基本情報

写真a

酒井 朋子(サカイ トモコ)

SAKAI Tomoko


職名

准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 助教
  • 2017年04月
    -
    2018年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 助教
  • 2018年06月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 リハビリテーション部 助教
  • 2018年06月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 リハビリテーション医学 助教
  • 2019年11月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 リハビリテーション部 講師
  • 2019年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 リハビリテーション医学 講師
  • 2019年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 老化制御学講座 リハビリテーション医学分野 講師
  • 2021年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 リハビリテーション部 准教授
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 リハビリテーション医学 准教授
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 老化制御学講座 リハビリテーション医学分野 准教授
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 基盤診療部門 リハビリテーション部 准教授

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本重症心身障害児学会

  • 日本呼吸器リハビリテーション学会

  • 日本心臓リハビリテーション学会

  • 日本股関節学会

  • 日本整形外科学会

  • 日本リハビリテーション医学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年08月
    -
    現在
    日本リハビリテーション医学会 編集委員
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 重症心身障害児(者)の続発性骨粗鬆症の病態を解明し、治療方法を作成する。

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Tomoko Kawasaki, Shunsuke Ohji, Junya Aizawa, Tomoko Sakai, Kenji Hirohata, Hironobu Kuruma, Hirohisa Koseki, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Correlation between the Photographic Cranial Angles and Radiographic Cervical Spine Alignment. Int J Environ Res Public Health. 2022.05; 19 (10): ( PubMed, DOI )

  2. Tomoko Sakai, Chisato Hoshino, Megumi Nakano, Yu Fujiwara, Atsushi Okawa. Rehabilitation Characteristics of Acute-stage COVID-19 Survivors Managed with Extracorporeal Membrane Oxygenation in the Intensive Care Unit. Prog Rehabil Med. 2022; 7 20220015. ( PubMed, DOI )

  3. 酒井朋子. 重症心身障害児(者)の骨粗鬆症、骨折について 日本重症心身障害学会誌. 2022; 47 (1): 69-75.

  4. Ryo Onuma, Tadashi Masuda, Fumihiko Hoshi, Tadamitsu Matsuda, Tomoko Sakai, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Measurements of the centre of pressure of individual legs reveal new characteristics of reduced anticipatory postural adjustments during gait initiation in patients with post-stroke hemiplegia. J Rehabil Med. 2021.07; 53 (7): jrm00211. ( PubMed, DOI )

  5. Ryo Onuma, Tadashi Masuda, Fumihiko Hoshi, Tadamitsu Matsuda, Tomoko Sakai, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Separated center-of-pressure measurements reveal new characteristics of reduced anticipatory postural adjustments during gait initiation in patients with Parkinson's disease. Physiother Theory Pract. 2021.06; 1-10. ( PubMed, DOI )

  6. Tomoko Sakai, Tokumitsu Shirai, Tsutomu Oishi. Vitamins K and D deficiency in severe motor and intellectually disabled patients. Brain Dev. 2021.02; 43 (2): 200-207. ( PubMed, DOI )

  7. Tomoko Sakai, Tokumitsu Shirai, Tsutomu Oishi. Bone quality in adults with severe motor and intellectual disabilities. J Rehabil Med. 2021.02; 53 (2): jrm00152. ( PubMed, DOI )

  8. Tomoko Sakai, Chisato Hoshino, Masanobu Hirao, Reiko Yamaguchi, Rui Nakahara, Atsushi Okawa. Rehabilitation for Patients with COVID-19: A Japanese Single-center Experience. Prog Rehabil Med. 2021; 6 20210013. ( PubMed, DOI )

  9. Kazuko Isshiki, Tetsuya Jinno, Junya Aizawa, Ryohei Takada, Tomoko Sakai, Tetsuya Tachibana, Atsushi Okawa. Asymmetry of the Cross-sectional Area of the Gluteus Medius Muscle Persists Eight Years after Total Hip Arthroplasty for Osteoarthritis of the Hip. Prog Rehabil Med. 2021; 6 20210052. ( PubMed, DOI )

  10. Tomoko Sakai, Chisato Hoshino, Reiko Yamaguchi, Masanobu Hirao, Rui Nakahara, Atsushi Okawa. Remote rehabilitation for patients with COVID-19. J Rehabil Med. 2020.09; 52 (9): jrm00095. ( PubMed, DOI )

