基本情報

写真a

雨宮 正樹(アメミヤ マサキ)

AMEMIYA Masaki


職名

特任助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年05月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学分野 非常勤講師
  • 2016年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 大学院生
  • 2019年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 大学院生
  • 2020年04月
    -
    2021年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 特任助教
  • 2022年04月
     
     
    東京医科歯科大学 病院 基盤診療部門 スポーツ医学診療センター 特任助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 特任助教
  • 2022年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 基盤診療部門 スポーツ医学診療センター 特任助教

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 膝蓋下脂肪体の線維化の抑制を主な作用機序とする新規変形性関節症治療薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Masaki Amemiya, Yusuke Nakagawa, Hideya Yoshimura, Toru Takahashi, Kei Inomata, Tsuyoshi Nagase, Young-Jin Ju, Masayuki Shimaya, Sachiyuki Tsukada, Naoyuki Hirasawa, Hideyuki Koga. Comparison of tissue pharmacokinetics of esflurbiprofen plaster with flurbiprofen tablets in patients with knee osteoarthritis: A multicenter randomized controlled trial. Biopharm Drug Dispos. 2021.11; 42 (9): 418-426. ( PubMed, DOI )

  2. Hideyuki Koga, Tomomasa Nakamura, Yusuke Nakagawa, Nobutake Ozeki, Toshiyuki Ohara, Mikio Shioda, Yuji Kohno, Masaki Amemiya, Ichiro Sekiya. Arthroscopic Centralization Using Knotless Anchors for Extruded Medial Meniscus. Arthrosc Tech. 2021.03; 10 (3): e639-e645. ( PubMed, DOI )

  3. Hideyuki Koga, Tomomasa Nakamura, Hiroki Katagiri, Yusuke Nakagawa, Nobutake Ozeki, Toshiyuki Ohara, Mikio Shioda, Yuji Kohno, Masaki Amemiya, Ichiro Sekiya. Two-Year Outcomes After Meniscoplasty by Capsular Advancement With the Application of Arthroscopic Centralization Technique for Lateral Compartment Knee Osteoarthritis. Am J Sports Med. 2020.11; 48 (13): 3154-3162.

  4. N. Araya, H. Katagiri, Y. Nakagawa, T. Ohara, M. Shioda, Y. Kohno, M. Amemiya, I. Sekiya, H. Koga. Predictors of residual mechanical symptoms after meniscus surgery: data from the maks group Osteoarthritis and Cartilage. 2020.04; 28 (1): S221-S223.

  5. Masaki Amemiya, Kunikazu Tsuji, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Yusuke Nakagawa, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Synovial fluid-derived mesenchymal cells have non-inferior chondrogenic potential and can be utilized for regenerative therapy as substitute for synovium-derived cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2020.03; 523 (2): 465-472. ( PubMed, DOI )

  6. Kaori Nakamura, Tomomasa Nakamura, Masafumi Horie, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Yusuke Nakagawa, Masaki Amemiya, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Anatomic femoral tunnel placement is difficult by the transtibial technique: comparison of three different femoral tunnel drilling techniques in double-bundle anterior cruciate ligament reconstructions. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2020.02; 28 (2): 584-593. ( PubMed, DOI )

  7. 雨宮正樹, 中村立一. 関節軟骨(2):膝軟骨下骨不全骨折(膝骨壊死)の診断と治療 MB Orthopaedics. 2022.01; 35 (1): 33-43.

  8. 中村 皓平, 河野 佑二, 中村 智祐, 片桐 洋樹, 大関 信武, 小田邉 浩二, 中川 裕介, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 雨宮 正樹, 関矢 一郎, 古賀 英之. 一期的に前十字靱帯再建術、高位脛骨骨切り術、外側半月板後根修復術を施行した1例 JOSKAS. 2021.10; 46 (3): 565-570.

  9. 佐々部敦, 中川裕介, 片桐洋樹, 小田邉浩二, 大原敏之, 塩田幹夫, 大関信武, 河野佑二, 雨宮正樹, 関矢一郎, 古賀英之. 日本人向け後方安定型TKA患者の術前後のスポーツ活動性の経時的評価 JOSKAS. 2021.06; 46 (3): 628-632.

