基本情報

写真a

片倉 麻衣(カタクラ マイ)

KATAKURA Mai


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 非常勤講師
  • 2015年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 大学院生
  • 2019年05月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学分野 非常勤講師
  • 2020年05月
    -
    2021年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学分野 非常勤講師
  • 2021年05月
    -
    2021年07月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学分野 非常勤講師
  • 2021年08月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 助教

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 選択的自己多血小板血漿の筋内投与による筋損傷修復機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 下肢スポーツ整形外科領域におけるT1 VIBE MRIによる骨評価の有用性の検討

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Takashi Hoshino, Yusuke Nakagawa, Kei Inomata, Toshiyuki Ohara, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Kanehiro Hiyama, Kenta Katagiri, Mai Katakura, Hiroko Ueki, Masaya Hayashi, Tsuyoshi Nagase, Ichiro Sekiya, Takashi Ogiuchi, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga, . Effects of different surgical procedures for meniscus injury on two-year clinical and radiological outcomes after anterior cruciate ligament reconstructions. -TMDU MAKS study. J Orthop Sci. 2022.01; 27 (1): 199-206. ( PubMed, DOI )

  2. Tomonori Shigemura, Yasuaki Murata, Yohei Yamamoto, Yuki Shiratani, Hiroyuki Hamano, Yuichi Wada. Comparison between Ilioinguinal Approach and Modified Stoppa Approach for the Treatment of Acetabular Fractures: An Updated Systematic Review and Meta-Analysis. Orthop Traumatol Surg Res. 2022.01; 103204. ( PubMed, DOI )

  3. Mai Katakura, Haruki Odagiri, Christel Charpail, James Calder, Stéphane Guillo, Ankle Instability Group. Arthroscopic treatment for anterolateral impingement of the ankle: Systematic review and exploration of evidence about role of ankle instability. Orthop Traumatol Surg Res. 2021.11; 103159. ( PubMed, DOI )

  4. Masato Takao, Danielle Lowe, Satoru Ozeki, Xavier M Oliva, Ryota Inokuchi, Takayuki Yamazaki, Yoshitaka Takeuchi, Maya Kubo, Kentaro Matsui, Mai Katakura, Mark Glazebrook. Strain patterns in normal anterior talofibular and calcaneofibular ligaments and after anatomical reconstruction using gracilis tendon grafts: A cadaver study. BMC Musculoskelet Disord. 2021.06; 22 (1): 558. ( PubMed, DOI )

  5. Yoshitaka Takeuchi, Ryota Inokuchi, Masato Takao, Mark Glazebrook, Xavier Martin Oliva, Takayuki Yamazaki, Maya Kubo, Danielle Lowe, Kentaro Matsui, Mai Katakura, Satoru Ozeki, Ankle Instability Group. Three-dimensional analysis of anterior talofibular ligament strain patterns during cadaveric ankle motion using a miniaturized ligament performance probe. BMC Musculoskelet Disord. 2021.02; 22 (1): 208. ( PubMed, DOI )

  6. Mai Katakura, Yasuyuki Jujo, Kazuaki Okugura, Yukinori Mori, Keisuke Hayashi, Hideyuki Koga, Masato Takao. Simultaneous reconstruction of the bilateral chronic achilles tendon rupture with early functional rehabilitation: A case report Foot & Ankle Surgery: Techniques, Reports & Cases. 2021; 1 (4):

  7. Mai Katakura, Adam W M Mitchell, Justin C Lee, James D Calder. Is it time to replace CT with T1-VIBE MRI for the assessment of musculoskeletal injuries? Bone Joint J. 2020.11; 102-B (11): 1435-1437. ( PubMed, DOI )

  8. Yusuke Nakagawa, Takeshi Muneta, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Tomomasa Nakamura, Koji Otabe, Mai Katakura, Yusuke Sumi, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Arthroscopic centralization achieved good clinical improvements and radiographic outcomes in a rugby player with osteoarthritis after subtotal lateral meniscectomy: A case report. J Orthop Sci. 2020.05; 25 (3): 537-543. ( PubMed, DOI )

  9. Mai Katakura, Kaori Nakamura, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Tomomasa Nakamura, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Yusuke Nakagawa, Toshiyuki Ohara, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Risk factors for residual anterolateral rotational instability after double bundle anterior cruciate ligament reconstruction: Evaluation by quantitative assessment of the pivot shift phenomenon using triaxial accelerometer. Knee. 2020.01; 27 (1): 95-101. ( PubMed, DOI )

  10. Mai Katakura, Hideyuki Koga, Tomomasa Nakamura, Daisuke Araki, Kanto Nagai, Kyohei Nishida, Ryosuke Kuroda, Takeshi Muneta. Biomechanical Effects of Additional Anterolateral Structure Reconstruction With Different Femoral Attachment Sites on Anterior Cruciate Ligament Reconstruction. Am J Sports Med. 2019.12; 47 (14): 3373-3380. ( PubMed, DOI )