  11. Tomoko Sakai, Chisato Hoshino, Atsushi Okawa, Kenji Wakabayashi, Hidenobu Shigemitsu . The Safety and Effect of Early Mobilization in the Intensive Care Unit According to Cancellation Criteria. Progress in Rehabilitation Medicine. 2020.07; 5

  12. Tomoko Sakai, Shiho Honzawa, Makiko Kaga, Yuji Iwasaki, Tatsuo Masuyama. Osteoporosis pathology in people with severe motor and intellectual disability. Brain Dev.. 2020.03; 42 (3): 256-263. ( PubMed, DOI )

  13. Emily Suzuki, Tomoko Sakai, Chisato Hoshino, Masanobu Hirao, Reiko Yamaguchi, Rui Nakahara. Assessment of the Need for Early Initiation of Rehabilitation Treatments in Patients with Coronavirus Disease 2019. Prog Rehabil Med. 2020; 5 20200018. ( PubMed, DOI )

  14. Chisato Hoshino, Daisuke Koga, Gaku Koyano, Yuki Yamauchi, Tomoko Sakai, Atsushi Okawa A, Tetsuya Jinno. Femoral nerve palsy following primary total hip arthroplasty with the direct anterior approach. PLoS one. 2019.05; 14 (5):

  15. Tomoko Sakai, Tetsuya Jinno, Chisato Hoshino, Atsushi Okawa. Cancellation criteria of acute rehabilitation :rehabilitation risk management. Progress in Rehabilitation Medicine. 2019; 4

  16. 酒井朋子. 重症心身障害児(者)における栄養の観点からの骨粗鬆症の検討 日本重症心身障害学会誌. 2017.02; 42 (1): 47-52.

  17. Sakai T, Morita S, Shinomiya Ki, Watanabe A, Nakabayashi N, Ishihara K.. Prevention of fibrous layer formation between bone and adhesive bone cement: in vivo evaluation of bone impregnation with 4-META/MMA-TBB cement. Journal of Biomedical Materials Research. 2000.10; 52 (1): 24-29. ( PubMed )

  18. Sakai T, Morita S, Shinomiya Ki, Watanabe A, Nakabayashi N, Ishihara K.. In vivo evaluation of the bond strength of adhesive 4-META/MMA-TBB bone cement under weight-bearing conditions. Journal of Biomedical Materials Research . 2000.10; 52 (1): 128-134.

  19. 酒井 朋子. 感染対策のためのリモート技術 J. of Clinical Rehabilitation. 2021.04; 30 (4): 338-345.

  20. 酒井 朋子. 重症心身障害児(者)の骨粗鬆症、骨折について 日本重症心身障害学会誌. 2019; 44 (1): 99-104.

  21. 新堀 璃奈, 小川 英臣, 小川 貴久, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 山本 尚輝, 加地 啓介, 岡安 健, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 大川 淳, 神野 哲也. Minimum Core SetとJOAスコアの関係 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S297. ( 医中誌 )

  22. 小川 英臣, 新堀 璃奈, 小川 貴久, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 山本 尚輝, 加地 啓介, 岡安 健, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 大川 淳, 神野 哲也. Minimum Core Setと在院日数の関連性 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S297. ( 医中誌 )

  23. 酒井 朋子, 神野 哲也, 星野 ちさと, 大川 淳. リハビリテーションが中止となった症例の検討 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S179. ( 医中誌 )

  24. 山本 尚輝, 神野 哲也, 酒井 朋子, 宮武 和正, 星野 ちさと, 高田 亮平, 大川 淳. リハビリテーション開始日の違いが人工膝関節全置換術後の早期術後成績に及ぼす影響について The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S171. ( 医中誌 )

  25. 小川 貴久, 神野 哲也, 高田 亮平, 宮武 和正, 星野 ちさと, 酒井 朋子, 大川 淳. 人工股関節全置換術における手術曜日の影響 術後ADLの回復、入院期間に注目して The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S174. ( 医中誌 )

  26. 宮本 亮, 村井 純, 小川 英臣, 加地 啓介, 岡安 健, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 大川 淳, 神野 哲也. 腫瘍脊椎骨全摘術後、理学療法早期介入を行った4症例 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S237. ( 医中誌 )

  27. 太田 剛, 神野 哲也, 酒井 朋子, 柳下 和慶, 大川 淳. 投球骨折に対する保存的治療と装具療法の検討 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.05; 54 (特別号): 2-P1. ( 医中誌 )

