基本情報

写真a

宮武 和正(ミヤタケ カズマサ)

Kazumasa Miyatake


職名

講師

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年08月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 助教
  • 2018年04月
    -
    2021年07月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 助教
  • 2021年08月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 軟骨再生学講座 講師
  • 2021年08月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 講師
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学分野 講師
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 関節液由来間葉系幹細胞は滑膜由来幹細胞移植に代替するか

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 自己多血小板血漿の関節内注射による膝疼痛軽減効果の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 選択的自己多血小板血漿の関節内注射による変形性関節症疼痛緩和機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 半月板の形成、恒常性及び損傷後修復におけるBMPの生理機能の解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • 選択的自己多血小板血漿の筋内投与による筋損傷修復機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • エクソソームの半月板再生における作用機序の解明と遺伝子改変による組織再生能の増強

    文部科学省/日本学術振興会

  • 間葉系幹細胞の可逆性、可塑性の分子機序の解析

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Naoto Watanabe, Ryohei Takada, Takahisa Ogawa, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Chisato Hoshino, Tetsuya Jinno, Hideyuki Koga, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Short stature and short distance between the anterior acetabular rim to the femoral nerve are risk factors for femoral nerve palsy following primary total hip arthroplasty using the modified Watson-Jones approach. Orthop Traumatol Surg Res. 2022.06; 103351. ( PubMed, DOI )

  2. Guo Tang, Yoshinori Asou, Etsuko Matsumura, Yusuke Nakagawa, Kazumasa Miyatake, Hiroki Katagiri, Tomomasa Nakamura, Hideyuki Koga, Keiichiro Komori, Ichiro Sekiya, Yoich Ezura, Kunikazu Tsuji. Short cytoplasmic isoform of IL1R1/CD121a mediates IL1β induced proliferation of synovium-derived mesenchymal stem/stromal cells through ERK1/2 pathway. Heliyon. 2022.05; 8 (5): e09476. ( PubMed, DOI )

  3. Masanobu Hirao, Kazumasa Miyatake, Ryohei Takada, Tetsuya Tachibana, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Periprosthetic fragility fracture of the femur after primary cementless total hip arthroplasty. Mod Rheumatol. 2022.04; 32 (3): 626-633. ( PubMed, DOI )

  4. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Does surgical body position influence the risk for neurovascular injury in total hip arthroplasty? A magnetic resonance imaging study. Orthop Traumatol Surg Res. 2021.12; 107 (8): 102817. ( PubMed, DOI )

  5. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 渡部 直人, 瀬川 裕子, 大川 淳, 古賀 英之. 本邦における人工股関節全置換術術前の他部位関節症罹患率の検討 日本人工関節学会誌. 2021.12; 51 409-410. ( 医中誌 )

  6. Naoki Yamamoto, Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Naoto Watanabe, Hideyuki Koga, Toshitaka Yoshii, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Wear rate and osteolysis in two types of second-generation annealed highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty: A retrospective comparative study with a minimum of five years. Orthop Traumatol Surg Res. 2021.11; 103147. ( PubMed, DOI )

  7. Hiroki Katagiri, Kaori Nakamura, Takeshi Muneta, Toshifumi Watanabe, Kazumasa Miyatake, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga, Kunikazu Tsuji. Inflammatory and healing environment in synovial fluid after anterior cruciate ligament reconstruction: Granulocytes and endogenous opioids as new targets of postoperative pain. Biochem Biophys Rep. 2021.07; 26 100981. ( PubMed, DOI )

  8. Hiroko Ueki, Hiroki Katagiri, Kunikazu Tsuji, Kazumasa Miyatake, Toshifumi Watanabe, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Effect of transplanted mesenchymal stem cell number on the prevention of cartilage degeneration and pain reduction in a posttraumatic osteoarthritis rat model. J Orthop Sci. 2021.07; 26 (4): 690-697. ( PubMed, DOI )

  9. Kazumasa Kawata, Hideyuki Koga, Kunikazu Tsuji, Kazumasa Miyatake, Yusuke Nakagawa, Takanori Yokota, Ichiro Sekiya, Hiroki Katagiri. Extracellular vesicles derived from mesenchymal stromal cells mediate endogenous cell growth and migration via the CXCL5 and CXCL6/CXCR2 axes and repair menisci. Stem Cell Res Ther. 2021.07; 12 (1): 414. ( PubMed, DOI )

  10. Masanobu Hirao, Kazumasa Miyatake, Daisuke Koga, Ryohei Takada, Gaku Koyano, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Comparison of 5-year postoperative results between standard-length stems and short stems in one-stage bilateral total hip arthroplasty: a randomized controlled trial. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2021.05; 31 (4): 743-753. ( PubMed, DOI )

  11. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Incidence of tensor fascia lata muscle atrophy after using the modified Watson-Jones anterolateral approach in total hip arthroplasty. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2021.04; 31 (3): 533-540. ( PubMed, DOI )

  12. J-S An, K Tsuji, H Onuma, N Araya, M Isono, T Hoshino, K Inomata, J Hino, M Miyazato, H Hosoda, K Kangawa, Y Nakagawa, H Katagiri, K Miyatake, I Sekiya, T Muneta, H Koga. Inhibition of fibrotic changes in infrapatellar fat pad alleviates persistent pain and articular cartilage degeneration in monoiodoacetic acid-induced rat arthritis model. Osteoarthritis Cartilage. 2021.03; 29 (3): 380-388. ( PubMed, DOI )

  13. Yoshie Seki, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Yusuke Nakagawa, Kazumasa Miyatake, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Investigation of association between the preoperative intra-articular anesthetic test and persistent pain after total knee arthroplasty. J Orthop Sci. 2020.11; 25 (6): 1055-1060. ( PubMed, DOI )

  14. Takahisa Ogawa, Toshitaka Yoshii, Mutsuko Moriwaki, Shingo Morishita, Yoto Oh, Kazumasa Miyatake, Ara Nazarian, Koichiro Shiba, Atsushi Okawa, Kiyohide Fushimi, Takeo Fujiwara. Association between Hemiarthroplasty vs Total Hip Arthroplasty and Major Surgical Complications among Patients with Femoral Neck Fracture. J Clin Med. 2020.10; 9 (10): 3203. ( PubMed, DOI )

  15. Naoko Araya, Kazumasa Miyatake, Kunikazu Tsuji, Hiroki Katagiri, Yusuke Nakagawa, Takashi Hoshino, Hiroaki Onuma, Saisei An, Hirofumi Nishio, Yoshitomo Saita, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Intra-articular Injection of Pure Platelet-Rich Plasma Is the Most Effective Treatment for Joint Pain by Modulating Synovial Inflammation and Calcitonin Gene-Related Peptide Expression in a Rat Arthritis Model. Am J Sports Med. 2020.07; 48 (8): 2004-2012. ( PubMed, DOI )

  16. Hiroaki Onuma, Kunikazu Tsuji, Takashi Hoshino, Kei Inomata, Mio Udo, Yusuke Nakagawa, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Toshifumi Watanabe, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Fibrotic changes in the infrapatellar fat pad induce new vessel formation and sensory nerve fiber endings that associate prolonged pain. J. Orthop. Res.. 2020.06; 38 (6): 1296-1306. ( PubMed, DOI )

  17. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Portable imageless navigation system and surgeon's estimate for accurate evaluation of acetabular cup orientation during total hip arthroplasty in supine position. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2020.05; 30 (4): 707-712. ( PubMed, DOI )

  18. Masaki Amemiya, Kunikazu Tsuji, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Yusuke Nakagawa, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Synovial fluid-derived mesenchymal cells have non-inferior chondrogenic potential and can be utilized for regenerative therapy as substitute for synovium-derived cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2020.03; 523 (2): 465-472. ( PubMed, DOI )

  19. Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Validity of intraoperative observation of graft length change pattern for medial patellofemoral ligament reconstruction. J Orthop. 2020.03; 21 131-136. ( PubMed, DOI )

  20. Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Yusuke Nakagawa, Koji Otabe, Toshiyuki Ohara, Mikio Shioda, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. The effect of a longitudinal tear of the medial meniscus on medial meniscal extrusion in anterior cruciate ligament injury patients. Knee. 2019.12; 26 (6): 1292-1298. ( PubMed, DOI )

  21. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Kazuyoshi Yagishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Supine versus lateral position for accurate positioning of acetabular cup in total hip arthroplasty using the modified Watson-Jones approach: A randomized single-blind controlled trial. Orthop Traumatol Surg Res. 2019.09; 105 (5): 915-922. ( PubMed, DOI )

  22. Inomata Kei, Tsuji Kunilazu, Onuma Hroaki, Hoshino Takashi, Udo Mio, Akiyama Masako, Nakagawa Yusuke, Katagiri Hiroki, Miyatake Kazumasa, Sekiya Ichiro, Muneta Takeshi, Koga Hideyuki. Time course analyses of structural changes in the infrapatellar fat pad and synovial membrane during inflammation-induced persistent pain development in rat knee joint BMC Musculoskelet Disord. 2019.01; 20 (8):

  23. Inomata K, Tsuji K, Onuma H, Hoshino T, Udo M, Akiyama M, Nakagawa Y, Katagiri H, Miyatake K, Sekiya I, Muneta T, Koga H. Time course analyses of structural changes in the infrapatellar fat pad and synovial membrane during inflammation-induced persistent pain development in rat knee joint. BMC musculoskeletal disorders. 2019.01; 20 (1): 8. ( PubMed, DOI )

  24. Takada Ryohei, Jinno Tetsuya, Miyatake Kazumasa, Hirao Masanobu, Kimura Akimasa, Koga Daisuke, Yagishita Kazuyoshi, Okawa Atsushi. Direct anterior versus anterolateral approach in one-stage supine total hip arthroplasty. Focused on nerve injury: A prospective, randomized, controlled trial J Orthop Sci. 2018.09; 23 (5): 783-787.

