基本情報

写真a

小沼 博明(オヌマ ヒロアキ)

ONUMA Hiroaki


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  卒業

  • 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 博士課程  2020年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  博士課程  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 大学院生
  • 2019年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 大学院生
  • 2024年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 感覚・皮膚・運動機能診療領域 整形外科 助教
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Motonori Hashimoto, Takashi Hirai, Kenichiro Sakai, Kentaro Yamada, Kentaro Sakaeda, Jun Hashimoto, Satoru Egawa, Shingo Morishita, Yu Matsukura, Hiroyuki Inose, Yutaka Kobayashi, Hiroaki Onuma, Kyohei Sakaki, Masaki Tomori, Ichiro Torigoe, Miharu Ochi, Hiroki Ishiguro, Satoshi Tamura, Shuta Ushio, Tsuyoshi Yamada, Norihiko Miyake, Kazuo Kusano, Kazuyuki Otani, Shigeo Shindo, Yoshiyasu Arai, Atsushi Okawa, Toshitaka Yoshii. Comparison of Postoperative Complications and Outcomes in Anterior Cervical Spine Surgery: Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament Versus Cervical Spondylotic Myelopathy. Clin Spine Surg. 2024.05; 37 (4): 170-177. ( PubMed, DOI )

  2. Onuma H, Inokoshi M, Xu K, Minakuchi S. Fracture strength of porcelain veneer on surface-treated zirconia. Dental materials journal. 2024.03; 43 (2): 263-268. ( PubMed, DOI )

  3. Takashi Hirai, Satoru Egawa, Kenichiro Sakai, Hiroaki Onuma, Jun Hashimoto, Kurando Utagawa, Shingo Morishita, Kentaro Yamada, Yu Matsukura, Yoshiyasu Arai, Toshitaka Yoshii. Novel Technique of Anterior Foraminotomy Based on Augmented Reality with Computed Tomography Navigation System: A Case Report. Spine Surg Relat Res. 2024.01; 8 (1): 114-117. ( PubMed, DOI )

  4. Onuma, H; Inokoshi, M; Minakuchi, S. Smoothed particle hydrodynamics method applied to oral region: A narrative review DENTAL MATERIALS JOURNAL. 2023.12; 42 (6): 759-765. ( PubMed, DOI )

  5. Atsuyuki Kawabata, Kenichiro Sakai, Kentaro Yamada, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Shingo Morishita, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Ichiro Torigoe, Hiroaki Onuma, Kazuo Kusano, Kazuyuki Otani, Yoshiyasu Arai, Shigeo Shindo, Atsushi Okawa, Toshitaka Yoshii. The lower Osteotomy Level is Associated With Decreased Revision Surgery Due to Mechanical Complications After Three-Column Osteotomy in Patients With Adult Spinal Deformity: A Multi-Institutional Retrospective Study. Global Spine J. 2023.08; 21925682231196449. ( PubMed, DOI )

  6. Hiroaki Onuma, Kenichiro Sakai, Yoshiyasu Arai, Ichiro Torigoe, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Takashi Hirai, Satoru Egawa, Yutaka Kobayashi, Atsushi Okawa, Toshitaka Yoshii. Augmented Reality Support for Anterior Decompression and Fusion Using Floating Method for Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. J Clin Med. 2023.04; 12 (8): ( PubMed, DOI )

  7. Kyohei Sakaki, Kenichiro Sakai, Yoshiyasu Arai, Ichiro Torigoe, Masaki Tomori, Takashi Hirai, Hiroaki Onuma, Yutaka Kobayashi, Atsushi Okawa, Toshitaka Yoshii. Prospective Comparative Study of Dysphagia after Subaxial Cervical Spine Surgery: Cervical Spondylotic Myelopathy and Posterior Longitudinal Ligament Ossification. J Clin Med. 2023.02; 12 (5): ( PubMed, DOI )

  8. Kyohei Sakaki, Toshitaka Yoshii, Yoshiyasu Arai, Ichiro Torigoe, Masaki Tomori, Hiroaki Onuma, Takahisa Ogawa, Akihiro Hirakawa, Kenichiro Sakai, Atsushi Okawa. Effectiveness of Lumbosacral Orthosis After Discectomy for Lumbar Disk Herniation: A Prospective Comparative Study. Spine (Phila Pa 1976). 2023.01; 48 (1): 15-20. ( PubMed, DOI )

  9. Miyamoto Reina, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Onuma Hiroaki, Inose Hiroyuki, Yuasa Masato, Matsukura Yu, Morishita Shingo, Yamamoto Kouhei, Koyanagi Hirotaka, Sato Shingo, Yagishita Kazuyoshi, Okawa Atsushi. 前方腰椎に局在する類骨骨腫に対する手術戦略 症例報告(Surgical Strategy for Osteoid Osteoma Localized in Anterior Lumbar Vertebral Body: A Case Report) Spine Surgery and Related Research. 2022.07; 6 (4): 408-411. ( 医中誌 )

  10. Takahisa Ogawa, Toshitaka Yoshii, Jun Oyama, Nobuhiro Sugimura, Takashi Akada, Takaaki Sugino, Motonori Hashimoto, Shingo Morishita, Takuya Takahashi, Takayuki Motoyoshi, Takuya Oyaizu, Tsuyoshi Yamada, Hiroaki Onuma, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Yoshikazu Nakajima, Atsushi Okawa. Detecting ossification of the posterior longitudinal ligament on plain radiographs using a deep convolutional neural network: a pilot study. Spine J. 2022.06; 22 (6): 934-940. ( PubMed, DOI )

  11. Reina Miyamoto, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroaki Onuma, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Shingo Morishita, Kouhei Yamamoto, Hirotaka Koyanagi, Shingo Sato, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Surgical Strategy for Osteoid Osteoma Localized in Anterior Lumbar Vertebral Body: A Case Report. Spine Surg Relat Res. 2022; 6 (4): 408-411. ( PubMed, DOI )

  12. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Shuta Ushio, Shingo Morishita, Satoru Egawa, Hiroaki Onuma, Yutaka Kobayashi, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Atsuyuki Kawabata, Tomoyuki Tanaka, Takayuki Motoyoshi, Takuya Takahashi, Motonori Hashimoto, Kentaro Sakaeda, Tsuyoshi Kato, Yoshiyasu Arai, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Anterior Cervical Corpectomy with Fusion versus Anterior Hybrid Fusion Surgery for Patients with Severe Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament Involving Three or More Levels: A Retrospective Comparative Study. J Clin Med. 2021.11; 10 (22): ( PubMed, DOI )

