基本情報

写真a

峰岸 沙希(ミネギシ サキ)

MINEGISHI Saki


職名

助教

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/legm/houshi_top.html

研究分野・キーワード

法歯学、ラセミ化、アスパラギン酸、年齢推定

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京歯科大学  歯学部  2013年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  博士課程  2020年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 法歯学 大学院生
  • 2020年04月
    -
    2022年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 法歯学 特任助教
  • 2022年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 法歯学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本法歯科医学会

  • 日本法医学会

  • 日本犯罪学会

  • D-アミノ酸学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会系歯学

  • 法歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 個人識別におけるアミノ酸ラセミ化を用いた年齢推定法

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ピンク歯現象の発色および退色機序に関する検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2022年 - 2024年

  • 歯を用いた生化学的、形態学的及び画像解析による個人識別手段の検証

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2023年

  • 象牙質アミノ酸ラセミ化法による年齢推定に用いる標準試料の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 歯を用いた生化学的、形態学的及び画像解析による個人識別手段の検証

    文部科学省/日本学術振興会

  • ラセミ化反応による口腔疾患とD-アスパラギン酸産生との関連

    文部科学省/日本学術振興会

  • 高齢者の身体的虐待の特徴と傾向に基づく関連機関の連携に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Namiki S, Utsuno H, Makino Y, Minegishi S, Toya M, Iwase H, Sakurada K. Estimation of missing mandible from the skull using postmortem CT images. Legal medicine (Tokyo, Japan). 2023.11; 65 102321. ( PubMed, DOI )

  2. Saitoh H, Takeyama M, Moriya T, Yusa K, Minegishi S, Torimitsu S, Chiba F, Hoshioka Y, Nagasawa S, Iino M, Sakurada K, Iwase H, Tokanai F. Usefulness of powdered crown of mandibular first premolars in birth year estimation by radiocarbon dating. Journal of forensic and legal medicine. 2023.10; 100 102607. ( PubMed, DOI )

  3. Ohta J, Minegishi S, Noda N, Sakurada K. Estimating the way of deposition of saliva stains using quantitative analysis of forensic salivary biomarkers. Legal medicine (Tokyo, Japan). 2023.09; 64 102277. ( PubMed, DOI )

  4. Sumi N, Minegishi S, Ohta J, Utsuno H, Sakurada K. Study on the Mechanism of the Pink Tooth Phenomenon Using Bovine Teeth: A Pilot Study. Diagnostics (Basel, Switzerland). 2023.08; 13 (16): ( PubMed, DOI )

  5. Minegishi S, Utsuno H, Ohta J, Namiki S, Toya M, Sumi N, Saitoh H, Sakurada K. Comparison of racemization rates between vital and endodontically treated teeth for age estimation. Legal medicine (Tokyo, Japan). 2023.03; 61 102189. ( PubMed, DOI )

  6. Mizuno S, Ono S, Makino Y, Tsuneya S, Kobayashi S, Ishii N, Sakuma A, Sakurada K, Minegishi S, Utsuno H, Chiba F, Yamaguchi R, Torimitsu S, Iwase H. Validity of dental findings for identification by postmortem computed tomography. Forensic science international. 2022.12; 341 111507. ( PubMed, DOI )

  7. Toya M, Minegishi S, Utsuno H, Ohta J, Namiki S, Unuma K, Uemura K, Sakurada K. Forensic Characteristics of Physical Elder Abuse and Current Status and Issues of Collaboration between Forensic Medicine Departments and Related Institutions in Japan. International journal of environmental research and public health. 2022.11; 19 (22): ( PubMed, DOI )

  8. Mariko Kazuta, Utsuno Hajime, Yohsuke Makino, Saki Minegishi, Hirotaro Iwase, Koichi Sakurada. A post-mortem computed tomography imaging method for predicting the anteroposterior and superoinferior positions of the Japanese adult eyeball in the orbit Forensic Imaging. 2022.06; 29 ( DOI )

  9. Saki Minegishi, Hisako Saitoh, Hajime Utsuno, Jun Ohta, Shuuji Namiki, Maiko Toya, Nozomi Sumi, Koichi Sakurada. Association of Cadaveric Factors with the Degree and Region of Discoloration on Pink Teeth: An Approach to Serial Cases Applied Sciences. 2022.04; ( DOI )

  10. Saki Minegishi, Hajime Utsuno, Jun Ohta, Shuuji Namiki, Maiko Toya, Nozomi Sumi, Kana Unuma, Hisako Saitoh, Hirotaro Iwase, Koichi Uemura, Koichi Sakurada. Sixty-eight cases of postmortem pink teeth observed in dental autopsies of unidentified cadavers Journal of Forensic Sciences. 2022.02; ( DOI )

