基本情報

写真a

吉藤 康太(ヨシフジ コウタ)

YOSHIFUJI Kouta


職名

助教

生年

1986年

メールアドレス

yoshhema@tmd.ac.jp

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都府立医科大学  医学部  医学科  2012年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  血液内科学  博士課程  2022年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 血液内科 医員
  • 2019年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 先端医療開発学講座 血液内科学分野 大学院生
  • 2021年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 血液内科 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 内科系診療領域 血液内科 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本血液学会

  • 日本内科学会

  • 日本造血細胞移植学会

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 網羅的遺伝子解析による原発性眼球内リンパ腫の新規バイオマーカー探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2022年 - 2023年

  • びまん性大細胞型B細胞リンパ腫における遺伝子異常の網羅的機能解析

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Konishi Tatsuya, Kusakabe Shinsuke, Hino Akihisa, Inamoto Kyoko, Yoshifuji Kota, Kiridoshi Yuko, Takeshita Kozue, Sasajima Satoshi, Toya Takashi, Igarashi Aiko, Najima Yuho, Kobayashi Takeshi, Doki Noriko, Motooka Daisuke, Nakamura Shota, Suyama Masahiro, Suda Wataru, Shiota Atsushi, Atarashi Koji, Hattori Masahira, Honda Kenya, Yokota Takafumi, Ohashi Kazuteru, Shibayama Hirohiko, Fukushima Kentaro, Kakihana Kazuhiko. Low diversity of gut microbiota in the early phase of post-bone marrow transplantation increases the risk of chronic graft-versus-host disease BONE MARROW TRANSPLANTATION. 2021.07; 56 (7): 1728-1731. ( DOI )

  2. Kota Yoshifuji, Takashi Toya, Noriyo Yanagawa, Fumikazu Sakai, Akihito Nagata, Noritaka Sekiya, Kazuteru Ohashi, Noriko Doki. CT classification of acute myeloid leukemia with pulmonary infiltration Japanese Journal of Radiology. 2021.06; 39 (11): 1049-1058. ( PubMed, DOI )

  3. Kota Yoshifuji, Kyoko Inamoto, Yuko Kiridoshi, Kozue Takeshita, Satoshi Sasajima, Yukiko Shiraishi, Yuko Yamashita, Yuko Nisaka, Yukari Ogura, Rie Takeuchi, Takashi Toya, Aiko Igarashi, Yuho Najima, Noriko Doki, Takeshi Kobayashi, Kazuteru Ohashi, Wataru Suda, Koji Atarashi, Atsushi Shiota, Masahira Hattori, Kenya Honda, Kazuhiko Kakihana. Prebiotics protect against acute graft-versus-host disease and preserve the gut microbiota in stem cell transplantation. Blood Adv. 2020.10; 4 (19): 4607-4617. ( PubMed, DOI )

  4. 古屋 淳史, 斎藤 優樹, 亀田 拓郎, 木暮 泰寛, McClure Marni B., 新垣 清登, 吉藤 康太, 田畑 真梨子, 下田 和哉, 片岡 圭亮. がんの一細胞生物学 マルチオミクス単一細胞解析によるHTLV-1感染状態およびATLにおける細胞動態の網羅的解明 日本癌学会総会記事. 2020.10; 79回 S12-3. ( 医中誌 )

  5. 田畑 真梨子, 佐藤 悠佑, 木暮 泰寛, McClure Marni B., 斎藤 優樹, 新垣 清登, 吉藤 康太, 古屋 淳史, 河野 隆志, 白石 友一, 久米 春喜, 片岡 圭亮. がん分子標的治療薬・がん免疫治療薬への抵抗性に関わる分子機構とその克服 遺伝性淡明細胞型腎細胞癌における腫瘍内または腫瘍間の遺伝的、免疫的不均一性 日本癌学会総会記事. 2020.10; 79回 S4-3. ( 医中誌 )

  6. Saito Yuki, Koya Junji, Araki Mitsugu, Kogure Yasunori, Shingaki Sumito, Tabata Mariko, McClure Marni B., Yoshifuji Kota, Matsumoto Shigeyuki, Isaka Yuta, Tanaka Hiroko, Kanai Takanori, Miyano Satoru, Shiraishi Yuichi, Okuno Yasushi, Kataoka Keisuke. Landscape and function of multiple mutations within individual oncogenes NATURE. 2020.06; 582 (7810): 95-+. ( DOI )