  13. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Hiroaki Onuma, Shingo Morishita, Yu Matsukura, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Predictive Factors Affecting Surgical Outcomes in Patients with Degenerative Lumbar Spondylolisthesis. Spine (Phila Pa 1976). 2021.05; 46 (9): 610-616. ( PubMed, DOI )

  14. Onuma, H; Inokoshi, M; Hirayama, D; Inoue, M; Minakuchi, S. Stress distribution analysis of oral mucosa under soft denture liners using smoothed particle hydrodynamics method JOURNAL OF THE MECHANICAL BEHAVIOR OF BIOMEDICAL MATERIALS. 2021.05; 117 104390. ( PubMed, DOI )

  15. J-S An, K Tsuji, H Onuma, N Araya, M Isono, T Hoshino, K Inomata, J Hino, M Miyazato, H Hosoda, K Kangawa, Y Nakagawa, H Katagiri, K Miyatake, I Sekiya, T Muneta, H Koga. Inhibition of fibrotic changes in infrapatellar fat pad alleviates persistent pain and articular cartilage degeneration in monoiodoacetic acid-induced rat arthritis model. Osteoarthritis Cartilage. 2021.03; 29 (3): 380-388. ( PubMed, DOI )

  16. Hiroaki Onuma, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Preoperative risk factors for delirium in patients aged ≥75 years undergoing spinal surgery: a retrospective study. J Int Med Res. 2020.10; 48 (10): 300060520961212. ( PubMed, DOI )

  17. Naoko Araya, Kazumasa Miyatake, Kunikazu Tsuji, Hiroki Katagiri, Yusuke Nakagawa, Takashi Hoshino, Hiroaki Onuma, Saisei An, Hirofumi Nishio, Yoshitomo Saita, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Intra-articular Injection of Pure Platelet-Rich Plasma Is the Most Effective Treatment for Joint Pain by Modulating Synovial Inflammation and Calcitonin Gene-Related Peptide Expression in a Rat Arthritis Model. Am J Sports Med. 2020.07; 48 (8): 2004-2012. ( PubMed, DOI )

  18. Hiroaki Onuma, Kunikazu Tsuji, Takashi Hoshino, Kei Inomata, Mio Udo, Yusuke Nakagawa, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Toshifumi Watanabe, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Fibrotic changes in the infrapatellar fat pad induce new vessel formation and sensory nerve fiber endings that associate prolonged pain. J. Orthop. Res.. 2020.06; 38 (6): 1296-1306. ( PubMed, DOI )

  19. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Shuta Ushio, Hiroaki Onuma, Keigo Hirai, Yutaka Kobayashi, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Atsuyuki Kawabata, Kenichiro Sakai, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Is Modified K-line a Powerful Tool of Surgical Decision Making for Patients With Cervical Spondylotic Myelopathy? Clin Spine Surg. 2019.11; 32 (9): 351-356. ( PubMed, DOI )

  20. Inomata Kei, Tsuji Kunilazu, Onuma Hroaki, Hoshino Takashi, Udo Mio, Akiyama Masako, Nakagawa Yusuke, Katagiri Hiroki, Miyatake Kazumasa, Sekiya Ichiro, Muneta Takeshi, Koga Hideyuki. Time course analyses of structural changes in the infrapatellar fat pad and synovial membrane during inflammation-induced persistent pain development in rat knee joint BMC Musculoskelet Disord. 2019.01; 20 (8):

  21. Inomata, K; Tsuji, K; Onuma, H; Hoshino, T; Udo, M; Akiyama, M; Nakagawa, Y; Katagiri, H; Miyatake, K; Sekiya, I; Muneta, T; Koga, H. Time course analyses of structural changes in the infrapatellar fat pad and synovial membrane during inflammation-induced persistent pain development in rat knee joint BMC MUSCULOSKELETAL DISORDERS. 2019.01; 20 (1): 8. ( PubMed, DOI )

  22. Hiroaki Onuma, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Clinical and radiologic outcomes of bone grafted and non-bone grafted double-door laminoplasty, the modified Kirita-Miyazaki method, for treatment of cervical spondylotic myelopathy: Five-year follow-up. J Orthop Sci. 2018.11; 23 (6): 923-928. ( PubMed, DOI )

  23. Onuma Hiroaki, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Inose Hiroyuki, Yuasa Masato, Kawabata Shigenori, Okawa Atsushi. 頸椎症性脊髄症の治療における頸椎骨移植の施行または非施行による縦割法椎弓形成術、修正Kirita-Miyazaki法の臨床的および放射線学的転帰 5年フォローアップ(Clinical and radiologic outcomes of bone grafted and non-bone grafted double-door laminoplasty, the modified Kirita-Miyazaki method, for treatment of cervical spondylotic myelopathy: Five-year follow-up) Journal of Orthopaedic Science. 2018.11; 23 (6): 923-928. ( 医中誌 )

  24. Takashi Hoshino, Kunikazu Tsuji, Hiroaki Onuma, Mio Udo, Hiroko Ueki, Masako Akiyama, Kahaer Abula, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Toshihumi Watanabe , Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga, Takeshi Muneta. Persistent synovial inflammation plays important roles in persistent pain development in the rat knee before cartilage degradation reaches the subchondral bone BMC Musculoskeletal Disorders. 2018.08; 19 (1): 291.

  25. Hoshino, T; Tsuji, K; Onuma, H; Udo, M; Ueki, H; Akiyama, M; Abula, K; Katagiri, H; Miyatake, K; Watanabe, T; Sekiya, I; Koga, H; Muneta, T. Persistent synovial inflammation plays important roles in persistent pain development in the rat knee before cartilage degradation reaches the subchondral bone BMC MUSCULOSKELETAL DISORDERS. 2018.08; 19 (1): 291. ( PubMed, DOI )

  26. 桝本 悠輔, 友利 正樹, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 榊 経平, 小沼 博明, 小林 裕. 腰椎椎間板ヘルニアによる下垂足に対する発症から7日以内の早期手術の有効性の検討 Journal of Spine Research. 2023.06; 14 (6): 973-977. ( 医中誌 )

  27. 桝本 悠輔, 友利 正樹, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 榊 経平, 小沼 博明, 小林 裕. 腰椎椎間板ヘルニアによる下垂足に対する発症から7日以内の早期手術の有効性の検討 Journal of Spine Research. 2023.06; 14 (6): 973-977. ( 医中誌 )

