

  226. 杉山 弘美, 小林 麻里, 古宇田 寛子, 木村 百合香, 川島 慶之, 伊藤 卓, 岸本 誠司. 【小児頭頸部の画像診断】 小児副鼻腔に発生した骨隆起性病変の3症例 小児耳鼻咽喉科. 2002.07; 23 (1): 17-18. ( 医中誌 )

  227. 伊藤 卓, 木村 百合香, 石川 紀彦, 岸本 誠司, 大野 喜久郎, 飯田 秀夫. 著明な眼球偏位を認めた鼻腔軟骨中皮性過誤腫の一例 頭頸部外科. 2002.06; 12 (1): 45-51. ( 医中誌 )

  228. 伊藤 卓, 木村 百合香, 岸本 誠司. 著明な眼球偏位を認めた幼児鼻副鼻腔内過誤腫の1例 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2002.05; 105 (5増刊): 705-706. ( 医中誌 )

  229. 岸本 誠司, 石川 紀彦, 前原 浩史, 堤 剛, 鈴木 政美, 杉山 弘美, 伊藤 卓, 和佐野 有紀, 林 智誠, 片山 諭. 頭蓋底外科におけるナビゲーション手術 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2002.04; 105 (4): 423. ( 医中誌 )

  230. 岸本 誠司, 飯田 秀夫, 木村 百合香, 伊藤 卓, 大野 喜久郎, 戸谷 剛. 著明な眼球偏位をきたした幼児鼻腔腫瘍 日本頭蓋顎顔面外科学会誌. 2002.04; 18 (1): 13-14. ( 医中誌 )

  231. 伊藤 卓, 古宇田 寛子, 石川 紀彦, 岸本 誠司. 冠状切開により摘出した下顎骨エナメル上皮腫の1例 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2002.01; 105 (1増刊): 82. ( 医中誌 )

  232. 石川 紀彦, 岸本 誠司, 合津 和央, 古宇田 寛子, 杉山 弘美, 伊藤 卓. 副咽頭間隙,側頭下窩良性腫瘍に対する手術アプローチについて 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2001.04; 104 (4): 448. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 伊藤 卓. 【小児疾患診療のための病態生理 3 改訂第5版】 境界領域疾患 外耳奇形 小耳症、先天性耳瘻孔、外耳道狭窄症、外耳道閉鎖症(解説/特集). 東京医学社, 2016.11

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 白 静, 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 倉田 奈都子, 堤 剛. マウスの生後における耳嚢石灰化過程のマイクロCTによる可視化(Calcification Process of the Otic Capsule in Postnatal Stage of Mice Visualized with Micro-CT). 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集 2021.10.01

  2. Taku Ito, Yoshihiro Noguchi, Yoshiyuki Kawashima Taro Fujikawa, Keiji Honda, Ken Kitamura, Takeshi Tsutsumi. Application of droplet digital PCR to determine copy number variation of STRC in mild to moderate hearing loss. the 6th East Asian Symposium on Otology (EASO 2018) 2018.05.25

  3. 伊藤 卓, 野口 佳裕, 川島 慶之, 藤川 太郎, 本田 圭司, 堤 剛. デジタルPCRを用いたSTRC遺伝子コピー数変化の検出. 2017.11.23

  4. 伊藤卓. Slc26a4機能不全に伴う血管条構造の変化. 第26回日本耳科学会総会・学術講演会 2016.10.06

  5. 伊藤 卓, 本田 圭司, 山崎 あやめ, 堤 剛. 3Dホログラムと内耳実体模型の平衡医学教育への活用. Equilibrium Research 2021.10.01

  6. 青木 夏姫, 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 堤 剛. 中耳炎を合併しMRIで血管炎との関連が示唆された巨細胞性動脈炎の一例. 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集 2021.10.01

  7. 土井 勝美, 岩崎 聡, 大崎 康宏, 伊藤 卓, 白井 杏湖, 藤田 岳, 吉田 晴郎, 新規医療委員会人工聴覚器手術-症例登録システムWG. 人工聴覚器手術 症例登録システムWG 2021年度活動報告. 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集 2021.10.01

  8. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 青木 夏姫, 堤 剛. 真珠腫性中耳炎における外耳道内マイクロバイオームの変容 種レベルの16Sメタゲノム解析. 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集 2021.10.01

  9. 渡邊 浩基, 伊藤 卓, 本田 圭司, 川島 慶之, 藤川 太郎, 大岡 知樹, 池田 卓生, 堤 剛. 温度刺激検査を用いたPendred症候群モデルマウスの前庭機能評価 病的回旋運動や内耳形態との関連について. Equilibrium Research 2021.10.01

  10. 倉田 奈都子, 川島 慶之, 伊藤 卓, 大岡 知樹, 藤川 太郎, 山本 桂, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 堤 剛. 微小な迷路内神経鞘腫の診断における内耳遅延造影MRIの有用性. 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集 2021.10.01

  11. 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 堤 剛. 側頭骨耳科手術におけるExtended Reality技術の活用. 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集 2021.10.01