  11. Daisuke Araki, Takehiko Matsushita, Yuichi Hoshino, Kanto Nagai, Kyohei Nishida, Hideyuki Koga, Tomomasa Nakamura, Mai Katakura, Takeshi Muneta, Ryosuke Kuroda. The Anterolateral Structure of the Knee Does Not Affect Anterior and Dynamic Rotatory Stability in Anterior Cruciate Ligament Injury: Quantitative Evaluation With the Electromagnetic Measurement System. Am J Sports Med. 2019.12; 47 (14): 3381-3388. ( PubMed, DOI )

  12. Yusuke Nakagawa, Toshifumi Watanabe, Yusuke Amano, Masafumi Horie, Tomomasa Nakamura, Koji Otabe, Mai Katakura, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Benefit of subcutaneous patient controlled analgesia after total knee arthroplasty. Asia Pac J Sports Med Arthrosc Rehabil Technol. 2019.10; 18 18-22. ( PubMed, DOI )

  13. 片倉麻衣, 重城保之, 高尾昌人. 足関節外側靱帯損傷に対する鏡視下手術 arthroscopic Brotsrom repair with Gould augmentation 整形災害外科. 2019.04; 62 (4): 355-361.

  14. Mai Katakura, Masafumi Horie, Toshifumi Watanabe, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Toshiyuki Ohara, Kaori Nakamura, Kenta Katagiri, Hiroko Ueki, Stefano Zaffagnini, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Effect of meniscus repair on pivot-shift during anterior cruciate ligament reconstruction: Objective evaluation using triaxial accelerometer. Knee. 2019.01; 26 (1): 124-131. ( DOI )

  15. Hiroko Ueki, Yusuke Nakagawa, Toshiyuki Ohara, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Kenta Katagiri, Kanehiro Hiyama, Mai Katakura, Takashi Hoshino, Kei Inomata, Naoko Araya, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Risk factors for residual pivot shift after anterior cruciate ligament reconstruction: data from the MAKS group Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy . 2018.12; 26 (12): 3724-3730.

  16. Kanehiro Hiyama, Yusuke Nakagawa, Toshiyuki Ohara, Takeshi Muneta, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Koji Otabe, Hiroki Katagiri, Kenta Katagiri, Mai Katakura, Takashi Hoshino, Hiroko Ueki, Kei Inomata, Naoko Araya, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Anterior cruciate ligament injuries result in a larger functional deficit in fighting sport athletes: comparison of functional status among different sport types. Journal of ISAKOS. 2018.03; 2018 (3): 128-133. ( DOI )

  17. Takao Minami, Hideyuki Koga, Ichiro Sekiya, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Toshiyuki Ohara, Mai Katakura, Takeshi Muneta. Posteriorly inserted anterior cruciate ligament in knees with discoid lateral meniscus corresponding to bony morphological characteristics of femoral lateral condyle. J Orthop Sci. 2018.03; 23 (2): 350-355. ( PubMed, DOI )

  18. Hideyuki Koga, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Toshiyuki Ohara, Mai Katakura, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta. Augmentation of the pullout repair of a medialmeniscus posterior root tear by arthroscopic centralization 2017.08; 6 (4): e1335-e1339. ( PubMed )

  19. Takao Minami, Takeshi Muneta, Ichiro Sekiya, Toshifumi Watanabe, Tomoyuki Mochizuki, Masafumi Horie, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Toshiyuki Ohara, Mai Katakura, Hideyuki Koga. Lateral meniscus posterior root tear contributes to anterolateral rotational instability and meniscus extrusion in anterior cruciate ligament-injured patients. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2017.05; ( PubMed, DOI )

  20. Mai Katakura, Hideyuki Koga, Kaori Nakamura, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta. Effects of different femoral tunnel positions on tension changes in anterolateral ligament reconstruction. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2017.04; 25 (4): 1272-1278. ( PubMed, DOI )

  21. 魚水麻里、吉村英哉、荻内隆司、林将也、島谷雅之、初鹿大祐、井坪広樹、片倉麻衣、星野明穂. 膝蓋大腿関節に生じた離断性骨軟骨炎に対する手術経験 JOSKAS. 2016.03; 41 (1): 258-259. ( 医中誌 )

  22. 片倉 麻衣. バレエダンサーの後足部傷害に対する最小侵襲手術 整形外科最小侵襲手術ジャーナル. 2021.09; 100 (3): 17-26.

  23. 中川 裕介、植木博子、片倉麻衣、片桐洋樹、大原敏之、古賀英之. ACL再損傷ハイリスク患者に対する前外側構成体補強術併用の試み 日本臨床スポーツ医学会誌 . 2020; 28 (2): 256-263.

