基本情報

写真a

谷岡 利朗(タニオカ トシロウ)

TANIOKA Toshiro


職名

講師

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  理工学部  建築学科  1999年03月  卒業

  • 香川大学  医学部  医学科  2006年03月  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

  • 修士(建築学)  早稲田大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年02月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 胃外科 助教
  • 2015年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化管外科学 大学院生
  • 2018年04月
    -
    2019年01月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 大学院生
  • 2019年02月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化管外科学 大学院生
  • 2022年04月
    -
    2023年07月
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 外科系診療領域 胃外科 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 器官システム制御学講座 消化管外科学分野 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化管外科学 助教
  • 2023年08月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 外科系診療領域 胃外科 講師

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 乳癌学会

  • 大腸肛門病学会

  • 癌治療学会

  • 日本内視鏡外科学会

  • 日本ヘルニア学会

  • 日本胃癌学会

  • 日本消化器外科学会

  • 日本臨床外科学会

  • 日本外科学会

  • 肝胆膵外科学会

  • European Association for Endoscopic Surgery

  • 外科感染症学会

  • 静脈経腸栄養学会

  • 呼吸器外科学会

  • 胸部外科学会

  • 肝胆膵外科学会

  • 乳癌学会

  • 大腸肛門病学会

  • 癌治療学会

  • 外科感染症学会

  • 静脈経腸栄養学会

  • 呼吸器外科学会

  • 胸部外科学会

  • アジア太平洋ヘルニア学会

  • ヨーロッパヘルニア学会

  • アジア内視鏡外科学会

  • アメリカ内視鏡外科学会

  • アメリカ外科学会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器外科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Toshiro Tanioka, Yusuke Yatabe, Toshifumi Saito, Kazuya Yamaguchi, Hisashi Fujiwara, Yuya Sato, Kenro Kawada, Shigeo Haruki, Masanori Tokunaga, Yusuke Kinugasa. Optimal placement of self-fixating mesh in the rectus abdominis muscle for ventral hernia repair when using the enhanced-view totally extraperitoneal Rives-Stoppa technique Asian journal of endoscopic surgery. 2023.07; 16 (3): 653-657. ( DOI )

  2. Yuya Umebayashi, Satoru Muro, Masanori Tokunaga, Toshifumi Saito, Yuuya Sato, Toshiro Tanioka, Yusuke Kinugasa, Keiichi Akita. Distribution of splenic artery lymph nodes and splenic hilar lymph nodes World Journal of Gastrointestinal Surgery. 2023.05; 15 (5): 812-824. ( DOI )

  3. Toshiro Tanioka, Rawat Waratchanont, Ryosuke Fukuyo, Toshifumi Saito, Yuya Umebayashi, Emi Kanemoto, Kenta Kobayashi, Masatoshi Nakagawa, Mikito Inokuchi. Surgical and nutritional outcomes of laparoscopic proximal gastrectomy versus total gastrectomy: a meta-analysis Surgical Endoscopy. 2020.01; 34 (3): 1061-1069. ( PubMed, DOI )

  4. Tanioka T, Kojima K, Saito T, Kanemoto E, Okuno K, Gokita K, Kobayashi K, Nakagawa M, Inokuchi M. Intraoperative Body Fluid Amylase as a Novel Indicator of Postgastrectomy Pancreatic Fistula. World Journal of Surgery. 2019.08; 43 (8): 2061-2068. ( PubMed, DOI )

  5. T.Tanioka, H.Masuko, H.Yamagami, S.Takahashi, H.Ishizu. Inguinal hernias appearing after lateral lymph node dissection via extraperitoneal approach for advanced lower rectal cancer. Hernia. 2019.04; 23 (2): 305-310. ( PubMed, DOI )

  6. Keisuke Okuno, Masatoshi Nakagawa, Kazuyuki Kojima, Emi Kanemoto, Kentaro Gokita, Toshiro Tanioka, Mikito Inokuchi. Long-term functional outcomes of Roux-en-Y versus Billroth I reconstructions after laparoscopic distal gastrectomy for gastric cancer: a propensity-score matching analysis. Surg Endosc. 2018.04; ( PubMed, DOI )

  7. Mikito Inokuchi, Toshiro Tanioka, Masatoshi Nakagawa, Kazuyuki Kojima. Intracorporeal esophagojejunostomy with Roux-en-Y reconstruction after laparoscopic total gastrectomy Annals of Laparoscopic and Endoscopic Surgery. 2017.10; 2 (153):

  8. Mikito Inokuchi,Masatoshi Nakagawa,Toshiro Tanioka,Keisuke Okuno,Kentaro Gokita,Kazuyuki Kojima. Long- and short-term outcomes of laparoscopic gastrectomy versus open gastrectomy in patients with clinically and pathological locally advanced gastric cancer: a propensityscore matching analysis Surgical Endoscopy. 2017.07; published online ( PubMed, DOI )

  9. Keisuke Okuno, Kentaro Gokita, Toshiro Tanioka, Norihito Ogawa, Sho Otsuki, Mikito Inokuch, Toshio Takayama, Kazuyuki Kojima. Esophagojejunostomy Using the Purse-String Suturing Device After Laparoscopic Total or Proximal Gastrectomy for Gastric Cancer World J Surg. 2017.04; published online ( PubMed, DOI )

  10. Tomoki Aburatani, Kazuyuki Kojima, Sho Otsuki Hideaki Murase ,Keisuke Okuno ,Kentaro Gokita ,Chiharu Tomi, Toshiro Tanioka, Mikito Inokuchi. Double-tract reconstruction after laparoscopic proximal gastrectomy using detachable ENDO-PSD Surg Endosc. 2017.04; published online ( PubMed, DOI )

  11. Mikito Inokuchi, Sho Otsuki, Norihito Ogawa, Toshiro Tanioka, Keisuke Okuno, Kentaro Gokita, Tatsuyuki Kawano, Kazuyuki Kojima. Postoperative Complications of Laparoscopic Total Gastrectomy versus Open Total Gastrectomy for Gastric Cancer in a Meta-Analysis of High-Quality Case-Controlled Studies Gastroenterology research and practice. 2016.11; 2016:2617903. ( DOI )

  12. Ichiro Yamada, Keigo Hikishima, Naoyuki Miyasaka, Keiji Kato, Eisaku Ito, Kazuyuki Kojima, Tatsuyuki Kawano, Daisuke Kobayashi, Yoshinobu Eishi, Hideyuki Okano. q-space MR imaging of gastric carcinoma ex vivo: Correlation with histopathologic findings. Magn Reson Med. 2016.08; 76 (2): 602-612. ( PubMed, DOI )

  13. Ichiro Yamada, Keigo Hikishima, Naoyuki Miyasaka, Keiji Kato, Kazuyuki Kojima, Tatsuyuki Kawano, Eisaku Ito, Daisuke Kobayashi, Yoshinobu Eishi, Hideyuki Okano. Gastric carcinoma: Evaluation with diffusion-tensor MR imaging and tractography ex vivo. Magn Reson Imaging. 2016.02; 34 (2): 144-151. ( PubMed, DOI )

  14. 春木茂男、藤原尚志、小郷泰一、川田研郎、谷岡利朗、奥野圭祐、徳永正則、絹笠祐介. ハイボリュームセンターのオペ記事(消化管癌編) 食道癌 開胸手術のオペ記事 術中写真を撮ろう 臨床外科. 2023.12; 78 (13): 1426-1431.

  15. 谷岡利朗、奥野圭祐、小郷泰一、藤原尚志、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 消化器外科医としてこれだけは押さえておきたい腹壁瘢痕ヘルニアの治療 腹壁瘢痕ヘルニアに対する新しい術式 Enhanced view totally extraperitoneal technique(eTEP)-transversus abdominis muscle release(TAR) 外科. 2023.11; 85 (12): 1315-1320. ( DOI )

  16. 谷岡利朗、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、德永正則、絹笠祐介. eTEPの導入への準備と基本手技 臨床外科. 2023.04; 78 (4): 417-422.

  17. 谷岡利朗、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、德永正則、絹笠祐介. 総特集 腹壁ヘルニア修復術の新潮流ー瘢痕ヘルニア・臍ヘルニア・白線ヘルニア eTEPの導入への準備と基本手技 臨床外科. 2023.04; 78 (4): 417-422.

  18. 山口 和哉, 春木 茂男, 坂野 正佳, 藤原 尚志, 谷岡 利朗, 佐藤 雄哉, 川田 研郎, 徳永 正則, 絹笠 祐介. 【最新医療機器・材料を使いこなす】上部消化管 ICG蛍光法による胃管の血行動態評価 臨床外科. 2023.02; 78 (2): 140-143. ( DOI )

  19. 谷岡利朗、徳永正則、絹笠祐介. 総論 スコピストの養成方法 良いスコピストを育てるために 臨床外科. 2021.10; 76 (10): 1200-1205.