  25. Takada R, Jinno T, Miyatake K, Hirao M, Kimura A, Koga D, Yagishita K, Okawa A. Direct anterior versus anterolateral approach in one-stage supine total hip arthroplasty. Focused on nerve injury: A prospective, randomized, controlled trial. Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association. 2018.09; 23 (5): 783-787. ( PubMed, DOI )

  26. Takashi Hoshino, Kunikazu Tsuji, Hiroaki Onuma, Mio Udo, Hiroko Ueki, Masako Akiyama, Kahaer Abula, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Toshihumi Watanabe , Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga, Takeshi Muneta. Persistent synovial inflammation plays important roles in persistent pain development in the rat knee before cartilage degradation reaches the subchondral bone BMC Musculoskeletal Disorders. 2018.08; 19 (1): 291.

  27. Hoshino T, Tsuji K, Onuma H, Udo M, Ueki H, Akiyama M, Abula K, Katagiri H, Miyatake K, Watanabe T, Sekiya I, Koga H, Muneta T. Persistent synovial inflammation plays important roles in persistent pain development in the rat knee before cartilage degradation reaches the subchondral bone. BMC musculoskeletal disorders. 2018.08; 19 (1): 291. ( PubMed, DOI )

  28. Takada R, Jinno T, Miyatake K, Yamauchi Y, Koga D, Yagishita K, Okawa A. Longitudinal morphological change of acetabular subchondral bone cyst after total hip arthroplasty in developmental dysplasia of the hip Eur J Orthop Surg traumatol. 2018.05; 28 (4): 621-625.

  29. Takada R, Jinno T, Miyatake K, Yamauchi Y, Koga D, Yagishita K, Okawa A. Longitudinal morphological change of acetabular subchondral bone cyst after total hip arthroplasty in developmental dysplasia of the hip. European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie. 2018.05; 28 (4): 621-625. ( PubMed, DOI )

  30. R Takada, T Jinno, D Koga, K Miyatake, T Muneta, A Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between second-generation annealed and first-generation remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty. A case control study at a minimum of five years. Orthop Traumatol Surg Res. 2017.06; 103 (4): 537-541. ( PubMed, DOI )

  31. Kazumasa Miyatake, Kenjiro Iwasa, Sean M McNary, Gordon Peng, A Hari Reddi. Modulation of Superficial Zone Protein/Lubricin/PRG4 by Kartogenin and Transforming Growth Factor-β1 in Surface Zone Chondrocytes in Bovine Articular Cartilage. Cartilage. 2016.10; 7 (4): 388-397. ( PubMed, DOI )

  32. Kazumasa Miyatake, Takeshi Muneta, Miyoko Ojima, Jun Yamada, Yu Matsukura, Kahaer Abula, Ichiro Sekiya, Kunikazu Tsuji. Coordinate and synergistic effects of extensive treadmill exercise and ovariectomy on articular cartilage degeneration. BMC Musculoskelet Disord. 2016.05; 17 238. ( PubMed, DOI )

  33. Kazumasa Miyatake, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Yuki Yamauchi, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Comparison of Different Materials and Proximal Coatings Used for Femoral Components in One-Stage Bilateral Total Hip Arthroplasty. J Arthroplasty. 2015.12; 30 (12): 2237-2241. ( PubMed, DOI )

  34. Ryosuke Sakata, Sean M McNary, Kazumasa Miyatake, Cassandra A Lee, James M Van den Bogaerde, Richard A Marder, A Hari Reddi. Stimulation of the superficial zone protein and lubrication in the articular cartilage by human platelet-rich plasma. Am J Sports Med. 2015.06; 43 (6): 1467-1473. ( PubMed, DOI )

  35. Kahaer Abula, Takeshi Muneta, Kazumasa Miyatake, Jun Yamada, Yu Matsukura, Makiko Inoue, Ichiro Sekiya, Daniel Graf, Aris N Economides, Vicki Rosen, Kunikazu Tsuji. Elimination of BMP7 from the developing limb mesenchyme leads to articular cartilage degeneration and synovial inflammation with increased age. FEBS Lett.. 2015.05; 589 (11): 1240-1248. ( PubMed, DOI )

  36. Yu Matsukura, Takeshi Muneta, Kunikazu Tsuji, Kazumasa Miyatake, Jun Yamada, Kahaer Abula, Hideyuki Koga, Makoto Tomita, Ichiro Sekiya. Mouse synovial mesenchymal stem cells increase in yield with knee inflammation. J. Orthop. Res.. 2015.02; 33 (2): 246-253. ( PubMed, DOI )

  37. Kazumasa Miyatake, Kunikazu Tsuji, Mika Yamaga, Jun Yamada, Yu Matsukura, Kahaer Abula, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta. Human YKL39 (chitinase 3-like protein 2), an osteoarthritis-associated gene, enhances proliferation and type II collagen expression in ATDC5 cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2013.02; 431 (1): 52-57. ( PubMed, DOI )

  38. Mika Yamaga, Kunikazu Tsuji , Kazumasa Miyatake, Jun Yamada, Kahaer Abula, Young-Jin Ju, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta. Osteopontin Level in Synovial Fluid Is Associated with the Severity of Joint Pain and Cartilage Degradation after Anterior Cruciate Ligament Rupture PLoS One. 2012.11; 7 (11): e49014.

  39. 小川 英臣, 辻田 智子, 岡安 健, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 平尾 昌之, 宮武 和正, 高田 亮平, 渡部 直人 . 変形性股関節症患者の最大側方重心移動時における体幹の筋活動について 日本人工関節学会誌. 2021.12; 51 39-40.

  40. 加来 拓実, 王 耀東, 宮武 和正, 大川 淳. 老年病医主導による高齢者大腿骨近位部骨折患者の周術期管理体制の試験運用 骨折. 2021.03; 43 (2): 311-313. ( 医中誌 )

  41. 渡部 直人, 宮武 和正. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(6章)術後合併症の予防とケア 神経麻痺 大腿骨近位部骨折術後の神経麻痺の特徴 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 153. ( 医中誌 )

  42. 渡部 直人, 宮武 和正. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(6章)術後合併症の予防とケア 術後感染 早期発見のための観察 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 152. ( 医中誌 )

  43. 渡部 直人, 宮武 和正. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(6章)術後合併症の予防とケア 術後感染 感染の予防法 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 151. ( 医中誌 )

  44. 渡部 直人, 宮武 和正. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(6章)術後合併症の予防とケア 術後感染 大腿骨近位部骨折術後の感染の特徴 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 150. ( 医中誌 )

  45. 渡部 直人, 宮武 和正. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(6章)術後合併症の予防とケア 神経麻痺 総腓骨神経麻痺の症状と予防 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 154. ( 医中誌 )

  46. 宮武 和正. 人工股関節全置換術における患者さんに適した進入法の選択 関東整形災害外科学会雑誌. 2020.12; 51 (6): 542-543. ( 医中誌 )

  47. 宮武和正, 新谷尚子, 関矢一郎, 古賀英之. 【整形外科領域のPRP治療:どこまで明らかになったのか】(Part2)基礎 PRPによる関節炎抑制効果:ラットモデルでのpure、LP、LR-PRPの比較 Bone Joint Nerve. 2020.10; 10 (2): 151-158. ( 医中誌 )

  48. 吉原 有俊, 片桐 洋樹, 雨宮 正樹, 齋藤 龍佑, 中川 裕介, 宮武 和正, 辻 邦和, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. モノヨード酢酸誘発ラット膝関節炎モデルにおける滑膜増生は滑膜表層細胞が主であり,深層に向けて増殖する 日本整形外科学会雑誌. 2020.09; 94 (8): S1817. ( 医中誌 )

  49. 磯野 正晶, 辻 邦和, 中川 裕介, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. 培養過程における滑膜由来間葉系幹細胞の形成と維持にヒアルロン酸シグナルが必要である 日本整形外科学会雑誌. 2020.09; 94 (8): S1872. ( 医中誌 )

  50. 川田 和正, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 辻 邦和, 大川 淳, 関矢 一郎, 古賀 英之. 滑膜間葉系幹細胞由来エクソソームは軟骨細胞,間葉系幹細胞の増殖能,遊走能を向上し,マウス半月板修復を促進する 日本整形外科学会雑誌. 2020.09; 94 (8): S1821. ( 医中誌 )