  28. 柳 経平, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 平井 敬悟, 小沼 博明, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症に対する頸椎椎弓形成術後の後彎化および前彎角減少の危険因子 Journal of Spine Research. 2022.03; 13 (3): 547. ( 医中誌 )

  29. 小沼 博明. 【高齢者の脊椎手術と周術期ケア】高齢者脊椎手術に伴う術後せん妄とその対策 Loco Cure. 2021.08; 7 (3): 221-226. ( 医中誌 )

  30. 宮本 玲奈, 平井 高志, 吉井 俊貴, 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 小柳 広高, 柳下 和慶, 大川 淳. 比較的稀な腰椎椎体前方に発生した類骨骨腫に対し前側方アプローチで腫瘍切除術を施行した1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2021.03; 52 (臨増号外): 156. ( 医中誌 )

  31. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊髄前方圧迫因子を認める頸椎症性脊髄症に対する頸椎後方除圧固定術の有意性の検討 Journal of Spine Research. 2021.03; 12 (3): 246. ( 医中誌 )

  32. 梶原 健嗣, 平井 高志, 小沼 博明, 吉井 俊貴, 大川 淳. 甲状腺癌と中咽頭癌の術後に放射線性骨壊死に伴う頸椎後彎をきたした1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2020.12; 51 (6): 561. ( 医中誌 )

  33. 中村 皓平, 平井 高志, 吉井 俊貴, 小沼 博明, 大川 淳. 術後残存腫瘍の増大により再手術が必要となった胸椎軟骨芽細胞腫の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2020.12; 51 (6): 548-549. ( 医中誌 )

  34. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 小沼 博明, 吉井 俊貴, 大川 淳. 第4腰椎変性すべり症に対する手術療法除圧術、制動術、固定術の3術式の前向き研究による長期成績 Journal of Spine Research. 2020.03; 11 (3): 262. ( 医中誌 )

  35. 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 硬膜瘻孔を伴うヘモジデリン沈着症に対するMRI balanced sequence法を使用した瘻孔部位同定 Journal of Spine Research. 2020.03; 11 (3): 117. ( 医中誌 )

  36. 梶原 健嗣, 平井 高志, 小沼 博明, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 甲状腺がんと中咽頭がんの術後に放射線性骨壊死に伴う頸椎後彎をきたした1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2020.03; 51 (臨増号外): 168. ( 医中誌 )

  37. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 歌川 蔵人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者の頸椎~上位胸椎手術における術前予測可能な術後せん妄の危険因子の解析 Journal of Spine Research. 2020.03; 11 (3): 569. ( 医中誌 )

  38. 歌川 蔵人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症患者における疼痛・機能障害と破局的思考の関連 Journal of Spine Research. 2020.03; 11 (3): 226. ( 医中誌 )

  39. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 歌川 蔵人, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症に対する頸椎椎弓形成術後の矢状面アライメントと骨移植の有無による椎間骨癒合の検討 Journal of Spine Research. 2020.03; 11 (3): 205. ( 医中誌 )

  40. 元吉 貴之, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 頸椎疾患を有するDISH患者の脊椎矢状面パラメーターの検討 Journal of Spine Research. 2020.03; 11 (3): 550. ( 医中誌 )

  41. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 江川 聡, 小沼 博明, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 歌川 蔵人, 橋本 淳, 大川 淳. 頸椎3椎間以上にわたるOPLLに対して椎体亜全摘を要した頸椎前方除圧固定術と椎体間固定術を併用したHybrid固定術との比較 Journal of Spine Research. 2020.03; 11 (3): 132. ( 医中誌 )

  42. 中村 皓平, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 大川 淳. 術後残存腫瘍の増大により再手術が必要となった胸椎軟骨芽細胞腫の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2020.03; 51 (臨増号外): 131. ( 医中誌 )

  43. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の胸腰椎手術における術後せん妄の術前・術中危険因子の検討 Jornal of Spine Research . 2019.09; 10 (9): 1252-1256.

  44. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の胸腰椎手術における術後せん妄の術前・術中危険因子の検討 Journal of Spine Research. 2019.09; 10 (9): 1252-1256. ( 医中誌 )

  45. 大谷 和之(国家公務員共済組合連合会九段坂病院 整形外科), 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 三宅 論彦, 片山 隆之, 小沼 博明, 中井 修, 大川 淳. 腰椎固定術後の後彎変形に対するPSOによるサルベージ手術 Journal of Spine Research . 2016.10; 7 (10): 1522-1526.

  46. 田中 純一(東京都保健医療公社多摩北部医療センター 整形外科), 小沼 博明, 熊野 洋. 腰部脊柱管狭窄症にみられる椎間板の膨隆が自然縮小した2例(原著論文/症例報告) 関東整形災害外科学会雑誌 . 2015.02; 46 (1): 28-31.

  47. 小沼 博明(茨城県厚生農業協同組合連合会総合病院土浦協同病院 整形外科), 長瀬 寅, 石突 正文, 河内 敏行, 石井 宣一, 金 民大. 両側同時に発生した脛骨近位骨端線離開の1例 関東整形災害外科学会雑誌 . 2012.10; 43 (5): 392-397. ( 医中誌 )

  48. 坂井顕一郎, 吉井俊貴, 鳥越一郎, 友利正樹, 榊経平, 小沼博明, 小林裕, 新井嘉容, 大川淳. ACCF椎体再建におけるMechanical Complication-Rotational型とTranslational型プレートの比較- Journal of Spine Research (Web). 2023; 14 (3):

  49. 小沼博明, 新井嘉容, 沼野藤希, 坂井顕一郎, 友利正樹, 榊経平, 小林裕, 野田佑真, 吉井俊貴. 綿形状人工骨とスポンジ状人工骨の頚椎前方手術における有用性の検討 日本脊椎インストゥルメンテーション学会抄録集. 2023; 32nd

  50. 新井嘉容, 坂井顕一郎, 鳥越一郎, 友利正樹, 榊経平, 小沼博明, 小林裕, 吉井俊貴. 真の椎体間固定を目指して-物理的固定から生物学的固定へ- Journal of Spine Research (Web). 2023; 14 (3):

  51. 小林裕, 小沼博明, 榊経平, 友利正樹, 坂井顕一郎, 沼野藤希, 新井嘉容. 当院での脊椎術後のフォローアップについて 日本脊椎インストゥルメンテーション学会抄録集. 2023; 32nd

