基本情報

写真a

小野 宏晃(オノ ヒロアキ)

ONO Hiroaki


職名

講師

研究分野・キーワード

腫瘍外科 肝胆膵外科 消化器外科 抗がん剤治療 神経内分泌腫瘍 集学治療

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2002年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  腫瘍外科学  博士課程  2011年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 疾患バイオリソースセンター 特任助教
  • 2017年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 肝胆膵外科 助教
  • 2019年11月
    -
    2021年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 助教
  • 2021年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2012年05月
    -
    2016年02月
    米国ミシガン州立大学 外科 研究フェロー

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床腫瘍学会

  • 日本臨床外科学会

  • 日本膵臓学会

  • 日本肝臓学会

  • 日本癌治療学会

  • 日本癌学会

  • 日本内視鏡外科学会

  • 日本肝胆膵外科学会

  • 日本消化器外科学会

  • 日本外科学会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 消化器外科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍外科学

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ゲムシタビンによるDNAダメージ修復経路を抑制するRRM1阻害の機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 膵臓癌におけるヒストンアセチル化阻害による細胞周期関連シグナルの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • 肝胆膵領域難治癌に対する新規分子標的治療の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 膵臓癌における化合物スクリーニングによる新規抗がん剤併用療法の開発と臨床応用

    文部科学省/日本学術振興会

  • 膵臓癌における悪性形質メカニズムに関連するRRM1の機能解析と治療薬への応用

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yoshiki Murase, Hiroaki Ono, Kosuke Ogawa, Risa Yoshioka, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Inhibitor library screening identifies ispinesib as a new potential chemotherapeutic agent for pancreatic cancers. Cancer Sci. 2021.11; 112 (11): 4641-4654. ( PubMed, DOI )

  2. Matsui S, Ono H, Asano D, Ishikawa Y, Ueda H, Akahoshi K, Ogawa K, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Pancreatic metastasis from renal cell carcinoma presenting as gastrointestinal hemorrhage: a case report. J Surg Case Rep. 2021.08; 2021 (8): ( PubMed, DOI )

  3. Tomotaka Kato,Hiroaki Ono, Mikiya Fujii, Keiichi Akahoshi, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Cytoplasmic RRM1 activation as an acute response to gemcitabine treatment is involved in drug resistance of pancreatic cancer cells. PLoS One. 2021.06; 16 (6): e0252917.

  4. Hiroyuki Ishida, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Hiroki Ueda, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe.. Laparoscopic distal pancreatectomy in a patient with aberrant splenic artery originating from the superior mesenteric artery: A case report 2021.05; 100 (18): e25704.

  5. Ono H, Kato T, Murase Y, Nakamura Y, Ishikawa Y, Watanabe S, Akahoshi K, Ogura T, Ogawa K, Ban D, Kudo A, Akiyama Y, Tanaka S, Ito H, Tanabe M. C646 inhibits G2/M cell cycle-related proteins and potentiates anti-tumor effects in pancreatic cancer. Scientific Reports. 2021.05; 11 (1): ( PubMed, DOI )

  6. Kato T, Kudo A, Kinowaki Y, Ishikawa Y, Watanabe S, Akahoshi K, Ogawa K, Ono H, Ban D, Tanaka S, Tanabe M. A novel classification of portal venous tumor invasion to predict residual tumor status after surgery in patients with pancreatic neuroendocrine neoplasms. J Cancer Res Clin Oncol. 2021.05; ( PubMed, DOI )

  7. Maekawa A, Kudo A, Kishino M, Murase Y, Watanabe S, Ishikawa Y, Ueda H, Akahoshi K, Ogawa K, Ono H, Tanaka S, Kinowaki Y, Tanabe M.. Hormonal tumor mapping for liver metastases of gastroenteropancreatic neuroendocrine neoplasms: a novel therapeutic strategy Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2021.04; published online

  8. Toshitaka Sugawara, Daisuke Ban, Jo Nishino, Shuichi Watanabe, Aya Maekawa, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Prediction of early recurrence of pancreatic ductal adenocarcinoma after resection PLoS One. 2021.04; 16 (4): e0249885.

  9. Yoshiki Murase, Atsushi Kudo, Keiichi Akahoshi, Aya Maekawa, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Surgery after sunitinib administration to improve survival of patients with advanced pancreatic neuroendocrine neoplasms Annals of Gastroenterological Surgery. 2021.03; 0 (0): 1-9.

  10. Yoshiki Murase, Daisuke Ban, Aya Maekawa, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Toshifumi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Successful conversion surgery of distal pancreatectomy with celiac axis resection(DP-CAR) with double arterial reconstruction using saphenous vein grafting for locally advanced pancreatic cancer: a case report Surgical Case Reports. 2020.12;

  11. Asano, Daisuke, Kudo, Atsushi, Akahoshi, Keiichi, Maekawa, Aya, Murase, Yoshiki, Ogawa, Kosuke, Ono, Hiroaki, Ban, Daisuke, Tanaka, Shinji, Tanabe, Minoru . Curative Surgery and Ki-67 Value Rather than Tumor Differentiation Predict the Survival of Patients with High-grade Neuroendocrine Neoplasms Annals of Surgery . 2020.09;

  12. Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Keiichi Akahoshi, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Combination of weekly streptozocin and oral S-1 treatment for patients of unresectable or metastatic pancreatic neuroendocrine neoplasms Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2020.03; 146 (3): 793-799.

  13. Ono H, Kudo A, Akahoshi K, Ogura T, Ogawa K, Ban D, Tanaka S, Tanabe M. Combination of weekly streptozocin and oral S-1 treatment for patients of unresectable or metastatic pancreatic neuroendocrine neoplasms. Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2019.12;

  14. Matsui S, Ogura T, Ban D, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M.. Position of the Pancreas Division Line and Postoperative Outcomes After Distal Pancreatectomy. World Journal of Surgery. 2019.11;

  15. Jun Yoshino, Daisuke Ban, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka & Minoru Tanabe. The Clinial Implications of Peripancreatic Fluid Collection After Distal Pancreatectomy World Journal of Surgery. 2019.08; 43 (8): 2069-2076.

  16. Matsui S, Kudo A, Ogura T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Tanaka S, Tanabe M.. Does sunitinib have a patient-specific dose without diminishing its antitumor effect on advanced pancreatic neuroendocrine neoplasms? Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2019.08; 145 (8): 2097-2104.

  17. Shu Shimada, Kaoru Mogushi, Yoshimitsu Akiyama, Takaki Furuyama, Shuichi Watanabe, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shigeki Arii, Minoru Tanabe, Jack R. Wands, Shinji Tanaka. Comprehensive molecular and immunological characterization of hepatocellular carcinoma EBioMedicine published by the lancet. 2019.02; 40 457-470.

  18. Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Masafumi Akasu, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Atsuko Konta, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Rapid growth speed of cysts can predict malignant intraductal mucinous papillary neoplasms Journal of Surgical Research. 2018.11; 231 195-200.

  19. Keiichi Akahoshi、Daisuke Ban, Ryo Kuboki, Atsushi Oba, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka and Minoru Tanabe. Orotate phosphoribosyltransferase as a predictor of benefit from S-1 adjuvant chemotherapy for cholangiocarcinoma patients Journal of Gastroenterology and Hepatology. 2018.09;

  20. Kudo A, Akahoshi K, Ito S, Akashi T, Shimada S, Ogura T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Tateishi U, Tanaka S, Tanabe M.. Downregulated Pancreatic Beta Cell Genes Indicate Poor Prognosis in Patients With Pancreatic Neuroendocrine Neoplasms. Ann Surg.. 2018.07;

  21. Norimichi Chiyonobu, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Kaoru Mogushi, Michiko Itoh, Keiichi Akahoshi, Satoshi Matsumura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shigeki Arii, Takayoshi Suganami, Shoji Yamaoka, Yoshihiro Ogawa, Minoru Tanabe, Shinji Tanaka. Fatty acid binding protein 4 (FABP4) overexpression in intratumoral hepatic stellate cells within hepatocellular carcinoma with metabolic risk factors The American Journal of Pathology. 2018.05; 188 (5):

  22. Yuki Mizuno,Atsushi Kudo,Takumi Akashi,Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa,Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Ukihide Tateishi, Minoru Tanabe. Sunitinib shrinks NET-G3 pancreatic neuroendocrine neoplasms Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2018.03; 144 1155-1163.

  23. Yoshiya Ishikawa, Daisuke Ban, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Splenic artery as a simple landmark indicating difficulty during laparoscopic distal pancreatectomy Asian Journal of Endscopic Surgery. 2018.02; 1-7.

  24. Mizuno Y, Shimada S, Akiyama Y, Watanabe S, Aida T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Kudo A, Arii S, Yamaoka S, Tanabe M, Tanaka S.. DEPDC5 deficiency contributes to resistance to leucine starvation via p62 accumulation in hepatocellular carcinoma. Sci Rep. . 2018.01; 8 (1):

  25. Atsushi Oba, Atsushi Kudo, Keiichi Akahoshi, Mitsuhiro Kishino, Takumi Akashi, Eriko Katsuta, Yasuhito Iwao, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Yoshinobu Eishi, Ukihide Tateishi, Minoru Tanabe. A simple morphological classification to estimate the malignant potential of pancreatic neuroendocrine tumors. J. Gastroenterol.. 2017.05; ( PubMed, DOI )

  26. 小野宏晃、赤星径一、工藤 篤、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の新しい分子マーカー 肝胆膵. 2022.06; 84 (6): 751-755.

  27. 浅野大輔、工藤 篤、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、赤星径一、田中真二、田邉 稔. 神経内分泌腫瘍ーhg-NENsの治療戦略ー 肝胆膵. 2022.06; 84 (6): 839 -844.

  28. 山下宏成、小川康介、木脇祐子、渡邉亮輔、石田啓之、森本紘一朗、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中信二、明石 巧、田邉 稔. 術前肝粘液嚢胞腺癌を疑うも、術中所見と病理所見にてIPNBの診断に至った1例 Liver Cancer. 2022.06; 27 (47): 19-21.

  29. 石川喜也、上田浩樹、浅野大輔、渡邊秀一、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除術 消化器外科. 2022.04; 45 (4): 461-465.

  30. 赤星径一、上田浩樹、小野宏晃、渡邊秀一、石川喜也、浅野大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における多層オミックス解析 胆と膵. 2022.02; 43 (2): 95-98.

  31. 工藤 篤、村瀬芳樹、赤星径一、浅野大輔、石川喜也、小川康介、小野宏晃、田邉 稔. 神経内分泌腫瘍に対する conversion surgery 臨床外科. 2021.12; 76 (13): 1536-1541.

  32. 石川喜也、赤星径一、浅野大輔、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤篤、田中真二、田邉稔. 肝左葉および外側区域の腹腔鏡下切除術 臨床外科. 2021.10; 76 (11): 180-185.

  33. 赤星径一、石川喜也、浅野大輔、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 右房内腫瘍栓を有する肝細胞癌手術 臨床外科. 2021.09; 76 (9): 1084-1090.

  34. 田村華子、赤星径一、石田啓之、森本紘一朗、山下宏成、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 肝門部領域胆管癌術後門脈狭窄に対し門脈ステント留置術が奏効した一例 日本臨床外科学会雑誌. 2021.04; 82 (4): 807.

  35. 西山 優、赤星径一、小川康介, 石田啓之、森本紘一朗、石川喜也、山下宏成、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 肝切除後、膵頭十二指腸切除後に発症した気管支胆汁瘻の一例 日本臨床外科学会雑誌. 2021.04; 82 (4): 816.

  36. 赤星径一、石田啓之、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 保険診療上のルールと学会指針 院内手続きを含めて 臨床外科. 2021.03; 76 (3): 278-281.