  28. 酒井 朋子, 星野 ちさと, 神野 哲也, 森田 定雄, 大川 淳, 岩崎 裕治. 重症心身障害児(者)の骨粗鬆症についての検討 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.05; 54 (特別号): 3-5. ( 医中誌 )

  29. 酒井 朋子, 加我 牧子, 岩崎 裕治, 益山 龍雄. 重症心身障害児(者)における栄養の観点からの骨粗鬆症の検討 経管栄養とビタミンKの関係 日本重症心身障害学会誌. 2017.04; 42 (1): 63-68. ( 医中誌 )

  30. 請川 大, 森田 定雄, 神野 哲也, 酒井 朋子. 下肢症状が主症状の頸椎症性脊髄症患者に対する術前機能診断及び術後リハビリテーションの有用性 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2016.06; (JARM2016): I82. ( 医中誌 )

  31. 酒井 朋子, 加我 牧子, 岩崎 裕治. 重症心身障害児(者)における骨密度と骨代謝の検討 日本重症心身障害学会誌. 2015.08; 40 (2): 229. ( 医中誌 )

  32. 酒井 朋子, 有馬 正高, 岩崎 裕治. 重症心身障害児(者)における側わんと股関節脱臼の検討 日本重症心身障害学会誌. 2012.08; 37 (2): 274. ( 医中誌 )

  33. 酒井 朋子. THA感染 人工骨頭に対する、カスタムメイドセメントスペーサーを使用した治療法 日本人工関節学会誌. 2011.12; 41 338-339. ( 医中誌 )

  34. 高田 ちさと, 酒井 朋子. 楔状テーパー型ステムAccolade TMZF短期成績の検討 Hip Joint. 2011.09; 37 510-511. ( 医中誌 )

  35. 酒井 朋子, 柳下 和慶. 人工膝関節抜去時の人工関節型カスタムメイドセメントスペーサーの有効性 整形外科. 2011.07; 62 (7): 627-630. ( 医中誌 )

  36. 渡辺 章, 酒井 朋子, 小柳津 卓哉, 志村 治彦, 新井 嘉容. 右足関節内果骨折の保存療法中に発症した肺血栓塞栓症の一例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2010.08; 22 (3): 407. ( 医中誌 )

  37. 志村 治彦, 酒井 朋子, 新井 嘉容, 渡辺 章, 小柳津 卓哉, 若林 良明, 二村 昭元, 高田 ちさと, 四宮 謙一. マレット骨折に対するmicro screw固定法 整復方法の工夫 東日本整形災害外科学会雑誌. 2010.08; 22 (3): 420. ( 医中誌 )

  38. 志村 治彦, 高田 ちさと, 酒井 朋子, 新井 嘉容, 松岡 正, 若林 良明, 四宮 謙一. 手の外科手術における適切な駆血帯圧設定の検討 日本整形外科学会雑誌. 2010.04; 84 (4): S525. ( 医中誌 )

  39. 酒井 朋子, 柳下 和慶. 人工関節抜去時の人工関節型セメントスペーサーの有効性について The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2010.04; 47 (Suppl.): S137. ( 医中誌 )

  40. 志村 治彦, 酒井 朋子, 松岡 正, 新井 嘉容, 高田 ちさと, 若林 良明, 山田 哲也, 四宮 謙一. 母指ばね指に対する腱鞘内注射後の屈筋腱皮下断裂の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2010.03; 41 (臨増号外): 81. ( 医中誌 )

  41. 野木 圭介, 酒井 朋子, 多嶋 佳孝, 山浦 伊裟吉, 柳下 和慶, 原 憲司. 人工関節型のセメントスペーサーを用いた感染TKAの治療経験 日本人工関節学会誌. 2009.12; 39 56-57. ( 医中誌 )

  42. 初鹿 大祐, 立石 智彦, 長谷川 清一郎, 土屋 正光, 酒井 朋子, 松原 正明, 池田 浩夫, 大内 洋. 股関節内臼底部にガングリオンが発生した2症例 関節鏡. 2009.03; 34 (1): 1-6. ( 医中誌 )

  43. 初鹿 大祐, 立石 智彦, 長谷川 清一郎, 酒井 朋子, 池田 浩夫, 松原 正明, 土屋 正光. 股関節内に発生したガングリオン2症例 関節鏡. 2006.06; 31 (1): 174. ( 医中誌 )