  52. 野田佑真, 坂井顕一郎, 新井嘉容, 沼野藤希, 友利正樹, 榊経平, 小沼博明, 小林裕, 吉井俊貴. 両開き式椎弓形成術に椎弓間スペーサーは必要か?-桐田・宮崎変法と金属プレートスペーサー使用例との比較- 日本脊椎インストゥルメンテーション学会抄録集. 2023; 32nd

  53. 鳥越一郎, 新井嘉容, 坂井顕一郎, 友利正樹, 榊経平, 小沼博明, 小林裕, 大川淳. PLIF術後偽関節発生後の経過に影響する因子の検討 Journal of Spine Research (Web). 2023; 14 (3):

  54. 鳥越一郎, 新井嘉容, 坂井顕一郎, 友利正樹, 榊経平, 小沼博明, 小林裕, 大川淳. PLIF術後偽関節の危険因子-従来法と経皮的椎弓根スクリューを併用した低侵襲法との比較- Journal of Spine Research (Web). 2023; 14 (3):

  55. 坂井顕一郎, 新井嘉容, 沼野藤希, 友利正樹, 榊経平, 小沼博明, 小林裕, 野田佑真, 吉井俊貴. Overshunting-Associated Myelopathyを合併した頚椎症性脊髄症の1例 日本脊椎インストゥルメンテーション学会抄録集. 2023; 32nd

  56. 鳥越一郎, 新井嘉容, 坂井顕一郎, 友利正樹, 榊経平, 小沼博明, 小林裕, 大川淳. LLIF併用前後方矯正固定術における前縦靱帯損傷の危険因子とロッド折損への影響 Journal of Spine Research (Web). 2023; 14 (3):

  57. 平井高志, 江川聡, 松倉遊, 坂井顕一郎, 小沼博明, 新井嘉容, 吉井俊貴. 頚椎前方アプローチ 外視鏡を用いた教育とAugmented realityによる有効で安全な除圧術 日本脊椎インストゥルメンテーション学会抄録集. 2023; 32nd

  58. 野田佑真, 坂井顕一郎, 沼野藤希, 友利正樹, 榊経平, 小沼博明, 小林裕, 新井嘉容, 吉井俊貴. 頚椎症性脊髄症にOvershunting associated myelopathyを合併した一例 東日本整形災害外科学会雑誌(Web). 2023; 35 (3):

  59. 小林裕, 坂井顕一郎, 小沼博明, 榊経平, 友利正樹, 鳥越一郎, 新井嘉容. 頚椎症性神経根症におけるMRI斜位矢状断画像を用いた画像評価の再現性について Journal of Spine Research (Web). 2023; 14 (3):

  60. 榊経平, 坂井顕一郎, 新井嘉容, 鳥越一郎, 友利正樹, 小沼博明, 小林裕, 大川淳. 頚椎手術後の嚥下障害についての前向き調査-頚椎症性脊髄症と後縦靱帯骨化症の比較- Journal of Spine Research (Web). 2023; 14 (3):

  61. 榊経平, 坂井顕一郎, 小林裕, 小沼博明, 友利正樹, 沼野藤希, 野田佑馬, 井上眞太郎, 新井嘉容, 吉井俊貴. 頚椎可動域の術後成績への影響 東日本整形災害外科学会雑誌(Web). 2023; 35 (3):

  62. 榊経平, 坂井顕一郎, 新井嘉容, 沼野藤希, 友利正樹, 小沼博明, 小林裕, 野田佑真, 井上眞太郎, 吉井俊貴. 頚椎可動域の椎弓形成術術後成績への影響 日本脊椎インストゥルメンテーション学会抄録集. 2023; 32nd

  63. 坂井顕一郎, 新井嘉容, 沼野藤希, 友利正樹, 榊経平, 小沼博明, 小林裕, 吉井俊貴. 頚椎前方椎間板除圧固定術に術後頚椎カラーは必要か?-装着群と非装着群の比較- 日本脊椎インストゥルメンテーション学会抄録集. 2023; 32nd

  64. 小沼博明, 新井嘉容, 沼野藤希, 坂井顕一郎, 友利正樹, 榊経平, 小林裕, 吉井俊貴. 頚椎前方椎体間固定術におけるスポンジ状人工骨および綿形状人工骨の有用性の比較検討 東日本整形災害外科学会雑誌(Web). 2023; 35 (3):

  65. 橋本泉智, 吉井俊貴, 江川聡, 松倉遊, 平井高志, 猪瀬弘之, 小沼博明, 榊経平, 友利正樹, 鳥越一郎, 坂井顕一郎, 新井嘉容, 牛尾修太, 大谷和之, 進藤重雄, 大川淳. 頚椎前方手術後の嚥下障害と危険因子に関する多施設研究-1434例の検討- Journal of Spine Research (Web). 2023; 14 (3):

  66. 橋本泉智, 吉井俊貴, 江川聡, 松倉遊, 平井高志, 猪瀬弘之, 小沼博明, 榊経平, 友利正樹, 鳥越一郎, 坂井顕一郎, 新井嘉容, 牛尾修太, 大谷和之, 進藤重雄, 大川淳. 頚椎前方手術後の上気道合併症と危険因子-多施設1434例の検討- Journal of Spine Research (Web). 2023; 14 (3):

  67. 橋本泉智, 坂井顕一郎, 江川聡, 松倉遊, 平井高志, 小沼博明, 榊経平, 友利正樹, 鳥越一郎, 新井嘉容, 牛尾修太, 進藤重雄, 猪瀬弘之, 大谷和之, 吉井俊貴. 頚椎前方手術後における合併症頻度と成績の比較-CSM VS OPLL- 日本脊椎インストゥルメンテーション学会抄録集. 2023; 32nd

  68. 小沼博明, 坂井顕一郎, 鳥越一郎, 友利正樹, 榊経平, 小林裕, 平井高志, 松倉遊, 江川聡, 橋本泉智, 山田剛史, 牛尾修太, 進藤重雄, 新井嘉容, 吉井俊貴, 大川淳. 頚椎前方手術における術後C5(6,7,8)麻痺1434例の検討-頚椎前方多施設共同研究- Journal of Spine Research (Web). 2023; 14 (3):

  69. 橋本泉智, 坂井顕一郎, 江川聡, 松倉遊, 平井高志, 小沼博明, 榊経平, 友利正樹, 鳥越一郎, 新井嘉容, 牛尾修太, 進藤重雄, 猪瀬弘之, 大谷和之, 吉井俊貴. 頚椎前方手術1434例の術後後上気道障害の頻度と危険因子および再挿管例13例の検討 日本脊椎インストゥルメンテーション学会抄録集. 2023; 32nd