  12. 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. OTOPLANを用いて術前CTから推定した後天性難聴症例の蝸牛管長 人工内耳電極全挿入例と部分挿入例の比較. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  13. 青木 夏姫, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 伊藤 卓, 川島 慶之, 堤 剛. グルタミン酸受容体デルタ1欠損による進行性難聴の原因は外有毛細胞のcochlear synaptopathyである. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  14. 倉田 奈都子, 川島 慶之, 竹田 貴策, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 山本 桂, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 堤 剛. 各種の急性感音難聴症例における内耳遅延造影MRI所見の比較検討. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  15. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. 経外耳道的内視鏡下耳科手術における中耳リスクと術後聴力成績の関係について. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  16. 本田 圭司, 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. 移動型術中イメージングシステムO-armによる側頭骨外科ナビゲーション. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  17. 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. OTOPLANを用いて術前CTから推定した後天性難聴症例の蝸牛管長 人工内耳電極全挿入例と部分挿入例の比較. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  18. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. 経外耳道的内視鏡下耳科手術における中耳リスクと術後聴力成績の関係について. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  19. 本田 圭司, 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. 移動型術中イメージングシステムO-armによる側頭骨外科ナビゲーション. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  20. 倉田 奈都子, 川島 慶之, 竹田 貴策, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 山本 桂, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 堤 剛. 各種の急性感音難聴症例における内耳遅延造影MRI所見の比較検討. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  21. 青木 夏姫, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 伊藤 卓, 川島 慶之, 堤 剛. グルタミン酸受容体デルタ1欠損による進行性難聴の原因は外有毛細胞のcochlear synaptopathyである. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  22. 岡田 隆平, 伊藤 卓, 野村 文敬, 立石 優美子, 有泉 陽介, 朝蔭 孝宏. Droplet digital PCRを用いた顎下腺疾患におけるヒトパピローマウイルスDNA量の定量化. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2019.04.01

  23. 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 丸山 絢子, 船曳 和雄, 堤 剛. モデルマウスを用いたPendred症候群における平衡障害の病態解析. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2019.04.01

  24. 川島 慶之, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 喜多村 健, 堤 剛. 人工中耳Vibrant Soundbridge(VSB)術後にMRSA感染を生じ骨固定型補聴器Bahaへ変更した先天性外耳道閉鎖症例. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2019.04.01

  25. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 堤 剛. 耳科手術における4K-3Dビデオ顕微鏡システムORBEYEの使用経験. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2019.04.01

  26. 岡田 隆平, 伊藤 卓, 野村 文敬, 立石 優美子, 有泉 陽介, 朝蔭 孝宏. Droplet digital PCRを用いた顎下腺疾患におけるヒトパピローマウイルスDNA量の定量化. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2019.04.01

  27. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 堤 剛. 耳科手術における4K-3Dビデオ顕微鏡システムORBEYEの使用経験. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2019.04.01

  28. 川島 慶之, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 喜多村 健, 堤 剛. 人工中耳Vibrant Soundbridge(VSB)術後にMRSA感染を生じ骨固定型補聴器Bahaへ変更した先天性外耳道閉鎖症例. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2019.04.01

  29. 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 丸山 絢子, 船曳 和雄, 堤 剛. モデルマウスを用いたPendred症候群における平衡障害の病態解析. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2019.04.01

  30. 野口 佳裕, 西尾 信哉, 伊藤 卓, 宇佐美 真一. BO症候群原因遺伝子SIX1 c.386A>G変異に対するハプロタイプ解析. 2017.11.23

  31. 倉田 奈都子, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 大岡 知樹, 野口 佳裕, 喜多村 健, 堤 剛. 耳硬化症の高分解能CTにおける内耳道前壁憩室様所見の陽性率と臨床像の検討. 2017.11.23

  32. 真壁 彩音, 川島 慶之, 丸山 絢子, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 堤 剛. 全身投与されたアミノグリコシド系抗菌薬の内耳有毛細胞への進入経路の解明. 2017.11.23

  33. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 倉田 奈都子, 大岡 知樹, 堤 剛. 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の耳科学的臨床像 好酸球性中耳炎との比較. 2017.11.22

  34. 本庄 需, 本田 圭司, 朝守 智明, 渡邊 浩基, 伊藤 卓, 畑中 章生, 川島 慶之, 堤 剛. 緊急気管切開を要した35症例の検討. 2017.07.06

  35. 川島 慶之, 真壁 彩音, 丸山 絢子, 澤田 光毅, 平井 千晶, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 堤 剛. 一側性または両側性の聴覚情報の欠如が姿勢安定性に及ぼす影響の検討. 2017.05.18

  36. 森 友里絵, 川島 慶之, 高橋 正時, 竹田 貴策, 丸山 絢子, 藤川 太郎, 立石 優美子, 伊藤 卓, 堤 剛. 難聴を伴った高安動脈炎8例の臨床像. 2017.05.18

  37. 丸山 絢子, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 伊藤 卓, 堤 剛. 突発性難聴150例のMR脳槽撮影画像に基づく椎骨脳底動脈、前下小脳動脈、後下小脳動脈の走行形態の検討. 2017.05.18

  38. 竹田 貴策, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 山本 桂, 丸山 絢子, 堤 剛. 脳表ヘモジデリン沈着症9例の耳科学的臨床像. 2017.05.18

  39. 野口 佳裕, 伊藤 卓, 宇佐美 真一. NLRP3変異が同定されたCryopyrin関連周期熱症候群7例の聴平衡覚所見. 2017.04.13

  40. 伊藤卓. 難聴を伴うeight-and-a-half症候群と考えられた橋出血の一例. 第75回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 2016.10.27

  41. 伊藤卓. SLC26A4機能不全は血管条の変性を主体とした進行性難聴を引き起こす. 第117回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会 2016.05.18

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Travel Grant Award,The EASO 2018 Organizing Committee ,2018年05月