  20. 福与涼介、小嶋 一幸、梅林 佑弥、齋藤 稔史、金本 栄美、谷岡 利朗、小林 建太、中川 正敏、井ノ口 幹人. 【胃癌診療アップデート】 ロボット手術 消化器外科. 2019.02; 42 (2): 185-193. ( 医中誌 )

  21. 谷岡利朗、小嶋一幸、梅林佑弥、齋藤稔史、福与涼介、金本栄美、五木田憲太朗、小林建太、中川正敏、井ノ口幹人. 【胃癌治療ガイドライン最新版を読み解く-改定のポイントとその背景】 腹腔鏡下胃切除術の足跡と今後 幽門側胃切除術と胃全摘術 臨床外科. 2018.10; 73 (10): 1191-1195. ( DOI 医中誌 )

  22. 奥野圭祐、大槻将、小川憲人、谷岡利朗、五木田憲太朗、井ノ口幹人、小嶋一幸. 腹腔鏡下胃全摘術 超音波凝固切開装置と血管シーリング装置の適切な使用法 臨床外科. 2017.05; 72 (5): 552-556. ( 医中誌 )

  23. 五木田 憲太朗, 大槻 将, 奥野 圭祐, 谷岡 利朗, 小川 憲人, 井ノ口 幹人, 小嶋 一幸. 【エキスパートはここにこだわる!胃癌・大腸癌に対する腹腔鏡下手術】 胃の腹腔鏡下手術 進行胃癌に対する腹腔鏡下胃全摘術 消化器外科. 2017.03; 40 (3): 283-294. ( 医中誌 )

  24. 冨井知春、谷岡利朗、五木田憲太朗、奥野圭祐、小川憲人、大槻将、井ノ口幹人、小嶋一幸. 特集 最新の内視鏡外科手術の適応と注意点 各論 胃疾患 臨床外科. 2017.01; 72 (1): 16-21. ( 医中誌 )

  25. 五木田憲太朗、井ノ口幹人、大槻将、谷岡利朗、奥野圭祐、冨井知春、村瀬秀明、小嶋一幸. 内視鏡的粘膜下層剥離術後にリンパ節転移再発を来したα-フェトプロテイン産生胃癌の1例 癌と化学療法. 2016.11; 43 1872-1874. ( 医中誌 )

  26. 奥野圭祐、小嶋一幸、井ノ口幹人、大槻将、小川憲人、谷岡利朗、冨井知春、五木田憲太朗. Ⅱ.胃 3.噴門側胃切除術後再建 2)ダブルトラクト法 臨床雑誌「外科」. 2016.11; 78 (12): 1339-1344. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 奥野圭祐、小嶋一幸、井ノ口幹人、大槻将、小川憲人、谷岡利朗、冨井知春、五木田憲太朗. Ⅱ.胃 3.噴門側胃切除術後再建 2)ダブルトラクト法. 南江堂, 2016.12

  2. 奥野圭祐、小嶋一幸、井ノ口幹人、大槻将、村瀬秀明、谷岡利朗、冨井知春、五木田憲太朗. 腹腔鏡下手術における4K imaging システムの現状と展望. 医学書院, 2016.09

  3. 冨井知春、小嶋一幸、井ノ口幹人、大槻将、村瀬秀明、油谷知毅. 幽門側胃切除術後再建 Roux-en-Y:β再建. 金原出版, 2016.03 胃切除後再建

  4. 佐々木靖博, 本山悟, 宇佐美修悦, 中津敏充, 長岐雄志, 栗原伸泰, 天満和男, 中村正明, 神谷彰, 柴田浩行, 屯倉智, 小林宏寿, 小嶋一幸. がんプロフェッショナル養成基盤推進プランに基づいた秋田県地域病院への最先端腹腔鏡下胃・大腸がん手術の導入. 秋田大学, 2016

  5. 小林健太、小嶋一幸、井ノ口幹人、大槻将、藤森喜毅、佐藤雄哉、谷中淑光、樋口京子、冨田知春、油谷知毅. 完全腹腔鏡下胃切除術における切離ライン決定法. 医学書院, 2016

  6. 小嶋一幸. 技術認定に合格するためのコツ―審査基準と採点のポイント. 医学書院, 2016 腹腔鏡下幽門側胃切除術

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 奥野圭祐、谷岡利朗、小郷泰一、藤原尚志、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 術前臨床学的因子を用いた、胃癌に対するロボット支援胃切除術の手術合併症予測モデルの開発. 第96回日本胃癌学会総会 2024.03.01 京都

  2. Toshiro Tanioka, Ayumi Takaoka, Keisuke Okuno, Megumi Sasaki, Taichi Ogo, Marie Hanaoka, Hisashi Fujiwara, Kenro Kawada, Shigeo Haruki, Masanori Tokunaga, Yusuke Kinugasa. Enhanced view totally extraperitoneal approach (eTEP) for ventral and incisional hernia repair. 18th Annual International Congress of the Asia Pacific Hernia Society 2023 (APHS2023) 2023.09.22 Pennang

  3. Toshiro Tanioka, Kazuya Yamaguchi, Hisashi Fujiwara, Yuya Sato, Kenro Kawada, Shigeo Haruki, Masanori Tokunaga, Yusuke Kinugasa. Robotic-assisted gastrectomy for type 4 gastric cancer. International Gastric Cancer Congress 2023 (IGCC2023) 2023.06.17 Yokohama

  4. Masanori Tokunaga, Yuya Sato, Toshiro Tanioka, Kazuya Yamaguchi, Hisashi Fujiwara, Kenro Kawada, Shigeo Haruki, Yusuke Kinugasa. Optimal treatment for patients with resectable gastric cancer. International Gastric Cancer Congress 2023 (IGCC2023) 2023.06.16 Yokohama

  5. Yuya Sato, Masanori Tokunaga, Kazuya Yamaguchi, Hisashi Fujiwara, Toshiro Tanioka, Kenro Kawada, Shigeo Haruki, Yusuke Kinugasa. Development of prediction model of intra-abdominal infectious complication after gastrectomy with machine learning. International Gastric Cancer Congress 2023 (IGCC2023) 2023.06.15 Yokohama

  6. Toshiro Tanioka, Akihiro Hoshino, Takatoshi Matsuyama, Yusuke Kinugasa. Usefulness of Self-Made Instruction Manual for Laparoscopic Surgery. American College of Surgeons Clinical Congress 2019 2019.10.29 San Francisco

  7. Mikito Inokuchi, Masatoshi Nakagawa, Toshiro Tanioka, Kenta Kobayashi, Emi Kanemoto, Yuya Umebayashi, Toshifumi Saito, Ryousuke Fukuyo, Yasuaki Nakajima, Yusuke Kinugasa, Kazuyuki Kojima. Knacks of the assistant operator in laparoscopic gastrectomy with D2 lymphadenectomy. The 119th Annual Congress of Japan Surgical Society 2019.04.19 Osaka

  8. Toshiro Tanioka, Kazuyuki Kojima, Ryosuke Fukuyo, YuyaUmebayashi, Toshifumi Saito, Emi Kanemoto, Kenta Kobayashi, Masatoshi Nakagawa, Takatoshi Matsuyama, Mikito Inokuchi, Yasuaki Nakajima, Yusuke Kinugasa. Comaring short-term outcomes between robotic and laparoscopic gastrectomy. 91st Annual Meeting of the Japanese Gastric Cancer Association 2019.03.01 Numazu

  9. Emi Kanemoto, Kazuyuki Kojima, Masatoshi Nakagawa, Mikito Inokuchi, Kenta Kobayashi, Toshiro Tanioka, Kentaro Gokita, Keisuke Okuno, Takatoshi Matsuyama, Yasuaki Nakajima, Yusuke Kinugasa. Implications of less impact of obesity on laparoscopic VS open approach. 91st Annual Meeting of the Japanese Gastric Cancer Association 2019.03.01 Numazu

  10. Ryosuke Fukuyo, Kazuyuki Kojima, Yuya Umebayashi, Toshifumi Saito, Emi Kanemoto, Kentaro Gokita, Toshiro Tanioka, Kenta Kobayashi, Masatoshi Nakagawa, Takatoshi Matsuyama, Mikito Inokuchi, Yasuaki Nakajima, Yusuke Kinugasa. A case of curable conversion gastrectomy after CapeOX for an unresectable advanced gastric cancer. 91st Annual Meeting of the Japanese Gastric Cancer Association 2019.03.01 Numazu

  11. Toshifumi Saito, Kazuyuki Kojima. Mikito Inokuchi, Yuya Umebayashi, Ryosuke Fukuyo, Emi Kanemoto, Kenta Kobayashi, Toshiro Tanioka, Masatoshi Nakagawa, Takatoshi Matsuyama, Yasuaki Nakajima, Yusuke Kinugasa. Comparison of short and middle-term clinical outcomes between LPG and LTG. 91st Annual Meeting of the Japanese Gastric Cancer Association 2019.03.01 Numazu

