基本情報

写真a

新谷 尚子(アラヤ ナオコ)

ARAYA Naoko


職名

非常勤講師

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 非常勤講師
  • 2016年04月
    -
    2020年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 大学院生
  • 2021年05月
    -
    2022年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学分野 非常勤講師
  • 2022年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学分野 非常勤講師
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. J-S An, K Tsuji, H Onuma, N Araya, M Isono, T Hoshino, K Inomata, J Hino, M Miyazato, H Hosoda, K Kangawa, Y Nakagawa, H Katagiri, K Miyatake, I Sekiya, T Muneta, H Koga. Inhibition of fibrotic changes in infrapatellar fat pad alleviates persistent pain and articular cartilage degeneration in monoiodoacetic acid-induced rat arthritis model. Osteoarthritis Cartilage. 2021.03; 29 (3): 380-388. ( PubMed, DOI )

  2. Naoko Araya, Kazumasa Miyatake, Kunikazu Tsuji, Hiroki Katagiri, Yusuke Nakagawa, Takashi Hoshino, Hiroaki Onuma, Saisei An, Hirofumi Nishio, Yoshitomo Saita, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Intra-articular Injection of Pure Platelet-Rich Plasma Is the Most Effective Treatment for Joint Pain by Modulating Synovial Inflammation and Calcitonin Gene-Related Peptide Expression in a Rat Arthritis Model. Am J Sports Med. 2020.07; 48 (8): 2004-2012. ( PubMed, DOI )

  3. N. Araya, H. Katagiri, Y. Nakagawa, T. Ohara, M. Shioda, Y. Kohno, M. Amemiya, I. Sekiya, H. Koga. Predictors of residual mechanical symptoms after meniscus surgery: data from the maks group Osteoarthritis and Cartilage. 2020.04; 28 (1): S221-S223.

  4. Hiroko Ueki, Yusuke Nakagawa, Toshiyuki Ohara, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Kenta Katagiri, Kanehiro Hiyama, Mai Katakura, Takashi Hoshino, Kei Inomata, Naoko Araya, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Risk factors for residual pivot shift after anterior cruciate ligament reconstruction: data from the MAKS group Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy . 2018.12; 26 (12): 3724-3730.

  5. Kanehiro Hiyama, Yusuke Nakagawa, Toshiyuki Ohara, Takeshi Muneta, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Koji Otabe, Hiroki Katagiri, Kenta Katagiri, Mai Katakura, Takashi Hoshino, Hiroko Ueki, Kei Inomata, Naoko Araya, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Anterior cruciate ligament injuries result in a larger functional deficit in fighting sport athletes: comparison of functional status among different sport types. Journal of ISAKOS. 2018.03; 2018 (3): 128-133. ( DOI )

  6. 宮武和正, 新谷尚子, 関矢一郎, 古賀英之. PRPによる関節炎抑制効果:ラットモデルでのpure、LP、LR-PRPの比較 Bone Joint Nerve. 2020; 10 (1): 151-158.

  7. 新谷 尚子、吉村 英哉. リバース型人工肩関節置換術後に非外傷性に発生した肩甲骨骨折の一例. 肩関節 . 2018.10; 42 (3): 783-785.

  8. 新谷 尚子、吉村 英哉、林 将也、高橋 徹、伊東 美栄子、近藤 伸平、柳澤 克昭、安 宰成、荻内 隆司. 陳旧性後十字靭帯不全に合併した前十字靭帯損傷の治療成績の検討. JOSKAS. 2018.06; 43 (1): 160-161.

  9. 安 宰成, 吉村 英哉, 林 将也, 高橋 徹, 近藤 伸平, 柳澤 克昭, 新谷 尚子, 荻内 隆司. 屈筋腱を用いた1重束前十字靱帯再建術における移植腱の質と術後成績の関連性 JOSKAS . 2018.03; 43 (1): 108-109.

  10. 新谷 尚子(川口工業総合病院(健保) 整形外科), 吉村 英哉, 柳澤 克昭, 安 宰成, 望月 智之. 鏡視下腱板修復術における手術部疼痛閾値と術後成績の関連性の検討 肩関節 . 2017.11; 41 (3): 723-725.

  11. 新谷 尚子(川口工業総合病院(健保) 整形外科), 吉村 英哉, 柳澤 克昭, 安 宰成, 望月 智之. 鏡視下腱板修復術後における経口弱オピオイドの有用性 肩関節 . 2017.09; 41 (2): 497-499.

  12. 新谷 尚子、 吉村 英哉、 初鹿 大祐、 林 将也、 荻内 隆司. スポーツ選手の肩関節前方不安定症に対する鏡視下烏口突起移行術の成績 JOSKAS. 2017.03; 42 (1): 40-41.