  37. 前川 彩、渡辺秀一、木脇祐子、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、明石 巧、田中真二、田邉 稔. brivanibの術前治療後に切除した肝細胞癌の1症例 Liver Cancer. 2021.01; 26 21-26.

  38. 工藤 篤、赤星径一、八木宏平、石井 武、前川 彩、村瀬芳樹、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の長期予後と経過観察の是非 消化器・肝臓内科. 2020.06; 7 (6): 499-505.

  39. 石井 武、小川康介、富井翔平、今田安津子、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 左肝管内の胆管内腫瘍栓として再発した大腸癌肝転移の1切除例 Liver Cancer. 2019.11; 25 11-15.

  40. 村瀬芳樹、工藤 篤、倉田盛人、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 肝転移のみを呈し5年以上生存した原発不明神経内分泌腫瘍の1症例 Liver Cancer. 2019.11; 25 53-57.

  41. 工藤 篤、赤星径一、八木宏平、石井 武、前川 彩、村瀬芳樹、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵・消化管神経内分泌腫瘍の集学的治療 臨床外科. 2019.09; 74 1092-1096.

  42. 小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. RPSによる肝切除術 臨床外科. 2019.09; 74 1107-1113.

  43. 小倉俊郎、伴 大輔、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉稔. 腹腔鏡下肝胆膵手術の周術期合併症と対策 肝胆膵. 2019.07; 79 (1): 35-42.

  44. 小野宏晃、田邉 稔. 肝・胆・膵疾患 急性膵炎 外科的治療 消化器疾患最新の治療. 2019.03; 2019-2020 420-422.

  45. 浅野大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 肝切除術 消化器外科. 2019.03; 42 287-301.

  46. 松井 聡、赤須雅文、光法雄介、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、山本浩平、田中真二、田邉 稔. 局所的な胆管拡張を契機に発見され、診断に苦慮した大腸癌肝転移の1症例 Liver Cancer. 2018.11; 45 (24): 57-61.

  47. 小倉俊郎、伴 大輔、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉  稔. 肝癌手術エキスパートへの道:内視鏡外科編 臨床外科. 2018.09; 73 (9): 1116-1121.

  48. 工藤 篤、小野宏晃、小川康介、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の手術治療 臨牀 消化器内科 . 2018.07; 33 (9): 1169-1175.

  49. 伴 大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除 臨床外科. 2018.06; 73 (6): 718-723.

  50. 小川康介、赤星径一、小倉俊郎、光法雄介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝切除における胆嚢温存 臨床外科. 2018.04; 73 (4): 482-487.

  51. 伴 大輔、室生 暁、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、秋田恵一、田邉 稔. 術野展開-Treitz靭帯アプローチ 臨床外科 . 2018.03; 73 (3): 298-302.

  52. 工藤 篤、伴 大輔、光法 雄介、赤星 径一、巌 康仁、小野 宏晃、佐藤 拓、水野 裕貴、千代延 記道、石川 喜也、渡辺 秀一、浅野 大輔、吉野 潤、田中 真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対する術前治療と効果判定法 胆と膵. 2017.05; 38 (5): 519-525.

  53. 工藤 篤、伴 大輔、光法 雄介、赤星 径一、巌 康仁、小野 宏晃、佐藤 拓、石川 喜也、渡邊 秀一、浅野 大輔、吉野 潤、田中 真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍(P-NET)の診断、内科的治療、外科的治療最前線 消化器外科. 2017.05; 40 (6): 941-950.

  54. 安全な腹腔鏡下肝切除導入のためのDifficulty Scoring System 臨床外科. 2017.03; 72 (3): 270-275.

  55. 巌 康仁、赤星 径一、小野 宏晃、松村 聡、光法 雄介、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔 . 特集 ビッグデータにもとづいた—術前リスクの評価と対処法 「肝機能障害」 2017.02; 72 (2): 150-156.

  56. 田邉 稔、伴 大輔、大庭 篤志、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二. 肝胆膵領域から 完全腹腔鏡下肝左葉切除 臨床外科. 2016.01; 71 (13): 1506-1512.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 石川喜也、伴 大輔、工藤 篤、渡辺秀一、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 臨床外科(第75巻第11号増刊号) 早わかり縫合・吻合のすべて. 医学書院, 2020.10 肝切除での大血管の吻合・縫合

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. HOW DO WE MANAGE STAPLER LACERATION OF PANCREATIC CAPSULE DURING LAPAROSCOPIC DISTAL PANCREATECTOMY?. 49th World Congress of the International Society of Surgery ISS/SIC 2022.08.15 Austria

  2. Takeshi Ishii, Keiichi Akahosi, Akira Ito, Shotaro Gan, Atsushi Nara, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Kouhei Yagi, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Efficacy and safety of FOLFONI therapy for unresectable pancreatic cancer. Joint Congress of the 26th Meeting of IAP and the 53rd Annual Meeting of JPS 2022.07.09 Kyoto

  3. Hiroaki Ono, Yoshiki Murase, Daisuke Asano, Syuuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Evaluation of the efficacy of Ispinesib, a novel Eg5 inhibitor, for the treatment of high grade Pan-NENs. Joint Congress of the 26th Meeting of IAP and the 53rd Annual Meeting of JPS 2022.07.08 Kyoto

  4. Yoshiya Ishikawa, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Safe approach to dissect hepatoduodenal ligament during laparoscopic pancreaticoduodenectomy. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.11 Ehime

  5. Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. The novel techniques of distal pancreatectomy using articulation forceps -introducing the desterity of a robotic system to a palaroscopic surgery. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.11 Ehime

  6. Daisuke Asano, Atushi Kudo, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Reappraisal of surgical treatment for liver metastases of neuroendocrine neoplasms. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.11 Ehime

  7. Shotaro Gan, Hiroki Ueda, Atsushi Nara, Akira Ito, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Munetaka Kimura, Kohei Yagi, Takeshi Ishii, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Discussion on the treatment of liver cysts at our hospital. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.11 Ehime

  8. Akira Ito, Daisuke Asano, Shotaro Gan, Atsushi Nara, Koichiro Morimoto, Munetaka Kimura, Hironari Yamashita, Kohei Yagi, Takeshi Ishii, Yoshiya. Strategy of pancreatic ductal adenocarcinoma treatment. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.11 Ehime

  9. Hiroaki Ono, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Validation of surgical resection for pancreatic neuroendocrine neoplasms with simulataneous liver metastases. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  10. Atsushi Nara, Hiroki Ueda, Yukue Shimizu, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Evaluation of sarcopenia using preoperative InBody and short-term results after pancreaticoduodenectomy. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  11. Hiroki Ueda, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Clinical features of malignant insulinoma from single center experience. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  12. Kohei Yagi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Akira Ito, Atsushi Nara, Syotaro Gan, Munetaka Kimura, Hironari Yamashita, Takeshi Ishii, Daisuke Aasano, Syuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Significance of MGMT expression for streptozocin treatment of pancreatic neuroendocrine neoplasms. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  13. Hironari Yamashita, Keiichi Akahoshi, Akira Ito, Shoutaro Gan, Atsushi Nara, Munetaka Kimura, Koichiro Morimoto, Kouhei Yagi, Takeshi Ishi, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Clinical outcome of pT1 pancreatic ductal adenocarcinoma-what is the risk factor of poor prognosis?. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  14. Takeshi Ishii, Keiichi Akahoshi, Koichirou Morimoto, Hironari Yamashita, Kouhei Yagi, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. A single-center retrospective study of 17 cases of pancreatic metastasis from renal cell carcinoma. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  15. Koichiro Morimoto, Hiroki Ueda, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Syuichi Watanebe, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Risk factors of postoperative cholangitis after hepatectomy with hepato-jejunostomy for malignancy-Clumping test predicts late refractory cholangitis. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  16. Keiichi Akahoshi, Akira Ito, Atsushi Nara, Shotaro Gan, Takeshi Ishii, Kohei Yagi, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Munetaka Kimura, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Transpapillary or transmural drainage for postoperative pancreatic fistula after distal pancreatectomy. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  17. Kohei Yagi, Hiroki Ueda, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Yoshiki Murase, Aya Maekawa, Takeshi Ishii, Toshitaka Sugawara, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akashoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, SHinji Tanaka, Minoru Tanabe. A review of resected cases of primary duodenal cancer in our hospital. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  18. Hironari Yamashita, Keiichi Akahoshi, Koichirou Morimoto, Hiroyuki Ishida, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Takeshi Ishii, Toshitaka Sugawara, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Effect of neoadjuvant chemotherapy on short-term outcome in patients undergoing pancreaticoduodenectomy for borderline resectable pancreatic cancer and resectable pancreatic cancer with elevated serum tumor markers. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  19. Kosuke Ogawa, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Analysis of completion rate of Gemcitabine/Nabpaclitaxel combination therapy for pancreatic cancer before and after pancreatectomy. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  20. Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Combination of Weekly Streptozocin and Oral S-1 Treatment is effective treatment for unresectable or metastatic pancreatic NET-G1 and NET-G2 patients. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  21. Hiroki Ueda, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Hiroyuki Ishida, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Toshitaka Sugawara, Takeshi Ishii, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Perioperative outcomes in elderly patients over 75-years-old undergoing distal pancreatectomy. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  22. Koichiro Morimoto, Keiichi Akahoshi, Hironari Yamashita, Hiroyuki Ishida, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Takeshi Ishii, Toshitaka Sugawara, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Granulomatous Langerhans isletitis followed by nivolumab-induced type 1 diabetes mellitus in a distal pancreatectomy: case report. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  23. Takeshi Ishii, Atsushi Kudo, Yoshiki Murase, Aya Maekawa, Toshitaka Sugawara, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Kousuke Ogawa, Hiroaki Ono, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. The management of GEP-NET with MEN type 1 in our department. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  24. Yoshiya Ishikawa, Hiroyuki Ishida, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Laparoscopic distal pancreatectomy for pancreatic ductal adenocarcinoma using supracolic anterior approach to the superior mesenteric artery. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  25. Hiroyuki Ishida, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Yoshiya Ishikawa, Hironari Yamashita, Koichiro Morimoto, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Early recurrence after curative hepatectomy for colorectal liver metastases. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  26. Keiichi Akahoshi, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Conversion surgery after lenvatinib treatment for advanced hepatocellular carcinoma. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  27. Aya Maekawa, Keiichi Akahoshi, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Validation of the international consensus guideline 2017 for intraductal papillary mucinous neoplasms. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  28. Yoshiki Murase, Hiroaki Ono, Risa Yoshioka, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. High Eg5 expression predicts poor prognosis in pancreatic cancer. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  29. Kohei Yagi, Yoshiya Ishikawa, Daisuke Ban, Shuichi Watanabe Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Stomach retraction methods in laparoscopic distal pancreatectomy. The 33rd Annual Meeting of the Japan Society for Endoscopic Surgery 2021.03.12 Yokohama

  30. Yoshiya Ishikawa, Daisuke Ban, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Benefits of performing No.8 dissection from the left side of patient during LDP.. The 33rd Annual Meeting of the Japan Society for Endoscopic Surgery 2021.03.12 Yokohama

  31. Daisuke Ban, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Kohei Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Kohei Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Minoru TanabeMinoru Tanabe. Hepatic vein approach is useful in advanced laparoscopic liver resection. The 33rd Annual Meeting of the Japan Society for Endoscopic Surgery 2021.03.11 Yokohama

  32. Tomotaka Kato, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Comparison of open and laparoscopic hepatectomy for obese patients with HCC. The 33rd Annual Meeting of the Japan Society for Endoscopic Surgery 2021.03.10 Yokohama