  12. Yuya Umebayashi. Kazuyuki Kojima. Mikito Inokuchi, Toshifumi Saito, Ryosuke Fukuyo, Emi Kanemoto, Toshiro Tanioka, Kenta Kobayashi, Masatoshi Nakagawa, Takatoshi Matsuyama, Yasuaki Nakajima, Yusuke Kinugasa. Comparison with double tract method and esophagogastrostomy after Laparoscopic Proximal Gastrectomy. 91st Annual Meeting of the Japanese Gastric Cancer Association 2019.03.01 Numazu

  13. Masatoshi Nakagawa, Yuya Umebayashi, Toshifumi Saito, Ryosuke Fukuyo, Emi Kanemoto, Troshiro Tanioka, Kenta Kobayashi, Takatoshi Matsuyama, Yasuaki Nakajima, Mikito Inokuchi, Yusuke Kinugasa, Kazuyuki Kojima. Strategy for minimizing intraoperative troubles and trouble-shooting in laparoscopic gastrestomy. 91st Annual Meeting of the Japanese Gastric Cancer Association 2019.03.01 Numazu

  14. Mikito Inokuchi、Toshiro Tanioka、Masatoshi Nakagawa、Keisuke Okuno、Kentaro Gokita、Emi kanemoto、Kazuyuki Kojima. Long- and short-term outcomes of laparoscopic gastrectomy in clinical advanced gastric cancer. 90th Annual Meeting of the Japanese Gastric Cancer Association 2018.03.09 Yokohama

  15. Toshiro Tanioka、Emi kanemoto、Keisuke Okuno、Kentaro Gokita、Masatoshi Nakagawa、Mikito Inokuchi、Kazuyuki Kojima. Intracorporeal esophagojejunostomy using circular stapler after laparoscopic total gastrectomy. 90th Annual Meeting of the Japanese Gastric Cancer Association 2018.03.08 Yokohama

  16. Masatoshi Nakagawa、Kazuyuki Kojima、Mikito Inokuchi、Toshiro Tanioka、Kentaro Gokita、Keisuke Okuno. Short-term and long-term outcomes after gastrectomy for elderly patients. 90th Annual Meeting of the Japanese Gastric Cancer Association 2018.03.08 Yokohama

  17. Masatoshi Nakagawa、Emi kanemoto、Kentaro Gokita、Keisuke Okuno、Toshiro Tanioka、Mikito Inokuchi、Kazuyuki Kojima. Double tract reconstruction for laparoscopic proximal gastrectomy in our institute -procedure and short- and middle-term results-. 13th Japan-China-Korea Laparoscopic Gastrectomy Joint Seminar 2018.02.10 Beppu

  18. Toshiro Tanioka, Keisuke Okuno,Kentaro Gokita,Masatoshi Nakagawa, Mikito Inokuchi, Kazuyuki Kojima. An Intraoperative Educational Annotation System for Endoscopic Surger. 103th Annual Clinical Congress of the American College of Surgeons(ACS2017) 2017.10.25 San Diego(USA)

  19. K.Kojima, T.Tanioka, M.Inokuchi. Reconstruction after laparoscopic gastrectomy-Our procedure and clinical results-. Japan Digestive Disease Week 2017 2017.10.13 Fukuoka

  20. Masatoshi Nakagawai, Mikito Inokuchi, Sho Otuki, Norihito Ogawa, Toshiro Tanioka, Kazuyuki Kojima. Is laparoscopic approach an effective tool for total gastrectomy to obese patients. 12th International Gastric Cancer Congress 2017.04.22

  21. Keisuke Okuno, Kentaro Gokita, Toshiro Tanioka, Norihito Ogawa, Sho Otuki, Mikito Inokuchi, Kazuyuki Kojima. A study on gastroesophageal reflux disease after laparoscopic distal gastrectomy. 12th International Gastric Cancer Congress 2017.04.21

  22. Toshiro Tanioka, Keisuke Okuno, Kentaro Gokita, Mikito Inokuchi, Kazuyuki Kojima. Effect of postoperative complications on the long-term survival of patients with gastric cancer. 12th International Gastric Cancer Congress 2017.04.21

  23. Toshiro Tanioka, Keisuke Okuno, Kentaro Gokita,Norihito Ogawa, Mikito Inokuchi, Kazuyuki Kojima.. Roux-en-Y reconstruction after LDG - surgical technique and functional advantages . China-Japan-Korea Laparoscopic gastrectomy 2017.02.11

  24. Kentaro Gokita, Toshiro Tanioka, Keisuke Okuno, Chiharu Tomii, Hideaki Murase, Sho Otsuki, Mikito Inokuchi, Kazuyuki Kojima, Tatsuyuki Kawano. β-shaped intracorporeal Roux-en-Y Reconstruction after Totally Laparoscopic Distal Gastrectomy. 15th World Congress of Endoscopic Surgery 2016.11.10

  25. Sho Otsuki, Keisuke Okuno, Kentaro Gokita, Chiharu Tomii, Toshiro Tanioka, Hideaki Murase, Mikito Inokuchi , Kazuyuki Kojima, Tatsuyuki Kawano. Knack and pitfalls of the No.6 LNs dissection for laparoscopic gastrectomy. 15th World Congress of Endoscopic Surgery 2016.11.10

  26. Kazuyuki Kojima, Mikito Inokuchi, Sho Otuki, Toshiro Tanioka. Laparoscopic total gastrectomy(D2-No.10) for advanced gastric cancer-Its concept and Knacks and Pitfalls. 15th World Congress of Endoscopic Surgery 2016.11.10

  27. Toshiro Tanioka, Keisuke Okuno, Kentaro Gokita, Chiharu Tomii Hideaki Murase, Sho Otsuki, Mikito Inokuchi, Kazuyuki Kojima, Tatsuyuki Kawano. D2 lymph node dissection with splenectomy for laparoscopic total gastrectomy. 15th World Congress of Endoscopic Surgery 2016.11.10

  28. Keisuke Okuno, Kentaro Gokita,, Chiharu Tomii , Toshiro Tanioka, Hideaki Murase, Sho Otsuki, Mikito Inokuchi , Kazuyuki Kojima, Tatsuyuki Kawano. Reconstruction after laparoscopic total gastrectomy by circular stapler using purse-string suturing device (PSD). 15th World Congress of Endoscopic Surgery 2016.11.10

  29. Kazuyuki Kojima. Laparoscopic Proximal Gastrectomy with Double Tract Reconstruction under 3D Laparoscopy. The New Golden Standard:3D Laparoscopic Gastric Surgery 2016.08.06 Pusan

  30. 藤原尚志、小郷泰一、春木茂男、奥野圭祐、谷岡利朗、徳永正則、絹笠祐介. 下縦隔と腹部の層構造の連続性に基づいた横隔食道靭帯の実態と取扱い. 第96回日本胃癌学会総会 2024.03.01 京都

  31. 藤田孝尚、徳永正則、朝野紗稀子、八尾健太、辻啓明、布施匡啓、坂野正佳、奥野圭祐、小郷泰一、藤原尚志、谷岡利朗、川田研郎、春木茂男、絹笠祐介. 完全内臓逆位症患者に発症した胃癌に対してロボット支援幽門側胃切除術を施行した一例. 第96回日本胃癌学会総会 2024.03.01 京都

  32. 塚原啓司、谷岡利朗、安井友梨奈、八尾健太、石原慶、藤田孝尚、奥野圭祐、小郷泰一、藤原尚志、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 胎児消化管類似癌の1切除例. 第96回日本胃癌学会総会 2024.03.01 京都

  33. 谷岡利朗、奥野圭祐、小郷泰一、藤原尚志、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 上部胃癌に対するロボット支援胃切除術と脾温存脾門リンパ節郭清. 第96回日本胃癌学会総会 2024.02.29 京都

  34. 安井友梨奈、奥野圭祐、小郷泰一、藤原尚志、谷岡利朗、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 80歳以上の高齢者胃癌におけるロボット支援幽門側胃切除術の有用性の検討. 第96回日本胃癌学会総会 2024.02.29 京都

  35. 小郷泰一、藤原尚志、春木茂男、川田研郎、奥野圭祐、谷岡利朗、徳永正則、絹笠祐介. 食道胃接合部癌に対する胸腔内食道回腸吻合を伴う有茎回結腸間置による噴門部再建術. 第96回日本胃癌学会総会 2024.02.29 京都

  36. 石原慶、奥野圭祐、有賀翔太、田所裕規、安井友梨奈、塚原啓司、小郷泰一、藤原尚志、谷岡利朗、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. ダブルトラクト再建を用いた腹腔鏡下/ロボット支援下噴門側胃切除術の長期機能成績. 第96回日本胃癌学会総会 2024.02.29 京都

  37. 谷岡利朗、川田研郎. 頭頚部癌、食道癌患者に対する経皮内視鏡的胃瘻増設術後局所感染の検討. 第39回日本臨床栄養代謝学会学術集会(JSPEN2024) 2024.02.16 横浜