  51. 宮武 和正, 高田 亮平, 平尾 昌之, 吉井 俊貴, 大川 淳, 神野 哲也, 古賀 英之. 仰臥位人工股関節全置換術におけるポータブルナビゲーションシステムの有用性 東日本整形災害外科学会雑誌. 2020.08; 32 (3): 317. ( 医中誌 )

  52. 箕田 行秀, 伊藤 雅之, 岩切 健太郎, 内山 勝文, 川崎 雅史, 神田 章男, 神野 哲也, 洲鎌 亮, 千葉 大介, 長谷川 正裕, 藤代 高明, 宮武 和正. 【股関節領域の術前・術中支援技術 Up to date】術中手術支援 ポータブルナビゲーションシステムを用いた仰臥位THA(解説/特集)  関節外科 . 2020.06; 39 (6): 642-651. ( 医中誌 )

  53. 箕田 行秀, 伊藤 雅之, 岩切 健太郎, 内山 勝文, 川崎 雅史, 神田 章男, 神野 哲也, 洲鎌 亮, 千葉 大介, 長谷川 正裕, 藤代 高明, 宮武 和正. 【股関節領域の術前・術中支援技術 Up to date】術中手術支援 ポータブルナビゲーションシステムを用いた仰臥位THA 関節外科. 2020.06; 39 (6): 642-651. ( 医中誌 )

  54. 宮武 和正, 新谷 尚子, 関矢 一郎, 古賀 英之. 【整形外科領域のPRP治療:どこまで明らかになったのか】(Part2)基礎 PRPによる関節炎抑制効果 ラットモデルでのpure、LP、LR-PRPの比較 Bone Joint Nerve. 2020.04; 10 (2): 151-157. ( 医中誌 )

  55. 宮武 和正. 人工股関節全置換術における患者さんに適した進入法の選択 関東整形災害外科学会雑誌. 2020.03; 51 (臨増号外): 115. ( 医中誌 )

  56. 安 宰成, 宮武 和正, 片桐 洋樹, 中川 裕介, 大川 淳, 古賀 英之. 足関節捻挫の保存加療について 最新の知見からみた現状と問題点 関東整形災害外科学会雑誌. 2020.03; 51 (臨増号外): 98. ( 医中誌 )

  57. 新谷 尚子, 宮武 和正, 辻 邦和, 星野 傑, 小沼 博明, 中川 裕介, 片桐 洋樹, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. ラット膝関節炎モデルに対する多血小板血漿(PRP)療法はpure PRPが最も有効である 日本整形外科学会雑誌. 2019.09; 93 (8): S1684. ( 医中誌 )

  58. 小沼 博明, 辻 邦和, 安 宰成, 星野 傑, 中川 裕介, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 関矢 一郎, 大川 淳, 宗田 大, 古賀 英之. 膝蓋下脂肪体における炎症は線維化と血管新生を誘導し軟骨損傷と関連なく膝疼痛を遷延化する 日本整形外科学会雑誌. 2019.09; 93 (8): S1651. ( 医中誌 )

  59. 川田 和正, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 辻 邦和, 中川 裕介, 大川 淳, 関矢 一郎, 古賀 英之. 軟骨細胞、間葉系幹細胞の増殖能、遊走能に対する各組織間由来の滑膜間葉系幹細胞由来エクソソームの比較 日本整形外科学会雑誌. 2019.09; 93 (8): S1928. ( 医中誌 )

  60. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における理学所見陽性率の検討 Hip Joint. 2019.08; 45 (1): 192-196.

  61. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における理学所見陽性率の検討 Hip Joint. 2019.08; 45 (1): 192-196. ( 医中誌 )

  62. 中川 裕介, 辻 邦和, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 小田邉 浩二, 大原 敏之, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. 前十字靱帯再建術後の膝蓋下脂肪体線維化は関節液中の炎症性サイトカインが上昇し,早期回復を遅延させる 日本整形外科学会雑誌. 2019.03; 93 (2): S86. ( 医中誌 )

  63. 小沼 博明, 辻 邦和, 星野 傑, 安 宰成, 中川 裕介, 宮武 和正, 片桐 洋樹, 大川 淳, 宗田 大, 古賀 英之. MIAで誘導されたラット膝蓋下脂肪体炎は血管新生と線維化を引き起こし膝疼痛を遷延化する Journal of Musculoskeletal Pain Research. 2018.11; 10 (3): S109. ( 医中誌 )

  64. 宮武 和正, 高階 祐輔, 神野 哲也, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳, 酒井 朋子. 血友病性股関節症に対し遺伝子組換え血液凝固第VIII因子Fc領域融合タンパク質製剤併用し人工股関節全置換術を行った1例 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2018.10; 55 (秋季特別号): S277. ( 医中誌 )

  65. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 大川 淳. 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロック 自己調節持続皮下注射との比較検討 Hip Joint . 2018.08; 44 (1): 88-93.

  66. 猪野又 慶, 辻 邦和, 小沼 博明, 星野 傑, 宮武 和正, 片桐 洋樹, 関矢 一郎, 大川 淳, 宗田 大, 古賀 英之. モノヨード酢酸誘導ラット膝関節炎における滑膜・膝蓋下脂肪体の器質的変化と細胞動態の経時的解析 日本整形外科学会雑誌. 2018.08; 92 (8): S1719. ( 医中誌 )

  67. 小沼 博明, 辻 邦和, 星野 傑, 中川 裕介, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 関矢 一郎, 大川 淳, 宗田 大, 古賀 英之. MIAで誘導された膝蓋下脂肪体炎は関節軟骨の変性と関わることなく膝疼痛を遷延化する 日本整形外科学会雑誌. 2018.08; 92 (8): S1802. ( 医中誌 )

  68. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 大川 淳. 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロック 自己調節持続皮下注射との比較検討 Hip Joint. 2018.08; 44 (1): 88-93. ( 医中誌 )

  69. 高階 祐輔, 宮武 和正, 平尾 昌之, 小山 恭史, 瀬川 裕子, 大川 淳. 血友病性股関節症に対し遺伝子組換え血液凝固第VIII因子Fc領域融合タンパク質製剤併用し人工股関節全置換術を行った1例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2018.08; 30 (3): 449. ( 医中誌 )

  70. 川田 和正, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 辻 邦和, 大川 淳, 関矢 一郎, 古賀 英之. 滑膜間葉系幹細胞由来エクソソームは軟骨細胞、間葉系幹細胞の増殖能、遊走能を向上する 日本整形外科学会雑誌. 2018.08; 92 (8): S1970. ( 医中誌 )

  71. 片桐 洋樹、 宗田 大、渡辺 敏文、堀江 雅史、宮武 和正、古賀 英之. 伸展位から深屈曲位までの移植腱張力変化に基づいた内側膝蓋大腿靱帯再建術の術後成績 別冊整形外科. 2018.05; (73): 164-168.

  72. 片桐 洋樹, 宗田 大, 渡邊 敏文, 堀江 雅史, 宮武 和正, 古賀 英之. 【スポーツ傷害の予防・診断・治療】部位別各論 膝 伸展位から深屈曲位までの移植腱張力変化に基づいた内側膝蓋大腿靱帯再建術の術後成績 別冊整形外科. 2018.04; (73): 164-168. ( 医中誌 )

  73. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳, 古賀 英之. 自覚的脚長差における脊椎冠状アライメントを考慮したTHA術前計画 日本整形外科学会雑誌. 2018.03; 92 (3): S605. ( 医中誌 )

  74. 松村 惠津子、 渡邊 敏文、 小田邉浩二、 宮武 和正、 片桐 洋樹、 堀江 雅史、 古賀 英之、 関矢 一郎、 宗田 大. ジルコニアセラミック大腿骨コンポーネントを用いた日本人向け後方安定型人工膝関節の2年成績:他種との比較 日本関節病学会誌. 2017.12; 36 (4):

  75. 石井 研史、古賀 大介、宮武 和正、品田 良太. 人工股関節全置換術における側臥位Antero-Lateral approachと仰臥位Direct Anterior approachの術後短期臨床成績の比較 日本人工関節学会誌 . 2017.12; 47 123-124.

  76. 松村 惠津子, 渡邊 敏文, 小田邉 浩二, 宮武 和正, 片桐 洋樹, 堀江 雅史, 古賀 英之, 関矢 一郎, 宗田 大. ジルコニアセラミック大腿骨コンポーネントを用いた日本人向け後方安定型人工膝関節の2年成績 他種との比較 日本関節病学会誌. 2017.12; 36 (4): 435-439. ( 医中誌 )

  77. 石井 研史, 古賀 大介, 宮武 和正, 品田 良太. 人工股関節全置換術における側臥位Antero-Lateral approachと仰臥位Direct Anterior approachの術後短期臨床成績の比較 日本人工関節学会誌. 2017.12; 47 123-124. ( 医中誌 )

  78. 宮武 和正、 谷口 直史、 小川 貴久、 高田 亮平、 平尾 昌之、 神野 哲也. 高齢者における変形性股関節症の治療-合併症予防と早期退院をめざして 別冊整形外科 No.72 高齢者(75歳以上)の運動器変性疾患に対する治療. 2017.10; 72 35-38.