  7. Kota Yoshifuji, Yoshihiro Umezawa, Ayako Ichikawa, Ken Watanabe, Osamu Miura, Masahide Yamamoto. Methotrexate-associated Classical Hodgkin Lymphoma Shows Distinct Clinicopathological Features but Comparable Clinical Outcomes With Sporadic Cases. In Vivo. 2019.09; 33 (5): 1599-1604. ( PubMed, DOI )

  8. Kota Yoshifuji, Takashi Toya, Hiroto Adachi, Masahiro Fujita, Atsushi Wada, Ryosuke Konuma, Yuya Kishida, Tatsuya Konishi, Akihito Nagata, Yuta Yamada, Satoshi Kaito, Takuma Kumagai, Kyoko Inamoto, Megumi Akiyama, Aiko Igarashi, Yuho Najima, Noriko Doki, Takeshi Kobayashi, Kazuhiko Kakihana, Hisashi Sakamaki, Kazuteru Ohashi. Successful hematopoietic stem-cell mobilization with plerixafor plus granulocyte-colony stimulating factor in multiple myeloma patients treated with pomalidomide. Int J Hematol. 2019.07; 110 (1): 115-118. ( PubMed, DOI )

  9. 内田 智之, 土岐 典子, 岸田 侑也, 永田 啓人, 山田 裕太, 小西 達矢, 海渡 智史, 黒澤 修兵, 吉藤 康太, 白根 脩一, 稲本 恭子, 遠矢 嵩, 五十嵐 愛子, 名島 悠峰, 武藤 秀治, 小林 武, 垣花 和彦, 坂巻 壽, 大橋 一輝. Ph+ALLに対する同種造血幹細胞移植後のチロシンキナーゼ阻害剤投与の実際(Clinical impact of TKI therapy after allo-HSCT for Ph+ALL) 臨床血液. 2018.09; 59 (9): 1571. ( 医中誌 )

  10. 永田 啓人, 名島 悠峰, 岸田 侑也, 小西 達矢, 山田 裕太, 海渡 智史, 黒澤 修兵, 吉藤 康太, 白根 脩一, 内田 智之, 稲本 恭子, 遠矢 嵩, 五十嵐 愛子, 武藤 秀治, 土岐 典子, 小林 武, 垣花 和彦, 坂巻 壽, 大橋 一輝. 造血幹細胞移植患者における二次癌治療成績の解析(The clinical outcomes of second primary malignancy after allogeneic stem cell transplantation) 臨床血液. 2018.09; 59 (9): 1543. ( 医中誌 )

  11. 山田 裕太, 武藤 秀治, 岸田 侑也, 小西 達矢, 永田 啓人, 海渡 智史, 黒澤 修兵, 白根 脩一, 吉藤 康太, 稲本 恭子, 内田 智之, 遠矢 嵩, 五十嵐 愛子, 名島 悠峰, 小林 武, 土岐 典子, 垣花 和彦, 坂巻 壽, 大橋 一輝. 急性骨髄性白血病加療中に多発肝炎症性偽腫瘍を呈した一例(Multiple inflammatory pseudotumors of the liver associated with acute myeloid leukemia) 臨床血液. 2018.09; 59 (9): 1768. ( 医中誌 )

  12. 小西 達矢, 土岐 典子, 岸田 侑也, 永田 啓人, 山田 裕太, 海渡 智史, 黒澤 修兵, 吉藤 康太, 白根 脩一, 内田 智之, 稲本 恭子, 遠矢 嵩, 五十嵐 愛子, 名島 悠峰, 小林 武, 垣花 和彦, 坂巻 壽, 大橋 一輝. 急性骨髄性白血病に対する同種造血幹細胞移植におけるGeriatric nutritional risk indexと予後(Clinical impact of geriatric nutritional risk index of allogeneic-HSCT for AML patients) 臨床血液. 2018.09; 59 (9): 1553. ( 医中誌 )