  38. 谷岡利朗、坂野正佳、中川俊作、朝野紗稀子、辻啓明、藤田孝尚、布施匡啓、八尾健太、佐々木恵、髙岡亜弓、奥野圭祐、小郷泰一、花岡まりえ、藤原尚志、山内慎一、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. ロボット支援ヘルニア修復術と腹腔鏡ヘルニア修復術の比較検討. 第16回ロボット外科学会学術集会 2024.02.10 米子

  39. 藤原尚志、小郷泰一、春木茂男、川田研郎、奥野圭祐、谷岡利朗、徳永正則、絹笠祐介. 食道癌手術の裏付けとなる解剖. 第1回JATS-NEXT Annual Conference 2024.01.27 大阪

  40. 新井映美、石原慶、谷岡利朗、髙岡亜弓、佐々木恵、奥野圭祐、小郷泰一、藤原尚志、花岡まりえ、山内慎一、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 鼠経部リンパ節郭清を伴う尿道原発悪性黒色腫術後に発生した大腿ヘルニア嵌頓の一例. 第870回外科集談会(日本臨床外科学会東京支部会) 2023.12.16 東京

  41. 奥野圭祐、谷岡利朗、小郷泰一、藤原尚志、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 術前血液検査を含む臨床学的因子を用いた、胃癌に対するロボット胃切除術の合併症予測モデルの開発. 第36回日本内視鏡外科学会総会(JSES2023) 2023.12.09 横浜

  42. 坂井義博、徳永正則、山﨑嘉美、髙岡亜弓、山口和哉、花岡まりえ、岩田乃理子、藤原尚志、谷岡利朗、佐藤雄哉、山内慎一、春木茂男、絹笠祐介. 手術支援ロボットSaroaを用いたロボット手術における接触力フィードバックの有用性の検討. 第36回日本内視鏡外科学会総会(JSES2023) 2023.12.09 横浜

  43. 田所裕規、小郷泰一、有賀翔太、安井友梨奈、石原慶、塚原啓司、奥野圭祐、藤原尚志、谷岡利朗、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 当院におけるロボット支援下鼠径ヘルニア修復術の短期成績の検討. 第36回日本内視鏡外科学会総会(JSES2023) 2023.12.09 横浜

  44. 藤原尚志、小郷泰一、春木茂男、川田研郎、奥野圭祐、谷岡利朗、徳永正則、絹笠祐介. 頸部・縦隔における食道を中心とした同心円状の層構造を活用した食道亜全摘術. 第36回日本内視鏡外科学会総会(JSES2023) 2023.12.09 横浜

  45. 石原慶、奥野圭祐、有賀翔太、田所裕規、安井友梨奈、塚原啓司、小郷泰一、藤原尚志、谷岡利朗、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. ダブルトラクト再建を用いた腹腔鏡下/ロボット支援下噴門側胃切除術の長期機能成績. 第36回日本内視鏡外科学会総会(JSES2023) 2023.12.09 横浜

  46. 山﨑嘉美、徳永正則、坂井義博、髙岡亜弓、山口和哉、岩田乃理子、藤原尚志、谷岡利朗、佐藤雄哉、山内慎一、花岡まりえ、川田研郎、春木茂男、絹笠祐介. 力覚フィードバック機能を有する手術支援ロボットを用いた縫合手技の検討. 第36回日本内視鏡外科学会総会(JSES2023) 2023.12.09 横浜

  47. 小郷泰一、藤原尚志、春木茂男、川田研郎、坂野正佳、奥野圭祐、谷岡利朗、徳永正則、絹笠祐介. 同心円状モデルに基づいた食道癌右上縦隔郭清手技. 第36回日本内視鏡外科学会総会(JSES2023) 2023.12.08 横浜

  48. 藤原尚志、小郷泰一、春木茂男、川田研郎、坂野正佳、奥野圭祐、谷岡利朗、徳永正則、絹笠祐介. 頸部正中アプローチと経皮ポートにより胸腔鏡と同様の手術操作を目指した縦隔鏡下食道亜全摘術. 第36回日本内視鏡外科学会総会(JSES2023) 2023.12.08 横浜

  49. 塚原啓司、春木茂男、有賀翔太、安井友梨奈、田所裕規、石原慶、奥野圭祐、小郷泰一、藤原尚志、谷岡利朗、川田研郎、徳永正則、絹笠祐介. バレット食道腺癌術後の残食道腺癌に対し胸腔鏡下食道切除術を施行した一例. 第36回日本内視鏡外科学会総会(JSES2023) 2023.12.08 横浜

  50. 有賀翔太、谷岡利朗、石原慶、田所裕規、塚原啓司、安井友梨奈、奥野圭祐、小郷泰一、藤原尚志、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 上部進行胃癌に対する脾温存脾門リンパ節郭清の短期成績の検討. 第36回日本内視鏡外科学会総会(JSES2023) 2023.12.08 横浜

  51. 谷岡利朗、坂野正佳、有賀翔太、石原慶、田所裕規、塚原啓司、安井友梨奈、奥野圭祐、小郷泰一、藤原尚志、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. ロボット手術におけるトラブルとトラブルシューティング. 第36回日本内視鏡外科学会総会(JSES2023) 2023.12.07 横浜

  52. 藤原尚志、小郷泰一、春木茂男、川田研郎、坂野正佳、奥野圭祐、谷岡利朗、徳永正則、絹笠祐介. 食道胃接合部癌に対する胸腔内吻合を伴う有茎回結腸間置・噴門部再建術. 第36回日本内視鏡外科学会総会(JSES2023) 2023.12.07 横浜

  53. 安井友梨奈、奥野圭祐、有賀翔太、田所裕規、石原慶、塚原啓司、小郷泰一、藤原尚志、谷岡利朗、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 80歳以上の高齢胃癌患者に対するロボット支援手術の有用性の検討. 第36回日本内視鏡外科学会総会(JSES2023) 2023.12.07 横浜

  54. 春木茂男、奥野圭祐、小郷泰一、藤原尚志、谷岡利朗、川田研郎、徳永正則、絹笠祐介. 当院における上部消化管外科診療の現状と問題. 第85回日本臨床外科学会 2023.11.18 岡山

  55. 谷岡利朗、中川真理、中川俊作、髙岡亜弓、佐々木恵、奥野圭祐、小郷泰一、藤原尚志、花岡まりえ、山内慎一、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 外科を魅力的にするためにやるべきこと. 第85回日本臨床外科学会 2023.11.17 岡山

  56. 藤原尚志、小郷泰一、春木茂男、奥野圭祐、谷岡利朗、徳永正則、絹笠祐介. 食道胃接合部癌に対する下部食道切除後に確実な逆流防止を実現する回結腸間置・噴門部再建術. 第85回日本臨床外科学会 2023.11.17 岡山

  57. 藤原尚志、小郷泰一、春木茂男、川田研郎、奥野圭祐、谷岡利朗、徳永正則、絹笠祐介. 同心円状の筋膜構造に沿った鈍的・鋭的剥離を基本とした食道癌・反回神経周囲郭清の手術手技. 第74回日本気管食道科学会 2023.11.14 福岡

  58. 藤原尚志、春木茂男、小郷泰一、川田研郎、奥野圭祐、谷岡利朗、徳永正則、絹笠祐介. 胸腔内吻合を伴う有茎回結腸間置による、食道胃接合部癌手術の新しい再建方法. 第76回日本胸部外科学会定期学術集会 2023.10.20 仙台

  59. 谷岡利朗. 胃癌手術におけるロボット手術教育の工夫. 10th Surgical Education Summit 2023.09.03

  60. 藤原尚志、山口和哉、春木茂男、川田研郎、谷岡利朗、佐藤雄哉、徳永正則、絹笠祐介. 外科解剖に則った頸部正中アプローチ・4ポートでの縦隔鏡下食道亜全摘術. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.14 函館

  61. 谷岡利朗、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 腹膜高位切開法を用いた腹腔鏡下/ロボット支援下鼠経ヘルニア修復術. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.13 函館

  62. 大友真由子、藤原尚志、山口和哉、谷岡利朗、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 食道癌手術における気管分岐部郭清の手術手技と同心円状モデルに基づく外科解剖による裏付け. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.13 函館

  63. 山﨑嘉美、谷岡利朗、坂野正佳、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 当院における大型3型/4型胃癌に対する術前DOS療法の短期治療成績. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.12 函館

  64. 佐藤雄哉、徳永正則、山口和哉、藤原尚志、谷岡利朗、川田研郎、春木茂男、絹笠祐介. アドバンスドバイポーラー/LCSを用いないロボット支援下胃切除術について. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.12 函館

  65. 山口和哉、春木茂男、坂野正佳、藤原尚志、谷岡利朗、佐藤雄哉、川田研郎、徳永正則、絹笠祐介. 頸部食道癌に対する頸部食道切除術の短期成績および長期成績の検討. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.12 函館