  44. 松原 正明, 平澤 直之, 谷口 亜図夢, 奥田 直樹, 酒井 朋子, 池田 浩夫, 大内 洋, 岩澤 大輔, 菅田 祐美. 【THAの脱臼と対策】 MIS-THAにおける術後管理とリハビリテーション 関節外科. 2006.04; 25 (4): 437-442. ( 医中誌 )

  45. 酒井 朋子, 種子田 齋. 進行期末期股関節症に対するChiari+外反骨切り術の成績 Hip Joint. 2005.10; 31 324-328. ( 医中誌 )

  46. 酒井 朋子, 金 潤澤. 寛骨臼回転骨切り術後の日常生活動作 リハビリテーション医学. 2005.05; 42 (Suppl.): S370. ( 医中誌 )

  47. 酒井 朋子, 森田 定雄, 四宮 謙一, 中村 聡, 山下 仁大. ハイドロキシアパタイトの分極処理による骨伝導性の変化 Orthopaedic Ceramic Implants. 2002.12; 21 17-20. ( 医中誌 )

  48. 酒井 朋子, 森田 定雄. 電気的分極処理によるハイドロキシアパタイトの骨伝導性の変化について 整形外科. 2002.08; 53 (9): 1170. ( 医中誌 )

  49. 酒井 朋子, 佐藤 良治, 森田 定雄, 四宮 謙一, 山下 仁大. 分極処理によるハイドロキシアパタイトの骨伝導性の変化 移植. 2002.04; 37 (2): 74-75. ( 医中誌 )

  50. 酒井 朋子, 森田 定雄, 四宮 謙一, 中村 聡, 山下 仁大. ハイドロキシアパタイトの分極処理による骨伝導性の変化 整形外科セラミック・インプラント研究会プログラム・抄録集. 2001.12; 21回 15. ( 医中誌 )

  51. 酒井 朋子, 森田 定雄, 四宮 謙一. ポーリングアパタイト(分極アパタイト)に対する骨の反応 日本臨床バイオメカニクス学会誌. 2001.10; 22 69-72. ( 医中誌 )

  52. 三森 岐栄, 清水 禎則, 酒井 朋子, 佐藤 良治, 原 勤. 上腕骨近位端骨折放置例の検討 肩関節. 2001.09; 25 (1): 153. ( 医中誌 )

  53. 酒井 朋子, 鈴木 康司, 松原 正明, 森田 定雄, 四宮 謙一. 変形性股関節症における立位両股X線像の有用性 Hip Joint. 2001.09; 27 211-214. ( 医中誌 )

  54. 酒井 朋子, 森田 定雄, 四宮 謙一, 山下 仁大, 中村 聡, 小林 孝之. ハイドロキシアパタイトの分極処理による骨伝導性の変化 日本整形外科学会雑誌. 2001.08; 75 (8): S942. ( 医中誌 )

  55. 酒井 朋子, 佐藤 良治, 鈴木 康司, 松原 正明, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 変形性股関節症における立位正面X線像の意義 日本整形外科学会雑誌. 2001.02; 75 (2): S229. ( 医中誌 )

  56. 酒井 朋子, 長谷川 清一郎, 土屋 正光. 単純性股関節炎の病態について Hip Joint. 2000.09; 26 105-108. ( 医中誌 )

  57. 酒井 朋子, 佐藤 良治, 三森 岐栄, 鈴木 康司, 松原 正明, 森田 定雄, 四宮 謙一. 変形性股関節症における立位正面X線像の検討 日本整形外科学会雑誌. 2000.03; 74 (3): S912. ( 医中誌 )

  58. 酒井 朋子, 長谷川 清一郎, 土屋 正光, 森田 定雄, 松原 正明, 四宮 謙一. Spitzy棚形成術の術後成績について Hip Joint. 1999.10; 25 123-127. ( 医中誌 )

  59. 長谷川 清一郎, 土屋 正光, 酒井 朋子, 森田 定雄, 松原 正明, 雪竹 修司, 中村 浩, 河内 貞臣. 青壮年期の進行期末期股関節症に対する大腿骨外反骨切り術単独施行例の検討 Hip Joint. 1999.10; 25 173-177. ( 医中誌 )