  13. 海渡 智史, 遠矢 嵩, 中島 祐二朗, 田口 歩, 岸田 侑也, 小西 達矢, 永田 啓人, 山田 裕太, 黒澤 修兵, 吉藤 康太, 白根 脩一, 稲本 恭子, 内田 智之, 五十嵐 愛子, 名島 悠峰, 武藤 秀治, 土岐 典子, 小林 武, 垣花 和彦, 坂巻 壽, 大橋 一輝. 同種造血幹細胞移植後サイトメガロウイルス再活性化の予測(Prediction of CMV reactivation after allogeneic stem cell transplantation using machine learning) 臨床血液. 2018.09; 59 (9): 1633. ( 医中誌 )

  14. 白根 脩一, 名島 悠峰, 福島 一彰, 関谷 紀貴, 岸田 侑也, 永田 啓人, 山田 裕太, 小西 達矢, 海渡 智史, 黒澤 修兵, 吉藤 康太, 内田 智之, 稲本 恭子, 遠矢 嵩, 五十嵐 愛子, 武藤 秀治, 小林 武, 土岐 典子, 垣花 和彦, 坂巻 壽, 大橋 一輝. 再発難治急性リンパ性白血病に合併した中枢神経系ムコール症(Cerebral mucormycosis complicated with relapsed-refractory acute lymphoblastic leukemia) 臨床血液. 2018.09; 59 (9): 1688. ( 医中誌 )

  15. 吉藤 康太, 稲本 恭子, 垣花 和彦, 白石 由紀子, 岸田 侑也, 小西 達矢, 永田 啓人, 山田 裕太, 海渡 智史, 黒澤 修兵, 白根 脩一, 内田 智之, 遠矢 嵩, 五十嵐 愛子, 名島 悠峰, 土岐 典子, 小林 武, 坂巻 壽, 大橋 一輝. プレバイオティクス摂取が移植関連合併症に与える影響について(Effect of prebiotics on transplant-related complications) 臨床血液. 2018.09; 59 (9): 1544. ( 医中誌 )

  16. 岸田 侑也, 土岐 典子, 中尾 眞二, 吉岡 康介, 永田 啓人, 山田 裕太, 小西 達矢, 海渡 智史, 黒澤 修兵, 吉藤 康太, 白根 脩一, 内田 智之, 稲本 恭子, 遠矢 嵩, 五十嵐 愛子, 名島 悠峰, 武藤 秀治, 小林 武, 垣花 和彦, 坂巻 壽, 大橋 一輝. フルダラビン前処置による造血幹細胞移植後、自己造血回復し、AIHAを発症したAA-PNH(AIHA on autologous hematologic recovery after conditioning with fludarabine for allo-HSCT in AA-PNH) 臨床血液. 2018.09; 59 (9): 1815. ( 医中誌 )

  17. 秋山 めぐみ,吉藤 康太,福田 哲也,東田 修二,三木 徹,三浦 修,山本 正英. 自己免疫性溶血性貧血に対するprednisolone治療中に発症した皮膚症状を伴わない劇症型内臓播種性VZV感染症 臨床血液. 2016.04; 57 (4): 467-471. ( PubMed, DOI )

  18. Fukuhara Suguru, Oshikawa-Kumade Yuji, Kogure Yasunori, Shingaki Sumito, Kariyazono Hirokazu, Kikukawa Yoshiya, Koya Junji, Saito Yuki, Tabata Mariko, Yoshifuji Kota, Mizuno Kota, Miyagi-Maeshima Akiko, Matsushita Hiromichi, Sugiyama Masanaka, Ogawa Chitose, Inamoto Yoshihiro, Fukuda Takahiro, Sugano Masato, Yamauchi Nobuhiko, Minami Yosuke, Hirata Makoto, Yoshida Teruhiko, Kohno Takashi, Kohsaka Shinji, Mano Hiroyuki, Shiraishi Yuichi, Ogawa Seishi, Izutsu Koji, Kataoka Keisuke. Feasibility and clinical utility of comprehensive genomic profiling of hematological malignancies CANCER SCIENCE. 2022.08; 113 (8): 2763-2777. ( DOI )

