基本情報

写真a

福場 駿介(フクバ シュンスケ)

FUKUBA Shunsuke


職名

非常勤講師

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/dent/peri/peri-J.htm

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  2014年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  歯周病学分野  博士課程  2019年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 大学院生
  • 2019年04月
    -
    2019年09月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 医員
  • 2019年10月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 歯周病学分野 非常勤講師
  • 2020年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 医員
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 医員(歯病)
  • 2021年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 医員
  • 2021年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔維持系診療領域 歯周病科 医員
  • 2022年04月
    -
    2022年08月
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔維持系診療領域 歯周病科 特任助教
  • 2022年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 歯周病学分野 非常勤講師

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯周病学会

  • 日本臨床歯周病学会

  • 日本歯科保存学会

  • 日本口腔インプラント学会

  • 日本レーザー歯学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 保存治療系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 3Dプリンタを応用した水平性骨欠損、根分岐部病変に対する歯周組織再生療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • FGF-2を用いたインプラント周囲炎に対する新規治療法の基盤構築

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Mikami R, Sudo T, Fukuba S, Takeda K, Matsuura T, Kariya T, Takeuchi S, Ochiai A, Kawamoto S, Toyoshima K, Mizutani K, Arakawa S, Aoki A, Iwata T. Prognostic factors affecting periodontal regenerative therapy using recombinant human fibroblast growth factor-2: A 3-year cohort study. Regenerative therapy. 2022.12; 21 271-276. ( PubMed, DOI )

  2. Ohsugi Y, Hatasa M, Katagiri S, Hirota T, Shimohira T, Shiba T, Komatsu K, Tsuchiya Y, Fukuba S, Lin P, Toyoshima K, Maekawa S, Niimi H, Iwata T, Aoki A. High-frequency pulsed diode laser irradiation inhibits bone resorption in mice with ligature-induced periodontitis Journal of Clinical Periodontology. 2022.07; e-pub ( PubMed, DOI )

  3. Sato R, Matsuura T, Akizuki T, Fukuba S, Okada M, Nohara K, Takeuchi S, Hoshi S, Ono W, Maruyama K, Izumi Y, Iwata T. Influence of the bone graft materials used for guided bone regeneration on subsequent peri-implant inflammation: an experimental ligature-induced peri-implantitis model in Beagle dogs International Journal of implant Dentistry. 2022.01; 8 (1): 3. ( PubMed, DOI )

  4. Saida H, Fukuba S, Shiba T, Komatsu K, Iwata T, Nitta H. Two-stage approach for class II mandibular furcation defect with insufficient keratinized mucosa: a case report with 3 years' follow-up. The Journal of international medical research. 2021.09; 49 (9): 3000605211044595. ( PubMed, DOI )

  5. Fukuba S, Okada M, Nohara K, Iwata T. Alloplastic Bone Substitutes for Periodontal and Bone Regeneration in Dentistry: Current Status and Prospects Materials (Basel, Switzerland). 2021.02; 14 (5): 1096. ( PubMed, DOI )

  6. Fukuba S, Akizuki T, Matsuura T, Okada M, Nohara K, Hoshi S, Shujaa Addin A, Iwata T, Izumi Y. Effects of combined use of recombinant human fibroblast growth factor-2 and β-tricalcium phosphate on ridge preservation in dehiscence bone defects after tooth extraction: A split-mouth study in dogs. Journal of periodontal research. 2020.12; e-pub ( PubMed, DOI )

  7. Kohei Nohara, Soichiro Itoh, Tatsuya Akizuki, Miho Nakamura, Shunsuke Fukuba, Takanori Matsuura, Munehiro Okada, Yuichi Izumi, Takanori Iwata, Kimihiro Yamashita. Enhanced new bone formation in canine maxilla by a graft of electrically polarized β-tricalcium phosphate. J. Biomed. Mater. Res. Part B Appl. Biomater.. 2020.04; ( PubMed, DOI )