  79. 小沼 博明, 辻 邦和, 星野 傑, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 関矢 一郎, 大川 淳, 宗田 大, 古賀 英之. MIAのラット膝蓋下脂肪体内注射により誘発された脂肪体の血管新生と線維化は有意に増加し膝疼痛と相関する Journal of Musculoskeletal Pain Research. 2017.10; 9 (3): S34. ( 医中誌 )

  80. 宮武 和正, 谷口 直史, 小川 貴久, 高田 亮平, 平尾 昌之, 神野 哲也. 【高齢者(75歳以上)の運動器変性疾患に対する治療】下肢の変性疾患に対する高齢者治療 股関節変性疾患 高齢者における変形性股関節症の治療 合併症予防と早期退院をめざして 別冊整形外科. 2017.10; (72): 35-38. ( 医中誌 )

  81. 星野 傑, 辻 邦和, 小沼 博明, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 宗田 大, 古賀 英之. 膝OAモデルにおける疼痛回避行動とIFP及び軟骨変性の関連性の検討 Journal of Musculoskeletal Pain Research. 2017.10; 9 (3): S61. ( 医中誌 )

  82. 新堀 璃奈, 小川 英臣, 小川 貴久, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 山本 尚輝, 加地 啓介, 岡安 健, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 大川 淳, 神野 哲也. Minimum Core SetとJOAスコアの関係 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S297. ( 医中誌 )

  83. 小川 貴久, 神野 哲也, 高田 亮平, 宮武 和正, 星野 ちさと, 酒井 朋子, 大川 淳. 人工股関節全置換術における手術曜日の影響 術後ADLの回復、入院期間に注目して The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S174. ( 医中誌 )

  84. 山本 尚輝, 神野 哲也, 酒井 朋子, 宮武 和正, 星野 ちさと, 高田 亮平, 大川 淳. リハビリテーション開始日の違いが人工膝関節全置換術後の早期術後成績に及ぼす影響について The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S171. ( 医中誌 )

  85. 小川 英臣, 新堀 璃奈, 小川 貴久, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 山本 尚輝, 加地 啓介, 岡安 健, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 大川 淳, 神野 哲也. Minimum Core Setと在院日数の関連性 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S297. ( 医中誌 )

  86. 石井 研史、古賀 大介、宮武 和正、品田 良太. 人工股関節全置換術における側臥位antero-lateral approachと仰臥位direct anterior approachのインプラント設置評価の比較 Hip Joint. 2017.08; 43 (1): 264-268.

  87. 猪野又 慶, 辻 邦和, 星野 傑, 小沼 博明, 宇土 美於, 宮武 和正, 片桐 洋樹, 古賀 英之, 大川 淳, 関矢 一郎, 宗田 大. モノヨード酢酸誘導ラット急性膝関節炎モデルを用いた滑膜・膝蓋下脂肪体における炎症性細胞の動態と疼痛の関連の評価 日本整形外科学会雑誌. 2017.08; 91 (8): S1517. ( 医中誌 )

  88. 片桐 洋樹, 中村 香織, 辻 邦和, 古賀 英之, 宮武 和正, 関矢 一郎, 大川 淳, 宗田 大. 膝前十字靱帯再建術後の顆粒球の関節液浸潤と鎮痛作用 日本整形外科学会雑誌. 2017.08; 91 (8): S1735. ( 医中誌 )

  89. 小沼 博明, 辻 邦和, 星野 傑, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 大川 淳, 関矢 一郎, 古賀 英之, 宗田 大. MIAで誘導された膝蓋下脂肪体の線維化と血管新生は、膝関節周囲痛の慢性化と共に有意に増加する 日本整形外科学会雑誌. 2017.08; 91 (8): S1737. ( 医中誌 )

  90. 石井 研史, 古賀 大介, 宮武 和正, 品田 良太. 人工股関節全置換術における側臥位antero-lateral approachと仰臥位direct anterior approachのインプラント設置評価の比較 Hip Joint. 2017.08; 43 (1): 264-268. ( 医中誌 )

  91. 星野 傑, 辻 邦和, 小沼 博明, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 宇土 美於, 魚水 麻里, 植木 博子, 猪野又 慶, 大川 淳, 関矢 一郎, 古賀 英之, 宗田 大. ラット膝関節炎疼痛モデルを用いた膝関節における免疫組織学的検討および行動評価:低用量および高用量モノヨード酢酸による比較 日本整形外科学会雑誌. 2017.08; 91 (8): S1778. ( 医中誌 )

  92. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術後のステム周囲骨折と応力遮蔽の関連性 東日本整形災害外科学会雑誌. 2017.08; 29 (3): 253. ( 医中誌 )

  93. 尾島 美代子, 辻 邦和, 宮武 和正, 片桐 洋樹, 堀江 雅史, 古賀 英之, 大川 淳, 関矢 一郎, 宗田 大. 関節液中に存在しヒト間葉系幹細胞の増殖を促進する生理活性物質(Factor A)の同定と生理機能解析 日本整形外科学会雑誌. 2017.08; 91 (8): S1729. ( 医中誌 )

  94. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 宗田 大, 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術後の中・長期フォローにおけるステム周囲骨折の特徴 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (2): S549. ( 医中誌 )

  95. 本橋 正隆, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 人工股関節全置換術術後疼痛管理における大腿神経ブロックの有効性の検討 関東整形災害外科学会雑誌. 2017.03; 48 (臨増号外): 184. ( 医中誌 )

  96. 高田 亮平, 神野 哲也, 宮武 和正, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 宗田 大, 大川 淳. 初回セメントレス人工股関節全置換術における第1世代と第2世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (3): S877. ( 医中誌 )

  97. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 宗田 大, 大川 淳. 長さの異なるwedge taper型ステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討 関東整形災害外科学会雑誌. 2017.03; 48 (臨増号外): 64. ( 医中誌 )

  98. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳, 宗田 大. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における各種疼痛誘発テストの陽性率の検討 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (2): S198. ( 医中誌 )

  99. 宮武 和正、 神野 哲也. 病態・経過でみる変形性関節症- どこで手術に踏み切るか ー Monthly Book Orthopaedics. 2017.02; 30 (2): 35-42.

  100. 宮武 和正, 神野 哲也. 【病態・経過でみる変形性関節症-どこで手術に踏み切るか-】変形性股関節症 人工股関節置換術 Orthopaedics. 2017.02; 30 (2): 35-42. ( 医中誌 )

  101. 石井 研史、古賀 大介、宮武 和正. S-ROMステムによる人工股関節全置換術術後CT撮像にて明らかとなった骨折の検討 日本人工関節学会誌 . 2016.12; 46 563-564.

  102. 古賀 大介、石井 研史、宮武 和正、神野 哲也. 人工股関節全置換術における可動域改善に関する進入法間比較 2016.08; 42 (1): 487-490.

  103. 石井 研史、古賀 大介、宮武 和正. S-ROMステムによる人工股関節全置換術術中に発生した大腿骨近位部骨折症例の検討 Hip Joint . 2016.08; 42 (2): 782-785.

  104. 平尾 昌之、神野 哲也、古賀 大介、宮武 和正、高田 亮平、麻生 義則、瀬川 裕子、森田 定雄、宗田 大、大川 淳. ステム形状の違いによるTHAの周術期凝固線溶系変化の比較 Hip Joint . 2014.08; 40 979-983.

  105. 請川 円、松本 誠一、下地 尚、谷澤 泰介、新井 秀希、宮武 和正、古田 則行. 弾性線維腫の診断・治療の進め方 14症例の経験から 臨床整形外科. 2011.03; 46 (3): 235-239.

  106. 長谷川 清一郎、土屋 正光、宮武 和正. 後方侵入法による人工股関節置換術における術後脱臼について 日本人工関節学会誌. 2008.12; 38 188-189.

  107. 宮武 和正、長谷川 清一郎、土屋 正光. 人工股関節置換術後のD-dimer値に対するフォンダパリヌクスの有用性検討 日本人工関節学会誌 . 2008.12; 38 210-211.