  33. Takeshi Ishii, Keiichi Akahoshi, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Toshitaka Sugawara, Masafumi Akasu, Tomotaka, Kato, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Kousuke Ogawa, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Clinical Analysis of 23 Cases of total pancreatectomy in Tokyo Medical and Dental University. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  34. Shuichi Watanabe, Shu Shimada, Jo NIshino, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Toshitaka Sugawara, Takeshi Ishii, Tomotaka Kato, Masafumi Akasu, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Estimation of the type of HCC metastasis based on the multicellular colonization model. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  35. Kosuke Ogawa, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Therapeutic Strategy of advanced Hepatocellular Carcinoma -Analysis of advanced HCC operated cases who died of primary disease within one year after operation-. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  36. Yoshiya Ishikawa, Daisuke Ban, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Accidental dissection of left gastric artery during LDP, lessons learned from the case. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  37. Hiroaki Ono, Tomotaka Kato, Aya Maekawa, Kouhei Yagi, Yoshiya Ishikawa, SHuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Kousuke Ogawa, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Cytoplasmic RRM1 activation in acute phase of gemcitabine treatment is involved in acquired resistance of pancreatic cancer. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  38. Keiichi Akahoshi, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Liver resection after systemic chemotherapy improved overallsurvival of metastatic neuroendocrine neoplasms. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  39. Keiichi Akahoshi, Kohei Yagi, Yoshiki Murase, Takeshi Ishii, Toshitaka Sugawara, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Non-viral hepatocellular carcinoma and, diabetes and obesity as its risk factorslar carcinoma and, diabetes and obesity as its risk factors. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  40. Kohei Yagi, Atsushi Kudo, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Takeshi Ishii, Tomotaka Kato, Masafumi Akasu, Toshitaka Sugawara, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Ogawa Kosuke, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Evaluation of laparoscopic distal pancreatectomy for pancreatic neuroendocrine tumors. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  41. Yoshiki Murase, Hiroaki Ono, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Takeshi Ishii, Tomotaka Kato, Masafumi Akasu, Toshitaka Sugawara, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Ogawa Kosuke, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Comparison of super-elderly and non-elderly patients in laparoscopic hepatectomy. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  42. Hiroaki Ono, Sadakatsu Ikeda, Yoshiya Ishikawa, Shuici Watanabe, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Satoshi Miyake, Minoru Tanabe. Cross-sectional study of genomic sequencing in HBP malignancies. The 75th General Meeting of the Japanese Society of Gastroenterological Surgery 2020.12.16 Wakayama

  43. Hiroaki Ono, Sadakatsu Ikeda, Kosuke Ogawa, Toshiro Ogura, Daisuke Ban, Atushi Kudo, Satoshi Muyake, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Genomic sequencing in HBP malignancies. JAPAN DIGESTIVE DISEASE WEEK 2019 2019.11.22 Kobe

  44. Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Kosuke Ogawa, Toshiro Ogura, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Minoru Tanabe. EVALUATION OF MULTIDISCIPLINARY TREATMENT FOR ADVANCED PANCREATIC NEUROENDCRINE TUMOR. 48th World Congress of Surgery 2019.08.14 Krakow

  45. Hiroaki Ono,Atsushi Kudo,Kosuke Ogawa,Toshiro Ogura,Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban,Shinji Tanaka,Minoru Tanabe. Evaluation of the management for advanced P-NET with liver metastasis. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.15 Takamatsu

  46. Masahumi Akasu,Atsushi Kudo,Tomotaka Kato,Daisuke Asano,Jun Yoshino,Shuichi Watanabe, Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban,Minoru Tanabe. The effect of venous invasion and recurrence in Neuroendocrine tumor. The effect of venous invasion and recurrence in Neuroendocrine tumor 2019.06.15 Takamatsu

  47. Yoshiki Murase,Atsushi Kudo,Toshitaka Sugawara,Satoshi Matsui,Takeshi Ishii,Tomotaka Kato,Masahumi Akasu,Daisuke Asano,Jun Yoshino,Shuichi Watanabe, Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban,Minoru Tanabe. The index to decide PFS after lanreotide administration for patients with neuroendocrine tumor. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.15 Takamatsu

  48. Atsushi Kudo,Yoshiki Murase,Daisuke Asano,Toshitaka Sugawara,Takeshi Ishii,Satoshi Matsui,Tomotaka Kato,Masahumi Akasu, Jun Yoshino,Shuichi Watanabe,Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban,Minoru Tanabe. Biomarker and Treatment strategy for pancreatic neuroendocrine tumors. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.15 Takamatsu

  49. Kosuke Ogawa,Atsushi Kudo,Toshiro Ogura,Yusuke Mitsunori,Hiroaki Ono, Daisuke Ban,Minoru Tanabe. Strategy for liver metastases of pancreatic neuroendocrine tumor. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.15 Takamatsu

  50. Toshitaka Sugawara,Daisuke Ban,Takeshi Ishii,Satoshi Matsui,Masahumi Akasu,Tomotaka Kato,Daisuke Asano,Jun Yoshino,Shuichi Watanabe, Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Atsushi Kudo,Shinji Tanaka,Minoru Tanabe. Preoperative factors for early recurrence of resected pancreatic ductal adenocarcinoma. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.14 Takamatsu

  51. Shuichi Watanabe, Daisuke Ban,Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Atsushi Kudo,Shinji Tanaka,Minoru Tanabe. The analysis of the treatment for the metachronous solitary metastasis after curative surgery in pancreatic cancer. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.14 Takamatsu

  52. Takeshi Ishii,Toshiro Ogura,Yoshiki Murase,Toshitaka Sugawara,Masahumi Akasu, Tomotaka Kato,Jun Yoshino,Shuichi Watanabe, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban,Atsushi Kudo,Shinji Tanaka,Minoru Tanabe. Surgery for obese patients with hepatocellular carcinoma. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.13 Takamatsu

  53. T Sugawara, D Ban, S Watanabe, T Ogura, K Ogawa, H Ono, Y Mitsunori, A Kudo, M Tanabe. PREOPERATIVE FACTORS FOR EARLY RECURRENCE OF RESECTED PANCREATIC DUCTAL ADENOOCARCINOMA. 53rd ANNUAL MEETING of Pancreas Club 2019.05.18 San Diego

  54. Yuki Mizuno, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Shuichi Watanabe,Tomomi Aida, Kosuke Ogawa、Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shoji Yamaoka, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. DEPDC5 deficiency contributes to resistance to leucine starvation via p62 accumulation in hepatocellular carcinoma. Yuki Mizuno, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Shuichi Watanabe,Tomomi Aida, Kosuke Ogawa、Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shoji Yamaoka, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe 2018.09.28 Osaka

  55. Shuichi Watanabe、Shu Shimada、Yoshimitsu Akiyama、Kosuke Ogawa、Hiroaki Ono、Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban、Atsushi Kudo、Minoru Tanabe、Shinji Tanaka. Precision medicine for the poorest prognosis subtype of pancreatic cancer. The 73rd General Meeting of the Japanese Society of Gastroenterological Surgery 2018.07.12 Kagoshima

  56. Tomotaka Kato、Daisuke Ban、Keiichi Akahoshi、Toshiro Ogura、Kosuke Ogawa、Hiroaki Ono、Yusuke Mitsunori、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、 Minoru Tanabe . Treatment strategies of resectable pancreatic cancer with hazy density around major artery. The 73rd General Meeting of the Japanese Society of Gastroenterological Surgery 2018.07.12 Kagoshima

  57. Tomotaka Kato, Daisuke Ban, Jun Yoshino, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Treatment strategies of resectable pancreatic cancer with hazy density around major artery. 50thEPC the jubilee meeting of the European Pancreatic Club 2018.06.15 Berlin

  58. Yusuke Mitsunori,Masafumi Akasu,Tomotaka Kato,Jun Yoshino, Shuichi Watanabe,Norimichi Chiyonobu,Keiichi Akahoshi,Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. What is predictive factor of postoperative diabetes mellitus in patients with distal pancreatectomy?. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.09 yokohama

  59. Kosuke Ogawa, Atsushi Kudo, Keiichi Akahoshi, Toshiro Ogura, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Minoru Tanabe. Analysis of contrast-enhanced CT images in pancreatic neuroendcrine tumor. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.09 yokohama

  60. Hiroaki Ono, Keiichi Akahoshi, Masafumi Akasu,Tomotaka Kato, Yuki Mizuno, Norimichi Chiyonobu, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe . Appropriateness and evaluation for preoperative surgical indications of IPMN. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.09 Yokohama

  61. Toshiro Ogura, Tomotaka Kato, Masafumi Akasu, Jun Yoshino, Shuichi Watanabe, Norimichi Chiyonobu, Yuki Mizuno, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban, Atsushi Kudo,Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. The implication of lymph node metastasis on survival in cases with distal pancreatic cancer. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.09

  62. Shuichi Watanabe, Atsushi Kudo, Masafumi Akasu, Tomotaka Kato, Jun Yoshino, Norimichi Chiyonobu, Yuki Mizuno, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Toshiro Ogura, Yusuke Mitsunori, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. The efficacy of liver SASI test for the the advanced functional PNET patients. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.09 yokohama

  63. Jun Yoshino,Toshiro Ogura,Keiichi Akahoshi,Kosuke Ogawa, Yusuke Mitsunori,Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Long-term outcomes and prognostic factors of patients with gallbladder cancer resection. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.08

  64. Tomotaka Kato, Daisuke Ban, Masafumi Akasu, Jun Yoshino, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori , Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Tips for the safe approach in laparoscopic liver resection of segment 7 and 8. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.08 yokohama

  65. Atsushi Kudo,Keiichi AKahoshi,Toshiro Ogura, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Kosuke Ogawa, Minoru Tanabe. Educational outcome accompanying introduction of advanced skill speciallist system of hepato-biliary-pancreatic surgery . The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.08 yokohama

  66. Masafumi Akasu, Atsushi Kudo, Tomotaka Kato, Jun Yoshino, Shuichi Watanabe, Norimichi Chiyonobu, Yuki Mizuno, Keiichi Akahoshi, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. The results of molecular targeted drugs to P-NET. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.08

  67. Daisuke Ban, Tomotaka Kato, Masafumi Akasu, Jun Yoshino, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Step-up program and introduction of OSATS for laparoscopic liver resection. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.07 yokohama

  68. Toshiro Ogura, Daisuke Ban, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Laparoscopic surgery for obese patients with hepatocellular carcinoma. 2018.06.04 Budapest

  69. Daisuke Ban, Jun Yoshino, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Simple criteria for decision making of drain removal after distal pandreatectomy. 2018.06.04 Budapest

  70. Jun Yoshino, Toshiro Ogura, Akahoshi Keiichi, Ogawa Kosuke, Mitsunori Yusuke, Ono Hiroaki, Ban Daisuke, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Long-term outcomes and prognostic factors of patients with gallbladder cancer resection. Third Triangle Scientific Meeting of the Japan-Hungary-Poland Surgical Society 2018.06.03 Budapest

  71. Tomotaka Kato,Atsushi Kudo, Hiroaki Ono, Masahumi Akasu, Jun Yoshino, Kosuke Ogawa, Toshiro Ogura , Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Shinji Tanaka,Minoru Tanabe. A Surgical Case of Spontaneous and Asymptomatic Intrahepatic Hemorrhage with HCC. APASL2018 2018.05.12 Yokohama

  72. Masafumi Akasu, Kosuke Ogawa, Atsushi Kudo, Tomotaka Kato, Jun Yoshino, Shuichi Watanabe,Norimichi Chiyonobu,Yuki Mizuno,Keiichi Akahoshi,Toshiro Ogura,Yusuke Mitsunori, Hiroaki Ono,Daisuke Ban, Minoru Tanabe. A Case Report od Spontaneous Regression of HCC after Angiography. APASL2018 2018.05.11 Yokohama