  8. Ikawa Takahiro, Akizuki Tatsuya, Addin Ammar Shujaa, Fukuba Shunsuke, Stavropoulos Andreas, Izumi Yuichi. Enamel matrix derivative in liquid form as adjunct to natural bovine bone grafting at buccal bone dehiscence defects at implant sites: An experimental study in beagle dogs CLINICAL ORAL IMPLANTS RESEARCH. 2019.08; ( PubMed, DOI )

  9. Okada M, Matsuura T, Akizuki T, Hoshi S, Shujaa Addin A, Fukuba S, Izumi Y. Ridge preservation of extraction sockets with buccal bone deficiency using poly lactide-co-glycolide coated beta-tricalcium phosphate bone grafts: An experimental study in dogs. J. Periodontol.. 2019.02; e-pub ( PubMed, DOI )

  10. Fukuba S, Akizuki T, Hoshi S, Matsuura T, Shujaa Addin A, Okada M, Tabata Y, Matsui M, Tabata JM, Sugiura-Nakazato M, Izumi Y. Comparison between different isoelectric points of biodegradable gelatin sponges incorporating β-tricalcium phosphate and recombinant human fibroblast growth factor-2 for ridge augmentation: A preclinical study of saddle-type defects in dogs. Journal of Periodontal Research. 2018.11; Epub ahead of print. ( PubMed, DOI )

  11. Saida H, Fukuba S, Miron R, Shirakata Y. Efficacy of flapless intentional replantation with enamel matrix derivative in the treatment of hopeless teeth associated with endodontic-periodontal lesions: A 2-year prospective case series. Quintessence International. 2018.09; 49 (9): 699-707. ( PubMed, DOI )

  12. Shujaa Addin A, Akizuki T, Matsuura T, Hoshi S, Ikawa T, Maruyama K, Ono W, Fukuba S, Izumi Y. Histological healing after nonsurgical periodontal treatment with enamel matrix derivatives in canine experimental periodontitis. Odontology. 2018.07; 106 (3): 289-296. ( PubMed, DOI )

  13. Addin Ammar Shujaa, Akizuki Tatsuya, Matsuura Takanori, Hoshi Shu, Ikawa Takahiro, Maruyama Kiichi, Ono Wataru, Fukuba Shunsuke, Izumi Yuichi. イヌの実験的歯周炎でエナメルマトリックスデリバティブを用いた非外科的歯周治療を行った後に見られた組織学的治癒(Histological healing after nonsurgical periodontal treatment with enamel matrix derivatives in canine experimental periodontitis) Odontology. 2018.07; 106 (3): 289-296. ( 医中誌 )

  14. Shujaa Addin A, Akizuki T, Hoshi S, Matsuura T, Ikawa T, Fukuba S, Matsui M, Tabata Y, Izumi Y. Biodegradable gelatin/beta-tricalcium phosphate sponges incorporating recombinant human fibroblast growth factor-2 for treatment of recession-type defects: A split-mouth study in dogs. J. Periodont. Res.. 2017.03; ( PubMed, DOI )

  15. Shujaa Addin A, Akizuki Tatsuya, Matsuura Takanori, Ikawa Takahiro, Maruyama Kiichi, Ono Wataru, Fukuba Shunsuke, Izumi Yuichi. 非外科的歯周再生治療のためのエナメルマトリックスデリバティブの評価 イヌによる前臨床試験(Evaluation of enamel matrix derivatives for non-surgical periodontal regenerative treatment: A preclinical study in dogs) 口腔病学会雑誌. 2017.03; 84 (1): 54. ( 医中誌 )

  16. Thiparpa Aime Thamamongood, Ryo Furuya, Shunsuke Fukuba, Masahisa Nakamura, Nobuo Suzuki, Atsuhiko Hattori. Expression of osteoblastic and osteoclastic genes during spontaneous regeneration and autotransplantation of goldfish scale: A new tool to study intramembranous bone regeneration Bone. 2012.06; 50 (6): 1240-1249.