  108. 長谷川 清一郎、土屋 正光、宮武 和正. 後方侵入法による人工股関節置換術における術後脱臼について Hip Joint . 2008.11; 34 359-365.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 宮武 和正, 神野哲也他. BHA・THA 人工股関節置換術パーフェクト. 2021.03 第4章-4 脚長不等の原因と対策

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Ryohei Takada, Kazumasa Miyatake, Naoto Watanabe, Tetsuya Jinno, Toshitaka Yoshii, Hideyuki Koga, Atsushi Okawa. Development of non-invasive augmented reality-based navigation system for total hip arthroplasty. The 66th Annual Congress of the Korean Orthopaedic Association 2022.10.13 Seoul, Korea

  2. Yang Yang, Kazumasa Miyatake, Yusuke Nakagawa, Tomomasa Nakamura, Hiroki Katagiri, Mai Katakura, Kunikazu Tsuji, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. The Relationship Between Synovial Mesenchymal Stem Cells and Bone Morphology in Patients with Different Types of Hip Osteoarthritis . ORS 2022 2022.02.04

  3. Aritoshi Yoshihara, Hiroki Katagiri, Yusuke Nakagawa, Kazumasa Miyatake, Tomomasa Nakamura, Kunikazu Tsuji, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Proliferated Synovial Cells Migrate To The Surface Of Articular Cartilage In A Rat Knee Arthritis Model.. ORS 2022 2022.02.04

  4. Shoichi Hasegawa, Kunikazu Tsuji, Jae-Sung An, Jun Hino, Yusuke Amano, Yusuke Nakagawa, Kazumasa Miyatake, Hiroki Katagiri, Tomomasa Nakamura, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Therapeutic effect of C-type natriuretic peptide on persistent pain in a rat knee arthritis model. ORS 2022 2022.02.04

  5. Yuko Segawa, Reiko Yamaguchi, Kazumasa Miyatake, Atsushi Okawa. Four-years experience with new screening system on developmental dysplasia of the hip. The 13th Combined Meeting of Asia Pacific Spine Society & Asia Pacific Paediatric Orthopaedic Society (online) 2021.06.09

  6. Tetsuya Jinno, Yutaka Inaba, Tamon Kabata, Tomohiro Goto, Kazumasa Miyatake, Shigeru Mitani. Clinical results of bipolar hemiarthroplasty for femoral neck fractures: A multicenter prospective observational study. The 94th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2021.05.20

  7. Aritoshi Yoshihara, Hiroki Katagiri, Yusuke Nakagawa, Kazumasa Miyatake, Tomomasa Nakamura, Kunikazu Tsuji, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Synovial superficial cells proliferate toward deeper layer in a rat monoiodoacetic acid-induced arthritis model. ORS 2021 Virtual 2021.02.12

  8. Guo Tang, Kunikazu Tsuji, Keiichiro Komori, Yusuke Nakagawa, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Ichiro Sekiya, Yoshinori Asou, Atsushi Okawa, Hideyuki Koga. IL-1β Enhances The Proliferation fo Human Synovial Mesenchymal Stem Cells By Extending The Phosphorylation of Extracellular Signal-regulated Kinase 1/2(erk1/2)). ORS 2021 Virtual 2021.02.12

  9. Masaaki Isono, Kunikazu Tsuji, Yusuke Nakagawa, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Ichiro Sekiya, Atsushi Okawa, Hideyuki Koga. Hyaluronic acid/CD44 signal axis plays important roles during the formation and in the maintenance of mesenchymal stem cell (MSC) antigen-positive cells in vitro. ORS 2021 Virtual 2021.02.12

  10. Kazumasa Kawata, Hiroki Katagiri, Kunikazu Tsuji, Kazumasa Miyatake, Yusuke Nakagawa, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Exosomes derived from mesenchymal stem cells regenerate meniscus and enhance endogenous cells proliferation and migration. ORS 2021 Virtual 2021.02.12

  11. Jae-Sung An, Kunikazu Tsuji, Hiroaki Onuma, Takashi Hoshino, Kei Inomata, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Yusuke Nakagawa, Jun Hino, Hiroshi Hosoda, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Pain Persistence And Articular Cartilage Degeneration Were Significantly Alleviated By An Anti-fibrotic Drug Treatment In Monoiodoacetate Induced Rat Arthritis Model. 2020 Orthopaedic Research Society 2020.02.08 Phonex, USA

  12. NaAraya Kazumasa, Miyatake, Kunikazu Tsuji, Hiroaki Onuma, Saisei An, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Pure Platelet-rich Plasma Is Most Effective For The Treatment Of Arthritis. 2020 Orthopaedic Research Society 2020.02.08 Phonex, USA

  13. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Atsushi Okawa. . Accuracy of cup positioning of supine vs. lateral position in total hip arthroplasty using anterolateral approach: A prospective, randomized, controlled trial.. American Academy of Orthopaedic Surgeons 2019 2019.03.12 Las Vegas, USA

  14. Kazumasa Kawata, Hiroki Katagiri, Kunikazu Tsuji, Kazumasa Miyatake, Yusuke Nakagawa, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. The enhancement of mesenchymal stem cells and chondrocytes proliferation by exosomes derived from human synovial mesenchymal stem cells . Orthopaedic Research Society 2019.02.02 Austin, USA

  15. Naoko Araya, Kazumasa Miyatake, Kunikazu Tuji, Takashi Hoshino, Hiroak Onuma, Saisei An, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Pure platelet-rich plasma is most effective for the treatment of arthritis. Orthopaedic Research Society 2019.02.02 Austin, USA

  16. Akira Takahashi, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Ryohei Takada, Masanobu Hirano, Atsushi Okawa. . Association Between Intraoperative Injury And Postoperative Change In TFL After Total Hip Arthroplasty Using Direct Anterior Approach. . EFORT Barcelona 2018.05.30 Barcelona, Spain

  17. Miyoko Ojima, Kanehiro Hiyama, Kazumasa Miyatake, Hiroki Katagiri, Takeshi Muneta, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga, Kunikazu Tsuji. Acute inflammatory response is prerequisit to initiate proper healing process during meniscal regeneration in mice. OARSI 2018 World Congress on Osteoarthritis 2018.04.26 Liverpool, UK

  18. Hiroko Ueki, Hiroki Katagiri, Kunikazu Tsuji, Kazumasa Miyatake, Takashi Hoshino, Hiroaki Onuma, Masaki Amemiya, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga, Takeshi Muneta. Intra-articular Injection of Synovial Mesenchymal Stem Cells in the Anterior Cruciate Ligament Transection Model in Rats :Evaluation of Cell-number Difference on Prevention of Cartilage Damage and Lower Limb Pain . Orthopaedic Research Society 2018 Annual Meeting 2018.03.10 New Orleans, USA

  19. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Takeshi Muneta, Atsishi Okawa. Comparison Of Wear Rate And Osteolysis Between Second-Generation Annealed And First-Generation Remelted Highly Cross-Linked Polyethylene In Total Hip Arthroplasty. 18th EFORT 2017.05.31 Vienna, Austria

  20. Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Ryohei Takada, Masanobu Hirao. Hip precautions against postoperative dislocation in THA. International Congress for Joint Reconstruction Japan Hip & Knee 2017.04.14 Tokyo, Japan

  21. Masataka Motohashi, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Ryohei Takada, Masanobu Hirao, Naoki Yamamoto, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Femoral nerve block for surgical pain management after total hip arthroplasty. 第97回東京医科歯科大学整形外科集談会 2016.12.24

  22. Kazumasa Miyatake, Kenjiro Iwasa, Sean McNary, Gordon Peng, A.Hari Reddi . Modulation of Superficial Zone Protein/Lubricin/PRG4 by Kartogenin and Transforming Growth Factor-β1 in Surface Zone Chondrocytes in Bovine Articular Cartilage. 1st ICORS 2016.09.21 XIAN, China

  23. Hisato Higashikawa, Kazumasa Miyatake, Ryohei Takada, Masanobu Hirao, Tetsuya Jinno. Subjective evaluation for postoperative outcome of total hip arthroplasty. 第96回東京医科歯科大学整形外科集談会 2016.07.04

  24. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Limited significance of screening computed tomography after cementless total hip arthroplasty with highly cross-linked polyethylene.. 17th EFORT 2016.06.01 Geneva, Schwitz

  25. 渡部直人, 高田亮平, 小川貴久, 宮武和正, 星野ちさと, 平尾昌之, 神野哲也、古賀英之、吉井俊貴、大川淳. 人工股関節全置換術の術中骨折を予見する因子の探索. 第24回 日本骨粗鬆症学会 2022.09.02

  26. 宮武和正, 酒井朋子, 星野ちさと, 瀬川裕子 , 平尾昌之, 中野めぐみ, 神野哲也, 大川淳 . 人工股関節全置換術における術後転院予測因子の検討. 第59回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2022.06.23

  27. 宮武和正, 瀬川裕子, 柿崎潤, 神野哲也. 髄内釘を用いた大腿骨転子部伸展外反骨切り術を施行したMcCune-Albright症候群の1例. 第61回 日本小児股関節研究会 2022.06.10

  28. 渡部直人, 高田亮平, 小川貴久, 宮武和正, 星野ちさと, 平尾昌之, 神野哲也, 古賀英之, 吉井俊貴, 大川淳. 前側方進入法による初回人工股関節全置換術における大腿神経麻痺の危険因子の探索. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19

  29. 橘哲也, 小谷野岳, 品田良太, 鈴木萌, 高田亮平, 宮武和正, 神野哲也. 寛骨臼形成不全股に対する寛骨臼骨切り術の長期成績と術前後の骨頭被覆の検討. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19

  30. 高田亮平, 宮武和正, 渡部直人, 瀬川裕子, 神野哲也, 吉井俊貴, 古賀英之, 大川淳. 仰臥位前側方進入法の利点とピットフォール. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19

  31. 宮武 和正, 高田 亮平, 渡部 直人, 神野 哲也, 大川 淳, 古賀 英之. 術中透視を利用した側臥位人工股関節再置換術の小経験. 第52回 人工関節学会 2022.02.25

  32. 高田 亮平, 宮武 和正, 渡部 直人, 古賀 英之, 吉井 俊貴, 神野 哲也, 大川 淳. 脱臼の頻度とその対処. 第52回 人工関節学会 2022.02.25