  60. 酒井 朋子, 森田 定雄, 四宮 謙一, 渡辺 昭彦, 石原 一彦, 中林 宣男. 接着性4-METAセメントの組織学的及び力学的検討 日本整形外科学会雑誌. 1999.08; 73 (8): S1482. ( 医中誌 )

  61. 酒井 朋子, 土屋 正光, 長谷川 清一郎, 松原 正明, 森田 定雄, 四宮 謙一. Spitzy棚形成術術後成績に関連する因子 日本整形外科学会雑誌. 1999.02; 73 (2): s428. ( 医中誌 )

  62. 長谷川 清一郎, 土屋 正光, 酒井 朋子, 森田 定雄, 松原 正明, 四宮 謙一, 河内 貞臣. 壮年期(40-60歳)の進行期股関節症の治療 進行期・末期股関節症に対する大腿骨外反骨切り術の検討 日本整形外科学会雑誌. 1999.02; 73 (2): s15. ( 医中誌 )

  63. 酒井 朋子, 土屋 正光, 長谷川 清一郎. 単純性股関節炎の病態について反応性関節炎との関連性 同愛医学雑誌. 1998.12; 20 65-67. ( 医中誌 )

  64. 酒井 朋子, 森田 定雄, 四宮 謙一, 中林 宣男, 石原 一彦, 渡辺 昭彦. META/MMA-TBBセメントの骨及び金属との力学的試験 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 1998.11; 20回 157. ( 医中誌 )

  65. 酒井 朋子, 四宮 謙一, 森田 定雄. 4-META/MMA-TBBセメントの骨への含浸性について 日本臨床バイオメカニクス学会誌. 1998.10; 19 543-546. ( 医中誌 )

  66. 酒井 朋子, 四宮 謙一, 森田 定雄, 中林 宣男, 石原 一彦, 渡辺 昭彦. 4-META/MMA-TBBセメントの骨への含浸性について 骨・関節・靱帯. 1998.09; 11 (9): 1135-1140. ( 医中誌 )

  67. 酒井 朋子, 江黒 日出男, 森田 定雄, 中林 宣夫, 石原 一彦, 渡辺 昭彦. 4-META/MMA-TBBセメントの骨への含浸性について 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 1997.12; 19回 134. ( 医中誌 )

  68. 酒井 朋子, 江黒 日出男, 森田 定雄. HA混合4-META/MMA-TBBセメントに対する骨の反応 日本臨床バイオメカニクス学会誌. 1997.10; 18 431-435. ( 医中誌 )

  69. 酒井 朋子, 土屋 正光, 江黒 日出男. セメントレス臼蓋骨移植の術後成績 Hip Joint. 1997.10; 23 480-483. ( 医中誌 )

  70. 酒井 朋子, 土屋 正光, 窪田 浩平. Omniflex大腿骨ステムの短期成績について Hip Joint. 1996.09; 22 446-450. ( 医中誌 )

  71. 酒井 朋子. 接着性4-META/MMA-TBBセメントの安全性試験 日本整形外科学会雑誌. 1996.08; 70 (8): s1483. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Tomoko Sakai, Chisato Hoshino, Dai Ukegawa, Atsushi Okawa. The effect of daily multidisciplinary round to early mobilization in ICU. 13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress 2019.06

  2. Naoki Yamamoto, Tomoko Sakai, Dai Ukegawa, Chisato Hoshino, Jinno Tetsuya, Atsushi Okawa. Earlier mobility with T-cane after total knee arthroplasty influences long-term mobility. 13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress 2019.06

  3. 池松幸二,神野哲也,岡安健,酒井朋子. 人工股関節全置換術前後における前額面の骨盤傾斜の推移―術前の患側骨盤下制群と挙上群に分けての検討―. 第44回国立大学リハビリテーション療法士学術大会 2022.07.09

  4. 酒井朋子. COVID-19患者のリハビリテーション診療. 第59回日本リハビリテーション医学会学術集会 2022.06.23 横浜

  5. 酒井朋子、星野ちさと. COVID 重症者における離床プログラムを通して-呼吸機能低下とICU-AW-. 第59回日本リハビリテーション医学会学術集会 2022.06.23

  6. 藤原裕、酒井朋子、星野ちさと、山口玲子. 多発骨転移を来したパラガングリオーマに対して疼痛範囲内で離床を進めた一例. 第59回日本リハビリテーション医学会学術集会 2022.06.23 横浜