  10. 林直輝, 中川裕介, 中村智祐, 大関信武, 大原敏之, 塩田幹夫, 河野佑二, 雨宮正樹, 安宰成, 関矢一郎, 古賀英之. 人工膝関節置換術患者においてCentral Sensitization Inventory (CSI)の値は術後早期の疼痛と相関する。 日本人工関節学会誌. 2021; 51 119-120.

  11. 雨宮 正樹、 白澤 進一. 高度内反変形の変形性足関節症に対してハイブリッド脛骨遠位骨切り術に鏡視下関節固定を併用した1例 JOSKAS. 2017.04; 42 (3): 402-403.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 雨宮正樹, 中村立一. 膝関節の再建手術 (新OS NEXUS 1) . 2022.02 内側開大式高位脛骨骨切り術 (ISBN : 9784758321518)

  2. 雨宮正樹, 中村立一, 古賀英之他. 整形外科医のための下肢のアドバンスト手術 上級医になるために標準~発展の手術手技をプロから学ぶ. 2022.02 2章7 内側開大式高位脛骨骨切り術(medial open wedge high tibial osteotomy)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Masaki Amemiya. Downregulation Of Cd140b/pdgfrb Is Associated With The Less Proliferative Potential Of Mesenchymal Stem Cells Derived From Synovial Fluid. 2020 Orthopaedic Research Society 2020.02.08 Phonex, USA

  2. Masaki Amemiya, Kunikazu Tsuji, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Comprehensive analysis of the difference between synovium derived mesenchymal stem cells and synovial fluid derived mesenchymal stem cells. Orthopaedic Research Society 2019.02.02 Austin, USA

  3. Masaki Amemiya, Kunikazu Tsuji, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Characteristics and usefulness of synovial fluid-derived stem cells compared with synovium-derived stem cells. OARSI 2018 World Congress on Osteoarthritis 2018.04.26 Liverpool, United Kingdom

  4. Masaki Amemiya, Kunikazu Tsuji, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Evaluation of articular cartilage repair ability using synovial fluid derived mesenchymal stem cells. Orthopaedic Research Society 2018 Annual Meeting 2018.03.10 New Orleans, USA

  5. 雨宮 正樹. Ehlers-Danlos 症候群による 近位脛腓関節脱臼が誘因の外反膝に対する後外側開大式高位脛骨骨切り術の経験. 第1回 日本Knee Osteotomy & Joint Preservation研究会 2021.12.18

  6. 雨宮正樹. 近位脛腓関節脱臼がもたらした外反膝から考える腓骨の支持性. 第27回 奈良・横浜・京都バイオメカニクスカンファレンス 2021.12.04

  7. 大関 信武, 河野 佑二, 中村 智祐, 中川 裕介, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 雨宮 正樹, 安 宰成, 冨田 誠, 古賀 英之, 関矢 一郎. MRI3次元解析システムによる膝関節軟骨評価と関節鏡評価の比較. JOSKAS/JOSSM meeting2021 2021.06.18 WEB

  8. 大関 信武, 中川 裕介, 河野 佑二, 片野 尚子, 中村 智祐, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 雨宮 正樹, 安 宰成, 古賀 英之, 関矢一郎. 滑膜幹細胞を用いた膝軟骨・半月板再生医療における超音波下滑膜採取法. JOSKAS/JOSSM meeting2021 2021.06.18 WEB

  9. 雨宮 正樹, 中川 裕介, 中村 智祐, 片桐 洋樹, 大関 信武, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 河野 佑二, 安 宰成, 関矢 一郎, 古賀 英之. 前十字靭帯再建術において外側半月板縫合により前外側不安定性が制動される 患者因子の検討. 第13回 JOSKAS (web) 2021.06.17

  10. 大関 信武, 古賀 英之, 中村 智祐, 片桐 洋樹, 中川 裕介, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 河野 佑二, 雨宮 正樹, 安 宰成, 大川 淳, 関矢 一郎. MRI3次元解析システムを用いた前十字靱帯損傷膝の軟骨評価 ―放射状展開面を用いた解析―. 第94回日本整形外科学会学術総会 2021.05.22 東京

  11. 雨宮 正樹, 中川 裕介, 中村 智祐, 大関 信武, 塩田 幹夫, 大原 敏之, 河野 佑二, 安 宰成, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之, TMDU MAKS group. Big Pivot shiftを有する患者の前十字靭帯損傷に対する再建術の短期成績 TMDU MAKSstudy. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20