  19. Kogure Yasunori, Kameda Takuro, Koya Junji, Yoshimitsu Makoto, Nosaka Kisato, Yasunaga Jun-ichirou, Imaizumi Yoshitaka, Watanabe Mizuki, Saito Yuki, Ito Yuta, McClure Marni B., Tabata Mariko, Shingaki Sumito, Yoshifuji Kota, Chiba Kenichi, Okada Ai, Kakiuchi Nobuyuki, Nannya Yasuhito, Kamiunten Ayako, Tahira Yuki, Akizuki Keiichi, Sekine Masaaki, Shide Kotaro, Hidaka Tomonori, Kubuki Yoko, Kitanaka Akira, Hidaka Michihiro, Nakano Nobuaki, Utsunomiya Atae, Sica R. Alejandro, Acuna-Villaorduna Ana, Janakiram Murali, Shah Urvi, Ramos Juan Carlos, Shibata Tatsuhiro, Takeuchi Kengo, Takaori-Kondo Akifumi, Miyazaki Yasushi, Matsuoka Masao, Ishitsuka Kenji, Shiraishi Yuichi, Miyano Satoru, Ogawa Seishi, Ye B. Hilda, Shimoda Kazuya, Kataoka Keisuke. Whole-genome landscape of adult T-cell leukemia/lymphoma BLOOD. 2022.02; 139 (7): 967-982.

  20. Yamaguchi Kentaro, Koya Junji, Yoshifuji Kota, Ito Yuta, Yuasa Mitsuhiro, Saito Yuki, Tabata Mariko, Shingaki Sumito, Kogure Yasunori, Ohshima Koichi, Kataoka Keisuke. High-throughput screening to elucidate in vivo oncogenicity of lymphoma-related genetic alterations CANCER SCIENCE. 2022.02; 113

  21. 田畑 真梨子, 佐藤 悠佑, 木暮 泰寛, Mcclure Marni B., 熊手 祐二, 斎藤 優樹, 新垣 清登, 吉藤 康太, 古屋 淳史, 白石 友一, 久米 春喜, 片岡 圭亮. 遺伝性淡明細胞型腎細胞癌における腫瘍内または腫瘍間の遺伝的、免疫的不均一性 日本泌尿器科学会総会. 2020.12; 108回 804. ( 医中誌 )

  22. 熊谷 拓磨, 土岐 典子, 小林 武, 山田 倫, 比島 恒和, 安達 弘人, 小沼 亮介, 藤田 昌宏, 和田 敦司, 岸田 侑也, 小西 達矢, 永田 啓人, 山田 裕太, 海渡 智史, 吉藤 康太, 迎 純一, 秋山 めぐみ, 稲本 恭子, 遠矢 嵩, 五十嵐 愛子, 名島 悠峰, 垣花 和彦, 坂巻 壽, 大橋 一輝. 同種骨髄移植後空胞性脊髄症を発症した急性リンパ性白血病 臨床血液. 2020.11; 61 (11): 1625-1627. ( 医中誌 )

  23. 吉藤 康太, 片岡 圭亮. 【臨床血液学-診断と治療におけるパラダイムシフト2020(リンパ系疾患)-】悪性リンパ腫のゲノム異常 臨床血液. 2020.05; 61 (5): 503-509. ( 医中誌 )

  24. 内田 智之, 土岐 典子, 岸田 侑也, 永田 啓人, 山田 裕太, 小西 達矢, 海渡 智史, 黒澤 修兵, 吉藤 康太, 白根 脩一, 稲本 恭子, 遠矢 嵩, 五十嵐 愛子, 名島 悠峰, 武藤 秀治, 小林 武, 垣花 和彦, 坂巻 壽, 大橋 一輝. Ph陽性ALLに対する同種造血幹細胞移植後のTKIによる維持療法 臨床血液. 2020.01; 61 (1): 11-19. ( 医中誌 )

  25. 岸田 侑也, 小林 武, 藤田 昌宏, 熊谷 拓磨, 吉藤 康太, 秋山 めぐみ, 稲木 恭子, 遠矢 嵩, 五十嵐 愛子, 名島 悠峰, 土岐 典子, 垣花 和彦, 坂巻 壽, 大橋 一輝. 多種類の栄養欠乏症により汎血球減少と皮膚色素斑を生じ血液悪性疾患との鑑別を要した1例 臨床血液. 2019.10; 60 (10): 1503. ( 医中誌 )