  7. 宮武和正、酒井朋子、星野ちさと、瀬川裕子、平尾昌之、中野めぐみ、神野哲也、大川淳 . 人工股関節全置換術における術後転院予測因子の検討. 第59回日本リハビリテーション医学会学術集会 2022.06.23 横浜

  8. 中野めぐみ、星野ちさと、藤原裕、山口玲子、平尾昌之、酒井朋子. 遊離皮弁下に生じたアキレス腱付着部剥離骨折のリハビリテーション治療の工夫. 第76回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会 2022.02.03 WEB開催

  9. 酒井朋子. 重症心身障害児及び障害者の骨折と骨粗鬆症について. 第46回日本重症心身障害学会学術集会 2021.12.11 WEB開催

  10. 藤原裕、酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、平尾昌之、中野めぐみ. 神経食思不振症に対して栄養療法を優先し離床を進めた2例. 第5回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2021.10.13 名古屋/WEB開催

  11. 平尾昌之、酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、中野めぐみ、藤原裕. 切迫早産に対するリハビリテーション介入の有用性の検討. 第5回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2021.10.13 名古屋/WEB開催

  12. 中野めぐみ、酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、平尾昌之、藤原裕. Nivolumab投与により発症したirAE筋炎、重症筋無力症に対してリハビリテーションを施行した1例. 第5回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2021.10.13 名古屋/WEB開催

  13. 酒井朋子. COVID-19に対するリハビリテーションの特徴と工夫. 第49回 日本リハビリテーション医学会中部・東海地方会 2021.08.25 WEB開催

  14. 酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、中原瑠衣、関淳、大川淳. 当院における重症COVID-19の人工呼吸器離脱を目指した呼吸リハビリテーションについて. 第58回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2021.06.10 京都

  15. 関淳、酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、中原瑠衣、大川淳. ECMO管理を行ったCOVID-19患者7例に対する当院のリハビリテーション治療. 第58回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2021.06.10 京都

  16. 酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、中原瑠衣、関淳、大川淳. 当院におけるCOVID-19中等症患者に対するモニター管理下のリモートリハビリテーション. 第58回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2021.06.10

  17. 山口玲子、酒井朋子、星野ちさと、関淳、中原瑠衣、平尾昌之. 下腿コンパートメント症候群後の尖足変形に対し、歩行調整可能な短下肢装具を使用し歩行を獲得できた1例. 第74回 日本リハビリテーション医学会関東地方会 2021.02.07 WEB開催

  18. 中原瑠衣、酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、関淳、平尾昌之. CIVD-19患者にリモートで行った嚥下評価について. 第74回 日本リハビリテーション医学会関東地方会 2021.02.07

  19. 関淳、酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、中原瑠衣、平尾昌之. COVID-19のリハビリテーション治療中にD-dimer上昇により大動脈内血栓が診断された1例. 第74回 日本リハビリテーション医学会関東地方会 2021.02.07 WEB開催

  20. 酒井朋子. 東京医科歯科大学の新型コロナ患者に対するリハビリテーションの状況. 令和2年度国立大学病院リハビリテーション部門代表者会議 2020.11.27

  21. 酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、平尾昌之、中原瑠衣、大川淳. COVID-19感染症病棟入棟患者のADLについて. 第4回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2020.11.20 神戸

  22. 中原瑠衣、酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、平尾昌之、大川淳. ECMO管理を必要とした重症COVID-19患者に対しリハビリテーション治療を行った4例について. 第4回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2020.11.20 神戸

  23. 星野ちさと、酒井朋子、平尾昌之、山口玲子、中原瑠衣、荻内隆司. ポストポリオ症候群に伴う高度反張膝に対し手術療法と装具療法を併用した1例. 第4回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2020.11.20

  24. 酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、平尾昌之、中原瑠衣、大川淳. COVID-19感染症に対するリモートリハビリテーション治療について. 第4回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2020.11.20

  25. 酒井朋子. 重症心身障害児の骨粗鬆症と骨折について. 第14回看護師(特別支援学校)スキルアップ講演会 2020.08.21 東京

  26. 太田剛、請川大、酒井朋子、神野哲也. CRPSの治療ーpre-CRPS段階で治療を開始すればCRPSは予防可能かー. 第57回日本リハビリテーション医学会学術集会 2020.08.20 京都