  33. 宮武 和正, 高田 亮平, 渡部 直人, 神野 哲也, 大川 淳, 吉井 俊貴, 古賀 英之. サポートリングを用いた臼蓋骨欠損に対する再建術の工夫. 第52回 人工関節学会 2022.02.25

  34. 渡部直人, 高田亮平, 小川貴久, 宮武和正, 星野ちさと, 平尾昌之, 神野哲也, 古賀英之, 吉井俊貴, 大川淳. 前側方進入法による初回人工股関節全置換術における大腿神経麻痺の危険因子の探索. 第52回 人工関節学会 2022.02.25

  35. 黒田 都, 宮武 和正, 渡部 直人, 高田 亮平, 吉井 俊貴, 大川 淳. 肺塞栓症を契機に診断されたOsler-Rendu syndromeの1例. 関東整形災害外科学会月例会 2021.12.18

  36. 宮武 和正. 変形性股関節症の病態と治療について. 第54回 立川整形外科開業医会 2021.11.17

  37. 宮武 和正, 高田 亮平, 渡部 直人, 瀬川 裕子, 神野 哲也, 大川 淳, 古賀 英之. 当院における人工股関節全置換術術後転院予測因子の検討. 第48回 日本股関節学会 2021.10.23

  38. 高田 亮平, 神野 哲也, 宮武 和正, 渡部 直人, 瀬川 裕子, 古賀 英之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 前側方進入法を用いた人工股関節全置換術における術中体位の違いはステムアライメントに影響するか. 第48回 日本股関節学会 2021.10.22

  39. 宮武 和正. 変形性股関節症術後における脆弱性骨折の検討. 第55回 関東股関節懇話会 2021.10.02

  40. 岡本 将希, 渡部 直人, 高田 亮平, 宮武 和正, 瀬川 裕子, 古賀 英之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 片側人工股関節全置換術術後10年でネックライナーインピンジメントに伴う骨溶解が原因と考えられるカップ脱転をきたした1例. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17

  41. 神野 哲也, 稲葉 裕, 加畑 多文, 後東 知宏, 宮武 和正, 三谷 茂. 大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭置換術の多施設前向き観察研究1年成績. 第51回 日本人工関節学会 2021.07.07

  42. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 渡部 直人, 瀬川 裕子, 大川 淳, 古賀 英之. 本邦における変形性股関節症患者の他部位関節症罹患率の検討. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20

  43. 橘 哲也, 品田 良太, 長束 由里, 高田 亮平, 宮武 和正, 瀬川 裕子, 神野 哲也. 寛骨臼形成不全患者において両側寛骨臼回転骨切り術による骨頭被覆の変化は骨盤傾斜に影響を与えるか. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20

  44. 高田 亮平, 神野 哲也, 宮武 和正, 渡部 直人, 瀬川 裕子, 吉井 俊貴, 大川 淳. 前側方進入法を用いた人工股関節全置換術術後の大腿筋膜張筋萎縮の発生頻度. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20

  45. 宮武 和正. 変形性股関節症に対する ジクロフェナクエタルヒアルロン酸ナトリウムの使用経験 . 変形性関節症リモートセミナー 2021.04.20

  46. 渡部 直人, 高田 亮平, 宮武 和正. ネックライナーインピンジメントに伴う骨溶解が原因と考えられるカップ脱転をきたした1例 . 関東股関節研究会 2021.02.27

  47. 宮武和正, 高田亮平, 渡部直人, 瀬川裕子, 神野哲也, 大川淳, 古賀英之. 変形性股関節症患者における各種理学所見の妥当性検討. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  48. 瀬川裕子、柿﨑潤, 宮武和正、平尾昌之、高田亮平、渡部直人、神野哲也、大川淳. 内反股に対し髄内釘を用いた大腿骨転子部外反骨切り術を施行したMcCune-Albright症候群の1例. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  49. 品田 良太、橘 哲也、長束 由里、高田 亮平、宮武 和正、瀬川 裕子、神野 哲也. モジュラー型 ステムのヘッド・ネック交換により人工股関節術後愁訴が改善した2例. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  50. 橘 哲也、品田 良太、長束 由里、高田 亮平、宮武 和正、瀬川 裕子、神野 哲也. 両側寛骨臼骨切り術により寛骨臼形成不全患者の骨盤傾斜は変化するか?. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  51. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、渡部直人、瀬川裕子、吉井俊貴、大川淳. 前側方進入法を用いた人工股関節全置換術術後の大腿筋膜張筋萎縮の発生頻度. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  52. 渡部直人 、瀬川裕子、高田亮平、宮武和正、神野哲也、吉井俊貴、大川淳. 磁気共鳴画像にて両側短内転筋のびまん性信号変化を伴った化膿性恥骨結合炎の1例. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  53. 吉原 有俊 , 片桐洋樹, 中川裕介, 宮武和正, 辻邦和, 関矢一郎, 大川淳, 古賀英之. モノヨード酢酸誘発ラット膝関節炎モデルにおける滑膜増生は滑膜表層細胞が主であり,深層に向けて増殖する. 第35回 日本整形外科学会基礎学術集会 (web開催) 2020.10.15

  54. 磯野正晶, 辻 邦和, 中川 裕介, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之 . 培養過程における滑膜由来間葉系幹細胞の形成と維持にヒアルロン酸シグナルが 必要である. 第35回 日本整形外科学会基礎学術集会 (web開催) 2020.10.15

  55. 川田和正, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 辻 邦和, 大川 淳, 関矢 一郎, 古賀 英之. 滑膜間葉系幹細胞由来エクソソームは軟骨細胞,間葉系幹細胞の増殖能,遊走能を 向上し,マウス半月板修復を促進する. 第35回 日本整形外科学会基礎学術集会 (web開催) 2020.10.15

  56. 宮武和正, 高田亮平, 平尾昌之, 吉井俊貴, 大川淳, 神野哲也, 古賀英之. 仰臥位人工股関節全置換術におけるポータブルナビゲーションシステムの有用性. 第69回 東日本整形災害外科学会 2020.09.18

  57. 渡邊 怜奈, 瀬川 裕子, 柿崎 潤, 宮武 和正, 平尾 昌之, 高田 亮平, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 神野 哲也, 大川 淳. 髄内釘を用いた大腿骨骨切り術中に大量出血を来したMcCune-Albright症候群の1例. 第53回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 オンライン 2020.09.11

  58. 徳本 泰將, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 渡邉 紗矢, 宮武 和正, 大川 淳. 両下肢壊疽をきたし治療に難渋した左THA後慢性拡張型血腫の1例. 第60回 関東整形災害外科学会 オンライン 2020.08.21

  59. 安 宰成, 宮武 和正, 片桐 洋樹, 中川 裕介, 大川 淳, 古賀 英之. 足関節捻挫の保存加療について 最新の知見からみた現状と問題点. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21

  60. 渕岡 佑亮, 宮武 和正, 高田 亮平, 平尾 昌之, 橘 哲也, 大川 淳. 初回全人工股関節置換術中に生じた大腿骨骨幹部骨折に対してロングセメントステムを用いて再置換術を施行した一例. 第60回 関東整形災害外科学会 オンライン 2020.08.21

  61. 渡邊怜奈、瀬川裕子、宮武和正、平尾昌之、高田亮平、神野哲也、大川淳. 大腿骨転子部外反骨切り術中に大量出血をきたしたMcCune-Albright症候群の1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21

  62. 宮武 和正. 人工股関節全置換術における患者さんに適した進入法の選択. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.20

  63. 山本尚輝、酒井朋子、神野哲也、柳下和慶、渡邊敏文、瀬川裕子、宮武和正、請川大、星野ちさと、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 人工膝関節全置換術後リハビリテーション医療による早期日常生活動作能力向上が精神的健康や社会参加促進に与える影響. 第57回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2020.08.19

  64. 瀬川裕子、山口玲子、宮武和正、高田亮平、大川淳、富澤將司、志村治彦、仲津留恵日. 当科における乳児股関節二次検診の現状. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  65. 高田 亮平, 神野 哲也, 宮武 和正, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 吉井 俊貴, 大川 淳. 人工股関節全置換術における術中体位の違いは神経・血管損傷リスクに影響するか. 第93回 日本整形外科学会学術総会 オンライン 2020.06.11

  66. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、王耀東、大川淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術術後のステム周囲骨リモデリングの比較検討-有限要素解析を加えた考察-. 第50回 日本人工関節学会 2020.02.21 福岡

  67. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、吉井俊貴、大川淳. 人工股関節全置換術におけるポータブルナビゲーションシステムの有用性. 第50回 日本人工関節学会 2020.02.21 福岡

  68. 神野哲也、宮武 和正、高田 亮平、平尾 昌之、品田 良太、長束 由里、古賀 大介、松原 正明、大川 淳. 50歳以下の若年者に対する人工股関節全置換術の20年成績. 第50回 日本人工関節学会 2020.02.21 福岡

  69. 渡邊怜奈、瀬川裕子、宮武和正、平尾昌之、高田亮平、大川淳、神野哲也、柿﨑潤. 大腿骨転子部外反骨切り術中に大量出血を来たしたMcCune-Albright症候群の1例. 第30回 関東小児整形外科研究会 2020.02.01