  24. 片倉麻衣, 重城保之, 高尾昌人. 足底腱膜炎に対する鏡視下足底腱膜部分切離術 足・足関節の最新の手術. 2019.08; 19

  25. 片倉麻衣、重城保之、高尾昌人. 知りたいことがとにかく載ってる 整形外科疾患 あれもこれも 足関節・足部 整形外科看護. 2018.11; 23 (11): 46-59.

  26. 片倉 麻衣、 古賀 英之. 膝前外側構成体補強術の基礎 最少侵襲ジャーナル. 2018.02; 86 42-50.

  27. 吉田 龍、 渡邊 敏文、 古賀 英之、 堀江 雅史、 小田邊 浩二、 大原 敏之、 中村 香織、 片倉 麻衣、 関矢 一郎、 宗田 大. 当院における非感染性の緩みによる人工膝関節置換術再手術の現状 日本人工関節学会誌. 2017.12; 36 (4): 435-439.

  28. 星野 傑、 古賀 英之、 中川 裕介、 大原 敏之、 日山 鐘浩、 片桐 健太、 片倉 麻衣、 猪野又 慶、 植木 博子、 宗田 大. 2重束ACL再建術における半月板損傷の有無や処置法の違いによる術後2年成績の比較 TMDU MAKS study JOSKAS. 2017.05; 42 (4): 803.

  29. 猪野又 慶、古賀 英之、中川 裕介、日山 鐘浩、片倉 麻衣、荻内 隆司、吉村 英哉、林 将也、星野 傑、関矢 一郎、宗田 大. 1重束前十字靱帯再建術における半月板損傷の有無・処置法の違いが術後1年成績に与える影響 TMDU MAKS study JOSKAS. 2017.03; 42 (1): 120-121.

  30. 片倉 麻衣、 古賀 英之、 中村 智祐、 渡邊 敏文、 堀江 雅史、 小田邉 浩二、 中川 裕介、 関矢 一郎、 宗田 大. 2重束ACL再建術における術後内反動揺性残存の危険因子と術後成績への影響 JOSKAS. 2017.03; 42 (1): 130-131.

  31. 渡邊敏文、宗田 大、古賀英之、堀江雅史、中村智祐、小田辺浩二、中川祐介、片倉麻衣、関矢 一郎. 日本人向け人工膝関節ACTIYASの生体内キネマティクス 日本関節病学会誌. 2016.07; 35 (2): 155-161.

  32. 片倉 麻衣、 吉村 英哉、 林 将也、 , 島谷 雅之、 初鹿 大祐、 魚水 麻里、 井坪 広樹、 荻内 隆司、 星野 明穂. 尺骨鉤状突起先端裂離骨折後偽関節で関節鏡視下に骨片摘出した柔道選手の4例 JOSKAS. 2016.04; 41 (1): 568-569.

  33. 星野 傑、 古賀 英之、 中川 裕介、 関矢 一郎、 渡邊 敏文、 望月 智之、 堀江 雅史、 中村 智祐、 小田邉 浩二、 大原 敏之、 片桐 健太、 日山 鐘浩、 片倉 麻衣、 荻内 隆司、 吉村 英哉、 林 将也、 島谷 雅之、 初鹿 大祐、 北濱 純、 浅野 浩司、 山賀 美芽、 白澤 進一、 朱 寧進、 長瀬 寅、 結城 新、 清水 禎則、 高橋 徹、 仲津留 恵日、 森戸 俊行、 宗田 大. 半月板・前十字靱帯損傷に対する東京医科歯科大学多施設共同研究1年8ヵ月の半月板損傷レジストレーション症例 JOSKAS. 2016.04; 41 (2): 292-293.

  34. 魚水麻里、荻内隆司、吉村英哉、林将也、島谷雅之、高橋徹、初鹿大祐、井坪広樹、片倉麻衣、星野明穂. Suture bridge法を併用した靱帯・腱付着部損傷の手術経験 JOSKAS. 2016.04; 41 (2): 540-541. ( 医中誌 )

  35. 片倉 麻衣、 古賀 英之、 中川 裕介、 関矢 一郎、 渡邊 敏文、 望月 智之、 堀江 雅史、 中村 智祐、 小田邉 浩二、 大原 敏之、 片桐 健太、 日山 鐘浩、 星野 傑, 荻内 隆司, 吉村 英哉, 林 将也, 島谷 雅之, 初鹿 大祐, 北濱 純, 浅野 浩司, 山賀 美芽, 白澤 進一, 朱 寧進, 長瀬 寅, 結城 新, 清水 禎則, 高橋 徹, 仲津留 恵日, 森戸 俊行, 宗田 大. 半月板損傷の部位/形態が術前理学所見と患者自己評価スコアに与える影響 多施設共同研究(TMDU MAKS study) JOSKAS. 2016.03; 41 (1): 210-211.