  66. 小郷泰一、藤原尚志、春木茂男、山口和哉、川田研郎、坂野正佳、谷岡利朗、佐藤雄哉、徳永正則、絹笠祐介. 安全性・根治性・機能性を兼ね備えた、食道胃接合部癌に対する下部食道切除後の新しい再建法. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.12 函館

  67. 山口和哉、春木茂男、坂野正佳、藤原尚志、谷岡利朗、佐藤雄哉、川田研郎、德永正則、絹笠祐介. 肺門リンパ節転移を伴う食道癌に対してICI併用CF療法後に根治手術を施行した1例. 第77回日本食道学会学術集会 2023.06.29 大阪

  68. 藤原尚志、春木茂男、山口和哉、川田研郎、坂野正佳、谷岡利朗、佐藤雄哉、德永正則、絹笠祐介. 安全性・機能性・根治性を兼ね備えた下部食道切除後の胸腔内吻合・回結腸間置再建術. 第77回日本食道学会学術集会 2023.06.29 大阪

  69. 谷岡利朗、谷田部悠介、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. ロボット支援下鼠径ヘルニア修復術の現状と今後. 第21回日本ヘルニア学会学術集会 2023.05.26 大阪

  70. 谷田部悠介、谷岡利朗、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 人口尿道括約筋植込術後の患者における鼠径ヘルニアに対する治療成績. 第21回日本ヘルニア学会学術集会 2023.05.26 大阪

  71. 大友真由子、川田研郎、芥田壮平、谷田部悠介、山﨑嘉美、谷岡利朗、佐藤雄哉、伊藤崇、春木茂男. 吐血を契機に発見されたLSBE由来の表在型Barrett食道癌の一例. 第105回日本消化器内視鏡学会総会 2023.05.26 東京

  72. 山口和哉、谷岡利朗、坂野正佳、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 膵体尾部切除術後の横隔膜ヘルニア嵌頓の1例. 第21回日本ヘルニア学会学術集会 2023.05.26 大阪

  73. 藤原尚志、山口和哉、春木茂男、谷岡利朗、佐藤雄哉、川田研郎、徳永正則、絹笠祐介. 食道胃接合部癌に対する有茎回結腸間置および胸腔内吻合による下部食道・噴門再建術. 第77回手術手技研究会 2023.05.12 名古屋

  74. 山口和哉、春木茂男、小田豊士、坂井義博、藤井友夏里、鈴木悠太、中川真理、大和美寿々、藤原尚志、谷岡利朗、佐藤雄哉、川田研郎、徳永正則、絹笠祐介. 76歳以上のcStageⅡ/Ⅲ食道癌への治療方針の選択と根治切除症例の予後の検討. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.29 東京

  75. 谷岡利朗、坂野正佳、小田豊士、坂井義博、鈴木悠太、中川真理、藤井友夏里、大和美寿々、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 上部進行胃癌に対するロボット支援下胃切除術とリンパ節郭清. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.27 東京

  76. 坂井義博、谷岡利朗、坂野正佳、小田豊士、鈴木悠太、中川真理、藤井友夏里、大和美寿々、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 胃切除術後の腹壁瘢痕ヘルニア発生の検討. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.27 東京

  77. 鈴木悠太、佐藤雄哉、坂野正佳、小田豊士、坂井義博、中川真理、藤井友夏里、大和美寿々、山口和哉、谷岡利朗、藤原尚志、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. Sureformを用いた、ロボット支援下幽門側胃切除後新三角吻合について. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.27 東京

  78. 藤井友夏里、佐藤雄哉、坂野正佳、小田豊士、坂井義博、鈴木悠太、中川真理、大和美寿々、山口和哉、藤原尚志、谷岡利朗、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. ディープラーニングを用いた術前造影CT画像によるリンパ節転移予測について. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.27 東京

  79. 小田豊士、山口和哉、坂井義博、鈴木悠太、藤井友夏里、中川真理、大和美寿々、藤原尚志、谷岡利朗、佐藤雄哉、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 当科におけるCF療法・DCF療法に不応な食道癌に対するCBDCA/PTX併用化学放射線療法の検討. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.27 東京

  80. 徳永正則、谷岡利朗、佐藤雄哉、山口和哉、藤原尚志、川田研郎、春木茂男、絹笠祐介. 局所進行胃癌に対する術前化学療法. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.27 東京

  81. 谷岡利朗、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 上部胃癌に対するロボット支援下胃切除術とリンパ節郭清. 第95回日本胃癌学会総会 2023.02.25 札幌

  82. 藤原尚志、山口和哉、谷岡利朗、佐藤雄哉、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 左腎筋膜前葉の筋膜剥離を先行させた噴門周囲・左胃動脈周囲郭清手技. 第95回日本胃癌学会総会 2023.02.24 札幌

  83. 佐藤雄哉、徳永正則、坂野正佳、小田豊士、坂井義博、鈴木悠太、中川真理、藤井友夏里、大和美寿々、山口和哉、藤原尚志、谷岡利朗、川田研郎、春木茂男、絹笠祐介. 機械学習を用いた、胃癌術後腹腔内感染性合併症の最良予測モデルの探索. 第95回日本胃癌学会総会 2023.02.24 札幌

  84. 谷岡利朗、石橋直弥、坂野正佳、中川俊作、芥田壮平、井川勇人、谷田部悠介、山﨑嘉美、髙岡亜弓、山口和哉、花岡まりえ、岩田乃理子、藤原尚志、佐藤雄哉、山内慎一、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. ロボット支援下鼠経ヘルニア修復術の導入. 第15回日本ロボット外科学会学術集会 2023.02.02 名古屋

  85. 谷岡利朗、芥田壮平、井川勇人、大友真由子、谷田部悠介、山﨑嘉美、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 腹壁ヘルニアに対する治療戦略. 第10回沖縄ヘルニア研究会 2023.01.08 沖縄

  86. 佐藤雄哉、徳永正則、坂野正佳、芥田壮平、井川勇人、大友真由子、谷田部悠介、山﨑嘉美、山口和哉、藤原尚志、谷岡利朗、川田研郎、春木茂男、絹笠祐介. アドバンスドバイポーラー/LCSを用いない、バイポーラソフト凝固法によるロボット支援下胃切除術について. 第35回日本内視鏡外科学会総会(JSES2022) 2022.12.10 名古屋

  87. 春木茂男、山口和哉、坂野正佳、藤原尚志、佐藤雄哉、谷岡利朗、川田研郎、鈴木邦士、三浦昭順、徳永正則、絹笠祐介. 腹腔鏡下食道癌手術における食道外科専門医の責務. 第35回日本内視鏡外科学会総会(JSES2022) 2022.12.10 名古屋

  88. 井川勇人、山口和哉、芥田壮平、大友真由子、谷田部悠介、山﨑嘉美、坂野正佳、藤原尚志、谷岡利朗、佐藤雄哉、春木茂男、川田研郎、徳永正則、絹笠祐介. 術前補助化学療法後の進行胃癌に対するロボット支援下手術の短期成績に関する検討. 第35回日本内視鏡外科学会総会(JSES2022) 2022.12.10 名古屋

  89. 谷田部悠介、谷岡利朗、坂野正佳、芥田壮平、井川勇人、大友真由子、山﨑嘉美、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 空腸間膜神経鞘腫に対して腹腔鏡下腫瘍核手術を行った1例. 第35回日本内視鏡外科学会総会(JSES2022) 2022.12.10 名古屋

  90. 谷岡利朗、坂野正佳、芥田壮平、井川勇人、大友真由子、谷田部悠介、山﨑嘉美、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 胃癌手術におけるロボット支援手術教育の工夫. 第35回日本内視鏡外科学会総会(JSES2022) 2022.12.09 名古屋

  91. 山﨑嘉美、谷岡利朗、坂野正佳、芥田壮平、井川勇人、大友真由子、谷田部悠介、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. eTEPによる腹壁ヘルニア修復術におけるセルフグリップメッシュ展開法の工夫. 第35回日本内視鏡外科学会総会(JSES2022) 2022.12.09 名古屋

  92. 山口和哉、藤原尚志、坂野正佳、芥田壮平、井川勇人、大友真由子、谷田部悠介、山﨑嘉美、谷岡利朗。佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 食道癌手術における腹部郭清の要所ー筋膜構造を意識した郭清ー. 第35回日本内視鏡外科学会総会(JSES2022) 2022.12.09 名古屋

  93. 藤原尚志、山口和哉、春木茂男、川田研郎、芥田壮平、井川勇人、大友真由子、谷田部悠介、山﨑嘉美、坂野正佳、谷岡利朗、佐藤雄哉、徳永正則、絹笠祐介. 筋膜構造に対して電気メスによる剥離操作を先行させる胸腔鏡・腹腔鏡下食道癌手術. 第35回日本内視鏡外科学会総会(JSES2022) 2022.12.09 名古屋