  26. 小沼 亮介, 名島 悠峰, 和田 敦司, 安達 弘人, 藤田 昌宏, 岸田 侑也, 小西 達矢, 永田 啓人, 山田 裕太, 海渡 智史, 熊谷 拓也, 吉藤 康太, 秋山 めぐみ, 稲本 恭子, 遠矢 嵩, 五十嵐 愛子, 土岐 典子, 小林 武, 垣花 和彦, 坂巻 壽, 大橋 一輝. Inotuzmab ozogamicin投与後に合併した移植後類洞閉塞症候群の1例 臨床血液. 2019.05; 60 (5): 528-529. ( 医中誌 )

  27. 本村 鷹多朗, 新井 康祐, 吉藤 康太, 園川 佐絵子, 鈴木 さやか, 熊谷 隆志. Interferon-αおよびponatinibが奏効したT315I、F317L変異を有する慢性骨髄性白血病 臨床血液. 2019.01; 60 (1): 33-38. ( 医中誌 )

  28. 渡邉 健, 吉藤 康太, 齋藤 達也, 山下 知子, 野上 彩子, 坂下 千瑞子, 福田 哲也, 新井 文子, 東田 修二, 川又 紀彦, 三浦 修, 山本 正英. 腫瘍随伴性天疱瘡と閉塞性細気管支炎を合併した濾胞性リンパ腫 臨床血液. 2019.01; 60 (1): 7-11. ( 医中誌 )

  29. 渡邉 健, 吉藤 康太, 大川 龍之介, 戸塚 実, 三浦 修, 新井 文子. 薬剤性重症高トリグリセリド血症発症後にL-asparaginaseを再投与した若年成人T細胞性急性リンパ性白血病 臨床血液. 2018.12; 59 (12): 2555-2560. ( 医中誌 )

  30. 和田 敦司, 小林 武, 中村 翔平, 小西 達矢, 黒澤 修兵, 吉藤 康太, 内田 智之, 遠矢 嵩, 五十嵐 愛子, 名島 悠峰, 土岐 典子, 垣花 和彦, 坂巻 壽, 大橋 一輝. 良好な経過を辿ったt(6;21;8)(p23;q22;22)を有する急性骨髄性白血病の1例 臨床血液. 2018.11; 59 (11): 2496. ( 医中誌 )

  31. 渡邉 健, 吉藤 康太, 齋藤 達也, 山下 知子, 野上 彩子, 山本 正英, 坂下 千瑞子, 福田 哲也, 新井 文子, 東田 修二, 川又 紀彦, 三浦 修. 腫瘍随伴性天疱瘡と閉塞性細気管支炎を合併した濾胞性リンパ腫の1例 臨床血液. 2017.11; 58 (11): 2274. ( 医中誌 )

  32. 重松 嵩朗, 山下 知子, 吉藤 康太, 田中 圭祐, 渡邉 大介, 野上 彩子, 渡邉 健, 坂下 千端子, 山本 正英, 福田 哲也, 新井 文子, 川又 紀彦, 三浦 修. 全トランス型レチノイン酸と亜ヒ酸による治療が有効であった維持透析中の急性前骨髄球性白血病 臨床血液. 2017.08; 58 (8): 1069. ( 医中誌 )

  33. 酒井 伸, 吉藤 康太, 齋藤 達也, 山下 知子, 野上 彩子, 渡邉 健, 新井 文子, 川又 紀彦, 三浦 修. 若年成人T細胞性急性リンパ性白血病に対するL-asparaginase投与に伴う超高トリグリセリド血症 日本内科学会関東地方会. 2017.03; 631回 62. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 山口 健太郎, 古屋 淳史, 水野 洸太, 吉藤 康太, 伊藤 勇太, 湯淺 光博, 斎藤 優樹, 田畑 真梨子, 新垣 清登, 木暮 泰寛, 中嶋 一貴, 大島 孝一, 片岡 圭亮. High-throughput screening to elucidate in vivo oncogenicity of lymphoma-related genetic alterations(和訳中). 日本リンパ網内系学会会誌 2022.06.01