  70. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、吉井俊貴、大川淳. . 人工股関節全置換術における第一世代と第二世代クロスリンクポリエチレンライナーの比較検討. . 第39回 整形外科バイオマテリアル研究会 2019.12.07 札幌

  71. 神野哲也, 山口 岳彦, 平尾 昌之, 宮武 和正, 高田 亮平, 品田 良太, 長束 由里, 橘 哲也. . 大腿骨頭壊死症疑いにてcore biopsyを要した一例. . 特発性大腿骨頭壊死症の医療水準及び患者のQOL向上に関する大規模多施設研究班 令和元年度班会議 2019.11.30

  72. 山本 尚輝、酒井朋子、神野哲也、柳下和慶、渡邊敏文、瀬川裕子、宮武和正、塩田幹夫、請川大、星野ちさと、高田亮平、平尾昌之、大川淳. . 人工膝関節全置換術後の階段昇降能力獲得に影響を与える因子. . 第3回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2019.11.16

  73. 宮武和正、神野 哲也、高田 亮平、平尾 昌之、橘哲也、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. 本邦における変形性股関節症患者の他関節症罹患率の検討. 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  74. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. . ステム周囲骨リモデリングに注目した異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討-有限要素解析を加えた考察-. . 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  75. 瀬川裕子、山口玲子、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、大川淳. . 小児整形外科外来における乳児股関節脱臼二次検診の現状. . 第46回 日本股関節学会学術集会 2019.10.25 宮崎

  76. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、瀬川裕子、吉井俊貴、大川淳. . 健常人における体位による股関節周囲神経・血管走行の変化. . 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  77. 川田和正, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 辻 邦和, 中川 裕介, 大川 淳, 関矢 一郎, 古賀 英之. 軟骨細胞、間葉系幹細胞の増殖能、遊走能に対する各組織間由来の滑膜間葉系幹細胞由来エクソソームの比較. 第34回 日本整形外科学会基礎学術総会 2019.10.17

  78. 小沼博明、辻邦和、星野傑、片桐洋樹、宮武和正、中川裕介、大川淳、関矢一郎、宗田大、古賀英之. 膝蓋下脂肪体における炎症は線維化と血管新生を誘導し軟骨損傷と関連なく膝疼痛を遷延化する. 第34回 日本整形外科基礎学術集会 2019.10.17

  79. 新谷尚子, 宮武 和正, 辻 邦和, 星野 傑, 小沼 博明, 中川 裕介, 片桐 洋樹, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. ラット膝関節炎モデルに対する多血小板血漿(PRP)療法はpure PRPが最も有効である. 第34回 日本整形外科学会基礎学術総会 2019.10.17

  80. 宮武和正. 当院におけるアプローチの変遷. 第7回 THA Develop Seminar 2019 2019.09.14

  81. 橘 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 瀬川 裕子, 大川 淳. . 人工股関節全置換術後中期における股関節周囲筋の筋断面積変化. . 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 東京 文京区

  82. 渕岡 佑亮, 宮武 和正, 平尾 昌之, 高田 亮平, 小山 恭史, 小柳 広高, 大川 淳. . 脊椎骨盤固定患者の人工股関節全置換術術後反復性脱臼に対する治療経験 メッシュによる軟部組織再建. . 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  83. 宮武和正、神野哲也、瀬川裕子、平尾昌之、請川大、星野ちさと、酒井朋子. 発育性股関節形成不全による2次性股関節症患者の人工股関節全置換術術前の理学所見陽性率の検討. 第56回日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06.12 神戸

  84. 猪野又 慶, 酒井 朋子, 平尾 昌之, 請川 大, 星野 ちさと, 宮武 和正, 大川 淳. . 一定期間の臥床安静後に抗重力姿勢に対して恐怖心を自覚するようになった1例. . 第56回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06.12 神戸

  85. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 大川 淳. . 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術における中期成績の比較検討. . 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  86. 中川裕介、辻邦和、片桐洋樹、宮武和正、小田邉浩二、大原敏之、関矢一郎、大川淳、古賀英之 . 前十字靭帯再建術後の膝蓋下脂肪体線維化は関節液中の炎症性サイトカインが上昇し、早期回復を遅延させる . 第92回 日本整形外科学会 2019.05.09

  87. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. . 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の中期成績. . 第50回 関東股関節懇話会 2019.03.02

  88. 宮武和正、 神野 哲也、高田 亮平、平尾 昌之、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. THA 術前計画のための脊椎- 骨盤アライメントの評価 . 第49回 日本人工関節学会 2019.02.16

  89. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. . 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の中期成績. . 第49回 日本人工関節学会 2019.02.15 新宿

  90. 宮武和正. Our surgical approaches Future and Past. Hip Master 2019.01.26

  91. 宮武和正 . 特発性大腿骨頭壊死症について. 第 4 回難病医療ネットワーク医療従事者向け研修会 2019.01.24

  92. 宮武和正 . これは股関節鏡の適応でしょうか. 第 13 回関東股関節鏡研究会 2019.01.18

  93. 小沼博明、辻邦和、星野傑、片桐洋樹、宮武和正、中川裕介、大川淳、宗田大、古賀英之. MIAで誘導されたラット膝蓋下脂肪体炎は血管新生と線維化を引き起こし膝疼痛を遷延化する. 第11回日本運動器疼痛学会 2018.12.01

  94. 宮武和正、高階祐輔、平尾昌之、小山恭史、神野哲也、大川淳. 血友病性股関節症に対し遺伝子組換え血液凝固第VIII因子Fc領域融合タンパク質製剤併用し人工股関節全置換術を行った1例 . 第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2018.11.02

  95. 平尾昌之, 酒井朋子、宮武和正、請川大、星野ちさと、大川淳. . 人工股関節全置換術術後リハビリテーションにおける異なる術後鎮痛法の比較検討. . 第2回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2018.11.02 仙台

  96. 山本尚輝, 神野哲也, 酒井法子, 柳下和慶, 渡邊敏文, 瀬川裕子, 宮武和正, 請川大, 星野ちさと, 塩田幹夫, 平尾昌之, 大川淳. . 歩行評価における人工膝関節全置換術後早期と術後2年時の関連性の検討 . . 第2回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2018.11.02 仙台

  97. 宮武和正、神野 哲也、高田 亮平、平尾 昌之、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における理学所見陽性率の検討. 第45回 日本股関節学会 2018.10.26 名古屋

  98. 平尾昌之, 神野哲也、宮武和正、王耀東、高田亮平、瀬川裕子、大川淳. . 大腿骨減捻骨切り術を併用したキアリ骨盤骨切り術の短期成績と有限要素法による解析. . 第45回 日本股関節学会 2018.10.26 名古屋

  99. 小沼博明、辻邦和、星野傑、片桐洋樹、宮武和正、中川裕介、大川淳、関矢一郎、宗田大、古賀英之. MIAで誘導された膝蓋下脂肪体炎は関節軟骨の変性と関わることなく膝疼痛を遷延化する. 第33回 日本整形外科基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  100. 川田 和正, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 辻 邦和, 大川 淳, 関矢 一郎, 古賀 英之. 滑膜間葉系幹細胞由来エクソソームは軟骨細胞、間葉系幹細胞の増殖能、遊走能を向上する. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.10

  101. 高階 祐輔, 宮武 和正, 平尾 昌之, 小山 恭史, 瀬川 裕子, 大川 淳. . 血友病性股関節症に対し遺伝子組換え血液凝固第VIII因子Fc領域融合タンパク質製剤併用し人工股関節全置換術を行った1例. . 第67回 東日本整形災害外科学会 2018.09.21 秋田

  102. 宮武和正、神野 哲也、高田 亮平、平尾 昌之、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. 自覚的脚長差における脊椎冠状アライメントを考慮したTHA術前計画. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24

  103. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、王耀東、高田亮平、瀬川裕子、大川淳. . 大腿骨減捻骨切り術を併用したChiari骨盤骨切り術の短期成績と有限要素法による解析. . 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24

  104. 大塚彩子、神野哲也、瀬川裕子、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、大川淳. . 広範囲展開法による観血的整復術後に膝蓋骨脱臼をきたした一例.. 第58回 関東整形災害外科学会 2018.03.16 御茶ノ水

  105. 宮武 和正、 神野 哲也、 高田 亮平、 平尾 昌之、 古賀 英之、 大川 淳. 脊椎冠状アライメントを考慮した自覚的脚長差におけるTHA術前計画. 第48回日本人工関節学会 2018.02.23

  106. 平尾 昌之, 神野哲也、宮武和正、高田亮平、瀬川裕子、大川淳. . 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロックと自己調節持続皮下注射の比較検討 . . 第48回 日本人工関節学会 2018.02.23 東京

  107. 山本 尚輝, 神野 哲也,酒井 朋子,渡邊 敏文,宮武 和正,星野 ちさと,高田 亮平,平尾 昌之,小川 貴久,大川 淳. . 人工膝関節全置換術における入院期間と術後ADLの関係性について. 第68回 日本リハビリテーション医学会関東地方会 2018.02.04 お茶の水