  73. Toshiro Ogura, Keiichi Akahoshi, Kousuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. The significance of lymph node dissection in distal pancreatic cancer. International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists 2018.04.04 Tokyo

  74. Tomotaka Kato, Daisuke Ban, Masahumi Akasu, Jun Yoshino, Kosuke Ogawa, Toshiro Ogura, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Tips and technics in laparoscopic liver resection of segment 7 and 8. International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists 2018.04.04 Tokyo

  75. 光法雄介,赤星径一,巌康仁,小野宏晃,松村聡,伴大輔,落合高徳,工藤篤,田中真二,田邉稔. 胆肝細胞癌の局在はリンパ節郭清の適応や範囲の判断基準になりうるか. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21

  76. 渡辺 秀一. 再発形式による膵癌術後再発例の予後の差異の検討. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.20

  77. Toshiro Ogura, Daisuke Ban, Jun Yoshino, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Tips for the safe approach in laparoscopic liver resection of segment 7 and 8. The 63rd Annual Congress of International College of Surgeons Japan Section 2017.06.17

  78. Daisuke Ban, Jun Yoshino, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Safely expanding of the laparoscopic liver rsection according to difficulty scoring system. The 63rd Annual Congress of International College of Surgeons Japan Section 2017.06.17

  79. Takehisa Yazawa、Hiroaki Ono¹、Yasuhito Iwao、Satoshi Matsumura、Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban、Takanori Ochiai、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. Clinical significance of enhancing nodules in preoperative imaging studies of IPMN. 6th A-PHPBA 29th JSHBPS 2017.06.10 yokohama

  80. Yuki Mizuno、Atsushi Kudo、Yoshiya Ishikawa、Shuichi Watanabe、Norimichi Chiyonobu、Hiroaki Ono、Satoshi Masumura、Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban、Takanori Ochiai、Minoru Tanabe. Analysis of the relationship between PD-L1 expression and clinicopathological factors in GEP-NETs. 6th A-PHPBA 29th JSHBPS 2017.06.10 yokohama

  81. Ken-ichi Okada、Daisuke Ban、Keiichi Akahoshi、Yasuhito Iwao、Hiroaki Ono、Yusuke Mitsunori、Satoshi Matsumura、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. The optimal pancreatic stump closure method of a laparoscopic distalpancreatectomy: wrapping and fibrin capping technique. 6th A-PHPBA 29th JSHBPS 2017.06.09

  82. Takehiro Okabayashi、Daisuke Asano、Keiichi Akahoshi、Hiroaki Ono、Yusuke Mitsunori、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. The optimal management depending on the features of CT imaging of borderline resectable pancreatic cancer. 6th A-PHPBA 29th JSHBPS 2017.06.09

  83. Hiroaki Ono、Keiichi Akahoshi、Yasuhito Iwao、Satoshi Matsumura、Yuusuke Mitsunori、Daisuke Ban、Takanori Ochiai、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. Clinical evaluation of lymph node metastasis after surgery of IPMN. 6th A-PHPBA 29th JSHBPS 2017.06.08 yokohama

  84. Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban、Hiroaki Ono、Keiichi Akahoshi、Yasuhito Iwao、Satoshi Matsumura、Takanori Ochiai、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. Can we predict postoperative diabetes mellitus in patient with distal pancreatectomy?. 6th A-PHPBA 29th JSHBPS 2017.06.08 yokohama

  85. Shuichi Watanabe、Daisuke Ban、Yasuhito Iwao、Keiichi Akahoshi、Akihiro Ono、Yusuke Mitsunori、Satoshi Matsumura、Takanori Ochiai、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. Study of the prognosis of recurrent pancreatic cancer: The significance of the solitary recurrence. 6th A-PHPBA 29th JSHBPS 2017.06.08

  86. Ochiai T, Asano D, Yoshino J, Watanabe S, Ishikawa Y, Chiyonobu N, Mizuno Y, Sato T, Ueda H, Iwao Y, Ono H, Mitsunori Y, Matsumura S, Ban D, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. 07.03 Surgical Strategy of Hepatic Resection with Inferior Vena Cava Resection for Liver Cancers. 12th Annual Academic Surgical Congress 2017.02.07

  87. 小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 進行性膵神経内分泌腫瘍に対する集学的治療法の検討. JDDW 2022 Fukuoka 2022.10.28 福岡

  88. 小野宏晃、肱岡 範. 膵神経内分泌腫瘍の治療戦略 ~外科・内科それぞれの視点から~. JDDW 2022 Fukuoka 2022.10.28 福岡

  89. 小野宏晃、浅野大輔、渡辺秀一、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における治療もしくは予後に関連した分子マーカーの確立. 第60回日本癌治療学会学術集会 2022.10.20 神戸

  90. 伊藤 晃、赤星径一、石川喜也、浅野大輔、竹内 将、山根聖弘、鳫翔大郎、奈良 篤、森本紘一朗、木村宗貴、山下宏成、八木宏平、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵体尾部切除後の膵液瘻に対するENPDの有用性. 第49回日本膵切研究会 2022.08.20 大津

  91. 石川喜也、浅野大輔、渡邊秀一、 上田浩樹、 赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、 田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除におけるSMA左側アプローチのメルクマール. 第49回日本膵切研究会 2022.08.19 大津

  92. 近藤和樹、渡邊秀一、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 膵炎を契機に指摘されたIPMNの胃穿通および主膵管の胃内への交通に対し膵体尾部脾切除を施行した一例. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.22 横浜

  93. 石川喜也、浅野大輔、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵臓外科で扱う横行結腸周囲の手術手技. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.22 横浜

  94. 伊藤 晃、赤星径一、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵体尾部切除後の膵液瘻に対するENPDの有用性. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.22 横浜

  95. 渡邊秀一、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 膵癌術後の単発再発病変の予後の検討. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.22 横浜

  96. 浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. CUSAを用いた早くて安全な肝離断法~先端と側面を意識したCUSAの使い方. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.21 横浜

  97. 鳫翔大郎、石川喜也、森本紘一朗、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵切除術後出血への当教室での対応. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.21 横浜

  98. 八木宏平、島田 周、秋山好光、下川雅弘、新部彩乃、小野宏晃、赤星径一、工藤 篤、田邉 稔、田中真二. マウス高脂肪食負荷モデルを用いた代謝関連肝癌の病態解明の試み. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.21 横浜

  99. 奈良 篤、上田浩樹、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における肝細胞癌破裂の治療戦略. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.21 横浜

  100. 森本紘一郎、赤星径一、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵全摘術後の血糖コントロール困難症例のリスク因子解析. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.21 横浜

  101. 小野宏晃、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 同時性肝転移を有する膵神経内分泌腫瘍に対する外科切除の有用性の検討. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.20 横浜

  102. 山下宏成、赤星径一、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 国際診療ガイドラインに基づいたIPMN切除症例の検証. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.20 横浜

  103. 上田浩樹、森本紘一朗、浅野大輔、 渡邊秀一、 石川喜也、 赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、 田中真二、田邉 稔. 胆道再建後の術後胆管炎に対する当科の治療戦略. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.20 横浜

  104. 赤星径一、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. アテゾリズマブ、ベバシズマブ併用療法が奏功し根治的切除を施行した進行肝癌の一例. 第26回日本肝がん分子標的治療研究会 2022.06.25 長野

  105. 赤星径一、石川喜也、浅野大輔、上田浩樹、渡邊秀一、小野宏晃、田邉 稔. Heel and toe techniqueを用いて肝離断・脈管凝固・脈管切離を行う3way CUSA methodの活用. 第58回日本肝癌研究会 2022.05.12 東京

  106. 浅野大輔、石川喜也、赤星径一、上田浩樹、小野宏晃、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、石井 武、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における腹腔鏡下垂体尾部切除の定型化と新世代多自由度鉗子の使用経験. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.15 熊本

  107. 小野宏晃、村瀬芳樹、小川康介、伊藤 剛、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵臓癌の新規抗がん剤を評価する前臨床試験的な包括的実験モデルの構築. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  108. 赤星径一、石井 武、石川喜也、浅野大輔、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行肝細胞癌に対する薬物療法先行後外科的切除治療戦略の意義. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  109. 伊藤 晃、浅野大輔、鳫翔大郎、奈良 篤、石井 武、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 局所進行膵癌の治療戦略. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  110. 奈良 篤、石川喜也、伊藤 晃、鳫翔大郎、森本紘一朗、山下宏成、木村宗貴、八木宏平、石井 武、浅野大輔、上田浩樹、小野宏晃、小川康介、赤星径一、田邉 稔、明石 巧. 当科における傍大動脈リンパ節転移陽性の胆道癌の検討. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14

  111. 鳫翔大郎、小野宏晃、奈良 篤、伊藤 晃、山下宏成、森本紘一朗、木村宗貴、八木宏平、石井 武、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田邉 稔. スニチニブ→S-1/STZ併用療法を中心とした集学的治療により長期生存を得た進行性PanNEN(NET-G3) の2症例. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  112. 石井 武、秋山好光、下川雅弘、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、新部彩乃、島田 周、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔、田中真二. 膵癌におけるヒストン修飾酵素 SETD1A の新規標的遺伝子の同定と臨床的意義の解明. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  113. 山下宏成、小野宏晃、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、木村宗貴、森本紘一朗、八木宏平、石井 武、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌に対する新規治療法を目指した、細胞増殖関連タンパク PCNA の機能解析. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  114. 八木宏平、小野宏晃、奈良 篤、鳫翔大郎、伊藤 晃、木村宗貴、森本紘一朗、山下宏成、石井 武、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における MGMT 発現解析および STZ ベースレジメンに対する治療効果への影響. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  115. 森本紘一朗、小野宏晃、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、山下宏成、八木宏平、石井 武、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における16番リンパ節転移症例に対する切除の意義. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  116. 木村宗貴、小野宏晃. 膵臓癌における新規治療薬 Clofarabine の有用性の検討. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  117. 石川喜也、赤星径一、浅野大輔、渡邊秀一、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. ロボット尾側膵切除の導入. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  118. 上田浩樹、鳫翔大郎、奈良 篤、伊藤 晃、森本紘一朗、山下宏成、八木宏平、石井 武、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 75歳以上の高齢者に対する膵体尾部切除術の治療成績. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  119. 金原正太朗、石井 武、浅野大輔、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、森本紘一朗、山下宏成、八木宏平、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 膵頭部混合型 IPMN と膵尾部 NET 合併症に対し中央区域温存膵切除術を施行した一例. 第863回外科集談会 2022.03.12 WEB開催

  120. 赤星径一、石川喜也、上田浩樹、小野宏晃、田邉 稔. 肥満症例の肝胆膵手術における術野展開の工夫. 第34回日本内視鏡外科学会総会 2021.12.04 神戸

  121. 石川喜也、浅野大輔、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、佐藤雄哉、徳永正則、田邉 稔. ロボット膵切除の導入~安全に行うための工夫. 第34回日本内視鏡外科学会総会 2021.12.04 神戸

  122. 上田浩樹、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、田邉 稔. 70歳以上の高齢者に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術の治療成績. 第34回日本内視鏡外科学会総会 2021.12.04 神戸

  123. 山下宏成、赤星径一、森本紘一朗、八木宏平、石井 武、菅原俊喬、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、田邉 稔. 胆道走行異常を伴う胆嚢ポリープに対してICG蛍光胆道造影を用いた腹腔鏡下胆嚢摘出術の1例. 第34回日本内視鏡外科学会総会 2021.12.03 神戸

  124. 森本紘一朗、石川喜也、山下宏成、八木宏平、石井 武、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃. 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術における術後胃排出遅延の検討. 第34回日本内視鏡外科学会総会 2021.12.03 神戸