  2. Kentaro Yamaguchi, Junji Koya, Kota Yoshifuji, Yuta Ito, Mitsuhiro Yuasa, Yuki Saito, Makiko Tabata, Sumito Shingaki, Yasuhiro Kogure, Kazutaka Nakashima, Koichi Oshima, Keisuke Kataoka . High-throughput screening to elucidate in vivo oncogenicity of lymphoma-related genetic alterations. The 83rd annual meeting of Japanese society of hematology 2021.09.24

  3. Tomoko Yamashita, Hiroki Tsutsumi, Kota Yoshifuji, Tatsuya Saito, Yoshihiro Umezawa, Ayako Nogami, Ken Watanabe, Toshikage Nagao, Chizduko Sakashita, Masahide Yamamoto, Ayako Arai, Norihiko Kawamata, Osamu Miura, Tetsuya Fukuda. Chronic Lymphocytic Leukemia/Small Lymphocytic Lymphoma with 11q Deletion. 第79回日本血液学会学術集会 2017.10.22

  4. 吉藤康太, 本村鷹多朗, 野上彩子, 岡田啓五, 森毅彦, 長尾俊景. BC-DLBCLの腫瘍形成におけるTPL2/p105/STAT3経路の関与. 第83回日本血液学会学術集会 2021.09.24

  5. 野上彩子、岡田啓五、本村鷹多朗、吉藤康太、東田修二、長尾俊景. USP14の阻害は、ITD陽性AMLにおいてNrf-2の増加を介してアポトーシスを誘導する. 第83回日本血液学会学術集会 2021.09.23 仙台

  6. 山口 健太郎, 古屋 淳史, 吉藤 康太, 伊藤 勇太, 湯淺 光博, 斎藤 優樹, 田畑 真梨子, 新垣 清登, 木暮 泰寛, 大島 孝一, 片岡 圭亮. 高効率スクリーニングによるリンパ腫関連遺伝子異常の生体内における造腫瘍能の網羅的解明. 日本癌学会総会 2021.09.01

  7. Kota Yoshifuji, Tetsuya Saito, Tomoko Yamashita, Ayako Nogami, Ken Watanabe, Tetsuya Fukuda, Norihiko Kawamata, Osamu Miura, Masahide Yamamoto. Clinical features and treatment outcome of methotrexate-associated Hodgkin lymphoma in our institute. The 79th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 2017.10.20 Tokyo, Japan

  8. 山下 知子,水地 大輔,吉藤 康太,田中 圭祐,野上 彩子,渡邊 健,坂下 千瑞子,福田 哲也,新井 文子,川又 紀彦,三浦 修,山本 正英. 中枢神経リンパ腫に対するbusulfanを含む前処置を用いた自家末梢血幹細胞移植の検討. 第39回日本造血幹細胞移植学会総会 2017.03.03 松江

  9. Keisuke Tanaka, Sayaka Suzuki, Kota Yoshifuji, Ayako Nogami, Osamu Miura, Masahide Yamamoto. Clinical features and treatment outcome of therapy-related acute myeloid leukemia in our institute. The 78th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 2016.10.14 Yokohama

  10. Sayaka Suzuki, Keisuke Tanaka, Kohta Yoshifuji, Shihoko Suwa, Ken Watanabe, Osamu Miura, Michiko Kajiwara, Masahide Yamamoto. Correlation between PB and collected CD34+ cells in stem cell mobilization with chemotherapy + G-CSF. The 78th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 2016.10.13 Yokohama

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会令和4年度研究助成事業(学術研究助成金),2022年08月

    研究種目:研究活動スタート支援(研究代表者:吉藤康太)
    研究課題名:網羅的遺伝子解析による原発性眼球内リンパ腫の新規バイオマーカー探索
    課題番号:22K20785

  • 日本血液学会研究助成金,2021年11月

    2021年度日本血液学会研究助成事業
    (研究代表者 吉藤 康太)
    研究課題名:原発性眼球内リンパ腫の原因遺伝子同定