  11. Ohta J, Konishi-Kato Y, Minegishi S, Sakurada K. Oral bacterial DNA-based discrimination of human and canine saliva for the analysis of indistinct bite marks. Forensic science international. Genetics. 2021.07; 54 102566. ( PubMed, DOI )

  12. Chihiro Tanaka, Hajime Utsuno, Yohsuke Makino, Saki Minegishi, Jun Ohta, Hirotaro Iwase, Koichi Sakurada. Facial soft tissue thickness of the Japanese population determined using post mortem computed tomography images Forensic Imaging Forensic Imaging. 2020.12; 23

  13. Ohta Jun, Noda Nanaka, Minegishi Saki, Sakurada Koichi. Application of DNA repair for Streptococcus salivarius DNA-based identification of saliva from ultraviolet-exposed samples FORENSIC SCIENCE INTERNATIONAL. 2020.01; 306 110077. ( PubMed, DOI )

  14. Saki Minegishi, Susumu Ohtani, Kanako Noritake, Takeshi Funakoshi, Namiko Ishii, Hajime Utsuno, Ayaka Sakuma, Hisako Saitoh, Satoshi Yamaguchi, Eriko Marukawa, Hiroyuki Harada, Koichi Uemura, Koichi Sakurada. Preparation of dentin standard samples for age estimation based on increased aspartic acid racemization rate by heating. Leg Med . 2019.05; 38 25-31. ( PubMed, DOI )

  15. Utsuno Hajime, Kageyama Toru, Uchida Keiicchi, Ishii Namiko, Minegishi Saki, Uemura Koichi, Sakurada Koichi. Establishment of a prediction method for the mid-facial region of unknown human Mongoloid skeletal remains FORENSIC SCIENCE INTERNATIONAL. 2018.07; 288 297-303. ( PubMed, DOI )

  16. 大田 隼,大村 雅子,峰岸 沙希,櫻田 宏一. α-アミラーゼ測定キットを用いた唾液予備検査の法科学的評価 日本法科学技術学会誌. 2021.07; 26 (2): 231-238. ( DOI )

  17. 峰岸 沙希,櫻田 宏一. 1本の歯から年齢を推定する法歯学的手法 口腔病学会雑誌. 2020.03; 87 (1): 8.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Shuuji Namiki, Hjime Utusno, Yosuke Makino, Saki Minegishi, Maiko Toya, Nozomi Sumi, Hirotaro Iwase, Koichi Sakurada. Method for estimating missing mandible from the skull using postmortem CT images. 第107次日本法医学会学術全国集会 2023.06.08 小田原市

  2. ハナフィ ムハンマド ギャリー シャーリザル, 宇都野 創, 峰岸 沙希, 櫻田 宏一. インドネシアにおける歯科法医学の現状. 日本法歯科医学会第17回学術大会 2023.05.14 東京医科歯科大学

  3. Hajime Utsuno, Shuuji Namiki, Yohsuke Makino, Saki Minegishi, Maiko Toya, Nozomi Sumi, Hirotaro Iwase, Koichi Sakurada. Landmark comparisons of the alar region in the prediction of the ala of the nose using post-mortem computed tomography images. The Nineteenth Biennial Scientific Meeting of the International Association for Craniofacial Identification 2022.07.29 Liverpool, UK

  4. 宇都野 創,並木修司,槇野陽介,斉藤久子,峰岸沙希,戸谷麻衣子,岩瀬博太郎,櫻田宏一. 日本人の頭蓋骨における鼻翼部推定法確立のための検討. 第105次日本法医学会学術全国集会 2021.06.10 誌上開催

  5. 大田 隼,峰岸 沙希, 宇都野 創, 櫻田 宏一. Comparison of bacterial DNA and human RNA markers for identification of saliva from forensic samples. 第104次日本法医学会学術全国集会 2020.09.24

  6. Namiko Ishii, Hisako Saitoh, Hajime Utsuno, Saki Minegishi, Koichi Sakurada.. Improvement of the age estimation method using dentin aspartic acid racemization: Study of aspartic acid extraction technique. . 24th Congress of the International Academy of Legal Medicine 2018.06.08

  7. Saki Minegishi, Namiko Ishii, Hajime Utsuno, Kanako Noritake, Takeshi Funakoshi, Koichi uemura, Ayaka Sakuma, Hisako Saitoh, Susumu Ohtani, Koichi Sakurada. . Preparation of dentin satndard samples for age estimation based on increased aspartic acid racemization rate with overheating. The 102nd Congress of the Japanese Society of Legal Mdicine 2018.06.07 Fukuoka

