基本情報

写真a

長弘 茂樹(ナガヒロ シゲキ)

NAGAHIRO Shigeki


職名

医員

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 小児歯科学 大学院生
  • 2019年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 小児歯科学・障害者歯科学分野 医員(歯病)
  • 2020年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 育成系診療科 小児歯科外来 医員
  • 2021年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 小児歯科学・障害者歯科学 医員(歯病)
  • 2021年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 育成系診療科 小児歯科外来 医員
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔育成系診療領域 小児歯科 医員

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    現在
    日本小児歯科学会関東地方会 幹事
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • BMP-2遺伝子導入とRANKL結合ペプチドを用いた顎骨における骨造成法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Keo P, Matsumoto Y, Shimizu Y, Nagahiro S, Ikeda M, Aoki K, Ono T. . A pilot study to investigate the histomorphometric changes of murine maxillary bone around the site of mini-screw insertion in regenerated bone induced by anabolic reagents. European journal of orthodontics. . 2020.03;

  2. Shigeki Nagahiro, Tomoki Uehara, Mariko Yamamoto Kawai, Preksa Keo, Toshimi Sato, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Shinji Kuroda, Takashi Ono, Michiyo Miyashin, Kazuhiro Aoki. RANKL-binding peptide promotes ectopic bone formation induced by BMP-2 gene transfer in murine gastrocnemius muscle Dental, Oral and Maxillofacial Research. 2020.01; 6 (1): 1-6.

  3. 宮新美智世, 上原智己, 和田奏絵, 長弘茂樹, 島田学, 川村朋子, Wit yee wint, 柿野聡子. 電気的根管長測定器を用いた露髄診に関する研究 小児歯科学雑誌. 2019.06; 57 (3): 382-388.

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 新井祐貴, 青木和弘, 田村幸彦, 長弘茂樹, 大河原久実, 上原智己, 宮新美智世, 若林則幸. 過剰咬合モデルマウスにおけるRANKL結合ペプチドを使用した歯槽骨造成の評価. 第38回日本骨形態計測学会 2018.06.21 大阪

  2. 上原智己,長弘茂樹,上原美希,窪田えりか,古澤慧美,宮新美智世. 乳歯歯髄切断法の臨床報告に関する文献研究. 第55回日本小児歯科学会大会 2017.05.25 北九州

  3. 井上佳怜,長弘茂樹,内藤悠,小沼佳織,金井恵未,小樋香織,柿野聡子,岩本勉. 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う本学小児歯科における感染予防対策. 日本小児歯科学会 第36回関東地方会大会 2021.10.17 Web開催

  4. 青木 和広, 松本 芳郎, Khan Masud, 長弘 茂樹, 岩本 勉, 小野 卓史, 田村 幸彦. 顎骨再建の骨形態計測学的評価 RANKL結合ペプチドを用いた顎骨造成(Jaw osteogenesis using RANKL binding peptide). Journal of Oral Biosciences Supplement 2021.10.01

  5. ケオプレクサ, 松本芳郎, 長弘茂樹, 青木和広, 小野卓史. RANKL 結合ペプチドと BMP-2との注射により誘導されたマウス上顎骨の経時的変化とスクリュー植立の影響. 第61回 歯科基礎医学会 2019.10.12 東京歯科大学

  6. 長弘茂樹, 上原智己, ケオプレクサ, 河井まりこ, 青木和広. RANKL 結合ペプチドは BMP-2遺伝子発現非ウイルスベクターによる骨形成を促進する. 第61回 歯科基礎医学会 2019.10.12 東京歯科大学

  7. 金井恵未、柿野聡子、大石敦之、和田奏絵、上原智己、古澤慧美、長弘茂樹、関裕子、小樋香織、宮新美智世. 歯頚部に複雑な歯根破折を生じた根未完成歯を長期経過観察した1例. 日本小児歯科学会第34回関東地方会大会・令和元年度総会 2019.09.16 文京シビックセンター

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月

    文部科学省科学研究費助成金 研究活動スタート支援 代表,2020年
    「BMP-2遺伝子導入とRANKL結合ペプチドを用いた顎骨における骨造成法の開発」R2-3 研究代表者:長弘茂樹