  70. 坂井顕一郎, 新井嘉容, 鳥越一郎, 友利正樹, 榊経平, 小沼博明, 小林裕, 吉井俊貴, 大川淳. Semi-constrained Plateを用いたACCFにおけるMechanical Complication-Rotational型PlateとTranslational型Plateの比較- 日本脊椎インストゥルメンテーション学会抄録集. 2022; 31st

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Hiroaki Onuma, Kenichiro Sakai, Fujiki Numano, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Yutaka Kobayashi, Yoshiyasu Arai, Takashi Hirai, Yu Matsukura, Satoshi Egawa, Motonori Hashimoto, Toshitaka Yoshii, Shuta Ushio, Shigeo Shindo . Occurrence and course of postoperative nerve palsy in anterior cervical spine surgery: a multicenter study of 1434 cases -. 14th Annual Meeting CSRS-AP・7th Annual Meeting SSS 2024.03.22 SINGAPORE

  2. Takashi Hirai, Satoru Egawa, Hiroaki Onuma, Yu Matsukura, Shingo Morishita, Kentaro Yamada, Jun Hashimoto, Takuya Takahashi, Kenichiro Sakai, Toshitaka Yoshii.. Novel technique of anterior decompression based on Augmented Reality with computed tomography navigation system. 14th Annual Meeting CSRS-AP・7th Annual Meeting SSS 2024.03.22 SINGAPORE

  3. Hiroaki Onuma, Kunikazu Tsuji, Takashi Hoshino, Kei Inomata, Saisei An, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Fibrotic Changes Of Infrapatellar Fat Pad Induce New Vessel Formation And Sensory Nerve Fiber Endings That Cause Persistent Knee Pain.. 2020 Orthopaedic Research Society 2020.02.08 Phonex, USA

  4. Onuma Hiroaki. Influence of Segmental Fusion on Postoperative Outcomes of Bone Grafted and Non-Bone Grafted Double-Door Laminoplasty, the Modified Kirita-Miyazaki Method, for Treatment of Cervical Spondylotic Myelopathy. The International Combined Orthopaedic Research Societies (ICORS) Meeting 2019.06.20 Montreal, Canada

  5. Hiroaki Onuma, Hirai T, Yoshii T, Inose H, Yuasa M, Kawabata A, Okawa A. Influence of Segmental Fusion on Postoperative Outcomes of Bone Grafted and Non-bone grafted Double-door Laminoplasty for Treatment of Cervical Spondylotic Myelopathy. 2019 10th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society Asia Pacific Section 2019.03.14 Yokohama

  6. Hiroaki Onuma, Kunikazu Tsuji, Takashi Hoshino, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Inflammation of infrapatellar fat pad with fibrosis and angiogenesis induced by monoiodoacetic acid persists knee pain.. Orthopaedic Research Society 2019.02.02 Austin, USA

  7. Hiroaki Onuma, Kunikazu Tsuji, Takashi Hoshino, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Leg pain behavior correlates fibrosis and angiogenesis of the infrapatellar fat pad induced by monoiodoacetic acid. OARSI 2018 World Congress on Osteoarthritis 2018.04.26 Liverpool, United Kingdom

  8. 小沼 博明, 新井 嘉容, 沼野 藤希, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 小林 裕, 吉井 俊貴. 頸椎前方椎体間固定術におけるスポンジ状人工骨および綿形状人工骨の有用性の比較検討. 東日本整形災害外科学会雑誌 2023.08.01

  9. 野田 佑真, 坂井 顕一郎, 沼野 藤希, 友利 正樹, 榊 経平, 小沼 博明, 小林 裕, 新井 嘉容, 吉井 俊貴. 頸椎症性脊髄症にOvershunting associated myelopathyを合併した一例. 東日本整形災害外科学会雑誌 2023.08.01

  10. 榊 経平, 坂井 顕一郎, 小林 裕, 小沼 博明, 友利 正樹, 沼野 藤希, 野田 佑馬, 井上 眞太郎, 新井 嘉容, 吉井 俊貴. 頸椎可動域の術後成績への影響. 東日本整形災害外科学会雑誌 2023.08.01

  11. 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 小沼 博明, 小林 裕, 新井 嘉容, 大川 淳. ACCF椎体再建におけるMechanical Complication Rotational型とTranslational型プレートの比較. Journal of Spine Research 2023.04.01

  12. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 小沼 博明, 小林 裕, 大川 淳. LLIF併用前後方矯正固定術における前縦靱帯損傷の危険因子とロッド折損への影響. Journal of Spine Research 2023.04.01

  13. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 小沼 博明, 小林 裕, 大川 淳. PLIF術後偽関節の危険因子 従来法と経皮的椎弓根スクリューを併用した低侵襲法との比較. Journal of Spine Research 2023.04.01

  14. 小林 裕, 坂井 顕一郎, 小沼 博明, 榊 経平, 友利 正樹, 鳥越 一郎, 新井 嘉容. 頸椎症性神経根症におけるMRI斜位矢状断画像を用いた画像評価の再現性について. Journal of Spine Research 2023.04.01

  15. 榊 経平, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 小沼 博明, 小林 裕, 大川 淳. 頸椎手術後の嚥下障害についての前向き調査 頸椎症性脊髄症と後縦靱帯骨化症の比較. Journal of Spine Research 2023.04.01

  16. 橋本 泉智, 吉井 俊貴, 江川 聡, 松倉 遊, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 小沼 博明, 榊 経平, 友利 正樹, 鳥越 一郎, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 牛尾 修太, 大谷 和之, 進藤 重雄, 大川 淳. 頸椎前方手術後の嚥下障害と危険因子に関する多施設研究 1434例の検討. Journal of Spine Research 2023.04.01

  17. 橋本 泉智, 吉井 俊貴, 江川 聡, 松倉 遊, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 小沼 博明, 榊 経平, 友利 正樹, 鳥越 一郎, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 牛尾 修太, 大谷 和之, 進藤 重雄, 大川 淳. 頸椎前方手術後の上気道合併症と危険因子 多施設1434例の検討. Journal of Spine Research 2023.04.01

  18. 小沼 博明, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 小林 裕, 平井 高志, 松倉 遊, 江川 聡, 橋本 泉智, 山田 剛史, 牛尾 修太, 進藤 重雄, 新井 嘉容, 吉井 俊貴, 大川 淳. 頸椎前方手術における術後C5(6,7,8)麻痺1434例の検討 頸椎前方多施設共同研究. Journal of Spine Research 2023.04.01