  36. 魚水麻里、星野明穂、島谷雅之、荻内隆司、吉村英哉、林将也、初鹿大祐、森尾秀徳、井坪広樹、片倉麻衣. 両側同時TKAにおける術前スコアの左右差について 日本人工関節学会誌. 2015.12; 45 757-758.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 片倉麻衣, 高尾昌人他. スポーツ整形外科学 アスリートを支えるクリニカルスタンダード. 文光堂, 2020.05 足関節後方インピンジメント症候群 (6.下腿部,足関節・足部 -各論5) (ISBN : 978-4-8306-2742-2)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Mai Katakura. Foot and ankle epidemiology in professional ballet; an analysis of 588 medical attention injuries and 255 time-loss injuries. 20th ESSKA 2022.04.27 Paris, France

  2. Mai Katakura. Arthroscopic treatment for anterolateral impingement of the ankle : Systematic review and exploration of evidence about role of ankle instability. 2021 ISAKOS 2021.11.27 CapeTown(web)

  3. Mai Katakura, Nick Allen, Angela Kedgley, James Calder. Injury patterns over a three-year period in a professional ballet company : Change and trends 10 years on. 2020 International Association for Dance Medicine & Science (web) 2020.07.01

  4. Mai Katakura, Yasuyuki Jujo, Okugura Kazuaki, Yukinori Mori, Keisuke Hayashi, Hideyuki Koga, Masato Takao. All-inside Arthroscopic Lateral Ankle Ligament Repair with Accelerated Rehabilitation Achieved Earlier Return to Sports Compared to Open Procedures. 2019 ISAKOS 2019.05.12 Cancun, Mexico

  5. Mai Katakura, Hideyuki Koga, Stefano Zaffagnini, Takeshi Muneta. Meniscus Repair Reduces Anterolateral Rotational Instability of the ACL Injured Knee: Quantitative Assessment of the Pivot Shift Phenomenon Using Triaxial Accelerometer. 2018th ESSKA 2018.05.09 Glasgow, UK

  6. Mai Katakura, Hideyuki Koga, Ichiro Sekiya, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie,Hiroki Katagiri,Koji Otabe, Toshiyuki Ohara, Kaori Nakamura, Kenta Katagiri, Hiroko Ueki, Takeshi Muneta. Effect of ACL Reconstruction and Meniscus Repair on Anterolateral Rotational Instability of the ACL Injured Knee: Quantitative Assessment of the Pivot Shift Phenomenon Using Triaxial Accelerometer. Orthopaedic Research Society 2018 Annual Meeting 2018.03.10 New Orleans, USA

  7. Mai Katakura, Kenji Hirohata, Kazuyoshi Yagishita, Hideyuki Koga. Discoid lateral meniscus tear in dancers: report of two cases. 27th IADMS (Annual Conference for International Association for Dance Medicine and Science) 2017.10.12 Houston, Texas, USA

  8. Toshifumi Watanabe,Takeshi Muneta, Hideyuki Koga, Masafumi Horie, Koji Otabe, Toshiyuki Ohara, Kaori Nakamura, Mai Katakura, Atsushi Okawa Ichiro Sekiya. Post-cam Design and Contact Stress on Tibial Posts in Total Knee Prostheses:Comparison between a Rounded and a Squared Design. Annual Meeting of JOA 2017.05.19

  9. Mai Katakura, Hideyuki Koga, Tomomasa Nakamura, Daisuke Araki, Kanto Nagai, Kyohei Nishida, Ryosuke Kuroda, Takeshi Muneta. Effects of Additional Anterolateral Structure Reconstruction with Different Femoral Tunnel Positions to Anterior Cruciate Ligament Reconstruction on the Pivot Shift Phenomenon . Orthopaedic Research Society 2017 Annual Meeting 2017.03.19

  10. Mai Katakura, Hideyuki Koga, Kaori Nakamura, Ichiro Sekiya, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Tomomasa Nakamura,. Risk Factors for Residual Anterolateral Rotational Instability after Anterior Cruciate Ligament Reconstruction: Evaluation by Quantitative Assessment of the Pivot Shift Phenomenon Using Triaxial Accelerometer . Orthopaedic Research Society 2017 Annual Meeting 2017.03.19

  11. Toshifumi Watanabe, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga, Masafumi Horie, Koji Otabe, Toshiyuki Ohara, Kaori Nakamura, Mai Katakura, Ichiro Sekiya. Post-cam Design and Contact Stress on Tibial Posts in Total Knee Prostheses:Comparison between a Rounded and a Squared Design. Orthopaedic Research Society 2017.03.19 San Diego, CA, USA

  12. Toshifumi Watanabe, Takeshi Muneta, Kenji Hara, Hideyuki Koga, Masafumi Horie, Tomomasa Nakamura, Koji Otabe, Yusuke Nakagawa, Mai Katakura, Atsushi Okawa, Ichiro Sekiya. Is Closed Suction Drainage Necessary for Total Knee Arthroplasty? :A Prospective Study of a Mean Follow-up of 5.5 Years. 89th Annual Meeting of JOA 2016.05.12 Yokohama, Japan

