基本情報

写真a

五木田 憲太朗(ゴキタ ケンタロウ)

GOKITA Kentaro


職名

大学院生

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2017年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化管外科学 大学院生
  • 2017年11月
    -
    2019年01月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 大学院生
  • 2019年02月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化管外科学 大学院生
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Tanioka T, Kojima K, Saito T, Kanemoto E, Okuno K, Gokita K, Kobayashi K, Nakagawa M, Inokuchi M. Intraoperative Body Fluid Amylase as a Novel Indicator of Postgastrectomy Pancreatic Fistula. World Journal of Surgery. 2019.03; Epub ahead ( PubMed, DOI )

  • 谷岡利朗、小嶋一幸、梅林佑弥、齋藤稔史、福与涼介、金本栄美、五木田憲太朗、小林建太、中川正敏、井ノ口幹人. 【胃癌治療ガイドライン最新版を読み解く-改定のポイントとその背景】 腹腔鏡下胃切除術の足跡と今後 幽門側胃切除術と胃全摘術 臨床外科. 2018.10; 73 (10): 1191-1195. ( DOI 医中誌 )

  • Keisuke Okuno, Masatoshi Nakagawa, Kazuyuki Kojima, Emi Kanemoto, Kentaro Gokita, Toshiro Tanioka, Mikito Inokuchi. Long-term functional outcomes of Roux-en-Y versus Billroth I reconstructions after laparoscopic distal gastrectomy for gastric cancer: a propensity-score matching analysis. Surg Endosc. 2018.04; ( PubMed, DOI )

  • Mikito Inokuchi,Masatoshi Nakagawa,Toshiro Tanioka,Keisuke Okuno,Kentaro Gokita,Kazuyuki Kojima. Long- and short-term outcomes of laparoscopic gastrectomy versus open gastrectomy in patients with clinically and pathological locally advanced gastric cancer: a propensityscore matching analysis Surgical Endoscopy. 2017.07; published online ( PubMed, DOI )

  • 奥野圭祐、大槻将、小川憲人、谷岡利朗、五木田憲太朗、井ノ口幹人、小嶋一幸. 腹腔鏡下胃全摘術 超音波凝固切開装置と血管シーリング装置の適切な使用法 臨床外科. 2017.05; 72 (5): 552-556. ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 谷岡利朗、小嶋一幸、梅林佑弥、齋藤稔史、福与涼介、金本栄美、五木田憲太朗、小林建太、中川正敏、松山貴俊、井ノ口幹人、中島康晃、絹笠祐介. ロボット支援下と腹腔鏡下による幽門側胃切除術における手術時間の比較検討. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.20 大阪

  • 金本栄美、五木田憲太朗、谷岡利朗、小林建太、中川正敏、松山貴俊、中島康晃、井ノ口幹人、絹笠祐介、小嶋一幸. 肥満患者における腹腔鏡下胃全摘術の妥当性の検討. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.19 大阪

  • 小林建太、谷岡利朗、梅林佑弥、齋藤稔史、福与涼介、金本栄美、五木田憲太朗、中川正敏、松山貴俊、中島康晃、井ノ口幹人、絹笠祐介、小嶋一幸. 当科における腹腔鏡下幽門側胃切除術後の体腔内R-Y再建法と体腔外R-Y再建法の比較. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.19 大阪

  • 福与涼介、小嶋一幸、梅林佑弥、齋藤稔史、金本栄美、五木田憲太朗、谷岡利朗、小林建太、中川正敏、松山貴俊、井ノ口幹人、中島康晃、絹笠祐介. 胃切除術後の十二指腸断端瘻について. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.18 大阪

  • Ryosuke Fukuyo, Kazuyuki Kojima, Yuya Umebayashi, Toshifumi Saito, Emi Kanemoto, Kentaro Gokita, Toshiro Tanioka, Kenta Kobayashi, Masatoshi Nakagawa, Takatoshi Matsuyama, Mikito Inokuchi, Yasuaki Nakajima, Yusuke Kinugasa. A case of curable conversion gastrectomy after CapeOX for an unresectable advanced gastric cancer. 91st Annual Meeting of the Japanese Gastric Cancer Association 2019.03.01 Numazu

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「がん抑制型miRNA-634 を創薬シーズとした核酸抗がん製剤を開発」―膵臓がんに対するマイクロRNAを用いた新たな核酸抗がん薬の実用化へ期待―,2020年01月

    Molecular Therapy – Nucleic Acids