  19. 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 小沼 博明, 小林 裕, 吉井 俊貴. 真の椎体間固定を目指して 物理的固定から生物学的固定へ. Journal of Spine Research 2023.04.01

  20. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 小沼 博明, 小林 裕, 大川 淳. PLIF術後偽関節発生後の経過に影響する因子の検討. Journal of Spine Research 2023.04.01

  21. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 小沼 博明, 小林 裕, 大川 淳. 腰椎椎体間固定術後偽関節の経過に影響する因子と再手術例の検討. 日本整形外科学会雑誌 2023.03.01

  22. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 小沼 博明, 小林 裕, 吉井 俊貴, 大川 淳. 頸椎前方椎体亜全摘除圧固定椎体再建におけるmechanical complication Rotational型とtranslational型プレートの比較. 日本整形外科学会雑誌 2023.03.01

  23. 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 鳥越 一郎, 猪瀬 弘之, 友利 正樹, 平井 高志, 榊 経平, 松倉 遊, 小沼 博明, 新井 嘉容, 大川 淳. 1椎間頸椎人工椎間板置換術と前方除圧固定術の短期成績比較. 日本整形外科学会雑誌 2022.03.01

  24. 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 小沼 博明, 平井 敬悟, 新井 嘉容, 大川 淳. Micro-linkによるaugmented reality支援頸椎前方手術. Journal of Spine Research 2022.03.01

  25. 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 平井 高志, 榊 経平, 松倉 遊, 小沼 博明, 橋本 泉智, 新井 嘉容, 大川 淳. 2椎間頸椎人工椎間板置換術と前方除圧固定術の短期成績比較. Journal of Spine Research 2022.03.01

  26. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 平井 敬悟, 小沼 博明, 大川 淳. PLIF/TLIF術後における症候性偽関節の診断 MRI-STIR画像による検討. Journal of Spine Research 2022.03.01

  27. 柳 経平, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 平井 敬悟, 小沼 博明, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症に対する頸椎椎弓形成術後の後彎化および前彎角減少の危険因子. Journal of Spine Research 2022.03.01

  28. 榊 経平, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 平井 敬悟, 小沼 博明, 大川 淳. 腰仙椎多椎間固定におけるS1椎弓根スクリューゆるみの危険因子. Journal of Spine Research 2022.03.01

  29. 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 平井 敬悟, 小沼 博明, 吉井 俊貴, 大川 淳. 脊椎手術支援技術のイノベーション:新しい時代の脊椎インストゥルメンテーション手術 脊椎ナビゲーション ここまでできる. 日本整形外科学会雑誌 2022.03.01

  30. 小沼 博明, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 平井 敬悟, 田村 聡至, 宮本 玲奈, 大川 淳. Real time MRIを用いた体位による頸椎運動時の頸髄動態の解析. 日本整形外科学会雑誌 2022.03.01

  31. 小沼 博明, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 平井 敬悟, 田村 聡至, 宮本 玲奈, 大川 淳. Real time MRIによる頸髄動態の解析 体位による頸髄運動の差の検討. Journal of Spine Research 2022.03.01

  32. 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 平井 敬悟, 小沼 博明, 吉井 俊貴, 大川 淳. PLIF椎体間ケージの素材の違いが骨癒合過程に及ぼす影響に関する前向き比較研究. 日本整形外科学会雑誌 2022.03.01

  33. 小沼 博明, 榊 経平, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 平井 敬悟, 田村 聡至, 宮本 玲奈, 大川 淳. 頸椎前方除圧固定術における椎体間ケージの比較検討 Titanium coated PEEK cage VS 3D printed porous titanium alloy cage. 東日本整形災害外科学会雑誌 2021.08.01

  34. 榊 経平, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 平井 敬悟, 小沼 博明, 田村 聡至, 宮本 玲奈, 大川 淳. 頸椎可動域の体幹矢状面バランスとの関係と頸椎椎弓形成術術後の後彎化に対する影響. 東日本整形災害外科学会雑誌 2021.08.01

  35. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊髄前方圧迫因子を認める頸椎症性脊髄症に対する頸椎後方除圧固定術の有意性の検討. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  36. 宮本 玲奈, 平井 高志, 吉井 俊貴, 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 小柳 広高, 柳下 和慶, 大川 淳. 比較的稀な腰椎椎体前方に発生した類骨骨腫に対し前側方アプローチで腫瘍切除術を施行した1例. 関東整形災害外科学会雑誌 2021.03.01

  37. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊髄前方圧迫因子を認める頸椎症性脊髄症に対する頸椎後方除圧固定術の有意性の検討. Journal of Spine Research 2021.03.01

  38. 梶原 健嗣, 平井 高志, 小沼 博明, 吉井 俊貴, 大川 淳. 甲状腺癌と中咽頭癌の術後に放射線性骨壊死に伴う頸椎後彎をきたした1例. 関東整形災害外科学会雑誌 2020.12.01

  39. 中村 皓平, 平井 高志, 吉井 俊貴, 小沼 博明, 大川 淳. 術後残存腫瘍の増大により再手術が必要となった胸椎軟骨芽細胞腫の1例. 関東整形災害外科学会雑誌 2020.12.01

  40. 安 宰成, 辻 邦和, 小沼 博明, 星野 傑, 日野 純, 細田 洋司, 宗田 大, 関矢 一郎, 古賀 英之. ラット膝関節炎で生じる炎症消退期の滑膜、膝蓋下脂肪体の線維化を抑制するCompound Xの膝遷延痛の抑制・関節軟骨変性抑制の分子機序の解析. Journal of Musculoskeletal Pain Research 2020.10.01

  41. 安 宰成, 辻 邦和, 小沼 博明, 星野 傑, 新谷 尚子, 日野 純, 細田 洋司, 宗田 大, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. 炎症消退期に生じる滑膜,膝蓋下脂肪体の線維化の抑制は,膝遷延痛ならびに軟骨変性に対して改善効果を示す. 日本整形外科学会雑誌 2020.09.01

  42. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 75歳以上の高齢者脊椎手術において術前に予想できる術後せん妄危険因子の検討. 日本整形外科学会雑誌 2020.03.01

  43. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 歌川 蔵人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者の頸椎~上位胸椎手術における術前予測可能な術後せん妄の危険因子の解析. Journal of Spine Research 2020.03.01

  44. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 歌川 蔵人, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症に対する頸椎椎弓形成術後の矢状面アライメントと骨移植の有無による椎間骨癒合の検討. Journal of Spine Research 2020.03.01