  13. Hideyuki Koga, Takeshi Muneta, Toshifumi Watanabe, Tomoyuki Mochizuki, Masafumi Horie, Tomomasa Nakamura, Koji Otabe, Yusuke Nakagawas, Mai Katakura, Atsushi Okawa, Ichiro Sekiya. Clinical outcomes after arthroscopic centralization of lateral meniscus extrusion. 89th JOA 2016.05.12 Yokohama, Japan

  14. Hideyuki Koga, Takeshi Muneta, Toshifumi Watanabe, Tomoyuki Mochizuki, Masafumi Horie, Tomomasa Nakamura, Koji Otabe, Yusuke Nakagawas, Mai Katakura, Atsushi Okawa, Ichiro Sekiya. Two-year results of remnant-preserved double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction: Frontside approach versus behind-remnant approach. 89th JOA 2016.05.12 Yokohama, Japan

  15. Yusuke Nakagawa, Koga H, Muneta T, Kiuchi S, Ono H, Nagata T, Watanabe T, Horie M, Nakamura T, Otabe K, Katakura M, Katano H, Sekiya I. Three-dimensional Reconstructed MRI Evaluation of Arthroscopic Centralization Technique for Extruded Lateral Meniscus. ORS 2016 2016.03.05

  16. Mai Katakura, Hideyuki Koga, Ichiro Sekiya, Kaori Nakamura, Takeshi Muneta. Effects of Different Femoral Tunnel Positions on the Tension Changes in Anterolateral Ligament Reconstructions . Osteoarthritis Research Society 2016 Annual Meeting 2016.03.05 Orlando, Florida, USA

  17. Yusuke Amano, Yusuke Nakagawa, Toshifumi Watanabe, Hideyuki Koga Masafumi Horie, Tomomasa Nakamura, Koji Otabe, Mai Katakura, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta. Utility of subcutaneous patient controlled analgesia after total knee arthroplasty. 第95回集談会 2015.12.23

  18. Hideyuki Koga, Yusuke Nakagawa, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Tomomasa Nakamura, Koji Otabe, Mai Katakura, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta. Arthroscopic Centralization Attained Regeneration of the Lateral Meniscus in a Rugby Player with Osteoarthritis after Lateral Meniscectomy : A Case Report. 第94回集談会 2015.07.12

  19. Mai Katakura, Hideya Yoshimura, Tomoyuki Mochizuki, Akimoto Nimura, Takashi Ogiuchi, Masaya Hayashi, Masayuki Shimaya, Daisuke Hatushika, Mari Uomizu. Predicting Subscapularis Tendon Tears on Magnetic Resonence Imaging. 10th ISAKOS Congress 2015.06.07

  20. 大関 信武, 古賀 英之, 中村 智祐, 中川 裕介, 大原 敏之, 星野 傑, 片倉 麻衣, 安 宰成, 吉原 有俊, 関矢 一郎. 超音波アシスト下外側半月板後節縫合術. 第33回日本整形外科超音波学会学術集会 2022.07.22 広島

  21. 大関 信武, 古賀 英之, 中村 智祐, 中川 裕介, 大原 敏之, 星野 傑, 片倉 麻衣, 安 宰成, 吉原 有俊, 関矢 一郎. 超音波アシスト下外側半月板後節縫合術. 第14回 JOSKAS/第48回 JOSSM 2022.06.18 札幌

  22. 片倉麻衣. All-inside法による鏡視下外側靱帯修復術:実際と限界の文献的考察. JOSKASーJOSSM2022 2022.06.16

  23. 片倉麻衣. 高分解能3D-T1強調像による骨形態評価が足関節スポーツ傷害の診療に有用だった4例. JOSKASーJOSSM2022 2022.06.16

  24. 片倉麻衣, Richard Clark, Nick Allen, Adam Mattiussi, Joseph Shaw, Angela Kedgley, James Calder. プロバレエ団における足部足関節傷害の疫学調査 ー 588例の解析. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19

  25. 片倉 麻衣. 11種の足部内在筋エクササイズにおける母趾外転筋筋活動の検討. 第32回 日本臨床スポーツ医学会学術集会 2021.11.13

  26. 片倉 麻衣. 無症状プロバレエダンサーの足関節後方MRI所見の検討. 第46回 日本足の外科学会学術集会 2021.11.11

  27. 片倉 麻衣. ダンサーのMorton病の特徴 - ダンサー・医師・理学療法士へのオンラインアンケート調査. 第46回 日本足の外科学会学術集会 2021.11.11