  94. 大友真由子、藤原尚志、坂野正佳、芥田壮平、井川勇人、谷田部悠介、山﨑嘉美、山口和哉、谷岡利朗、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、徳永正則、絹笠祐介. 同心円状モデルに基づいた食道癌手術における右上縦隔郭清の定型化. 第35回日本内視鏡外科学会総会(JSES2022) 2022.12.09 名古屋

  95. 芥田壮平、春木茂男、坂野正佳、井川勇人、大友真由子、谷田部悠介、山﨑嘉美、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、谷岡利朗、川田研郎、徳永正則、絹笠祐介. 胸部食道癌ESD後の106recR再発に対し、胸腔鏡下リンパ節郭清術を施行した1例. 第35回日本内視鏡外科学会総会(JSES2022) 2022.12.09

  96. Masanori Tokunaga, Yuya Sato, Toshiro Tanioka, Kazuya Yamaguchi, Hisashi Fujiwara, Kenro Kawada, Shigeo Haruki, Yusuke Kinugasa. Early Exposure of Robotic Surgery to Trainees. The 35 th Annual Meeting of the Japan Society for Endoscopic Surgery(JSES2022) 2022.12.08 名古屋

  97. 井川勇人、谷岡利朗、坂野正佳、芥田壮平、大友真由子、谷田部悠介、山﨑嘉美、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、德永正則、絹笠祐介. 腹腔内出血を伴う巨大胃滑膜内腫に対して噴門側胃切除術により腫瘍を摘出した1例. 第84回日本臨床外科学会総会 2022.11.24 福岡

  98. 絹笠祐介、山内慎一、岩田乃理子、花岡まりえ、髙岡亜弓、藤原尚志、山口和哉、佐藤雄哉、谷岡利朗、春木茂男、徳永正則. 腹腔鏡下からロボット支援下への完全移行を目指した当科の取り組み. 第84回日本臨床外科学会総会 2022.11.24 福岡

  99. 谷岡利朗、坂野正佳、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、德永正則、絹笠祐介. 腹腔鏡下胃切除術後の腹壁瘢痕ヘルニアの検討. 第52回胃外科・術後障害研究会 2022.11.18 沼津

  100. 山口和哉、春木茂男、坂野正佳、石橋直弥、中川俊作、井川勇人、芥田壮平、山﨑嘉美、大友真由子、矢田部悠介、藤原尚志、谷岡利朗、佐藤雄哉、德永正則、絹笠祐介. 頸部食道癌に対する頸部食道切除術の周術期経過と機能的予後の検討. 第60回日本癌治療学会学術集会 2022.10.21 神戸

  101. 谷岡利朗、山口和哉、藤原尚志、佐藤雄哉、川田研郎、春木茂男、德永正則、絹笠祐介. 腹腔鏡下ヘルニア修復術におけるカリキュラム作りとその成果-Surgeons as Educators 2019から3年を経て-. 9th Surgical Education Summit 2022.09.18 札幌

  102. 辻沖眞康、早坂美紗、渡邊祐介、谷岡利朗、鈴木研裕、玉手雅人、斉藤和輝、波田豪、瓦林靖広、池田芳紀. FUSE資格者有志によるエネルギーデバイス用語集作成プロジェクト. 9th Surgical Education Summit 2022.09.18 札幌

  103. Masanori Tokunaga, Yuya Sato, Toshiro Tanioka, Masayoshi Sakano, Kazuya Yamaguchi, Hisashi Fujiwara, Shigeo Haruhi, Kenro Kawada, Yusuke Kinugasa. Neoadjuvant chemotherapy for patients with locally advanced gastric cancer. The 77th General Meeting of the Japanese Society of Gastroenterological Surgery 2022.07.20 Yokohama

  104. 小林健太、福与涼介、梅林佑弥、齋藤稔史、金本栄美、谷岡利郎、中川正敏、松山貴俊、中島康晃、井ノ口幹人、絹笠祐介、小嶋一幸. 胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術後Roux-en-Y再建:体腔内胃空腸吻合法と体腔外胃空腸吻合法との比較検討. JDDW 2019 KOBE 2019.11.22 神戸

  105. 齋藤稔史、梅林佑弥、福与涼介、谷岡利朗、中川正敏、松山貴俊、井ノ口幹人、中島康晃、絹笠祐介. 画像による胃切除術後の総胆管拡張の評価. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  106. 中川正敏、金本栄美、谷岡利朗、小林建太、松山貴俊、中島康晃、井ノ口幹人、絹笠祐介. 腹腔鏡下胃切除における、早期経口摂取、早期退院クリニカルパスの妥当性の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  107. 金本栄美、井ノ口幹人、谷岡利朗、小林建太、中川正敏、松山貴俊、中島康晃、絹笠祐介. 腹腔鏡下噴門側胃切除におけるダブルトラクト再建法と食道残胃吻合の長期成績の比較検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  108. 谷岡利朗、井ノ口幹人、梅林佑弥、齋藤稔史、福与涼介、小林建太、中川正敏、松山貴俊、中島康晃、絹笠祐介. 当科におけるロボット支援下胃切除術の現状と展望. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.17 東京

  109. 東海林裕、星野明弘、谷岡利朗、中嶋昭、松井俊大、川村雄大、山口和哉. 当院における前立腺癌術後の鼠経ヘルニア治療. 第17回日本ヘルニア学会学術集会 2019.05.25 四日市市

  110. 谷岡利朗、小嶋一幸、梅林佑弥、齋藤稔史、福与涼介、金本栄美、五木田憲太朗、小林建太、中川正敏、松山貴俊、井ノ口幹人、中島康晃、絹笠祐介. ロボット支援下と腹腔鏡下による幽門側胃切除術における手術時間の比較検討. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.20 大阪

  111. 梅林佑弥、小嶋一幸、井ノ口幹人、齋藤稔史、福与涼介、金本栄美、谷岡利朗、小林建太、中川正敏、松山貴俊、中島康晃、絹笠祐介. 腹腔鏡下噴門側胃切除におけるダブルトラクト再建法と食道残胃吻合の中期成績の比較検討. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.20 大阪

  112. 小林建太、谷岡利朗、梅林佑弥、齋藤稔史、福与涼介、金本栄美、五木田憲太朗、中川正敏、松山貴俊、中島康晃、井ノ口幹人、絹笠祐介、小嶋一幸. 当科における腹腔鏡下幽門側胃切除術後の体腔内R-Y再建法と体腔外R-Y再建法の比較. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.19 大阪

  113. 金本栄美、五木田憲太朗、谷岡利朗、小林建太、中川正敏、松山貴俊、中島康晃、井ノ口幹人、絹笠祐介、小嶋一幸. 肥満患者における腹腔鏡下胃全摘術の妥当性の検討. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.19 大阪

  114. 齋藤稔史、小嶋一幸、井ノ口幹人、梅林佑弥、福与涼介、金本栄美、谷岡利朗、中川正敏、松山貴俊、中島康晃、絹笠祐介. 腹腔鏡下噴門側胃切除術と腹腔鏡下胃全摘術の術後短期・中長期における合併症・機能評価の比較検討. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.19 大阪

  115. 中川正敏、梅林佑弥、齋藤稔史、福与涼介、金本栄美、谷岡利朗、小林建太、松山貴俊、中島康晃、井ノ口幹人、絹笠祐介、小嶋一幸. 高齢者に対する胃切除術における短期および長期成績の検討. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.19 大阪

  116. 福与涼介、小嶋一幸、梅林佑弥、齋藤稔史、金本栄美、五木田憲太朗、谷岡利朗、小林建太、中川正敏、松山貴俊、井ノ口幹人、中島康晃、絹笠祐介. 胃切除術後の十二指腸断端瘻について. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.18 大阪

  117. 瀬島啓史、廣瀬夕紀、峯岸香奈子、降幡翔、黒澤菖子、佐藤彩美、倉島直樹、谷岡利朗、松山貴俊、絹笠祐介、小嶋一幸、田邉稔. 複数の診療科に対応可能なda Vinciの導入と運用. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.07 福岡

  118. 谷岡利朗、梅林佑弥、齋藤稔史、福与涼介、金本栄美、五木田憲太朗、小林建太、中川正敏、松山貴俊、井ノ口幹人、中島康晃、絹笠祐介、小嶋一幸. 腹腔鏡下幽門側胃切除後のBillroth I法再建とRoux-Y再建による機能評価の比較検討. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.07 福岡

  119. 中川正敏、齋藤稔史、梅林佑弥、福与涼介、金本栄美、谷岡利朗、小林建太、松山貴俊、中島康晃、井ノ口幹人、絹笠祐介、小嶋一幸. 腹腔鏡下胃切除の難易度評価のためのgrading score. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.07 福岡

  120. 齋藤稔史、梅林佑弥、福与涼介、金本栄美、谷岡利朗、小林建太、中川正敏、松山貴俊、井ノ口幹人、中島康晃、絹笠祐介、小嶋一幸. 当科における腹腔鏡下胃全摘術と腹腔鏡下噴門側胃切除術の術後短期成績と機能評価の比較検討. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.07 福岡