  45. 元吉 貴之, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 頸椎疾患を有するDISH患者の脊椎矢状面パラメーターの検討. Journal of Spine Research 2020.03.01

  46. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 江川 聡, 小沼 博明, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 歌川 蔵人, 橋本 淳, 大川 淳. 頸椎3椎間以上にわたるOPLLに対して椎体亜全摘を要した頸椎前方除圧固定術と椎体間固定術を併用したHybrid固定術との比較. Journal of Spine Research 2020.03.01

  47. 中村 皓平, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 大川 淳. 術後残存腫瘍の増大により再手術が必要となった胸椎軟骨芽細胞腫の1例. 関東整形災害外科学会雑誌 2020.03.01

  48. 歌川 蔵人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症患者における疼痛・機能障害と破局的思考の関連. Journal of Spine Research 2020.03.01

  49. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 小沼 博明, 吉井 俊貴, 大川 淳. 第4腰椎変性すべり症に対する手術療法除圧術、制動術、固定術の3術式の前向き研究による長期成績. Journal of Spine Research 2020.03.01

  50. 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 硬膜瘻孔を伴うヘモジデリン沈着症に対するMRI balanced sequence法を使用した瘻孔部位同定. Journal of Spine Research 2020.03.01

  51. 梶原 健嗣, 平井 高志, 小沼 博明, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 甲状腺がんと中咽頭がんの術後に放射線性骨壊死に伴う頸椎後彎をきたした1例. 関東整形災害外科学会雑誌 2020.03.01

  52. 小沼博明, 辻 邦和, 安 宰成, 星野 傑, 猪野又 慶, 宗田 大, 古賀 英之. MIAによるラット膝蓋下脂肪体炎は軟骨損傷をさせることなく血管新生と線維化を誘導し膝疼痛を遷延化する. 第12回 運動器疼痛学会 2019.11.30 東京

  53. 小沼 博明, 辻 邦和, 安 宰成, 星野 傑, 猪野又 慶, 宗田 大, 古賀 英之. MIAによるラット膝蓋下脂肪体炎は軟骨損傷をさせることなく血管新生と線維化を誘導し膝疼痛を遷延化する. Journal of Musculoskeletal Pain Research 2019.11.01

  54. 安 宰成, 辻 邦和, 小沼 博明, 猪野又 慶, 星野 傑, 日野 純, 細田 洋司, 宗田 大, 関矢 一郎, 古賀 英之. ラット膝関節炎で生じる膝蓋下脂肪体の線維化はCompound Xの投与によって抑制され軟骨変性と疼痛行動の改善を示す. Journal of Musculoskeletal Pain Research 2019.11.01

  55. 小沼博明、辻邦和、星野傑、片桐洋樹、宮武和正、中川裕介、大川淳、関矢一郎、宗田大、古賀英之. 膝蓋下脂肪体における炎症は線維化と血管新生を誘導し軟骨損傷と関連なく膝疼痛を遷延化する. 第34回 日本整形外科基礎学術集会 2019.10.17

  56. 小沼博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 成徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の頚椎―上位胸椎手術における術後せん妄の術前危険因子の検討―. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05

  57. 安 宰成, 辻 邦和, 小沼 博明, 猪野又 慶, 星野 傑, 日野 純, 細田 洋司, 大川 淳, 宗田 大, 関矢 一郎, 古賀 英之. Compound Xの投与はラット膝関節炎で生じる膝蓋下脂肪体の線維化を抑制し軟骨変性と疼痛行動の改善を示す. 日本整形外科学会雑誌 2019.09.01

  58. 新谷 尚子, 宮武 和正, 辻 邦和, 星野 傑, 小沼 博明, 中川 裕介, 片桐 洋樹, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. ラット膝関節炎モデルに対する多血小板血漿(PRP)療法はpure PRPが最も有効である. 日本整形外科学会雑誌 2019.09.01

  59. 小沼 博明, 辻 邦和, 安 宰成, 星野 傑, 中川 裕介, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 関矢 一郎, 大川 淳, 宗田 大, 古賀 英之. 膝蓋下脂肪体における炎症は線維化と血管新生を誘導し軟骨損傷と関連なく膝疼痛を遷延化する. 日本整形外科学会雑誌 2019.09.01

  60. 渡邉 紗矢, 平井 高志, 小沼 博明, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 原発不明癌の転移巣と鑑別を要した孤立性形質細胞腫の2例. 東日本整形災害外科学会雑誌 2019.08.01

  61. 梶原 健嗣, 平井 高志, 小沼 博明, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 食道がんと下咽頭がんの術後に放射線性骨壊死に伴う頸椎後彎をきたした1例. 東日本整形災害外科学会雑誌 2019.08.01

  62. 歌川 蔵人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 頸椎症患者における機能障害と破局的思考の関連. 東日本整形災害外科学会雑誌 2019.08.01

  63. 中野 めぐみ, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 小沼 博明, 大川 淳. 胸腰椎長範囲固定術後の椎弓根スクリューの緩みにより脊髄症を呈した1例. 東日本整形災害外科学会雑誌 2019.08.01

  64. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 成徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の頸椎 上位胸椎手術における術後せん妄の術前危険因子の検討. 東日本整形災害外科学会雑誌 2019.08.01

  65. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者脊椎手術において予測できる術後せん妄の危険因子の検討. Journal of Spine Research 2019.03.01

  66. 平井 高志, 吉井 俊貴, 江川 聡, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 平井 敬悟, 小沼 博明, 小林 裕, 歌川 蔵人, 橋本 淳, 川畑 篤礼, 大川 淳. 頸椎多椎間病変に対する椎体亜全摘を行った頸椎前方除圧固定術と椎体間固定術を併用したHybrid固定との比較. Journal of Spine Research 2019.03.01

  67. 小沼博明、辻邦和、星野傑、片桐洋樹、宮武和正、中川裕介、大川淳、宗田大、古賀英之. MIAで誘導されたラット膝蓋下脂肪体炎は血管新生と線維化を引き起こし膝疼痛を遷延化する. 第11回日本運動器疼痛学会 2018.12.01

  68. 小沼 博明, 辻 邦和, 星野 傑, 安 宰成, 中川 裕介, 宮武 和正, 片桐 洋樹, 大川 淳, 宗田 大, 古賀 英之. MIAで誘導されたラット膝蓋下脂肪体炎は血管新生と線維化を引き起こし膝疼痛を遷延化する. Journal of Musculoskeletal Pain Research 2018.11.01