  28. 片倉 麻衣. ダンス医科学をキャリアに生かす~異なる業種でのチャレンジ~. 日本ダンス医科学研究会トークイベント 2021.09.25

  29. 片倉麻衣, 重城保之, 高尾昌人. ステロイド全身投与患者の両側アキレス腱断裂の1例. 第22回 関東足の外科研究会 2019.02.16

  30. 片倉麻衣、重城保之、高尾昌人. なぜ足の障害が起こるのか?ダンス動作のバイオメカニクスからの考察. 第43回 日本足の外科学会学術集会 2018.11.01 木更津

  31. 片倉麻衣、重城保之、高尾昌人. 足関節固定術後に歩行不能となり当院紹介となった一例. 第21回 関東足の外科研究会 2018.08.25 東京

  32. 片倉 麻衣、 重城 保之、 高尾 昌人. 破格筋を伴った後足部インピンジメント症候群の一例. 第10回 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2018.06.14

  33. 片倉 麻衣、 古賀 英之、 渡邊 敏文、 堀江 雅史、 片桐 洋樹、 小田邉 浩二、 大原 敏行、 片桐 健太、 植木 博子、 関矢 一郎、 大川 淳、 宗田 大. ACL損傷膝においてACL再建/半月板縫合が動的回旋不安定性に与える影響-pivot shift現象の定量評価による検討. 第91回日本整形外科学会学術集会 2018.05.24

  34. 片倉 麻衣. 後足部内視鏡の落とし穴でひやっとした一例. 第20回関東足の外科研究会 2018.01.20

  35. 片倉 麻衣、 古賀 英之、 関矢 一郎、 渡邊 敏文、 堀江 雅史、 片桐 洋樹、 小田邉 浩二、 大原 敏之、 中村 香織、 宗田 大. ACL損傷膝においてACL再建/半月板縫合が回旋不安定性に与える影響-3軸加速度計を用いたpivot shift現象の定量評価. 第44回日本臨床バイオメカニクス学会 2017.11.24

  36. 片倉 麻衣、 中村 香織、 関矢 一郎、 渡邊 敏文、 堀江 雅史、 片桐 洋樹、 小田邉 浩二、 大原 敏之、 片桐 健太、 宗田 大、 古賀 英之. 前十字靭帯再建術における動的回旋不安定性残存の危険因子の検討-3軸加速度計を用いたpivot shift現象の定量評価を用いて . 第44回日本臨床バイオメカニクス学会 2017.11.24

  37. 片倉 麻衣、 重城 保之、 高尾 昌人. 骨端線損傷後踵骨変形に対し鏡視下踵骨形成術を施行した1例. 第42回日本足の外科学会学術集会 2017.11.09

  38. 片倉 麻衣、 荻内 隆司、 仲津留 恵日、 山本 晴康. 外反母趾装具を用いた保存加療が有効であった母趾基節骨疲労骨折の1例. 第42回日本足の外科学会学術集会 2017.11.09

  39. 片倉 麻衣、 古賀 英之、 中村 智祐、 荒木 大輔、 長井 寛斗、 西田 京平、 黒田 良祐、 大川 淳、 宗田 大 . 異なる大腿骨側骨孔位置を用いた膝前外側構成体補強術の膝制動性の検討 -三次元電磁気センサーによる定量評価. 第32回日本整形外科基礎学会学術集会 2017.10.26

  40. 片倉 麻衣、 古賀 英之、 関矢 一郎、 渡邊 敏文、 堀江 雅史、 片桐 洋樹、 小田邉 浩二、 大原 敏之、 山田 英莉、 宗田 大. 膝前外側構成体再建術を併用し 前外側回旋不安定性及び内旋不安定性が 制動されたACL再々建術の1例. 第28回お茶ノ水・膝スポーツ懇話会 2017.06.29

  41. 片倉 麻衣、 古賀 英之、 関矢 一郎、 渡邊 敏文、 堀江 雅史、 片桐 洋樹、 小田邉 浩二、 大原 敏之、 中村 香織、 宗田 大. ACL損傷膝においてACL再建/半月板縫合が回旋不安定性に与える影響 -加速度計を用いたpivot shift 現象の定量評価. 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017.06.22

  42. 片桐洋樹、中村香織、片倉麻衣、大原敏之、小田邉浩二、中村智祐、堀江雅史、渡邊敏文、関矢一郎、宗田大、古賀英之. 術中pivot shift現象の定量評価に基づき移植腱初期張力を決定した2重束前十字靱帯再建術の術後成績 . 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017.06.22

  43. 植木 博子、 古賀 英之、 中川 裕介、 大原 敏之、 日山 鐘浩、 片桐 健太、 片倉 麻衣、 星野 傑、 猪野又 慶、 新谷 尚子、 宗田 大. 膝前十字靭帯再建術後における回旋不安定性残存のrisk factor―東京医科歯科大学多施設共同研究(TMDU MAKS study)における検討. 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017.06.22