  125. 河野里咲、上田浩樹、伊藤 晃、奈良 篤、鳫翔太郎、浅野大輔、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵嚢胞内出血後の嚢胞破綻由来の後腹膜膿瘍に対し集学的治療にて救命し得た一例. 第13回日本Acute Care Surgery学会 2021.11.26 長崎

  126. 奈良 篤、上田浩樹、伊藤 晃、鳫翔大郎、木村宗貴、森本紘一朗、山下宏成、石井 武、八木宏平、浅野大輔、石川喜也、小川康介、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔、田中真二. 当院における肝細胞癌破裂例の検討. 第13回日本Acute Care Surgery学会 2021.11.26 長崎

  127. 赤星径一、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行肝細胞癌に対する薬物療法と手術を中心とした集学的治療の試み. 第83回日本臨床外科学会総会 2021.11.20 東京

  128. 高橋建叡、浅野大輔、伊藤 晃、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 急速増大する膵頭部腫瘤に対して膵頭十二指腸切除術施行し膵紡錘細胞型退形成癌の診断を得た1例. 第83回日本臨床外科学会総会 2021.11.20 東京

  129. 山下宏成、上田浩樹、森本紘一朗、木村宗貴、八木宏平、石井 武、菅原俊喬、浅野大輔、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 総肝動脈が膵前面を上行するAdachiⅤ型破格を伴う膵頭部混合型IPMNの1切除例. 第83回日本臨床外科学会総会 2021.11.18 東京

  130. 浅野大輔、石川喜也、赤星径一、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、石井 武、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における腹腔鏡下膵体尾部切除の定型化と頭側からのアプローチを意識した尾側膵切除. 第13回膵臓内視鏡外科研究会 2021.11.17 東京

  131. 赤星径一、石川喜也、上田浩樹、浅野大輔、渡邊秀一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. ロボット支援下膵体尾部切除の導入と定型化. 第13回膵臓内視鏡外科研究会 2021.11.17 東京

  132. 上田浩樹、森本紘一朗、山下宏成、石田啓之、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除時の縫合器による被膜損傷をどうマネジメントするか?. JDDW 2021 KOBE 2021.11.06 神戸

  133. 小野宏晃、村瀬芳樹、山下宏成、小川康介、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵臓癌における新規治療薬の同定を可能にしたカスタムメイド阻害剤ライブラリーの臨床的有用性および実験的発展性の検証. JDDW 2021 KOBE 2021.11.06 神戸

  134. 石井 武、工藤 篤、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、田邉 稔. 当科におけるMEN1型合併神経内分泌腫瘍例の後方視的検討. JDDW 2021 KOBE 2021.11.06 神戸

  135. 工藤 篤、赤星径一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 神経内分泌腫瘍の腫瘍マーカー. JDDW 2021 KOBE 2021.11.05 神戸

  136. 八木宏平、小野宏晃、森本紘一朗、山下宏成、石田啓之、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対するMGMT発現の臨床および腫瘍因子との関連の検討. JDDW 2021 KOBE 2021.11.05 神戸

  137. 山下宏成、小野宏晃、森本紘一朗、石田啓之、八木宏平、前川 彩、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除不能膵神経内分泌腫瘍に対するCapecitabine/Temozolomide併用療法の治療成績. JDDW 2021 KOBE 2021.11.05 神戸

  138. 森本紘一朗、赤星径一、山下宏成、八木宏平、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における膵体尾部切除の成績 膵切除後出血の2例に注目して. JDDW 2021 KOBE 2021.11.05 神戸

  139. 小野宏晃、八木宏平、浅野大輔、石川喜也、上田 浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行膵神経内分泌腫瘍に対するTS-1/STZ治療効果およびMGMT 発現やGrade分類との関連性. 第59回日本癌治療学会学術集会 2021.10.23 横浜

  140. 小野宏晃、赤星径一、田中真二、田邉 稔. RPM1は膵臓癌細胞の細胞外マトリックスタンパク質を転換し悪性化形質獲得に寄与している. 第80回日本癌学会学術総会 2021.10.01 横浜

  141. 浅野大輔、工藤 篤、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. NETG3/NECG3に対する切除適応の検討. 第52回日本膵臓学会大会 2021.09.23 東京

  142. 小野宏晃、八木宏平、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田邉 稔. panNENにおけるTS-1/STZ併用療法とMGMT発現およびGrade分類による効果治療予測. 第52回日本膵臓学会大会 2021.09.23 東京

  143. 赤星径一、工藤 篤、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍肝転移に対するスニチニブ投与後肝切除の意義. 第52回日本膵臓学会大会 2021.09.22 東京

  144. 前川 彩、工藤 篤、森本紘一朗、石田啓之、山下宏成、八木宏平、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 肝転移を有する機能性膵消化管神経内分泌腫瘍の治療戦略. 第52回日本膵臓学会大会 2021.09.22 東京

  145. 森本紘一朗、赤星径一、菅原俊喬、山下宏成、八木宏平、石井 武、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の悪性度に関連するバイオマーカーの多角的検索. 第52回日本膵臓学会大会 2021.09.22 東京

  146. 赤星径一、村瀬芳樹、前川 彩、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 遠隔転移を伴う膵神経内分泌腫瘍に対するスニチニブ投与後切除可能性の検討. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11 WEB開催

  147. 石井 武、工藤 篤、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、田邉 稔. 当科における MEN1 型の膵・消化管神経内分泌腫瘍例の後方視的検討. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11 WEB開催

  148. 小野宏晃、村瀬芳樹、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. HG-PanNEN における新規治療薬 Eg5 阻害剤 Ispinesib の有用性の検討. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11 WEB開催

  149. 山下宏成、小野宏晃、八木宏平、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除不能 Pan-NEN に対する Capecitabine/Temozolomide 併用療法の治療成績. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11 WEB開催

  150. 小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 進行性膵神経内分泌腫瘍に対するストレプトゾシン/S-1 併用療法の治療有用性および MGMT 発現レベルに基づいた治療効果予測. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11 WEB開催

  151. 赤星径一、山下宏成、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. StageⅠ膵癌における予後不良因子の解析. 第48回日本膵切研究会 2021.08.27 WEB開催

  152. 山下宏成、赤星径一、森本紘一朗、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 術前化学療法が膵癌周術期成績に与える影響. 第48回日本膵切研究会 2021.08.27 WEB開催

  153. 山下宏成、上田浩樹、森本紘一朗、石田啓之村瀬芳樹、八木宏平、前川 彩、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当院で外科切除を行ったIPNB5例の傾向と術後成績. 第57回日本肝癌研究会 2021.07.23 鹿児島

  154. 森本紘一朗、上田浩樹、山下宏成、八木宏平、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔、田中真二. 肝細胞癌に対する術中焼却療法についての検討. 第57回日本肝癌研究会 2021.07.22 鹿児島

  155. 石井 武、赤星径一、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 当院における膵癌に対するmodified FOLFIRINOX 療法の治療成績. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.09 京都

  156. 山下宏成、石川喜也、森本紘一朗、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 中央区域温存膵切除術5例の短期中期成績~膵全摘と比較して~. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.09 京都

  157. 前川 彩、上田浩樹、村瀬芳樹、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における膵粘液嚢胞性腫瘍切除例の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 京都

  158. 石川喜也、石田啓之、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 郭清を伴う腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術の定型化を目指して. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 京都

  159. 村瀬芳樹、小野宏晃、小川康介、吉岡里紗、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 阻害剤ライブラリーから同定されたIspinesibの膵癌新規治療薬への応用. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 京都

  160. 小川康介、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 膵切除術前後での膵癌に対するGemcitabine nab-Paclitaxel併用療法の完遂率の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 京都

  161. 田村華子、上田浩樹、山下宏成、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除術後3年に発症した後腹膜血種による多臓器不全に対し集学的治療にて救命した一例. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 京都

  162. 石田啓之、石川喜也、赤星径一、森本紘一朗、山下宏成、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 膵癌に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術の治療成績. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 京都

  163. 上田浩樹、前川 彩、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科で経験したインスリノーマ36例の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 京都

  164. 小野宏晃、池田貞勝、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、三宅 智、田中真二、田邉 稔. GEP-NETにおけるゲノムシークエンス法による横断的な遺伝子変異解析. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 京都

  165. 八木宏平、小野宏晃、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対するCAPTEM療法とMGMT発現の関連の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 京都

  166. 石田啓之、赤星径一、石川喜也、渡辺秀一、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 切除不能局所進行膵癌に対するGEM+nabPTX療法およびS-1併用化学放射線療法後のConversion Surgeryの治療成績. 第15回膵癌術前治療研究会 2021.05.29 奈良

  167. 赤星径一、石田啓之、村瀬芳樹、小川康介、石川喜也、渡辺秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. StageⅠ膵癌における予後不良因子の解析. 第15回膵癌術前治療研究会 2021.05.29 奈良

  168. 小川康介、渡辺秀一、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 膵癌に対するゲムシタビン・ナブパクリタキセル併用療法の膵切除術前後での完遂率の検討. 第15回膵癌術前治療研究会 2021.05.29 奈良

  169. 山下宏成、小川康介、木脇祐子、渡邉亮輔、石田啓之、森本紘一朗、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、明石 巧、田邉 稔. 術前に肝粘液嚢胞腺癌を疑うも、術中所見と病理所見にて IPNB の診断に至った1 例. 第61回肝癌症例研究会 2021.05.22 WEB開催

  170. 山下宏成、赤星径一、森本紘一朗、石田啓之、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 低位合流する後区域胆管に胆嚢管が合流する破格を有する症例に対してICG蛍光胆道造影を用いて安全に腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した1例. 日本蛍光ガイド手術研究会第4回学術集会 2021.05.15 高知

  171. 赤星径一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行肝細胞癌に対するレンバチニブを用いたConversion surgeryの試み. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.10 幕張

  172. 菅原俊喬、工藤 篤、赤星径一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、成松 久、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の悪性度に関連する糖鎖バイオマーカーの検索. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.10 幕張

  173. 石川喜也、石田啓久、森本紘一郎、山下宏成、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除不能局所進行膵癌に対するConversion Surgeryを企図した導入化学療法と化学放射線療法の治療成績. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  174. 山下宏成、小野宏晃、村瀬芳樹、石田啓久、森本紘一朗、八木宏平、前川 彩、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、小川康介、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 80歳以上の高齢者に対する腹腔鏡下肝切除術の治療成績. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  175. 八木宏平、小野宏晃、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当院における切除不能膵神経内分泌腫瘍に対するcapecitabine/temozoromide併用療法の検討. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  176. 森本紘一朗、上田浩樹、山下宏成、石田啓久、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 胆道再建を伴う肝切除における周術期成績. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  177. 村瀬芳樹、小野宏晃、吉岡里紗、石川喜也、上田浩紀、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 阻害剤ライブラリーを用いて同定されたIspinesibの機能解析と膵癌に対する新規治療薬としての検討. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  178. 石田啓久、赤星径一、上田浩樹、石川喜也、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 大腸癌肝転移に対する腹腔鏡下肝切除術の治療成績. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  179. 石井 武、赤星径一、森本紘一郎、石田啓久、山下宏成、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 当院における腹腔鏡下Radidal antegrade modular pancreatosplenectomyの治療成績. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  180. 小野宏晃、加藤智敬、村瀬芳樹、石川喜也、渡辺秀一、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵臓癌においてRPM1遺伝子は細胞外マトリックスリモデリングにより悪性形質獲得に寄与する. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  181. 小川康介、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 膵切除後の化学療法忍容性低下の検討. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  182. 上田浩樹、森本紘一郎、山下宏成、石田啓久、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 70歳以上の高齢者に対する副苦境下膵体尾部切除術の短期成績. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  183. 工藤 篤、赤星径一、村瀬芳樹、前川 綾、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、田邉 稔. 東京医科歯科大学における神経内分泌腫瘍診療の成果. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  184. 赤星径一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行肝細胞癌に対するレンバチニブを用いたConversion surgeryの試み. 第23回日本肝がん分子標的治療研究会 2021.01.23 東京