  27. 山口玲子、星野ちさと、平尾昌之、中原瑠衣、請川大、酒井朋子. 一過性大腿骨頭萎縮症を伴った妊婦で長期臥床を余儀なくされた1例. 第57回日本リハビリテーション医学会学術集会 2020.08.20

  28. 山口 玲子, 瀬川 裕子, 大川 淳. 多発関節拘縮を契機に診断されたMucolipidosis type3と思われる1例. 第31回 日本整形外科学会骨系統疾患研究会 2019.11.23

  29. 山本 尚輝, 酒井 朋子, 神野 哲也, 柳下 和慶, 渡邊 敏文, 瀬川 裕子, 宮武 和正, 塩田 幹夫, 請川 大, 星野 ちさと, 高田 亮平, 平尾 昌之, 大川 淳. 人工膝関節全置換術後の階段昇降能力獲得に影響を与える因子. 第3回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2019.11.16

  30. 酒井 朋子, 星野 ちさと, 山口 玲子, 請川 大, 大川 淳. ICU早期リハビリテーション介入の安全性の検討. 第3回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2019.11.15

  31. 大沼 亮, 星 文彦, 松田 雅弘, 酒井 朋子, 神野 哲也. 脊髄不全損傷者における歩行開始時の運動学的解析. 第3回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2019.11.15

  32. 星野ちさと、酒井朋子、佐藤信吾、山口玲子、請川大、大川淳. 進行期がん患者に対する積極的リハビリ介入の取り組み. 第68回東日本整形災害外科学会 2019.09.05

  33. 小川 貴久, 神野 哲也, 酒井 朋子, 大川 淳. 大腿骨近位部骨折患者の術後ADL再獲得の適切な予測時期・期間に関する研究. 第56回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06.12

  34. 星野ちさと、酒井朋子、猪野又慶、請川大、大川淳. 特定機能病院である当院におけるリハビリテーション治療介入時のインフォームドコンセントの取り組み. 第56回日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06.12

  35. 瀬川 裕子, 山口 玲子, 大川 淳. 体外衝撃波治療により骨癒合を得られた濃化異骨症の一例. 第56回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06

  36. 酒井 朋子. ロコモテイブシンドロームと認知症. 認知症早期からの介入を考える会 2019.02.15

  37. 酒井 朋子. がんのリハビリテーションってどんなもの?なんのため?. 第5回 東京医科歯科大学がんを考える市民講座 2019.01.13

  38. 酒井朋子、宮武和正、請川大、星野ちさと、大川淳. 汎発性腹膜炎の経過に伴い発症した重症ICU-AWの2例. 第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2018.11.03 仙台

  39. 酒井朋子. 重症心身障害児(者)の骨粗鬆症・骨折予防. 第44回日本重症心身障害学会学術集会 2018.09.29 東京

  40. 酒井朋子、星野ちさと、神野哲也、加地啓介、岡安健、大川淳 . ICUにおけるリハ中止基準による安全管理について. 第55回日本リハビリテーション医学会学術集会 2018.06.29 福岡

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Journal of Rehabilitation Medicine Editors’ Choices of the month(Remote rehabilitation for patients with COVID-19 酒井朋子),2020年09月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • より効果的なリモートリハビリテーションを実現「ウェアラブルシステム 」の共同研究について,2020年05月

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 新型コロナ病床ひっ迫・高齢の感染者には介護やリハビリも,TBS,Nスタ、news23,2022年08月24日 - 2022年08月25日

  • ソニー「窓」のリハビリテーション活用,エムスリー,m3.com,2022年03月30日

  • コロナ病床における高齢者に増加について,TBSテレビ,Nスタ,2022年03月11日

  • 病床ひっ迫と誤嚥性肺炎のリスク,NHK,ニュース番組,2022年02月21日

  • 日常生活をエクササイズとして捉えなおす,J- WAVE,「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」,2020年06月24日

  • リハビリテーション医療,NHK,ETV特集,2020年06月15日

  • 新型コロナ患者のリモートリハビリテーション,日本経済新聞社,日本経済新聞,2020年05月28日

  • 新型コロナウイルス患者の治療に関わる麻酔医,フジテレビジョン,報道番組「Live News days/it!/α」,2020年05月08日

  • 新型コロナウイルス感染症患者さんへのリハビリについて,NHK,時論公論・ニュースシブ5時など,2020年05月08日

  • 認知症予防をテーマに朝田隆特任教授との対談,産経新聞社,夕刊フジ,2018年12月11日

▼全件表示