  121. 中川正敏、金本栄美、五木田憲太朗、小林建太、谷岡利朗、齋藤稔史、福与涼介、梅林佑弥、松山貴俊、中島康晃、井 ノ口幹人、絹笠祐介、小嶋一幸. 腹腔鏡下胃切除の際の術中偶発症ー回避とトラブルシューティングのポイントー. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.24 東京

  122. 齋藤稔史、小林建太、谷岡利朗、梅林佑弥、福与涼介、金本栄美、五木田憲太朗、中川正敏、松山貴俊、井ノ口幹人、中島康晃、絹笠祐介、小嶋一幸. 腹腔鏡下噴門側胃切除術におけるダブルトラクト再建と食道残胃吻合の中長期成績の比較検討. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.23 東京

  123. 福与涼介、齋藤稔史、梅林佑弥、金本栄美、五木田憲太朗、谷岡利朗、小林建太、中川正敏、松山貴俊、中島康晃、井ノ口幹人、絹笠祐介、小嶋一幸. 当科における腹腔鏡下胃全摘術と腹腔鏡下噴門側胃切除術の治療成績の検討. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.23 東京

  124. 谷岡利朗、梅林佑弥、齋藤稔史、福与涼介、金本栄美、五木田憲太朗、小林建太、中川正敏、松山貴俊、井ノ口幹人、中島康晃、絹笠祐介、小嶋一幸. 当科におけるロボット支援下胃切除術の手技とその検討. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.22 東京

  125. 谷岡利朗、小嶋一幸、梅林佑弥、金本栄美、五木田憲太朗、小林建太、中川正敏、井ノ口幹人、松山貴俊、中島康晃、絹笠祐介. アノテーションシステムを用いた術中教育支援システムとその応用. JDDW2018 (Japan Digestive Disease Week)第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.02 神戸

  126. 中川正敏、金本栄美、小林建太、谷岡利朗、松山貴俊、中島康晃、井 ノ口幹人、絹笠祐介、小嶋一幸. 高齢者に対する胃切除術における短期および長期成績の検討. JDDW2018 (Japan Digestive Disease Week)第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.02 神戸

  127. 金本栄美、奥野圭祐、中川正敏、谷岡利朗、松山貴俊、中島康晃、井ノ口幹人、絹笠祐介、小嶋一幸. 腹腔鏡下噴門測胃切除術後の再建法による中期成績の比較-ダブルトラクト再建と食道残胃吻合-. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  128. 井ノ口幹人、谷岡利朗、中川正敏、奥野圭祐、五木田憲太朗、金本栄美、中島康晃、絹笠祐介、小嶋一幸. 肥満症例の胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  129. 奥野圭祐、金本栄美、五木田憲太朗、中川正敏、谷岡利朗、松山貴俊、中島康晃、井ノ口幹人、絹笠祐介、小嶋一幸. 腹腔鏡下幽門測胃切除術後の長期機能評価プロペンシティマッチ解析による検討. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  130. 五木田憲太朗、金本栄美、奥野圭祐、中川正敏、谷岡利朗、松山貴俊、中島康晃、井ノ口幹人、絹笠祐介、小嶋一幸. 当科における腹腔鏡下胃全摘術と腹腔鏡下噴門測胃切除術の治療成績の検討. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  131. 谷岡利朗、小嶋一幸、金本栄美、奥野圭祐、五木田憲太朗、中川正敏、井ノ口幹人、松山貴俊、中島康晃、絹笠祐介. 内視鏡下手術におけるアノテーションを用いた手術支援システム. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.11 鹿児島

  132. 谷岡利朗、小嶋一幸、星野明弘、松山貴俊、東海林裕. 胃癌患者における鼠径部ヘルニアの治療戦略. 第16回日本ヘルニア学会学術集会 2018.06.30 札幌

  133. 東海林裕、星野明弘、谷岡利朗、中嶋昭、奥田将史、川村雄大、小嶋一幸. 当院における前立腺術後の鼠経ヘルニア治療. 第16回日本ヘルニア学会学術集会 2018.06.30 東京

  134. 山口和哉、星野明弘、川村雄大、奥田将史、谷岡利朗、東海林裕、小嶋一幸. 非代償性肝硬変を併存し治療方針の決定に熟慮を要した再発性臍ヘルニアの1例. 第16回日本ヘルニア学会学術集会 2018.06.30 東京

  135. 星野明弘、山口和哉、川村雄大、奥田将史、谷岡利朗、東海林裕、小嶋一幸. 治療困難が予想される巨大ヘルニアに対する治療戦略. 第16回日本ヘルニア学会学術集会 2018.06.30 東京

  136. 谷岡利朗、小嶋一幸、星野明弘、松山貴俊、東海林裕. 腹腔鏡下鼠径部ヘルニア修復術の指導法. 第16回日本ヘルニア学会学術集会 2018.06.29 札幌

  137. 川村雄大、東海林裕、星野明弘、谷岡利朗、奥田将史、山口和哉、中嶋昭、小嶋一幸. 当院で経験した腎摘後の上腰ヘルニアの2例. 第16回日本ヘルニア学会学術集会 2018.06.29 東京

  138. 谷岡利朗、小嶋一幸、梅林佑弥、金本栄美、小林建太、中川正敏、井ノ口幹人、松山貴俊、絹笠祐介. 組立式たばこ縫合器と自動吻合器を用いた腹腔鏡下胃全摘後の再建法. 第43回日本外科系連合学会学術集会 2018.06.23 東京

  139. 小林建太、金本栄美、谷岡利朗、中川正敏、松山貴俊、井ノ口幹人、絹笠祐介、小嶋一幸. 高齢者に対する胃切除術における短期および長期成績の検討. 第43回日本外科系連合学会学術集会 2018.06.22 東京

  140. 中川正敏、金本栄美、谷岡利朗、小林建太、松山貴俊、井 ノ口幹人、絹笠祐介、小嶋一幸. 腹腔鏡下胃切除の際の術中偶発症回避とトラブルシューティングのポイント. 第43回日本外科系連合学会学術集会 2018.06.22 東京

  141. 奥野 圭祐、金本栄美、五木田 憲太朗、中川 正敏、谷岡 利朗、井ノ口 幹人、小嶋 一幸. ダブルトラクト再建を用いた腹腔鏡下噴門側胃切除術の安全性と術後機能評価. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.06 東京

  142. 井ノ口 幹人、谷岡 利朗、中川 正敏、奥野 圭祐、五木田 憲太朗、金本栄美、小嶋 一幸. 腹腔鏡下VS開腹脾温存胃全摘術の短期・長期成績. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  143. 金本栄美、小嶋 一幸、井ノ口 幹人、谷岡 利朗、中川 正敏、奥野 圭祐、五木田 憲太朗. 異所性膵癌の一例. 第90回日本胃癌学会総会 2018.03.09 横浜

  144. 五木田 憲太朗、金本栄美、奥野 圭祐、中川 正敏、谷岡 利朗、井ノ口 幹人、小嶋 一幸. 腹腔鏡下噴門側胃切除術における再建法( 食道残胃吻合vs. ダブルトラクト再建) の比較検討. 第90回日本胃癌学会総会 2018.03.09 横浜

  145. Keisuke Okuno、Emi kanemoto、Kentaro Gokita、Masatoshi Nakagawa、Toshiro Tanioka、Mikito Inokuchi、Kazuyuki Kojima. 当科における、脾合併切除を伴う腹腔鏡下脾門部郭清の方法と短期成績. 第90回日本胃癌学会総会 2018.03.08 横浜

  146. 奥野 圭祐、金本栄美、五木田 憲太朗、中川 正敏、谷岡 利朗、井ノ口 幹人、小嶋 一幸. 腹腔鏡下幽門側胃切除術後の長期機能評価に関する検討. 第30回日本内視鏡外科学会総会 2017.12.09 京都

  147. 谷岡 利朗、金本栄美、奥野 圭祐, 五木田 憲太朗、中川 正敏、井ノ口 幹人、小嶋 一幸. アノテーションシステムを用いた術中教育支援システム. 第30回日本内視鏡外科学会総会 2017.12.07 京都

  148. 五木田 憲太朗、金本栄美、奥野 圭祐、中川 正敏、谷岡 利朗、井ノ口 幹人、小嶋 一幸. 進行胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術の長期成績. 第30回日本内視鏡外科学会総会 2017.12.07 京都

  149. 井ノ口 幹人, 谷岡 利朗、中川 正敏、奥野 圭祐, 五木田 憲太朗、金本栄美、小嶋 一幸. 臨床的・病理学的進行胃癌における腹腔鏡下vs開腹胃切除術の短期・長期成績:傾向スコア・マッチング研究. 第30回日本内視鏡外科学会総会 2017.12.07 京都