  185. 小野宏晃、工藤 篤、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、田邉 稔. GEP-NETにおけるゲノムシークエンス法による横断的な遺伝子変異解析. 第8回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.01.23 WEB開催

  186. 村瀬芳樹、工藤 篤、八木宏平、前川 彩、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、渡辺秀一、石川喜也、赤星径一、小林正典、小川康介、小野宏晃、伴 大輔. 遠隔転移を伴う膵神経内分泌腫瘍に対するスニチニブ投与後手術の意義. 第51回日本膵臓学会大会 2021.01.08 神戸

  187. 田村華子、赤星径一、石田啓之、森本紘一朗、山下宏成、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 肝門部領域胆管癌術後門脈狭窄に対し門脈ステント留置術が奏功した一例. 第858回外科集団会 2020.12.19

  188. 西山 優、赤星径一、小川康介、石田啓之、森本紘一朗、石川喜也、山下宏成、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 肝切除後、膵頭十二指腸切除後に発症した気管支胆汁廔の一例. 第858回外科集談会 2020.12.19

  189. 工藤 篤、鳥羽三佳代、森脇睦子、赤星径一、伴 大輔、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔、伏見清秀. 新しいクオリティインディケーター膵液瘻算出ロジックの創出. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12.15

  190. 加藤智敬、工藤 篤、石川喜也、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍において門脈内腫瘍栓が肝転移再発に与える影響. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  191. 赤須雅文、小野宏晃、石川喜也、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. PanMENに対するeverolimusの治療効果. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  192. 石川喜也、伴 大輔、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田辺 稔. 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術における肝十二指腸間膜へのアプローチ. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  193. 小川康介、石川喜也、渡辺秀一、赤星径一、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 進行肝癌の治療戦略 ~術後一年以内に原病死したHCC手術症例の検討~. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  194. 石井 武、赤星径一、石川喜也、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腎細胞癌膵転移例の臨床的検討. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  195. 村瀬芳樹、小野宏晃、渡辺秀一、石川喜也、赤星径一、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 超高齢者における腹腔鏡下肝切除の検討. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  196. 八木宏平、石川喜也、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における肝細胞癌破裂例の検討. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  197. 菅原俊喬、井上佳奈、石川喜也、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍のバイオマーカー;糖鎖の視点からの検討. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  198. 赤星径一、前川 彩、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 分子型IPMNにおける嚢胞増大速度の有用性検証を中心としたIPMN手術症例の解析. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  199. 加藤智敬、小野宏晃、渡辺秀一、石川喜也、赤星径一、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 膵臓癌予後ならびにGemcitabine耐性にかかわるRRM1の新規治療ターゲットとしての有用性. 第28回日本消化器関連学会週間 2020.11.06 神戸

  200. 村瀬芳樹、工藤 篤、八木宏平、前川 彩、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、渡辺秀一、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対する術前スニチニブ投与の意義. 第28回日本消化器関連学会週間 2020.11.06 神戸

  201. 小野宏晃、加藤智敬、村瀬芳樹、渡辺秀一、石川喜也、赤星径一、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵臓癌におけるヒストンアセチル化の臨床的意義、機能解析、およびヒストンアセチル化阻害剤の臨床応用性の検討. 第28回日本消化器関連学会週間 2020.11.06 神戸

  202. 小川康介、渡辺秀一、石川喜也、赤星径一、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 膵癌に対するGemcitabine・nab-PTX併用療法の完遂率の検討. 第28回日本消化器関連学会週間 2020.11.06 神戸

  203. 石川喜也、伴 大輔、石田啓之、山下宏成、森本紘一朗、渡辺秀一、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除における肝十二指腸間膜、SMA周囲へのアプローチ. 第82回日本臨床外科学会総会 2020.10.31 Web開催

  204. 森本紘一朗、赤星径一、石田啓之、山下宏成、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、渡辺秀一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵全摘における血糖コントロール困難症例のリスク因子解析. 第82回日本臨床外科学会総会 2020.10.30 Web開催

  205. 前川 彩、赤星径一、石川喜也、渡辺秀一、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 総胆管穿破をきたした膵管内乳頭粘液性腫瘍の2例. 第82回日本臨床外科学会総会 2020.10.30 Web開催

  206. 山下宏成、赤星径一、村瀬芳樹、石田啓之、森本紘一朗、石井 武、菅原俊喬、渡辺秀一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下脾臓摘出術を行ったSclerosing Angiomatoid Nodular Transformation(SANT)の2例. 第82回日本臨床外科学会総会 2020.10.29 Web開催

  207. 石川喜也、石田啓之、森本紘一朗、山下宏成、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除の導入を経て. 第12回膵臓内視鏡外科研究会 2020.10.28 Web開催

  208. 石田啓之、石川喜也、赤星径一、渡辺秀一、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 内視鏡技術認定医を目指した腹腔鏡下膵体尾部切除術の術野展開の工夫と教育. 第12回膵臓内視鏡外科研究会 2020.10.28 Web開催

  209. 森本紘一朗、石川喜也、石田啓之、山下宏成、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除における膵液瘻予防法. 第12回膵臓内視鏡外科研究会 2020.10.28 Web開催

  210. 村瀬芳樹、赤星径一、石川喜也、渡辺秀一、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 高齢者に対する腹腔鏡下肝切除術の検討. 第14回肝臓内視鏡外科研究会 2020.10.28 Web開催

  211. 田邉 稔、上田浩樹、石田啓之、山下宏成、森本紘一朗、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二. 肝機能障害合併癌患者の治療. 第58回日本癌治療学会学術集会 2020.10.22 京都

  212. 石川喜也、石田啓之、山下宏成、森本紘一朗、渡辺秀一、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 膜切開と総剥離における術野展開の使い分け. 第47回日本膵切研究会 2020.08.29 福岡

  213. 伴 大輔、八木宏平、村瀬芳樹、前川 彩、石井 武、菅原俊喬、加藤智敬、赤須雅文、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 局所進行切除不能膵癌に対するConversion surgery後の早期再発例の課題. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  214. 前川 彩、赤星径一、八木宏平、村瀬芳樹、石井 武、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科におけるIPMN切除例の検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  215. 菅原俊喬、工藤 篤、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍におけるリンパ節転移の意義. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  216. 小野宏晃、加藤智敬、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵臓癌におけるヒストンアセチル化の臨床的意義および機能解析とヒストンアセチル化阻害剤の臨床応用性の検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  217. 小川康介、工藤 篤、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 転移性肝癌に対する肝切除の位置付け. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  218. 加藤智敬、小野宏晃、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. RRM1と膵臓癌における予後およびGemcitabine暴露によるDNAダメージ修復に関連した機能解析ならびに新規治療ターゲットとしての有用性の探索. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  219. 渡辺秀一、西野 穣、島田 周、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、角田達彦、田中真二、田邉 稔. Multicellular colonization modelに基づく肝癌の発生・転移形式推定の試み. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 Web

  220. 八木宏平、小倉俊郎、伴 大輔、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤、篤、田中真二、田邉 稔. 当科における膵頭十二指腸切除後の膵液漏の予測因子についての検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.14 完全Web開催

  221. 石井 武、赤星径一、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当院における膵全摘術の治療成績. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.13 完全Web開催

  222. 村瀬芳樹、伴 大輔、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 高齢者に対する腹腔鏡下肝切除の安全性の検討. 第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.07 横浜

  223. 石川喜也、伴大輔、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除における胃膵間膜挙上方法. 第11回膵臓内視鏡外科研究会 2019.12.04 横浜

  224. 小川 康介, 工藤 篤, 小倉 俊郎, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の肝転移に対する外科的アプローチ . JAPAN DIGESTIVE DISEASE WEEK 2019(消化器外科学会) 2019.11.23 神戸

  225. 浅野 大輔, 工藤 篤, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. NETG3/NECG3 に対する切除適応の検討 . JAPAN DIGESTIVE DISEASE WEEK 2019(消化器外科学会) 2019.11.22 神戸

  226. 松井 聡, 工藤 篤, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対するスニチニブ減量投与の有効性と安全性の検討 . JAPAN DIGESTIVE DISEASE WEEK 2019(消化器外科学会) 2019.11.22 神戸

  227. 村瀬芳樹、光法雄介、菅原俊喬、小川康介、松井 聡、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 80歳以上の高齢者に対する腹腔鏡下肝切除の安全性の検討. JAPAN DIGESTIVE DISEASE WEEK 2019(消化器外科学会) 2019.11.22

  228. 前川 彩、渡辺秀一、八木宏平、村瀬芳樹、石井 武、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. brivanibの術前治療後に切除した肝細胞癌の1例. 第60回肝癌症例検討会 2019.11.09 東京

  229. 赤須雅文、工藤 篤、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、加藤智敬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 小型膵神経内分泌腫瘍の治療戦略. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.26 福岡

  230. 八木宏平、工藤 篤、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対する腹腔鏡下膵体尾部切除の検討. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.26

  231. 石井 武、工藤 篤、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 当院における腎細胞癌膵転移症例の臨床的検討と本邦の腎細胞癌膵転移例の検討. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.25 福岡

  232. 小野宏晃、工藤 篤、赤星径一、小川康介、小倉俊郎、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 進行性膵神経寧分泌腫瘍におけるストレプトゾシン/TS-1併用治療の有用性. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.25 福岡

  233. 菅原俊喬、工藤 篤、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、赤星径一。小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍におけるリンパ節転移と予後の検討. 第57回日本治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  234. 小川康介、工藤 篤、赤星径一、小倉俊郎、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 当科におけるインスリノーマの20切除例の画像診断学・病理学的特徴の検討. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  235. 加藤智敬、工藤 篤、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における門脈内腫瘍塞栓分類の提案. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  236. 浅野大輔、工藤 篤、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 悪性神経内分泌腫瘍患者に対する手術治療~手術治療の可能性~. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  237. 松井 聡、工藤 篤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 進行膵神経内分泌腫瘍においてスニチニブ減量投与の有効性と安全性について. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  238. 村瀬芳樹、工藤 篤、八木宏平、前川 彩、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 神経内分泌腫瘍に対するランレオチドの効果を規定する因子. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  239. 村瀬芳樹、伴 大輔、加藤智敬、赤星径一、小倉俊郎、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. UR-LA膵癌に対する化学放射線療法後に静脈グラフトでの血行再建を併用したDP-CARの1例. 第14回膵癌前治療研究会 2019.10.12 札幌

  240. 小野宏晃、工藤篤、前川彩、八木宏平、村瀬芳樹、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小倉俊郎、伴大輔、田中真二、田邉稔. 切除不能膵神経内分泌腫瘍に対するTS-1/weekly STZ併用療法の臨床的有用性. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  241. 赤須博文、工藤篤、八木宏平、前川彩、村瀬芳樹、石井武、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴大輔、田中真二、田邉稔. everolimusの治療成績の解析. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  242. 石井武、工藤篤、八木宏平、前川彩、村瀬芳樹、菅原俊喬、赤須博文、加藤智敬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴大輔、田邉稔. 当科における消化管神経内分泌腫瘍115例の検討. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  243. 村瀬芳樹、工藤篤、八木宏平、前川彩、石井武、加藤智敬、赤須博文、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴大輔、田邉稔. 神経内分泌腫瘍に対するランレオチドの効果指標について. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  244. 渡辺秀一、工藤篤、鎌谷高志、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴大輔、田中真二、角田達彦、田邉稔. 病理組織画像を用いた深層学習による膵神経内分泌腫瘍肝転移例の特徴抽出の試み. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  245. 八木宏平、工藤篤、前川彩、村瀬芳樹、石井武、加藤智敬、赤須博文、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴大輔、田邉稔. 膵神経内分泌腫瘍に対する腹腔鏡下膵体尾部切除の検討. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  246. 八木宏平、伴 大輔、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. Blumgart変法による膵空腸吻合術の工夫と、術後膵液瘻の検討. 第46回日本膵切研究会 2019.08.23 下呂