  8. 峰岸沙希, 鵜沼香奈, 上村公一, 櫻田宏一. 身元不明遺体の歯科所見と厚労省歯科疾患実態調査との比較・検討. 第60回日本犯罪学会総会 2023.11.25 東京医科歯科大学

  9. 宇都野 創, 並木 修司, 槇野 陽介, 斉藤 久子, 峰岸 沙希, 戸谷 麻衣子, 壽美 望, 大田 隼, 岩瀬 博太郎, 櫻田 宏一. 日本人頭蓋骨の復顔における耳介部の形態推定に関する検討. 第107次日本法医学会学術全国集会 2023.06.08 小田原市

  10. 岡 広子, 斉藤 久子, 峰岸 沙希, 長尾 正崇. ベトナムで歯科治療に使用されている材料の検証. 第107次日本法医学会学術全国集会 2023.06.08 小田原市

  11. 阿久津 智子, 峰岸 沙希, 渡邊 賢, 櫻田 宏一. 月経血の検査法開発のための月経血マーカーの探索および評価. 第107次日本法医学会学術全国集会 2023.06.08 小田原市

  12. 壽美 望, 峰岸 沙希, 宇都野 創, 並木 修司, 戸谷 麻衣子, 大田 隼, 斉藤 久子, 櫻田 宏一. ピンク歯現象における発色機序に関する研究‐ヘモグロビン及び分解物、並びに紅色色素産生菌との関与の検討‐. 日本法歯科医学会第17回学術大会 2023.05.14 東京医科歯科大学

  13. 峰岸 沙希, 鵜沼 香奈, 上村 公一, 櫻田 宏一. 身元不明死体の歯科所見と死体状況等における関連性についての検討. 第59回日本犯罪学会総会 2022.11.26 文京区

  14. 峰岸 沙希, 斉藤 久子, 宇都野 創, 大田 隼, 並木 修司, 戸谷 麻衣子, 壽美 望, 櫻田 宏一. ピンク歯の発色程度および範囲と死体状況との関連. 第91回日本法医学会学術関東地方集会 2022.10.08 千葉市

  15. 戸谷 麻衣子, 峰岸 沙希, 宇都野 創, 大田 隼, 並木 修司, 鵜沼 香奈, 上村 公一, 櫻田 宏一. 高齢者の身体的虐待の法医学的特徴と関連機関における連携に関する現状と課題. 2022.09.10 足立区

  16. 櫻田宏一、峰岸沙希、井上惠司、中島孝至、寺田仁志. 身元不明死体の歯科所見採取時に見られたピンク歯現象と死体状況との関連. 第19回警察歯科医会全国大会 2022.08.06 大阪

  17. 宇都野創,數田茉莉子,槇野陽介,斉藤久子,並木修司,峰岸沙希,戸谷麻衣子,大田 隼,岩瀬博太郎,櫻田宏一. 死後CT画像を用いた日本人成人頭蓋骨の眼窩と眼球の位置関係に関する研究. 第106次日本法医学会学術全国集会 2022.06.09 名古屋

  18. 大田 隼,峰岸沙希,野田菜央,宇都野創,櫻田宏一. 唾液試料の状態変化による唾液識別マーカーの性質的変化. 第106次日本法医学会学術全国集会 2022.06.09

  19. 斉藤 久子、峰岸 沙希、鳥光 優、千葉 文子、星岡 佑美、永澤 明佳、石井 名実子、岩瀬 博太郎、櫻田 宏一. 下顎第一小臼歯の全歯冠部粉末の放射線炭素濃度によるヒトの出生年推定. 日本法歯科医学会第16回学術大会 2022.05.15 横浜

  20. 壽美 望、峰岸 沙希、宇都野 創、並木 修司、戸谷 麻衣子、大田 隼、櫻田 宏一. ピンク歯現象における発色機序に関する研究 - ウシの歯を用いた基礎的検討 -. 日本法歯科医学会第16回学術大会 2022.05.15 横浜

  21. 峰岸 沙希,並木 修司,大田 隼,戸谷 麻衣子,壽美 望,宇都野 創,斉藤 久子,櫻田 宏一. 年齢推定に用いる生活歯および失活歯のラセミ化率の比較検討. 日本法歯科医学会第15回学術大会 2021.07.31 京都

  22. 並木 修司,宇都野 創,槇野 陽介,峰岸 沙希,戸谷 麻衣子,壽美 望,岩瀬 博太郎,櫻田 宏一. 日本人集団における死後CT画像を用いた頭蓋骨からの欠損下顎骨推定法の確立. 日本法歯科医学会第15回学術大会 2021.07.31 京都