  150. 金本栄美、小嶋 一幸、谷岡 利朗、中川 正敏、井ノ口 幹人、奥野 圭祐, 五木田 憲太朗. 腹腔鏡下噴門側胃切除術におけるダブルトラクト再建の中期成績. 第30回日本内視鏡外科学会総会 2017.12.07 京都

  151. 中川 正敏, 小嶋 一幸、井ノ口 幹人, 谷岡 利朗、奥野 圭祐, 五木田 憲太朗、金本栄美. 当科における腹腔鏡下胃全摘術と腹腔鏡下噴門側胃切除術の治療成績の検討. 第30回日本内視鏡外科学会総会 2017.12.07 京都

  152. 井ノ口 幹人, 谷岡 利朗, 中川 正敏, 奥野 圭祐, 五木田 憲太朗, 小嶋 一幸. 臨床的進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除vs開腹胃切除の成績-傾向スコアによるマッチング解析-. 第25回日本消化器関連学会週間(JDDW2017) 2017.10.14 福岡

  153. 奥野圭祐,五木田憲太朗,中川正敏,谷岡利朗,井ノ口幹人,小嶋一幸. 腹腔鏡下胃全摘術における脱着型組み立て式波型鉗子(PSD) とcircular Stapler を用いた再建法. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21

  154. 小嶋一幸,谷岡利朗,奥野圭祐,五木田憲太朗,中川正敏,井ノ口幹人. 当科における胃上部癌に対する腹腔鏡下手術の郭清と再建の定型化. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21

  155. 中川正敏,小嶋一幸,井ノ口幹人,大槻将,小川憲人,谷岡利朗,五木田憲太朗,奥野圭祐. 当科における,メルクマールを意識した6 番リンパ節郭清-適切な術野展開とデバイスの使用法. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.20

  156. 五木田憲太朗,奥野圭介,谷岡利朗,小川憲人,井ノ口幹人,小嶋一幸. β再建法による完全腹腔鏡下幽門側胃切除後Roux-en-Y再建. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.20

  157. 小川憲人,五木田憲太朗,奥野佳祐,中川正敏,谷岡利朗,大槻将,井ノ口幹人,小嶋一幸. 術後機能からみた腹腔鏡下噴門側胃切除におけるダブルトラクト再建の有用性の検討. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.20

  158. 奥野圭祐、五木田憲太朗、冨井知春、谷岡利朗、小川憲人、大槻将、井ノ口幹人、小嶋一幸. 腹腔鏡下幽門側胃切除術後の胃食道逆流症についての検討. 第117回日本外科学会定期学術 2017.04.29

  159. 井ノ口幹人,谷岡利朗,小川憲人,中川正敏,奥野圭祐,五木田憲太朗,小嶋一幸. cStageII・III 胃癌における腹腔鏡下vs 開腹胃切除術の短期・長期成績. 第117回日本外科学会定期学術 2017.04.29

  160. 谷岡利朗、奥野圭祐、五木田憲太朗、冨井知春、小川憲人、大槻将、井ノ口幹人、小嶋一幸. 術後合併症が胃癌患者の長期予後に与える影響. 第117回日本外科学会定期学術 2017.04.28

  161. 谷岡利朗、奥野圭祐、五木田憲太朗、冨井知春、小川憲人、大槻将、井ノ口幹人、小嶋一幸. 術後合併症が胃癌患者の長期予後に与える影響. 第117回日本外科学会定期学術 2017.04.28

  162. 小川憲人、五木田憲太朗、奥野圭祐、冨井知春、谷岡利朗、大槻将、井ノ口幹人、小嶋一幸. 腹腔鏡下噴門側胃切除後のダブルトラクト再建は逆流防止に有用か?. 第117回日本外科学会定期学術 2017.04.28

  163. 井ノ口幹人、大槻将、小川憲人、谷岡利朗、中川正敏、奥野圭祐、五木田憲太朗、小嶋一幸. 胃癌に対する腹腔鏡下D2郭清のコツとピットフォール【International/Video】. 第117回日本外科学会定期学術 2017.04.27

  164. 奥野圭祐、五木田憲太朗、冨井知春、谷岡利朗、小川憲人、大槻将、井ノ口幹人、小嶋一幸. 腹腔鏡下幽門側胃切除術後の胃食道逆流症についての検討. 第89回日本胃癌学会総会 2017.03.10

  165. 小川憲人、五木田憲太朗、奥野圭祐、冨井知春、谷岡利朗、大槻将、井ノ口幹人、小嶋一幸、河野辰幸. 腹腔鏡下噴門側胃切除術後のダブルトラクト再建の利点. 第89回日本胃癌学会総会 2017.03.10

  166. 大槻将、奥野圭祐、五木田憲太朗、谷岡利朗、小川憲人、井ノ口幹人、小嶋一幸. 胃癌術後結腸前Roux-en-Y再建後のPetersen’s Herniaの検討. 第89回日本胃癌学会総会 2017.03.09

  167. 五木田憲太朗、奥野圭祐、谷岡利朗、小川憲人、大槻将、井ノ口幹人、小嶋一幸. 当科での進行胃癌に対する腹腔鏡下手術の成績. 第89回日本胃癌学会総会 2017.03.09

  168. 谷岡利朗、奥野圭祐、五木田憲太朗、冨井知春、小川憲人、大槻将、井ノ口幹人、小嶋一幸、河野辰幸. 術後合併症が胃癌患者の長期予後に与える影響. 第89回日本胃癌学会総会 2017.03.09

  169. 井ノ口幹人、大槻将、村瀬秀明、谷岡利朗、冨井知春、奥野圭祐、五木田憲太朗、小嶋一幸. 内視鏡外科学会技術認定医取得への教育システム. 第29回日本内視鏡外科学会総会 2016.12.10

  170. 村瀬秀明、小嶋一幸、谷岡利朗、五木田憲太朗、奥野圭祐、冨井知春、大槻将、井ノ口幹人、河野辰幸. 腹腔鏡下噴門側胃切除におけるダブルトラクト再建の手術手技と短・中期成績. 第29回日本内視鏡外科学会総会 2016.12.10

  171. 奥野圭祐、五木田憲太朗、冨井知春、谷岡利朗、村瀬秀明、大槻将、井ノ口幹人、小嶋一幸、河野辰幸. 当科における脱着型組み立て式波型鉗子(PSD) を用いた、Circular Stapler による腹腔鏡下胃全摘術の再建法. 第29回日本内視鏡外科学会総会 2016.12.09

  172. 五木田憲太朗、奥野圭祐、谷岡利朗、冨井知春、大槻将、井ノ口幹人、小嶋一幸. β再建法による完全腹腔鏡下幽門側胃切除後Roux-en-Y 再建. 第29回日本内視鏡外科学会総会 2016.12.09

  173. 冨井知春、奥野圭祐、五木田憲太朗、谷岡利朗、村瀬秀明、大槻将、井ノ口幹人、小嶋一幸,. 進行胃癌に対する腹腔鏡下手術の長期成績. 第29回日本内視鏡外科学会総会 2016.12.09

  174. 谷岡利朗、奥野圭祐、五木田憲太朗、冨井知春、村瀬秀明、大槻将、井ノ口幹人、小嶋一幸、河野辰幸. 腹腔鏡下胃全摘術における脾摘を伴うD2 郭清. 第29回日本内視鏡外科学会総会 2016.12.09

  175. 大槻将、奥野圭祐、五木田憲太朗、谷岡利朗、冨井知春、村瀬秀明、井ノ口幹人、小嶋一幸、河野辰幸. 腹腔鏡下胃切除におけるNo.6 郭清のポイント. 第29回日本内視鏡外科学会総会 2016.12.09

  176. 大槻将、奥野圭祐、五木田憲太朗、谷岡利朗、冨井知春、小川憲人、井ノ口幹人、小嶋一幸、河野辰幸. 腹腔鏡下幽門側胃切除術後のPetersen’s herniaの検討. 第46回胃外科・術後障害研究会 2016.10.28

  177. 小川憲人、五木田憲太朗、奥野圭祐、冨井知春、谷岡利朗、大槻将、井ノ口幹人、小嶋一幸、河野辰幸. 腹腔鏡下噴門側胃切除術におけるダブルトラクト再建の手術手技と術後の機能評価. 第46回胃外科・術後障害研究会 2016.10.28

  178. 小嶋 一幸. 高度進行胃癌に対する腹腔鏡手術. 第16回播州消化器癌手術手技研究会 2016.05.21 姫路

  179. 小嶋 一幸. 高度進行胃癌に対する腹腔鏡手術. Chugai Gastric Cancer Symposium in Tokyo―Cureを目指した治療戦略― 2016.05.18 東京

  180. 小嶋 一幸. 胃の技術認定医取得のために求められること. 第6回神奈川上部消化管内視鏡外科研究会 2016.05.13 横浜

  181. 末田敬志朗、菊池章史、十倉三千代、花岡まりえ、谷岡利朗、染野泰典、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道、河野辰幸.. Tailgut Cystの1手術例.. 第839回外科集談会 2015.12.12 東京

▼全件表示