基本情報

写真a

宮武 和正(ミヤタケ カズマサ)

Kazumasa Miyatake


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年08月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 関節液由来間葉系幹細胞は滑膜由来幹細胞移植に代替するか

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 自己多血小板血漿の関節内注射による膝疼痛軽減効果の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 選択的自己多血小板血漿の関節内注射による変形性関節症疼痛緩和機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Naoko Araya, Kazumasa Miyatake, Kunikazu Tsuji, Hiroki Katagiri, Yusuke Nakagawa, Takashi Hoshino, Hiroaki Onuma, Saisei An, Hirofumi Nishio, Yoshitomo Saita, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Intra-articular Injection of Pure Platelet-Rich Plasma Is the Most Effective Treatment for Joint Pain by Modulating Synovial Inflammation and Calcitonin Gene-Related Peptide Expression in a Rat Arthritis Model. Am J Sports Med. 2020.07; 48 (8): 2004-2012. ( PubMed, DOI )

  • Hiroaki Onuma, Kunikazu Tsuji, Takashi Hoshino, Kei Inomata, Mio Udo, Yusuke Nakagawa, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Toshifumi Watanabe, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Fibrotic changes in the infrapatellar fat pad induce new vessel formation and sensory nerve fiber endings that associate prolonged pain. J. Orthop. Res.. 2020.06; 38 (6): 1296-1306. ( PubMed, DOI )

  • Masaki Amemiya, Kunikazu Tsuji, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Yusuke Nakagawa, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Synovial fluid-derived mesenchymal cells have non-inferior chondrogenic potential and can be utilized for regenerative therapy as substitute for synovium-derived cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2020.03; 523 (2): 465-472. ( PubMed, DOI )

  • Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Validity of intraoperative observation of graft length change pattern for medial patellofemoral ligament reconstruction. J Orthop. 2020.03; 21 131-136. ( PubMed, DOI )

  • Yoshie Seki, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Yusuke Nakagawa, Kazumasa Miyatake, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Investigation of association between the preoperative intra-articular anesthetic test and persistent pain after total knee arthroplasty. J Orthop Sci. 2020.02; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 宮武和正, 高田亮平, 渡部直人, 瀬川裕子, 神野哲也, 大川淳, 古賀英之. 変形性股関節症患者における各種理学所見の妥当性検討. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  • 宮武和正, 高田亮平, 平尾昌之, 吉井俊貴, 大川淳, 神野哲也, 古賀英之. 仰臥位人工股関節全置換術におけるポータブルナビゲーションシステムの有用性. 第69回 東日本整形災害外科学会 2020.09.18

  • 宮武和正. 本邦における変形性股関節症患者の他関節症罹患率の検討. 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  • 宮武和正. 当院におけるアプローチの変遷. 第7回 THA Develop Seminar 2019 2019.09.14

  • 宮武和正. 発育性股関節形成不全による2次性股関節症患者の人工股関節全置換術術前の理学所見陽性率の検討. 第56回日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06.12 神戸

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度第30回中富健康科学振興財団研究助成 (宮武和正),公益財団法人 中富健康科学振興財団,2018年01月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費若手研究 文部科学省(宮武和正),2019年04月

    選択的自己多血小板血漿の関節内注射による変形性関節症疼痛緩和機序の解明(2019-2020)

  • 科学研究費若手B 文部科学省(宮武和正) ,2017年04月

    自己多血小板血漿の関節内注射による膝疼痛軽減効果の解析(2017-2018)