  12. 雨宮 正樹, 中川 裕介, 荻内 隆司, 高橋 徹, 朱 寧進, 猪野又 慶, 長瀬 寅, 平澤 直之, 塚田 幸行, 島谷 雅之, 古賀 英之, 医科歯科大/膝・スポーツグループ. エスフルルビプロフェンテープおよび経口剤の膝関節組織移行性を比較した無作為化多施設共同研究. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20

  13. 雨宮正樹、中川裕介、片桐洋樹、大関信武、小田邊浩二、大原敏之、塩田幹夫、河野佑二、関矢一郎、古賀英之. 前十字靭帯再建における外側半月板のpivot shift現象への影響. 第12回 JOSKAS 2020.12.17

  14. 雨宮正樹、中川裕介、中村智祐、片桐洋樹、大関信武、大原敏之、塩田幹夫、河野佑二、安宰成、関矢一郎、古賀英之. 外側半月板縫合はpivot shiftにおける前外側不安定性を制動し、再建前十字靭帯にかかる負荷を軽減する. 第47回 日本臨床バイオメカニクス学会 web開催 2020.11.07

  15. 雨宮正樹、中川裕介、荻内隆司、高橋徹、朱寧進、猪野又慶、長瀬寅、平澤直之、塚田幸行、島谷雅之、古賀英之. 変形性膝関節症患者にエスフルルビプロフェンテープ及び経口剤を投与した際の組織中薬物濃度を検討する無作為化多施設共同研究. 第48回 日本関節病学会 web開催 2020.10.31

  16. 雨宮正樹, 中川 裕介, 吉原 有俊, 河野 佑二, 大関 信武, 塩田 幹夫, 大原 敏之, 小田邉 浩二, 片桐 洋樹, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. 前十字靱帯再建術後に残存するpivot shiftテストに関わる因子の検討. 第93回 日本整形外科学会学術集会(web開催) 2020.06.11

  17. 雨宮正樹, 辻 邦和, 関矢 一郎, 大川 淳, 宗田 大, 古賀 英之. 網羅的表面抗原発現解析からみる関節液由来間葉系幹細胞の特徴と可能性. 第34回 日本整形外科学会基礎学術総会 2019.10.17

  18. 雨宮正樹, 中村香織, 片桐洋樹, 中村智祐, 渡邊敏文, 堀江雅史, 小田邊浩二, 関矢一郎, 宗田大, 大川淳, 古賀英之. 2重束前十字靭帯再建術における3つの骨孔作成方法による骨孔位置と術後2年成績の比較. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05

  19. 雨宮正樹、中村香織、片桐洋樹、中村智祐、渡邊敏文、堀江雅史、小田邉浩二、関矢一郎、宗田大、大川淳、古賀英之. 2重束前十字靭帯再建術における異なる骨孔作成方法による骨孔位置と術後2年成績. 第11回 JOSKAS 2019.06.13

  20. 雨宮正樹、中村香織、片桐洋樹、中村智祐、渡邊敏文、堀江雅史、小田邊浩二、関矢一郎、宗田大、大川淳、古賀英之. 2重束前十字靭帯再建術における異なる骨孔作成方法による骨孔位置と術後1年成績. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09

  21. 雨宮正樹、辻邦和、関矢一郎、大川淳、古賀英之. 膜由来間葉系幹細胞と比較した関節液由来間葉系幹細胞の特徴と有用性. 第33回 日本整形外科基礎学術集会 2018.10.11

  22. 雨宮 正樹、 中村 香織、 片桐洋樹、 中村 智祐、 渡邊 敏文、 堀江 雅史、 小田邉 浩二、 関矢 一郎、 宗田 大、 古賀 英之. 2重束前十字靭帯再建術における骨孔作成方法の違いによる骨孔位置と術後1年成績. 第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2018.06.14

  23. 雨宮 正樹、 辻 邦和、 松村 恵津子、 塩田 幹夫、 尾島 美代子、 大川 淳、 古賀 英之、 関矢 一郎、 宗田 大. 関節液由来間葉系幹細胞を用いた関節軟骨修復能の評価. 第32回日本整形外科基礎学会学術集会 2017.10.26

▼全件表示