  17. 福場 駿介. MY FIRST STAGE エンド-ペリオ病変を抱える予後不安歯に歯周組織再生療法を行った1症例 The Quintessence. 2022.07; 41 (7): 1704-1707. ( 医中誌 )

  18. 福場駿介, 岩田隆紀. 【GPが知っておきたいペリオドントロジー最新トピックス】ここまでできる歯周組織再生療法 エムドゲインとリグロスの基礎知識とその比較 DENTAL DIAMOND. 2021.11; 46 (15): 50-57.

  19. 福場駿介,岩田隆紀. 特集 顎骨再建材料 DE 日本理工学会誌. 2020.01; 39 (1): 25-28.

  20. 福場駿介, 武田浩平. 海外レポート 井の中の蛙大海を知らずされど空の深さを知る the Quintessence. Vol.38. 2019.09; 38 (9): 212-213.

  21. 福場 駿介, 秋月 達也, 星 嵩, 松浦 孝典, アマル・シュジャ・アデイン , 岡田 宗大, 和泉 雄一, 田畑 泰彦, 田畑 純, 杉浦 真琴[仲里]. 等電点の異なるβ-TCP含有ゼラチンスポンジと線維芽細胞増殖因子(FGF-2)を併用した顎堤増大術における効果の比較検討 日本歯周病学会会誌. 2017.11; 59 (秋季特別): 202. ( 医中誌 )

  22. 福場駿介,新田 浩,俣木志朗. 特集 臨床研修世代の今 −理想と現実の姿− 日本歯科評論. 2016.01; 76 (1): 27-63.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 福場駿介. 4th Osteology Case competition 言葉の壁の向こうに広がる輪. the Quintessence, 2021.04 海外レポート

  2. 新田 浩,礪波健一,土岡弘明,斎田寛之,中村一寿,酒井和人,関根 聡,奈良嘉峰,福場駿介,武田浩平,竹内祥吾. 患者さんのやる気が変わる!スタッフも楽しくなる!歯周治療を成功に導く世界標準のコミュニケーション技法 PMI ペリオドンタルモチベーショナルインタービューイング. クインテッセンス出版株式会社, 2020.02 歯周病患者さんのタイプ分類に応じた個別対応のすヽめ

  3. 福場駿介. 新聞QUINT. クインテッセンス出版株式会社, 2020.01 歯科人 新年の一言 歯科関係者369名の新年の「声」

  4. 福場駿介. 新聞QUINT. クインテッセンス出版株式会社, 2019.07 歯科人の安らぎ噛みしめグルメ 目と鼻と歯根膜で楽しむスパイスカレー専門店

  5. 和泉雄一,二階堂雅彦,清水宏康,秋月達也. 失敗しない歯周組織再生治療. 医歯薬出版株式会社, 2019.03 第IV編 成功に導くためのスキル  CHAPTER 3 再生治療の術後評価(福場駿介・松浦孝典)

  6. 和泉 雄一. 垂直性骨欠損への対応 歯周治療成功が見えてくる. 医学情報社, 2016.10 Ⅳ 垂直性骨欠損の非外科的治療 ー基本編

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Fukuba S. Surgical Intrusion technique for hopeless tooth with severe endo-periodontal lesion. 4th Osteology case competition 2021.01.22 Virtual

  2. Fukuba S, Akizuki T, Matsuura T, Hoshi S, Addin AS, Okada M, Izumi Y. Effects of combined use of recombinant human Fibroblast growth factor-2 and β-Tricalcium phosphate on ridge preservation in dehiscence bone defects after tooth extraction: A split-mouth study in dogs. Europerio9 2018.06.21 Amsterdam, Netherlands