  247. 池田貞勝、高嶺恵理子、熊木裕一、高橋健太、横堀潤子、伴 大輔、工藤 篤、小野宏晃、石川敏明、中川剛士、小田剛史、若葉公雄、中村玲子、大西威一郎、久保田一徳、木村浩一郎、吉田雅幸、坂下博之、田邉 稔、三宅 智 . リキッドバイオプシー Guardant360で疑われた遺伝性腫瘍の検討(PROFILE Study). 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 2019.07.19 京都

  248. 坂下博之、横堀潤子、高嶺恵理子、熊木裕一、髙橋健太、竹本 暁、渡邊秀一、小野宏晃、石川敏明、大西威一郎、木村浩一郎、久保田一徳、角田達彦、稲澤譲治、田邉 稔、三宅 智、池田貞勝 . 東京医科歯科大学におけるゲノムキャンサーボー ドの現況. 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 2019.07.19 京都

  249. 松井 聡、小倉俊郎、伴 大輔、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 膵体尾部切除術における膵切離位置と術後合併症の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  250. 渡辺秀一、伴 大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌切除術後の単発再発症例の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  251. 小川康介、工藤 篤、小倉俊郎、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍肝転移に対する手術戦略. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  252. 小野宏晃、伊藤寛倫、加藤智敬、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. ヒストンアセチル化とジェムザールによる細胞死や細胞周期シグナルに関連した機能解析. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  253. 浅野大輔、工藤 篤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵NETG3/NECに対する切除適応の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  254. 石井 武、工藤 篤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 当科における消化管神経内分泌腫瘍115例の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  255. 菅原俊喬、伴 大輔、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 膵癌における術後早期再発の予測因子に関する検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  256. 吉野 潤、光法雄介、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝内胆管癌局在. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.17

  257. 小野宏晃、工藤 篤、小川康介、小倉俊郎、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍NET-G3に対する当院における治療成績. 第50回日本膵臓学会大会 2019.07.12 東京

  258. 松井 聡、工藤 篤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対するスーテントの減量投与の検討. 第50回日本膵臓学会大会 2019.07.12 東京

  259. 菅原俊喬、伴 大輔、松井 聡、石井 武、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下RAMPSの手技と要点. 第73回手術手技研究会 2019.05.24 東京

  260. 村瀬芳樹、工藤 篤、八木宏平、前川 彩、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴大輔、田邉 稔. 肝転移のみを呈し5年以上生存した原発不明神経内分泌腫瘍の1例. 第59回肝癌症例検討会 2019.05.18 東京

  261. 浅野大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌予後因子の術式ごとの検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.20 大阪

  262. 小川康介、工藤 篤、小倉俊郎、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 当科におけるインスリノーマ20切除例の画像診断学・病理学的特徴の検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.19 大阪

  263. 吉野 潤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除症例からみた非ウイルス性、非アルコール性肝癌の病態と分類. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.19 大阪

  264. 小野宏晃、石井 武、松井 聡、浅野大輔、菅原俊喬、小川康介、小倉俊郎、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除不能膵・消化管内分泌腫瘍におけるストレプトゾシンの治療効果と集学的治療における有用性. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  265. 赤須雅文、工藤 篤、石井 武、松井 聡、菅原俊喬、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 小型膵内分泌腫瘍の検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  266. 石井 武、工藤 篤、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 当院における腎細胞癌膵転移例の臨床的検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  267. 渡辺秀一、伴 大輔、西野 穣、石井 武、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、鎌谷高志、宮 冬樹、田邉 稔. 膵癌の縦断的whole exome sequence解析によるfounder mutation推定の試み. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  268. 村瀬芳樹、光法雄介、伴 大輔、菅原俊喬、小川康介、松井 聡、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 静脈グラフトでも血行再建を併用したDP-CARの1例. 第27回 御茶の水消化器セミナー 2019.02.23

  269. 伊藤 晃、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 術前の生検で診断し得なかった若年女性発症Groove領域膵癌の1例. 第851回外科集談会 2018.12.15 東京

  270. 松井 聡、小倉俊郎、伴 大輔、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除術における膵切離位置と門脈系血栓発生の検討. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.08 福岡

  271. 光法雄介、伴 大輔、石井 武、松井 聡、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下肝部分切除における問題点と手技の工夫. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.08 福岡

  272. 加藤智敬、伴 大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除術における胃後壁体外吊り上げ法を用いた術野展開と定型化への取り組み. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.08 福岡

  273. 菅原俊喬、伴 大輔、石井 武、松井 聡、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除の適応-Difficulty Scoreを含めた考察-. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.07 福岡

  274. 小倉俊郎、伴 大輔、松井 聡、石井 武、菅原 俊喬、加藤智敬、赤須雅文、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除術における出血と胆汁漏の術中リカバリーショット. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.06 福岡

  275. 伴 大輔、小倉俊郎、松井 聡、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、浅野大輔、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下大肝切除における主要グリソン枝のアプローチと定型的離断面形成. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.06 福岡

  276. 伴 大輔、小倉俊郎、松井 聡、石井 武、菅原俊喬、加藤智敬、赤須雅文、吉野 潤、浅野大輔、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌に対する腹腔鏡下膵体尾部切除の適応に関する諸問題. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.06

  277. 石井 武、工藤 篤、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 類洞機能の経時的、生理学的、分子生物学的変化の解析. 第32回肝類洞壁細胞研究会学術集会 2018.12.02 東京

  278. 赤須雅文、工藤 篤、石井 武、松井 聡、菅原俊喬、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 小型膵神経内分泌腫瘍のリンパ転移と予後因子の検討. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.24 東京

  279. 小川康介、工藤 篤、小倉俊郎、光法雄介、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 当科で初回手術を施行したインスリノーマ20例. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.24 東京

  280. 原 啓文、赤須雅文、工藤 篤、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. Sunitinibが著効し手術可能となった肝転移を伴う局所進行膵神経内分泌腫瘍の1例. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.24 東京

  281. 中野 悠、松井 聡、小野宏晃、工藤 篤、石井 武、菅原俊喬、浅野大輔、小川康介、小倉俊郎、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 血小板を契機に指摘された膵神経内分泌腫瘍肝転移巣の腫瘍内出血に対してTAEを施行した1例. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.24 東京

  282. 松井 聡、伴 大輔、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、浅野大輔、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 合併症低減を目指した肝切離 ~生食滴下モノポーラ vs バイポーラ~. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.23 東京

  283. 小倉俊郎、伴 大輔、浅野大輔、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 技術認定合格に向けてのステップアップ. 第12回肝臓内視鏡外科研究会 2018.11.21 東京

  284. 石井 武、伴 大輔、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 当科における術中マイクロ波凝固療法の治療成績. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.21 東京

  285. 光法雄介、伴 大輔、石井 武、浅野大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下尾側膵切除における手技の工夫. 第10回膵臓内視鏡外科研究会 2018.11.21 東京

  286. 石井 武、小川康介、松井 聡、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡邊秀一、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 診断に苦慮した左肝管主要栓を伴う大腸癌肝転移の1切除例. 第58回肝癌症例検討会 2018.11.10 東京

  287. 加藤智敬、伴 大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 当科における局所進行切除不能膵癌に対するConversion surgeryの成績. 第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.03 神戸

  288. 小野宏晃、工藤 篤、赤須雅文、加藤智敬、水野裕貴、千代延記道、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 当院における膵・消化管神経内分泌腫瘍に対するTS-1/weekly STZ併用療法の治療成績. 第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.02 神戸

  289. 小川康介、工藤 篤、小倉俊郎、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 当科で初回手術を施行したインスリノーマ26例の検討. 第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.02 神戸

  290. 光法雄介、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、渡邊秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、 小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、 工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝内胆管癌の術後早期再発についての検討. 第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.02 神戸

  291. 石井 武、工藤 篤、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 肝切除における3Dシミュレーションの意義. 第13回肝癌治療シミュレーション研究会 2018.09.29 東京

  292. 赤須雅文、工藤 篤、吉野 潤、浅野大輔、渡邊秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 小型膵神経内分泌腫瘍の切除後の予後因子の検討. 第6回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2018.09.08

  293. 松井 聡、伴 大輔、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科の肝切除におけるエネルギーデバイスの検討. 第37回 Microwave Surgery 研究会 2018.09.01

  294. 石井 武、伴 大輔、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 当科の肝切除におけるエネルギーデバイスの検討. 第37回 Microwave Surgery 研究会 2018.08.31 東京

  295. 石井 武、伴 大輔、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 局所進行切除不能膵癌に対する当科の治療戦略. 第45回日本膵切研究会 2018.08.25

  296. 赤須雅文、吉野 潤、伴 大輔、浅野大輔、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 膵体尾部切除後の液体貯蓄の解析. 第45回日本膵切研究会 2018.08.24 札幌

  297. 伴 大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 単孔式腹腔鏡下肝切除の現状と成績. RPS2018 7th Reduced Port Surgery Forum 2018 in Sapporo 2018.08.03 札幌

  298. 小野宏晃、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、伴 大輔、 工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 分枝型 IPMN における手術適応の判断とその検証. 第73回消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  299. 吉野 潤、伴 大輔、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除術~局所解剖を理解したSMA周囲神経叢剥離~ . 第73回消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  300. 赤須雅文、伴 大輔、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除におけるトロッカーポジションの定型的コ ンセプトによる視野展開の工夫 . 第73回消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  301. 光法雄介、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、 工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝部分切除術の手技の工夫. 第73回消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  302. 小川康介、工藤 篤、赤星径一、小倉俊郎、光法雄介、小野宏晃、 伴 大輔、江石義信、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における造影CT像の検討 . 2018.07.13 鹿児島

  303. 小倉俊郎、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、 工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 腹腔鏡下肝左葉切除術における損傷を回避するグリソン確保の Tips. 第73回消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  304. 伴 大輔、赤須雅文、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 局所進行切除不能膵癌に対する導入化学療法と化学放射線療法 による Conversion surgery の意義. 第73回消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  305. 加藤智敬、伴 大輔、吉野 潤、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. Resectable膵癌における主要動脈周囲Hazy densityの意義. 第49回日本膵臓学会大会 2018.06.30 和歌山

  306. 伴 大輔、渡辺秀一、吉野 潤、浅野大輔、加藤智敬、赤須雅文、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. UR膵癌に対する導入化学療法と化学放射線療法によるConversion surgeryの検討. 第49回日本膵臓学会大会 2018.06.29 和歌山

  307. 光法雄介、加藤智敬、赤須雅文、吉野 潤、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下肝部分切除術における手技の工夫. 第72回手術手技研究会 2018.05.11 徳島

  308. 赤須雅文、小川康介、山本浩平、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、千代延記道、小倉俊郎、小野宏晃、 光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、明石 巧、田中真二、田邉 稔. 手術待機中に自然退縮を認めた肝細胞癌の1例. 日本消化器病学会関東支部第349回例会 2018.04.28 東京

  309. 奈良 篤、加藤智敬、赤須雅文、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 無症候性の自然肝内出血により急速増大を認めた肝細胞癌の1例. 日本消化器病学会関東支部第349回例会 2018.04.28