  108. 宮武 和正、 神野 哲也、 高田 亮平、 平尾 昌之、 瀬川 裕子、 王 耀東、 大川 淳、 古賀 英之. 大腿骨減捻骨切り術を併用したキアリ骨盤骨切り術の短期成績と応力変化の検討. 第44回日本臨床バイオメカニクス学会 2017.11.24

  109. 小沼 博明、 辻 邦和、 星野 傑、 片桐 洋樹、 宮武 和正、 関矢 一郎、 大川 淳、 宗田 大、 古賀 英之. MIAのラット膝蓋下脂肪体内注射により誘発された脂肪体の血管新生と線維化は有意に増加し膝疼痛と相関する. 第10回日本運動器疼痛学会 2017.11.18

  110. 小川 貴久、 神野 哲也、 高田 亮平、 宮武 和正、 星野 ちさと、 酒井 朋子、 大川 淳、 小川 英臣、 新堀 璃奈、 加地 啓介、 岡安 健. 人工股関節全置換術における手術曜日の影響 - 術後ADLの回復、入院期間に注目して -. 第1回日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会 2017.10.28

  111. 山本 尚輝、 神野 哲也、 酒井 朋子、 宮武 和正、 星野 ちさと、 高田 亮平、 大川 淳. リハビリテーション開始日の違いが人工膝関節全置換術後の早期術後成績に及ぼす影響について. 第1回日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会 2017.10.28

  112. 小川 英臣、 新堀 璃奈、 小川 貴久、 高田 亮平、 平尾 昌之、 宮武 和正、 山本 尚輝、 加地 啓介、 岡安 健、 酒井 朋子、 星野 ちさと、 大川 淳、 神野 哲也. Minimum Core Setと在院日数の関連性. 第1回日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会 2017.10.28

  113. 新堀 璃奈、 小川 英臣、 小川 貴久、 高田 亮平、 平尾 昌之、 宮武 和正、 山本 尚輝、 加地 啓介、 岡安 健、 酒井 朋子、 星野 ちさと、 大川 淳、 神野 哲也 . Minimum Core SetとJOAスコアの関係. 第1回日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会 2017.10.28

  114. 尾島 美代子、 辻 邦和、 宮武 和正、 片桐 洋樹、 堀江 雅史、 古賀 英之、 大川 淳、 関矢 一郎、 宗田 大. 関節液中に存在しヒト間葉系幹細胞の増殖を促進する生理活性物質(Factor A)の同定と生理機能解析. 第32回日本整形外科基礎学会学術集会 2017.10.26

  115. 植木 博子、 辻 邦和、 片桐 洋樹、 宮武 和正、 宇土 美於、 星野 傑、 大川 淳、 関矢 一郎、 古賀 英之、 宗田 大. ラット前十字靭帯損傷モデルを用いた滑膜間葉系幹細胞の関節内投与治療:細胞数の違いによる軟骨損傷予防と下肢疼痛改善の検討. 第32回日本整形外科基礎学会学術集会 2017.10.26

  116. 小沼 博明、 辻 邦和、 古賀 英之、 片桐 洋樹、 ,宮武 和正、 松村 惠津子、 星野 傑、 植木 博子、 猪野又 慶、 雨宮 正樹、 大川 淳、 関矢 一郎、 宗田 大. MIAで誘導された膝蓋下脂肪体の線維化と血管新生は、膝関節周囲痛の慢性化と共に有意に増加する. 第32回日本整形外科基礎学会学術集会 2017.10.26

  117. 宮武 和正、 神野 哲也、 高田 亮平、 平尾 昌之、 古賀 英之、 大川 淳. 自覚的脚長差における脊椎アライメントを考慮したTHA術前計画. 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  118. 瀬川 裕子、 神野 哲也、 松原 正明、 宮武 和正、 高田 亮平、 平尾 昌之、 大川 淳. 寛骨臼回転骨切り術施行症例における小児期予防的手術への意識調査. 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  119. 高橋 晃、 神野 哲也、 宮武 和正、 高田 亮平、 平尾 昌之、 星野 ちさと、 瀬川 裕子、 大川 淳. 前方進入法を用いた人工股関節全置換術における術中大腿筋膜張筋損傷評価と術後早期における筋断面積の変化との関連性の検討. 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  120. 高田 亮平、 神野 哲也、 宮武 和正、 平尾 昌之、 瀬川 裕子、 柳下 和慶、 大川 淳. 両側一期的人工股関節全置換術における前方進入法と前側方進入法の術後成績に関する検討: ランダム化比較試験. 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  121. 平尾 昌之、 神野 哲也、 宮武 和正、 高田 亮平、 瀬川 裕子、 大川 淳. 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロック(自己調節持続皮下注射との比較検討). 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  122. 宮武 和正、 神野 哲也、 高田 亮平、 平尾 昌之、 古賀 英之、 大川 淳. 人工股関節全置換術後に発生した大腿動脈急性閉塞症の1例. 第47回関東股関節懇話会 2017.10.01

  123. 平尾 昌之、 神野 哲也、 宮武 和正、 高田 亮平、 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術後のステム周囲骨折と応力遮蔽の関連性. 第66回東日本整形災害外科学会 2017.09.15

  124. 高田 亮平、 神野 哲也、 宮武 和正、 平尾 昌之、 大川 淳. 初回セメントレス人工股関節全置換術における第一世代と第二世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討. 第90回日本整形外科学会学術総会 2017.05.18

  125. 宮武 和正、 神野 哲也、 高田 亮平、 平尾 昌之、 瀬川 裕子、 宗田 大、 大川 淳. 発育性股関節形成不全(DDH)による二次性変形性股関節症患者における各種疼痛誘発テストの陽性率の検討. 第90回日本整形外科学会学術総会 2017.05.18

  126. 平尾 昌之、 神野 哲也、 宮武 和正、 高田 亮平、 宗田 大、 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術後の中・長期フォローにおけるステム周囲骨折の特徴. 第90回日本整形外科学術総会 2017.05.18

  127. 本橋 正隆、 神野 哲也、 宮武 和正、 高田 亮平、 平尾 昌之、 宗田 大、 大川 淳. 人工股関節全置換術術後疼痛管理における大腿神経ブロックの有効性の検討. 第57回関東整形災害外科学会月例会 整形外科集談会東京地方会 2017.03.17

  128. 平尾 昌之、 神野 哲也、 宮武 和正、 高田 亮平、 宗田 大、 大川 淳. 長さの異なるwedge taper型ステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討. 第57回関東整形災害外科学会 2017.03.17

  129. 神野 哲也、 宮武 和正、 高田 亮平、 平尾 昌之、 酒井 朋子、 星野 ちさと、 宗田 大、 大川 淳. 各種進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性評価. 第47回日本人工関節学会 2017.02.24

  130. 高田 亮平、 平尾 昌之、 神野 哲也、 宮武 和正、 宗田 大、 大川 淳. 人工股関節全置換術における第一世代と第二世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討. 第47回日本人工関節学会 2017.02.24

  131. 平尾 昌之、 神野 哲也、 宮武 和正、 高田 亮平、 宗田 大、 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術における応力遮蔽と大腿骨脆弱性骨折の関連性の検討. 第47回日本人工関節学会 2017.02.24

  132. 宮武 和正、 神野哲也、 高田 亮平、 平尾 昌之、 瀬川 裕子、 大川 淳、 宗田 大. 発育性股関節形成不全(DDH)による二次性変形性股関節症患者における各種疼痛誘発テストの陽性率の検討. 第47回日本人工関節学会 2017.02.24

  133. 高田 亮平、 神野 哲也、 宮武 和正、 平尾 昌之、 瀬川 裕子、 宗田 大、 大川 淳. 寛骨臼形成不全股に伴う骨盤側骨嚢胞の人工股関節全置換術術後形態変化. 第43回日本股関節学会 2016.11.04

  134. 平尾 昌之、 神野 哲也、 宮武 和正、 高田 亮平、 酒井 朋子、星野 ちさと、 宗田 大、 大川 淳. 人工股関節全置換術における異なるwedge taper型ステムの画像比較. 第43回日本人工関節学会 2016.11.04

  135. 宮武 和正、 神野哲也、 高田 亮平、 平尾 昌之、 瀬川 裕子、 大川 淳、 宗田 大. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における各種疼痛誘発テストの陽性率の検討. 第43回日本股関節学会 2016.11.04

  136. 公平 勇二、 宮武 和正、 高田 亮平、 平尾 昌之、 神野 哲也、 大川 淳. 人工股関節全置換術の術後成績における主観及び客観的評価についての検討. 第682回関東整形災害外科学会月例会 整形外科集談会東京地方会 2016.09.25

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度第30回中富健康科学振興財団研究助成 (宮武和正),公益財団法人 中富健康科学振興財団,2018年01月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費助成基盤C 文部科学省 (宮武和正),2022年04月

    選択的自己多血小板血漿の筋内投与による筋損傷修復機序の解明

  • 科学研究費若手研究 文部科学省(宮武和正),2019年04月

    選択的自己多血小板血漿の関節内注射による変形性関節症疼痛緩和機序の解明(2019-2020)

  • 科学研究費若手B 文部科学省(宮武和正) ,2017年04月

    自己多血小板血漿の関節内注射による膝疼痛軽減効果の解析(2017-2018)