  44. 渡邊 敏文、 宗田 大、 古賀 英之、 堀江 雅史、 片桐 洋樹、 小田邉 浩二、 大原 敏之、 片倉 麻衣、 関矢 一郎. 両側同時人工膝関節全置換術における膝蓋骨置換・非置換の比較. 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017.06.22

  45. 片桐洋樹、古賀英之、渡辺敏文、堀江雅史、中村智祐、小田邊浩二、大原敏之、片倉麻衣、関矢一郎、宗田大. 移植腱張力変化と解剖所見に基づいた内側膝蓋大腿靱帯再建術の術後成績. 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017.06.22

  46. 片倉 麻衣、 古賀 英之、 関矢 一郎、 渡邊 敏文、 堀江 雅史、 片桐 洋樹、 小田邉 浩二、 大原 敏之、 中村 香織、 廣幡 健二、 柳下 和慶、 宗田 大. 若年で有症状化した膝外側円板状半月板 損傷に対し、鏡視下半月板形成縫合術およびcentralizationを行ったダンサーの2例 ~早期介入例と陳旧例の比較を通して. 第25回よこはまスポーツ整形外科フォーラム 2017.06.11

  47. 片倉 麻衣、 古賀 英之、 中村 香織、 渡邊 敏文、 堀江 雅史、 中村 智祐、 小田邉 浩二、 大原 敏之、 関矢 一郎、 大川 淳、 宗田 大. Pivot shift現象の定量評価による前十字靱帯再建術後の回旋不安定性残存の危険因子の検討. 第90回日本整形外科学術総会 2017.05.18

  48. 植木 博子、 古賀 英之、 中川 裕介、 大原 敏之、 日山 鐘浩、 片桐 健太、 片倉 麻衣、 星野 傑、 猪野又 慶、 宗田 大. 膝前十字靱帯再建術後における回旋不安定性残存のrisk factor 東京医科歯科大学多施設共同研究(TMDU MAKS study)における検討. 第90回日本整形外科学術総会 2017.05.18

  49. 松村 惠津子、 渡邊 敏文、 片倉 麻衣、 中川 裕介、 小田邉 浩二、 中村 智祐、 堀江 雅史、 古賀 英之、 宗田 大. 日本人向け後方安定型人工膝関節(ACTIYAS)と他機種の術後2年成績の比較. 第90回日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  50. 渡邊 敏文、 宗田 大、 古賀 英之、 堀江 雅史、 片桐 洋樹、 小田邉 浩二、 大原 敏之、 片倉 麻衣、 関矢 一郎. 人工関節置換術膝の生体内キネマティクスと可動域. ICJR 2017.04.14

  51. 渡邊 敏文、宗田 大、古賀 英之、堀江 雅史、小田邉 浩二、大原 敏之、片倉 麻衣、関矢 一郎. 可動域良好な人工関節全置換術膝の関節弛緩性. 第47回日本人工関節学会 2017.02.24

  52. 片倉 麻衣、 荻内 隆司、 仲津留 恵日、 山本 晴康. 外反母趾装具を用いた保存治療が有効 であった母趾基節骨疲労骨折の1例. 2017.01.21

  53. 片倉 麻衣、 古賀 英之、 中村 智祐、 荒木 大輔、 長井 寛斗、 西田 京平、 黒田 良祐、 宗田 大. 異なる大腿骨孔位置を用いた膝前外側靱帯再建術の回旋制動性の検討 三次元電磁気センサーを用いて. 第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2016.11.05

  54. 渡邊敏文、宗田 大、古賀英之、堀江雅史小田辺浩二、片倉麻衣、関矢 一郎. TKAの機能向上をめざしたバイオメカニクス研究 手術手技(バランス)と生体内動態解析. 第31回日本整形外科学会基礎学術総会 2016.10.13

  55. 片倉 麻衣、 古賀 英之、 中村 智祐、 荒木 大輔、 長井 寛斗、 西田 京平、 黒田 良祐、 宗田 大. 異なる大腿骨孔位置を用いた膝前外側構成体再建術の 回旋制動性の定量評価  -三次元電磁気センサーを用いて. 第43回日本臨床バイオメカニクス学会 2016.10.08

  56. 片倉 麻衣、 古賀 英之、 中村 智祐、 渡邊 敏文、 ,堀江 雅史、 小田邉 浩二、 中川 裕介、 関矢 一郎、 宗田 大. 2重束ACL再建術における術後内反動揺性残存の危険因子と術後成績への影響. 第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2016.08.28

  57. 片倉 麻衣、 古賀 英之、 関矢 一郎、 渡邊 敏文、 堀江 雅史、 中村 智祐、 小田邉 浩二、 中川 裕介、 中村 香織、 宗田 大. 膝関節前外側靱帯再建術において大腿骨側骨孔位置が張力変化に与える影響. 第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2016.08.28