  3. Matsuura T, Akizuki T, Hoshi S, Shujaa addin A, Fukuba S, Okada M, Izumi Y.. The efficacy of moldable, in situ hardening β-TCP bone graft to 1-wall intrabony defect in dogs.. the 103rd Annual Meeting of American Academy of Periodontology 2017.09.10 Boston, USA

  4. AHoshi S, Matsuura T, Ikawa T, Maruyama K, Ono W, Fukuba S, Izumi Y. rhFGF-2/gelatin-βTCP in the treatment of gingival recessions in dogs. The 102th meeting of American Academy of Periodontology, San Deigo. 2016.09.12

  5. Ammar SH, Akizuki T, Hoshi S, Matsuura T, Ikawa T, Maruyama K, Ono W, Fukuba S, Izumi Y.. Effect of rhFGF-2/Gelatin-β-TCP on Root Coverage in Beagle Dogs. The International association for Dental Research Meeting, Seoul, Republic of Korea. 2016.06.23

  6. Ammar SH, Akizuki T, Hoshi S, Matsuura T, Ikawa T, Maruyama K, Ono W, Fukuba S, Izumi Y. Effect of rhFGF-2 Combined with Gelatin/β-TCP Sponge on Root Coverage: a Pilot Study in Beagle Dogs. The 59th Spring Meeting of The Japanese Society of Periodontology, Kagoshima. 2016.05.22

  7. 刈屋友彰,須藤毅顕,三上理沙子,武田浩平,福場駿介,竹内俊介, 落合茜,川本櫻子,豊嶋啓汰,水谷幸嗣,青木章,岩田隆紀. FGF-2製剤を用いた歯周組織再生療法の臨床的評価 ─3年後ろ向きコホート研究─. 第65回春季日本歯周病学会学術大会 2022.06.04 東京

  8. 大杉勇人,畑佐将宏,片桐さやか,廣田朝光,下平 剛,芝 多佳彦, 駒津匡二, 土谷洋輔, 福場駿介,前川祥吾,新見ひろみ,岩田隆紀,青木 章. 結紮誘導歯周炎モデルマウスを用いた 半導体レーザー照射による歯周炎抑制効果. 第65回春季日本歯周病学会学術大会 2022.06.03 東京

  9. 刈屋 友彰, 須藤 毅顕, 三上 理沙子, 武田 浩平, 福場 駿介, 竹内 俊介, 落合 茜, 川本 櫻子, 豊嶋 啓汰, 水谷 幸嗣, 青木 章, 岩田 隆紀. FGF-2製剤を用いた歯周組織再生療法の臨床的評価 3年後ろ向きコホート研究. 日本歯周病学会会誌 2022.05.01

  10. 大杉 勇人, 畑佐 将宏, 片桐 さやか, 廣田 朝光, 下平 剛, 芝 多佳彦, 駒津 匡二, 土谷 洋輔, 福場 駿介, 前川 祥吾, 新見 ひろみ, 岩田 隆紀, 青木 章. 結紮誘導歯周炎モデルマウスにおける半導体レーザー照射の歯周炎抑制効果. 日本歯周病学会会誌 2022.05.01

  11. 竹内 俊介, 福場 駿介, 岡田 宗大, 佐藤 諒, 山木 大地, 野原 康平, 松浦 孝典, 岩田 隆紀. 炭酸アパタイトを用いた歯周組織再生効果 イヌ1壁性骨欠損モデル. 日本歯周病学会会誌 2022.05.01

  12. 福場 駿介, 岡田 宗大, 佐藤 諒, 竹内 俊介, 山木 大地, 池田 裕一, 野原 康平, 岩田 隆紀. 垂直性骨欠損、根分岐部病変II度、III度に対して炭酸アパタイトを用いた歯周組織再生療法の有効性に関する前向き観察研究. 日本歯周病学会会誌 2022.05.01

