基本情報

写真a

有泉 陽介(アリイズミ ヨウスケ)

ARIIZUMI Yousuke


職名

講師

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2016年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 頭頸部外科 講師
  • 2016年10月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 頭頸部外科学 講師
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 頭頸部外科学 講師
 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • アルコール代謝遺伝子多型と飲酒量が頭頸部癌症例の血清マグネシウム濃度に与える影響 課題番号18K16834,2018年04月 - 2022年03月

  • アルコール代謝遺伝子多型と飲酒量が頭頸部癌症例の血清マグネシウム濃度に与える影響 課題番号16H06774,2016年10月 - 2017年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • アルコール代謝遺伝子多型と飲酒量が頭頸部癌症例の血清マグネシウム濃度に与える影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

  • アルコール代謝遺伝子多型と飲酒量が頭頸部癌症例の血清マグネシウム濃度に与える影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • 頭頸部がん患者の問題解決スキルに焦点を当てた心理的介入プログラムの開発と効果検証

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Okano S, Homma A, Kiyota N, Tahara M, Hanai N, Asakage T, Matsuura K, Ogawa T, Saito Y, Sano D, Kodaira T, Motegi A, Yasuda K, Takahashi S, Tanaka K, Onoe T, Yokota T, Imamura Y, Ariizumi Y, Akimoto T, Hayashi R. Induction chemotherapy in locally advanced squamous cell carcinoma of the head and neck. Japanese journal of clinical oncology. 2021.02; 51 (2): 173-179. ( PubMed, DOI )

  • Baba Shunichi, Akashi Takumi, Kayamori Kou, Ohuchi Tomoyuki, Ogawa Ikuko, Kubota Nobuhisa, Nakano Keisuke, Nagatsuka Hitoshi, Hasegawa Hiromasa, Matsuzaka Kenichi, Tomii Shohei, Uchida Keisuke, Katsuta Noriko, Sekiya Takahiro, Ando Noboru, Miura Keiko, Ishibashi Hironori, Ariizumi Yousuke, Asakage Takahiro, Michi Yasuyuki, Harada Hiroyuki, Sakamoto Kei, Eishi Yoshinobu, Okubo Kenichi, Ikeda Tohru. Homeobox transcription factor engrailed homeobox 1 is a possible diagnostic marker for adenoid cystic carcinoma and polymorphous adenocarcinoma PATHOLOGY INTERNATIONAL. 2021.02; 71 (2): 113-123. ( PubMed, DOI )

  • Yokokawa T, Ariizumi Y, Hiramatsu M, Kato Y, Endo K, Obata K, Kawashima K, Sakata T, Hirano S, Nakashima T, Sekine T, Kiyuna A, Uemura S, Okubo K, Sugimoto T, Tateya I, Fujimoto Y, Horii A, Kimura Y, Hyodo M, Homma A. Management of tracheostomy in COVID-19 patients: The Japanese experience. Auris, nasus, larynx. 2021.01; ( PubMed, DOI )

  • 高橋 亮介, 河邊 浩明, 小出 暢章, 大野 十央, 有泉 陽介, 朝蔭 孝宏. 下咽頭喉頭全摘出術を施行した下咽頭癌における術後副甲状腺機能の検討 日本気管食道科学会会報. 2020.12; 71 (6): 397-404. ( 医中誌 )

  • 高橋 亮介, 河邊 浩明, 小出 暢章, 大野 十央, 有泉 陽介, 朝蔭 孝宏. 下咽頭喉頭全摘出術を施行した下咽頭癌における術後副甲状腺機能の検討 日本気管食道科学会会報. 2020.12; 71 (6): 397-404. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 樺沢勇司、有泉陽介 他. 歯科が知っておきたいNST 栄養と食生活指導のエッセンス. 医歯薬出版, 2020.08 栄養と疾患 各論8 頭頚部の癌 (ISBN : 9784263422816)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 加納 嘉人,野地 理夏, 山下 大和, 工藤 亮, 田崎 彰久, 大野 十央, 有泉 陽介, 平井 秀明, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 道 泰之, 三浦 雅彦, 吉村 亮一, 朝蔭 孝宏, 原田 浩之, 岡本 隆一, 三宅 智, 池田 貞勝. Clinical utility of tumor-profiling multiplex gene panel testing in advanced head and neck cancer at TMDU. 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021.02.18

  • 有本 正子, 有泉 陽介, 高橋 祐子, 清水 行栄, 大石 純子, 斎藤 恵子, 中島 康晃. 化学放射線療法施行患者の栄養摂取量の比較検討. 学会誌JSPEN 2020.11.01

  • 有泉陽介, 高橋亮介, 小出暢章, 田崎彰久, 河邊浩明, 大野十央, 菅原貴志, 田中洋次, 朝蔭孝宏. 鼻腔・篩骨洞悪性腫瘍 15 例における頭蓋底手術の安全性と短期成績. 第32回日本頭蓋底外科学会 2020.10.25

  • 高橋亮介, 有泉陽介, 河邊浩明, 小出暢章, 田崎彰久, 大野十央, 朝蔭孝宏. 当科で手術治療を行った顎関節周囲腫瘍の 14 例. 第32回日本頭蓋底外科学会 2020.10.25

  • 塩村 美帆, 森 祥子, 中島 英俊, 堀江 晃子, 青木 惇, 村上 正憲, 柴 久美子, 辻本 和峰, 小宮 力, 池田 賢司, 泉山 肇, 中村 健太郎, 有泉 陽介, 宮崎 泰成, 山田 哲也. メチラポン投与後ARDSを発症した嗅神経芽細胞腫に伴うEASの一例. 日本内分泌学会雑誌 2020.10.01

全件表示 >>