  13. 新谷 尚子、 吉村 英哉. 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対する骨軟骨柱移植術の術後成績 JOSKAS. 2017.03; 42 (1): 4-5.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Naoko Araya, Kazumasa, Miyatake, Kunikazu Tsuji, Hiroaki Onuma, Saisei An, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Pure Platelet-rich Plasma Is Most Effective For The Treatment Of Arthritis. 2020 Orthopaedic Research Society 2020.02.08 Phonex, USA

  2. Naoko Araya, Kazumasa Miyatake, Kunikazu Tuji, Takashi Hoshino, Hiroak Onuma, Saisei An, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Pure platelet-rich plasma is most effective for the treatment of arthritis. Orthopaedic Research Society 2019.02.02 Austin, USA

  3. 新谷 尚子, 片桐 洋樹, 大原 敏之, 中川 裕介, 塩田 幹夫, 河野 佑二, 雨宮 正樹, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. Open wedge high tibial osteotomyにおけるプレート設置位置と骨癒合の関連性の検討. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20

  4. 新谷尚子, 片桐 洋樹 , 塩田 幹夫, 中川 裕介, 大原 敏之, 河野 佑二, 雨宮 正樹 , 関矢 一郎, 古賀 英之 . 高位脛骨骨切り術におけるプレート設置位置と骨癒合の関連. 第12回 JOSKAS 2020.12.17

  5. 新谷尚子, 片桐 洋樹, 大原 敏之, 中川 裕介, 塩田 幹夫, 河野 佑二, 雨宮 正樹, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之 ,TMDU MAKS Study Group. 半月板手術におけるcatching症状残存の予測因子 ―東京医科歯科大多施設共同研究(TMDU MAKS study)―. 第93回 日本整形外科学会学術総会 (web開催) 2020.06.11

  6. 新谷尚子, 宮武 和正, 辻 邦和, 星野 傑, 小沼 博明, 中川 裕介, 片桐 洋樹, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. ラット膝関節炎モデルに対する多血小板血漿(PRP)療法はpure PRPが最も有効である. 第34回 日本整形外科学会基礎学術総会 2019.10.17

  7. 新谷尚子, 片桐洋樹, 中川裕介, 小田邉浩二, 大原敏行, 塩田幹夫, 河野佑二, 関矢一郎, 古賀英之. Catching症状からみる半月板損傷に対する手術適応と術後成績:TMDU MAKS tudyにおける検討. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05

  8. 新谷尚子、片桐洋樹、中川裕介、小田邉浩二、大原敏行、塩田幹夫、河野佑二、星野傑、関矢一郎、古賀英之. Catching症状は半月板損傷に対する手術決定因子となりうるか:TMDU MAKS studyにおける検討. 第11回 JOSKAS 2019.06.13

  9. 新谷 尚子、 吉村 英哉. リバース型人工肩関節術後に非外傷性に発生した肩甲骨骨折の一例. 第44回日本肩関節学会 2017.10.06

  10. 植木 博子、 古賀 英之、 中川 裕介、 大原 敏之、 日山 鐘浩、 片桐 健太、 片倉 麻衣、 星野 傑、 猪野又 慶、 新谷 尚子、 宗田 大. 膝前十字靭帯再建術後における回旋不安定性残存のrisk factor―東京医科歯科大学多施設共同研究(TMDU MAKS study)における検討. 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017.06.22

  11. 安 宰成、 吉村 英哉、 林 将也、 高橋 徹、 近藤 伸平、 柳澤 克昭、 新谷 尚子、 荻内 隆司、 星野 明穂. 屈筋腱を用いた1重束膝前十字靭帯再建術における移植腱の質と術後成績の関連性. 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017.06.22

  12. 新谷 尚子、 吉村 英哉、 林 将也、 高橋 徹、 近藤 伸平、 柳澤 克昭、 安 宰成、 荻内 隆司. 陳旧性後十字靭帯不全に合併した前十字靭帯損傷の治療成績の検討. 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017.06.22

  13. 新谷 尚子、 吉村 英哉、 林 将也、 高橋 徹、 近藤 伸平、 柳澤 克昭、 安 宰成、 荻内 隆司. Suture bridging法による鏡視下腱板修復術の治療成績:重曹固定法との比較. 第90回日本整形外科学術総会 2017.05.18

  14. 安 宰成、 星野 明穂、 吉村 英哉、 林 将也、 高橋 徹、 近藤 伸平、 柳澤 克昭、 新谷 尚子、 荻内 隆司 . リウマチ膝に対する人工関節置換術後の合併症〜術後5年以上経過した症例での検討〜. 第47回日本人工関節学会 2017.02.24

  15. 安 宰成、 吉村 英哉、 柳澤 克昭、 新谷 尚子、 望月 智之、 二村 昭元. パーキンソン病患者に認めた外傷性肩関節不安定症の2例. 第43回日本肩関節学会 2016.10.21

▼全件表示