  58. 猪野又慶. 1重束前十字靭帯再建術における半月板損傷の有無・処置法の違いが術後1年成績に与える影響. 第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2016.07.28

  59. 古賀英之、中川裕介、関矢一郎、渡邊敏文、堀江雅史、中村智祐、小田邉浩二、片倉麻衣、宗田大. 外側半月板広範囲切除後の高度変形性膝関節症に対して鏡視下centralization法を施行したラグビー選手の1例. 第8回JOSKAS 2016.07.28

  60. 渡邊敏文、宗田大、古賀英之、堀江雅史、中村智祐、小田邉浩二、中川裕介、片倉麻衣、関矢一郎. 後方安定型人工膝関節におけるポスト・カム形状と接触応力. 第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2016.07.28

  61. 中川 裕介、古賀 英之、大原 敏之、片桐 健太、日山 鐘浩、星野 傑 、片倉 麻衣、関矢 一郎、大川 淳、宗田 大. 前十字靭帯・半月板損傷に対する東京医科歯科大学多施設共同研究 (TMDU MAKS study);2年間のレジストレーション症例報告. 第89回日本整形外科学会 2016.05.12

  62. 松村 惠津子、渡邊 敏文、片倉 麻衣、中川 裕介、小田邉 浩二、中村 智祐、堀江 雅史、古賀 英之、宗田 大. 日本人向け後方安定型人工膝関節の2年成績:他種との比較. 第46回日本人工関節学会 2016.02.26

  63. 渡邊敏文、宗田大、古賀英之、堀江雅史、中村智祐、小田邉浩二、中川裕介、片倉麻衣、関矢一郎. 人工膝関節の生体内キネマティクス. 第46回日本人工関節学会 2016.02.26

  64. 片倉 麻衣,古賀 英之,関矢 一郎,中村 香織,宗田 大. 膝関節前外側靭帯再建において 大腿骨側骨孔位置が張力変化に与える影響. 第42回日本臨床バイオメカニクス学会 2015.11.13

  65. 松村惠津子、渡邊 敏文、片倉麻衣、中川裕介、小田邉浩二、村 智祐、堀江 雅史、古賀 英之、宗田 大. 日本人向け後方安定型人工膝関節の2年成績:他種との比較. 第7回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2015.06.18

  66. 魚水麻里、吉村英哉、荻内隆司、林将也、島谷雅之、初鹿大祐、森尾秀徳、井坪広樹、片倉麻衣、星野明穂. 膝蓋大腿関節に生じた離断性骨軟骨炎に対する手術経験. 第7回JOSKAS 2015.06.18

  67. 魚水麻里、荻内隆司、吉村英哉、林将也、島谷雅之、高橋徹、初鹿大祐、森尾秀徳、井坪広樹、片倉麻衣、星野明穂. Suture bridging法を併用した、靱帯・腱付着部損傷の手術経験. 第7回JOSKAS 2015.06.18

  68. 片倉 麻衣, 古賀 英之, 中川 裕介, 大原 敏之, 荻内 隆司, 白澤 進一, 高橋 徹, 初鹿 大祐, 関矢 一郎, 宗田 大. 半月板損傷の部位/形態が術前理学所見と患者自己評価スコアに与える影響 多施設共同研究(TMDU MAKS Study). 第7回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2015.06.18

  69. 片倉 麻衣,吉村 英哉, 林 将也, 島谷 雅之, 初鹿 大祐, 森尾 秀徳, 魚水 麻里, 井坪 広樹, 荻内 隆司, 星野 明穂. 尺骨鉤状突起先端裂離骨折後偽関節で関節鏡視下に骨片摘出した柔道選手の4例. 第7回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2015.06.18

  70. 渡邊 敏文、 宗田 大、 古賀 英之、 堀江 雅史、 中村 智祐、 小田邉 浩二、 中川 裕介、 片倉 麻衣、 関矢 一郎. 人工膝関節の生体内キネマティクス. 第46回日本人工関節学会 2015.02.26

  71. 片倉 麻衣,古賀 英之,関矢 一郎,渡邊 敏文,堀江 雅史,片桐 洋樹,小田邉 浩二,大原 敏之,中村 香織,廣幡 健二,柳下 和慶,宗田 大. 若年で有症状化した膝外側円板状半月板 損傷に対し、鏡視下半月板形成縫合術およびcentralizationを行ったダンサーの2例 ~早期介入例と陳旧例の比較を通して. 第25回よこはまスポーツ整形外科フォーラム 2007.06.11

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2018 ORS/OREF Travel Award in Orthopaedic Research Translation(片倉麻衣) ,2018年03月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費助成 若手 文部科学省 (片倉麻衣),2022年04月

    下肢スポーツ整形外科領域におけるT1 VIBE MRIによる骨評価の有用性の検討(2022-2024)