  13. 大杉 勇人, 畑佐 将宏, 下平 剛, 芝 多佳彦, 駒津 匡二, 土谷 洋輔, 福場 駿介, 新見 ひろみ, 森田 和機, 片桐 さやか, 岩田 隆紀, 青木 章, 廣田 朝光, 前川 祥吾. 結紮誘導歯周炎モデルマウスを用いたダイオードレーザー照射による歯周炎抑制効果. 日本レーザー歯学会誌 2022.01.01

  14. 大杉勇人, 畑佐将宏, 下平 剛, 芝 多佳彦, 駒津匡二, 土谷洋輔, 福場駿介, 前川祥吾, 新見ひろみ, 森田和機, 片桐さやか, 岩田隆紀, 青木 章. 結紮誘導歯周炎モデルマウスを用いた ダイオードレーザー照射による歯周炎抑制効果. 第33回日本レーザー歯学会総会・学術大会 2021.11.29 Web開催

  15. 竹内 俊介,岡田 宗大,福場 駿介,松浦 孝典,秋月 達也,野原 康平, 佐藤 諒,土居 洋文,今村 亨,井関 祥子,青木 章. イヌ 3 壁性骨欠損モデルにおける線維芽細胞増殖因子 - 18 による歯周組織再生効果. 第64回秋季日本歯周病学会学術大会 2021.10.15 名古屋国際会議場 名古屋 日本

  16. 福場駿介. 矯正治療後の前歯部歯肉退縮に対して審美的改善を図った一症例. 日本臨床歯周病学会 第89回関東支部教育研修会 2021.08.29

  17. 野原 康平,秋月 達也,松浦 孝典,福場 駿介,岡田 宗大,和泉 雄一, 岩田 隆紀,山下 仁大. 分極化したβ-リン酸三カルシウムを用いたイヌ上顎顎堤欠損モデルにおける骨形成の評価. 第63回秋季日本歯周病学会 2020.10.16 Online

  18. 野原康平, 松浦孝典, 秋月達也, 星 嵩, アマル・シュジャ・アディン, 福場駿介, 岡田宗大, 森祥太郎, 佐藤 諒, 竹内 俊介, 和泉雄一,岩田隆紀. 骨移植後の再生組織に対する細菌感染の影響. 第62回秋季日本歯周病学会学術大会 2019.10.25 福岡県北九州市

  19. 福場駿介, 秋月達也, 松浦孝典, 小野彌, 岡田宗大, 野原康平, 森祥太郎, 佐藤 諒, 星 嵩, シュジャ・アディーン アマール, 丸山起一, 和泉 雄一. 歯周組織再生治療におけるヒトリコンビナント線維芽細胞増殖因子(rhFGF-2)と骨移植材の併用効果について. 第61回秋季日本歯周病学会学術大会 2018.10.26 大阪

  20. 野原康平,松浦孝典,秋月達也星嵩,アマル・シュジャ・アディン,福場駿介,岡田宗大,森祥太郎,佐藤諒,和泉雄一. 異なる骨移植材料を用いた再生組織に対する細菌感染の影響. 第61回秋季日本歯周病学会学術大会 2018.10.26 大阪

  21. 福場駿介 ,秋月達也, 星 嵩, 松浦孝典, シュジャ・アディーン・アマール, 岡田宗大, 田畑泰彦, 田畑 純, 杉浦−仲里真琴, 和泉雄一. 等電点の異なるβ-TCP含有ゼラチンスポンジと組換え型ヒト線維芽細胞増殖因子(rhFGF-2)を併用した顎堤増大術における効果の比較検討. 日本歯周病学会60周年記念京都大会 2017.12.15 京都国際会館 京都

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • The winner of 4th osteology case competition(福場駿介),2021年01月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2015年05月

    翻訳
    福場駿介、秋月達也、和泉雄一
    メンブレンと骨補填材料を用いた同時法水平的骨増大術:組織学的、二重盲検、平行群間、無作為化比較対照試験
    Int J Periodontics Restorative Dent 日本語版
    2015;23(5):20-29

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 障害・疾病の基礎知識,高崎歯科衛生専門学校