  23. 峰岸沙希,大田 隼,並木修司,戸谷麻衣子,宇都野 創,船越丈司,斉藤久子,岩瀬博太郎,上村公一,櫻田宏一. 象牙質ラセミ化法による年齢推定における失活歯の影響について. 第105次日本法医学会学術全国集会 2021.06.11 誌上開催

  24. 大田 隼,加藤優子,峰岸沙希,櫻田宏一. 細菌DNAを指標としたヒトおよびイヌ唾液の同定-分子生物学的な咬傷解析法の開発. 日本法科学技術学会第26回学術集会 2020.11.12

  25. 宇都野 創,槇野 陽介,並木 修司,峰岸 沙希,大田 隼,戸谷 麻衣子,岩瀬 博太郎,櫻田 宏一. 日本人男性の頭蓋骨における鼻翼部推定法確立のための研究. 第89回日本法医学会学術関東地方集会 2020.10.10

  26. 峰岸 沙希、宇都野 創、大田 隼、石井 名実子、咲間 彩香、並木 修司、戸谷 麻衣子、斉藤 久子、槇野 陽介、櫻田 宏一. 身元不明死体の歯科所見と死体状況との関連性に関する検討(第1報). 日本法歯科医学会第14回学術大会 2020.10.04

  27. 宇都野 創,槇野 陽介,斉藤 久子,峰岸 沙希,大田 隼,岩瀬 博太郎,櫻田 宏一. 日本人成人の三次元的顔面軟組織厚に関する研究. 第104次日本法医学会学術全国集会 2020.09.24

  28. 峰岸 沙希,大田 隼,田中 千紘,宇都野 創,石井 名実子,斉藤 久子,櫻田 宏一. 象牙質ラセミ化法の年齢推定における酵素を用いた標準試料作製の検討. 日本法歯科医学会第13回学術大会 2019.11.03 広島県歯科医師会館

  29. 宇都野 創,田中 千紘,槇野 陽介,斉藤 久子,峰岸 沙希,大田 隼,岩瀬 博太郎,櫻田 宏一. 上顎骨の梨状口周囲における鼻翼形態の推定法に関する研究. 第88回日本法医学会学術関東地方集会 2019.10.12 慶応義塾大学

  30. 石井 名実子,斉藤 久子,宇都野 創,峰岸 沙希,櫻田 宏一.. 象牙質のアスパラギン酸におけるラセミ化反応を用いた年齢推定法の改良~アミノ酸の抽出法の検討~. 日本法歯科医学会第11回学術大会 2017.11.18 明海大学

  31. 斉藤 久子,咲間 彩香,石井 名実子,宇都野 創,峰岸 沙希,矢島 大介,猪口 剛,本村 あゆみ,井之上 弘幸,永澤 明佳,槇野 陽介,千葉 文子,櫻田 宏一,岩瀬 博太郎.. 歯科所見採取におけるCT再構成画像の有用性. 日本法歯科医学会第11回学術大会 2017.11.18 明海大学

  32. 斉藤 久子,咲間 彩香,石井 名実子,宇都野 創,峰岸 沙希,矢島 大介,猪口 剛,本村 あゆみ,槇野 陽介,千葉 文子,鳥光 優,櫻田 宏一,岩瀬 博太郎.. 死後CT再構成画像が口腔内所見採取において有用であった3例. 第86回日本法医学会学術関東地方集会 2017.10.28 杏林大学

  33. 峰岸 沙希,石井 名実子,宇都野 創,則竹 香菜子,船越 丈司,上村 公一,咲間 彩香,斉藤 久子,大谷 進,櫻田 宏一.. 歯を用いたアミノ酸ラセミ化による年齢推定法のための標準試料作製に関する基礎的研究. 第101次日本法医学会学術全国集会 2017.06.09 岐阜市 長良川国際会議場

  34. 宇都野 創,石井 名実子,峰岸 沙希,櫻田 宏一.. 日本人男性頭蓋骨からの鼻下点推定に関する研究. 第101次日本法医学会学術全国集会 2017.06.09 岐阜市 長良川国際会議場

  35. 大谷 進,井口 蘭,猩々 英紀,安達 登,峰岸 沙希,櫻田 宏一,則竹 香菜子,船越 丈司,上村 公一.. 硬組織におけるD-アスパラギン酸の比較. 第101次日本法医学会学術全国集会 2017.06.09 岐阜市 長良川国際会議場

  36. 宇都野 創,石井 名実子,峰岸 沙希,櫻田 宏一.. 復顔法を実施する際の留意すべき男女差と咬合状態. 第15回警察歯科医会全国大会 2016.09.03 岐阜市 グランドホテル

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第13回学術大会賞,日本法歯科医学会,2019年11月

  • Student Poster Forum 優秀賞,第102次日本法医学会学術全国集会,2018年06月