  69. 星野 傑, 辻 邦和, 安 宰成, 小沼 博明, 宗田 大. 変形性膝関節症患者の圧痛部位の検討. Journal of Musculoskeletal Pain Research 2018.11.01

  70. 小沼博明、辻邦和、星野傑、片桐洋樹、宮武和正、中川裕介、大川淳、関矢一郎、宗田大、古賀英之. MIAで誘導された膝蓋下脂肪体炎は関節軟骨の変性と関わることなく膝疼痛を遷延化する. 第33回 日本整形外科基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  71. 小沼博明, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 平井高志, 湯浅将人, 牛尾修太, 江川聡, 平井敬悟, 小林裕, 川端茂徳、大川淳. 後期高齢者(75歳以上)の胸腰椎手術における術後せん妄危険因子の検討. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2018.09.28

  72. 小沼 博明, 辻 邦和, 星野 傑, 中川 裕介, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 関矢 一郎, 大川 淳, 宗田 大, 古賀 英之. MIAで誘導された膝蓋下脂肪体炎は関節軟骨の変性と関わることなく膝疼痛を遷延化する. 日本整形外科学会雑誌 2018.08.01

  73. 猪野又 慶, 辻 邦和, 小沼 博明, 星野 傑, 宮武 和正, 片桐 洋樹, 関矢 一郎, 大川 淳, 宗田 大, 古賀 英之. モノヨード酢酸誘導ラット膝関節炎における滑膜・膝蓋下脂肪体の器質的変化と細胞動態の経時的解析. 日本整形外科学会雑誌 2018.08.01

  74. 星野 傑, 辻 邦和, 小沼 博明, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 大川 淳, 関矢 一郎, 宗田 大, 古賀 英之. 炎症の遷延化は、滑膜、膝蓋下脂肪体の器質的変化を誘導し持続的膝疼痛の発症に重要な働きを行う. 日本整形外科学会雑誌 2018.08.01

  75. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎椎弓形成術における骨移植による各椎間骨癒合変化の検討 -術後5年経過例について-. 第47回 脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12

  76. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の下位胸椎~腰椎手術における術後せん妄の術前危険因子の検討. 第47回 脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12

  77. 江川 聡, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 平井 敬悟, 小沼 博明, 大川 淳. L5椎弓正中非癒合例では関節突起間部断面積が小さい傾向にある 小児CTの画像解析による検討. Journal of Spine Research 2018.03.01

  78. 江川 聡, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 牛尾 修太, 平井 敬悟, 湯浅 将人, 小沼 博明, 大川 淳. 小児の腰椎関節突起間部断面積と椎弓癒合不全から見た腰椎分離症の病態の考察. 日本整形外科学会雑誌 2018.03.01

  79. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎椎弓形成術における骨移植による各椎間骨癒合変化の検討 術後5年経過例について. Journal of Spine Research 2018.03.01

  80. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の下位胸椎~腰椎手術における術後せん妄の術前危険因子の検討. Journal of Spine Research 2018.03.01

  81. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 松本 連平, 江川 聡, 平井 敬悟, 小沼 博明, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 当院における頸椎症性脊髄症の手術治療成績 術前MRIにおけるModified K-lineを用いた後方除圧の限界点を考慮した取り組み. Journal of Spine Research 2018.03.01

  82. 小沼 博明、 辻 邦和、 星野 傑、 片桐 洋樹、 宮武 和正、 関矢 一郎、 大川 淳、 宗田 大、 古賀 英之. MIAのラット膝蓋下脂肪体内注射により誘発された脂肪体の血管新生と線維化は有意に増加し膝疼痛と相関する. 第10回日本運動器疼痛学会 2017.11.18

  83. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75 歳以上)の下位胸椎~腰椎手術における術後せん妄の検討. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  84. 江川 聡, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 小沼 博明, 平井 敬悟, 大川 淳. 小児CT における腰椎関節突起間部断面積から見た腰椎分離症発症メカニズムの考察. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  85. 小沼 博明、 辻 邦和、 古賀 英之、 片桐 洋樹、 ,宮武 和正、 松村 惠津子、 星野 傑、 植木 博子、 猪野又 慶、 雨宮 正樹、 大川 淳、 関矢 一郎、 宗田 大. MIAで誘導された膝蓋下脂肪体の線維化と血管新生は、膝関節周囲痛の慢性化と共に有意に増加する. 第32回日本整形外科基礎学会学術集会 2017.10.26

  86. 小沼 博明, 辻 邦和, 星野 傑, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 関矢 一郎, 大川 淳, 宗田 大, 古賀 英之. MIAのラット膝蓋下脂肪体内注射により誘発された脂肪体の血管新生と線維化は有意に増加し膝疼痛と相関する. Journal of Musculoskeletal Pain Research 2017.10.01

  87. 星野 傑, 辻 邦和, 小沼 博明, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 宗田 大, 古賀 英之. 膝OAモデルにおける疼痛回避行動とIFP及び軟骨変性の関連性の検討. Journal of Musculoskeletal Pain Research 2017.10.01

  88. 小沼 博明, 辻 邦和, 星野 傑, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 大川 淳, 関矢 一郎, 古賀 英之, 宗田 大. MIAで誘導された膝蓋下脂肪体の線維化と血管新生は、膝関節周囲痛の慢性化と共に有意に増加する. 日本整形外科学会雑誌 2017.08.01

  89. 猪野又 慶, 辻 邦和, 星野 傑, 小沼 博明, 宇土 美於, 宮武 和正, 片桐 洋樹, 古賀 英之, 大川 淳, 関矢 一郎, 宗田 大. モノヨード酢酸誘導ラット急性膝関節炎モデルを用いた滑膜・膝蓋下脂肪体における炎症性細胞の動態と疼痛の関連の評価. 日本整形外科学会雑誌 2017.08.01

  90. 星野 傑, 辻 邦和, 小沼 博明, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 宇土 美於, 魚水 麻里, 植木 博子, 猪野又 慶, 大川 淳, 関矢 一郎, 古賀 英之, 宗田 大. ラット膝関節炎疼痛モデルを用いた膝関節における免疫組織学的検討および行動評価:低用量および高用量モノヨード酢酸による比較. 日本整形外科学会雑誌 2017.08.01

  91. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 江川 聡, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎椎弓形成術(桐田-宮崎法)における骨移植による強直とアライメント変化の検討 術後5年経過例について. Journal of Spine Research 2017.03.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 14th CSRS-AP Best poster presentation award,2024年03月

  • 13th CSRS-AP Best poster presentation award,2023年03月

  • 第47回日本脊椎脊髄病学会優秀論文,2019年