  310. 小川康介、工藤 篤、赤星径一、小倉俊郎、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍G2の予後を決定するイメージングバイオマーカーの探索. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.07 東京

  311. 光法雄介、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 開腹肝切除例において有用な手技. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.07 東京

  312. 赤須雅文、工藤 篤、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、水野裕貴、千代延記道、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. GEP-NETに対する分子標的治療薬の治療成績. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.07 東京

  313. 加藤智敬、伴 大輔、赤須雅文、吉野 潤、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵頭部癌の切除可能性分類における動脈周囲Hazy densityの取り扱いと治療戦略. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.07 東京

  314. 小倉俊郎、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 肝臓領域のおける各種蛍光イメージングシステムの特徴. 日本蛍光ガイド手術研究会 第1回学術集会 2018.04.07

  315. 吉野 潤、赤星径一、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除症例からみた生活習慣病関連肝癌の臨床病理学的特徴と分類. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.06 東京

  316. 渡辺秀一、伴 大輔、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌術後再発例の予後に関わるバイオマーカーの検討. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  317. 赤星径一、伴 大輔、渡辺秀一、水野裕貴、千代延記道、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 胆管癌術後補助化学療法の効果予測因子としてのOrotate phosphoribosyltransferaseの有用性. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  318. 小野宏晃、赤須雅文、加藤智敬、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小川康介、小倉俊郎、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)切除症例における悪性化の指標となる術前危険因子の評価. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  319. 伴 大輔、小倉俊郎、加藤智敬、赤須雅文、吉野 潤、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下解剖学的肝切除を行うための肝S8グリソンへのアプローチの工夫. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  320. 小倉俊郎、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行肝細胞癌に対する術前治療としての肝動注療法の意義. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  321. 工藤 篤、伴 大輔、光法雄介、赤須雅文、加藤智敬、水野裕貴、千代延記道、小野宏晃、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、田中真二、田邉 稔. 肝胆膵外科高度技能手術の総括. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  322. 小野宏晃、伊藤寛倫、田邉 稔. ゲムシタビンにおけるCDK4/6阻害剤パルボシクリブ併用の抗癌剤感受性に対する解析. 第51回制癌剤適応研究会 2018.03.23 下呂

  323. 加藤智敬、伴 大輔、赤須雅文、吉野 潤、渡邊秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 局所進行切除不能膵癌のConversion Surgery2例. 第26回御茶ノ水消化器セミナー 2018.03.17 東京

  324. 加藤智敬、小野宏晃、赤須雅文、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における肝細胞癌破裂の検討. 第54回日本腹部救急医学会総会 2018.03.09 東京

  325. 赤須雅文、小倉俊郎、加藤智敬、吉野 潤、渡邊秀一、水野裕貴、千代延記道、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における膵頭十二指腸切除術後の腹腔内出血症例の検討. 第54回日本腹部救急医学会総会 2018.03.09 東京

  326. 森本紘一朗、光法雄介、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、渡邊秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 生体肝移植の10年後に出血性ショックを契機に発見されたde novo十二指腸癌の1切除例. 第54回日本腹部救急医学会総会 2018.03.08 東京

  327. 田中真二、大庭篤志、島田周、秋山好光、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、工藤篤、有井滋樹、田邉稔. 肝がん難治性サブタイプのゲノム編集解析とプレシジョン・メディシンによる治療戦略(ワークショップ). 第56回日本癌治療学会学術集会 2017.10.21

  328. 伴  大輔、吉野  潤、赤星 径一、小倉 俊郎、小川 康介、小野 宏晃、 工藤  篤、田邉  稔. 単孔式腹腔鏡下肝切除の定型化. 6th reduced port surgery forum 2017 2017.08.05

  329. 吉野  潤、伴  大輔、赤星 径一、小倉 俊郎、小川 康介、小野 宏晃、光法 雄介、工藤  篤、田中 真二、田邉  稔. より低侵襲な腹腔鏡下膵体尾部切除術を目指して~Reduced Port Surgery. 6th reduced port surgery forum 2017 2017.08.05

  330. 田中真二、大庭篤志、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、工藤篤、有井滋樹、田邉稔. プレシジョン・メディシンによる肝細胞癌の予後予測と治療展開. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.22

  331. 赤星径一、巌康仁、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 膵頭十二指腸切除術後膵液瘻防止のための当科の工夫. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.22

  332. 伴大輔、渡邊秀一、小野宏晃、松村聡、光法雄介、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 局所進行切除不能膵癌に対する導入化学療法と放射線化学療法後のConversion Surgeryの有用性. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21

  333. 水野裕貴. GEP-NETにおけるPD-L1発現と臨床病理学的因子の検討. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.20 金沢

  334. 千代延記道、小野宏晃、巌 康仁、松村 聡、光法雄介、伴 大輔、落合高徳、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)切除例における術前画像検査での造影される結節の意義. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.20

  335. 伴 大輔、浅野 大輔、吉野 潤、渡辺 秀一、水野 裕貴、千代延 記道、赤星 径一、小倉 俊郎、小川 康介、小野 宏晃、光法 雄介、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. BR膵癌のCT画像膵外進展評価における淡い網目状高吸収所見の意義. 第48回 日本膵臓学会大会 2017.07.15

  336. 工藤 篤、伴 大輔、小倉 俊郎、小野 宏晃、赤星 径一、光法 雄介、小川 康介、田中 真二、田邉 稔. 膵NETの肝転移に対する外科的治療:ガイドラインの問題点と今後の展望. 第48回 日本膵臓学会大会 2017.07.15

  337. 小野 宏晃、Marc Basson、田邉 稔、伊藤 寛倫. ヒストンアセチル化阻害による膵臓癌の細胞周期とジェムザール感受性への影響と解析. 第48回 日本膵臓学会大会 2017.07.14

  338. 伴 大輔、小倉俊郎、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔 . 腹腔鏡下肝切除における中肝静脈という有用なガイド . The 6th SUMMER SEMINAR in OKINAWA 2017.07.01 那覇

  339. 光法雄介、伴大輔、赤須雅文、加藤智敬、吉野潤、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤篤、田中真二、田邉稔 . 腹腔鏡下肝部分切除術における手技の工夫 . The 6th SUMMER SEMINAR in OKINAWA 2017.07.01 那覇

  340. 渡邊秀一、伴大輔、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤篤、田中真二、田邉稔 . 腹腔鏡下膵体尾部切除術後の膵液瘻低減を目指して:吸収性組織補強シート/フィブリン糊による膵断端処理 . The 6th SUMMER SEMINAR in OKINAWA 2017.07.01 那覇

  341. 加藤智敬、伴大輔、赤須雅文、吉野潤、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤篤、田中真二、田邉稔 . 胃後壁体外吊り上げ法を用いた術野展開と腹腔鏡下膵体尾部切除術の定型化への取り組み . The 6th SUMMER SEMINAR in OKINAWA 2017.07.01 那覇

  342. 赤星 径一. 生体肝移植10年後に発症した十二指腸癌に対して肝床部合併亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した1例. 第71回 手術手技研究会 2017.05.26 名古屋

  343. 落合高徳、吉野潤、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、水野裕貴、佐藤拓、上田浩樹、巌康仁、小野宏晃、光法雄介、松村聡、藍原有弘、伴大輔、工藤篤、田中真二、田邉稔. 肝細胞癌腹膜播種症例における外科的切除の検討. 2017.04.29

  344. 伴大輔、大井啓司、工藤敏文、齋藤一隆、巌康仁、松村聡、光法雄介、小野宏晃、落合高徳、工藤篤、水野裕貴、田中真二、藤井靖久、井上芳徳、荒井裕国、田邉稔. 下大静脈高度腫瘍浸潤・腫瘍栓症例に対する多領域外科の協力による総合戦略. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  345. 小野宏晃、Basson Marc、稲澤譲治、田邉稔、伊藤寛倫. ヒストンアセチル基転移酵素阻害剤C646はG2/M細胞周期停止を介し膵臓癌細胞株における細胞増殖を抑制する. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  346. 浅野大輔、伴大輔、吉野潤、巌康仁、小野宏晃、光法雄介、松村聡、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 膵切除後脂肪肝~高力価膵酵素剤治療不応症例への治療アプローチ~. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  347. 赤星径一、田中真二、松村聡、光法雄介、小野宏晃、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田邉稔. 糖尿病肥満関連肝癌の背景肝におけるconnective tissue growth factor(CTGF)の発現に関する検討. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  348. 石川喜也、光法雄介、赤星径一、小野宏晃、松村聡、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の手術時にリンパ節郭清は必要か?. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  349. 渡邊秀一、工藤篤、浅野大輔、吉野潤、石川喜也、千代延記道、水野裕貴、上田浩樹、佐藤拓、巌康仁、小野宏晃、光法雄介、松村聡、落合高徳、伴大輔、田中真二、田邉稔 . 内分泌症状の責任病変が肝転移であった膵神経内分泌腫瘍症例における肝SASI試験の有用性. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.28 横浜

  350. 吉野潤、巌康仁、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、千代延記道、水野裕貴、上田浩樹、佐藤拓、小野宏晃、松村聡、光法雄介、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 当科における扁平上皮癌肝転移切除例の検討. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.28 横浜

  351. 田邉稔、工藤篤、伴大輔、光法雄介、小野宏晃、赤星径一、田中真二. 特別企画(2) 医療安全ガバナンスの確立を目指した外科組織のあり方:肝胆膵外科領域の取り組み. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.27 横浜

  352. 工藤篤. 神経内分泌腫瘍の生物学的悪性度. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.27

  353. 松村聡、水野裕貴、巌康仁、赤星径一、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田中真二、荒井裕国、田邉稔. 右胃大網動脈グラフトによる冠動脈バイパス術後の膵切除術の経験と工夫. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.27 横浜

  354. 田中真二、島田周、秋山好光、松村聡、光法雄介、藍原有弘、落合高徳、伴大輔、工藤篤、有井滋樹、田邉稔. 肝胆膵がんの分子サブタイプと治療抵抗性解析によるprecision medicineの展開. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.27 横浜

  355. 佐藤拓. 超高齢者に対する膵切除の検討. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.27 横浜

  356. 山本 竜也、赤星 径一、浅野 大輔、松村 聡、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 十二指腸GISTに対して十二指腸部分切除、ダブルトラクト再建術を施行した1例. 2017.02.25 東京

  357. 伴 大輔、浅野 大輔、室生 暁、吉野 潤、石川 喜也、渡辺 秀一、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵切除術の視点から見た膵臓解剖の再認識. 第29回 日本内視鏡外科学会 2016.12.10 横浜

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 小野宏晃、日本内分泌腫瘍研究会学術集会最優秀演題賞,日本内分泌腫瘍研究会,2021年01月

  • 膵臓病研究奨励賞,日本膵臓病研究財団,2019年12月

  • 国際セッション優秀発表賞,日本消化器関連学会,2019年12月

  • 東京医科歯科大学学長裁量優秀若手研究者奨励賞,東京医科歯科大学,2016年09月

  • 優秀ポスター賞,2014年05月

  • 優秀ポスター賞,2013年05月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2022年03月

    小野宏晃、座長、研修医演題4 胆・膵、第863回外科集談会、20220312、WEB開催

  • 2021年10月

    小野宏晃、座長、一般口演、膵癌の診療・研究の現状と将来、第5回御茶ノ水肝胆膵外科フォーラム、20211018、WEB開催

  • 2020年11月

    小野宏晃、座長、一般口演、膵癌予後改善を目指した多角的集学的取り組み、第4回御茶ノ水肝胆膵外科フォーラム、20201109、WEB開催

  • 2019年11月

    小野宏晃、座長、一般口演、当科でのnabPTX+GEM療法の治療成績、第3回御茶ノ水肝胆膵外科フォーラム、20191118、東京